ユーザーズガイド ACER ASPIRE E1-772

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くACER ASPIRE E1-772のユーザマニュアルを入手できます。 ACER ASPIRE E1-772のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ACER ASPIRE E1-772のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ACER ASPIRE E1-772 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (112 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ACER ASPIRE E1-772 (5877 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ACER ASPIRE E1-772

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 27 パーティーの雰囲気を作る (DJ EFFECT) . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 27 ディスク/ USB を再生する ディスクを再生する. . . . . . . . . . . 15 USB 機器のオーディオ ファイルを再生する. . . . . . . . . . . 16 その他の操作と設定 表示窓の表示を 切り換える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 イルミネーションの 設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 Bluetooth 機器とワイヤレ ス接続して音楽を聞く . . . . . . . 23 Bluetooth スタンバイモー ドを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26 使用上の注意・主な仕様 再生できるディスク . . . . . . . . . . 39 9 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 10 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 各部の名前と働き 本書では、主にリモコンを使った操作説明をしています。リモコンと同じ名前 または類似の名前の本体のボタンは、同じ働きをします。 本体 ご注意 本体のボタンを押すときは、印字部分を押してください。 10 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 11 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right リモコン RM-SCU37B 本体:l/L(頭出し)ボタ ン リモコン:. /> (頭出し) ボタン トラックまたはオーディオファ イルを選びます。 本体:TUNING +/– ボタン リモコン:+/–(選局)ボタン お好みの放送局を選びます。 +/–(フォルダー選択)ボタ ン MP3 ディスクまたは USB 機器 上のフォルダー(アルバム)を 選びます。 本体:V/v/B/b ボタン メニュー項目を選びます。 C OPTIONS ボタン オプションメニューに入る、ま たはオプションメニューを終了 します。 1 "/1(電源オン/スタンバイ) ボタン 本機の電源を入れる、またはス タンバイ状態にします。 B 本体:NX (再生/一時停止) ボタン リモコン:N (再生)ボタン、 X(一時停止)ボタン 再生を開始または一時停止しま す。 再生を再開するには、NX また は N を押します。 x(停止)ボタン 再生を停止します。 2 回押すと、USB 機器のつづき 再生を解除します。 音楽の録音(転送)中に押すと、 録音(転送)を中止します。 m/M(早戻し / 早送り)ボタ ン 再生中に長押しすると、トラッ クまたはオーディオファイルを 早送り / 早戻しします。 D DJ EFFECT ボタン (27 ページ) DJ EFFECT の種類を選びます。 E FUNCTION ボタン ファンクション(音源)を選び ます。 F BLUETOOTH ボタン (22、24、25 ページ) 短押しして、Bluetooth ファン クションを選びます。 Bluetooth ファンクションが有 効なときに、長押しすると、 Bluetooth ペアリングが始まり ます。 G 本体:VOLUME/DJ CONTROL ダイヤル 音量を調節します。 DJ EFFECT レベルを調節しま す(28 ページ) 。 DJ EFFECT が働いているとき は、このダイヤルを使って音量 を調節することはできません。 11 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 12 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left リモコン:VOLUME +/–* ボタン 音量を調節します。 * VOLUME + ボタンには、突起が付 いています。操作時の目印としてお 使いください。 H (USB) (REC/PLAY) ポート USB 機器を接続します。 I ENTER ボタン 操作や設定を確定します。 S REPEAT/FM MODE ボタン ディスクや USB 機器内の音楽、 1 つのトラックまたはファイル を繰り返し再生します(17 ペー ジ) 。 FM 受信モード(モノラルまた はステレオ)を選びます(20 ページ) 。 T CLEAR ボタン プログラムリストから一番最後 に登録した曲を削除します。 U USB ボタン USB ファンクションを選びま す。 J REC TO USB ボタン USB 機器にディスクから音楽を 録音(転送)します。 K EQ ボタン (27 ページ) サウンド効果を選びます。 L BASS BAZUCA ボタン (27 ページ) 短押しすると、低音が補強され ます(BASS BAZUCA 効果) 。 長押しすると、低音が抑えられ ます(BASS CUT 効果) 。 M 表示窓 N Z(開/閉)ボタン ディスクトレイが開閉します。 O ディスクトレイ P ( (N マーク) 23 ページ) このマークに NFC または FeliCa 機能を搭載したスマート フォンを近づけると、ワンタッ チで Bluetooth の機器登録や接 続/解除ができます。ワンタッ チ接続するには設定が必要です。 Q リモコン受光部 R CLOCK/TIMER SELECT ボ タン(29 ページ) 時計と再生タイマーの確認をし ます。 CD ボタン CD ファンクションを選びます。 TUNER/BAND ボタン TUNER ファンクションを選び ます。 V TUNER MEMORY ボタン (21 ページ) ラジオ放送局をプリセットしま す。 W PLAY MODE/TUNING MODE ボタン 音楽 CD、MP3 ディスクまたは USB 機器の再生モードを選びま す(16 ページ) 。 ラジオを聞いているときは、選 局モードを選びます(20 ペー ジ) 。 X DISPLAY ボタン 表示窓に表示する情報を変えま す。 Y SLEEP ボタン (29 ページ) スリープタイマーを設定します。 12 CLOCK/TIMER SET ボタン (14、29 ページ) 時計と再生タイマーの時間を設 定します。 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP050CON. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 13 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 準備する 本機を安全に設置する FM アンテナ 準備する 音声ケーブル (別売) コンセントへ A FM ANTENNA 端子 アンテナを設定するときは、受信状 況の良い位置と方向を見つけてくだ さい。 ノイズの原因となるため、電源コー ドや USB ケーブルにアンテナを近 づけないでください。 C 電源 電源コード(付属)を本機に接続し てから、コンセントに差し込みます。 表示窓にデモが表示されます。 "/1 ボタンを押して本機の電源を入 れると、デモは自動的に終了します。 B AUDIO IN L/R 端子 音声ケーブル(別売)を使って、テ レビやオーディオ/ビデオ機器など の音声出力端子につなぎます。本機 をとおして音声が出力されます。 13 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP050CON. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 14 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 電池を入れる と の向きを合わせ 図のように て、単 3 形乾電池 2 本(R6、付属) を入れてください。 表示モードを変更す る 電源コードをコンセントに差し込む と、表示窓にデモが表示されます。 電源が入っていないときに、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す。 デモ デモが表示されます。 ご注意 • 新しい電池と古い電池、または違う種類 の電池を混ぜて使わないでください。 表示なし(省電力モード) • 長い間リモコンを使わないときは、液漏 れや腐食による故障を防ぐために電池を 取り出してください。 表示窓の表示を消して、節電します。 タイマーと時計は内部で動いていま す。 時計 時計を合わせる 省電力モードのときは時計の設定は できません。 この操作にはリモコンのボタンを使 用します。 数秒間、時計を表示します。その後 時計表示は消え、本機は省電力モー ドになります。 1 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 2 CLOCK/TIMER SET を押す。 「PLAY SET」が表示窓に表示さ れたときは、. /> ボタンを 繰り返し押して「CLOCK」を選 び、ENTER ボタンを押してくだ さい。 3 . /> ボタンを繰り返し押し て「時」を合わせ、ENTER ボタ ンを押す。 4 . /> ボタンを繰り返し押し て「分」を合わせ、ENTER ボタ ンを押す。 14 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 15 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ディスク/ USB を再生す る 本機で USB 機器を ご使用になる前に 本機が対応している USB 機器につ いての情報は下記のウェブサイトを ご覧ください。 ディスクを再生する 1 CD ボタンを押す。 2 本体の Z ボタンを押す。 3 ラベル側を上にしてディスクを ディスクトレイにのせる。 シングル CD などの 8 cm ディスクは、 トレイの内側 の円の上に置 く <http://www. sony. jp/support/ netjuke/index. html> 再生ソースや録音(転送)先を 選ぶには(USB メモリー選択) USB 機器に複数のメモリーが内蔵さ れているときは(例えば、内蔵メモ リーと外部メモリーカード) 、再生 ソースや録音(転送)先としてどの メモリーを使用するかを選ぶことが できます。 ご注意 再生中または録音(転送)中はメモリーを 選ぶことはできません。再生や録音(転 送)を始める前に、メモリーを選んでくだ さい。 ディスク/ USB を再生する 4 本体の Z ボタンを押して、ディス クトレイを閉じる。 ディスクトレイを押して無理やり 閉めると、故障の原因となりま す。 5 N ボタンを押して再生を始める。 ディスクについてご注意 (音楽 CD)本機は最大 99 トラックまで • 認識します。 ( • MP3 ディスク)本機が認識できる最大 数は下記のとおりです。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 FUNCTION ボタンを繰り返し押 して USB ファンクションを選ぶ。 2 USB 機器を ポートに接続する。 3 停止中に、OPTIONS ボタンを押 す。 – 最大フォルダー数:999*(ルートフォ ルダー含む) – 最大ファイル数:999 – 1 つのフォルダー内で認識可能な最大 ファイル数:250 – 認識可能な最大階層(フォルダー)レ ベル:8 * MP3 ファイルが存在しないフォル ダー、空フォルダーも含まれます。 フォルダー構成によっては本機で認識 できるフォルダー数が少なくなる場合 があります。 • CD-TEXT 情報には対応していません。 4 V/v ボタンを繰り返し押して 「MEM SEL」を選び、ENTER ボ タンを押す。 5 V/v ボタンを繰り返し押して使用 するメモリーを選び、ENTER ボ タンを押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 15 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 16 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器のオー ディオファイルを再 生する 本機では以下のオーディオフォー マットを再生できます。 – MP3: ファイル拡張子「. mp3」 – WMA: ファイル拡張子「. wma」 、 – AAC: ファイル拡張子「. m4a」 「. mp4」または「. 3gp」 上記の拡張子のオーディオファイル でもフォーマットが一致していない と、本機からのノイズが発生したり 本機が故障したりする場合がありま す。 再生モードを変える オリジナルの曲順で再生す る(ノーマル再生) 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押します。 • 表示なし:ディスクまたは USB 機 器内のすべてのトラックやオー ディオファイルを再生します • FLDR*: ディスクまたは USB 機器 の指定したフォルダー内のすべて のトラックやオーディオファイル を再生します * 音楽 CD 再生時に「FLDR」を選ぶと、 「表示なし」と同じ動作となります。 1 USB ボタンを押す。 2 USB 機器を ポートに接続す る。 ご注意 曲を順不同で再生する (シャッフル再生) 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押します。 • SHUF: ディスクまたは USB 機器 上のすべてのトラックやオーディ オファイルを順不同で再生します • FLDR SHUF*: ディスクまたは USB 機器の指定したフォルダー内 のすべてのトラックやオーディオ ファイルを順不同で再生します iPhone/iPod は、Bluetooth 接続での み本機に接続できます。 3 N ボタンを押して再生を開始す る。 再生モードによってオーディオ ファイルが再生される順番が異な ります(16 ページ) 。 USB 機器についてご注意 本機が認識できるフォルダーやファイルの 最大数は下記のとおりです。 – 最大フォルダー数:1, 000*(ルート フォルダー含む) – 最大ファイル数:3, 000 – 1 つのフォルダー内で認識可能な最大 ファイル数:250 – 認識可能な最大階層(フォルダー)レベ ル:8 * 再生可能なオーディオファイルが存在し ないフォルダー、空フォルダーも含まれ ます。フォルダー構成によっては本機で 認識できるフォルダー数が少なくなる場 合があります。 * 音楽 CD 再生時に「FLDR SHUF」を 選ぶと、 SHUF」再生と同じ動作とな 「 ります。 ご注意 本機の電源を切ると、シャッフル再生は解 除されて、再生モードがノーマル再生に戻 ります。 16 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 17 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 好きな順に曲を聞く(プロ グラム再生) 最大 25 曲を再生したい順にプログ ラムできます。 6 N ボタンを押してプログラム再 生を始める。 1 CD の場合: CD ボタンを押す。 USB の場合: USB ボタンを押す。 プログラムした曲(ステップ) を削除するには 停止中に、CLEAR ボタンを押しま す。ボタンを押すたびに、最後に登 録したステップが削除されます。 プログラム再生を解除するには 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押して、表示窓から 「PGM」を消す。 ご注意 2 停止中に、PLAY MODE ボタン を繰り返し押して、表示窓に 「PGM」を点灯させる。 ディスク/ USB を再生する 3(オーディオファイルのみ) +/– ボタンを繰り返し押して、 フォルダーを選ぶ。 フォルダー内のすべてのファイル をプログラムしたいときは、 ENTER ボタンを押す。 • (CD のみ)ディスクトレイを開くと、 ステップは全て削除されます。 • (USB のみ)下記の操作をすると、ス テップは全て削除されます。 – USB 機器からフォルダーやファイル を消去する。 – USB 機器を本機から抜く。 – 選んでいる USB メモリーを変更する。 4 . /> ボタンを繰り返し押し てお好みのトラックまたはオー ディオファイルを選び、ENTER ボタンを押す。 プログラムの 合計再生時間 (選んだトラッ クまたはオー ディオファイ ルを含む) 繰り返し再生する(リピー ト再生) REPEAT ボタンを繰り返し押しま す。 • 選んだトラック またはオーディオ ファイルの番号 : フォルダー/ディスク/ USB 機器/プログラムのすべてのト ラックまたはオーディオファイル を繰り返し再生します :同じトラックまたはオーディ • オファイルを繰り返し再生します USB 機器についてご注意 本機での再生順は、つないだデジタルオー ディオプレーヤーの再生順とは異なること があります。 音楽 CD の合計再生時間が 100 分を超えた場合、またはオーディ オファイルをプログラムした場合 は、 --. --」が表示されます。 「 5 トラックまたはオーディオファイ ルを続けてプログラムするとき は、手順 3 から手順 4 を繰り返 す。 17 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 18 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器に録音する 3 V/v ボタンを繰り返し押してお好 みのビットレートを選び、 音楽を録音(転送) する つないだ USB 機器にディスク(音 楽 CD または MP3 ディスク)から 音楽を録音(転送)します。 本機から転送されるファイルのオー ディオフォーマットは MP3 です。 ご注意 ENTER ボタンを押す。 • 128 KBPS: エンコードされた MP3 ファイルのファイルサイズ は小さくなりますが、低音質で す。 • 256 KBPS: エンコードされた MP3 ファイルは高音質ですが、 ファイルサイズは大きくなりま す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 • 録音(転送)中または消去中に、USB 機器を本機から抜かないでください。 USB 機器のデータが破損したり、USB 機器そのものが故障したりすることがあ ります。 • MP3 ファイルは、元のファイルと同じ ビットレートで転送されます。 • ディスクトレイが開いていると、録音お よび消去を実行できません。 ディスクから音楽を録音(転 送)する 指定された再生モードで再生される 音楽全てを USB 機器に簡単に録音 (転送)できます(CD SYNC モー ド) 。再生しながら 1 つのトラックま たはオーディオファイルを転送する こともできます(CD REC1 モー ド) 。 著作権保護されたコンテンツに ついてご注意 録音(転送)した音楽は私的使用に 限られています。この制限を超えて 音楽を使用するには、著作権保持者 の許可が必要です。 1 USB 機器を る。 ポートに接続す 再生ソースや転送先を選ぶには (USB メモリー選択) 15 ページを参照してください。 ビットレートを選ぶには 音楽 CD からより良い音質で音楽を 録音(転送)するために、より高い ビットレートを選ぶことができます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 2 CD ボタンを押す。 3 ディスクをディスクトレイにのせ て(15 ページ) 、トレイを閉じ る。 4 CD SYNC モードの場合: 停止中に、 PLAY MODE ボタンを 繰り返し押して、お好みの再生 モードを選ぶ。 ご注意 「 ) • シャッフル再生( FLDR SHUF」 で録音(転送)を開始すると、選ん だ再生モードは自動的に「FLDR」 に変わります。 「 • シャッフル再生( FLDR SHUF」を 除く) 、リピート再生または曲が登録 されていないプログラム再生で録音 (転送)を開始すると、選んだ再生 モードは自動的にノーマル再生に切 り換ります。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「BIT RATE」を選び、ENTER ボ タンを押す。 18 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 19 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right CD REC1 モードの場合: 録音(転送) したいトラックまた はオーディオファイルを再生しま す。 5 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「COMPLETE」が表示 されます。 オプションメニューを終了するに は、本体の OPTIONS ボタンを 押します。 ご注意 シャッフル再生またはプログラム再生中 は、オーディオファイルやフォルダーを消 去することはできません。消去する前に再 生モードをノーマル再生に戻してくださ い。 5 本体の REC TO USB ボタンを押 す。 表示窓に「PUSH ENTER」が表 示されます。 6 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「DO NOT REMOVE」 が表示されると、録音(転送)が 始まります。 CD SYNC モードの場合: 録音(転送)が完了すると、ディ スク再生も自動的に停止します。 録音先のフォルダー名と ファイル名 USB 機器に録音(転送)する場合、 「MUSIC」フォルダーが「ROOT」 の直下に作成されます。下記のよう に、録音(転送)方法と再生する音 源に応じてこの「MUSIC」フォル ダー内にフォルダーとファイルが作 成されます。 CD SYNC モード(ノーマル再生時) 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 音源と同じ名前 ファイル 「CDDA0001」「TRACK001」 * * 音楽 CD USB 機器に録音する CD REC1 モードの場合: 指定した曲の録音(転送)が終了 しても、ディスクの再生はそのま ま続きます。 録音(転送)を途中で止めるに は x ボタンを押す。 USB 機器からオーディオ ファイルやフォルダーを削 除する CD REC1 モード 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 「REC1-MP3」 音源と同じ名 ファイル 前 「REC1-CD」 「TRACK001」 * 音楽 CD 1 停止中に、USB ボタンを押す。 2 . /> または +/– ボタン を繰り返し押して、オーディオ ファイルまたはフォルダーを選 ぶ。 CD SYNC モード(プログラム再生 時) 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 音源と同じ名 ファイル 「PGM_0001」 前 * 「TRACK001」 * 音楽 CD 3 本体の OPTIONS ボタンを押す。 4 本体の V/v ボタンを繰り返し押し て、 ERASE」を選び、ENTER 「 ボタンを押す。 表示窓に「FOLDER ERASE」ま たは「TRACK ERASE」が表示 されます。 * フォルダー番号とファイル番号は番号順 に付きます。 19 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 20 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 録音(転送)についてご注意 • 録音(転送)中は、音が出ません。 • 作成された MP3 ファイルに、 CD-TEXT 情報は転送されません。 ラジオを聞く • 下記の場合、録音(転送)が自動的に停 止します。 – 録音(転送)中に USB 機器の容量が 足りなくなった場合。 – USB 機器のオーディオファイル数と フォルダー数が、本機で認識できる最 大数に達した場合(16 ページ) 。 • すでに USB 機器に存在しているフォル ダーまたはファイルと同じ名前のデータ を録音(転送)すると、上書きされず、 名前の末尾に通し番号が追加されます。 • 録音(転送)中は下記の操作はできませ ん。 – ディスクを取り出す。 – 別のトラックまたはファイルを選ぶ。 – 再生を一時停止する、またはトラック またはオーディオファイルを早送り/ 早戻しする。 – 本機のファンクションを切り換える。 • PC 上で「Media Manager for WALKMAN」を使ってウォークマンに 音楽を録音(転送)するときには、必ず MP3 フォーマットで録音(転送)して ください。 • 本機にウォークマン をつなぐときは、 ウォークマン の「Creating Library」 または「Creating Database」表示が 消えたことを確認してからつないでくだ さい。 FM 放送を聞く 1 TUNER/BAND ボタンを押す。 2 FM 放送局を選ぶ。 自動選局の場合: TUNING MODE ボタンを繰り返 し押して「AUTO」を選び、次 に、+/– ボタンを押します。 放送局を受信すると、選局が自動 的に停止します。表示窓に「ST」 (FM ステレオ放送の場合のみ)が 点灯します。 選局が停止しない場合、x ボタン を押して選局を停止します。停止 したら、手動選局を始めます(下 記) 。 手動選局の場合: TUNING MODE ボタンを繰り返 し押して「MANUAL」を選ぶ。 次に、+/– ボタンを繰り返し押し て、お好みの放送局を受信しま す。 ちょっと一言 FM ステレオ放送の雑音を軽減したい場合 には、FM MODE ボタンを繰り返し押し て「MONO」選ぶと、ステレオではなく なりますが、雑音が軽減されることがあり ます。 20 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 21 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 放送局を登録(プリセッ ト)する 合計で FM 局を 20 局、お気に入り の放送局として登録できます。 Bluetooth 接続で聞く Bluetooth 無線技 術について Bluetooth 無線技術は、デジタル機 器同士で無線データ通信を行うため の近距離無線技術です。Bluetooth 無線技術は、およそ 10 m の範囲内 で通信を行うことができます。 1 お好みの放送局を受信する。 2 TUNER MEMORY ボタンを押 す。 プリセット番号 3 +/– ボタンを繰り返し押してお好 みのプリセット番号を選び、 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「COMPLETE」が表示 されます。放送局が登録されま す。 プリセットした放送局を受信す るには TUNING MODE ボタンを繰り返し 押して「PRESET」を選ぶ。次に、 +/– ボタンを繰り返し押してお好み のプリセット番号を選びます。 対応 Bluetooth バージョン、 プロファイル、コーデック 対応 Bluetooth バージョン: • Bluetooth 標準規格 Ver. 3. 1 対応 Bluetooth プロファイル: • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile) • AVRCP 1. 3(Audio Video Remote Control Profile) • SPP(Serial Port Profile) 対応 Bluetooth コーデック: • SBC(Sub Band Codec) • AAC(Advanced Audio Coding) ラジオを聞く /Bluetooth 接続で聞く BLUETOOTH ランプにつ いて BLUETOOTH ランプが青色に点滅 または点灯して、Bluetooth の状態 をお知らせします。 本機の状況 ランプの状況 Bluetooth 待ち受け中 Bluetooth ペアリング中 ゆっくり点滅 速く点滅 点灯 Bluetooth 接続完了 21 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 22 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth オー ディオコーデックを 設定する Bluetooth 機器からのデータは SBC コーデックフォーマットまたは AAC コーデックフォーマットで受信でき ます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 ワンタッチでスマー トフォンと接続する (NFC) 「NFC」とは? NFC とはスマートフォンや IC タグ など、さまざまな機器間で近距離無 線通信を行うための技術です。NFC 技術により、NFC 対応機器のタッチ ポイントにタッチするだけで、簡単 にデータ通信を行うことができます。 1 BLUETOOTH ボタンを押して Bluetooth ファンクションを選 ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 2 OPTIONS ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 4 V/v ボタンを繰り返し押して NFC 対応のスマートフォンで本機に タッチすると、本機で自動的に以下 のことが行われます。 – Bluetooth 機能がオンになる。 – ペアリングが完了する。 – Bluetooth 接続が完了する。 「BT AAC」を選び、ENTER ボ タンを押す。 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 1 NFC 対応のスマートフォンに、 「NFC 簡単接続」アプリをダウン ロードしてインストールする。 Google Play から無料の Android アプリ「NFC 簡単接続」 を検索してダウンロードします、 または下記の二次元コードからア クセスしてダウンロードします。 データ通信料が発生することがあ りますのでご注意ください。 • ON:AAC コーデックフォー マットで受信できるようにしま す。 • OFF:SBC コーデックフォー マットで受信します。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 ご注意 NFC 対応のスマートフォンで、 二次元コード * から直接アクセス する * 二次元コード読み取りアプリでご利 用ください。 • AAC を選ぶと、高音質な再生をお楽し みいただけます。接続機器が AAC 非対 応の場合は、 OFF」を選んでください。 「 • 本機が Bluetooth 機器につながれてい るときにこの設定を変更すると、 Bluetooth 機器の接続が切断されます。 もう一度 Bluetooth 機器につなぐには、 Bluetooth 接続をやり直してください。 • AAC コーデックフォーマットで音が途 切れるときは、 OFF」を選んで設定を 「 解除してください。本機は SBC コー 22 デックで受信します。 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 23 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ご注意 お使いのスマートフォンによっては、 アプリをインストールせずに NFC 機 能を使用できます。このときは、操作 や仕様が異なることがあります。詳し くは、お使いのスマートフォンの取扱 説明書をご覧ください。 ちょっと一言 ペアリングと Bluetooth 接続に失敗した ときは、下記を試してください。 「 – NFC 簡単接続」を再起動して、スマー トフォンを本機の N マークの上でゆっ くりと動かす。 – スマートフォンに市販のケースを付けて いる場合は、ケースをはずす。 対応スマートフォン NFC 機能か FeliCa 機能を搭載 したスマートフォン(OS: Android 2. 3. 3 以降、 Android 3. x を除く) スマートフォンから音楽を再生 するには スマートフォンでトラックやオー ディオファイルの再生を始めます。 再生について詳しくは、お使いのス マートフォンの取扱説明書をご覧く ださい。 2 スマートフォンで「NFC 簡単接 続」アプリを起動する。 アプリの画面が表示されているこ とを確認してください。 3 スマートフォンが振動するまで、 スマートフォンを本機の N マーク にタッチし続ける。 スマートフォンの接続を切断す るには スマートフォンを本機の N マークに もう一度タッチする。 Bluetooth 接続で聞く Bluetooth 機器とワ イヤレス接続して音楽 を聞く Bluetooth 機器からワイヤレス接続 で音楽を聞くことができます。 スマートフォンに表示される手順 に従って、Bluetooth 接続を完了 してください。 Bluetooth 接続が確立すると、 BLUETOOTH ランプが点滅から 点灯に変わります。表示窓に接続 された Bluetooth 機器名が表示さ れます。 本機が Bluetooth 搭載機器に接続 された状態で、他の NFC (FeliCa)対応スマートフォンを 本機にタッチすると、タッチした スマートフォンとの接続に切り換 えることができます。 詳しくは、Bluetooth 機器の取扱 説明書をご覧ください。 本機が対応している Bluetooth 機器 についての情報は下記のウェブサイ トをご覧ください。 <http://www. sony. jp/support/ netjuke/index. html> 本機と Bluetooth 機器を ペアリングする ペアリングとは、Bluetooth 機器同 士をあらかじめ登録する操作です。 一度ペアリングを行うと、次回以降 はペアリングを行う必要はありませ ん。NFC 対応スマートフォンをご使 用の場合は、手動でペアリングを行 う必要はありません。 1 本機と Bluetooth 機器を 1 m 以 内に置く。 23 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 24 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 2 本体の BLUETOOTH ボタンを 押して、Bluetooth ファンク ションを選ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 ご注意 本機が他の Bluetooth 機器と Bluetooth 接続が確立しているときは、 BLUETOOTH ボタンを押して他の Bluetooth 機器との Bluetooth 接続を 切断してください。 「パスキー」 • Bluetooth 機器によっては、 、 は、 「パスコード」「PIN コード」 、 、 「PIN ナンバー」「パスワード」などと も呼ばれます。 • ペアリングが完了せずに、ペアリング待 機状態がおよそ 5 分経過すると、ペアリ ング待機状態が解除されます。ペアリン グに失敗したときは、手順 1 からやり直 してください。 • 他の Bluetooth 機器とペアリングする には、手順 1 から 手順 6 までを繰り返 してください。 3 本体の BLUETOOTH ボタンを 2 秒以上長押しする。 表示窓に「PAIRING」が点滅し て、ペアリング待機状態になりま す。 ペアリング待機状態を解除する には 本体の BLUETOOTH ボタンを 2 秒 以上、表示窓に「BT AUDIO」が表 示されるまで押し続けます。 4 Bluetooth 機器の側でペアリン グ手順を実行する。 詳しくは、Bluetooth 機器の取扱 説明書をご覧ください。 Bluetooth 機器の音声 ソースを再生する AVRCP を使って本機と Bluetooth 機器をつなぐと、Bluetooth 機器を 操作できます。 音楽を再生する前に下記をご確認く ださい。 – Bluetooth 機器の Bluetooth が有 効になっている。 – ペアリングが完了している。 5 Bluetooth 機器の表示窓で 「ACER:ASPIRE E1-772」を選ぶ。 Bluetooth 機器でパスキーの入力 を求められたら、 0000」を入力 「 してください。 6 Bluetooth 搭載機器から Bluetooth 接続操作を行う。 ペアリングが完了し、Bluetooth 接続が確立されると、Bluetooth 機器の名前が表示窓に表示されま す。 Bluetooth 機器によっては、ペア リングが完了すると自動的に接続 が確立されることがあります。 Bluetooth 機器のアドレスは、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す と確認できます。 ご注意 1 本体の BLUETOOTH ボタンを 押して Bluetooth ファンクショ ンを選ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 接続を確立する。 本体の BLUETOOTH ボタンを押 すと、前回に Bluetooth 接続して いた Bluetooth 機器と Bluetooth 接続を確立しようとし ます。 本機の側から Bluetooth 機器との Bluetooth 接続が確立しないとき は、Bluetooth 機器の側から Bluetooth 接続の手順を行いま す。Bluetooth 接続が確立する と、本機の表示窓に Bluetooth 機 器名が表示されます。 2 Bluetooth 機器との Bluetooth • 本機に記録されるペアリング登録情報に は、 Bluetooth 機器を最大 9 台まで登録 できます。10 台目の Bluetooth 機器を ペアリングすると、最初に登録された 1 台目の Bluetooth 機器の登録が消去 されます。 24 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 25 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 3 N ボタンを押して再生を始める。 Bluetooth 機器によっては、下記 の操作が必要な場合があります。 – N ボタンを 2 回押す。 – Bluetooth 機器の側で Bluetooth 機器のトラックや オーディオファイルの再生を始 める。 ご注意 2 x ボタンと DJ EFFECT ボタン をおよそ 3 秒間長押しする。 表示窓に「BT HIST CLEAR」が 表示され、すべてのペアリング登 録情報が消去されます。 Bluetooth スタン バイモードを設定す る Bluetooth スタンバイモードが有効 なときは、Bluetooth 機器から Bluetooth 接続を確立させると、本 機の電源が自動的に入ります。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 • 本機がどの Bluetooth 機器とも Bluetooth 接続を確立していないとき に、手順 3 で N ボタンを押すと、前回 に Bluetooth 接続していた Bluetooth 機器と自動的に Bluetooth 接続が確立 します。 • 本機を別の Bluetooth 機器と Bluetooth 接続を確立しようとすると、 現在 Bluetooth 接続している Bluetooth 機器との Bluetooth 接続が 切断されます。 Bluetooth 接続を切断するには 本体の BLUETOOTH ボタンを押 す。 表示窓の Bluetooth 機器名が消え て、 BT AUDIO」と表示されます。 「 Bluetooth 機器によっては、再生を 停止すると Bluetooth 接続が自動的 に解除されることがあります。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「BT STBY」を選び、ENTER ボタンを押す。 Bluetooth 接続で聞く 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 すべてのペアリング登録情 報を消去する この操作には本体のボタンを使用し ます。 4 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を切る。 1 BLUETOOTH ボタンを押して Bluetooth ファンクションを選 ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 本機が Bluetooth 機器につながれ ているときは、表示窓に Bluetooth 機器名が表示されま す。Bluetooth 機器の接続を切断 するには、BLUETOOTH ボタン を押してください。 Bluetooth スタンバイモードが有 効になっている場合、本機の電源 が切れているときでも、 Bluetooth 接続を待機状態にしま す。Bluetooth 接続が確立される と、自動的に本機の電源が入りま す。 25 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 26 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth 信号を 設定する Bluetooth 信号がオンになっている 場合、ペアリング登録情報に登録さ れているすべての Bluetooth 機器を 本機に Bluetooth 接続することがで きます。お買い上げ時には Bluetooth 信号はオンになっていま す。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 x ボタンと + ボタンをおよそ 3 秒間長押しする。 (オン)または 表示窓に「BT ON」 「BT OFF」 (オフ)が表示されます。 ご注意 「SongPal」を使う アプリについて このモデル専用のアプリが、 Google Play および App Store か らダウンロードできます。 「SongPal」を検索して無料アプリ をダウンロードすると、便利な機能 を使うことができます。 本機の Bluetooth 機能を通して使用 できる iPhone/iPod は次のとおりで す。 iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s, iPhone 4, iPhone 、 3GS, iPod touch(第 5 世代) 。 iPod touch(第 4 世代) • Bluetooth 信号がオフに設定されている ときは下記の操作はできません。 – Bluetooth 機器とペアリングする。 – ペアリング情報を消去する。 – Bluetooth を経由して「SongPal」を 使う。 • Bluetooth 信号がオフに設定されている とき、本機は Bluetooth 機器からの信 号を検出できません。 • 本機に NFC 対応のスマートフォンを タッチしたり、Bluetooth スタンバイ モードをオンにすると、Bluetooth 信号 が自動的にオンになります。 26 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 27 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 音質を調節する 3 V/v ボタンを繰り返し押してイコ ライザーレベルを調節して、 ENTER ボタンを押す。 音質を設定する こんなとき 操作 周波数帯域 イコライザー レベル 低音を補強し てパワフルな サウンドにす る 本体の BASS BAZUCA ボタンを押 す。 4 手順 3 を繰り返して、他の周波数 帯域のレベルとサラウンド効果を 調節する。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 低音を下げる 本体の BASS (BASS CUT) BAZUCA ボタンを 2 秒以上長押しする。 BASS CUT 効果を解 除するには、BASS BAZUCA ボタンをも う一度押します。 ご注意 • BASS CUT 効果がオ ンになっている場合、 10 秒ごとに表示窓に 「BASS CUT」が点灯 します。 • BASS CUT 効果は、 本体の電源を切ると自 動的にオフになります。 オリジナルのサウンド効果を作 成するには EQ ボタンを繰り返し押して、 「CUSTOM EQ」を選びます。 音質を調節する サウンド効果 を選ぶ EQ ボタンを繰り返し 押す。 サウンド効果を解除す るには、EQ ボタンを 繰り返し押して 「FLAT」を選ぶ。 パーティーの雰囲気 を作る (DJ EFFECT) DJ が演奏で使用する特殊サウンド効 果を楽しめます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 オリジナルのサウン ド効果を作成する 特定の周波数帯域のレベルを上げ下 げして、 CUSTOM EQ」として設 「 定をメモリーに保存できます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 DJ EFFECT ボタンを繰り返し押 して、お好みの効果を選ぶ。 • ISOLATOR:他の周波数帯域を 調節することで、特定の周波数 帯域を目立たせます。ヴォーカ ル音を強調したい場合などに便 利です。 • FLANGER:ジェット機がうな るような深みのあるフランジン グ効果を演出します。 • WAH:フィルターの周波数を自 動的に上下に移動させ、 「ワウワ ウ」サウンド効果を生み出しま す。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「EQ EDIT」を選び、ENTER ボ タンを押す。 27 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 28 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 2 DJ CONTROL ダイヤルを回して 効果のレベルを調節します。 その他の操作と設定 効果を解除するには DJ EFFECT ボタンを繰り返し押し て「DJ OFF」を選びます。 ご注意 表示窓の表示を切り 換える 本機の電源が入っているときに、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す。 下記のように情報を表示できます。 • 音楽 CD の場合: – 再生中に、経過時間と残り時間を 表示します。 – 停止中に、合計再生時間を表示し ます。 • オーディオファイル(MP3 ディス ク、USB 機器)の場合: – 再生経過時間、ファイル名、フォ ルダー名を表示します。 – タイトル、アーティスト、アルバ ム情報を表示します。 ご注意 • 本機の電源を切ったり、ファンクション を切り換えると、DJ EFFECT は自動的 に解除されます。 • USB 転送中に DJ EFFECT を有効にし た場合には、サウンド効果は USB 機器 に転送されません。 • DJ EFFECT が働いているときは、本体 の VOLUME/DJ CONTROL ダイヤル を使って音量を調節することはできませ ん。リモコンの VOLUME +/– ボタンを 押して音量を調節してください。 VBR(可変ビットレート)を使ってエン コードしたオーディオファイルの経過時間 は、正しく表示されないことがあります。 イルミネーションの 設定をする この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「LED SPK」を選び、ENTER ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 28 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 29 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ご注意 イルミネーションがまぶしすぎるときは、 お部屋の照明をつけるかイルミネーション を消してください。 3 . /> ボタンを繰り返し押し て「PLAY SET」を選び、 ENTER ボタンを押す。 4 再生を始める時間を設定する。 . /> ボタンを繰り返し押し て「時」と「分」を選び、 ENTER ボタンを押してください。 タイマーを使う 本機には、スリープタイマーと再生 タイマーの 2 種類のタイマーがあり ます。両方のタイマーをいっしょに 使うと、スリープタイマーの設定が 優先されます。 5 手順 4 と同じ操作をして、再生を 停止する時間を設定する。 6 . /> ボタンを繰り返し押し てお好みのファンクション(音 源)を選び、ENTER ボタンを押 す。 スリープタイマー 指定した時間が経過すると、自動的 に電源をオフにします。 7 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を切る。 ご注意 本機の電源が入ったままの状態では、 再生タイマーは有効になりません。 SLEEP ボタンを繰り返し押す。 スリープタイマーを解除するには、 SLEEP ボタンを繰り返し押して 「OFF」 (オフ)を選びます。 ちょっと一言 タイマー設定中に SLEEP ボタンを押すと 本機の電源が切れるまでの時間を確認する ことができます。 タイマー設定を確認する、また はもう一度タイマーをオンにす るには CLOCK/TIMER SELECT ボタンを 押し、次に . /> ボタンを繰り 返し押して「PLAY SEL」を選び、 ENTER ボタンを押します。 その他の操作と設定 再生タイマー 「時計を合わせる」(14 ページ)を 参照して、本機の時計が設定されて いることを確認してください。 指定した時刻に毎日自動的に音源を スタートさせ、ディスクや USB 機 器からの音楽や、ラジオを聞くこと ができます。 タイマー設定を解除するには CLOCK/TIMER SELECT ボタンを 押し、次に . /> ボタンを繰り 返し押して「OFF」を選び、 ENTER ボタンを押します。 ご注意 • 再生タイマーにより本機の電源が入る際 には、本機の電源は、設定した時間の前 に入ります。再生タイマーを設定した時 間に本機の電源が入っていたり、表示窓 に「STANDBY」が点滅していたりす ると、再生タイマーは再生を始めませ ん。 • 本機の電源が入ったら、再生が始まるま では本機の操作をしないでください。 1 音源を準備し、VOLUME +/– ボ タンを押して音量を調節します。 ディスクの好きな曲だけを再生し たいときは、プログラム登録をし てください(17 ページ) 。 2 CLOCK/TIMER SET ボタンを 押す。 29 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 30 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 別売りのテレビや オーディオ/ビデオ 機器などの音声を聞 く 1 VOLUME – ボタンを繰り返し押 して表示窓に「VOL MIN」を表 示させる。 ご注意 電源コードを抜くと、チャイルドロックは 解除されます。 オートスタンバイ機 能を設定する 本機には、オートスタンバイ機能が 搭載されています。この機能を使う と、何も操作されないまま、または 音声信号の入力がないまま 15 分以 上が経過すると、自動的にスタンバ イ待機状態になります。 お買い上げ時は、このオートスタン バイ機能はオンになっています。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 2 別売りの機器を AUDIO IN L/R 端子につなぐ。 3 FUNCTION ボタンを繰り返し押 して AUDIO IN ファンクション を選ぶ。 4 つないだ機器の再生を始める。 5 VOLUME + ボタンを繰り返し押 して、音量を調節する。 ご注意 つないだ機器の音量が低すぎるときは、本 機は自動的にスタンバイモードになること があります。機器側で音量を調節してくだ さい。オートスタンバイ機能をオフにする には、 「オートスタンバイ機能を設定する」 (30 ページ)をご覧ください。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「AutoSTBY」を選び、ENTER ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 ご注意 本体のボタンを動作 しないようにする (チャイルドロック) 子どものいたずらなどによる誤操作 防止のため、本体のボタン("/1 を 除く)を動作しないようにできます。 本体の x ボタンを 5 秒以上長押しす る。 表示窓に「CHILD LOCK ON」が 表示されます。 リモコンのでの操作は通常どおり行 うことができます。 チャイルドロックを解除するには、 本体の x ボタンを 5 秒以上、表示窓 に「CHILD LOCK OFF」が表示さ れるまで押し続けます。 • 表示窓に「AutoSTBY」が約 2 分間点 滅してからスタンバイモードに入りま す。 • オートスタンバイ機能は、ラジオを聞い ている間は動作しません。 • 下記のような場合は、本機は自動でスタ ンバイモードにはなりません。 – 音声信号が検出されたとき – 曲を再生しているとき – 再生タイマーまたはスリープタイマー が動作中の場合 30 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 31 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 使用上の注意・主な仕様 DualDisc についてのご注意 DualDisc とは DVD 規格に準拠し た面と、音楽専用面とを組み合わせ た新しい両面ディスクです。なお、 この音楽専用面はコンパクトディス ク(CD)規格には準拠していない ため、本製品での再生は保証いたし ません。 再生できるディスク • 音楽 CD • CD-R/CD-RW – 音楽用 CD フォーマット – ISO9660 レベル 1、レベル 2 ま たは Joliet(拡張規格)に準拠し た MP3 ファイル ご注意 • MP3(MPEG 1 Audio Layer-3)は、 ISO(国際標準化機構)で策定された音 声データのデジタル圧縮規格のひとつ。 本機では、MPEG 1 Audio Layer-3 に 準拠した MP3 ファイルを再生すること ができます。 • 拡張子が「. mp3」のオーディオファイ ルのみ再生できます。 著作権保護技術でエンコードさ れた音楽ディスク 本機は、コンパクトディスク(CD) の規格に準拠したディスクの再生を 前提として、設計されています。最 近、いくつかのレコード会社より著 作権保護を目的とした技術が搭載さ れた音楽ディスクが販売されていま す。これらの中には CD 規格に準拠 していないものがあり、本製品で再 生できない場合があります。 再生できないディスク • CD-ROM • 下記の状態の CD-R/CD-RW – MP3 PRO フォーマットで録音さ れたディスク – マルチセッション方式で記録し て、 セッションクローズをしてい ないディスク – 互換性のないレコーダーで記録し たディスク – 記録品質の悪いディスク – ひっかき傷や汚れのあるディスク – 正しくファイナライズ処理がされ ていないディスク • 標準形ではないディスク(例えば、 ハート、四角、星型など) • セロハンテープ、紙、またはシー ルなどが貼られたディスク • レンタルディスクや中古ディスク で、表面に貼られたシールから接 着剤がはみ出しているディスク • インクを使って印刷したラベルが 貼られていて、ラベルの印刷面が ベタベタしているディスク マルチセッションディスクの再 生についてご注意 • 本機では、マルチセッションディ スクでも、 1 セッションに MP3 第 ファイルが含まれているときは、 再生が可能です。第 1 セッション 以外に録音された後続の MP3 ファ イルも再生できます(後続のセッ ションに 音楽 CD フォーマットが 含まれているマルチセッション ディスクは、本機では再生できま せん) 。 • 第 1 セッションが 音楽 CD フォー マットで録音されているときは、 第 1 セッションのみ再生されます。 31 使用上の注意・主な仕様 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 32 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 故障かな?と思った ら 本機に問題が発生したら、以下の該 当する項目を調べて、指示に従って 操作してください。 それでもトラブルが解決しないとき は、お買い上げ店またはソニーの相 談窓口にご相談ください。 • つないだ機器の電源を入れてくだ さい。 • 電源コードを抜いてからもう一度 接続して、本機の電源を入れてく ださい。 ブーンという音がする、ノイズがひど い。 • 本機をノイズの原因となっている 機器から離してください。 • 本機を他のコンセントにつないで ください。 表示窓に「PROTECTX」 X ( は数字)が表示されたら すぐに電源コードを抜いて、下記 の項目を確認してください。 • USB ポートがショートしてい ませんか? • 本体の通風孔が塞がれていませ んか? 上記の項目を確認してトラブルが 解決したら、電源コードをもう一 度接続して、本機の電源を入れて ください。それでもトラブルが解 決しないときは、お買い上げ店ま たはソニーの相談窓口にご相談く ださい。 • 市販のノイズフィルターを電源 コードに取り付けてください。 • 本機の周りにある機器の電源を 切ってください。 タイマーが機能しない。 • タイマー設定を確認し、正しい時 間を設定してください(29 ペー ジ) 。 • スリープタイマー機能を解除して ください(29 ページ) 。 リモコンが機能しない。 • リモコンと本体の間の障害物を取 り除いてください。 • リモコンを本体に近付けてくださ い。 • リモコンを本体の受光部に向けて 共通 本機がスタンバイ状態になる。 操作してください。 • これは故障ではありません。何も 操作されないまま、または音声信 号の入力がないまま 15 分以上が経 過すると、自動的にスタンバイ状 態になります(30 ページ) 。 時計やタイマーの設定が解除される。 • 電池を交換してください(単 3 形 (R6)電池2本) 。 • 本機を蛍光灯から離して設置して ください。 音響的フィードバック(ハウリング) が起きる。 • 音量を下げてください。 本体のいずれかのボタンを押すと、 「CHILD LOCK」が表示される。 • 電源コードが抜かれた。または、 停電が起きた。時計(14 ページ) とタイマー(29 ページ)をもう一 度設定してください。 音が出ない。 • チャイルドロックを解除してくだ さい(30 ページ) 。 • 音量を調節してください。 • 別売りの機器をつないでいるとき は、接続を確認してください(13 ページ) 。 32 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 33 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ディスクプレーヤー ディスクトレイが開かず、表示窓に 「LOCKED」が表示される。 フォルダー名、トラック名、ファイル 名および ID3 タグの文字が正しく表示 されない。 • 最寄りのソニー代理店または ソニーの相談窓口にお問い合わせ ください。 ディスクトレイが閉まらない。 • ID3 タグがバージョン 1(1. 0/1. 1) およびバージョン 2(2. 2/2. 3)で はありません。 • 本機で表示できる文字コードは数 字およびアルファベットのみです。 その他の文字は「_」と表示されま す。 • ディスクをディスクトレイに正し くのせてください。 ディスクを取り出せない。 USB 機器 録音(転送)するとエラーが発生する。 • CD SYNC モード中または CD REC1 モード中は、ディスクを取 り出すことはできません。 x ボタンを押して録音を中止して、 本体の Z ボタンを押してディスク を取り出してください。 • お買い上げ店またはソニーの相談 窓口にご相談ください。 再生が始まらない。 • 本機が対応していない USB 機器を 使用しています。本機が対応して いる USB 機器についての情報は、 ウェブサイトをご覧ください(15 ページ) 。 • USB 機器が正しく初期化されてい ない。初期化については、USB 機 器の取扱説明書を参照してくださ い。 • 本機の電源を切り、USB 機器を取 りはずす。USB 機器に電源スイッ チがあるときは、USB 機器を本機 から取りはずして電源を切ってか ら、もう一度電源を入れてくださ い。そのあと、もう一度録音(転 送)操作を行ってください。 • 録音(転送)操作や消去操作を複 数回繰り返し行うと、USB 機器内 のファイル構成が断片化します。 このトラブルの対処方法について は、USB 機器の取扱説明書を参照 してください。 • 録音(転送)中に、USB 機器がは ずされた、または電源が切られた。 部分的に転送されたファイルを削 除して、もう一度ファイルを転送 する。それでもトラブルが解決し ない場合は、USB 機器が故障して いる可能性があります。このトラ ブルの対処方法については、USB 機器の取扱説明書を参照してくだ さい。 • ディスクの汚れをふき取ってくだ さい(37 ページ) 。 • ディスクをもう一度挿入し直して ください。 • 本機で再生できないディスクを挿 入した(31 ページ) 。 • ディスクを取り出し、水分を拭き 取ってください。また本体内部の 水分を蒸発させるため、電源を入 れたまま数時間放置してください。 音が飛ぶ。 使用上の注意・主な仕様 • ディスクの汚れをふき取ってくだ さい(37 ページ) 。 • ディスクをもう一度挿入してくだ さい。 • 振動のない場所に本機を移動させ てください。 再生が 1 曲目から始まらない。 • 再生モードをノーマル再生にして ください(16 ページ) 。 33 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 34 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器のオーディオファイルまたは フォルダーを消去できない。 – 大量のメモリーが使われている。 – 内蔵メモリーが断片化している。 「OVER CURRENT」が表示される。 • USB 機器が書き込み保護されてい ないか確認してください。 • データ消去中に、USB 機器がはず された、または電源が切られた。 部分的に消去されたファイルを削 除してください。それでもトラブ ルが解決しない場合は、USB 機器 が故障している可能性があります。 このトラブルの対処方法について は、USB 機器の取扱説明書を参照 してください。 音が出ない。 • ポートからの電流レベルに関し て問題が検出された。本機の電源 を切り、ポートから USB 機器を取 りはずしてください。USB 機器に 異常がないか確認してください。 それでもこの画面が表示されると きは、お買い上げ店またはソニー の相談窓口にご相談ください。 エラーが表示される。 • USB 機器が正しくつながれていな い。本機の電源を切り、USB 機器 をつなぎ直し、本機の電源をもう 一度入れてください。 ノイズや音飛びがある。または音が歪 む。 • USB 機器に保存されたデータが破 損した可能性があるため、もう一 度データを録音(転送)してくだ さい。 • 本機で表示できる文字コードは数 字およびアルファベットのみです。 その他の文字は「_」と表示されま す。 • 本機が対応していない USB 機器を 使用している。本機が対応してい る USB 機器についての情報は、 ウェブサイトをご覧ください(15 ページ) 。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 音楽データ自体にノイズが含まれ ていたり、音声が歪んでいます。 録音(転送)中にノイズが入った 可能性があります。ファイルを削 除して、もう一度録音(転送)し てください。 • オーディオファイルをエンコード するときに使用したビットレート が低い。ビットレートを高く設定 して、オーディオファイルを USB 機器に録音(転送)してください。 「READING」が長時間表示される。 または、再生が開始するまでに時間が かかる。 USB 機器が認識されない。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 本機が対応している USB 機器につ いての情報は、ウェブサイトをご 覧ください(15 ページ) 。 • USB 機器が正しく働かない。この トラブルの対処方法については、 USB 機器の取扱説明書を参照して ください。 再生を開始できない。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 本機が対応している USB 機器につ いての情報は、ウェブサイトをご 覧ください(15 ページ) 。 再生が 1 曲目から始まらない。 • 下記の場合は、データの読み込み に時間がかかります。 – USB 機器のフォルダー数やファ イル数が多い(16 ページ) 。 – ファイル構成が複雑である。 • 再生モードをノーマル再生にして ください(16 ページ) 。 34 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 35 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right オーディオファイルを再生できない。 • FAT16 または FAT32 以外のファ イルシステムで初期化された USB 機器には、本機は対応していませ ん。* • WMA DRM、WMA Lossless、 または WMA PRO フォーマットで 作成された WMA ファイルは再生 できません。 • AAC DRM または AAC Lossless フォーマットで作成された AAC ファイルは再生できません。 • 96 kHz でエンコードした AAC ファイルは再生できません。 • 使用中の USB 機器に複数のパー ティションが含まれていると、 ファイルが再生されないことがあ ります。 • 本機では 8 フォルダー階層までし か再生できません。 • 暗号化またはパスワードで保護さ れたファイルは、再生できません。 • DRM(デジタル著作権管理)の著 作権保護付きのファイルは、本機 では再生できません。 • MP3 PRO ファイルは、MP3 ファ イルとして再生できます。 Bluetooth 機器 ペアリングができない。 • Bluetooth 機器を本機に近付けて ください。 • 本機の周りに他の Bluetooth 機器 があると、ペアリングできないこ とがあります。このときは、他の Bluetooth 機器の電源を切ってく ださい。 • Bluetooth 機器にパスワードを正 しく入力したか確認してください。 Bluetooth 機器が本体を検出できな い、または表示窓に「BT OFF」が表 示される。 • Bluetooth を「BT ON」に設定し てください(26 ページ) 。 接続できない。 • つなごうとしている Bluetooth 機 器が A2DP プロファイルに対応し ていないため、本機につなぐこと ができません。 • Bluetooth 機器の Bluetooth を有 効にしてください。 • Bluetooth 機器から接続を確立さ せてください。 • ペアリング登録情報が消去された。 もう一度ペアリング操作を行って ください。 • Bluetooth 機器のペアリング登録 情報を消去して(25 ページ) 、も う一度ペアリング操作を行ってく ださい(23 ページ) 。 音が飛んだり、上下に変動したり、接 続が切れたりする。 * 本機は FAT16 および FAT32 に対応し ていますが、一部の USB 機器ではこれ らの FAT に対応していない場合があり ます。詳しくは、USB 機器それぞれの 取扱説明書をご覧ください。または、製 造者にお問い合わせください。 使用上の注意・主な仕様 ラジオ ノイズがひどい。または、放送局を受 信できない。( 表示窓に「ST」が点滅 します。 ) • 本機と Bluetooth 機器が離れすぎ ています。 • アンテナを正しくつないでくださ い。 • 本機とお使いの Bluetooth 機器の 間に障害物があるときは、障害物 を取り除いてください。 • 無線 LAN 搭載機器、他の Bluetooth 機器、電子レンジなど 電磁波を発する機器が近くにある ときは、本機から離して置いてく ださい。 • アンテナの位置と向きを変えて、 受信状況を改善してください。 • 本機の周りにある機器の電源を 切ってください。 35 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 36 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth 機器の音声が本機から聞こ えない。 DEVICE ERROR USB 機器が認識できない。または、 不明な機器がつながれている。 DEVICE FULL USB 機器の空き容量がない。 FATAL ERROR 曲の録音(転送)中や消去中に USB 機器がはずされた。 USB 機器が故障した可能性がありま す。 FOLDER FULL フォルダー数が上限に達しているた め、USB 機器に転送できない。 FULL 25 曲以上をプログラムに登録しよう とした。 NO DISC ディスクトレイにディスクがない。 NO STEP プログラムが登録されていない。 NO SUPPORT 非対応の USB 機器がつながれてい る。または、USB 機器が USB ハブ を経由してつながれている。 NO TRACK 本機で再生できるトラックやオー ディオファイルが入っていない。 NoDEVICE USB 機器が接続されていない。 NoMEMORY 再生または録音(転送)用に選んだ メモリーカードが USB 機器に入っ ていない。 NOT USE 使用できないボタンを押した。 PROTECT USB 機器が書き込み保護されてい る。 PUSH STOP 再生が停止しているときにしか行え ない操作を行おうとした。 • Bluetooth 機器の音量を上げてか ら、 リモコンの VOLUME +/– ボタ ンで音量を調節してください。 ノイズや音の歪みがひどい。 • 本機とお使いの Bluetooth 機器の 間に障害物があるときは、障害物 を取り除いてください。 • 無線 LAN 搭載機器、他の Bluetooth 機器、電子レンジなど 電磁波を発する機器が近くにある 場合は、本機から離して置いてく ださい。 • つないだ Bluetooth 機器の音量を 下げてください。 本機をリセットするには 「故障かな?と思ったら」の項目を実 行しても本機が正しく働かない場合 は、本機の設定をお買い上げ時の状 態に戻します。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 電源コードを抜いて、もう一度つ なぐ。 2 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 3 x ボタンと ENTER ボタンをおよ そ 3 秒間同時に長押しする。 表示窓に「RESET」が表示されま す。 既に登録してあるラジオ放送局、 タイマーや時計の設定など、すべ ての設定がリセットされ、お買い 上げ時の状態に戻ります。 メッセージ一覧 本機の使用中に、次のようなメッ セージが表示、または点滅すること があります。 CANNOT PLAY 再生できないディスクが挿入された。 36 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 37 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right READING ディスクまたは USB 機器の情報を 読み取り中である。操作が制限され ます。 REC ERROR 録音(転送)を開始しなかったり、 途中でやめたりしたため、録音(転 送)が実行できなかった。 TIME NG 再生タイマーの開始時刻と終了時刻 に同じ時刻が設定されている。 TRACK FULL ファイル数が上限に達しているため、 USB 機器に録音(転送)できない。 安全のために • 長い間使用しない場合は、電源コードを コンセントから完全に抜いてください。 プラグ部分を持って本機のコードを抜い てください。決してコードを引っ張らな いでください。 • 異物や液体が本体に入った場合は、本機 のプラグをコンセントから抜き、ソニー の相談窓口(裏表紙)またはお買い上げ 店にご相談ください。 • 電源コードは指定のサービスショップで のみ交換できます。 設置について • 水平でない場所、極端に暑いまたは寒い 場所、ほこりっぽい場所や清潔でない場 所、湿度の高い場所、風通しの悪い場 所、振動する場所、直射日光または明る い光にさらわれるような場所に本機を置 かないでください。 • ワックス、油脂、研磨剤などが塗られて いる場所に、本機を設置すると、変色、 染みなどが残ることがありますので、ご 注意ください。 • 本機を寒い場所から暖かい場所へ移動さ せたり、湿度の高い場所に置いたりする と、本機内のレンズに結露が発生して、 本機の故障の原因となります。この場合 は、ディスクを取り出して、本機の電源 を 1 時間ほど入れたままにして水分を蒸 発させてください。 使用上のご注意 本機を運ぶときは ディスク装置を保護するために下記 の手順で行ってください。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 2 CD ボタンを押す。 3 ディスクを取り出す。 Z ボタンを押して、ディスクトレ イの開け閉めをする。 表示窓に「NO DISC」が表示さ れるまでお待ちください。 放熱について 使用上の注意・主な仕様 • 使用中、本機の温度が上昇することがあ りますが、故障ではありません。 • 大音量で鳴らし続けると、本機キャビ ネットが熱くなることがあります。 このようなときは、キャビネットに触れ ないでください。 • 温度上昇による故障の原因となるため、 通風孔をふさがないでください。 4 電源コードを抜く。 ディスクについてご注意 スピーカーシステムについて 内蔵スピーカーシステムは磁気シールドさ れていないため、近くのテレビの画像が磁 気で歪むことがあります。この場合は、テ レビの電源を切って、15 ∼ 30 分後にも う一度電源を入れてください。改善されな い場合は、本機をテレビから離してくださ い。 • 再生する前に、クリーニングクロスで中 心から外側へ向かってディスクをふいて ください。 • ベンジン、シンナーや市販のクリーナー などの溶剤や LP レコード盤用の静電気 防止スプレーを使わないでください。 • 直射日光が当る場所、または熱風ダクト や炎天下に停車した車の中など高温にな る場所に、ディスクを放置しないでくだ さい。 37 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 38 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left キャビネットのお手入れについて 本機の汚れは、中性洗剤溶液を少し含ませ た柔らかい布などで拭いてください。 研磨パッド、研磨剤、シンナー、ベンジ ン、アルコールなどの溶剤は表面を傷める ので、使わないでください。 • 本機と同じプロファイルに対応している すべての Bluetooth 機器との Bluetooth 通信を保証するものではあり ません。 Bluetooth 通信について • Bluetooth 機器は、見通し距離で約 10 m 以内で使用してください。以下の状況 においては、通信有効範囲が短くなるこ とがあります。 – Bluetooth 接続している機器の間に、 人体や金属、壁などの障害物がある場 合 – 無線 LAN が構築されている場所 – 使用中の電子レンジの周辺 – その他の電磁波が発生している場所 • Bluetooth 機器と無線 LAN (IEEE802. 11b/g)は、同一周波数帯 (2. 4 GHz)を使用しています。無線 LAN 搭載機器の近辺で Bluetooth 機器 を使用すると、電波干渉が発生すること があります。これが、通信速度の低下、 ノイズや接続不能の原因になる場合があ ります。この場合は、次の対策を行って ください。 – 他の無線 LAN 搭載機器から 10 m 以 上離れたところで、本機と Bluetooth 機器を接続する。 – Bluetooth 機器を 10 m 以内の場所で 使うときは、他の無線 LAN 搭載機器 の電源を切る。 • 本機が発生する電波は、一部の電子医療 機器などの動作に影響を与える可能性が あります。場合によっては故障の原因に なりますので、次の場所では本機および Bluetooth 機器の電源を必ず切ってくだ さい。 – 病院内、電車内、航空機内、ガソリン スタンドなど引火性ガスの発生する場 所 – 自動ドアや火災報知機の近く • 本機は、Bluetooth 技術を使用した通信 時のセキュリティー確保のため、 Bluetooth 標準規格に準拠したセキュリ ティー機能に対応しています。ただし、 設定内容などによってセキュリティーが 充分でない場合がありますので、 Bluetooth 技術を使用して通信を行う際 はご注意ください。 • Bluetooth 技術を使用した通信時に情報 の漏洩が発生しましても、弊社は一切の 責任を負いかねますので、あらかじめご 了承ください。 • 本機と接続する Bluetooth 機器は、 Bluetooth SIG, Inc. [. . . ] 39 9 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 10 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 各部の名前と働き 本書では、主にリモコンを使った操作説明をしています。リモコンと同じ名前 または類似の名前の本体のボタンは、同じ働きをします。 本体 ご注意 本体のボタンを押すときは、印字部分を押してください。 10 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 11 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right リモコン RM-SCU37B 本体:l/L(頭出し)ボタ ン リモコン:. /> (頭出し) ボタン トラックまたはオーディオファ イルを選びます。 本体:TUNING +/– ボタン リモコン:+/–(選局)ボタン お好みの放送局を選びます。 +/–(フォルダー選択)ボタ ン MP3 ディスクまたは USB 機器 上のフォルダー(アルバム)を 選びます。 本体:V/v/B/b ボタン メニュー項目を選びます。 C OPTIONS ボタン オプションメニューに入る、ま たはオプションメニューを終了 します。 1 "/1(電源オン/スタンバイ) ボタン 本機の電源を入れる、またはス タンバイ状態にします。 B 本体:NX (再生/一時停止) ボタン リモコン:N (再生)ボタン、 X(一時停止)ボタン 再生を開始または一時停止しま す。 再生を再開するには、NX また は N を押します。 x(停止)ボタン 再生を停止します。 2 回押すと、USB 機器のつづき 再生を解除します。 音楽の録音(転送)中に押すと、 録音(転送)を中止します。 m/M(早戻し / 早送り)ボタ ン 再生中に長押しすると、トラッ クまたはオーディオファイルを 早送り / 早戻しします。 D DJ EFFECT ボタン (27 ページ) DJ EFFECT の種類を選びます。 E FUNCTION ボタン ファンクション(音源)を選び ます。 F BLUETOOTH ボタン (22、24、25 ページ) 短押しして、Bluetooth ファン クションを選びます。 Bluetooth ファンクションが有 効なときに、長押しすると、 Bluetooth ペアリングが始まり ます。 G 本体:VOLUME/DJ CONTROL ダイヤル 音量を調節します。 DJ EFFECT レベルを調節しま す(28 ページ) 。 DJ EFFECT が働いているとき は、このダイヤルを使って音量 を調節することはできません。 11 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP040PLA. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 12 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left リモコン:VOLUME +/–* ボタン 音量を調節します。 * VOLUME + ボタンには、突起が付 いています。操作時の目印としてお 使いください。 H (USB) (REC/PLAY) ポート USB 機器を接続します。 I ENTER ボタン 操作や設定を確定します。 S REPEAT/FM MODE ボタン ディスクや USB 機器内の音楽、 1 つのトラックまたはファイル を繰り返し再生します(17 ペー ジ) 。 FM 受信モード(モノラルまた はステレオ)を選びます(20 ページ) 。 T CLEAR ボタン プログラムリストから一番最後 に登録した曲を削除します。 U USB ボタン USB ファンクションを選びま す。 J REC TO USB ボタン USB 機器にディスクから音楽を 録音(転送)します。 K EQ ボタン (27 ページ) サウンド効果を選びます。 L BASS BAZUCA ボタン (27 ページ) 短押しすると、低音が補強され ます(BASS BAZUCA 効果) 。 長押しすると、低音が抑えられ ます(BASS CUT 効果) 。 M 表示窓 N Z(開/閉)ボタン ディスクトレイが開閉します。 O ディスクトレイ P ( (N マーク) 23 ページ) このマークに NFC または FeliCa 機能を搭載したスマート フォンを近づけると、ワンタッ チで Bluetooth の機器登録や接 続/解除ができます。ワンタッ チ接続するには設定が必要です。 Q リモコン受光部 R CLOCK/TIMER SELECT ボ タン(29 ページ) 時計と再生タイマーの確認をし ます。 CD ボタン CD ファンクションを選びます。 TUNER/BAND ボタン TUNER ファンクションを選び ます。 V TUNER MEMORY ボタン (21 ページ) ラジオ放送局をプリセットしま す。 W PLAY MODE/TUNING MODE ボタン 音楽 CD、MP3 ディスクまたは USB 機器の再生モードを選びま す(16 ページ) 。 ラジオを聞いているときは、選 局モードを選びます(20 ペー ジ) 。 X DISPLAY ボタン 表示窓に表示する情報を変えま す。 Y SLEEP ボタン (29 ページ) スリープタイマーを設定します。 12 CLOCK/TIMER SET ボタン (14、29 ページ) 時計と再生タイマーの時間を設 定します。 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP050CON. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 13 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 準備する 本機を安全に設置する FM アンテナ 準備する 音声ケーブル (別売) コンセントへ A FM ANTENNA 端子 アンテナを設定するときは、受信状 況の良い位置と方向を見つけてくだ さい。 ノイズの原因となるため、電源コー ドや USB ケーブルにアンテナを近 づけないでください。 C 電源 電源コード(付属)を本機に接続し てから、コンセントに差し込みます。 表示窓にデモが表示されます。 "/1 ボタンを押して本機の電源を入 れると、デモは自動的に終了します。 B AUDIO IN L/R 端子 音声ケーブル(別売)を使って、テ レビやオーディオ/ビデオ機器など の音声出力端子につなぎます。本機 をとおして音声が出力されます。 13 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP050CON. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 14 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 電池を入れる と の向きを合わせ 図のように て、単 3 形乾電池 2 本(R6、付属) を入れてください。 表示モードを変更す る 電源コードをコンセントに差し込む と、表示窓にデモが表示されます。 電源が入っていないときに、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す。 デモ デモが表示されます。 ご注意 • 新しい電池と古い電池、または違う種類 の電池を混ぜて使わないでください。 表示なし(省電力モード) • 長い間リモコンを使わないときは、液漏 れや腐食による故障を防ぐために電池を 取り出してください。 表示窓の表示を消して、節電します。 タイマーと時計は内部で動いていま す。 時計 時計を合わせる 省電力モードのときは時計の設定は できません。 この操作にはリモコンのボタンを使 用します。 数秒間、時計を表示します。その後 時計表示は消え、本機は省電力モー ドになります。 1 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 2 CLOCK/TIMER SET を押す。 「PLAY SET」が表示窓に表示さ れたときは、. /> ボタンを 繰り返し押して「CLOCK」を選 び、ENTER ボタンを押してくだ さい。 3 . /> ボタンを繰り返し押し て「時」を合わせ、ENTER ボタ ンを押す。 4 . /> ボタンを繰り返し押し て「分」を合わせ、ENTER ボタ ンを押す。 14 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 15 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ディスク/ USB を再生す る 本機で USB 機器を ご使用になる前に 本機が対応している USB 機器につ いての情報は下記のウェブサイトを ご覧ください。 ディスクを再生する 1 CD ボタンを押す。 2 本体の Z ボタンを押す。 3 ラベル側を上にしてディスクを ディスクトレイにのせる。 シングル CD などの 8 cm ディスクは、 トレイの内側 の円の上に置 く <http://www. sony. jp/support/ netjuke/index. html> 再生ソースや録音(転送)先を 選ぶには(USB メモリー選択) USB 機器に複数のメモリーが内蔵さ れているときは(例えば、内蔵メモ リーと外部メモリーカード) 、再生 ソースや録音(転送)先としてどの メモリーを使用するかを選ぶことが できます。 ご注意 再生中または録音(転送)中はメモリーを 選ぶことはできません。再生や録音(転 送)を始める前に、メモリーを選んでくだ さい。 ディスク/ USB を再生する 4 本体の Z ボタンを押して、ディス クトレイを閉じる。 ディスクトレイを押して無理やり 閉めると、故障の原因となりま す。 5 N ボタンを押して再生を始める。 ディスクについてご注意 (音楽 CD)本機は最大 99 トラックまで • 認識します。 ( • MP3 ディスク)本機が認識できる最大 数は下記のとおりです。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 FUNCTION ボタンを繰り返し押 して USB ファンクションを選ぶ。 2 USB 機器を ポートに接続する。 3 停止中に、OPTIONS ボタンを押 す。 – 最大フォルダー数:999*(ルートフォ ルダー含む) – 最大ファイル数:999 – 1 つのフォルダー内で認識可能な最大 ファイル数:250 – 認識可能な最大階層(フォルダー)レ ベル:8 * MP3 ファイルが存在しないフォル ダー、空フォルダーも含まれます。 フォルダー構成によっては本機で認識 できるフォルダー数が少なくなる場合 があります。 • CD-TEXT 情報には対応していません。 4 V/v ボタンを繰り返し押して 「MEM SEL」を選び、ENTER ボ タンを押す。 5 V/v ボタンを繰り返し押して使用 するメモリーを選び、ENTER ボ タンを押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 15 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 16 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器のオー ディオファイルを再 生する 本機では以下のオーディオフォー マットを再生できます。 – MP3: ファイル拡張子「. mp3」 – WMA: ファイル拡張子「. wma」 、 – AAC: ファイル拡張子「. m4a」 「. mp4」または「. 3gp」 上記の拡張子のオーディオファイル でもフォーマットが一致していない と、本機からのノイズが発生したり 本機が故障したりする場合がありま す。 再生モードを変える オリジナルの曲順で再生す る(ノーマル再生) 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押します。 • 表示なし:ディスクまたは USB 機 器内のすべてのトラックやオー ディオファイルを再生します • FLDR*: ディスクまたは USB 機器 の指定したフォルダー内のすべて のトラックやオーディオファイル を再生します * 音楽 CD 再生時に「FLDR」を選ぶと、 「表示なし」と同じ動作となります。 1 USB ボタンを押す。 2 USB 機器を ポートに接続す る。 ご注意 曲を順不同で再生する (シャッフル再生) 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押します。 • SHUF: ディスクまたは USB 機器 上のすべてのトラックやオーディ オファイルを順不同で再生します • FLDR SHUF*: ディスクまたは USB 機器の指定したフォルダー内 のすべてのトラックやオーディオ ファイルを順不同で再生します iPhone/iPod は、Bluetooth 接続での み本機に接続できます。 3 N ボタンを押して再生を開始す る。 再生モードによってオーディオ ファイルが再生される順番が異な ります(16 ページ) 。 USB 機器についてご注意 本機が認識できるフォルダーやファイルの 最大数は下記のとおりです。 – 最大フォルダー数:1, 000*(ルート フォルダー含む) – 最大ファイル数:3, 000 – 1 つのフォルダー内で認識可能な最大 ファイル数:250 – 認識可能な最大階層(フォルダー)レベ ル:8 * 再生可能なオーディオファイルが存在し ないフォルダー、空フォルダーも含まれ ます。フォルダー構成によっては本機で 認識できるフォルダー数が少なくなる場 合があります。 * 音楽 CD 再生時に「FLDR SHUF」を 選ぶと、 SHUF」再生と同じ動作とな 「 ります。 ご注意 本機の電源を切ると、シャッフル再生は解 除されて、再生モードがノーマル再生に戻 ります。 16 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 17 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 好きな順に曲を聞く(プロ グラム再生) 最大 25 曲を再生したい順にプログ ラムできます。 6 N ボタンを押してプログラム再 生を始める。 1 CD の場合: CD ボタンを押す。 USB の場合: USB ボタンを押す。 プログラムした曲(ステップ) を削除するには 停止中に、CLEAR ボタンを押しま す。ボタンを押すたびに、最後に登 録したステップが削除されます。 プログラム再生を解除するには 停止中に、PLAY MODE ボタンを 繰り返し押して、表示窓から 「PGM」を消す。 ご注意 2 停止中に、PLAY MODE ボタン を繰り返し押して、表示窓に 「PGM」を点灯させる。 ディスク/ USB を再生する 3(オーディオファイルのみ) +/– ボタンを繰り返し押して、 フォルダーを選ぶ。 フォルダー内のすべてのファイル をプログラムしたいときは、 ENTER ボタンを押す。 • (CD のみ)ディスクトレイを開くと、 ステップは全て削除されます。 • (USB のみ)下記の操作をすると、ス テップは全て削除されます。 – USB 機器からフォルダーやファイル を消去する。 – USB 機器を本機から抜く。 – 選んでいる USB メモリーを変更する。 4 . /> ボタンを繰り返し押し てお好みのトラックまたはオー ディオファイルを選び、ENTER ボタンを押す。 プログラムの 合計再生時間 (選んだトラッ クまたはオー ディオファイ ルを含む) 繰り返し再生する(リピー ト再生) REPEAT ボタンを繰り返し押しま す。 • 選んだトラック またはオーディオ ファイルの番号 : フォルダー/ディスク/ USB 機器/プログラムのすべてのト ラックまたはオーディオファイル を繰り返し再生します :同じトラックまたはオーディ • オファイルを繰り返し再生します USB 機器についてご注意 本機での再生順は、つないだデジタルオー ディオプレーヤーの再生順とは異なること があります。 音楽 CD の合計再生時間が 100 分を超えた場合、またはオーディ オファイルをプログラムした場合 は、 --. --」が表示されます。 「 5 トラックまたはオーディオファイ ルを続けてプログラムするとき は、手順 3 から手順 4 を繰り返 す。 17 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 18 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器に録音する 3 V/v ボタンを繰り返し押してお好 みのビットレートを選び、 音楽を録音(転送) する つないだ USB 機器にディスク(音 楽 CD または MP3 ディスク)から 音楽を録音(転送)します。 本機から転送されるファイルのオー ディオフォーマットは MP3 です。 ご注意 ENTER ボタンを押す。 • 128 KBPS: エンコードされた MP3 ファイルのファイルサイズ は小さくなりますが、低音質で す。 • 256 KBPS: エンコードされた MP3 ファイルは高音質ですが、 ファイルサイズは大きくなりま す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 • 録音(転送)中または消去中に、USB 機器を本機から抜かないでください。 USB 機器のデータが破損したり、USB 機器そのものが故障したりすることがあ ります。 • MP3 ファイルは、元のファイルと同じ ビットレートで転送されます。 • ディスクトレイが開いていると、録音お よび消去を実行できません。 ディスクから音楽を録音(転 送)する 指定された再生モードで再生される 音楽全てを USB 機器に簡単に録音 (転送)できます(CD SYNC モー ド) 。再生しながら 1 つのトラックま たはオーディオファイルを転送する こともできます(CD REC1 モー ド) 。 著作権保護されたコンテンツに ついてご注意 録音(転送)した音楽は私的使用に 限られています。この制限を超えて 音楽を使用するには、著作権保持者 の許可が必要です。 1 USB 機器を る。 ポートに接続す 再生ソースや転送先を選ぶには (USB メモリー選択) 15 ページを参照してください。 ビットレートを選ぶには 音楽 CD からより良い音質で音楽を 録音(転送)するために、より高い ビットレートを選ぶことができます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 2 CD ボタンを押す。 3 ディスクをディスクトレイにのせ て(15 ページ) 、トレイを閉じ る。 4 CD SYNC モードの場合: 停止中に、 PLAY MODE ボタンを 繰り返し押して、お好みの再生 モードを選ぶ。 ご注意 「 ) • シャッフル再生( FLDR SHUF」 で録音(転送)を開始すると、選ん だ再生モードは自動的に「FLDR」 に変わります。 「 • シャッフル再生( FLDR SHUF」を 除く) 、リピート再生または曲が登録 されていないプログラム再生で録音 (転送)を開始すると、選んだ再生 モードは自動的にノーマル再生に切 り換ります。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「BIT RATE」を選び、ENTER ボ タンを押す。 18 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 19 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right CD REC1 モードの場合: 録音(転送) したいトラックまた はオーディオファイルを再生しま す。 5 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「COMPLETE」が表示 されます。 オプションメニューを終了するに は、本体の OPTIONS ボタンを 押します。 ご注意 シャッフル再生またはプログラム再生中 は、オーディオファイルやフォルダーを消 去することはできません。消去する前に再 生モードをノーマル再生に戻してくださ い。 5 本体の REC TO USB ボタンを押 す。 表示窓に「PUSH ENTER」が表 示されます。 6 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「DO NOT REMOVE」 が表示されると、録音(転送)が 始まります。 CD SYNC モードの場合: 録音(転送)が完了すると、ディ スク再生も自動的に停止します。 録音先のフォルダー名と ファイル名 USB 機器に録音(転送)する場合、 「MUSIC」フォルダーが「ROOT」 の直下に作成されます。下記のよう に、録音(転送)方法と再生する音 源に応じてこの「MUSIC」フォル ダー内にフォルダーとファイルが作 成されます。 CD SYNC モード(ノーマル再生時) 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 音源と同じ名前 ファイル 「CDDA0001」「TRACK001」 * * 音楽 CD USB 機器に録音する CD REC1 モードの場合: 指定した曲の録音(転送)が終了 しても、ディスクの再生はそのま ま続きます。 録音(転送)を途中で止めるに は x ボタンを押す。 USB 機器からオーディオ ファイルやフォルダーを削 除する CD REC1 モード 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 「REC1-MP3」 音源と同じ名 ファイル 前 「REC1-CD」 「TRACK001」 * 音楽 CD 1 停止中に、USB ボタンを押す。 2 . /> または +/– ボタン を繰り返し押して、オーディオ ファイルまたはフォルダーを選 ぶ。 CD SYNC モード(プログラム再生 時) 音源 フォルダー名 ファイル名 オーディオ 音源と同じ名 ファイル 「PGM_0001」 前 * 「TRACK001」 * 音楽 CD 3 本体の OPTIONS ボタンを押す。 4 本体の V/v ボタンを繰り返し押し て、 ERASE」を選び、ENTER 「 ボタンを押す。 表示窓に「FOLDER ERASE」ま たは「TRACK ERASE」が表示 されます。 * フォルダー番号とファイル番号は番号順 に付きます。 19 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 20 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 録音(転送)についてご注意 • 録音(転送)中は、音が出ません。 • 作成された MP3 ファイルに、 CD-TEXT 情報は転送されません。 ラジオを聞く • 下記の場合、録音(転送)が自動的に停 止します。 – 録音(転送)中に USB 機器の容量が 足りなくなった場合。 – USB 機器のオーディオファイル数と フォルダー数が、本機で認識できる最 大数に達した場合(16 ページ) 。 • すでに USB 機器に存在しているフォル ダーまたはファイルと同じ名前のデータ を録音(転送)すると、上書きされず、 名前の末尾に通し番号が追加されます。 • 録音(転送)中は下記の操作はできませ ん。 – ディスクを取り出す。 – 別のトラックまたはファイルを選ぶ。 – 再生を一時停止する、またはトラック またはオーディオファイルを早送り/ 早戻しする。 – 本機のファンクションを切り換える。 • PC 上で「Media Manager for WALKMAN」を使ってウォークマンに 音楽を録音(転送)するときには、必ず MP3 フォーマットで録音(転送)して ください。 • 本機にウォークマン をつなぐときは、 ウォークマン の「Creating Library」 または「Creating Database」表示が 消えたことを確認してからつないでくだ さい。 FM 放送を聞く 1 TUNER/BAND ボタンを押す。 2 FM 放送局を選ぶ。 自動選局の場合: TUNING MODE ボタンを繰り返 し押して「AUTO」を選び、次 に、+/– ボタンを押します。 放送局を受信すると、選局が自動 的に停止します。表示窓に「ST」 (FM ステレオ放送の場合のみ)が 点灯します。 選局が停止しない場合、x ボタン を押して選局を停止します。停止 したら、手動選局を始めます(下 記) 。 手動選局の場合: TUNING MODE ボタンを繰り返 し押して「MANUAL」を選ぶ。 次に、+/– ボタンを繰り返し押し て、お好みの放送局を受信しま す。 ちょっと一言 FM ステレオ放送の雑音を軽減したい場合 には、FM MODE ボタンを繰り返し押し て「MONO」選ぶと、ステレオではなく なりますが、雑音が軽減されることがあり ます。 20 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 21 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 放送局を登録(プリセッ ト)する 合計で FM 局を 20 局、お気に入り の放送局として登録できます。 Bluetooth 接続で聞く Bluetooth 無線技 術について Bluetooth 無線技術は、デジタル機 器同士で無線データ通信を行うため の近距離無線技術です。Bluetooth 無線技術は、およそ 10 m の範囲内 で通信を行うことができます。 1 お好みの放送局を受信する。 2 TUNER MEMORY ボタンを押 す。 プリセット番号 3 +/– ボタンを繰り返し押してお好 みのプリセット番号を選び、 ENTER ボタンを押す。 表示窓に「COMPLETE」が表示 されます。放送局が登録されま す。 プリセットした放送局を受信す るには TUNING MODE ボタンを繰り返し 押して「PRESET」を選ぶ。次に、 +/– ボタンを繰り返し押してお好み のプリセット番号を選びます。 対応 Bluetooth バージョン、 プロファイル、コーデック 対応 Bluetooth バージョン: • Bluetooth 標準規格 Ver. 3. 1 対応 Bluetooth プロファイル: • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile) • AVRCP 1. 3(Audio Video Remote Control Profile) • SPP(Serial Port Profile) 対応 Bluetooth コーデック: • SBC(Sub Band Codec) • AAC(Advanced Audio Coding) ラジオを聞く /Bluetooth 接続で聞く BLUETOOTH ランプにつ いて BLUETOOTH ランプが青色に点滅 または点灯して、Bluetooth の状態 をお知らせします。 本機の状況 ランプの状況 Bluetooth 待ち受け中 Bluetooth ペアリング中 ゆっくり点滅 速く点滅 点灯 Bluetooth 接続完了 21 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 22 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth オー ディオコーデックを 設定する Bluetooth 機器からのデータは SBC コーデックフォーマットまたは AAC コーデックフォーマットで受信でき ます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 ワンタッチでスマー トフォンと接続する (NFC) 「NFC」とは? NFC とはスマートフォンや IC タグ など、さまざまな機器間で近距離無 線通信を行うための技術です。NFC 技術により、NFC 対応機器のタッチ ポイントにタッチするだけで、簡単 にデータ通信を行うことができます。 1 BLUETOOTH ボタンを押して Bluetooth ファンクションを選 ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 2 OPTIONS ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 4 V/v ボタンを繰り返し押して NFC 対応のスマートフォンで本機に タッチすると、本機で自動的に以下 のことが行われます。 – Bluetooth 機能がオンになる。 – ペアリングが完了する。 – Bluetooth 接続が完了する。 「BT AAC」を選び、ENTER ボ タンを押す。 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 1 NFC 対応のスマートフォンに、 「NFC 簡単接続」アプリをダウン ロードしてインストールする。 Google Play から無料の Android アプリ「NFC 簡単接続」 を検索してダウンロードします、 または下記の二次元コードからア クセスしてダウンロードします。 データ通信料が発生することがあ りますのでご注意ください。 • ON:AAC コーデックフォー マットで受信できるようにしま す。 • OFF:SBC コーデックフォー マットで受信します。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 ご注意 NFC 対応のスマートフォンで、 二次元コード * から直接アクセス する * 二次元コード読み取りアプリでご利 用ください。 • AAC を選ぶと、高音質な再生をお楽し みいただけます。接続機器が AAC 非対 応の場合は、 OFF」を選んでください。 「 • 本機が Bluetooth 機器につながれてい るときにこの設定を変更すると、 Bluetooth 機器の接続が切断されます。 もう一度 Bluetooth 機器につなぐには、 Bluetooth 接続をやり直してください。 • AAC コーデックフォーマットで音が途 切れるときは、 OFF」を選んで設定を 「 解除してください。本機は SBC コー 22 デックで受信します。 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 23 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ご注意 お使いのスマートフォンによっては、 アプリをインストールせずに NFC 機 能を使用できます。このときは、操作 や仕様が異なることがあります。詳し くは、お使いのスマートフォンの取扱 説明書をご覧ください。 ちょっと一言 ペアリングと Bluetooth 接続に失敗した ときは、下記を試してください。 「 – NFC 簡単接続」を再起動して、スマー トフォンを本機の N マークの上でゆっ くりと動かす。 – スマートフォンに市販のケースを付けて いる場合は、ケースをはずす。 対応スマートフォン NFC 機能か FeliCa 機能を搭載 したスマートフォン(OS: Android 2. 3. 3 以降、 Android 3. x を除く) スマートフォンから音楽を再生 するには スマートフォンでトラックやオー ディオファイルの再生を始めます。 再生について詳しくは、お使いのス マートフォンの取扱説明書をご覧く ださい。 2 スマートフォンで「NFC 簡単接 続」アプリを起動する。 アプリの画面が表示されているこ とを確認してください。 3 スマートフォンが振動するまで、 スマートフォンを本機の N マーク にタッチし続ける。 スマートフォンの接続を切断す るには スマートフォンを本機の N マークに もう一度タッチする。 Bluetooth 接続で聞く Bluetooth 機器とワ イヤレス接続して音楽 を聞く Bluetooth 機器からワイヤレス接続 で音楽を聞くことができます。 スマートフォンに表示される手順 に従って、Bluetooth 接続を完了 してください。 Bluetooth 接続が確立すると、 BLUETOOTH ランプが点滅から 点灯に変わります。表示窓に接続 された Bluetooth 機器名が表示さ れます。 本機が Bluetooth 搭載機器に接続 された状態で、他の NFC (FeliCa)対応スマートフォンを 本機にタッチすると、タッチした スマートフォンとの接続に切り換 えることができます。 詳しくは、Bluetooth 機器の取扱 説明書をご覧ください。 本機が対応している Bluetooth 機器 についての情報は下記のウェブサイ トをご覧ください。 <http://www. sony. jp/support/ netjuke/index. html> 本機と Bluetooth 機器を ペアリングする ペアリングとは、Bluetooth 機器同 士をあらかじめ登録する操作です。 一度ペアリングを行うと、次回以降 はペアリングを行う必要はありませ ん。NFC 対応スマートフォンをご使 用の場合は、手動でペアリングを行 う必要はありません。 1 本機と Bluetooth 機器を 1 m 以 内に置く。 23 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 24 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 2 本体の BLUETOOTH ボタンを 押して、Bluetooth ファンク ションを選ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 ご注意 本機が他の Bluetooth 機器と Bluetooth 接続が確立しているときは、 BLUETOOTH ボタンを押して他の Bluetooth 機器との Bluetooth 接続を 切断してください。 「パスキー」 • Bluetooth 機器によっては、 、 は、 「パスコード」「PIN コード」 、 、 「PIN ナンバー」「パスワード」などと も呼ばれます。 • ペアリングが完了せずに、ペアリング待 機状態がおよそ 5 分経過すると、ペアリ ング待機状態が解除されます。ペアリン グに失敗したときは、手順 1 からやり直 してください。 • 他の Bluetooth 機器とペアリングする には、手順 1 から 手順 6 までを繰り返 してください。 3 本体の BLUETOOTH ボタンを 2 秒以上長押しする。 表示窓に「PAIRING」が点滅し て、ペアリング待機状態になりま す。 ペアリング待機状態を解除する には 本体の BLUETOOTH ボタンを 2 秒 以上、表示窓に「BT AUDIO」が表 示されるまで押し続けます。 4 Bluetooth 機器の側でペアリン グ手順を実行する。 詳しくは、Bluetooth 機器の取扱 説明書をご覧ください。 Bluetooth 機器の音声 ソースを再生する AVRCP を使って本機と Bluetooth 機器をつなぐと、Bluetooth 機器を 操作できます。 音楽を再生する前に下記をご確認く ださい。 – Bluetooth 機器の Bluetooth が有 効になっている。 – ペアリングが完了している。 5 Bluetooth 機器の表示窓で 「ACER:ASPIRE E1-772」を選ぶ。 Bluetooth 機器でパスキーの入力 を求められたら、 0000」を入力 「 してください。 6 Bluetooth 搭載機器から Bluetooth 接続操作を行う。 ペアリングが完了し、Bluetooth 接続が確立されると、Bluetooth 機器の名前が表示窓に表示されま す。 Bluetooth 機器によっては、ペア リングが完了すると自動的に接続 が確立されることがあります。 Bluetooth 機器のアドレスは、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す と確認できます。 ご注意 1 本体の BLUETOOTH ボタンを 押して Bluetooth ファンクショ ンを選ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 接続を確立する。 本体の BLUETOOTH ボタンを押 すと、前回に Bluetooth 接続して いた Bluetooth 機器と Bluetooth 接続を確立しようとし ます。 本機の側から Bluetooth 機器との Bluetooth 接続が確立しないとき は、Bluetooth 機器の側から Bluetooth 接続の手順を行いま す。Bluetooth 接続が確立する と、本機の表示窓に Bluetooth 機 器名が表示されます。 2 Bluetooth 機器との Bluetooth • 本機に記録されるペアリング登録情報に は、 Bluetooth 機器を最大 9 台まで登録 できます。10 台目の Bluetooth 機器を ペアリングすると、最初に登録された 1 台目の Bluetooth 機器の登録が消去 されます。 24 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 25 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 3 N ボタンを押して再生を始める。 Bluetooth 機器によっては、下記 の操作が必要な場合があります。 – N ボタンを 2 回押す。 – Bluetooth 機器の側で Bluetooth 機器のトラックや オーディオファイルの再生を始 める。 ご注意 2 x ボタンと DJ EFFECT ボタン をおよそ 3 秒間長押しする。 表示窓に「BT HIST CLEAR」が 表示され、すべてのペアリング登 録情報が消去されます。 Bluetooth スタン バイモードを設定す る Bluetooth スタンバイモードが有効 なときは、Bluetooth 機器から Bluetooth 接続を確立させると、本 機の電源が自動的に入ります。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 • 本機がどの Bluetooth 機器とも Bluetooth 接続を確立していないとき に、手順 3 で N ボタンを押すと、前回 に Bluetooth 接続していた Bluetooth 機器と自動的に Bluetooth 接続が確立 します。 • 本機を別の Bluetooth 機器と Bluetooth 接続を確立しようとすると、 現在 Bluetooth 接続している Bluetooth 機器との Bluetooth 接続が 切断されます。 Bluetooth 接続を切断するには 本体の BLUETOOTH ボタンを押 す。 表示窓の Bluetooth 機器名が消え て、 BT AUDIO」と表示されます。 「 Bluetooth 機器によっては、再生を 停止すると Bluetooth 接続が自動的 に解除されることがあります。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「BT STBY」を選び、ENTER ボタンを押す。 Bluetooth 接続で聞く 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 すべてのペアリング登録情 報を消去する この操作には本体のボタンを使用し ます。 4 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を切る。 1 BLUETOOTH ボタンを押して Bluetooth ファンクションを選 ぶ。 表示窓に「BT AUDIO」が表示さ れます。 本機が Bluetooth 機器につながれ ているときは、表示窓に Bluetooth 機器名が表示されま す。Bluetooth 機器の接続を切断 するには、BLUETOOTH ボタン を押してください。 Bluetooth スタンバイモードが有 効になっている場合、本機の電源 が切れているときでも、 Bluetooth 接続を待機状態にしま す。Bluetooth 接続が確立される と、自動的に本機の電源が入りま す。 25 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 26 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth 信号を 設定する Bluetooth 信号がオンになっている 場合、ペアリング登録情報に登録さ れているすべての Bluetooth 機器を 本機に Bluetooth 接続することがで きます。お買い上げ時には Bluetooth 信号はオンになっていま す。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 x ボタンと + ボタンをおよそ 3 秒間長押しする。 (オン)または 表示窓に「BT ON」 「BT OFF」 (オフ)が表示されます。 ご注意 「SongPal」を使う アプリについて このモデル専用のアプリが、 Google Play および App Store か らダウンロードできます。 「SongPal」を検索して無料アプリ をダウンロードすると、便利な機能 を使うことができます。 本機の Bluetooth 機能を通して使用 できる iPhone/iPod は次のとおりで す。 iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s, iPhone 4, iPhone 、 3GS, iPod touch(第 5 世代) 。 iPod touch(第 4 世代) • Bluetooth 信号がオフに設定されている ときは下記の操作はできません。 – Bluetooth 機器とペアリングする。 – ペアリング情報を消去する。 – Bluetooth を経由して「SongPal」を 使う。 • Bluetooth 信号がオフに設定されている とき、本機は Bluetooth 機器からの信 号を検出できません。 • 本機に NFC 対応のスマートフォンを タッチしたり、Bluetooth スタンバイ モードをオンにすると、Bluetooth 信号 が自動的にオンになります。 26 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP060BAS. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 27 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 音質を調節する 3 V/v ボタンを繰り返し押してイコ ライザーレベルを調節して、 ENTER ボタンを押す。 音質を設定する こんなとき 操作 周波数帯域 イコライザー レベル 低音を補強し てパワフルな サウンドにす る 本体の BASS BAZUCA ボタンを押 す。 4 手順 3 を繰り返して、他の周波数 帯域のレベルとサラウンド効果を 調節する。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 低音を下げる 本体の BASS (BASS CUT) BAZUCA ボタンを 2 秒以上長押しする。 BASS CUT 効果を解 除するには、BASS BAZUCA ボタンをも う一度押します。 ご注意 • BASS CUT 効果がオ ンになっている場合、 10 秒ごとに表示窓に 「BASS CUT」が点灯 します。 • BASS CUT 効果は、 本体の電源を切ると自 動的にオフになります。 オリジナルのサウンド効果を作 成するには EQ ボタンを繰り返し押して、 「CUSTOM EQ」を選びます。 音質を調節する サウンド効果 を選ぶ EQ ボタンを繰り返し 押す。 サウンド効果を解除す るには、EQ ボタンを 繰り返し押して 「FLAT」を選ぶ。 パーティーの雰囲気 を作る (DJ EFFECT) DJ が演奏で使用する特殊サウンド効 果を楽しめます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 オリジナルのサウン ド効果を作成する 特定の周波数帯域のレベルを上げ下 げして、 CUSTOM EQ」として設 「 定をメモリーに保存できます。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 DJ EFFECT ボタンを繰り返し押 して、お好みの効果を選ぶ。 • ISOLATOR:他の周波数帯域を 調節することで、特定の周波数 帯域を目立たせます。ヴォーカ ル音を強調したい場合などに便 利です。 • FLANGER:ジェット機がうな るような深みのあるフランジン グ効果を演出します。 • WAH:フィルターの周波数を自 動的に上下に移動させ、 「ワウワ ウ」サウンド効果を生み出しま す。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「EQ EDIT」を選び、ENTER ボ タンを押す。 27 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 28 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 2 DJ CONTROL ダイヤルを回して 効果のレベルを調節します。 その他の操作と設定 効果を解除するには DJ EFFECT ボタンを繰り返し押し て「DJ OFF」を選びます。 ご注意 表示窓の表示を切り 換える 本機の電源が入っているときに、 DISPLAY ボタンを繰り返し押す。 下記のように情報を表示できます。 • 音楽 CD の場合: – 再生中に、経過時間と残り時間を 表示します。 – 停止中に、合計再生時間を表示し ます。 • オーディオファイル(MP3 ディス ク、USB 機器)の場合: – 再生経過時間、ファイル名、フォ ルダー名を表示します。 – タイトル、アーティスト、アルバ ム情報を表示します。 ご注意 • 本機の電源を切ったり、ファンクション を切り換えると、DJ EFFECT は自動的 に解除されます。 • USB 転送中に DJ EFFECT を有効にし た場合には、サウンド効果は USB 機器 に転送されません。 • DJ EFFECT が働いているときは、本体 の VOLUME/DJ CONTROL ダイヤル を使って音量を調節することはできませ ん。リモコンの VOLUME +/– ボタンを 押して音量を調節してください。 VBR(可変ビットレート)を使ってエン コードしたオーディオファイルの経過時間 は、正しく表示されないことがあります。 イルミネーションの 設定をする この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「LED SPK」を選び、ENTER ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 28 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 29 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ご注意 イルミネーションがまぶしすぎるときは、 お部屋の照明をつけるかイルミネーション を消してください。 3 . /> ボタンを繰り返し押し て「PLAY SET」を選び、 ENTER ボタンを押す。 4 再生を始める時間を設定する。 . /> ボタンを繰り返し押し て「時」と「分」を選び、 ENTER ボタンを押してください。 タイマーを使う 本機には、スリープタイマーと再生 タイマーの 2 種類のタイマーがあり ます。両方のタイマーをいっしょに 使うと、スリープタイマーの設定が 優先されます。 5 手順 4 と同じ操作をして、再生を 停止する時間を設定する。 6 . /> ボタンを繰り返し押し てお好みのファンクション(音 源)を選び、ENTER ボタンを押 す。 スリープタイマー 指定した時間が経過すると、自動的 に電源をオフにします。 7 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を切る。 ご注意 本機の電源が入ったままの状態では、 再生タイマーは有効になりません。 SLEEP ボタンを繰り返し押す。 スリープタイマーを解除するには、 SLEEP ボタンを繰り返し押して 「OFF」 (オフ)を選びます。 ちょっと一言 タイマー設定中に SLEEP ボタンを押すと 本機の電源が切れるまでの時間を確認する ことができます。 タイマー設定を確認する、また はもう一度タイマーをオンにす るには CLOCK/TIMER SELECT ボタンを 押し、次に . /> ボタンを繰り 返し押して「PLAY SEL」を選び、 ENTER ボタンを押します。 その他の操作と設定 再生タイマー 「時計を合わせる」(14 ページ)を 参照して、本機の時計が設定されて いることを確認してください。 指定した時刻に毎日自動的に音源を スタートさせ、ディスクや USB 機 器からの音楽や、ラジオを聞くこと ができます。 タイマー設定を解除するには CLOCK/TIMER SELECT ボタンを 押し、次に . /> ボタンを繰り 返し押して「OFF」を選び、 ENTER ボタンを押します。 ご注意 • 再生タイマーにより本機の電源が入る際 には、本機の電源は、設定した時間の前 に入ります。再生タイマーを設定した時 間に本機の電源が入っていたり、表示窓 に「STANDBY」が点滅していたりす ると、再生タイマーは再生を始めませ ん。 • 本機の電源が入ったら、再生が始まるま では本機の操作をしないでください。 1 音源を準備し、VOLUME +/– ボ タンを押して音量を調節します。 ディスクの好きな曲だけを再生し たいときは、プログラム登録をし てください(17 ページ) 。 2 CLOCK/TIMER SET ボタンを 押す。 29 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP070OTH. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 30 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 別売りのテレビや オーディオ/ビデオ 機器などの音声を聞 く 1 VOLUME – ボタンを繰り返し押 して表示窓に「VOL MIN」を表 示させる。 ご注意 電源コードを抜くと、チャイルドロックは 解除されます。 オートスタンバイ機 能を設定する 本機には、オートスタンバイ機能が 搭載されています。この機能を使う と、何も操作されないまま、または 音声信号の入力がないまま 15 分以 上が経過すると、自動的にスタンバ イ待機状態になります。 お買い上げ時は、このオートスタン バイ機能はオンになっています。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 2 別売りの機器を AUDIO IN L/R 端子につなぐ。 3 FUNCTION ボタンを繰り返し押 して AUDIO IN ファンクション を選ぶ。 4 つないだ機器の再生を始める。 5 VOLUME + ボタンを繰り返し押 して、音量を調節する。 ご注意 つないだ機器の音量が低すぎるときは、本 機は自動的にスタンバイモードになること があります。機器側で音量を調節してくだ さい。オートスタンバイ機能をオフにする には、 「オートスタンバイ機能を設定する」 (30 ページ)をご覧ください。 1 OPTIONS ボタンを押す。 2 V/v ボタンを繰り返し押して 「AutoSTBY」を選び、ENTER ボタンを押す。 3 V/v ボタンを繰り返し押して 「ON」 (オン)または「OFF」 (オフ)を選び、ENTER ボタン を押す。 オプションメニューを終了するに は、OPTIONS ボタンを押してく ださい。 ご注意 本体のボタンを動作 しないようにする (チャイルドロック) 子どものいたずらなどによる誤操作 防止のため、本体のボタン("/1 を 除く)を動作しないようにできます。 本体の x ボタンを 5 秒以上長押しす る。 表示窓に「CHILD LOCK ON」が 表示されます。 リモコンのでの操作は通常どおり行 うことができます。 チャイルドロックを解除するには、 本体の x ボタンを 5 秒以上、表示窓 に「CHILD LOCK OFF」が表示さ れるまで押し続けます。 • 表示窓に「AutoSTBY」が約 2 分間点 滅してからスタンバイモードに入りま す。 • オートスタンバイ機能は、ラジオを聞い ている間は動作しません。 • 下記のような場合は、本機は自動でスタ ンバイモードにはなりません。 – 音声信号が検出されたとき – 曲を再生しているとき – 再生タイマーまたはスリープタイマー が動作中の場合 30 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 31 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right 使用上の注意・主な仕様 DualDisc についてのご注意 DualDisc とは DVD 規格に準拠し た面と、音楽専用面とを組み合わせ た新しい両面ディスクです。なお、 この音楽専用面はコンパクトディス ク(CD)規格には準拠していない ため、本製品での再生は保証いたし ません。 再生できるディスク • 音楽 CD • CD-R/CD-RW – 音楽用 CD フォーマット – ISO9660 レベル 1、レベル 2 ま たは Joliet(拡張規格)に準拠し た MP3 ファイル ご注意 • MP3(MPEG 1 Audio Layer-3)は、 ISO(国際標準化機構)で策定された音 声データのデジタル圧縮規格のひとつ。 本機では、MPEG 1 Audio Layer-3 に 準拠した MP3 ファイルを再生すること ができます。 • 拡張子が「. mp3」のオーディオファイ ルのみ再生できます。 著作権保護技術でエンコードさ れた音楽ディスク 本機は、コンパクトディスク(CD) の規格に準拠したディスクの再生を 前提として、設計されています。最 近、いくつかのレコード会社より著 作権保護を目的とした技術が搭載さ れた音楽ディスクが販売されていま す。これらの中には CD 規格に準拠 していないものがあり、本製品で再 生できない場合があります。 再生できないディスク • CD-ROM • 下記の状態の CD-R/CD-RW – MP3 PRO フォーマットで録音さ れたディスク – マルチセッション方式で記録し て、 セッションクローズをしてい ないディスク – 互換性のないレコーダーで記録し たディスク – 記録品質の悪いディスク – ひっかき傷や汚れのあるディスク – 正しくファイナライズ処理がされ ていないディスク • 標準形ではないディスク(例えば、 ハート、四角、星型など) • セロハンテープ、紙、またはシー ルなどが貼られたディスク • レンタルディスクや中古ディスク で、表面に貼られたシールから接 着剤がはみ出しているディスク • インクを使って印刷したラベルが 貼られていて、ラベルの印刷面が ベタベタしているディスク マルチセッションディスクの再 生についてご注意 • 本機では、マルチセッションディ スクでも、 1 セッションに MP3 第 ファイルが含まれているときは、 再生が可能です。第 1 セッション 以外に録音された後続の MP3 ファ イルも再生できます(後続のセッ ションに 音楽 CD フォーマットが 含まれているマルチセッション ディスクは、本機では再生できま せん) 。 • 第 1 セッションが 音楽 CD フォー マットで録音されているときは、 第 1 セッションのみ再生されます。 31 使用上の注意・主な仕様 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 32 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left 故障かな?と思った ら 本機に問題が発生したら、以下の該 当する項目を調べて、指示に従って 操作してください。 それでもトラブルが解決しないとき は、お買い上げ店またはソニーの相 談窓口にご相談ください。 • つないだ機器の電源を入れてくだ さい。 • 電源コードを抜いてからもう一度 接続して、本機の電源を入れてく ださい。 ブーンという音がする、ノイズがひど い。 • 本機をノイズの原因となっている 機器から離してください。 • 本機を他のコンセントにつないで ください。 表示窓に「PROTECTX」 X ( は数字)が表示されたら すぐに電源コードを抜いて、下記 の項目を確認してください。 • USB ポートがショートしてい ませんか? • 本体の通風孔が塞がれていませ んか? 上記の項目を確認してトラブルが 解決したら、電源コードをもう一 度接続して、本機の電源を入れて ください。それでもトラブルが解 決しないときは、お買い上げ店ま たはソニーの相談窓口にご相談く ださい。 • 市販のノイズフィルターを電源 コードに取り付けてください。 • 本機の周りにある機器の電源を 切ってください。 タイマーが機能しない。 • タイマー設定を確認し、正しい時 間を設定してください(29 ペー ジ) 。 • スリープタイマー機能を解除して ください(29 ページ) 。 リモコンが機能しない。 • リモコンと本体の間の障害物を取 り除いてください。 • リモコンを本体に近付けてくださ い。 • リモコンを本体の受光部に向けて 共通 本機がスタンバイ状態になる。 操作してください。 • これは故障ではありません。何も 操作されないまま、または音声信 号の入力がないまま 15 分以上が経 過すると、自動的にスタンバイ状 態になります(30 ページ) 。 時計やタイマーの設定が解除される。 • 電池を交換してください(単 3 形 (R6)電池2本) 。 • 本機を蛍光灯から離して設置して ください。 音響的フィードバック(ハウリング) が起きる。 • 音量を下げてください。 本体のいずれかのボタンを押すと、 「CHILD LOCK」が表示される。 • 電源コードが抜かれた。または、 停電が起きた。時計(14 ページ) とタイマー(29 ページ)をもう一 度設定してください。 音が出ない。 • チャイルドロックを解除してくだ さい(30 ページ) 。 • 音量を調節してください。 • 別売りの機器をつないでいるとき は、接続を確認してください(13 ページ) 。 32 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 33 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right ディスクプレーヤー ディスクトレイが開かず、表示窓に 「LOCKED」が表示される。 フォルダー名、トラック名、ファイル 名および ID3 タグの文字が正しく表示 されない。 • 最寄りのソニー代理店または ソニーの相談窓口にお問い合わせ ください。 ディスクトレイが閉まらない。 • ID3 タグがバージョン 1(1. 0/1. 1) およびバージョン 2(2. 2/2. 3)で はありません。 • 本機で表示できる文字コードは数 字およびアルファベットのみです。 その他の文字は「_」と表示されま す。 • ディスクをディスクトレイに正し くのせてください。 ディスクを取り出せない。 USB 機器 録音(転送)するとエラーが発生する。 • CD SYNC モード中または CD REC1 モード中は、ディスクを取 り出すことはできません。 x ボタンを押して録音を中止して、 本体の Z ボタンを押してディスク を取り出してください。 • お買い上げ店またはソニーの相談 窓口にご相談ください。 再生が始まらない。 • 本機が対応していない USB 機器を 使用しています。本機が対応して いる USB 機器についての情報は、 ウェブサイトをご覧ください(15 ページ) 。 • USB 機器が正しく初期化されてい ない。初期化については、USB 機 器の取扱説明書を参照してくださ い。 • 本機の電源を切り、USB 機器を取 りはずす。USB 機器に電源スイッ チがあるときは、USB 機器を本機 から取りはずして電源を切ってか ら、もう一度電源を入れてくださ い。そのあと、もう一度録音(転 送)操作を行ってください。 • 録音(転送)操作や消去操作を複 数回繰り返し行うと、USB 機器内 のファイル構成が断片化します。 このトラブルの対処方法について は、USB 機器の取扱説明書を参照 してください。 • 録音(転送)中に、USB 機器がは ずされた、または電源が切られた。 部分的に転送されたファイルを削 除して、もう一度ファイルを転送 する。それでもトラブルが解決し ない場合は、USB 機器が故障して いる可能性があります。このトラ ブルの対処方法については、USB 機器の取扱説明書を参照してくだ さい。 • ディスクの汚れをふき取ってくだ さい(37 ページ) 。 • ディスクをもう一度挿入し直して ください。 • 本機で再生できないディスクを挿 入した(31 ページ) 。 • ディスクを取り出し、水分を拭き 取ってください。また本体内部の 水分を蒸発させるため、電源を入 れたまま数時間放置してください。 音が飛ぶ。 使用上の注意・主な仕様 • ディスクの汚れをふき取ってくだ さい(37 ページ) 。 • ディスクをもう一度挿入してくだ さい。 • 振動のない場所に本機を移動させ てください。 再生が 1 曲目から始まらない。 • 再生モードをノーマル再生にして ください(16 ページ) 。 33 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 34 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left USB 機器のオーディオファイルまたは フォルダーを消去できない。 – 大量のメモリーが使われている。 – 内蔵メモリーが断片化している。 「OVER CURRENT」が表示される。 • USB 機器が書き込み保護されてい ないか確認してください。 • データ消去中に、USB 機器がはず された、または電源が切られた。 部分的に消去されたファイルを削 除してください。それでもトラブ ルが解決しない場合は、USB 機器 が故障している可能性があります。 このトラブルの対処方法について は、USB 機器の取扱説明書を参照 してください。 音が出ない。 • ポートからの電流レベルに関し て問題が検出された。本機の電源 を切り、ポートから USB 機器を取 りはずしてください。USB 機器に 異常がないか確認してください。 それでもこの画面が表示されると きは、お買い上げ店またはソニー の相談窓口にご相談ください。 エラーが表示される。 • USB 機器が正しくつながれていな い。本機の電源を切り、USB 機器 をつなぎ直し、本機の電源をもう 一度入れてください。 ノイズや音飛びがある。または音が歪 む。 • USB 機器に保存されたデータが破 損した可能性があるため、もう一 度データを録音(転送)してくだ さい。 • 本機で表示できる文字コードは数 字およびアルファベットのみです。 その他の文字は「_」と表示されま す。 • 本機が対応していない USB 機器を 使用している。本機が対応してい る USB 機器についての情報は、 ウェブサイトをご覧ください(15 ページ) 。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 音楽データ自体にノイズが含まれ ていたり、音声が歪んでいます。 録音(転送)中にノイズが入った 可能性があります。ファイルを削 除して、もう一度録音(転送)し てください。 • オーディオファイルをエンコード するときに使用したビットレート が低い。ビットレートを高く設定 して、オーディオファイルを USB 機器に録音(転送)してください。 「READING」が長時間表示される。 または、再生が開始するまでに時間が かかる。 USB 機器が認識されない。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 本機が対応している USB 機器につ いての情報は、ウェブサイトをご 覧ください(15 ページ) 。 • USB 機器が正しく働かない。この トラブルの対処方法については、 USB 機器の取扱説明書を参照して ください。 再生を開始できない。 • 本機の電源を切り、USB 機器をつ なぎ直し、本機の電源をもう一度 入れてください。 • 本機が対応している USB 機器につ いての情報は、ウェブサイトをご 覧ください(15 ページ) 。 再生が 1 曲目から始まらない。 • 下記の場合は、データの読み込み に時間がかかります。 – USB 機器のフォルダー数やファ イル数が多い(16 ページ) 。 – ファイル構成が複雑である。 • 再生モードをノーマル再生にして ください(16 ページ) 。 34 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 35 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right オーディオファイルを再生できない。 • FAT16 または FAT32 以外のファ イルシステムで初期化された USB 機器には、本機は対応していませ ん。* • WMA DRM、WMA Lossless、 または WMA PRO フォーマットで 作成された WMA ファイルは再生 できません。 • AAC DRM または AAC Lossless フォーマットで作成された AAC ファイルは再生できません。 • 96 kHz でエンコードした AAC ファイルは再生できません。 • 使用中の USB 機器に複数のパー ティションが含まれていると、 ファイルが再生されないことがあ ります。 • 本機では 8 フォルダー階層までし か再生できません。 • 暗号化またはパスワードで保護さ れたファイルは、再生できません。 • DRM(デジタル著作権管理)の著 作権保護付きのファイルは、本機 では再生できません。 • MP3 PRO ファイルは、MP3 ファ イルとして再生できます。 Bluetooth 機器 ペアリングができない。 • Bluetooth 機器を本機に近付けて ください。 • 本機の周りに他の Bluetooth 機器 があると、ペアリングできないこ とがあります。このときは、他の Bluetooth 機器の電源を切ってく ださい。 • Bluetooth 機器にパスワードを正 しく入力したか確認してください。 Bluetooth 機器が本体を検出できな い、または表示窓に「BT OFF」が表 示される。 • Bluetooth を「BT ON」に設定し てください(26 ページ) 。 接続できない。 • つなごうとしている Bluetooth 機 器が A2DP プロファイルに対応し ていないため、本機につなぐこと ができません。 • Bluetooth 機器の Bluetooth を有 効にしてください。 • Bluetooth 機器から接続を確立さ せてください。 • ペアリング登録情報が消去された。 もう一度ペアリング操作を行って ください。 • Bluetooth 機器のペアリング登録 情報を消去して(25 ページ) 、も う一度ペアリング操作を行ってく ださい(23 ページ) 。 音が飛んだり、上下に変動したり、接 続が切れたりする。 * 本機は FAT16 および FAT32 に対応し ていますが、一部の USB 機器ではこれ らの FAT に対応していない場合があり ます。詳しくは、USB 機器それぞれの 取扱説明書をご覧ください。または、製 造者にお問い合わせください。 使用上の注意・主な仕様 ラジオ ノイズがひどい。または、放送局を受 信できない。( 表示窓に「ST」が点滅 します。 ) • 本機と Bluetooth 機器が離れすぎ ています。 • アンテナを正しくつないでくださ い。 • 本機とお使いの Bluetooth 機器の 間に障害物があるときは、障害物 を取り除いてください。 • 無線 LAN 搭載機器、他の Bluetooth 機器、電子レンジなど 電磁波を発する機器が近くにある ときは、本機から離して置いてく ださい。 • アンテナの位置と向きを変えて、 受信状況を改善してください。 • 本機の周りにある機器の電源を 切ってください。 35 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 36 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left Bluetooth 機器の音声が本機から聞こ えない。 DEVICE ERROR USB 機器が認識できない。または、 不明な機器がつながれている。 DEVICE FULL USB 機器の空き容量がない。 FATAL ERROR 曲の録音(転送)中や消去中に USB 機器がはずされた。 USB 機器が故障した可能性がありま す。 FOLDER FULL フォルダー数が上限に達しているた め、USB 機器に転送できない。 FULL 25 曲以上をプログラムに登録しよう とした。 NO DISC ディスクトレイにディスクがない。 NO STEP プログラムが登録されていない。 NO SUPPORT 非対応の USB 機器がつながれてい る。または、USB 機器が USB ハブ を経由してつながれている。 NO TRACK 本機で再生できるトラックやオー ディオファイルが入っていない。 NoDEVICE USB 機器が接続されていない。 NoMEMORY 再生または録音(転送)用に選んだ メモリーカードが USB 機器に入っ ていない。 NOT USE 使用できないボタンを押した。 PROTECT USB 機器が書き込み保護されてい る。 PUSH STOP 再生が停止しているときにしか行え ない操作を行おうとした。 • Bluetooth 機器の音量を上げてか ら、 リモコンの VOLUME +/– ボタ ンで音量を調節してください。 ノイズや音の歪みがひどい。 • 本機とお使いの Bluetooth 機器の 間に障害物があるときは、障害物 を取り除いてください。 • 無線 LAN 搭載機器、他の Bluetooth 機器、電子レンジなど 電磁波を発する機器が近くにある 場合は、本機から離して置いてく ださい。 • つないだ Bluetooth 機器の音量を 下げてください。 本機をリセットするには 「故障かな?と思ったら」の項目を実 行しても本機が正しく働かない場合 は、本機の設定をお買い上げ時の状 態に戻します。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 電源コードを抜いて、もう一度つ なぐ。 2 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 3 x ボタンと ENTER ボタンをおよ そ 3 秒間同時に長押しする。 表示窓に「RESET」が表示されま す。 既に登録してあるラジオ放送局、 タイマーや時計の設定など、すべ ての設定がリセットされ、お買い 上げ時の状態に戻ります。 メッセージ一覧 本機の使用中に、次のようなメッ セージが表示、または点滅すること があります。 CANNOT PLAY 再生できないディスクが挿入された。 36 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 37 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Right READING ディスクまたは USB 機器の情報を 読み取り中である。操作が制限され ます。 REC ERROR 録音(転送)を開始しなかったり、 途中でやめたりしたため、録音(転 送)が実行できなかった。 TIME NG 再生タイマーの開始時刻と終了時刻 に同じ時刻が設定されている。 TRACK FULL ファイル数が上限に達しているため、 USB 機器に録音(転送)できない。 安全のために • 長い間使用しない場合は、電源コードを コンセントから完全に抜いてください。 プラグ部分を持って本機のコードを抜い てください。決してコードを引っ張らな いでください。 • 異物や液体が本体に入った場合は、本機 のプラグをコンセントから抜き、ソニー の相談窓口(裏表紙)またはお買い上げ 店にご相談ください。 • 電源コードは指定のサービスショップで のみ交換できます。 設置について • 水平でない場所、極端に暑いまたは寒い 場所、ほこりっぽい場所や清潔でない場 所、湿度の高い場所、風通しの悪い場 所、振動する場所、直射日光または明る い光にさらわれるような場所に本機を置 かないでください。 • ワックス、油脂、研磨剤などが塗られて いる場所に、本機を設置すると、変色、 染みなどが残ることがありますので、ご 注意ください。 • 本機を寒い場所から暖かい場所へ移動さ せたり、湿度の高い場所に置いたりする と、本機内のレンズに結露が発生して、 本機の故障の原因となります。この場合 は、ディスクを取り出して、本機の電源 を 1 時間ほど入れたままにして水分を蒸 発させてください。 使用上のご注意 本機を運ぶときは ディスク装置を保護するために下記 の手順で行ってください。 この操作には本体のボタンを使用し ます。 1 "/1 ボタンを押して、本機の電源 を入れる。 2 CD ボタンを押す。 3 ディスクを取り出す。 Z ボタンを押して、ディスクトレ イの開け閉めをする。 表示窓に「NO DISC」が表示さ れるまでお待ちください。 放熱について 使用上の注意・主な仕様 • 使用中、本機の温度が上昇することがあ りますが、故障ではありません。 • 大音量で鳴らし続けると、本機キャビ ネットが熱くなることがあります。 このようなときは、キャビネットに触れ ないでください。 • 温度上昇による故障の原因となるため、 通風孔をふさがないでください。 4 電源コードを抜く。 ディスクについてご注意 スピーカーシステムについて 内蔵スピーカーシステムは磁気シールドさ れていないため、近くのテレビの画像が磁 気で歪むことがあります。この場合は、テ レビの電源を切って、15 ∼ 30 分後にも う一度電源を入れてください。改善されな い場合は、本機をテレビから離してくださ い。 • 再生する前に、クリーニングクロスで中 心から外側へ向かってディスクをふいて ください。 • ベンジン、シンナーや市販のクリーナー などの溶剤や LP レコード盤用の静電気 防止スプレーを使わないでください。 • 直射日光が当る場所、または熱風ダクト や炎天下に停車した車の中など高温にな る場所に、ディスクを放置しないでくだ さい。 37 model name [ASPIRE E1-772] [4-534-717-01(1)] JP filename[C:\Documents and Settings\mindware\ÉfÉXÉNÉgÉbÉv\4534717021_Data\4534717021\JP080ADD. fm] JP010_ASPIRE E1-772. book 38 ページ 2014年8月27日 水曜日 午後4時41分 masterpage:Left キャビネットのお手入れについて 本機の汚れは、中性洗剤溶液を少し含ませ た柔らかい布などで拭いてください。 研磨パッド、研磨剤、シンナー、ベンジ ン、アルコールなどの溶剤は表面を傷める ので、使わないでください。 • 本機と同じプロファイルに対応している すべての Bluetooth 機器との Bluetooth 通信を保証するものではあり ません。 Bluetooth 通信について • Bluetooth 機器は、見通し距離で約 10 m 以内で使用してください。以下の状況 においては、通信有効範囲が短くなるこ とがあります。 – Bluetooth 接続している機器の間に、 人体や金属、壁などの障害物がある場 合 – 無線 LAN が構築されている場所 – 使用中の電子レンジの周辺 – その他の電磁波が発生している場所 • Bluetooth 機器と無線 LAN (IEEE802. 11b/g)は、同一周波数帯 (2. 4 GHz)を使用しています。無線 LAN 搭載機器の近辺で Bluetooth 機器 を使用すると、電波干渉が発生すること があります。これが、通信速度の低下、 ノイズや接続不能の原因になる場合があ ります。この場合は、次の対策を行って ください。 – 他の無線 LAN 搭載機器から 10 m 以 上離れたところで、本機と Bluetooth 機器を接続する。 – Bluetooth 機器を 10 m 以内の場所で 使うときは、他の無線 LAN 搭載機器 の電源を切る。 • 本機が発生する電波は、一部の電子医療 機器などの動作に影響を与える可能性が あります。場合によっては故障の原因に なりますので、次の場所では本機および Bluetooth 機器の電源を必ず切ってくだ さい。 – 病院内、電車内、航空機内、ガソリン スタンドなど引火性ガスの発生する場 所 – 自動ドアや火災報知機の近く • 本機は、Bluetooth 技術を使用した通信 時のセキュリティー確保のため、 Bluetooth 標準規格に準拠したセキュリ ティー機能に対応しています。ただし、 設定内容などによってセキュリティーが 充分でない場合がありますので、 Bluetooth 技術を使用して通信を行う際 はご注意ください。 • Bluetooth 技術を使用した通信時に情報 の漏洩が発生しましても、弊社は一切の 責任を負いかねますので、あらかじめご 了承ください。 • 本機と接続する Bluetooth 機器は、 Bluetooth SIG, Inc. [. . . ]

ACER ASPIRE E1-772ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればACER ASPIRE E1-772のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag