ユーザーズガイド ACER VERITON X2631

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くACER VERITON X2631のユーザマニュアルを入手できます。 ACER VERITON X2631のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ACER VERITON X2631のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ACER VERITON X2631 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (111 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ACER VERITON X2631 (2445 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ACER VERITON X2631

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 13 1-3-1 1-3-2 CPU を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13 CPU クーラーを取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 デュアルチャンネルのメモリ設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 メモリの取り付け. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17 1-4 メモリの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 1-4-1 1-4-2 1-5 1-6 1-7 1-8 1-9 1-10 拡張カードを取り付ける. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18 AMD CrossFire™/NVIDIA® SLI™構成のセッ トアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19 背面パネルのコネクター. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] コンピュータに SATA ハードドライブを取り付ける。 BIOS セッ トアップで SATA コントローラーモードを設定します。 (注 RAID BIOS で RAID アレイを設定します。 1) (注 SATA RAID/AHCI ドライバとオペレーティングシステムをインストールします。 2) 以下を準備してく ださい : • 少なく とも 2 台の SATA ハードドライブ (最適のパフォーマンスを発揮するために、 同じモデ ルと容量のハードドライブを 2 台使用することをお勧めします)。 RAIDを使用しない場合、 準 備するハードドライブは 1 台のみでご使用下さい。 • Windows セッ トアップディスク。 • マザーボードドライバディスク。 • USBメモリ ドライブ 始める前に 3-1 Intel® Z97 SATA コントローラーを構成する SATA 信号ケーブルの一方の端を SATAハードドライブの背面に、 もう一方の端をマザーボード の空いている SATA ポートに接続します。 マザーボードに複数の SATA コントローラーがある場合、 「第1章、 ハードウェアの取り付け」 を参照してSATAポート用の SATA コントローラーを確認してく ださい。 (例えば、 このマザーボードで、 SATA3 0/1/2/3/4/5 ポートは Z97 チップセッ トでサポートされ ています。 )次に、 電源装置からハードドライブに電源コネクターを接続します。 A. コンピュータに SATA ハードドライブをインストールする (注 1) (注 2) SATA コントローラーで RAID を作成しない場合、 このステップをスキップしてく ださい。 SATA コントローラーが AHCI または RAID モードに設定されているときに要求されます。 - 65 SATA ハードドライブの設定 SATA コントローラーコードがシステム BIOS セッ トアップで正しく 設定されていることを確認して く ださい。 ステップ 1 : コンピュータの電源をオンにし、 ( パワーオンセルフテスト) POST 中に <Delete> を押して BIOS セッ トアップに入ります。 Peripherals\SATA Configuration に移動します。 Integrated SATA Controller が有効 であることを確認してく ださい。 RAID を作成するには、 SATA Mode Selection を RAID にします (図 1)。 RAID を作成しない場合、 この項目を IDE または AHCI に設定します。 トアップで SATA コントローラーモードを設定する B. BIOS セッ 図1 ステップ 2 : UEFI RAID を構成する場合は 「C-1」 のステップに従ってく ださい。 従来の RAID ROM に入るには、 設 定を保存して BIOS セッ トアップを終了します。 詳細情報については 「C-2」 を参照してく ださい。 このセクシ ョンで説明した BIOS セッ トアップメニューは、 マザーボードによって異なるこ とがあります。 表示される実際の BIOS セッ トアップオプションは、 お使いのマザーボー ドおよび BIOS バージョンによって異なります。 SATA ハードドライブの設定 - 66 - C-1. UEFI RAID の設定 Windows 8. 1/8 64bitのみUEFI RAID構成をサポートしています。 ステップ 1 : BIOS セッ トアップで、 BIOS Features に移動し、 Windows 8 Features を Windows 8 に、 CSM Support を Never に設定します(図 2)。 変更を保存し、 BIOS セッ トアップを終了します。 図2 ステップ 2 : システムの再起動後、 再度 BIOS セッ トアップに入ります。 続いて Peripherals\Intel(R) Rapid Storage Technology サブメニューに入ります (図 3)。 図3 - 67 SATA ハードドライブの設定 ステップ 3 : Intel(R) Rapid Storage Technology メニューにおいて、 Create RAID Volume で <Enter> を押して Create RAID Volume 画面に入ります。 Name の項目で 1~16 文字 (文字に特殊文字を含めることはできませ ん) のボリ ューム名を入力し、 <Enter> を押します。 次に、 RAID レベルを選択します (図 4)。 サポート される RAID レベルには RAID 0、 RAID 1、 RAID 10、 RAID 5 が含まれています と (使用可能な選択は 取り付けられているハードドライブの数によって異なります)次に、 。 下矢印キーを用いて Select Disks に移動します。 図4 ステップ 4 : Select Disks の項目で、 RAID アレイに含めるハードドライブを選択します。 選択するハードドライ ブ上で <スペース> キーを押します (選択したハードドライブには "X" の印が付きます)。 ストライ ブブロックサイズ (図 5) を設定します。 ストライブブロックサイズは 4 KB∼128 KB まで 設定できま す。 ストライプブロックサイズを選択したら、 容積容量を設定します。 図5 SATA ハードドライブの設定 - 68 - ステップ 5 : 容量を設定後、 Create Volume に移動し、 <Enter> を押して開始します。 6) (図 図6 完了すると、 Intel(R) Rapid Storage Technology 画面に戻ります。 RAID Volumes に新しい RAID ボリ ュー ムが表示されます。 詳細情報を見るには、 ューム上で <Enter> を押して RAID レベルの情報、 ボリ ス トライプブロックサイズ、 アレイ名、 アレイ容量などを確認します (図 7)。 図7 - 69 - SATA ハードドライブの設定 RAIDボリュームを削除する RAID アレイを削除するには、 Intel(R) Rapid Storage Technology 画面において削除するボリ ューム上 で <Enter> を押します。 RAID VOLUME INFO 画面に入ったら、 Delete で <Enter> を押して Delete 画面 に入ります。 で <Enter> を押します (図 8)。 Yes 図8 SATA ハードドライブの設定 - 70 - C-2. Legacy RAID ROMを設定する Intel® legacy RAID BIOS セッ トアップユーティ リティに入って、 RAID アレイを設定します。 RAID 構成 非 の場合、 このステップをスキップし、 Windows オペレーティングシステムのインストールに進んでく ださい。 ステップ 1 : POST メモリテストが開始された後でオペレーティングシステムがブートを開始する前に、Press 「 <Ctrl-I> to enter Configuration Utility」 9)<Ctrl> + <I>を押して RAID 設定ユーティ (図 。 リティに入ります。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. Physical Devices : ID Device Model 1 Hitachi HDS72105 2 Hitachi HDS72105 Serial # JP1532FR3BWV7K JP1532ER046M2K Size 465. 7GB 465. 7GB Type/Status(Vol ID) Non-RAID Disk Non-RAID Disk Press <CTRL - I> to enter Configuration Utility. . . 図9 ステップ 2 : <Ctrl> + <I> を押すと、 MAIN MENU スクリーンが表示されます (図 10)。 RAIDボリュームを作成する RAID アレイを作成する場合、 MAIN MENU で Create RAID Volume を選択し <Enter> を押します。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. [ MAIN MENU ] 1. Create RAID Volume 2. Delete RAID Volume 3. Reset Disks to Non-RAID 4. Recovery Volume Options 5. Acceleration Options 6. Exit [ DISK/VOLUME INFORMATION ] RAID Volumes : None defined. Physical Deivces : ID Device Model 1 Hitachi HDS72105 2 Hitachi HDS72105 Serial # JP1532FR3BWV7K JP1532ER046M2K Size 465. 7GB 465. 7GB Type/Status(Vol ID) Non-RAID Disk Non-RAID Disk [hi]-Select [ESC]-Exit [ENTER]-Select Menu 図 10 - 71 - SATA ハードドライブの設定 ステップ 3 : CREATE VOLUME MENU スクリーンに入った後、 Name の項目で 1~16 文字 (文字に特殊文字を含 めることはできません) のボリ ューム名を入力し、 <Enter> を押します。 次に、 RAID レベルを選択し ます (図 11)。 サポートされる RAID レベルには RAID 0、 RAID 1、 RAID 10、 RAID 5 が含まれています と (使用可能な選択は取り付けられているハードドライブの数によって異なります)<Enter>を押 。 して続行します。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. [ CREATE VOLUME MENU ] Name : Volume0 RAID Level : RAID0(Stripe) Disks : Select Disks Strip Size : 16KB Capacity : 931. 5 GB Sync : N/A Create Volume [ HELP ] RAID 0:Stripes data (performance). [hi]-Change [TAB]-Next [ESC]-Previous Menu [ENTER]-Select 図 11 ステップ 4 : Disks の項目で、 RAID アレイに含めるハードドライブを選択します。 取り付けたドライブが 2台の みの場合、 ドライブはアレイに自動的に割り当てられます。 必要に応じて、 ストライブブロックサ イズ (図 12) を設定します。 ストライブブロックサイズは 4 KB∼128 KB まで 設定できます。 ストライ プブロックサイズを選択してから、 <Enter> を押します。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. [ CREATE VOLUME MENU ] Name : Volume0 RAID Level : RAID0(Stripe) Disks : Select Disks Strip Size : 16KB Capacity : 931. 5 GB Sync : N/A Create Volume [ HELP ] The following are typical values: RAID0 - 128KB RAID10 - 64KB RAID5 - 64KB [hi]-Change [TAB]-Next [ESC]-Previous Menu [ENTER]-Select 図 12 SATA ハードドライブの設定 - 72 - ステップ 5 : アレイの容量を入力し、 <Enter> を押します。 最後に、 Create Volume で <Enter> を押し、 RAID アレイ の作成を開始します。 ュームを作成するかどうかの確認を求められたら、 を押して確認す ボリ <Y> るか <N> を押してキャンセルします (図 13)。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright(C) Intel Corporation. All Rights Reserved. [ CREATE VOLUME MENU ] Name : Volume0 RAID Level : RAID0(Stripe) Disks : Select Disks Strip Size : 128 MB Capacity : 931. 5 GB Sync : N/A Create Volume WARNING :ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST. [ HELP ] Are you sure you want to create this volume?(Y/N) : Press ENTER to create the specified volume. [hi]-Change [TAB]-Next [ESC]-Previous Menu [ENTER]-Select 図 13 完了したら、 DISK/VOLUME INFORMATION セクシ ョンに、 RAID レベル、 ストライブブロックサイズ、 ア レイ名、 およびアレイ容量などを含め、 RAID アレイに関する詳細な情報が表示されます (図 14)。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. [ MAIN MENU ] 1. Create RAID Volume 2. Delete RAID Volume 3. Reset Disks to Non-RAID 4. Recovery Volume Options 5. Acceleration Options 6. Exit [ DISK/VOLUME INFORMATION ] RAID Volumes : ID Name 0 Volume0 Level RAID0(Stripe) Strip 128KB Size 931. 5GB Size 465. 7GB 465. 7GB Status Bootable Normal Yes Type/Status(Vol ID) Member Disk(0) Member Disk(0) [ENTER]-Select Menu Physical Devices : ID Device Model 1 Hitachi HDS72105 2 Hitachi HDS72105 [hi]-Select Serial # JP1532FR3BWV7K JP1532ER046M2K [ESC]-Exit 図 14 RAID BIOS ユーティ リティを終了するには、 <Esc> を押すか MAIN MENU で6. Cache Mode ライ : トバックまたはライ トスルーキャッシュを選択します。 5. VD Name 1∼10 文字でアレイ名を入力します : (文字に特殊文字を使用することはできません) 。 Marvell BIOS Setup (c) 2009 Marvell Technology Group Ltd. [ Adapter ] [ Devices ] [ RAID ] RAID Config Select free disks to create Port VD Name Create Disk * S0 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 76. 3GB RAID Level : RAID0 * S1 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 76. 3GB Max Size (MB):152478 Stripe Size :64KB Quick Init :No Cache Mode :WriteBack VD Name : Disks ID :0 1 NEXT Size Max Speed SATA 3Gb/s FREE SATA 3Gb/s FREE Status ENTER/SPACE:Select, ESC:Back/Exit 図6 6. NEXT 上の設定を完了した後、 : NEXT に移動して<Enter>を押しアレイの作成を開始します。 確認 を求められたら、 を押して確認するか <N> を押してキャンセルします (図 7)。 <Y> Marvell BIOS Setup (c) 2009 Marvell Technology Group Ltd. [ Adapter ] [ Devices ] [ RAID ] RAID Config Select free disks to create Port VD Name Create Disk * S0 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 76. 3GB RAID Level :RAID0 * S1 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 76. 3GB Max Size (MB):152478 NEXT Size Stripe :64KB Quick Init :No Cache Mode :WriteBack VD Name :GBT Disk ID :01 NEXT Size Max Speed SATA 3Gb/s FREE SATA 3Gb/s FREE Status Create the VD?[Y] 図7 SATA ハードドライブの設定 - 80 - 完了すると、 RAID タブが新しいアレイに表示されます(図 8)。 Marvell BIOS Setup (c) 2009 Marvell Technology Group Ltd. [ Adapter ] [ Devices ] [ RAID ] [Virtual Disks] ID Name Size Level Status 0 GBT 152. 4GB RAID0 [Physical Disks] Port Disk Name Size S0 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 S1 SATA:WDC WD800JD-22LSA0 Stripe ONLINE Max Speed 76. 3GB 76. 3GB CacheMode 64KB WriteBack Status SATA 3Gb/s ASSIGNED SATA 3Gb/s ASSIGNED ENTER/SPACE:Select, ESC:Back/Exit 図8 RAID BIOS ユーティ リティを終了するには、 メイン画面の <Esc> を押し、 を押して確認します。 <Y> 次に、 オペレーティングシステムのインストールに進みます。 RAID アレイの削除 : 既存のアレイを削除するには、 RAIDタブの<Enter>を押してDelete VDを選択します。 Delete VD メ ニューが表示されたら、 アレイの <Enter> を押して選択し、 NEXT で <Enter> を押します。 求められ たら、 を押して確認します(図 9)。VDのMBRを削除しますか?」 <Y> 「 というメッセージが表示された ら、 <Y>を押してMBRを消去するか、 他のキーをおして無視しまう。 Marvell BIOS Setup (c) 2009 Marvell Technology Group Ltd. [ Adapter ] Delete VD ID Name Size Level Status * 0 GBT 152. 4GB RAID0 NEXT Stripe ONLINE CacheMode 64KB WriteBack [ Devices ] [ RAID ] RAID Config Delete the VD?[Y] Marvell® ストレージユーティ リティを使うと、 アレイをセッ トアップしたり、 オペレーティングシステ ムで現在のアレイステータスを表示したりできます。 ユーティ リティをインストールするには、 マ ザーボードドライバディスクを挿入し、 Application Software\Install Application Softwareに移動して、 イ ンストールするMarvell Storage Utility を選択します。 : 注 インストール後、 オペレーティングシステム へのログインに使用したのと同じアカウント名とパスワードにユーティ リティにログインする必 要があります。 以前アカウントパスワードを設定しなかった場合、 Loginをクリック して Marvell スト レージユーティ リティに直接入ります。 ハードドライブを IDE または AHCI モードに設定している 場合、 Marvell ストレージユーティ リティにハードドライブは通常表示されません。 - 81 SATA ハードドライブの設定 オペレーティングシステムで Marvell® RAID ユーティリティを使用します : 図9 3-3 SATA RAID/AHCI ドライバーとオペレーティングシステムの インストール BIOS設定が正しければ、 オペレーティングシステムをいつでもインストールできます。 A. オペレーティングシステムをインストール Intel® Z97 の場合: Windows 7 にはすでに Intel® SATA RAID/AHCI ドライバが含まれているため、 Windows のインストール プロセスの間、 RAID/AHCI を個別にインストールする必要はありません。 オペレーティングシステ ムのインストール後、Xpress Install」 「 を使用してマザーボードドライバディスクから必要なドライ バをすべてインストールして、 システムパフォーマンスと互換性を確認するようにお勧めします。 Windows 8. 1/8 をインストールするには以下のステップを参照してく ださい。 ステップ 1 : ドライバディスクの BootDrv にある IRST フォルダをお使いの USBメモリ ドライブにコピーします。 ステップ 2 : Windows 8. 1/8 セッ トアップディスクからブートし、 標準のOSインストールステップを実施します。 画 面でドライバを読み込んでく ださいという画面が表示されたら、 Browseを選択します。 ステップ 3 : USBメモリ ドライブを挿入し、 ドライバの場所を閲覧します。 ドライバの場所は次の通りです。 Windows 32 ビッ : ト \iRST\32Bit Windows 64 ビッ : ト \iRST\64Bit ステップ 4 : 図 1 に示した画面が表示されたら、Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA RAID Controller を選択し、 をクリック Next してドライバをロードし OS のインストールを続行します。 図1 SATA ハードドライブの設定 - 82 - Marvell® 88SE9172 の場合: ステップ 1 : ドライバディスクの BootDrv にある Marvell フォルダをお使いの USBメモリ ドライブにコピーしま す。 ステップ 2 : Windows 8. 1/8/7 セッ トアップディスクからブートし、 標準のOSインストールステップを実施します。 画面でドライバを読み込んでく ださいという画面が表示されたら、 Browseを選択します。 ステップ 3 : USBメモリ ドライブを挿入し、 ドライバの場所を閲覧します。 ドライバの場所は次の通りです。 Windows 32 ビッ : ト \storport\i386 Windows 64 ビッ : ト \storport\amd64 ステップ 4 : 図 2 に示した画面が表示されたら、 Marvell 91xx SATA 6G RAID Controller を選択し、 をクリック Next してドライバをロードし OS のインストールを続行します。 図2 - 83 - SATA ハードドライブの設定 再構築は、 アレイの他のドライブからハードドライブにデータを復元するプロセスです。 再構築 は、 RAID 1、 RAID 5 、 RAID 10 アレイに対してのみ、 適用されます。 以下の手順では、 新しいドライブ を追加して故障したドライブを交換し RAID 1 アレイに再構築するものと します。注 新しいドラ ( : イブは古いドライブより大きな容量にする必要があります。 ) Intel® Z97 の場合: コンピュータの電源をオフにし、 故障したハードドライブを新しいものと交換します。 コンピュー タを再起動します。 • 自動再構築を有効にする ステップ 1 : 「Press <Ctrl-I> to enter Configuration Utility」 というメッセージが表示されたら、 <Ctrl> + <I> を押して RAID 構成ユーティ リティに入ります。 RAID 構成ユーティ リティに入ると、 次の画面が表示されます。 Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - 13. 0. 0. 2075 Copyright (C) Intel Corporation. [ MAIN MENU ] [ ] 1. Create RAID Volume DEGRADED VOLUME DETECTED3. Reset Disks to Non-RAID 2. volume and disk available for rebuilding detected. Selecting 4. Exit "Degraded Delete RAID Volume a disk initiates a rebuild. Rebuild completes in the operating system. [ DISK/VOLUME INFORMATION ] Select the port of the destination disk for rebuilding (ESC to exit): RAID Volumes : ID Drive Model None defined. 1 Hitachi HDS721050CLA Serial # JP1532FR3ABMPK Size 465. 7GB B. [. . . ] 6. この機能をサポートする Intel® チップセットベースのマザーボード Intel® コアシリーズプロセッサ RAID モードに設定された Intel® SATA コントローラー Intel® Rapid Storage Technology ユーティリティがインストール済み (注 1) 従来の SATA ディスクおよび SSD (注 2) Windows 7 SP1/Windows 8/Windows 8. 1 (注 3) Smart Response Technology を設定する前にオペレーティングシステムをすでにインスト ールしている場合、 RAID モードを有効にすると、 SSD の元のデータがすべて失われま す (注 4)。 Smart Response Technology を有効にする前に、 ハードディスクのバックアップを 取るようにお勧めします。 B. EZ Smart Response の使用 EZ Smart Responseを選択し、 Createをクリックします。 この機能を無効にするには Delete をクリックします。 (注 1) (注 2) (注 3) (注 4) 開始する前に、 ® Rapid Storage Technology ユーティ Intel リティ (バージョン 11. 5 以上) がイ ンストールされていることを確認してください。 SSD は、 ハードディスクのキャッシュとして動作します。 最大のキャッシュメモリサイズ は 64 GB です。 GB より大きな容量の SSD を使用する場合、 GB を超えるスペース 64 64 はデータの保存用に使用することができます。 オペレーティングシステムはSATAディスクにインストールする必要があります。 BIOS設定にかかわらずIDEまたはAHCIモードになります。 システムは強制的にRAIDモー ドになります。 - 99 独自機能 EZ Rapid Start A. 4. BIOS 設定における Intel Rapid Start Technology の有効化 システムメモリの合計よりサイズが大きい SSD Windows 7 SP1/Windows 8/Windows 8. 1 AHCI/RAID モードに対応 (RAIDアレイのメンバーとして SSD が割り当てられている場合はIntel® Rapid Start 格納パーティションのセッ アップに使用することができませんのでご注意くださ ト い。 IDE モードは非対応(注) ) B. EZ Rapid Start の使用 EZ Rapid Startを選択し、 Createをクリックします。 続いて Intel® Rapid Start Technology ユーティリ ティをインストールし、 コンピュータを再起動して完了します。 この機能を無効にするには Delete をクリックします。 • 既定の圧縮スペースは、 システムのメモリサイズ + 2 GBです。 例えば、 システムのメモ リサイズが8 GBの場合、 既定の圧縮スペースは8 GB + 2 GBです。 よってSSDの容量は 10 GB減少します。 Rapid Startを無効にした場合、 EZ 減少した10 GBはSSDに戻ります。 • システムメモリをアップグレードする場合、 まずEZ Rapid Startを無効にしてから、 正 常動作を保証するため再インストールします。 (注) マザーボードのチップセッ トが RAID をサポートしている場合、 Rapid Start は Intel® EZ SATA コントローラーを強制的に RAID モードにします。 サポートしていない場合、 ® Intel SATA コントローラーは強制的に AHCI モードになります。 - 100 - 独自機能 EZ Smart Connect A. [. . . ]

ACER VERITON X2631ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればACER VERITON X2631のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag