ユーザーズガイド ASUS ET2700IUTS

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くASUS ET2700IUTSのユーザマニュアルを入手できます。 ASUS ET2700IUTSのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ASUS ET2700IUTSのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ASUS ET2700IUTS : ユーザーガイドを完全にダウンロード (3932 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ASUS ET2700IUTS (3826 ko)
   ASUS ET2700IUTS (4415 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ASUS ET2700IUTS

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 日 本 語 ユーザーマニュアル ET2700 Series 日 本 語 J6789 初版 2011年11月 Copyright © 2011 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved. バックアップの目的で利用する場合を除き、 本書に記載されているハードウェア ・ ソフトウェアを含む、 全ての内容 は、 ASUSTeK Computer Inc. [. . . ] Operation is subject to the following two conditions: • This device may not cause harmful interference, and • This device must accept any interference received including interference that may cause undesired operation. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with manufacturer’s instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures: • Reorient or relocate the receiving antenna. • Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected. • Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help. CAUTION: Any changes or modifications not expressly approved by the guarantee of this device could void the user’s authority to operate the equipment. 日 本 語 RF exposure warning This equipment must be installed and operated in accordance with provided instructions and the antenna(s) used for this transmitter must be installed to provide a separation distance of at least 20 cm from all persons and must not be co-located or operating in conjunction with any other antenna or transmitter. End-users and installers must be provided with antenna installation instructions and transmitter operating conditions for satisfying RF exposure compliance. All-in-one PC ET2700 Series  日 本 語 Canadian Department of Communications Statement This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions from digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department of Communications. This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003. IC Radiation Exposure Statement for Canada This equipment complies with IC radiation exposure limits set forth for an uncontrolled environment. To maintain compliance with IC RF exposure compliance requirements, please avoid direct contact to the transmitting antenna during transmitting. [. . . ] Input Select」 をご参照く ださい。 26 All-in-one PC ET2700 Series オールインワンPCの位置を決める デスク上に置く 本機をデスク等の安定した平らな場所に設置し、 スタンドをセッ トします。 ディスプレイパネ ルの角度を前方5° ~後方20° の間で調節します。 ディスプレイパネルの角度調節は、 上記の調節角度の範囲内で行ってください。 範囲外で行う と、 ディスプレイパネルが倒れ、 本体の故障の原因となります。 20O -5O 日 本 語 All-in-one PC ET2700 Series 27 壁に掛ける 日 本 語 本機を壁に掛けるには、 壁掛けパッ ドアダプター、 壁掛けキッ ト (VESA200: パッ ドとブラケッ ト) の購入が必要となります。 次の手順で、 壁掛けキッ トを据え付けます。 1. 図のように本機からスタンドを外すため、 ディスプレイを下に向け、 ディスプレイを 水平な場所に置きます。 スタンドを上方向 に持ち上げます (1) 。 マイナスドライバー で下側のバックカバーを上方向に持ち上 げます (2) 。 1 2 2. 上側のバックカバーを取り外します。 3. スタンドのネジ4つを取り外し、 スタンドを 外します。 28 All-in-one PC ET2700 Series 4. 本機バックパネルのネジ穴と壁掛けアダ プターのネジ穴の位置を合わせ、 先ほど取 り外した4本のネジで固定します。 日 本 語 5. 向きを間違わないよう、 壁掛けパッドを 8つのネジ (M3 x 8L) でパッドアダプター に固定します。 All-in-one PC ET2700 Series 29 日 本 語 6. 壁掛けキッ ト (VESA200) に付属の説明書 等の指示に従い、 4本のネジ (M4 x 10L) を 使用して壁掛けブラケッ トを壁面に固定し ます。 壁掛けパッドをブラケッ トに挿入し スライドさせ、 本機を壁面に設置します。 図に記載の壁掛けキッ トは参考用です。 1. 通気のため、 設置の際は本機を壁から最低6cm 離してください。 2. 壁掛けキッ トはVESA規格準拠のものをご使用ください。 3. 安全に設置していただくため、 本機を壁面に設置する際は、 壁掛けキッ トに付属の取り付 け説明書をよくお読みください。 4. 本機を壁面に設置する際、 または壁面から外す際は、 本機の落下や故障を防ぐため、 2人 以上で作業を行ってください。 設置専門業者に設置を依頼されることをお勧めします。 5. 本機を設置する壁面は、 本機と壁掛け用コンポーネントの総重量の4倍の重量 (40kg) に 耐えうるものである必要があります。 設置場所は、 地震により揺れやその他の考えうる衝撃 を考慮した上で決定してください。 セメント壁や石造の壁面への設置をお勧めします。 30 All-in-one PC ET2700 Series オールインワンPCをセッ トアップする キーボード (1) とマウス (2) をバックパネルのUSBポートに接続します。 ケーブルの長さが 十分でない場合、 キーボードとマウスを左サイドのUSBポートに接続することもできます。 有線キーボードとマウスを接続する 日 本 語 1 2 ワイヤレスキーボードとマウスを接続する 1. 無線キーボードとマウスに電池をセ ッ トします。 2. キーボードとマウス用ワイヤレスド ングルをUSBポートに接続します。 3. 以上の設定でワイヤレスキーボード とマウスの設定は完了です。 1. ワイヤレスキーボードとマウスの接続が切断された場合は、 ワイヤレスドングルの抜き差 しを行い、 再接続をしてください。 無線通信の衝突を避けるため、 他のWi-Fi デバイスを使 用する場合は、 20 cm 以上間隔を開けてください。 2. 本マニュアルに記載の図は全て参考用です。 キーボードとマウスの実際の外観および仕様 (ワイヤレス/無線) は、 地域により異なることがあります。 All-in-one PC ET2700 Series 31 本機の電源を入れる 日 本 語 付属のACアダプターをバックパネルのDC入力ジャック (コンセント電圧 : 100Vac-240Vac) に 4 接続し (1 2 3) 、 本機右側面の電源スイッチを押し ( ) 、 電源を入れます。 2 3 1 4 DCプラグを本機に接続する前に、 AC電 源コードをコンセントに接続しないで下 さい。 AC/DCアダプターの故障の原因と なります。 電源を切る • Windows 環境では、 本機右サイドの電源スイッチ を押すと、 システムはスリープ状態へ と移行します。 スリープモードから復旧する場合は、 電源ボタンを再び押す、 またはマウス をクリックする、 ディスプレイに触れる、 キーボードの任意のキーボードを押すなど、 これ らのいずれかの操作を行います。 • システムのシャッ トダウンは、 通常のWindows OSのシャッ トダウン手順で行います。 32 All-in-one PC ET2700 Series デバイス共有機能 本機は標準デスク トップLCDモニターとして使用し、 接続デバイスとの間で各種機能を共 有することができます。 この機能を有効にすると、 本機のディスプレイパネル、 バックパネル USBポート、 WebカメラをMicrosoft Windows®7ベースのコンピューターでも利用することが できます。 日 本 語 使用するケーブル HDMI with Device Share USBケーブル HDMI ケーブル VGAケーブル オーディオケーブル 1. OSDメニューのSystem Setupメニューでデバイ ス共有機能を有効にします。 詳細はページ24の 「オンスクリーンディスプレイ (OSD) メニュー」 を ご参照ください。 2. USBケーブル (オス-オス) をご使用ください。 USBケーブルの一端をコンピューターに接続し、 もう一方を本機側面のE-SATA + USB 2. 0 コンボ ポートに接続します。 V V V V VGA with Device Share V 3. お使いのコンピューターがHDMI をサポートす る場合は、 HDMI ケーブル (オス-オス) をご使用 ください。 HDMI ケーブルの一端をコンピュー ターに接続し、 もう一方を本機バックパネルの HDMI 入力ポートに接続します。 E-SATA All-in-one PC ET2700 Series 33 日 本 語 4. お使いのコンピューターがHDMI をサポートしない場合は、 VGAケーブル (オス-オス) と ステレオオーディオケーブル (オス-オス) をご使用ください。 VGAケーブルとオーディオ ケーブルの一端をコンピューターに接続し、 VGAケーブルのもう一方を本機バックパネ ルのディスプレイ入力ポートに、 オーディオケーブルのもう一方を本機側面のマイクジャ ックにそれぞれ接続します。 5. Input Select OSDメニューはHDMI ケーブル、 またはVGAケーブルをバックパネルの HDMI 入力ポートまたはディスプレイ入力ポートに接続すると表示されます。 音量調節 ボタンでHDMI with Device Share またはVGA with Device Share を選択し、 MENUボ タンを押して有効にします。 • デバイス共有機能はMicroft Windows®ベースのコンピューターでのみ利用可能です。 • デフォルト設定では、 本機はPCモード (本機はディスプレイ入力ソース) に設定されていま す。 デバイス共有機能を有効にすると、 タッチスクリーン、 Webカメラ、 バックパネルUSBポ ートは本機に制御されます。 • デバイス共有機能を有効にし、 ディスプレイ入力ソースをHDMI またはVGA (本機をデスク トップLCDモニターとして使用) に切り替えると、 タッチスクリーン、 Webカメラ、 バックパネ ルUSBポートは外付けのコンピューターに制御されます。 • この機能を使用する際、 バックパネルUSBポートにはUSBマウス、 USBキーボード、 或いは 無線キーボード ・ マウス専用USBドングルのみを接続してください。 モードの切り替えに伴 いデータ転送の中断が発生しますので、 外付けUSBストレージデバイス等の接続は推奨 いたしません。 • この機能は本機の電源がOFFの状態でも有効にすることができます。 この機能を使用中に 本機の電源をONにすると、 Input Select OSDメニューが表示され、 ディスプレイ信号を選 択することができます。 34 All-in-one PC ET2700 Series E-SATA 無線接続を構築する 1. タスクトレイにある無線ネットワークアイコン 2. リストから接続する無線アクセスポイ ントを選択し、「接続」をクリック し、接続します。 アクセスポイントが表示されない場合 は、画面右上のアイコン をクリック し、再検索してください。 ネッ トワークキー設定がされたネッ トワー クでは、 接続の過程でネッ トワークキーの 入力が必要な場合があります。 をクリックします。 日 本 語 3. ネットワークに接続すると、「接続」と表示されます。 4. タスクトレイに無線ネットワークアイコン が表示されます。 All-in-one PC ET2700 Series 35 有線接続を構築する 日 本 語 静的IP (スタティ ックIP) を使用する 1. タスクトレイのネッ トワークアイコンをク リックし、 「ネットワークと共有センター を開く」 を選択します。 本機にLANケー ブルが接続されているこ とをご確認ください。 2. 左メニューの「アダプターの設定の 変更」をクリックします。 3. IPを固定したいネットワークをダブル クリックし、「プロパティ」をクリック します。 ローカルエリア接続のアイコンを右ク リ ック し 「プロパティ」 をクリックすることでも同じ 操作が行えます。 36 All-in-one PC ET2700 Series 4. 「インターネットプロトコルバージ ョン4(TCP/IPv4)」をクリックし、 「プロパティ」をクリックします。 日 本 語 5. 「次のIPアドレスを使う」 を選択します。 6. 「IPアドレス」 、 「サブネッ トマスク」 、 「デフォルトゲートウ ェイ」 を入力します。 7. 「優先DNSサーバー」 を入力します。 8. 全て入力したら 「OK」 をクリックし、 設定 は完了です。 All-in-one PC ET2700 Series 37 動的IP (ダイナミックIP) を使用する 日 本 語 1. 動的IPを使用する場合も、 「静的IPを使用 する」 の手順1~3まで同様の設定を行い ます。 2 「IPア ドレスを自動的に取得する」 をク リ ッ ク し、 「OK」 をクリックします。 パソコン上にIDやパスワードの設定が必要なプロバイダ様の場合(PPPoE接続) 1. 「 静的IPを使用する 」の手順1と同様 の手順で「 ネットワークと共有セン ター 」を開き、「 新しい接続または ネットワークのセットアップ」をクリック します。 2. 「インターネッ トに接続します」 を選択し、 「次へ」 クリックします。 38 All-in-one PC ET2700 Series 3. 「ブロードバンド (PPPoP) 」 を選択し、 「次へ」 をクリックします。 日 本 語 4. ユーザー名、 パスワード、 接続名を入力し ます。 「接続」 をクリックします。 5. 接続が成功したら、 「 閉じる」 をクリック し、 設定は完了です。 All-in-one PC ET2700 Series 39 日 本 語 6. タスクトレイのネッ トワークアイコンをク リックし、 構築したネッ トワークをクリック します。 7. ユーザー名とパスワードを入力します。 「接続」 をクリックしインターネットに 接続します。 ネットワークの接続方法についてはご契約のプロバイダによって異なる場合がございます。 その場合はネッ トワーク管理者やプロバイダにお問い合わせください。 40 All-in-one PC ET2700 Series 外付けオーディオデバイスの接続 本機にはステレオスピーカー (2チャンネル 〔左右〕 ) が内蔵されていますが、 これに加えて外 付けデバイスを接続することもできます。 左パネルの各オーディオジャックとその機能につい ては、 下記の表をご参照ください。 オーディオジャック 摘要 オーディオ出力 : ヘッドホンを接続 マイクイ入力 : マイクを接続 ASUS All-in-one PC専用サブウーファを接続 サブウーファジャックはASUS All-in-one PC、 またはASUS指定のサウンドデバイス専用です。 他のデバイスをこのジャックに接続しないでください。 本機の故障の原因となります。 日 本 語 オーディオ出力設定を行う スピーカーシステムを本機に接続した後、 下の手順に従ってスピーカーの設定を行います 1. タスク トレイのスピーカーアイコンを右 クリックし、 「再生デバイス」 をクリックし ます。 All-in-one PC ET2700 Series 41 日 本 語 2. 再生デバイスを選択し、 「プロパティ」 をク 3. 各種レベル調節や出力レート等の調整 リックします。 をお好みに合わせ設定 ・ 調節します。 終了 したら 「OK」 をクリックします。 42 All-in-one PC ET2700 Series システムをリカバリーする リカバリーパーティシ ョンを使用する リカバリーパーティションには、 工場出荷時にシステムにインストールされたOSイメージ及 び各ドライバ、 各ユーティリティ等が保存されています。 リカバリーパーティションは優れた リカバリーソリューションで、 ハードディスクドライブが正常に動作していれば、 システムの ソフトウェアを本来の動作状態に復元します。 リカバリーパーティションを使用する前には必 ずデータファイル (Outlook PST ファイルなど) をUSBフラッシュメモリーやネッ トワーク ドライブなどにコピーし、 また各ユーザー設定 (ネッ トワーク設定等) もバックアップしてくだ さい。 日 本 語 OSを工場出荷時の状態にリカバリーする (F9 リカバリー) 1. 起動ロゴが表示されたら、 キーボードの<F9> を押します。 2. Windows Boot Managerが表示された場合は、 「Windows setup [EMS Enabled]」 の 項目が選択されていることを確認し、 キーボードの<Enter>キーを押します。 3. リカバリー画面の言語を 「日本語」 に選択し、 「Next」 をクリックします。 4. 「デフォルトパーティシ ョンにOSを復旧する」 を選択し、 「進む」 をクリックします。 5. リカバリーを実行するシステムパーティションが自動で選択されます。 「進む」 をクリック します。 6. リカバリーの最終確認画面が表示されます。 リカバリーを開始する場合は 「復旧」 をク リ ック します。 リカバリーが実行されるシステムパーティション内 (Cドライブ) のデータはすべて削除されま す。 重要なデータは事前にバックアップを実施してください。 また、 このリカバリーではパーテ ィションテーブルは工場出荷時の状態に復旧されません。 7. リカバリー作業が完了したら、 「再起動」 をクリックし、 システムを再起動します。 リカバリーパーティシ ョンのバックアップを作成する 1. 前のセクション1~4の手順を行います。 2. 「出荷状態をUSBドライブにバックアップする」 を選択し、 「進む」 をクリックします。 3. USBストレージデバイスをコンピューターに接続し、 バックアップ作業を実行します。 接続するUSBストレージデバイスは、 容量が最低20GB以上あるものをご使用ください。 バック アップデータのサイズはお使いのPCのモデルにより異なる場合があります。 4. USBストレージデバイスが2台以上接続されている場合は、 バックアップに使用する USBストレージデバイスを選択し、 「進む」 をクリックします。 選択したUSBストレージデバイスに適当なサイズのパーティションが存在する場合 (例 : 以前 パーティションのバックアップに使用したパーティション等) 、 自動的にそのパーティションが 表示され、 バックアップに使用されます。 使用するパーティションは選択する事はできません。 All-in-one PC ET2700 Series 43 5. 「バックアップ」 をクリックし、 リカバリーパーティションのバックアップを実行します。 日 本 語 使用されるUSBストレージデバイス、 または選択されたパーティション内のデータはすべて 消去されます。 重要なデータは事前にバックアップを実施してください。 また、 このリカバリー ではパーティションテーブルは工場出荷時の状態に復旧されません。 6. バックアップ作業が完了したら、 「再起動」 をクリックし、 システムを再起動します。 USBストレージデバイスを使用する (USBによる復元) ご利用のシステムに不具合が発生した場合、 またはリカバリーパーティションに不具合が生 じた場合でも、 以下の手順でUSBに作成したリカバリーパーティションのバックアップデータ からシステムを工場出荷時の状態に復元することができます。 1. リカバリーパーティションをバックアップしたUSBストレージデバイスをコンピューター に接続します。 2. 起動ロゴが表示されたら、 <ESC>キーを押します。 続いて、 起動デバイスの選択画面が 表示されます。 一覧の中から接続したUSBストレージデバイスを選択し<Enter>キーを 押します。 3. リカバリー画面の言語を 「日本語」 に選択し、 「Next」 をクリックします。 4. 「復元」 が選択されているので、 そのまま 「進む」 をクリックします。 5. 以下の2つからリカバリー方法を選択し、 「進む」 をクリックします。 • OSをデフォルトパーティシ ョンのみに復元する 「OSを工場出荷時の状態にリカバリーする」 と同様に既存のシステムパーティションの みをリカバリーします。 リカバリーが実行されるシステムパーティション内 (Cドライブ) の データはすべて削除されます。 リカバリーを実行するパーティションは選択する事がで きません。 また、 このリカバリーではパーティションテーブルは工場出荷時の状態に復元 されません。 • ハードディスクすべてを復元する バックアップしたリカバリーパーティションデータから、 ハードディスク全体を工場出荷 時の状態に復元します。 ハードディスク内のすべてのデータが削除されます。 パーティシ ョンテーブルも工場出荷時の状態に復元します。 6. リカバリーの最終確認画面が表示されます。 リカバリーを開始する場合は 「復元」 をクリ ックします。 7. 復元作業が完了したら、 「再起動」 をクリックし、 システムを再起動します。 デフォルトのパーティションテーブルが破損している場合やパーティションが存在しない場合 は 「OSをデフォルトパーティションのみに復元する」 を実行することができません。 44 All-in-one PC ET2700 Series ハードディスクなどのハードウェアに起因する不具合が発生している場合は、 システムを正常 に復元することができません。 ハードウェアに起因する不具合については弊社コールセンタ ーへご確認ください。 弊社ではデータの復旧やバックアップのサービスを提供しておりません。 重要なデータは必ず 事前にバックアップを実施してください。 日 本 語 All-in-one PC ET2700 Series 45 日 本 語 Manufacturer Address, City Country ASUSTek COMPUTER INC. 150, LI-TE RD. , PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN R. O. C TAIWAN Authorized Representative in ASUS COMPUTER GmbH Europe Address, City Country 46 All-in-one PC ET2700 Series HARKORT STR. [. . . ]

ASUS ET2700IUTSダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればASUS ET2700IUTSのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag