ユーザーズガイド ACER ASPIRE E5-551

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くACER ASPIRE E5-551のユーザマニュアルを入手できます。 ACER ASPIRE E5-551のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ACER ASPIRE E5-551のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ACER ASPIRE E5-551 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (111 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ACER ASPIRE E5-551

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] ( データ番号 ) ライブラリーに含まれるデータの番号です。 8 TITLE ライブラリーのデータに付けられたタイトルです。 この部分をダブルクリックして、 タイトルを編集することもできます。 9 R (READ ONLY) 読み込み専用のデータはこの欄に “R” と表示され、 上書き保存やタイトルの変更ができません。 0 TYPE エフェクトのタイプを表示します。 ダイナミクスの場合は、 そのチャンネルでリコール可能なダイナミクス系列も表わします。1” “ と表示されているもののみ DYNAMICS1 でリコールでき、2” “ と表示されているもののみ DYNAMICS2 でリコールできます。 どちらも表示されてい ないデータは、 そのチャンネルではリコールできません。 A DYNAMICS (DYNAMICS ページのみ ) 2 系統あるダイナミクスのどちらをストア / リコールの対象とするか選択します。 B RACK No. ( ラック選択 ) (EFFECT/GEQ ページのみ ) どのラックをストア / リコールの対象とするか選択します。 Effect ライブラリーの場合は、 EFFECT ラックの Rack No. 選 択ボタン (1 ∼ 8) のみが表示されます。 GEQ ライブラリーの場合は、 GEQ ラックの Rack No. [. . . ] 選 択ボタン (1 ∼ 8) のみが表示されます。 GEQ ライブラリーの場合は、 GEQ ラックの Rack No. 選択ボタン (1 ∼ 8) が表示されます。 Flex15 GEQ がアサインされている Rack No. が選択 されている場合は、 A/B 選択ボタンが表示され、 31Band GEQ がアサインされている Rack No. が選択されている場合は、 A/B 選択ボタンは非表示となります。 NOTE HQ Pitch、 Freeze は偶数ラックにマウントされたエフェクトモジュールへはリコールできません。 46 CL Editor 取扱説明書 C INTERNAL DATA CL 本体のライブラリーの内容を表示します。 表示される項目は、 FILE リスト (6) と共通です。 必要に応じて、 単一のデータまたは複数のデータを、 FILE リストと INTERNAL DATA リストとの間で相互にコピーした り、 同一リスト内で別の位置にコピーまたは移動したりできます。 これを行なうには、 まず以下の方法でコピー元 / 移動元となるデータを選択します。 ・ 単一のデータを選ぶには 任意のデータの列をクリックします。 ・ 番号の連続した複数のデータを選ぶには 最初のデータをクリックして選び、 <Shift> キーを押しながら最後のデータ をクリックします。 ・ 番号の離れた複数のデータを選ぶには 最初のデータをクリックし、 <Ctrl> キー(< データをクリックします。 > キー) を押しながら残りの コピー元 / 移動元が選択できたら、 もう一方のリストの任意の位置 ( 異なるリスト間で相互にコピーする場合 )、 または同一 リスト内の別の位置 ( 同じリスト内でコピー/ 移動する場合 ) にドラッグします。 ・ データを上書きコピーするには コピー元をもう一方のリストの任意の行、 または同一リスト内で別の行の上に ドラッグします。 このとき、 データ番号の右側に  のマークが表示されます。 この状態でドロップすると、 保存を確認するダイアログが現われます。 ボ OK タンをクリックすると、 コピー元のデータがコピー先に上書きされ、 コピー 元はそのまま残ります ( コピー元に複数のデータが含まれる場合、 そのデー タを開始位置として番号の連続したデータに上書きされます )。 ・ データを移動するには 同じリスト内であれば、 選択したデータを別の位置に移動させ、 リスト内の データを並び替えることができます。 これを行なうには、 選択した移動元を 同じリスト内で任意の行間にドラッグします。 このとき、 行間に のマー クが表示されます。 この状態でマウスから手を放すと、 選択したデータがその位置に移動し、 データ番号も変更になります ( 移動元に複数のデータが含まれる場合は、 そ の位置に連続したデータが挿入されます )。 NOTE GEQ ライブラリーの InitialData はコピーできません。 D STORE リスト内の選択したデータに現在の設定を保存します。 E RECALL リスト内の選択したデータをリコールします。 F CLEAR リスト内で選択した単一データ、 または複数のデータを消去します。 G UNDO 最後に行なったライブラリーのリコール、 ストア、 コピー、 移動操作を取り消します。 何度もクリックすると、 UNDO と REDO を繰り返します。 47 CL Editor 取扱説明書 Premium Rack Library ウィンドウ PREMIUM ラックの各 EQ またはコンプレッサータイプごとのライブラリーを編集します。 また、 コンピューターのドライブに 保存されたライブラリーのファイルを読み込み、 並び順やタイトルなどを変更したり、 任意のライブラリーデータをリコールし たり、 任意のライブラリーデータを CL 本体のライブラリーにコピーしたりできます。 このウィンドウは、 Portico5033、 Portico5043、 U76、 Opt-2A、 EQ-1A、 DynamicEQ の各ページに分かれており、 ページを切り替えるには、 ウィンドウ上部の タブをクリックします。 このウィンドウを表示するには [Windows] メニューから [Premium Rack Library] を選択して各ラ イブラリーを選択します。 操作手順は、 Library ウィンドウと同様です ( → P. 45)。 NOTE OPEN したファイルにかかわらず、 このウィンドウで SAVE または SAVE AS を実行すると、 開いているタブに応じたラ イブラリーデータのみのファイルとして保存します。 48 CL Editor 取扱説明書 Patch Editor ウィンドウ 各チャンネルの入出力、 およびダイレクトアウトやインサートイン / アウトに入出力ポートを割り当てます。 このウィンドウは、 INPUT PATCH、 OUTPUT PATCH、 INPUT INSERT PATCH、 OUTPUT INSERT PATCH、 DIRECT OUT PATCH、 PATCH LIST の各ページに分かれています。 ページを切り替えるには、 ウィンドウ上部のタブをクリックします。 このウィンドウを表示するには [Windows] メニューから [Patch Editor] を選択して “INPUT PATCH” OUTPUT “ 、 PATCH” INPUT INSERT PATCH” OUTPUT INSERT PATCH” DIRECT OUT PATCH” PATCH LIST” “ 、 “ 、 “ 、 、 “ のいずれか を選択します。 INPUT PATCH ページ 1 2 3 4 インプット系チャンネルの入力に割り当てる入力ポートを選択します。 ❏ HA INFO パッチを変更するときに、 入力ポートの HA 設定をチャンネルからコピーするかどうかを選択します。 1 TAKE FROM PORT ボタン HA 設定をチャンネルからコピーしません。 パッチを変更してもポートの HA 設定はそのままとなります。 2 TAKE FROM CHANNEL ボタン HA 設定をチャンネルからコピーします。 直前にパッチされていたポートの HA 設定を、 新しくパッチされたポートに設定し ます。 ❏ AUTO SETUP 3 PRESET ボタン このページのパッチが初期設定になります。 4 CLEAR ALL ボタン このページのパッチをすべてクリアします。 49 CL Editor 取扱説明書 OUTPUT PATCH ページ 1 アウトプット系チャンネルの出力に割り当てる出力ポートを選択します。 1 CLEAR ALL このページのパッチをすべてクリアします。 INPUT INSERT PATCH ページ 出力ポートの選択 入力ポートの選択 インプット系チャンネルのインサートイン / アウトに入出力ポートを割り当てます。 画面左側では出力ポート、 画面右側で入力 ポートを選択します。 50 CL Editor 取扱説明書 1 1 INSERT1/INSERT2 インサート 1 とインサート 2 の表示を切り替えます。 2 3 2 インサート設定数 そのグループで現在設定しているインサートの数です。 利用可能数を超えて設定すると赤文字になり、 インジケーターが表示されます。 NOTE 利用可能数を超えて設定したインサートは無効です。 そのチャンネルのグリッドには、 の印が表示されます。 3 インサート利用可能数 そのグループで利用できるインサートの数です。 インサート 1 とインサート 2 を合わせたインサート数は、 以下のようにチャンネルのグループごとに制限があります。 入出 力ポート別で設定できます。 チャンネルグループ インサート利用可能数 CH1 ∼ 16 16 CH17 ∼ 32 16 CH33 ∼ 48 16 CH49 ∼ 64 (CL5、 CL3 のみ ) 16 CH65 ∼ 72 (CL5 のみ ) 8 51 CL Editor 取扱説明書 OUTPUT INSERT PATCH ページ 出力ポートの選択 入力ポートの選択 アウトプット系チャンネルのインサートイン / アウトに入出力ポートを割り当てます。 画面左側では出力ポート、 画面右側で入 力ポートを選択します。 1 1 INSERT1/INSERT2 インサート 1 とインサート 2 の表示を切り替えます。 2 3 2 インサート設定数 そのグループで現在設定しているインサートの数です。 利用可能数を超えて設定すると赤文字になり、 インジケーターが表示されます。 NOTE 利用可能数を超えて設定したインサートは無効です。 そのチャンネルのグリッドには、 の印が表示されます。 3 インサート利用可能数 そのグループで利用できるインサートの数です。 インサート 1 とインサート 2 を合わせたインサート数は、 以下のようにチャンネルのグループごとに制限があります。 入出 力ポート別で設定できます。 チャンネルグループ インサート利用可能数 MIX/ST MONO 30 MATRIX 8 52 CL Editor 取扱説明書 DIRECT OUTPUT PATCH ページ 1 インプット系チャンネルをダイレクト出力する出力ポートを選択します。 1 CLEAR ALL このページのパッチをすべてクリアします。 53 CL Editor 取扱説明書 PATCH LIST ページ インプットパッチ / アウトプットパッチの一括表示 / 設定変更を行ないます。 1 2 3 4 5 6 1 インプット系チャンネル番号 インプット系チャンネルの番号です。 2 インプット系チャンネル名 インプット系チャンネルの名前です。 チャンネル名のボックスをクリックすれば、 このページで名前を変更することもできま す。 3 入力ポート インプット系チャンネルに割り当てられている入力ポートを表示します。 このボックスをクリックし、 表示されるポップアッ プメニューから入力ポートを指定することもできます。 4 アウトプット系チャンネル番号 アウトプット系チャンネルの番号です。 5 アウトプット系チャンネル名 アウトプット系チャンネルの名前です。 チャンネル名のボックスをクリックすれば、 このページで名前を変更することもでき ます。 6 出力ポート アウトプット系チャンネルに割り当てられている出力ポートを表示します。 このボックスをクリックし、 表示されるポップ アップメニューから出力ポートを指定または解除することもできます。 NOTE 出力ポートは複数指定できます。 複数指定した場合は、 ポップアップメニューの順番で一番初めにある出力ポートを表示し ます。 54 CL Editor 取扱説明書 Virtual Rack ウィンドウ GEQ ( グラフィックイコライザー)、 エフェクト、 PREMIUM ラックの設定を行ないます。 このウィンドウは、 GEQ 1-8 ページ、 GEQ 9-16 ページ、 EFFECT ページ、 PREMIUM ページの 4 つに分かれています。 ページ を切り替えるにはウィンドウ上部のタブをクリックします。 GEQ 1-8/9-16 ページ 1 2 7 3 46 5 1 マウント ラックにマウントする GEQ モジュールを次の中から選択します。 BLANK 31BandGEQ Flex15GEQ 割り当てなし 31 バンド 1IN/1OUT のグラフィックイコライザー 31 バンド中任意の 15 バンドが操作可能な 2IN/2OUT のグラフィックイコライザー 55 CL Editor 取扱説明書 2 インプットパッチ ラックに割り当てる入力ポートを次の中から選択します。 NONE INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 2 ラックに何もマウントされてないときは表示されません。 NOTE GEQ ラックはアウトプットチャンネル専用です。 インプットチャンネルに GEQ を使用したい場合は、 EFFECT ラックで GEQ をマウントします ( → P. 60)。 3 モジュールイメージ ラックに割り当てられている GEQ モジュールのイメージとパラメーターを表示します。 この画面でのパラメーター編集は できません。 ダブルクリックすると、 そのラックのモジュールエディターが表示されます。 コンピューターキーボード上の <Ctrl> キー(< > キー) を押しながらダブルクリックすると、 追加のラックモジュールエ ディターを複数開けます。 この追加のエディターでは、 ラックの選択ボタンが CL 本体の RACK のポップアップウィンドウ と連動しません。 4 インプットメーター/ アウトプットメーター ラックに入出力される信号のレベルを表示します。 5 アウトプットパッチ ラックに割り当てる出力ポートを次の中から選択します。 NONE INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 2 6 ON GEQ モジュールの有効 / 無効を切り替えます。 GEQ モジュールは ON ボタン点灯時に有効です。 7 GEQ LINK インジケーター GEQ LINK の LINK ボタンが ON の場合は、 GEQ モジュールの左端に LINK インジケーターを表示します ( → P. 59)。 56 CL Editor 取扱説明書 Rack Module Editor ̶ GEQ ウィンドウ ● 31BandGEQ ● Flex15GEQ GEQ の挿入先の選択や、 各種パラメーターの設定を行ないます。 1 1 RACK No. ( ラック選択 ) GEQ ラックより操作の対象となるラックを選びます。 2 LIBRARY GEQ ライブラリーを呼び出すためのボタンです。 このボタンをクリックする と、 Library ウィンドウの GEQ ページが開きます。 2 57 CL Editor 取扱説明書 3 4 3 インプットパッチ CHANNEL 欄をクリックし、 現在選ばれている GEQ モジュールの入力チャンネルにパッチす る信号経路を、 次の中から選択します。 (GEQ ラックにマウントされている場合 )。 NONE INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 2 すぐ下のボックスにはチャンネルの名前が表示されます。 4 インプットメーター 現在選ばれている GEQ モジュールに入力されている信号のレベルを表示します。 5 アウトプットパッチ CHANNEL 欄をクリックし、 現在選ばれている GEQ モジュールの出力チャンネルにパッチす る信号経路を、 次の中から選択します。 (GEQ ラックにマウントされている場合 )。 NONE 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 2 5 6 INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) すぐ下のボックスにはチャンネルの名前が表示されます。 6 アウトプットメーター 現在選ばれている GEQ モジュールから出力されている信号のレベルを表示します。 58 CL Editor 取扱説明書 ● 31BandGEQ 8 9 7 0 A ● Flex15GEQ 8 B 7 0 A 7 ON (GEQ オン / オフ ) 現在選ばれている GEQ モジュールのオン / オフを切り替えます。 8 LINK 奇数 / 偶数番号の順で隣り合った 2 つの 31BandGEQ モジュールの設定や、 Flex15GEQ の A グループと B グループの 設定を連動させるボタンです。 このボタンをクリックすると、 動作を確認するウィンドウが表示されます。 パラメーターのコ ピー元 / コピー先になるモジュールに該当するボタンをクリックします。 RESET BOTH ボタンをクリックすると、 両方の モジュールのパラメーターが初期値にリセットされます。 9 GEQ グラフ 現在選ばれている GEQ モジュールの特性を表示するグラフです。 0 GEQ フェーダー GEQ モジュールの各帯域をブースト / カットするフェーダーです。 各フェーダーの設定値は、 下の数値ボックスで確認でき ます。 <Ctrl> キー(< > キー) を押しながらクリックすると 0. 00dB になります。 A EQ FLAT すべての GEQ フェーダーを 0dB の位置にリセットするボタンです。 B AVAILABLE BANDS ( 操作可能バンド数 ) (Flex15GEQ のみ ) Flex15GEQ で操作できる帯域は、 バンドのうちの任意の 15 バンドです。 31 この数値表示ボックスには、 操作可能なバン ドの残数が表示されています。 バンド操作するとこの数字はゼロになり、 15 それ以上新たなバンドを操作することはできま せん。 この状態から他の帯域を操作するには、 操作済みのバンドを 0dB に戻してから操作してください。 59 CL Editor 取扱説明書 EFFECT ページ 1 2 3 6 4 5 1 マウント ラックにマウントする GEQ モジュールやエフェクトモジュールを次の中から選択します。 BLANK 31BandGEQ Flex15GEQ EFFECT 割り当てなし 31 バンド 1IN/1OUT のグラフィックイコライザー 31 バンド中任意の 15 バンドが操作可能な 2IN/2OUT のグラフィックイコライザー 内蔵エフェクト 2 インプットパッチ L CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリックし、 R 内蔵エフェクトの入力チャンネル L/R にパッチする信号経路を次の中から 選択します。 NONE MIX 1 ∼ 24 MATRIX1 ∼ 8 ST L、 R、 ST MONO(C) INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネル INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートアウト 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 1 60 CL Editor 取扱説明書 INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートアウト 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 2 3 モジュールイメージ ラックに割り当てられているエフェクトモジュールと GEQ モジュールのイメージとパラメーターが表示されます。 この画 面でのパラメーター編集はできません。 ダブルクリックすると、 そのラックのモジュールエディターが表示されます。 コン ピューターキーボード上の <Ctrl> キー(< > キー) を押しながらダブルクリックすると、 追加のラックモジュールエディ ターを複数開けます。 この追加のエディターでは、 ラックの選択ボタンが CL 本体の RACK のポップアップウィンドウと連 動しません。 4 インプットメーター/ アウトプットメーター 現在選ばれているエフェクトモジュールと GEQ モジュールの入力と出力の信号レベルを表示します。 5 アウトプットパッチ L CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリックし、 R 内蔵エフェクトの出力チャンネル L/R にパッチする信号経路を次の中から 選択します。 NONE CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) STIN1L ∼ STIN8R INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) 割り当てなし INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) ST IN チャンネル 1 ∼ 8 の L/R チャンネル INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 1 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 2 6 BYPASS エフェクトモジュールの有効 / 無効を切り替えます。 エフェクトモジュールは BYPASS ボタン消灯時に有効です。 61 CL Editor 取扱説明書 Rack Module Editor ̶ EFFECT ウィンドウ 内蔵エフェクトのエフェクトタイプ選択、 パラメーターの変更、 入出力のパッチングを行ないます。 62 CL Editor 取扱説明書 1 2 3 1 RACK No. ( ラック選択 ) EFFECT ラックより操作の対象となるラックを選びます。 2 BYPASS エフェクトを一時的にバイパス状態にするボタンです。 3 CUE 現在選ばれているエフェクトの出力をキューモニターするボタン です。 4 5 6 NOTE System Setup ダイアログボックスの Channel Select/ Sends On Fader でチェックがはずれている場合は表示さ れません。 4 EFFECT NAME ( エフェクト名 ) 現在選ばれているエフェクトのタイトルを表示します。 5 TYPE ( エフェクトタイプ ) 現在選ばれているエフェクトタイプを表示します。 また、 このウィンドウでエフェクトタイプを切り替えることもできます。 これを行なうには、 テキストボックスをクリックして表示されるポップアップメニューから、 新しいエフェクトタイプを選択 します。 6 LIBRARY エフェクトライブラリーを呼び出すためのボタンです。 このボタンをクリックすると、 Library ウィンドウの EFFECT ペー ジが開きます。 7 インプットパッチ L CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリックし、 R 内蔵エフェクトの入力チャン ネル L/R にパッチする信号経路を次の中から選択します。 NONE 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネル INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 で は 1 ∼ 64) のインサートアウト 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各イン サートアウト 1 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 で は 1 ∼ 64) のインサートアウト 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各イン サートアウト 2 8 7 MIX 1 ∼ 24 MATRIX1 ∼ 8 ST L、 R、 ST MONO(C) INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) 0 9 INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 A INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) すぐ下のボックスにはチャンネルの名前が表示されます。 8 インプットメーター 内蔵エフェクトに入力されている信号のレベルを表示します。 9 アウトプットパッチ L CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリックし、 R 内蔵エフェクトの出力チャンネル L/R にパッチする信号経路を次の中から 選択します。 NONE CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) STIN1L ∼ STIN8R 割り当てなし INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) ST IN チャンネル 1 ∼ 8 の L/R チャンネル 63 CL Editor 取扱説明書 INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 1 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 2 すぐ下のボックスにはチャンネルの名前が表示されます。 0 アウトプットメーター 内蔵エフェクトから出力されている信号のレベルを表示します。 A パラメーター表示切り替えボタン エフェクトタイプとして “REV-X HALL” REV-X ROOM” REV-X PLATE” “ 、 “ 、 または VCM エフェクトのいずれかが選ば れているときに、 一般的なパラメーター画面と専用の GUI 画面を切り替えます。 B MIX BALANCE B 原音に対するエフェクト音のバランスを調節します。 0(%) で原音のみ、 100(%) でエフェクト 音のみが出力されます。 C TEMPO ディレイ系または変調系エフェクトタイプが選ばれているときに、 DELAY ( ディレイタイム ) パラメーターや、 FREQ. ( 変調速度 ) パラメーターなど時間関連のパラメーターを調節します。 TEMPO パラメーターの値を設定するには、 数値ボックスに BPM (1 分間あたりの拍数 ) の値 を入力するか、 TAP TEMPO ボタンを希望するテンポに合わせて連続してクリックします。 また、 MIDI CLK ボタンがオンのときは、 MIDI ポートから入力されている MIDI タイミングク ロックに TEMPO パラメーターの値が同期します。 C D SOLO D エフェクトタイプとして “M. BAND DYNA” または “M. BAND COMP” が選ばれているときに、 HIGH、 MID、 LOW の 3 バンドの中から特定のバンドのみをモニターするためのボタンです。 E GR メーター ( ゲインリダクションメーター) エフェクトタイプとして “M. BAND DYNA” または “M. BAND COMP” が選ばれているときに、 H(HIGH)、 M(MID)、 L(LOW) のバンドごとのゲインリダクション量を表示します。 E 64 CL Editor 取扱説明書 F G F PLAY/REC ( 再生 / 録音 ) ボタン エフェクトタイプとして “FREEZE” が選ばれているときに、 エフェクトに入力されている信号の録音 / 再生を行ないます。 G エフェクトパラメーター 現在選ばれているエフェクトタイプに応じたエフェクトパラメーターとそれに対応するノブが表示されます。 また、 エフェク トタイプが、 REV-X HALL、 REV-X ROOM、 REV-X PLATE、 COMP276、 COMP276S、 COMP260、 COMP260S、 EQUALIZER601、 OPENDECK の場合は、 各エフェクトごとに固有の GUI 画面が表示されます。 65 CL Editor 取扱説明書 PREMIUM ページ 1 2 3 6 4 5 1 マウント ラックにマウントするモジュール (EQ やコンプレッサー) を次の中から選択します。 BLANK、 Portico5033 (STEREO/DUAL)、 Portico5034 (STEREO/DUAL)、 U76 (STEREO/DUAL)、 Opt-2A (STEREO/DUAL)、 EQ-1A (STEREO/DUAL)、 DynamicEQ (STEREO/DUAL) U76 (STEREO/DUAL) は奇数ラックにのみマウントでき、 使用します。 2U 2 インプットパッチ CHANNEL 欄をクリックし ( ステレオタイプの EQ やコンプレッサーの場合は、 CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリッ L R ク )、 やコンプレッサーの入力チャンネルにパッチする信号経路を次の中から選択します。 EQ NONE MIX 1 ∼ 24 MATRIX1 ∼ 8 ST L、 R、 ST MONO(C) INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) 割り当てなし MIX チャンネル 1 ∼ 24 ( ラック No. 1、 のみ ) 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 ( ラック No. 1、 のみ ) 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネル ( ラック No. 1、 のみ ) 2 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートアウト 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 1 66 CL Editor 取扱説明書 INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートアウト 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートアウト 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートアウト 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートアウト 2 3 モジュールイメージ ラックに割り当てられている PREMIUM ラックのモジュールのイメージとパラメーターが表示されます。 ダブルクリック すると、 そのラックのモジュールエディターが表示されます。 コンピューターキーボード上の <Ctrl> キー(< > キー) を押 しながらダブルクリックすると、 追加のラックモジュールエディターを複数開けます。 この追加のエディターでは、 ラックの 選択ボタンが CL 本体の RACK のポップアップウィンドウと連動しません。 4 インプットメーター/ アウトプットメーター 現在選ばれている PREMIUM ラックのモジュールの入力と出力の信号レベルを表示します。 5 アウトプットパッチ CHANNEL 欄をクリックし ( ステレオタイプの EQ やコンプレッサーの場合は、 CHANNEL、 CHANNEL 欄をクリッ L R ク )、 やコンプレッサーの出力チャンネルにパッチする信号経路を次の中から選択します。 EQ NONE CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) STIN1L ∼ STIN8R INS1 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS1 MIX 1 ∼ 24 INS1 MTRX1 ∼ 8 INS1 ST L、 INS1 ST R、 INS1 M(C) INS2 CH 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) INS2 MIX 1 ∼ 24 INS2 MTRX1 ∼ 8 INS2 ST L、 INS2 ST R、 INS2 M(C) 割り当てなし INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64。 ラック No. 1、 のみ ) 2 ST IN チャンネル 1 ∼ 8 の L/R チャンネル ( ラック No. 1、 のみ ) 2 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 1 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 1 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 1 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 1 INPUT チャンネル 1 ∼ 72 (CL1 では 1 ∼ 48、 CL3 では 1 ∼ 64) のインサートイン 2 MIX チャンネル 1 ∼ 24 のインサートイン 2 MATRIX チャンネル 1 ∼ 8 のインサートイン 2 STEREO チャンネル L/R、 MONO チャンネルの各インサートイン 2 6 BYPASS PREMIUM ラックのモジュールの有効 / 無効を切り替えます。 PREMIUM ラックのモジュールは BYPASS ボタン消灯時 に有効です。 67 CL Editor 取扱説明書 Rack Module Editor ̶ PREMIUM ウィンドウ PREMIUM ラックのモジュールタイプ選択、 パラメーターの変更、 入出力のパッチングを行ないます。 パラメーターの変更は、 画 面右側に表示される、 各タイプごとに固有の GUI で行ないます。 各パラメーターの詳細は、CL リファレンスマニュアル」 「 をご参 照くだいさい。 68 CL Editor 取扱説明書 1 2 3 1 RACK No. 4 I INPUT CH ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 INPUT INSERT PATCH ページ . . . . . . . 50 INPUT PATCH ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49 80 INTERNAL DATA . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 97  CL Editor 取扱説明書 あ アンドゥ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80 は バイパス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63、 67、 69 い インターナルデータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47、 80 ふ ファイルを閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45、 78 78 ファイルを開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45、 フェード機能の有効 / 無効 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80 え エフェクト GR メーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64 SOLO( ソロ ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64 エフェクトタイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63 エフェクトパラメーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65 へ 別名で保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78 く クリア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80 81、 ∼ 88 83 クリアーオ−ル . . . . . . . . . . 77、 ほ 保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45、 78 み ミックスバランス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75 こ コメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79 し ショートカット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96 ゆ ユーザーキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 78 く クリア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80 81、 ∼ 88 83 クリアーオ−ル . . . . . . . . . . 77、 ほ 保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45、 78 み ミックスバランス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75 こ コメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79 し ショートカット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96 ゆ ユーザーキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ]

ACER ASPIRE E5-551ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればACER ASPIRE E5-551のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag