ユーザーズガイド ASUS M5A97

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くASUS M5A97のユーザマニュアルを入手できます。 ASUS M5A97のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ASUS M5A97のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ASUS M5A97 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (4373 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ASUS M5A97 (4007 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ASUS M5A97

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 7 Italiano ブ ロ ッ ク図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 第 2 章 ハー ド ウ ェ ア のイ ン ス ト ール手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 ステ ッ プ 1 : シ ス テムジャ ンパーを設定(SW1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 ステ ッ プ 2 : 中央処理ユニ ッ ト (CPU)のインス ト ー ル. . . . . . . . . . . . [. . . ] RAM_LED が点灯 し てい る時に DIMM を イ ン ス ト ール ・ 取 外 し し な い で く だ さい 。 2. DIMM モジ ュールは ノ ッ チ に よ り 一方向に しか差せないよ う にな っ て る点にご注意 く だ さ い 。 方向を間違え る と イ ン ス ト ールに失敗 し ま す 。差す方向を合わせて く だ さ い 。 Italiano マザーボー ド には 4 個のデ ュ アル イ ン ラ イ ン メ モ リ モ ジ ュ ール(DIMM) ソケ ッ ト が装備 されています 。 BIOS がメ モ リ 形式および容量を自動的に検出 し ます 。 メ モ リ モ ジ ュ ール を イ ン ス ト ー ルするには 、 DIMM ソ ケ ッ ト に真 っ直 ぐ押 し込み ます 。 DIMM モ ジ ュ ールは ノ ッ チ に よ り 一方向に しか差せない よ う に な っ て い ます 。 メ モ リ 容量は ソケ ッ ト ご と に異な っ ていて も構いません 。 ノ ッチ Deutsch 1. DIMM モジ ュールは DIMM ソケ ッ ト の ノ ッ チ に よ り 一 方向 に し か差せ な い よ う に な っ ています 。 2. DIMM メ モ リは 、 DIMM ソケ ッ ト に 真っ 直 ぐ 差 し ま す 。 そ し て 下方 に押し ま す。 3. Español DIMM ソケ ッ ト の両側にあ る プ ラ スチ ッ ク の ク リ ッ プ を閉 じ て 、 DIMM モ ジ ュール を固定 します 。 DIMM モジ ュール を取 り外すにはイ ン ス ト ール と逆の手順で行います 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 12 - デ ュ アルチ ャ ン ネル ネ ル DDR : GA-7VT880 Pro / M5A97 / GA-7VT880 はデュアルチ ャ ン ネルテ ク ノ ロ ジ をサポー ト し ま す 。 デ ュ アルチ ャ ン ネルテ ク ノ ロ ジーが有効の場合は 、 メ モ リ バ ス の帯域幅は本来の 2 倍の最高 6. 4GB/s (DDR400) と し て動作 し ます 。 GA-7VT880 Pro / M5A97 / GA-7VT880 は 4 個 DIMM スロ ッ ト を含んで 、毎 チ ャ ン ネルには 以下の 2 個 DIMM を有 し ます : チ ャ ンネル A : DDR 1, 2 チ ャ ンネル B : DDR 3, 4 説明は下記の とお り です : デュアルチ ャ ンネルテ ク ノ ロ ジーで操作 したい場合は 、以下の説明は VIA チ ッ プ セ ッ ト 仕様の制限対象になる こ と にご注意 く だ さ い 。 注 1. DDR メ モ リ モ ジ ュール 1 つのみがイ ン ス ト ール されています : デ ュ アルチ ャ ンネルテ ク ノ ロ ジーは 、 1 つの DDR メ モ リ モ ジ ュール しか イ ン ス ト ール され ていない場合はご使用になれません 。 2. 2 個の DDR メ モ リ モ ジ ュールがイ ン ス ト ール された場合 : デ ュ ア ルチ ャ ンネ ルテ ク ノ ロ ジーは 2 つの メ モ リ モ ジ ュールがチ ャ ン ネル A と B に個別に挿入 さ れ た場合に作動 し 、 ま た同一のメ モ リ ク ロ ッ ク と メ モ リ サ イズ を 使用する 必要があ り ます 。 2 つの メ モ リ を 同 じ チ ャ ン ネルに イ ン ス ト ール し てあ る場 合 、デ ュ アルチ ャ ン ネルテ ク ノ ロ ジーは作動 し ません 。 下表にはイ ン ス ト ール された メ モ リ の組合せ形式が皆含まれています : (表にない組み合わせ方は起動 し ないので注意 し て く だ さ い 。 ) z 図 1 : デ ュ アルチ ャ ン ネルテ ク ノ ロ ジ ー (DS : 両面実装 、 SS : 片 面実装) 2 個の メ モ リ モ ジ ュール 4 個の メ モ リ モ ジ ュール DDR 1 DS/SS X DS/SS DDR 2 X DS/SS DS/SS DDR 3 DS/SS X DS/SS DDR 4 X DS/SS DS/SS 日本語 Italiano ス テ ッ プ 4 : 拡張 カ ー ドの イ ン ス ト ー ル 1. 拡張カー ドの イ ン ス ト ールに先立ち 、 関連 し た指示説明をお読み く だ さ い 。 コ ン ピ ュー タか ら ケース カバー 、 固定用ネジ 、 ス ロ ッ ト ブ ラ ケ ッ ト を外 し ます 。 マザーボー ドの拡張スロ ッ ト に拡張カー ド を確実に差 します 。 カ ー ドの金属接点面がスロ ッ ト に 確実に収ま っ た こ と を確認 し て く だ さい 。 スロ ッ ト ブ ラ ケ ッ ト の ネジ を戻 し て 、拡張 カー ド を固定 し ます 。 コ ン ピ ュー タのシ ャーシ カバーを戻 します 。 コ ン ピ ュー タの電源をオ ンに し ま す 。必要であれば BIOS セ ッ ト ア ッ プか ら拡張 カー ド 対象の BIOS 設定を行います 。 オペレーテ ィ ン グ シ ステムか ら関連の ド ラ イバ を イ ン ス ト ール し ま す 。 Deutsch Español AGP カー ドの装着/取 り外 し時には 、 AGP スロ ッ ト 端の小 さい白色の取 り外 しバーを注意 深 く引いて く だ さ い 。 AGP カー ド をオ ンボー ド AGP スロ ッ ト に そ ろ え 、 ス ロ ッ ト に確実 に押 し込んで く だ さ い 。 ご使用になる AGP カー ドが小 さ な白いバーによ っ て ロ ッ ク さ れ た こ と を確認 し て く だ さ い 。 - 13 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 Italiano ス テ ッ プ 5 : リ ボ ン ケーブル 、 リ ー ド 線および電源 装置の接続 ステ ッ プ 5-1 : I/O 後部パネルの紹介 PS/2 キーボー ド お よび PS/2 マウス コ ネ ク タ PS/2 マウス コ ネ ク タ (6 ピン メ ス ) PS/2 キーボー ド コ ネ ク タ (6 ピ ン メ ス ) ¾ 当 コネ ク タ は標準の PS/2 キーボー ド お よ び PS/2 マウス をサポー ト し ています 。 Deutsch パラ レルポー ト 、 シ リ アルポー ト (COMA/COMB) パラ レルポー ト (25 ピ ン メ ス ) ¾ 当コネ ク タは 2 個の標準の COM ポー ト お よ び 1 個のパラ レルポート を サ ポー ト し て い ま す 。 プ リ ン タ な ど のデバ イ ス はパ ラ レ ル ポ ー ト に 接 続 し 、 マ ウ スや モデムな ど はシ リ アルポー ト に接続 し ます 。 シ リ アルポー ト (9 ピ ンオス ) Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 14 - / USB/LAN MN コネ ク タ ¾ USB コネ ク タ に USB キーボード 、 マ ウ ス 、 ス キ ャ ナ ー 、 zip 、 ス ピ ー カ ー な ど を 接続 す る 前 に 、 ご 使用に な るデバ イ スが標準の USB イ ン タ フ ェ ー ス を 装備 し て い る こ と を ご 確認 く だ さ い 。 ま た ご使用の OS が USB コ ン ト ロ ー ラ をサポー ト し て い る こ と も ご 確 認 く だ さ い 。 ご 使用 の OS が USB コ ン ト ロ ー ラ を サポー ト し て い ない場合は 、 OS ベン ダー に利用可能 なパ ッ チ や ド ラ イ バ の 更新につ い て お問 い合わせく だ さ い 。詳細はご使用の OS やデバイス のベ ン ダ ー に お問 い合わせく だ さ い。 ¾ オ ン ボー ド オ ーデ ィ オ ド ラ イ バの イ ン ス ト ー ル 後 、 ス ピ ー カ ーは ラ イ ン 出力 ジ ャ ッ ク に 、 マ イ ク は マ イ ク 入力 ジ ャ ッ ク に接続で き ま す 。 CD-ROM やウ ォー ク マ ン な どは ラ イ ン 入 力 ジ ャ ッ ク に 接続 で き ま す。 下記にご注意 く だ さ い : S/W 切替によ り 、 2-/4-/6-/8- チャ ン ネ ルオーデ ィ オ 機能が使用可能で す。 8 チ ャ ンネル機能を利用する際は 24 ペー ジ を ご覧にな り 、 オ プ シ ョ ン 装備の SUR_CEN ケーブルを最寄 り の販売店よ り お求め く だ さ い 。 日本語 Italiano オーデ ィ オ コ ネ ク タ ラ イ ン入力 ラ イ ン出力 マ イ ク入力 Deutsch Español 2-/4-/6- チ ャ ン ネルオーデ ィ オの イ ン ス ト ール設定に関する詳細 は 、 57 ページ を ご参照 く だ さ い 。 M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 N GA-7VT88-L 向けのみ 。 - 15 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 Italiano 1) ATX_12V 2) ATX 3) CPU_FAN 4) SYS_FAN 5) PWR_FAN(M) 6) FDD 7) IDE1 / IDE2 8) SATA0 / SATA1 9) F_PANEL 10) BAT 11) PWR_LED 12) RAM_LED 日本語 ステ ッ プ 5-2 : コ ネ ク タ は じ めに 13) F_AUDIO 14) SUR_CEN 15) SPDIF_IO 16) CD_IN 17) AUX_IN 18) F_USB1 / F_USB2 19) F1_1394 / F2_1394 (M) 20) IR 21) GAME 22) INFO_LINK 23) CLR_CMOS 24) CI Español Deutsch M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 16 - 1) ATX_12V(+12V 電源 コネ ク タ ) 当コネ ク タ (ATX_12V)から CPU 動作電圧(Vcore)が供給 されます 。 この “ATX_12V コネ ク タ ” が接続 されていない と 、 シ ス テムは起動でき ません 。 日本語 ピン 番号 1 2 3 4 定義 GND GND +12V +12V Italiano 2) ATX (ATX 電源) ATX 電源ケーブルおよびその他関連デバイス を確実にマザーボー ド に接続 し てか ら こ そ 、 AC 電源 コー ド を電源装置に接続できます 。 ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 定義 3. 3V 3. 3V GND VCC GND VCC GND 電源装置 5V SB ( ス タ ン バ イ +5V) +12V 3. 3V -12V GND PS_ON ( ソ フ ト オ ン / オ フ) GND GND GND -5V VCC VCC Deutsch Español - 17 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 3) CPU_FAN (CPU フ ァ ン コ ネ ク タ ) CPU クー ラーの適切なイ ン ス ト ー ルは 、 CPU が異常動作を し た り過熱によ る損傷を受 けた り するの を防止するのに大切であ る点にご注意 く だ さ い 。 CPU フ ァ ン コ ネ ク タの 最大許容電流は 600 mA です 。 ピン 番号 1 2 3 定義 GND +12V Sense Italiano 4) SYS_FAN ( システム フ ァ ン コ ネ ク タ ) 当 コネ ク タ に よ り 、 シ ス テムケ ース上部の冷却 フ ァ ン で シ ス テ ム温度を下げ る こ と ができ ます 。 Deutsch ピン 番号 1 2 3 定義 GND +12V Sense Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 18 - 5) PWR_FAN(電源フ ァ ン コ ネ ク タ )(M) 当 コネ ク タ に よ り 、 シ ス テムケ ース上部の冷却 フ ァ ン で シ ス テ ム温度を下げ る こ と ができ ます 。 日本語 ピン 番号 1 2 3 定義 GND +12V Sense Italiano 6) FDD( フ ロ ッ ピ ー コ ネ ク タ ) フ ロ ッ ピ ー ド ラ イ ブの リ ボ ン ケーブルは FDD に接続 し て く だ さ い 。 サ ポー ト さ れ て いる フ ロ ッ ピ ーデ ィ ス クの タ イ プ は 360K, 1. 2M, 720K, 1. 44M および 2. 88M バイ ト です 。 リ ボ ン ケーブルの赤い線の側を 1 番ピンに合わせます 。 Deutsch Español M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 - 19 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 7) IDE1/ IDE2 (IDE1/IDE2 コネ ク タ ) 重要なご注意 : まずハー ドデ ィ ス ク を IDE1 に 、 CD-ROM ド ラ イ ブ を IDE2 に接続 し て く だ さ い 。 リ ボ ン ケーブルの赤い線の側を 1 番ピンに合わせます 。 Italiano 8) SATA0 / SATA1 ( シ リ アル ATA コネ ク タ ) Deutsch この コ ネ ク タ に シ リ アル ATA デバイスが接続でき 、最大デー タ転送速度は 150MB/sec に達 し ます 。 RAID 機能を使いたい場合は 、 BIOS と一致 し 、正 し い ド ラ イバ を イ ン ス ト ールする必要があ り ます 。詳細は SATA RAID マニ ュアル をご参照く だ さ い 。 ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 定義 GND TXP TXN GND RXN RXP GND Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 20 - 9) F_PANEL (2 x 10 ピ ン コ ネ ク タ ) ご使用のケースの フ ロ ン ト パネルにある電源 LED, PC スピー カー 、 リ セ ッ ト ス イ ッ チ および電源ス イ ッ チ な ど を上記ピン配列に したが っ て 、 F_PANEL に接続 し ます 。 日本語 スピー カー コ ネ ク タ ソ フ ト 電源 コネ ク タ メ ッ セ ー ジ LED/ 電源 / ス リー プ LED リセ ッ トスイ ッチ IDE ハー ド デ ィ ス ク 動作表示 LED Italiano HD (IDE ハー ド デ ィ ス ク 動作表示 LED) (青) SPK ( スピー カー コ ネ ク タ ) ( アンバ ー) RES ( リ セ ッ ト ス イ ッ チ ) (緑) PW ( ソ フ ト ウ ェ ア 電源 コ ネ ク タ ) (赤) MSG ( メ ッ セージ LED/電源/ スリ ー プ LED) (黄色) NC(紫) ピ ン 1 : LED 正極(+) ピ ン 2 : LED 負極(-) ピ ン 1 : VCC (+) ピ ン 2- ピ ン 3 : NC ピ ン 4 : Data (-) オープ ン : 通常動作時 シ ョ ー ト : ハー ド ウ ェ アシス テムの リ セ ッ ト オープ ン : 通常動作時 シ ョ ー ト : 電源オ ン / オ フ ピ ン 1 : LED 正極(+) ピ ン 2 : LED 負極(-) NC Deutsch Español - 21 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 10) バ ッ テ リ ー Italiano 注意 ™ バ ッ テ リ ーの交換を間違える と爆発の危 険があ り ます 。 ™ メ ー カ ー推奨 と同一の タ イ プの物と 交換 して く だ さい 。 ™ 使用済みバ ッ テ リ ーは メ ー カーの指示に 従って廃棄 し て く だ さ い 。 CMOS 内容を消去するには… 1. コ ン ピ ュー タ をオ フ に し 、 電源 コ ー ドの プ ラ グ を外 し ます 。 2. 電源コー ドの プ ラ グ を差 し 、 コ ン ピ ュー タ を オ ンに し ます 。 11) PWR_LED Deutsch PWR_LED はシステム電源表示 ラ ン プに接続 し て シ ス テムのオン / オフ を表示 し ます 。 システムがサスペン ド モー ド に な る と点滅 し ます 。 2 色 LED をご使用の場合は 、電源 LED は別の色に点灯 し ます 。 ピン 番号 1 2 3 定義 MPD+ MPDMPD- Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 22 - 12) RAM_LED RAM_LED がオンの場合に 、 メ モ リ モ ジ ュール を取 り去 ら ないで く だ さ い 。 ス タ ン ド バイ電圧によ り シ ョ ー ト や予期せぬ破損を招 く 恐れがあ り ます 。 A C 電源 コー ドが接 続 されていない場合のみ 、 メ モ リ モジ ュールを取 り外 し て く だ さ い 。 日本語 Italiano 13) F_AUDIO( フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ コ ネ ク タ ) フ ロ ン ト オーデ ィ オ コ ネ ク タ を使用する場合は 、 5-6, 9-10 番ジ ャ ン パーを外す必要が あ り ます 。 フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ ヘ ッ ダ ー を 利用するには 、 お持 ちのシ ャ ー シ に フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ コ ネ ク タ が装備 され てい る 必要があ り ま す 。 ま た 、 ケ ー ブ ルのピ ン配列がマザ ーボー ド ヘ ッ ダ ーの ピ ン配列 と 同 じ であ る こ と を ご確認 く だ さ い 。 お買い求めのシ ャ ー シが フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ コ ネ ク タ を装備 し てい るか ど う か は 、 お買い上げ店に お確かめ く だ さ い 。 サ ウ ン ド 再 生には フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ コ ネ ク タ と リ ア オ ーデ ィ オ コネ ク タが同様に使用可能です。 Deutsch ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 定義 MIC GND MIC_BIAS 電源 フ ロ ン ト オーデ ィ オ (R) リ ア オーデ ィ オ (R) 予備 ピンな し フ ロ ン ト オ ーデ ィ オ (L) リ ア オーデ ィ オ (L) Español - 23 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 14) SUR_CEN (サラウ ン ド セ ン タ ー コ ネ ク タ ) オプシ ョ ン装備の SUR_CEN ケーブルは最寄の販売店にお問い合わせ下 さい 。 ピン 番号 1 2 3 4 5 6 定義 SUR OUTL SUR OUTR GND ピンな し CENTER_OUT BASS_OUT Italiano 15) SPDIF_IO(SPDIF 入/出力コネク タ ) SPDIF 出力はデジ タルオーデ ィ オ を外部スピー カーに 、 AC3 圧縮デー タ を外部 ドル ビ ーデジ タ ルデ コーダーに出力でき ま す 。 こ の機能はお持ちのステ レ オ装置がデジ タ ル入力機能を装備 し ている場合のみ使用可能です 。 SPDIF_IO コネ ク タの極性にご注意 く だ さ い 。 SPDIF_IO ケーブルの接続にはピン配列をご確認 く だ さ い 。 ケ ー ブル と コ ネ ク タ 間 での誤 っ た接続はデバ イ スの動作不能や故障の原因 と な り ま す 。 オ プ シ ョ ン 装備の SPDIF_IO ケーブルのお求めには トルの販売店にお問い合わせく だ さ い 。 Deutsch ピン 番号 1 2 3 4 5 6 定義 VCC ピンな し SPDIF_O SPDIFI GND GND Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 24 - 16) CD_IN (CD 入力 コネ ク タ ) CD-ROM または DVD-ROM のオーディ オ出力は この コネ ク タ に接続 し ます 。 日本語 ピン 番号 1 2 3 4 定義 CD-L GND GND CD-R Italiano 17) AUX_IN (AUX 入力 コネ ク タ ) 他のデバイス (例えば PCI TV チ ュ ーナーの音声出力) を コネ ク タ に接続 し て く だ さ い 。 Deutsch ピン 番号 1 2 3 4 定義 AUX-L GND GND AUX-R Español - 25 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 日本語 18) F_USB1 / F_USB2( フ ロ ン ト U SB コネ ク タ 、 黄色 ) フ ロ ン ト USB コネ ク タの極性にご注意 く だ さ い 。 フ ロ ン ト USB ケーブルの接続にはピ ン配列 を ご確認 く だ さ い 。 ケ ー ブル と コ ネ ク タ 間 での誤 っ た接続はデバ イ スの動作 不能や故障の原因 と な り ます 。 オ プ シ ョ ン 装備の フ ロ ン ト USB ケーブルのお求めに は地元の販売店にお問い合わせ く だ さい 。 ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 定義 電源 電源 USB DxUSB DyUSB Dx+ USB Dy+ GND GND ピンな し NC Italiano 19) F1_1394 / F2_1394 ( フ ロ ン ト I EEE1394 コネ ク タ )(M) 電気電子学会で制定 された シ リ アル イ ン タ フ ェ ー ス規格で 、 高 速転送 、広帯域 、 お よびホ ッ ト プ ラ グ を特徴 と し ています 。 IEEE1394 コネ ク タの極性にご注意 く だ さ い 。 IEEE1394 ケーブルの接続にはピン 配列をご確認 く だ さ い 。 ケ ーブルと コ ネ ク タ間 での 誤 っ た 接 続は デバ イ ス の 動作不能や故障の原因 と な り ま す 。 オ プ シ ョ ン 装 備 の IEEE1394 ケーブルのお求めには ト ルの販売店にお問い合わせ く だ さ い 。 Deutsch Español M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 定義 電源 電源 TPA0+ TPA0GND GND TPB0+ TPB0電源 電源 TPA1+ TPB1GND ピンな し TPB1+ TPB1ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 定義 TPA2+ TPA2GND GND TPB2+ TPB2ピンな し 電源 電源 GND - 26 - 20) IR 日本語 IR デバイスの 1 番ピ ン と コ ネ ク タ の 1 番ピン側が合っ ているかご確認 く だ さ い 。 オ ン ボー ドの IR 機能を使用するには、 オ プ シ ョ ン 装備の IR モジ ュールの購入が必要で す 。 IR コネ ク タの極性にご注意 く だ さい 。 オ プ シ ョ ン装備の IR ケーブルのお求めに は地元の販売店にお問い合わせ く だ さい 。 ピン 番号 1 2 3 4 5 定義 VCC(+5V) ピンな し IR デー タ入 力 GND IR デー タ出 力 Italiano 21) GAME (ゲーム コネ ク タ ) この コ ネ ク タはジ ョ イ ス テ ィ ッ ク 、 MIDI キーボー ドお よびその他関連オーデ ィ オデバ イ ス をサポー ト し て い ます 。 ゲ ームケーブル を接続の際は 、 ピ ン配列に ご注意 く だ さ い 。 オ プ シ ョ ン装備のゲームケーブルは最寄の販売店にお問い合わせ下 さい 。 Deutsch ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 定義 VCC GRX1_R GND GPSA2 VCC GPX2_R GPY2_R MSI_R GPSA1 GND GPY1_R VCC GPSB1 MSO_R GPSB2 ピンな し Español - 27 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 22) INFO_LINK 日本語 こ の コ ネ ク タ に よ り 、 外部デバイ ス を接続 し て拡張機能を付加で き ます 。 外部デバ イ スのケーブル を接続の際は 、 ピ ン配列にご注意 く だ さ い 。 オ プ シ ョ ン 装備の外部 デバイ スケーブルについては最寄の販売店にお問い合わせ く だ さ い 。 Italiano ピン 番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 定義 SMBCLK VCC SMBDATA GPIO GND GND ピンな し NC +12V +12V 23) CLR_CMOS この ジ ャ ンパーによ り 、 CMOS デー タ を ク リ ア し てデ フ ォル ト値に復元できます 。 デ フ ォル ト ではジ ャ ンパーの不適切な使用を防 ぐ “ シ ャ ン タ ー (shunter)”はあ り ません 。 CMOS のク リ アには一時的に 1-2 番ピン をシ ョ ー ト さ せ ます 。 Deutsch オープ ン : 通常 1-2 シ ョ ー ト : CMOS ク リ ア Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 28 - 24) CI (ケース開放) この 2 ピ ン コネ ク タ は BIOS の“Case Open”項目の有効または無効にでき 、 本体ケースが 開けられた こ との検出に使用 されます 。 日本語 ピン 番号 1 2 定義 信号 GND Italiano Deutsch Español - 29 - ハー ドウ ェ アの イ ン ス ト ール手順 Español Deutsch Italiano 日本語 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 30 - 第 3 章 BIOS のセ ッ ト ア ッ プ BIOS のセ ッ ト ア ッ プ では BIOS セ ッ ト ア ッ プ プ ログ ラムの概要を説明 し ます 。 プ ログ ラムに よ り 、 ユ ーザーは基本システム設定を変更でき ます 。 こ の タ イ プ のデー タはバ ッ テ リ ーバ ッ ク ( battery-backed)付き CMOS RAM に保存 されるので 、 電源をオ フに し て も セ ッ ト ア ッ プ デー タは保たれます 。 日本語 セ ッ ト ア ッ プの起動 コ ン ピ ュ ー タ を オ ン に し 、 す ぐ に <Del> を押す と 、 セ ッ ト ア ッ プ が起動 さ れ ま す 。 BIOS の詳細設定が必要な場合は 、 “Advanced BIOS” 設定メ ニ ュ ーに移 っ て く だ さ い 。 Advanced BIOS 設定 メ ニ ューは BIOS 画面で “Ctrl+F1”キー操作で表示 され ます 。 Italiano 制御用キー <↑> <↓> <←> <→> <Enter> <Esc> 前の項目に戻る 次の項目に進む 左側の項目に移る 右側の項目に移る 項目の選択 メ イ ン メ ニ ュ ー – CMOS Status Page Setup Menu と Option Page Setup Menu を変更せずに終了–現在のページ を終了 し 、 メ イ ン メ ニ ューに 戻る 数値を増加または変更 数値を減少または変更 一般のヘルプ 、 Status Page Setup Menu および Option Page Setup Menu の みを対象 項目のヘルプ 予備 予備 CMOS を前の CMOS 設定に戻す 、 Option Page Setup Menu のみを対象 BIOS デ フ ォル ト テー ブルか ら 安全なデ フ ォル ト CMOS 設定値を ロー ド 最適デ フ ォル ト 値 を ロー ド デ ュ アル BIOS/Q-Flash ユーテ ィ リ テ ィ シス テム情報 CMOS 変更を全て保存 、 メ イ ン メ ニ ュ ーのみを対象 <+/PgUp> <-/PgDn> <F1> <F2> <F3> <F4> <F5> <F6> <F7> <F8> <F9> <F10> Deutsch Español - 31 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ 日本語 Deutsch Italiano メ イ ン メ ニ ュー ハイ ラ イ ト 表示 された設定機能のオン ラ イ ン説明がス ク リ ーン下部に表示 され ます 。 status page setup メ ニ ュー / Option Page Setup メ ニ ュー F1 を押す とハ イ ラ イ ト 表示 さ れた項目に使用可能なキーおよび可能な選択内容 が小 さ な ウ ィ ン ド ウ に表示 さ れます 。 ヘル プ ウ ィ ン ド ウ を 閉 じ る には <Esc> を 押 し ます 。 メ イ ン メ ニ ュ ー (例 : B IOS Ver. : E9) Award BIOS CMOS セ ッ ト ア ッ プユーテ ィ リ テ ィ を 起動すると 、 画面に メ イ ン メ ニ ュー (下図に参照)が表示 されます 。 メ イ ン メ ニ ュ ーか ら設定機能 8 項目および 2 種類が選ばれます 。 矢印キーで項目を選び <Enter> を押 し て決定 、 ま たはサブ メ ニ ュ ーに進みます 。 注 必要な設定項目が見当た ら な い場合は 、 “Ctrl+F1” を押 し て詳細設定 を展 開して く だ さい 。 z Standard CMOS Features この設定ページには標準互換 BIOS 内の項目全部が含まれています。 z Advanced BIOS Features この設定ページには Award 専用拡張機能の項目全部が含まれています 。 z Integrated Peripherals この設定ページにはオンボー ド ペ リ フ ェ ラ ル項目が全て含まれています 。 z Power Management Setup Español この設定ページには節電機能関連項目が全て含まれています 。 z PnP/PCI Configurations この設定ページには PCI およびプ ラ グ ア ン ド プ レ イ ISA リ ソ ースの設定項目が全て含 まれています 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 32 - z PC Health Status こ の設定ページは 、 シ ス テムによ り 自動検出 された温度 、 電圧、 フ ァ ン 速度が表示 さ れ ます 。 日本語 z MB Intelligent Tweaker (M. I. T) この設定ページは CPU ク ロ ッ ク お よび ク ロ ッ ク レ シオ を調節する も のです 。 z Load Fail-Safe Defaults Fail-Safe Defaults はシステムが安定動作する設定値を表示 し ます 。 z Load Optimized Defaults Optimized Defaults はシステムが最良の性能で動作する設定値を表示 し ます 。 z Set Supervisor Password パ スワー ド の変更 、 設定 、 無効 化 を行い ま す 。 こ れ で シ ス テ ム お よ び セ ッ ト ア ッ プ 、 ま たはセ ッ ト ア ッ プのみへのア ク セ ス を制限 し ます 。 z Set User Password パスワー ドの変更 、 設定 、 無効化を行います 。 こ れ で シ ス テムへのア ク セ ス を制限 し ます 。 Italiano z Save & Exit Setup CMOS 設定値を CMOS に保存 し 、 セ ッ ト ア ッ プ を終了 し ます 。 z Exit Without Saving CMOS 設定値を全てキ ャ ン セル し 、 セ ッ ト ア ッ プ を終了 し ます 。 Deutsch Español - 33 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ Italiano Date & 日付のフ ォーマ ッ ト は <曜日> 、 < 月> 、 < 日> 、 < 年> です 。 日曜から土曜までの曜日は BIOS で設定 され 、表示用のみです Week 月は 1 月から 12 月までです 。 Month 日は 1 から 31( またはその月に存在する日数) までです Day 年は 1999 から 2098 までです Year 日本語 Deutsch Español Standard CMOS Features Time & 時刻のフ ォーマ ッ ト は <時> <分> <秒> です 。時刻は 24 時間制です 。 例えば午後 1 時は 13:00:00 と な り ます 。 IDE Primary Master, Slave / IDE Secondary Master, Slave & この項目は コ ン ピ ュー タ に イ ン ス ト ール された ド ラ イ ブ C か ら F までのハー ドデ ィ ス クの タ イ プ を検出 し ます 。 タ イ プ はオー ト と マ ニ ュ アルの 2 種類があ り ます 。 マ ニ ュ ア ル タ イ プはユーザー定義可能です。 オ ー ト タ イ プは HDD の タ イ プ を 自動検出 します 。 ご使用の ド ラ イ ブの仕様は ド ラ イ ブ テー ブル と一致 し てい る必要があ り ま す 。 こ の項目 で不正確なデー タ を入力する と 、 ハー ドデ ィ ス クは正常に動作 し ま せん 。 ユーザー タ イ プ を選択する と 、 以 下の項目の入力を求め られます 。 必要なデー タ をキー ボー ド入力 し 、 <Enter> を押 し ま す。 こ れ ら の情報はご使用のハー ド デ ィ ス ク ベ ン ダーま たはシステム メ ー カーか らの説明書に載せられています 。 シ リ ン ダ数 Cylinder ヘッ ド数 Head ラ イ ト ・ プ リ コ ン ペ ン セーシ ョ ン Precomp ラ ン デ ィ ン グ ゾーン Landing Zone セ ク タ数 Sector ハー ドデ ィ ス クが イ ン ス ト ール さ れていない場合はNONE を選び 、 < Enter> を押 し ます 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 34 - Drive A / Drive B & この項目は コ ン ピ ュー タ に イ ン ス ト ール された フ ロ ッ ピ ー ド ラ イ ブ A または ド ラ イ ブ B の タ イ プ を設定 し ます 。 フ ロ ッ ピ ー ド ラ イ ブは イ ン ス ト ー ル されていません None 360K, 5. 25” 5. 25 イ ンチ PC 内蔵標準 ド ラ イ ブ ; 容 量は 360K バイ ト 1. 2M, 5. 25” 5. 25 イ ンチ AT タ イ プ高密度 ド ラ イ ブ ; 容量は 1. 2M バイ ト (3 モー ドが有効の場合は 3. 5 イ ン チ ) 720K, 3. 5” 3. 5 イ ンチ両面 ド ラ イ ブ ; 容量は 720K バイ ト 1. 44M, 3. 5” 3. 5 イ ンチ両面 ド ラ イ ブ ; 容量は 1. 44M バイ ト 2. 88M, 3. 5” 3. 5 イ ンチ両面 ド ラ イ ブ ; 容量は 2. 88M バイ ト 。 日本語 Floppy 3 Mode Support (for Japan Area) & Disabled Drive A Drive B Both 通常のフ ロ ッ ピー ド ラ イ ブ 。 ( デ フ ォル ト値 ) ド ラ イ ブ A は 3 モー ド フ ロ ッ ピ ード ラ イ ブ です 。 ド ラ イ ブ B は 3 モー ド フ ロ ッ ピ ード ラ イ ブ です 。 ド ラ イ ブ A および B は 3 モー ド フ ロ ッ ピ ー ド ラ イ ブ です 。 Italiano Halt on & こ の項目で電源投入時にエ ラ ー 検出があ っ た場合に 、 コ ン ピ ュ ー タ を停止するか ど う か を決定 し ます 。 シ ス テ ム起動時に エ ラ ー検出があ っ て表示 さ れ て も 、 続 行 し ま No Errors す。 All Errors BIOS が重大ではない エ ラ ー を検 出 し て も 、 シ ス テムは停止 し ま す。 All, But Keyboard シ ス テム起動はキーボー ド エ ラ ー では続行 し ますが 、 それ以外の エ ラーでは停止 し ます 。 ( デ フ ォルト 値 ) All, But Diskette シ ス テム起動はデ ィ ス ク エ ラ ー で は続行 し ますが 、 それ以外のエ ラ ーでは停止 し ます 。 All, But Disk/Key シ ス テム起動はキーボー ド エ ラ ー またはデ ィ ス ク エ ラ ー では続行 し ま すが 、 それ以外のエ ラーでは停止 します 。 Deutsch Memory & この項目は表示のみで 、 BIOS の POST (電源起動時セル フ テス ト ) によ っ て判断 されま す。 Base Memory BIOS の POST はシステムに イ ン ス ト ール されているベース ( コ ンベン シ ョ ナル ) メ モ リ 容量 を検出 し ます 。 ベース メ モ リ容量は通常 512 K 搭載のマザーボー ド ではシステム用に 512 K で 、 640 K 以上搭載のマザーボー ド で はシステム用に 640 K と な り ます。 Extended Memory BIOS は POST 中に拡張 メ モ リ容量を検出 し ます 。 これは CPU メ モ リ ア ド レ ス マ ッ プ 上で 1M バイ ト以上に位置する容量です 。 Español - 35 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ Italiano First / Second / Third Boot Device & Floppy LS120 HDD-0~3 SCSI CDROM ZIP USB-FDD USB-ZIP USB-CDROM USB-HDD LAN Disabled 起動用デバイスの優先順位で フ ロ ッ ピ ー を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で LS120 を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で HDD-0~3 を指定 し ます 。 起動用デバイスの優先順位で SCSI を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で CDROM を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で ZIP を指定 し ます 。 起動用デバイスの優先順位で USB-FDD を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で USB-ZIP を指定 し ます 。 起動用デバイスの優先順位で USB-CDROM を指定 し ます 。 起動用デバイスの優先順位で USB-HDD を指定 します 。 起動用デバイスの優先順位で LAN を指定 し ます 。 起動用デバイスの優先順位で無効を指定 し ます 。 Deutsch 日本語 Advanced BIOS Features Password Check & System Setup プ ロ ン プ ト 時に正 しいパスワー ド が入力 されない場合は 、 シ ス テ ムは起動せず 、 セ ッ ト ア ッ プ画面も表示でき ません 。 プ ロ ン プ ト 時に正 しいパスワー ド が入力 されない場合は 、 シ ス テ ムは起動 しますが 、 セ ッ ト ア ッ プ 画面は表示できません 。 (デフ ォル ト値 ) Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 36 - Integrated Peripherals 日本語 Italiano Deutsch OnChip IDE Channel0 & Enabled Disabled Enabled OnChip IDE Channel1 & Disabled Enabled Disabled オ ン ボー ド の プ ラ イ マ リ チ ャ ン ネル IDE のポー ト を 有効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ドのプ ラ イ マ リ チ ャ ンネル IDE のポー ト を無効に します 。 オ ン ボー ド の セ カ ン ダ リ チ ャ ン ネル IDE のポー ト を 有効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ドのセ カ ンダ リ チ ャ ンネ ル IDE のポー ト を無効に し ます 。 OnChip Serial ATA & Español VT8237 のシ リ アル ATA サポー ト を 有効に し ます 。 ( デ フ ォル ト値 ) VT8237 のシ リ アル ATA サポー ト を 無効に し ます 。 M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 N GA-7VT88-L 向けのみ 。 - 37 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ 日本語 AC97 Audio & Auto Disabled オンボー ドの AC’97 オーデ ィオ機能を有効に します 。 ( デフ ォル ト値) この機能を無効に し ます 。 USB 1. 1 Controller & USB デバイス を使用 し ない場合 、 USB 1. 1 ホス ト コ ン ト ロ ー ラ を無効に し ます 。 Enabled USB 1. 1 コ ン ト ロ ー ラ を有効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) Disabled USB 1. 1 コ ン ト ロ ー ラ を無効に し ま す 。 USB 2. 0 Controller & 高速 USB デバイス を使用 し ない場合 、 USB 2. 0 ホス ト コ ン ト ロ ー ラ を 無効に します 。 Enabled USB 2. 0 コ ン ト ロ ー ラ を有効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) Disabled USB 2. 0 コ ン ト ロ ー ラ を無効に し ま す 。 USB Keyboard Support & Enabled Disabled USB キーボー ドサポー ト を有効にし ま す 。 USB キーボー ドサポー ト を無効にし ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) USB マウスサポー ト を有効に し ま す 。 USB マウスサポー ト を無効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド LAN 機能を有効に し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド LAN 機能を無効に し ま す 。 IEEE1394 機能を有効に し ます 。 ( デフ ォル ト値 ) IEEE1394 機能を無効に し ます 。 USB Mouse Support & Italiano Enabled Disabled Enabled Disabled Enabled Disabled Onboard H/W LAN(MN) & Onboard H/W 1394(M) & Onboard LAN Boot ROM(MN) & この機能で 、 オ ンボー ド LAN チ ッ プのブー ト ROM を起動するかどう か設定 し ます 。 この機能を有効に し ます 。 Enabled この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) Disabled Onboard Serial Port 1 & Auto BIOS は自動的に 1 番ポー ト ア ド レ ス を設定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 1 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 3F8 に設定 3F8/IRQ4 し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド シ リ アルポー ト 1 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 2F8 に設定 2F8/IRQ3 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 1 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 3E8 に設 3E8/IRQ4 定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 1 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 2E8 に設 2E8/IRQ3 定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 1 番を無効に します 。 Disabled Deutsch Onboard Serial Port 2 & Auto BIOS は自動的に 2 番ポー ト ア ド レ ス を設定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 2 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 3F8 に設定 3F8/IRQ4 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 2 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 2F8 に設定 2F8/IRQ3 し ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド シ リ アルポー ト 2 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 3E8 に設 3E8/IRQ4 定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 2 番 を 有効に し 、 ア ド レ ス を 2E8 に設 2E8/IRQ3 定 し ます 。 オンボー ド シ リ アルポー ト 2 番を無効に します 。 Disabled M GA-7VT880 Pro 向けのみ 。 N GA-7VT88-L 向けのみ 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド Español - 38 - UART Mode Select & この項目でオンボー ド I/O チ ッ プ の赤外線(IR)機能の設定を行います 。 オ ンボー ド I/O チ ッ プ を標準シ リ アルポー ト使用 と し て設定 し ま Normal す 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド I/O チ ッ プ UART を IrDA モー ド に設定 し ます 。 IrDA オンボー ド I/O チ ッ プ UART を ASKIR モー ドに設定 し ます 。 ASKIR 日本語 UR2 Duplex Mode & この機能は“UART モー ド選択 ”が ノ ーマル以外の と きに有効です 。 Half IR 機能半二重通信 。 ( デ フ ォル ト値 ) Full IR 機能全二重通信 。 Onboard Parallel Port & 378/IRQ7 278/IRQ5 Disabled 3BC/IRQ7 オンボー ド LPT ポー ト を有効に し 、 ア ド レ ス を 378/IRQ7 に設定 し ます 。 ( デ フ ォル ト値 ) オンボー ド LPT ポー ト を有効に し 、 ア ド レ ス を 278/IRQ5 に設定 し ます 。 オンボー ド LPT ポー ト を無効に し ます 。 オンボー ド LPT ポー ト を有効に し 、 ア ド レ ス を 3BC/IRQ7 に設定 し ます 。 パラ レルポー ト を標準パ ラ レルポー ト と し て使用 し ます 。 (デフ ォル ト値 ) パラ レルポー ト を拡張パ ラ レルポー ト と し て使用 し ます 。 パラ レルポー ト を拡張機能ポー ト と し て使用 し ます 。 パラ レルポー ト を ECP および EPP モー ド で使用 し ます 。 ゲームポー ト ア ド レ ス を 201 に設定 します 。 ( デ フ ォル ト値 ) ゲームポー ト ア ド レ ス を 209 に設定 します 。 この機能を無効に し ます 。 Italiano Parallel Port Mode & SPP EPP ECP ECP+EPP 201 209 Disabled Game Port Address & Midi Port Address & 300 330 Disabled MIDI ポー ト ア ド レ ス を 300 に設定し ま す 。 MIDI ポー ト ア ド レ ス を 330 に設定し ま す 。 この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) MIDI ポー トの IRQ を 5 に設定 しま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) MIDI ポー トの IRQ を 10 に設定 しま す 。 Deutsch Midi Port IRQ & 5 10 Español - 39 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ Italiano ACPI Suspend Type & S1 (POS) S3 (STR) Disabled Enable ACPI サスペン ドの種類を S1/POS (Power On Suspend)に設定 し ます 。 (デフ ォル ト値 ) ACPI サスペン ドの種類を S3/STR (Suspend To RAM)に設定 します 。 この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) USB デバイスに よ る S3 サスペンド タ イ プか らのシステムウ ェ イ ク ア ッ プ を有効に し ます 。 ス タ ン ドバ イ モー ド (S1) では 、電源 LED が点滅 します 。 (デフ ォル ト値 ) ス タ ン ドバ イ モー ド (S1) では : a. 単一色の LED を使用 し ている場合は 、 LED がオ フにな り ます 。 b. 2 色の LED を使用 し ている場合は 、 LED が別の色に変わ り ます 。 電源ボ タ ン を押す と 、 す ぐ電源をオ フに し ます 。 ( デ フ ォル ト値 ) 電源ボ タ ン を 4 秒以上押 し続ける と 、 電源オ フにな り ます 。 ボ タ ン押す時間が 4 秒間未満の場合 、 サスペン ド モー ド に入 り ます 。 AC 復帰の時は常にオ フに し ます。 ( デ フ ォル ト値 ) 電源のオン / オ フは AC 停電直前の状態に依存 します 。 AC 復帰の時は常にオンに し ます。 この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) キーボー ド電源オン機能のパスワー ド を 1-5 文字で入力 し て く だ さい 。 お使いのキーボー ド に “POWER” ボタ ン が あ る場合 、 そのキー を押 す こ と に よ り シ ス テムの起動が可能です 。 この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) マウス イベン ト で シ ステム電源を入れる 。 日本語 Power Management Setup USB Device Wake-Up From S3 & Power LED in S1 state & Blinking Deutsch Dual/Off Soft-Off by PWRBTN & Instant-off Delay 4 Sec. AC Back Function & Soft-Off Memory Full-On Disabled Password Keyboard Power On & Español Keyboard 98 Mouse Power On & Disabled Enabled GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 40 - PME Event Wake Up & Disabled Enabled 日本語 Modem Ring On/Wake On LAN (When AC Back Function set to [Soft-Off]) & この機能を無効に し ます 。 PME をウ ェ イ ク ア ッ プ イ ベ ン ト と し て使用可能に し ます 。 (デフ ォル ト値 ) Resume by Alarm & モデム経由の着信はシス テム を ソ フ ト オ フ (soft-off) モー ドか ら再 開で き ます 。 有効に 設定 されている と 、 その他の ク ラ イ ア ン ト か らの入力シグナルがあり ま す 。 LAN に接続 されている場合 、 LAN 上のサーバーがシステムを ソ フ ト オ フ状態か ら再開 さ せ ます 。 Disabled Modem Ring On / Wake On LAN 機能を無効に します 。 Enabled Modem Ring On / Wake On LAN 機能を有効に します 。 ( デ フ ォル ト値 ) “Resume by Alarm”項目の設定で 、 入力 し た日付 /時刻に シ ス テム電源がオ ン に な り ま す。 この機能を無効に し ます 。 ( デ フ ォ ル ト値 ) Disabled ア ラーム機能を有効にする こ と で 、 電源オンに し ます 。 Enabled RTC ア ラームによ る電源オンが有効の場合 。 ア ラーム日付(月) : 毎日 、 1-31 ア ラーム時刻(hh:mm:ss) : (0~23) : (0~59) : (0~59) Italiano PnP/PCI Configurations Deutsch PCI 1/5 IRQ Assignment & PCI 2 IRQ Assignment & PCI 3 IRQ Assignment & PCI 4 IRQ Assignment & Auto 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 Auto 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 Auto 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 Auto 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 PCI 1/5 へ IRQ を自動的に割当てます 。 ( デ フ ォル ト値 ) PCI 1/5 に IRQ 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 を割当てます 。 PCI 2 へ IRQ を自動的に割当てます。 ( デ フ ォル ト値 ) PCI 2 に IRQ 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 を割当てます 。 PCI 3 へ IRQ を自動的に割当てます。 ( デ フ ォル ト値 ) PCI 3 に IRQ 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 を割当てます 。 PCI 4 へ IRQ を自動的に割当てます。 ( デ フ ォル ト値 ) PCI 4 に IRQ 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 を割当てます 。 Español - 41 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ Italiano Current Voltage (V) Vcore / DDR2. 5V / +3. 3V / +12V & システム電圧状態を自動検出 しま す 。 日本語 PC Health Status Current CPU Temperature & CPU 温度を自動検出 し ます 。 Current CPU/SYSTEM FAN Speed (RPM) & CPU/SYSTEM フ ァ ン速度状態を自動検出 します 。 CPU FAN Fail Warning & Disabled Enabled フ ァ ン警告機能を無効に し ます 。 ( デフ ォル ト値 ) フ ァ ン警告機能を有効に し ます 。 フ ァ ン警告機能を無効に し ます 。 ( デフ ォル ト値 ) フ ァ ン警告機能を有効に し ます 。 Deutsch SYSTEM FAN Fail Warning & Disabled Enabled Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 42 - MB Intelligent Tweaker (M. I. T) 日本語 Italiano 間違った使用はシステムの故障の原因 とな り ます 。パワーユーザーのみ操作 して く だ さ い! DRAM Timing & Manual 注意 Auto By SPD DRAM CAS Latency & Bank Interleave & 1. 5/2/2. 5/3 BIOS は DRAM SPD デー タに よ り DRAM タ イ ミ ン グ を自動設定 しま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) ユーザによ り DRAM タ イ ミ ン グ を 手動設定 します 。 DRAM CAS Latency 時間を 1. 5/2/2. 5/3 に設定します(デフ ォル ト値 : 2. 5) 。 Precharge to Active (Trp) & 2T/3T/4T/5T ユーザによ り DRAM ア ク セ ス メ ソ ッ ド を設定 し ます 。 4Bank/2Bank/Disabled DRAM ア クセ ス メ ソ ッ ド を 4Bank/2Bank/Disanled に設定 し ます (デフ ォル ト値 : 4Bank) 。 Precharge to Active (Trp) を 2T/3T/4T/5T に設定 し ます ( デフ ォル ト 値 : 3T) 。 Active to Precharge (Tras) を 6T/7T/8T/9T に設定 し ます ( デ フ ォル ト 値 : 6T) 。 Active to CMD (Trcd)を 2T/3T/4T/5T に設定します(デフ ォル ト値 : 3T) 。 Deutsch Active to Precharge (Tras) & 6T/7T/8T/9T Active to CMD (Trcd) & 2T/3T/4T/5T 12T/13T/14T/15T RET to ACT/REF to REF (Trfc) & ACT(0) to ACT(1) (Trrd) & CPU Ratio Control & RET to ACT/REF to REF (Trfc) を 12T/13T/14T/15T に設定 します( デ フ ォル ト値 : 12T) DRAM DIMM が装着 された場合 、ユーザによ り ACT(0)~ACT(1) (Trrd) を選択 し ます 。 2T/3T ACT(0)~ACT(1) (Trrd) を 2T/3T に設定し ます (デフ ォル ト値 : 2T) 。 CPU レシオ を固定で使用 し ている 場合は 、 この選択項目は表示 されないか 、使用不能 と な り ます 。 5X~22. 5X, Normal CPU クロ ッ ク レ シオに依存 します。 ( デ フ ォル ト値 : ノ ー マル) Español - 43 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ 日本語 Spread Spectrum Modulated & Disabled Enabled ク ロ ッ クの スプ レ ッ ド ス ペ ク ト ラ ムを無効に し ます 。 ク ロ ッ クのスプレ ッ ド スペク ト ラ ムを有効に します 。 (デフ ォル ト値) CPU Host Clock Control & 注 : シ ス テムが CMOS セ ッ ト ア ッ プ ユーテ ィ リ テ ィ 起動前にハン グア ッ プ し た場合 は 、 20 秒間の再起動タ イムアウ ト 時間を待って く だ さ い 。 タ イ ムア ウ トが起 こ る と 、 システムは リ セ ッ ト さ れ 、 CPU はデフ ォル ト ホ ス ト ク ロ ッ ク に戻 っ て再起動し ます 。 Disable CPU ホス ト ク ロ ッ ク制御 を無効にし ま す 。 ( デ フ ォル ト値 ) Enable CPU ホス ト ク ロ ッ ク制御 を有効にし ま す 。 CPU Host Frequency (MHz) & この設定を変更するには 、先ず “CPU Host Clock Control” で“Enable” を選択 します 。 100-132 CPU ホス ト ク ロ ッ クが 100MHz の場合 、 CPU ホス ト ク ロ ッ ク を調整 するため 100MHz-132MHz の範囲を選択できます 。 133-165 CPU ホス ト ク ロ ッ クが 100MHz の場合 、 CPU ホス ト ク ロ ッ ク を調整 するため 133MHz-165MHz の範囲を選択できます 。 166-250 CPU ホス ト ク ロ ッ クが 100MHz の場合 、 CPU ホス ト ク ロ ッ ク を調整 するため 166MHz-250MHz の範囲を選択できます 。 200-254 CPU ホス ト ク ロ ッ クが 100MHz の場合 、 CPU ホス ト ク ロ ッ ク を調整 するため 200MHz-254MHz の範囲を選択できます 。 Italiano PCI/AGP Frequency (MHz) & 数値は CPU ホス ト ク ロ ッ ク (MHz)に依存 します 。 DRAM Clock (MHz) & By SPD 133 166 200 BIOS は DRAM SPD デー タに よ り DRAM ク ロ ッ ク を自動設定 し ます 。 (デフ ォル ト値 ) DDR266 DRAM モジ ュールをご使用の場合は 、 “DRAM Clock (MHz)” を “133”に設定 し て く だ さ い 。 DDR333 DRAM モジ ュールをご使用の場合は 、 “DRAM Clock (MHz)” を “333”に設定 し て く だ さ い 。 DDR400 DRAM モジ ュールをご使用の場合は 、 “DRAM Clock (MHz)” を “400”に設定 し て く だ さ い 。 CPU Voltage Control & Deutsch CPU 電圧を上昇 させる と 、 オ ーバーク ロ ッ ク に安定する可能性があり ま す 。 た だ し 、 この機能を使用する と CPU に損傷を与える可能性があ り ます 。 CPU コア電圧を 1. 100V から 2. 05V の範囲で 0. 005V ステ ッ プ調節でき る よ う にサポ ー ト し ます 。 (デフ ォル ト値 : ノ ー マル ) Normal CPU Vcore & CPU Vcore 電圧を表示 し ます 。 AGP Voltage Control & AGP 電圧を上昇 させる と 、 オ ーバーク ロ ッ ク に安定する可能性があり ま す 。 た だ し 、 この機能を不正に設定する と 、 AGP カー ド に損傷を与える可能性があ り ます 。 Auto AGP 電圧を標準に設定 します (1. 5V)。 ( デ フ ォル ト値 ) +0. 1V AGP 電圧を+0. 1V 上げます 。 +0. 2V AGP 電圧を+0. 2V 上げます 。 +0. 3V AGP 電圧を+0. 3V 上げます 。 DDR Voltage Control & DDR 電圧を上昇 させる と 、 オ ーバーク ロ ッ ク に安定する可能性があり ま す 。 この機能 を正 し く 設定 し なか った場合 、 メ モ リ モ ジ ュールを損傷する可能性があ り ます 。 Auto DDR 電圧を メ モ リ モ ジ ュールの標準に設定します 。 ( デフ ォル ト値) +0. 1V DDR 電圧を+0. 1V 上げます 。 +0. 2V DDR 電圧を+0. 2V 上げます 。 +0. 3V DDR 電圧を+0. 3V 上げます 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド Español - 44 - Load Fail-Safe Defaults 日本語 Italiano Fail-Safe defaults はシステムパ ラ メ ー タの最適値で構成 され 、 シ ス テ ムに最低限の性能で動 作 し ます 。 Load Optimized Defaults Deutsch この設定を選択する と 、 BIOS の出荷時デフ ォル ト値およびシ ステ ムが自動検知するチ ッ プセ ッ ト 機能がロー ド さ れ ます 。 Español - 45 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ 日本語 Español Deutsch Italiano Set Supervisor/User Password こ の機能 を選択する と 、 画面中央に以下の メ ッ セ ー ジが表示 さ れ 、パ スワー ド作成 の ヒ ン ト を提供 し ます 。 最大 8 文字のパスワー ド をキー入力 し 、 <Enter> を押 し ます 。パ スワー ドの確認を求め ら れ ます 。パ スワー ド を再度キー入力 し 、 <Enter> を押 し ます 。 <Esc> を押す と設定は中断 さ れ 、 パ スワー ド入力を中止 し ま す 。 パスワー ド を無効にす るには 、 パスワー ド 入力 を求め られた時点で <Enter> を押 し ま す 。 “PASSWORD DISABLED” とい う メ ッ セ ージが表示 され 、パ スワード 無効 を確認 し ます 。 パスワー ドが無効にな る と 、 シ ス テムが起動 し 、 いつ で も セ ッ ト ア ッ プ が可能 と な り ま す。 BIOS セ ッ ト ア ッ プ プ ログ ラムには異なる 2 つのパスワー ドが使用でき ます 。 SUPERVISOR PASSWORD および USER PASSWORD です 。無効にすると 、 誰 で も BIOS セ ッ ト ア ッ プ プ ロ グ ラム機能が使用で き ます 。有効にする と 、 BIOS セ ッ ト ア ッ プ プ ロ グ ラ ムの設定欄全て を表示するには管理者パスワー ド 、 基本項目のみ表示するにはユーザー パスワー ドの入力が必要 と な り ま す 。 詳細 BIOS 機能 メ ニ ュー内の“Password Check” で“System” を選ぶ と 、 シ ステム再起動のた びまたはセ ッ ト ア ッ プ に入るたびに 、パ スワー ド入力が要求 されます 。 詳細 BIOS 機能 メ ニ ュー内の“Password Check” で“Setup” を選ぶ と 、 セ ッ ト ア ッ プ に入る と きのみパスワー ド入力が要求 されます 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 46 - Save & Exit Setup 日本語 Italiano “Y” を入力する と 、 ユーザー設定値を RTC CMOSに保存 し 、 セ ッ ト ア ッ プ ユーテ ィ リ テ ィ を 終了 し ます 。 “N” を入力する と 、 セ ッ ト ア ッ プ ユーテ ィ リ テ ィ に戻 り ます 。 Exit Without Saving Deutsch “Y” を入力する と 、 ユーザー設定値を RTC CMOSに保存せずにセ ッ ト ア ッ プユーテ ィ リ テ ィ を終了 し ます 。 “N” を入力する と 、 セ ッ ト ア ッ プ ユーテ ィ リ テ ィ に戻 り ます 。 Español - 47 - BIOS のセ ッ ト ア ッ プ Español Deutsch Italiano 日本語 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 48 - 第 4 章 技術情報 @BIOS™紹介 Gigabyte が@BIOS を発表し ま す Windows BIOS ラ イ ブ ア ッ プデー ト ユーテ ィ リ テ ィ BIOS 更新 を ご 自 分 で行 っ た こ と が お あ り で す か?または BIOS は何かは知っていて も更新する のは躊躇する 、大勢の一人かも し れません?理由 と し ては 、最新の BIOS への更新は不必要である と感 じ た り 、 実際の更新方法がわからない 、 な ど があ り ます 。 または一般 とは異な り 、 BIOS 更新の経験が豊富で 、多 く の時間 を費や し てお られ る か も し れ ません 。当然 、 これ を頻繁に行 う こ と はお望みではないでし ょ う 。 ま ず個々の BIOS をウ ェ ブサ イ ト か ら ダウ ン ロ ー ド し 、 オ ペ レー テ ィ ン グ シ ステ ムを DOS モー ド に し ます 。 それか ら個々のフ ラ ッ シ ュ ユーテ ィ リ テ ィ を使 っ て BIOS を更新 し ます 。 これ らの プ ロ セ スは面白い作業ではあ り ま せん 。 さ ら に 、 BIOS の誤 った更新では悪夢 と な り ます から 、 BIOS ソース コー ドはデ ィ ス ク に注意 し て保存する必要があ り ます 。 確実に 、皆 さ んはマザーボー ドベ ンダーがなぜ面倒な BIOS 更新操作の時間 と労力を 省 く 何かいい方法を考え出 さ ないのか 、 いぶか し く 思 っ てお られ る で し ょ う ? こ こ では 実現 したのです! こ こ で Gigabyte は初の Windows BIOS ラ イ ブ ア ッ プ デー ト ユーテ ィ リ テ ィ であ る @BIOS を発表いた し ます 。 これはスマー ト な BIOS 更新用のソ フ ト ウ ェ ア です 。 こ れで BIOS はイ ン タ ーネ ッ ト 経由でダウン ロー ド お よび更新が行われます 。他の BIOS 更新 ソ フ ト ウ ェ ア と は異 な り 、 こ れ は Windows ユーテ ィ リ テ ィ で す 。 “@BIOS”のおかげで 、 BIOS 更新はク リ ッ ク ひ と つ で OK です 。 さ ら に 、 ご使用のマザーボー ドがいずれの Gigabyte 製品であ っ て も @BIOS が BIOS の メ ン テナ ン ス を行います 。 当ユーティ リ テ ィ は ご使用のマザーボー ド のモデルを正確に検 知 し 、 それに合 った BIOS を選択し ま す 。 それか ら BIOS が最寄の Gigabyte の ftp サイ トか ら 自動的にダウ ン ロー ド さ れ ます 。 こ こ で幾つかの方法が選択可能です 。 “Internet Update” を 利用 し て BIOS のダウン ロー ド と 更 新を直接行 う こ と も で き ます 。 ま たは 、現在の BIOS の バ ッ ク ア ッ プ を保存 し たい場合は “Save Current BIOS” を選んで先に保存する こ と も で き ま す 。 Gigabyte の@BIOS を利用 し て お持ちの BIOS 更新をスマー ト に行えます 。 これ で誤 った BIOS 更新の心配は無 く な り 、 BIOS の メ ン テナ ン ス と管理が容易になり ま す 。 Gigabyte は画 期的な製品によ り 、 マザーボー ド 業界において再び里程標を打ち立てま し た 。 こ のすば ら し い ソ フ ト ウ ェ ア の 費用はどれほど で し ょ う か?信じ ら れ ません!無料 なのです!Gigabyte 製マザーボード を お買い求めになる と 、 付属のド ラ イ バ CD 内に この 画期的ソ フ ト ウ ェ アが収録 されています 。 た だ し 、 Gigabyte @BIOS からの イ ン タ ーネ ッ ト BIOS 更新には 、 まず イ ン タ ーネ ッ ト 接続が必要である こ と を お忘れな く 。 日本語 Italiano Deutsch Español - 49 - 技術情報 日本語 BIOS のフ ラ ッ シ ュ 方法の説明 方法 1 : デ ュ アル BIOS/Q-Flash A. Dual BIOS™技術っ て何? て何 ? Dual BIOS では 、 マザーボー ド上にメ イ ン BIOS とバ ッ ク ア ッ プ BIOS と い う 2 つのシステム BIOS(POM)が搭載 されています 。 通常は 、 メ イ ン BIOS を利用 してシ ステムを動作 します 。 メ イ ン ボー ド BIOS が破壊 されたり し て利用でき ない場合 、 シ ス テ ムの電源がオンにな っ ている間に 、バ ッ ク ア ッ プ BIOS を利用 し てシステムを動作 します。 つ ま り 、 BIOS には何 も なか ったかのよ う に 、 PC が正常に作動する こ と と な り ま す 。 B. ご使用のマザーボー ドの正確なモデル名を選択 し ます e. システムは BIOS のダウン ロー ド と更新 を自動的に行います 。 イ ン タ ーネ ッ ト を経由 し ないで BIOS を更新 : a. “Internet Update” ア イ コ ンは ク リ ッ ク し な い で く だ さ い b. “Update New BIOS” ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ま す c. フ ァ イル を開ける際には 、 ダ イ ア ログボ ッ ク スか ら “All Files” を選びます 。 d. イ ン タ ー ネ ッ ト や その他の方法か ら ダ ウ ン ロ ー ド し た BIOS の非圧縮 フ ァ イ ル (例 : 7VT880PRO. F2) を見出 し て く だ さい 。 e. 続 く指示に従 っ て更新操作を完了さ せ ます 。 2. Español - 55 - 技術情報 3. 日本語 BIOS の保存 最初の段階でダ イ ア ログボ ッ ク ス に “Save Current BIOS” ア イ コ ンが表示 されます 。 これ は現在使用中のバージ ョ ンの BIOS を保存する こ と を意味 し ます 。 サポー ト さ れ ている マザーボー ド および フ ラ ッ シ ュ ROM の確認 : 最初の段階でダ イ ア ログボ ッ ク ス に “About this program” ア イ コ ンが表示 されます 。 これ はサポー ト さ れ る マザーボー ド と フ ラ ッ シ ュ ROM メー カーの確認に役立ちます 。 4. Español Deutsch Italiano 注: a. 方法 I で 、選択すべきマザーボード の モデル名が 2 つ以上表示 される場合には 、 ご使 用のマザーボー ドの モデル名 を再確認 し て く だ さ い 。 間違 っ た モデル名 を選択する と 、 シ ス テムが起動不能 と な り ま す 。 b. 方法 II では 、 BIOS 非圧縮フ ァ イルのマザーボー ドのモデル名が実際にご使用のマザー ボー ド と 一致 し てい る こ と を ご 確認 く だ さ い 。 一致 し ない と 、 シ ス テムは起動 し ま せん 。 c. 方法 I で 、必要な BIOS フ ァ イルが@BIOS™サーバ内に見つか らない場合は 、 Gigabyte ウ ェ ブサ イ ト か ら ダウ ン ロー ド し 、 方法 II で更新 して く だ さ い 。 d. 更新途中に中断する と 、 シ ス テム起動が不能になる点にご注意 く だ さ い 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 56 - 2-/4-/6- チ ャ ン ネルオーデ ィ オ機能紹介 Windows 98SE/2K/ME/XP 上での イ ン ス ト ールは と て も簡単です 。以 下のステ ッ プ に従 っ て 機能を イ ン ス ト ール し て く だ さ い ! 日本語 ス テ レ オ ス ピー カー接続および設定 : ス テ レ オ出力 を利用する場合 、最 良のサウン ド効果 を得 るにはア ン プ付 き ス ピー カ ーの 使用をお勧め し ます 。 ステ ッ プ 1 : ス テ レ オ ス ピ ー カ ー ま たはヘ ッ ド ホ ン を “ ラ イ ン出力” に接続 し ます 。 Italiano ラ イ ン出力 ステ ッ プ 2 : オーデ ィ オ ド ラ イバ を イ ン ス ト ー ルする と 、 タ ス ク バ ーの ス テー タ ス エ リ ア に アイ コ ンが表示 されます 。画面下部の Windows ト レ イ 中の “Sound Effect”のオーデ ィ オ ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます 。 Deutsch ステ ッ プ 3 : “Speaker Configuration” を選択 し 、 “2 channel for stereo speakers out put” を選びます 。 Español - 57 - 技術情報 日本語 4 チ ャ ン ネルアナ ログオーデ ィ オ出力モー ド ステ ッ プ 1 : フ ロ ン ト チ ャ ン ネルは “ ラ イ ン出力 ” に 、 リ ア チ ャ ン ネルは“ ラ イ ン入力”に接続し ま す 。 ラ イ ン出力 ステ ッ プ 2 : オーデ ィ オ ド ラ イバ を イ ン ス ト ー ルする と 、 タ ス ク バ ーの ス テー タ ス エ リ ア に アイ コ ンが表示 されます 。画面下部の Windows ト レ イ 中の “Sound Effect”のオーデ ィ オ ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます 。 ラ イ ン入力 Italiano Deutsch Español ステ ッ プ 3 : “Speaker Configuration” を選択 し 、 “4 channel for 4 speakers out put” を選びます 。 “Only SURROUND-KIT” を無効に し て “OK” を ク リ ッ ク し ます 。 “Environment settings”が“None”の場合、 サ ウ ン ド はステ レ オ モー ド (2 チ ャ ン ネル出力 ) と な り ます 。 4 チ ャ ン ネル出力には別の設定を選ん で く だ さい 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 58 - 基本的な 基本的な 6 チ ャ ン ネルアナロ グオーデ ィ オ出力モー ド オーデ ィ オ出力の接続には 、他のモ ジ ュール を追加せず後部オーデ ィ オパネルのみを使用 し ます 。 ステ ッ プ 1 : フ ロ ン ト チ ャ ン ネルは “ ラ イ ン出力 ” に 、 リ ア チ ャ ン ネルは “ ラ イ ン入力 ” に 、 セ ン タ ー /サブ ウー フ ァ ー チ ャ ン ネルは “ マ イ ク 入力 ” に接続 し ます 。 日本語 ラ イ ン入力 マ イ ク入力 ラ イ ン出力 Italiano ステ ッ プ 2 : オーデ ィ オ ド ラ イバ を イ ン ス ト ー ルする と 、 タ ス ク バ ーの ス テー タ ス エ リ ア に アイ コ ンが表示 されます 。画面下部の Windows ト レ イ 中の “Sound Effect”のオーデ ィ オ ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます 。 Deutsch ステ ッ プ 3 : “Speaker Configuration” を選択 し 、 “6 channel for 5. 1 speakers out put” を選びます 。 “Only SURROUND-KIT” を無効に し て “OK” を ク リ ッ ク し ます 。 Español - 59 - 技術情報 日本語 Italiano Deutsch Español ア ドバ ン ス 6 チ ャ ン ネルアナ ロ グオーデ ィ オ出力モー ド ( オーデ ィ オ コ ンボキ ッ ト 、 オ プ シ ョ ン装備 ) : (オーデ ィ オ コ ンボキ ッ ト には 、 S PDIF 出力 : 光信号&同軸およびサラ ウ ン ド-キ ッ ト : リ ア R/L & セン タ ー /サブウー フ ァ ー が装備 されています ) サラウ ン ド-キ ッ ト は リ ア チ ャ ン ネルおよび セ ン タ ー / サ ブ ウー フ ァ ー チ ャ ン ネルのア ナ ログ出力にア ク セ ス し ます 。 6 チ ャ ン ネル出 力 と ラ イ ン入力およびマ イ ク を同時使用する 場合は 、 この装備が最適な ソ リ ュ ーシ ョ ン で す 。“サ ラウ ン ド -キ ッ ト ”は、 図の様に ASUS 特製の“オーデ ィ オ コ ン ボキ ッ ト ” 中 に含まれています 。 ステ ッ プ 1 : ケ ー ス 後部 に “ サ ラ ウ ン ド - キ ッ ト ” を 装 着 し 、 ネ ジ止め し ます 。 ステ ッ プ 2 : “サ ラ ウ ン ド - キ ッ ト ” を マ ザ ー ボ ー ド 上 の SUR_CEN コネ ク タ に接続 し ます 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 60 - ステ ッ プ 3 : フ ロ ン ト チ ャ ン ネル を後部オーディ オ パネル の“ ラ イ ン出力 ” に 、 リ ア チ ャ ン ネ ルをサ ラ ウ ン ド-キ ッ ト の REAR R/L に 、 セ ン タ ー /サブ ウー フ ァ ーチ ャ ン ネル をサ ラウ ン ド -キ ッ ト の SUB CENTER に接続 し ます 。 日本語 ステ ッ プ 4 : 画面下部の Windows ト レ イ中の“Sound Effect”の オーデ ィ オ ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます 。 Italiano ステ ッ プ 5 : “Speaker Configuration” を選択 し 、 “6 channel for 5. 1 speakers out put” を選びます 。 “Only SURROUND-KIT” を有効に し て “OK” を ク リ ッ ク し ます 。 Deutsch 基本的およびア ド バ ン ス 6 チ ャ ン ネルアナ ロ グオーデ ィ オ出力モー ド に関する : 注 : “Environment settings”が“None”の場合、 サ ウ ン ド はステ レ オ モー ド (2 チ ャ ン ネル出力 ) と な り ます 。 6 チ ャ ン ネル出力には別の設定を選ん で く だ さい 。 Español - 61 - 技術情報 日本語 SPDIF 出力デバイス ( オプシ ョ ン デバ イ ス ) “SPDIF 出力 ”デバ イ スがマザーボー ド 上 で使用可能です 。 リ ア ブ ラ ケ ッ ト 付 き ケー ブルが装備 され 、 “SPDIF 出力 ” コ ネ ク タ に接続で き ます ( 図参照 。 ) デ コーダ ーへの接続用に 、 リ ア ブ ラ ケ ッ ト に は 同軸ケー ブルお よ び光 フ ァ イ バ ー コ ネ ク タ ポー ト が装備 されています 。 1. Italiano SPDIF 出力デバイス を PC の リ ア ブ ラ ケ ッ ト に 装着 し 、 ネ ジ止め し ます 。 2. SPDIF デバ イ ス を マザーボー ド に 接続 し ます 。 Deutsch 3. SPDIF から SPDIF デコーダーに接続 しま す。 Español GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 62 - Jack-Sensing 紹介 Jack-Sensing はオーデ ィ オ コ ネ ク タ に エ ラ ー検 知機能を付与 し ています 。 日本語 Windows 98/98SE/2000/ME 環境で Jack-Sensing 機能を有効にするには、 ま ず Microsoft DirectX8. 1 またはそれ以降のバージョ ン を イ ン ス ト ール し て く だ さ い 。 注意 Jack-Sensing は 2 部分から構成 されています : 自動 と マニ ュ アルです。 以下は 2 チ ャ ン ネル を例 と し ています (Windows XP) : Italiano オーデ ィ オ コ ネ ク タ の紹介 CDROM, ウ ォ ー ク マ ン や その他オーデ ィ オ 入 力デバイス を ラ イ ン入力ジ ャ ッ ク に 、 ス ピー カ ー 、 ヘ ッ ド ホ ン その他オーデ ィ オ出力デバ イ ス を ラ イ ン出力ジ ャ ッ ク に 、 マ イ クはマ イ ク入力ジ ャ ッ ク に接続 し ます 。 オーデ ィ オ コ ネ ク タ ラ イ ン入力 フ ロ ン ト ス ピー カ ー Deutsch ラ イ ン出力 自動検知 : デバ イ ス を 上記の正 し い組合せで接続 し ま す 。 デバ イ ス を正 し く 接続 し た場合 、 ウ ィ ン ド ウ に も正 し く 図示 されます 。 3D オーデ ィ オ入力が存在する時のみ 3D オー デ ィ オ 機能が表示 さ れ る 点 に ご 注意 く だ さ い。 Español - 63 - 技術情報 日本語 Español Deutsch Italiano コ ネ ク タ への接続に誤 り が あ る 場合 、 右 図の様に警告 メ ッ セ ー ジ が表示 さ れ ま す。 マニ ュ アル設定 : デバ イ スの図が設定 と異な る場合は 、 “Manual Selection” を押 し て設定 し て く だ さ い 。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 64 - UAJ 紹介 UAJ (Universal Audio Jack)は と て も ス マー ト な機能です : ユー ザーがオーデ ィ オデ バイス を間違 った ジ ャ ッ ク に 差 し て も 、 信号は自動的に切替えます ( ラ イ ン入力 / ラ イ ン出力) 。 こ れはオーデ ィ オデバ イ ス を ラ イ ン入力の ラ イ ン出力のどち ら に差すか 、 ユー ザーは心配せずにすむ こ と を 意味 し ています 。 UAJ が有効の場合はデバイスは 問題な く 動作 し ます 。 Windows 98/98SE/2000/ME 環境で UAJ 機能を有効にするには 、 まず Microsoft DirectX8. 1 またはそれ以降のバージ ョ ン を イ ン ス ト ール し て く だ さ い 。 注意 日本語 Italiano 追記 UAJ が う ま く 作動 し な い場合は 、 “UAJ information”ボ タ ン を ク リ ッ ク し て こ の機能 を オ フ に し て く だ さ い 。 こ れ で ジ ャ ッ ク 検 知機能がオ ン に な り 、 オ ー デ ィ オ デバ イ スが正 し い ジ ャ ッ ク ( ラ イ ン 入力 ま たは ラ イ ン 出力)に差 され る と 、 自動検知 されます 。 Deutsch UAJ の再有効化 : “UAJ AUTO” を ク リ ッ ク す る と 、 UAJ を再 び有効にで き ます 。 Español - 65 - 技術情報 音量の調節 : 日本語 音量はス ラ イ ド レ バ ー で調節 し ま す 。 “ ミ ュ ー ト ボ タ ン ” を押す と 、 一時的に音 が出ないよ う に で き ます 。 音量レバー ミ ュー トボ タン Italiano Español Deutsch ラ イ ン 入力デバ イ ス し か接 続 さ れ て い ない場合は 、 UAJ はラ イ ン出力デバイス が接続 さ れ て い な い こ と を 表示 さ れ ま す。 注: AUX入力機能を使用する場合は 、 AC97 オーデ ィ オ設定 メ ニ ュ ーのス ピー カー設 定か ら UAJ機能を無効にする必要があ り ます 。 それか ら “音量コ ン ト ロ ール ” メ ニ ュ ーの ラ イ ン入力音量レバーで音量を調節す る こ と が必要です 。 こ れは AUX入 力 と ラ イ ン 入力機能が同一のオーデ ィ オ信号 で制御 さ れ て い る こ と に よ り ま す。 GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド - 66 - Xpress Recovery 紹介 Xpress Recovery とは? とは ? Xpress Recovery とは 、 OS パーテ ィ シ ョ ン の リ カバ リ / リ ス ト アに使用 される ユーテ ィ リ テ ィ で す 。 ハー ド ド ラ イ ブが正 し く 動作 し ない 場合 、 ユーザーは ド ラ イ ブ を元の状態へ戻す こ と がで き ます 。 1. [. . . ] マザーボー ド に電源 コー ド を つなぎ 、 電源をオ ンに し ます。 6. Del を押 し て 、 BIOS に入 り 、 F ail-Safe Defaults を ロー ド し ます 。 7. 設定を保存 し 、 シ ス テム を再起動 し ます 。 日本語 Italiano Deutsch Español - 83 - 付録 日本語 Italiano 問6 : BIOS更新後 、 シ ス テムが不安定にな っ てい る よ う です が 、 なぜですか? 答 : BIOS フ ラ ッ シ ュ後は Fail-Safe Defaults ( または BIOS Defaults) を ロー ド す る よ う に し て く だ さ い 。 それで も シ ス テムが安定 し ない場合は 、 CMOS を ク リ ア し て 問題解決 し ます 。 問 7 : ス ピー カー音量を最大に し て も小 さ な音 しか出ないのはなぜですか? 答 : ご使用のス ピー カーがアン プ内蔵かど うか ご確認 く だ さ い 。 ア ン プ内蔵で ない場合 、電源/ アン プ付 き ス ピー カーに取 り替えてお試 し く だ さ い 。 問 8 : 別の VGA カー ド を装備するので 、 オ ンボー ド VGA カ ー ド を無効に し たい のですが 、 どの よ う に し ますか? 答 : Gigabyte 製マザーボー ド は装着 された外付け VGA カード を 自動検出するの で 、 オ ンボー ド VGA カー ド を マニ ュ アルでオ フにす る必要はあ り ません 。 問 9 : IDE 2 が使用で きないのはなぜですか? 答 : ユーザーマニ ュ アル を参照 し 、 フ ロ ン ト USB パネル上の USB 過電流ピン に 、 マザーボー ドパ ッ ケー ジ 付属以外のケーブルを接続 し ていないかご確認 く だ さ い 。 も し ケ ー ブルがマザーボー ド付属品以外の ものなら 、 それ を外 し 、 こ のピンには付属品以外のケーブル を接続 し ない よ う に し て く だ さ い 。 問 10 : シ ス テム起動後 、 コ ン ピ ュー タか ら断続的にビープ音が聞こえ る こ とが あ り ます 。 こ の ビープ音にはどんな意味があ り ますか? 答 : 下記のビープ音 コー ドは コ ン ピ ュ ー タ に生 じ てい る問題を判別するのに役 立つで し ょ う 。 た だ し 、 こ れ ら は参照用のみです 。 状況は実際のケースに よ り 異な り ます 。 Deutsch →AMI BIOS ビープ コー ド * シ ス テム起動に成功 し た場合は コ ン ピ ュ ー タは短 く ピ ッ と 鳴 り ます 。 * ビープ コー ド 8 以外は 、通常起動不能 とな り ます 。 ビープ音 1 回 リ フ レ ッ シ ュ エ ラ ー ビープ音 2 回パ リ テ ィ ー エ ラー ビープ音 3 回ベース 64K メ モ リ エ ラ ー ビープ音 4 回 タ イ マーエ ラー ビープ音 5 回プロセ ッサエ ラー ビープ音 6 回 8042-ゲー ト A20 エラ ー ビープ音 7 回プロセ ッサ割 り込み除外エ ラー ビープ音 8 回デ ィ ス プ レ イ メ モ リ リ ー ド /ラ イ ト エ ラー ビープ音 9 回 ROM チ ェ ッ クサムエ ラー ビープ音 10 回 CMOS シ ャ ッ ト ダ ウ ン レ ジ ス タ リー ド/ ラ イ ト エ ラー ビープ音 11 回キャ ッ シ ュ メ モ リ エ ラー GA-7VT880 シ リーズマザーボー ド →AMI BIOS ビープ コー ド 短 く 1 回 : シ ス テム起動成功 短 く 2 回 : CMOS 設定エ ラー 長 く 1 回短 く 1 回 : DRAM またはマザー ボー ド エ ラ ー 長 く 1 回短 く 2 回 : モ ニ タ ま たはデ ィ ス プレ イ カー ド エ ラー 長 く 1 回短 く 3 回 : キーボー ド エ ラ ー 長 く 1 回短 く 9 回 : BIOS ROM エ ラ ー 連続 した長いビープ音 : DRAM エラ ー 連続 した短いビープ音 : 電源エ ラ ー Español - 84 - 問 11 : SATA HDD から RAID または ATA モー ド で起動する よ う BIOS で設定する方 法は? 答 : 以下のよ う に BIOS を設定し ま す : 1. Advanced BIOS features --> SATA/RAID/SCSI boot order: “SATA” 2. [. . . ]

ASUS M5A97ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればASUS M5A97のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag