ユーザーズガイド ASUS N53SM

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くASUS N53SMのユーザマニュアルを入手できます。 ASUS N53SMのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ASUS N53SMのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ASUS N53SM : ユーザーガイドを完全にダウンロード (8813 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ASUS N53SM (7016 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ASUS N53SM

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] ASUS shall not be liable for technical or editorial errors or omissions contained herein. The specified service does not exist as an installed service (0x424)」というメッセージが表示されてインストールが失敗する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206 VPMのインストールが失敗する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206 VPMの取得設定を変更してローカル レポジトリから更新を取得できるようにしたいが、不可能であ る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206 開放する必要のあるポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207 ファイアウォール コンフィギュレーション設定の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207 DNSサーバの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207 ターゲット システムによって管理者認証情報が異なる場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208 複数のVPMサーバがある場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208 管理者の認証情報を変更した場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208 IISのIWAMユーザ名とパスワードの変更について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208 IIS証明書の期限が切れ、HTTP接続を使用するように、VPM接続を再設定しなければならない場合. . . 209 Vulnerability and Patch Management Packのアンインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210 残るVPMファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 VPMの再インストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 脆弱性スキャンに関する問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 Vulnerability and Patch Management Packがターゲット システムにアクセスできない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 Windowsの場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 Windows XPの場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211 Windows VPMサーバの場合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212 Linuxターゲット システム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212 スキャン レポートを表示できない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 スキャンを送信したが開始されない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 タスクの重複が原因で、スキャン結果が不正確になっている. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 目次 9 スキャン レポートに最新のパッチ情報が表示されない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 パッチと設定修正プログラムに関する問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 VPM Patch Agentのインストールが失敗する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213 パッチ取得は開始されたが、パッチが表示されない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214 パッチ取得中にHTTP 300エラーが発生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214 スキャン レポートにパッチが表示されるが、正しくデプロイできない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215 取得されていないパッチの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215 VPM Patch Agentインストールの検証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215 パッチ インストール ステータス レポートが最新のものでないか、またはスキャン レポートの情報 と一致しない. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215 他のツールはWindowsシステムにパッチが適用されていることを報告しているが、Vulnerability and Patch Management Packはパッチが必要だと報告する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215 ベンダ パッチの提供元がMicrosoftまたはRed Hatと表示される. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 ASUS SIMにパッチ デプロイメントについて複数のイベントが表示される. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 ASUS SIMイベント ログに、STATスキャナの更新エラーが表示される. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 ASUS SIMイベント ログに、Radia内部エラーが表示される. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 Red Hatパッチの取得を試みると、「Abuse of Service」エラーが発生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 インストールされているパッチの確認イベントが完了していない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 ASUS SIMとの統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216 13 テクニカル サポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217 ASUSのソフトウェア テクニカル サポートとアップデート サービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217 ASUS BladeSystemインフラストラクチャ用ASUSインストレーション/スタートアップ サービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218 A Performance Management Packの測定パラメータ マトリックス. . . . . . . . . . . . . . . . . 219 静的分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219 ATAディスク アレイ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219 ATAディスク アレイのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219 ATAディスク アレイのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ATAディスク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ATAディスクのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ATAディスクのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ドライブ アレイ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ドライブ アレイのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220 ドライブ アレイのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 外付ストレージ エンクロージャ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 外付ストレージ エンクロージャのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 外付ストレージ エンクロージャのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 ファイバ チャネル ホスト バス アダプタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 ファイバ チャネル ホスト バス アダプタのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221 ファイバ チャネル ホスト バス アダプタのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 ホスト バス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 ホスト バスのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 ホスト バスのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEチャネル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEチャネルのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEチャネルのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEコントローラ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEコントローラのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222 IDEコントローラのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 論理ドライブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 論理ドライブのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 論理ドライブのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 メモリ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 メモリのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223 メモリのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224 ネットワーク アダプタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224 ネットワーク アダプタのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224 10 目次 ネットワーク アダプタのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224 ネットワーク接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224 ネットワーク接続のステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク接続のインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ポートのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ポートのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ストレージ アレイ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ストレージ アレイのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225 ネットワーク ストレージ アレイのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワーク ストレージ コントローラ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワーク ストレージ コントローラのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワーク ストレージ コントローラのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワーク ストレージ エンクロージャ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワーク ストレージ エンクロージャのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226 ネットワークストレージ エンクロージャのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 ネットワーク ストレージ論理ドライブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 ネットワーク共有のステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 ネットワーク共有のインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 PCIバス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 PCIバスのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227 PCIバスのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 プロセッサ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 プロセッサのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 プロセッサのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 SCSIアダプタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 SCSIアダプタのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228 SCSIアダプタのインベントリ[コントローラの設定]. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229 SCSIストレージ エンクロージャ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229 SCSIストレージ エンクロージャのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229 SCSIストレージ エンクロージャのイベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229 SCSIドライブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230 SCSIドライブのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230 SCSIドライブのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230 サーバの測定値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230 サーバのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230 サーバのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231 Smartアレイ コントローラ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231 Smartアレイ コントローラのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231 Smartアレイ コントローラのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231 SmartアレイSCSIドライブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231 SmartアレイSCSIドライブのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232 SmartアレイSCSIドライブのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232 SATAドライブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232 SATAドライブのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232 SATAドライブのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233 SAS ドライブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233 SASドライブのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233 SASドライブのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233 ストレージ コンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234 ストレージのステータス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234 ストレージのインベントリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234 B インフラストラクチャの要件とVPMの詳しい機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235 インフラストラクチャ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235 VPMのハードウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 VPMのソフトウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 VPMのハードウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 目次 11 VPMのソフトウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 VPM Acquisition Utilityの要件(オプション). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238 ターゲット システム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238 提供されるスキャン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238 Change VPM Credentials UtilityによるVulnerability and Patch Management Pack認証情報の更新. . . . . . . . . . . . . . . . . 239 Vulnerability and Patch Management Packのバックアップと復元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239 コンポーネントのバックアップ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240 コンポーネントの復元. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240 新しいホストへのVulnerability and Patch Management Packの再インストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240 Vulnerability and Patch Management Packのイベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241 スキャン イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241 パッチおよび修正プログラム イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241 取得イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242 その他のイベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243 C Rapid Deployment Packによってデプロイされる追加オペレーティング シス テムのインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 245 索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247 12 目次 表目次 1-1 2-1 3-1 3-2 3-3 3-4 3-5 3-6 3-7 3-8 3-9 3-10 3-11 3-12 3-13 3-14 4-1 5-1 6-1 7-1 9-1 10-1 11-1 12-1 12-2 12-3 12-4 12-5 12-6 12-7 B-1 B-2 B-3 B-4 B-5 B-6 B-7 B-8 B-9 B-10 Insight Control Management Suiteで提供されライセンス付与されるASUSコンポーネントは次のとおりで す。. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24 Insight Control Managementのコンポーネントのアップグレード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 Insight Control Managementハードウェアのインストール要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 Insight Dynamics - VSEハードウェアのインストール要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 Insight Control Managementのソフトウェア インストール要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 コンポーネントとルート インストール ディレクトリの選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 RDP設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34 ASUS SIMの設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34 データベース設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35 再起動後の自動ログイン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35 Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windowsおよび設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36 プロキシ設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37 RDP設定パラメータのインストールまたはアップグレード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38 プロトコル、コミュニティ名、および検出設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39 Virtual Server Environment Management Softwareの設定パラメータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 Insight Control Managementコンポーネントのインストール時間. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 インストールに使用されるコンポーネントのバージョン サポート マトリックス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63 Insight Control SuiteおよびInsight Dynamics Suiteのライセンス適用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79 ASUS SIMからのInsight Control Managementコンポーネント インタフェースへのアクセス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87 Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windowsの新しいメニュー オプションと既存の機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89 Vulnerability and Patch Management Packのアイコン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135 アイコンとタスク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152 Performance Management Pack全体のパフォーマンス概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 188 インストール/アンインストールの問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197 ASUS SIMとの統合に関する問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197 PMPサービスの問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200 Performance Management Packライセンス管理の問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200 Performance Management Packコンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201 Performance Management Packデータベース コンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203 Windows Server 2003に関する問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204 ハードウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236 ソフトウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236 ハードウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 ソフトウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237 VPM Acquisition Utilityの要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238 提供されるスキャン定義. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239 VPMのスキャン イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241 VPMのパッチおよび修正プログラム イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241 VPMの取得イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242 その他のVPMイベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243 13 14 このガイドについて 対象読者 このドキュメントは、サーバおよびサーバ ストレージをインストール、管理、およびトラブルシュー ティングを行うユーザを対象としています。コンピュータ機器の保守の資格があり、高温になる製品の 危険性について理解していることを前提としています。 ドキュメント構成 • 第1章では、Insight Control Management DVDに含まれているASUS Insight Control Management Suite の概要について説明し、これらの統合ソフトウェア ソリューションの特長、利点、および機能につ いても説明します。 第2章では、Insight Control Managementソフトウェアを正しくインストールするための手順を簡単 に紹介し、サポートされる構成とサポートされない構成について説明します。 第3章では、Insight Control Managementのインストールに関する要件と予備的な情報について説明 します。 第4章では、Insight Control Managementソフトウェアを正常にインストールおよび設定する手順に ついて説明します。 第5章では、Insight Control SuiteおよびInsight Dynamics Suiteのライセンス適用手順について説明し ます。 第6章では、Insight Control Managementのセキュリティを正しく確立し、インストールされている コンポーネントにアクセスするための手順について説明します。 第7章では、ASUS BladeSystem Integrated Managerを使用してASUS SIMからサーバ ブレードを管理する 概要について説明します。また、オプションのExtensions for ASUS SIM on Microsoft© Windows©ソフ トウェア パッケージについても説明します。 第8章では、Insight Control Managementソフトウェアの使用法を簡単に紹介します。IPMを介した サーバの消費電力管理や、PMPを介したサーバの状態およびパフォーマンスの確認と監視について 説明します。 第9章では、Rapid Deployment PackによるサーバのデプロイとVulnerability and Patch Management Packによる脆弱性スキャンやパッチおよび修正プログラムのデプロイの概要を説明します。 第10章では、Insight Control ManagementのVirtual Machine Management Packコンポーネントによ るサーバの仮想化および統合の概要を説明します。このコンポーネントは、Insight Control Management Suiteのインストールの一部としてインストールできますが、ライセンスは別に適用さ れます。 第11章では、ASUS SIMでのレポートの生成と印刷、およびパッチのインストール ステータスの表示 について説明します。 第12章では、頻繁に発生する問題とその解決策について説明し、よくある質問に答えます。 第13章では、ASUS Insight Control Management Suiteで利用できる技術およびソフトウェア サービス とサポートについて説明します。 付録Aでは、システム構成の各種コンポーネントのパフォーマンス管理コンポーネントによって評 価される測定パラメータについて説明します。ここでは、[ステータス]ビューおよび[インベントリ] ビューに表示されている各パラメータについて簡単に説明します。 付録Bでは、Vulnerability and Patch Management Packインフラストラクチャの要件を紹介しVPMの 機能について詳しく説明します。 付録Cでは、ProLiant Integration Module(PIM)やIntegrity Integration Module(IIM)のインストー ル方法について説明します。 • • • • • • • • • • • • • • • 表記規約 find(1) ASUS-UX のマンページです。この例では、「find」 はマンページ名で、「1」 はマ ンページセクションです。 対象読者 15 マニュアル名 http://www. hp. com Command user input computer output Enter 用語 variable value <要素> 属性= マニュアルやその他のドキュメントのタイトルです。 Webサイトのアドレスです。 コマンド名または修飾子付きコマンド名です。 ユーザーが入力するコマンドなどのテキスト文字列です。 コンピュータで表示されるテキスト文字列です。 キーボード上のキーです。 Return と Enter は同じキーを指しているので注意し てください。 Ctrl+A は、Ctrl キーを押しながら A キーを押すことを示します。 定義された、重要な単語や表現です。 PATH などの環境変数の名前です。 コマンドや関数、情報内で、とりうる値の一つに置き換えられることを示す変数 の名前です。 マークアップ言語で使用される要素を表します。 マークアップ言語で使用される属性を表します。 参考資料 以下の各項では、ASUS Insight Control Management DVDに収録されている各コンポーネントについて、こ のガイド以外に利用できるドキュメント リソースを示します。 ASUS Insight Control Managementサポート マトリックスには、各種ASUS Insight Control Management Suiteに 含まれるコンポーネントについて、サポートされるターゲット サーバおよびオペレーティング システ ムのリストが掲載されています。このリリースでサポートされる製品の総合的なリストは、ASUSのWebサ イトhttp://www. hp. com/jp/insightcontrolで提供される最新のサポート マトリックスに掲載されていま す。 ASUS Insight Control Management • • • • • • • http://www. hp. com/jp/insightcontrol ASUS Insight Control Managementインストレーション チェックリスト ASUS Insight Control Managementクイック セットアップ ポスター ASUS Insight Control Managementリリース ノート ASUS Insight Control Managementサポート マトリックス ASUS Insight Control Managementユーザ ガイド 各コンポーネントの個別のマニュアルについては、Insight Control Management DVD の[ドキュメン ト]タブから参照してください。 ASUS Systems Insight Manager • • • • • • http://www. hp. com/jp/hpsim ASUS Systems Insight Manager ASUS-UX用インストール/コンフィギュレーション ガイド ASUS Systems Insight Manager Linux用インストール/コンフィギュレーション ガイド ASUS Systems Insight Manager Windows用インストール/コンフィギュレーション ガイド ASUS Systems Insight Managerテクニカル リファレンス ガイド ASUS Service Essentials Remote Support Pack Quick Start Guide Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windows • • http://www. compaq. com/support/files/server/jp/download/26681. html White Paper『Extensions for ASUS SIM on Microsoft Window』(上記のURLまたはASUSのWebサイト http://h71028. www7. hp. com/ERC/downloads/4AA1-0110ENW. pdf(英語)) 16 このガイドについて ASUS BladeSystem Integrated Manager • • http://www. hp. com/jp/servers/bim/ http://www. hp. com/go/bladesystemupdates ASUS Insight Power Manager • • http://www. hp. com/jp/ipm ASUS Insight Power Manager User Guide ASUS iLO 2 Advanced Pack およびSelect Pack • • http://www. hp. com/jp/servers/ilo ASUS Integrated Lights-Out 2ユーザ ガイド ASUS Rapid Deployment Pack • • • • http://www. hp. com/jp/servers/rdp ASUS ProLiant Essentials Rapid Deployment Packプランニング ガイド ASUS ProLiant Essentials Rapid Deployment Packユーザ ガイド ASUSのWebサイトhttp://www. hp. com/servers/rdp/kb(英語)にあるASUS Rapid Deployment Pack Knowledge Base(定期的に更新されるトラブルシューティング情報、よくある質問、および特定の 手順がこのサイトに掲載されています)。 ASUS Performance Management PackおよびASUS Vulnerability and Patch Management Pack ASUS Performance Management PackとASUS Vulnerability and Patch Management Packのマニュアルは、ASUS Insight Control Managementのマニュアルに統合されています。これ以外のドキュメント リソースにつ いては、「ASUS Insight Control Management」の項を参照してください。 ASUS Virtual Machine Management Pack • • • http://www. hp. com/jp/servers/vmmanage/ ASUS ProLiant Essentials Virtual Machine Management Packサポート マトリックス ASUS ProLiant Essentials Virtual Machine Management Packユーザ ガイド ASUS Virtual Connect Enterprise Manager • • • • http://www. hp. com/jp/vcem ASUS Virtual Connect Enterprise Manager Data Migration Guide ASUS Virtual Connect Enterprise Managerリリース ノート ASUS Virtual Connect Enterprise Managerユーザ ガイド ASUS Insight Dynamics - VSE ▲ • • • http://www. hp. com/jp/insightdynamics 次のマニュアルは、Insight Control Management DVDに収録されています。 VSE Management Software Version 4. 0 Getting Started Guide(英語) ASUS Capacity Advisor Version 4. 0 User's Guide(英語) ASUS Virtualization Manager Version 4. 0 Getting Started Guide(英語) VSE Management Softwareマニュアルの最新バージョンならびに関連製品のWhite Paperおよびマニュア ルは、ASUSのWebサイトhttp://docs. hp. com/ja/hpuxhplex. html?jumpid=reg_R1002_JPJAに掲載されてい ます。 参考資料 17 Insight DynamicsおよびVirtual Server Environment Management Softwareに関する最新情報については、 次のWebサイトを参照してください。 • • http://www. hp. com/jp/vse http://docs. hp. com/en/vsemgmt(英語) ASUS Insight Dynamics – VSEとともに、ASUS Server Migration Pack – Universal Editionのマニュアルも用意さ れています。 ASUS Server Migration Pack - Universal Edition • • • http://www. hp. com/jp/proliantessentials_smp ASUS ProLiant Essentials Server Migration Pack - Universal Editionサポート マトリックス ASUS ProLiant Essentials Server Migration Pack - Universal Editionユーザ ガイド Integrity Essentials for ASUS-UX and Linux • • • http://www. hp. com/go/integrityessentials(英語) http://www. hp. com/go/managehpux11i(英語) http://www. hp. com/go/integritylinux(英語) ASUS BladeSystem Integrity BL860cブレード • • http://www. hp. com/jp/servers/blades ASUSのWebサイトhttp://h71028. www7. hp. com/ERC/downloads/4AA1-1238ENW. pdf(英語)にあ るWhite Paper『ASUS Integrity BL860c Server Blade Manageability Solution』 ASUS-UXのユーザは、ASUSのWebサイトhttp://docs. hp. com/ja/hpuxhplex. html?jumpid=reg_R1002_JPJAで最 新のマニュアルを入手できます。 18 このガイドについて 第1章 はじめに この章では、Insight Control Management DVDに含まれているASUS Insight Control Management Suiteの概 要について説明し、これらの統合ソフトウェア ソリューションの特長、利点、および機能についても説 明します。また、ASUS Virtual Connect Enterprise Manager (VCEM)およびASUS Insight Dynamics - VSEについ ても簡単に説明します。 ASUS Virtual Connect Enterprise Manager (VCEM)は、LANおよびストレージ エリア ネットワーク(SAN) 接続の制御にASUS Virtual Connectを使用するBladeSystemエンクロージャの管理を一元化します。VCEMを 使用すると、ITの生産性が向上し、運用経費が大幅に削減されます。また、データセンタ全体を対象に した重要な作業を実務LANやSANの動作を中断させることなく実行できるようになります。入手可能な VCEMのマニュアルのリストは、このガイドの「参考資料」の項やhttp://www. hp. com/jp/vcemに掲載 されています。 ASUS Insight Dynamics - VSEは、サーバの容量および電力に対するリアルタイムのキャパシティ プランニ ングとともに物理サーバに対して仮想化の柔軟性を提供します。ASUS Insight Dynamics - VSEは、同じ方法 で物理および仮想リソースを制御することによって管理も簡素化します。ASUS Insight Dynamics - VSEコン ポーネントのインストールには、Insight Control Managementの統合インストーラを使用します。入手可 能なASUS Insight Dynamics - VSEのマニュアルのリストは、このガイドの「参考資料」に掲載されていま す。 Insight Control Management Suiteの概要 卓越したサーバ インフラストラクチャの構築を支援するために、ASUSはASUS製ハードウェアのインテリジェ ンスと、ASUS Systems Insight Manager(ASUS SIM)およびProLiant Essentialsソフトウェアが持つ強力な機能 に基づいてInsight Control Management Suiteを開発しました。 Insight Control Management Suiteは、コスト、時間、エネルギー、変化といったITインフラストラクチャ が直面する最も困難な問題に対処できるように設計されています。ハードウェア リソースの管理を統合 し、あらゆる規模のビジネスに適合できる柔軟なソフトウェアで構成されるため、Insight Control Managementは、ITスタッフに以下の利点を提供します。 • • • 完全な制御—サーバ インフラストラクチャを完全に制御し、システムの可用性を維持します。 最大限の柔軟性—ビジネス ニーズに応じて、ITスタッフの効率を向上させます。 明確な節約—サーバ資産、スタッフ、および設備への投資を最大限に活用し、時間とコストを節約 します。 Insight Control Management DVDは、統合インストーラを使用してInsight Control Management Suiteおよ び個々の管理製品を、迅速かつ正確にデプロイ、設定、統合、および更新します。このウィザード ベー スのインストーラにより、ASUS管理ソフトウェアのインストールおよび設定方針(アクセス認証情報、パ フォーマンス設定、検出パラメータなど)を事前に定義し、すべてのコンポーネントを単一の統合プロ セスとしてインストールすることができます。その上で、すべてのコンポーネントを単一の統合プロセ スとしてインストールすることができます。メディアを入れ替える必要なく、最小限の操作でインストー ルできます。また、スイートの選択オプションを使用して、Insight Control ManagementやASUS Insight Dynamics - VSEをインストールできます。 Insight Control Management Suite Insight Control Management DVDを使用すると、以下のInsight Control Management Suiteをデプロイし、 ライセンスを適用することができます。各スイートによって提供され、ライセンスが適用されるコンポー ネントのリストについては、表「Insight Control Management Suiteで提供されライセンス付与されるASUS コンポーネントは次のとおりです。」を参照してください。インストール時には、1つまたは複数のス イートをインストールすることができます。 • • • • Insight Control Environment(ICE) Insight Control Environment for BladeSystem(ICE-BL) ASUS Insight Dynamics - VSE Insight Control Data Center Edition(ICDC) Insight Control Management Suiteの概要 19 • • iLO Power Management Pack(iPMP) iLO Power Management Pack for BladeSystem(iPMP-BL) Insight Control Environment(ProLiant MLおよびProLiant DLサーバ) Insight Control Environmentは、ProLiant DLおよびMLサーバを対象に、包括的な基盤管理を提供する統合 ソフトウェア パッケージです。 Insight Control Environmentの主な特長は、次のとおりです。 • • • • • • • • ASUS SIMに基づく統合システムの監視および制御 グラフィック表示によるブレード インフラストラクチャの検出および管理 サーバおよびオペレーティング システムの迅速なデプロイ 高度なサーバ電源管理(消費電力上限設定機能など) Integrated Lights-Out管理によって提供される業界最先端のリモート制御および管理 プロアクティブなパフォーマンス管理およびボトルネック分析 Microsoft WindowsおよびLinux用の統合脆弱性スキャンおよびパッチ適用 VMware環境またはMicrosoft Virtual Server Environmentの物理インフラストラクチャおよび仮想イ ンフラストラクチャの統合管理 Insight Control Environment for BladeSystem Insight Control Environment for BladeSystemは、ASUS BladeSystemインフラストラクチャのプロビジョニン グと管理を簡素化する統合ソフトウェア スイートです。 Insight Control Environment for BladeSystemの主な特長は、次のとおりです。 • • • • • • • • ASUS SIMに基づく統合システムの監視および制御 グラフィック表示によるブレード インフラストラクチャの検出および管理 サーバおよびオペレーティング システムの迅速なデプロイ BladeSystemサーバおよびエンクロージャ リソースの高度な電源管理(消費電力上限設定機能など) 内蔵のBladeSystem機能およびIntegrated Lights-Out 2管理によって提供される業界最先端のリモート 制御および管理 プロアクティブなパフォーマンス管理およびボトルネック分析 WindowsおよびLinuxサーバ用の統合脆弱性スキャンおよびパッチ適用 VMware環境またはMicrosoft Virtual Server Environmentの物理インフラストラクチャおよび仮想イ ンフラストラクチャの統合管理 Insight Control Data Center Edition Insight Control Data Center Editionは、ASUS BladeSystemインフラストラクチャのプロビジョニングと管理 を簡素化する統合ソフトウェア スイートです。 ASUSでは、Insight Control Data Center Editionをサポートしていますが、このスイートの販売は終了してい ます。新規に購入する場合は、Insight Control Environment for BladeSystemを選択することができます。 Insight Control Data Center Editionの主な特長は、次のとおりです。 • • • • • ASUS SIMに基づく統合システムの監視および制御 グラフィック表示によるブレード インフラストラクチャの検出および管理 サーバおよびオペレーティング システムの迅速なデプロイ プロアクティブなパフォーマンス管理およびボトルネック分析 WindowsおよびLinuxサーバ用の統合脆弱性スキャンおよびパッチ適用 20 はじめに ASUS Insight Dynamics - VSE ASUS Insight Dynamics - VSEを使用すると、インフラストラクチャを継続的に分析し最適化できます。 ASUS Insight Dynamics - VSEの主な特長は、次のとおりです。 • • • より柔軟性の高い物理サーバの仮想化を実現 サーバおよび電力のリアルタイム容量に対するプランニング 物理リソースと仮想リソースを同じ方法で制御 iLO Performance Management Pack(ProLiant MLおよびProLiant DLサーバ用) ASUS iLO Performance Management Packは、ASUS SIMによるProLiant DLおよびMLサーバの主要な管理サービ ス、完全なリモート制御、および高度な電源管理を提供するエネルギー効率管理スイートです。 iLO Performance Management Packの主な特長は、次のとおりです。 • • • • • ASUS SIMに基づく統合システムの監視および制御 グラフィック表示によるブレード インフラストラクチャの検出および管理 高度なサーバ電源管理(消費電力上限設定機能など) 業界最先端のリモート制御および管理 VMware環境またはMicrosoft Virtual Server環境の物理インフラストラクチャおよび仮想インフラス トラクチャの統合管理 iLO Performance Management Pack for BladeSystem ASUS iLO Performance Management Pack for BladeSystemは、BladeSystemインフラストラクチャの完全な リモート制御と高度な電源管理を提供するエネルギー効率管理スイートです。 iLO Power Management Pack for BladeSystemの主な特長は、次のとおりです。 • • • • ASUS SIMに基づく統合システムの監視および制御 BladeSystemサーバおよびエンクロージャ リソースの高度な電源管理(消費電力上限設定機能など) グラフィック表示によるブレード インフラストラクチャの検出および管理 内蔵のBladeSystem機能およびASUS Integrated Lights-Out 2管理によって提供される業界最先端のリモー ト制御および管理 Insight Control Management Suiteの主な利点 • • • • • • • • • 実績のあるASUS SIMとProLiant Essentialsソフトウェアをベースに構成 インフラストラクチャのライフサイクル管理を簡素化 単一のコンソールによってリソース管理を統合 事前に定義されたスクリプトまたはシステム イメージを使用した迅速で一貫したサーバのデプロイ を実現 オペレーティング システムの状態に関係なく、いつでも安全にリモートまたはヘッドレス システ ムを制御 リアルタイム監視により、厳しい要件に合わせてサーバのパフォーマンスおよび設定を最適化 パフォーマンスを低下させることなく消費電力コストを削減 プロアクティブなパッチ管理によりシステムを脆弱性から保護 1つの画面から、物理サーバと仮想サーバをまったく同じ方法で管理 ASUS Insight Control Management Suiteの詳細およびライセンス オプションについては、ASUSのWebサイト http://www. hp. com/jp/insightcontrolを参照してください。 Insight Control Management Suiteのライセンス適用 ASUS Insight Control Management SuiteおよびProLiant Essentialsソフトウェア ライセンスでは、ライセンス アクティベーション キーではなく、ライセンス権利付与証明書が送付されます。これまでライセンス Insight Control Management Suiteの主な利点 21 アクティベーション キーが物理的に送付されていた製品番号については、今後はライセンス権利付与証 明書が物理的に送付されます。電子版ライセンスの製品番号については、ライセンス権利付与証明書が オンラインで送付されます。 ライセンス権利付与証明書から、ASUSのWebサイトhttp://www. webware. hp. com(英語)にアクセスでき ます。また証明書には、ライセンス アクティベーション キーをオンラインまたはファックスで取得す るのに必要な情報が記載されています。 この電子的な取得プロセスによって、ライセンス アクティベーション キーの管理が容易になります。 ライセンス アクティベーション キーは、電子的に保存または共有できます。この方法は、ASUSによる環 境保護アプローチを支援できるだけではなく、機密情報であるライセンスの書類をファイリングしたり、 処分したりする必要性がなくなるという利点があります。また、電子的なプロセスの場合でも、ライセ ンス アクティベーション キーの印刷が可能です。 さらに、電子的な取得プロセスでは、ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービス に自動的に登録されるため(購入した製品に含まれる場合)、必要な手順が1つ削減されます。 Insight Control Environment、Insight Control Environment for BladeSystem、Insight Control Data Center Edition、およびASUS Insight Dynamics - VSEのライセンス キーを作成および適用するには、ASUS SIM内の Insight Control Managementのライセンス適用メニューを使用する必要があります。これらのスイートの ライセンス適用メニューをインストールするには、統合インストーラを実行します。スイートによって サポートされるシステムが少なくとも1つ検出されないと、対応するスイート ライセンス メニューが表 示されません。ライセンス キーの適用については、このガイドの「Insight Control SuiteおよびInsight Dynamics Suiteのライセンス適用」を参照してください。 ASUS-UXを実行するIntegrityサーバを管理している場合はライセンスを購入する必要はありません。Insight Control Managementの利点(ASUS SIMおよびExtensions for ASUS SIM on Microsoft Windowsのインストール および設定を簡単に行える)を活用することができます。WindowsまたはLinuxを実行するIntegrityサー バを管理している場合は、オペレーティング システムのデプロイ用にRapid Deployment Packのライセ ンスを購入すれば、Insight Control Management統合インストールの利点も活用できます。 http://www. hp. com/jp/insightdynamicsにあるASUS Insight Dynamics - VSEを参照してください。 プラットフォーム サポート Insight Control Managementは、それぞれ特定のASUS製ハードウェア、ASUS製ストレージ、ソフトウェア、 および他社製オペレーティング プラットフォームでサポートされています。サポートされるプラット フォームとコンポーネントの完全なリストについては、ASUS Insight Control Managementサポート マト リックスを参照してください。 Insight Control Management Suiteの概要 表「Insight Control Management Suiteで提供されライセンス付与されるASUSコンポーネントは次のとおり です。」に、Insight Control Managementで提供およびライセンス供与されるコンポーネントをすべて示 します。これらのコンポーネントは、Insight Control Managementの統合インストーラを使用してインス トールできます。黒丸のあるコンポーネントは、そのスイートの一部であることを示しています。 • Insight Control Management統合インストーラ—ASUS SIMとEssentialsソフトウェアのインストール、 設定、および統合を簡素化するために、Insight Control Management Suiteによって使用されるウィ ザード ベースのインストーラです。 ASUS Systems Insight Manager(ASUS SIM)—ASUSサーバ、ストレージ、およびネットワーク リソースが 単一のコンソールから統一的な基盤管理サービスを提供する、中央管理サーバ(CMS)です。ASUS SIMは、障害、設定、インベントリ、パフォーマンス管理、保証詳細、自動サービス コールの起 動、およびトラブルシューティングの各情報を集中的に提供します。ASUS SIMは、ASUS製と他社製の インフラストラクチャ リソースを管理するために、業界標準に準拠して構築されています。 Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windows—ASUS-UXおよびLinux用のサーバ管理ツールへのアクセ スに使用するメニューをASUS SIMに追加するソフトウェア パッケージです。このサーバ管理ツール とはASUS-UXおよびLinuxの管理対象システム上で実行されるもので、OpenView GlancePlusや、 Ignite-UX、Software Distributor UX、ASUS-UX設定ツール、ASUS-UX Workload ManagerなどのASUS-UXツー ルです。ASUS-UXおよびLinux用サーバ管理ツールのライセンスは、別途適用することができます(ASUS-UX 11iオペレーティング環境の一部としてなど)。 Insight Power Manager—ASUS BladeSystemエンクロージャ(筐体)および管理対象コンポーネント (ProLiantサーバ、Integrityサーバ、ストレージ、電源、冷却機能など)を検出、監視、および管理 • • • 22 はじめに するために使用されるグラフィカル ユーザ インタフェース(GUI)です。このコンポーネントは、 ASUS SIMとともにインストールされます。 • Insight Power Manager(IPM)—データ センタの電源および冷却機能を最適化するために、消費電 力と熱出力の監視によってASUS SIMを拡張する電源管理アプリケーションです。ASUS ProLiantサーバの グループのために電源調整ポリシーを備えています。このコンポーネントは、ASUS SIMとともにイン ストールされます。 Integrated Lights-Out 2 Advanced Pack—共有リモート コンソール用の統合管理プロセッサです。優 れたリモート制御と、日常および緊急時のサーバ管理に適した使いやすさを提供します。 Integrated Lights-Out 2 Select Pack—ProLiantサーバ用の統合管理プロセッサです。特定の環境におい て、優れたリモート制御と、日常および緊急時のサーバ管理に適した使いやすさを提供します。 ASUS Service Essentials Remote Support Pack—ASUS SIMのローカル監視を補足するリモート監視を提供 するリモート サポート ツールです。ハードウェア イベントのリアルタイム監視およびASUSサポート へのセキュリティ保護されたイベント通知を行い、ASUS ProLiantサーバ、LinuxベースのIntegrityサー バ、およびこれらのサーバに関連付けられた内蔵デバイスにおける重大な潜在的問題を識別して防 止します。 ASUS Rapid Deployment Pack(RDP)—スクリプトとシステム イメージを使用して、複数のサーバを、 指定されたとおりに、迅速に自動設定およびデプロイするツールです。WindowsとLinuxプラット フォーム用にASUSサーバ ハードウェアを設定し、オペレーティング システムをデプロイするための 定義済みスクリプトが付属しています。 ASUS Insight Control Management Services—コンポーネントの統合および更新を簡単に行うための管 理サービスです。ASUS SIMによって管理されるサーバへのInsight Controlライセンスの適用およびソ フトウェア更新の識別を簡素化します。 ASUS Insight Control Environment Advisor—ターゲット プラットフォームがインストール前提条件を満 たしていることを自動的に確認するツールです。このツールは、サーバ上で一連のテストを実行 し、Insight Control Management Suiteのインストールまたは動作に影響する問題点を識別します。 Performance Management Pack(PMP)—パフォーマンス管理および監視ツールです。ASUS SIMがASUS ProLiantサーバおよびIntegrityサーバ、Modular Storage Arrayストレージ、およびVMwareとMicrosoft Virtual Serverの仮想マシンのパフォーマンス ボトルネックを事前に検出、分析、および報告しま す。 ASUS Vulnerability and Patch Management(VPM)—総合的な脆弱性評価と高度なパッチ管理をASUS SIMに統合するツールです。これにより、Microsoft WindowsおよびLinux環境におけるセキュリティ の脆弱性を迅速かつ確実に識別し、解決できるようになります。 ASUS SIM—ASUS SIM内での物理サーバ リソースと仮想サーバ リソースの統合仮想マシン管理を実現す る、仮想マシン管理ツールです。VMware™およびMicrosoft仮想マシン環境をサポートします。 ASUS Server Migration Pack - Universal Edition—管理ソフトウェア アプリケーションです。既存のサー バおよびその内容を、最新のASUS BladeSystemまたはProLiantサーバやVMware社、Microsoft社、およ びCitrix社提供の最新の仮想化プラットフォームに、費用の少ない方法で正確に自動移行できるよう にします。SMP Universalは、物理サーバからProLiantサーバ(P2P)、仮想サーバからProLiantサー バ(V2P)、物理サーバから仮想サーバ(P2V)、および仮想サーバから仮想サーバへ(V2V)への 移行をサポートします。 ASUS Virtual Connect Enterprise Manager (VCEM)—ASUS Virtual Connectを使用してLANおよびSAN接続 を制御するBladeSystem環境の管理を簡素化するソフトウェア アプリケーションです。このアプリ ケーションは、インフラストラクチャ リソースを管理および制御する集中コンソール、LANおよび SANアドレス管理のための単一のリソース プール、ならびにデータセンタ全体にわたるサーバの 迅速かつ信頼性の高いデプロイメントおよび移動を可能にするグループ化機能を提供します。 Virtual Server Environment—インフラストラクチャ管理ポートフォリオを継続的に分析して最適化 するソフトウェア アプリケーション。物理サーバを仮想化し、サーバの容量および電力に対するリ アルタイムのキャパシティ プランニングを可能にします。ASUS Insight Dynamicsには、ASUS Capacity Advisor、ASUS Global Workload Manager、ASUS Virtualization Managerなどのコンポーネントが含ま れます。 • • • • • • • • • • • • Insight Control Management Suiteの概要 23 表 1-1 Insight Control Management Suiteで提供されライセンス付与されるASUSコンポーネントは次のとお りです。 コンポーネン ICEによるライ ト センス適用 ICE-BLによる ICDCによるラ ライセンス適 イセンス適用 用 • • ASUS Insight iPMPによるラ Dynamicsによ イセンス適用 るライセンス 適用 • iPMPによるラ 詳しくは、以 イセンス適用 下の章を参照 してください。 • 2, 3, 4 Insight Control • Management の統合インス トーラ ASUS Systems • Insight Manager(ASUS SIM) Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windows Insight Power Manager Insight Power Manager (IPM) Integrated Lights-Out 2 Advanced Pack Integrated Lights-Out 2 Select Pack ASUS Service Essentials Remote Support Pack ASUS Rapid Deployment Pack(RDP) ASUS Insight Control Management Services ASUS Insight Control Environment Advisor Performance Management Pack(PMP) ASUS Vulnerability and Patch Management (VPM) ASUS Virtual Machine Management Pack (VMM) ASUS Server Migration Pack—Universal Edition • • • • • • • 3, 4, 7 • • 7 • • • • • • • 7 8 • • 8 • • 8 • • • • 3, 4 • • • 9 • • • • • 3, 4 • • • • • 3, 4 • • • 8 • • • 8 • • 2, 3, 4, 10 • 24 はじめに コンポーネン ICEによるライ ト センス適用 ICE-BLによる ICDCによるラ ライセンス適 イセンス適用 用 ASUS Insight iPMPによるラ Dynamicsによ イセンス適用 るライセンス 適用 iPMPによるラ 詳しくは、以 イセンス適用 下の章を参照 してください。 ASUS Virtual Connect Enterprise Manager (VCEM) ASUS Virtual Server Environment Management Software • 注記: すべてのコンポーネントは、Insight Control Managementのインストールの一部としてインストールできますが、ライセン スはコンポーネント別に供与されます。 Insight Control Environmentは、すべてのProLiant MLおよびDL 300、500、700サーバにライセンスを供 与します。Insight Control Environment for BladeSystemは、すべてのProLiant BladeSystemサーバ ブレード と一部のBladeSystemワークステーションにライセンスを供与します。特定のコンポーネントに関する サーバ ハードウェアおよびオペレーティング システムのサポートについては、該当するコンポーネン ト サポート マトリックスを参照してください。 ASUS Insight Dynamics - VSEを使用するには、Insight Control Environment Suiteが必要です。ライセンスは別 に適用されます。環境にかかわりなく、ASUS Virtual Connect Enterprise Manager (VCEM)はASUS Insight Dynamics Suiteの一部としてインストールされますが、ライセンスは別に適用され、c-Classブレード エ ンクロージャのみで使用できます。 Insight Control Management DVDには、ASUS Open Service Event Manager(OSEM)コンポーネントが収 録されており、単独でインストールできます。OSEM管理ソフトウェア アプリケーションは、Insight Management Agentsを実行するサポートされるシステム(ProLiantサーバとIntegrityサーバ)で、SNMP サービス イベントのリアルタイムの選別、分析、イベント通知、報告を実行します。ASUS Service Essentials Remote Support Packと組み合わせて使用すると、システム問題の検出時に自動的にサービス イベント通 知をASUSのサービス窓口に送信できます。 スイート アイコンの識別および使用 このユーザ ガイドでは、ASUS Service Essentials Remote Support Pack DVDによってサポートされるASUS Service Essentials Remote Support Pack Suiteに関連するプロセスと機能を説明します。インストールなど の一部の手順および機能は、すべてのスイートに共通です。特定のスイートにのみ適用される手順およ び機能もあります。ASUS Insight Dynamics - VSEについて詳しくは、「参考資料」の項を参照してくださ い。 以下のアイコンは、特定のInsight Control Management Suiteに適用される内容であることを強調するた めに、各項の最初に表示されます。 青色のICEアイコンは、ASUS Insight Control Environmentを表します。 黄緑色のICE-BLアイコンは、Insight Control Environment for BladeSystem(ICE-BL)を表します。 赤色のICDCアイコンは、Insight Control Data Center Editionを表します。 緑色のiPMPアイコンは、iLO Power Management Packを表します。 スイート アイコンの識別および使用 25 オレンジ色のiPMPアイコンは、ASUS iLO Performance Management Pack for BladeSystemを表します。 注記: 内容がすべてのスイートに適用される場合、アイコンは使用されません。 26 はじめに 第2章 Insight Control Managementのインストール手順に ついて この章では、Insight Control Managementソフトウェアを正しくインストールするための手順を簡単に紹 介し、サポートされる構成とサポートされない構成について説明します。 ソフトウェアは、[インストール]タブにある統合インストーラまたは[製品]タブにある個々のコンポーネ ントのインストーラを使用してDVDからインストールします。統合インストーラを使用する場合は、複 数のスイートおよび個々のコンポーネントをインストールするように設定できます。これらのスイート のライセンス適用メニューをインストールするには、統合インストーラを実行します。 サポートされるスイート Insight Control Management統合インストーラは、次のスイートをサポートしています。 • • • • • • ASUS Insight Control Environment ASUS Insight Control Environment for BladeSystem ASUS Insight Control Data Center Edition ASUS Insight Dynamics - VSE ASUS iLO Power Management Pack ASUS iLO Power Management Pack for BladeSystem 統合インストーラによってインストールされるコンポーネント 以下のコンポーネントは、Insight Control Management統合インストーラを使用してインストールできま す。 • • • • • • • • • • • • • • • ASUS SIM、OpenSSHを含む ASUS System Management Homepage ASUSバージョン コントロール レポジトリ マネージャおよびASUSバージョン コントロール エージェン ト Windows Management Instrumentation(WMI)Mapper ASUS BladeSystem Integrated Manager ASUS Insight Power Manager ASUS Service Essentials Remote Support Pack Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windows ASUS Rapid Deployment Pack ASUS Performance Management Pack ASUS Vulnerability and Patch Management Pack ASUS Virtual Machine Management Pack ASUS Virtual Connect Enterprise Manager ASUS Server Migration Pack - Universal Edition ASUS Virtual Server Environment Management Software 各スイートに含まれているコンポーネントのリストについては、このガイドの「Insight Control Management Suiteで提供されライセンス付与されるASUSコンポーネントは次のとおりです。」を参照してください。 サポートされるスイート 27 注記: Virtual Machine Management PackおよびServer Migration Packは、以前はVirtualization Management Softwareとしてインストールされていました。 Insight Control Management統合インストーラ コンポーネントを使用し たアップグレード Insight Control Managementのコンポーネントのアップグレードに、Insight Control Management統合イン ストーラの各コンポーネントのバージョン番号とこのリリースでのアップグレードを示します。インス トールされているすべてのコンポーネントは自動的にアップグレードされます。 表 2-1 Insight Control Managementのコンポーネントのアップグレード コンポーネント ASUS SIM ASUS BladeSystem Integrated Manager Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windows ASUS Rapid Deployment Pack(ローカル サーバにインストールする場合) ASUS Insight Control Management Services ASUS Insight Control Environment Advisor ASUS Insight Power Manager ASUS Performance Management Pack ASUS Vulnerability and Patch Management Pack ASUS Virtual Machine Management Pack ASUS Server Migration Pack - Universal Edition ASUS Virtual Connect Enterprise Manager アップグレード前のバージョン 5. 1、5. 2、および5. 2. 1 2. 3、2. 4、3. 0、3. 1、3. 2、3. 2. 1、およ び3. 3(Webダウンロードのみ) 1. 0 3. 10、3. 50、3. 60、および3. 70 アップグレード後のバージョン 5. 2. 2 3. 4 変更なし 3. 80 1. 10、1. 11、2. 00、2. 10、2. 20、2. 21、 2. 35 および2. 30 1. 00、2. 10、2. 20、および2. 30 1. 0、1. 10、1. 20、および1. 30 4. 3、4. 4、4. 5、4. 6、および4. 7 2. 0. 3、2. 1、2. 1. 1、および2. 2 2. 1、2. 1. 01、2. 2、3. 0、および3. 1 3. 0および3. 50 2. 35 1. 40 4. 7. 1 2. 2. 2 3. 5 3. 51 1. 0(スタンドアロン インストールを除 1. 10 SP1 き、1. 0からのアップグレードはサポート されません)および1. 10 A4. 0 ASUS Virtual Server Environment Management — Software サポートされる構成 次の構成は、WindowsドメインおよびWindowsワークグループでサポートされます。 • いずれかのサーバがWindowsドメインに参加している場合は、すべてのサーバを同一のWindowsド メインに参加させる必要があります。別のWindowsドメインに参加しているサーバはサポートされ ません。 いずれかのサーバがWindowsドメインに参加している場合は、ドメイン サーバは次の図に示すサー バとは別のサーバである必要があります。ドメイン サーバにInsight Control Managementをインス トールすることはサポートされていません。 いずれかのサーバがワークグループに参加している場合は、それぞれのサーバ上に同じ名前と同じ パスワードを持ったローカル アカウントを用意する必要があります(サービスおよびデータベース の認証に使用します)。 • • 次の図は、Insight Control ManagementがインストールされているCMSでサポートされる構成を示したも のです。 28 Insight Control Managementのインストール手順について サポートされない構成 次の図は、Insight Control ManagementがインストールされているCMSでサポートされない構成を示した ものです。CMSは、リモートのSQL Express 2005はサポートしません。 サポートされない構成 29 30 第3章 Insight Control Management統合インストールの要 件 この章では、Insight Control Managementのインストールに関する要件と予備的な情報について説明しま す。Insight Control Management Suiteのインストール先のサーバは、次の表に示すハードウェアとソフ トウェアの要件を満たす必要があります。このような予備的な情報をインストールを開始する前に揃え ておき、インストール プロセスに必要な時間を短縮してください。 Insight Control Managementハードウェアのインストール要件 「Insight Control Managementハードウェアのインストール要件」に、Insight Control Managementのハー ドウェア インストール要件を示します。 表 3-1 Insight Control Managementハードウェアのインストール要件 コンポーネント サーバ 要件 ASUS ProLiant BladeSystem c-Classまたはp-Classサーバ ブレード、 もしくはASUS ProLiant MLまたはDL 300、500、および700 G3以 降を推奨 2GB以上のRAM(3GB RAMを推奨)。Insight Dynamicsをイン ストールする場合は、4~6GBを推奨 1. 6GHz以上(2GHz以上を推奨) Insight Control Managementソフトウェア用に10GB以上。デプ ロイメントするオペレーティング システム(Rapid Deployment Pack用)およびパッチ(Vulnerability and Patch Management Pack用)を格納するには、より多くの容量が必要です。 NTFS(New Technology File System) ローカルまたはマッピングされたDVDドライブが必要 メモリ プロセッサ ディスク容量 ファイル構造 DVDドライブ Insight Control Management Suiteは、VMware ESX 3. 0. 1および3. 0. 2仮想サーバへのインストールをサ ポートしています。 重要: Insight Control Environmentは、すべてのProLiant MLおよびDL 300、500、700サーバにライセン スを供与します。Insight Control Environment for BladeSystemは、すべてのProLiant BladeSystemサーバと 一部のBladeSystemワークステーションにライセンスを供与します。各コンポーネントに関するサーバ ハードウェアおよびオペレーティング システムのサポートについては、該当するコンポーネント サポー ト マトリックスを参照してください。 Insight Control Environmentは、新しいASUS ProLiant DL785サーバをサポートしますが、Insight Power Manager はサポートしません。 Insight Dynamics - VSEハードウェアのインストール要件 「Insight Dynamics - VSEハードウェアのインストール要件」の表に、Insight Control Managementのハー ドウェア インストール要件を示します。 表 3-2 Insight Dynamics - VSEハードウェアのインストール要件 項目 インストール ドライブ インストール要件 ASUS SIMには900MBが必要です。VSE Management Softwareに は、さらに800MBが必要です。ログ ファイルは、 install-path\Virtual Server Environment\logsディ レクトリに保存されます。これらのログは自動的には削除され ません。 Insight Control Managementハードウェアのインストール要件 31 項目 データ ディレクトリ インストール要件 Capacity Advisorで4年分の履歴データを維持するには、100 ワークロードごとに最大4GBが必要です。このデータはインス トール時に選択したディレクトリに保存されます。デフォルト のディレクトリは、%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\ASUS\Virtual Server Environmentです。 PROFILE_RETAIN_DAYS変数を変更すると、データ収集で保持さ れるデータ量を変更できます。詳しくは、ASUS Capacity Advisor Version 4. 0 User's Guideを参照してください。 Global Workload Managerでは、1GB以上が必要です。履歴 データを保存する場合は、gWLMで管理する100ワークロード ごとに4GBを確保することをおすすめします。履歴データを保 存しない場合は、次のコマンドを使用して履歴データベースを 削除できます。 gwlm history --truncate このスペースはMSQLデータベース サーバ(またはMSQL Express を使用している場合はCMSのローカル)に割り当てられます。 データベース ストレージ ページング スペース 合計6GB VSE Management Softwareについて詳しくは、VSE Management Software Version 4. 0 Installation and Update Guideを参照してください。 Insight Control Managementのソフトウェア インストール要件 表「Insight Control Managementのソフトウェア インストール要件」に、Insight Control Managementの ソフトウェア インストール要件を示します。Microsoft Data Engine(MSDE)2000 SP3aをともなうイ ンストールは、Microsoft SQL 2005 Express Edition SP2に移行されます。 表 3-3 Insight Control Managementのソフトウェア インストール要件 コンポーネント オペレーティング システム 要件 Microsoft Windows Server® 2003, Standard Edition SP2(32 ビットのみ) Windows Server 2003, Enterprise Edition SP2(32ビットのみ) Windows Server 2003 R2, Standard Edition SP2(32ビットの み) Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition SP2(32ビットの み) サービス . NET 2. 0 Framework SNMP TCP/IP(システム名がIPアドレスに解決されるようにDNSを設 定済み。IPアドレスがシステム名に解決される必要があります) データベース Microsoft SQL Server 2005 Express Edition SP2 * Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition SP3またはSP4 (Standard Serverオペレーティング システム用) Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, SP3またはSP4 (Advanced Serverオペレーティング システム用) Windows Server 2003上で動作するMicrosoft SQL Server 2005 アプリケーション Microsoft Internet Explorer 6. 0 SP1または7. 0 Adobe® Acrobat® Reader Mozilla Firefox 1. 5. 0. 12(一部のコンポーネントではサポート されません) Mozilla Firefox 2. 0. 0. 4(一部のコンポーネントではサポートさ れません) 仮想化プラットフォーム VMware ESX 3. 01または3. 0. 2(サポートされているインストー ル プラットフォーム) * SQL Server 2005 Express Editionは、500のシステムと5, 000のイベントをサポートしています。 32 Insight Control Management統合インストールの要件 コンポーネント 要件 重要: Rapid Deployment Packをインストールまたはアップグレードする場合は、最初にMicrosoft WAIK 2. 1をインストールす る必要があります。これは「Windows Vista SP1 および Windows Server 2008 用の自動インストール キット (AIK)」とも呼ばれ ています。Microsoft社のWebサイトhttp://www. microsoft. com/downloads/ details. aspx?familyid=94bb6e34-d890-4932-81a5-5b50c657de08&displaylang=jaから入手するか、http://www. microsoft. com/ japanから「936330AIK」を検索して入手してください(ファイル名は6001. 18000. 080118-1840-kb3aik_ja. iso)。 注記: Rapid Deployment Packには、ASP. NET 1. 1が必要です。インストールに関する情報については、このガイドの「Insight Control Management統合インストールの実行」の項を参照してください。 注記: Vulnerability and Patch Management Packには、Microsoft IIS 6. 0以上が必要です。インストールに関する情報について は、このガイドの「Insight Control Management統合インストールの実行」の項を参照してください。 注記: CMSは、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、および日本語のWindows 2000および2003サーバをサポー トしています(最新のサービス パックはこれらの各言語について提供されます)。 Insight Control Management設定パラメータ Insight Control Managementの統合インストール プロセスを開始する前に、設定パラメータを書き留め るか、以下の表に記載されているように設定値を設定してください。情報を値欄に書き留めてください。 統合インストーラはASUS SIMとProLiant Essentials製品をデプロイして、設定するために、この情報を使用 します。 インストール用に選択したコンポーネントによって、および選択したコンポーネントのインストールま たはアップグレードが必要かどうかによって、設定パラメータが異なります。 Insight Control Management Suiteは、管理スイート単位でインストールまたはアップグレードすること も、インストールしたい1つまたは複数のスイートまたはコンポーネントを選択してカスタマイズした 製品リストを使用してインストールまたはアップグレードすることもできます。統合インストーラを使 用して個々のコンポーネントをインストールまたはアップグレードすることもできます。 Rapid Deployment Packをインストールする場合は、オペレーティング システムのメディアとWindows キーをインストール中に使用できるようにしておいてください。 インストールを開始する前に、DVDに収録されているInsight Control Environment Advisorを使用して、す べての前提条件が満たされていることを確認します。Insight Control Environment Advisorは、CMSプラッ トフォームがインストール前提条件を満たしていることを確認するツールです。インストール中にこの ツールにアクセスするには、Insight Control Managementインストーラの[警告]画面にあるリンクをクリッ クします。このツールは、サーバ上で一連のテストを実行し、Insight Control Management Suiteのイン ストールまたは動作に影響する問題点を識別します。 表 3-4 コンポーネントとルート インストール ディレクトリの選択 インストール、再使用、 パラメータ アップグレード インストール/アップグ インストールするスイー レード トおよびコンポーネント のリスト 値 指定可能な値 説明 リストに示された任意の スイート単位、または製 スイートおよびコンポー 品単位でインストール可 ネント 能。また、複数のスイー トまたはコンポーネント を選択することもできま す。 インストール先のシステ ム上にある任意の有効な ディレクトリ(デフォル トは、C:\Program Files\ASUS) Insight Control Managementコンポーネ ントをインストールする ディレクトリ。事前にイ ンストールされているコ ンポーネントは、現在の ディレクトリのままアッ プグレードされます。イ ンストール ディレクト リをアップグレード用に 変更することはできませ ん。 インストール インストール ディレク トリ Insight Control Management設定パラメータ 33 表 3-5 RDP設定パラメータ インストール、再利用、 パラメータ アップグレード インストール(ローカル RDPのデプロイメント のRapid Deployment ネットワーク インタ Pack) フェース(PXEに使用) 値 可能な値 検出された任意のNIC 説明 関連するネットワーク上 でイメージをデプロイす るNIC。デプロイメント 対象は同じネットワーク 上にある必要がありま す。 既存のRDPインストール のホスト名またはIPアド レス。このインストール は、バージョン3. 00以 降でなければなりませ ん。 再利用(リモートの Rapid Deployment Pack) 既存のデプロイメント サーバのホスト名または IPアドレス IPアドレス ###. ###. ###. ###(ここで、###は0 ~255の範囲です)また は完全修飾ホスト名 再利用(リモートの Rapid Deployment Pack) 再利用(リモートの Rapid Deployment Pack) 既存のRDPユーザ名 既存の有効なRDPユーザ 既存のRDPインストール 名 の管理者のユーザ名 既存の有効なRDPパス ワード 既存のRDPインストール の管理者のパスワード 既存のRDPパスワード アップグレード (ロー 既存のRDPユーザ名 カルのRapid Deployment Pack) アップグレード (ロー 既存のRDPパスワード カルのRapid Deployment Pack) 既存の有効なRDPユーザ 既存のRDPインストール 名 の管理者のユーザ名 既存の有効なRDPパス ワード 既存のRDPインストール の管理者のパスワード 注記: パスワードには、英数字のほかに、[、]、(、)、!、@、-、_、$、*、コンマ、ピリオド、およびスペースを使用できま す。アカウント パスワードの最後の文字にスペースを使用しないでください。 表 3-6 ASUS SIMの設定パラメータ インストール、再利用、 パラメータ アップグレード インストール インストールするユーザ 名 値 可能な値 管理者権限のある既存の 有効なユーザ名。ASUS SIMが再利用またはアッ プグレード中の場合は、 ユーザ名フィールドには ASUS SIMの使用するユー ザ名が自動的に使用さ れ、変更することはでき ません。 説明 インストールを実行する 管理者のユーザ名。この 管理者は、ASUS SIMイン ストールを完全に制御で きます。 インストール インストールする パス ワード Domain(ドメイン) ユーザ名に対する有効な インストールを実行する パスワード ASUS SIM管理者のパス ワード ローカル サーバ内で管 理者権限を持つドメイン アカウントまたはASUS SIMによって現在使用さ れているドメイン名 サーバがWindowsドメ インの一部である場合 は、ローカル サーバ内 の管理者権限のあるドメ イン アカウントを使用 できます。この場合は、 ユーザ名に提供されるア カウント用のドメインを 使用してください。ASUS SIMを再使用またはアッ プグレードする場合、ド メインにはASUS SIMで使 用されているドメイン名 が自動的に選択され、変 更することはできませ ん。 既存のASUS SIMインス トールの管理者アカウン トのパスワード インストール 再利用/ アップグレード 既存のASUS SIMパスワー ド 有効なASUS SIMパスワー ド 34 Insight Control Management統合インストールの要件 インストール、再利用、 パラメータ アップグレード 値 可能な値 説明 注記: パスワードは、英数字のほかに、[、]、(、)、!、@、-、_、$、*、コンマ、ピリオド、またはスペースを使用できます。 アカウント パスワードの最後の文字にスペースを使用しないでください。 注記: ASUS SIMがインストールされている場合は、Insight Control Management統合インストーラは以前のASUS SIMインストレー ションからサービスおよびデータベースの認証情報を読み取ります。これらの認証情報を使用してアップグレードしてくださ い。 表 3-7 データベース設定パラメータ インストール、再利用、 パラメータ アップグレード インストール データベースの種類 (SQL Expressまたは SQL Server) データベース ユーザ名 値 可能な値 新しいSQL Expressまた は既存のSQLもしくは SQL Expressデータベー ス 説明 SQL Expressのインス トールか、既存のSQLま たはSQL Expressデータ ベースの使用 インストール データベース管理者権限 データベースにアクセス が有効なユーザ(データ するユーザ名(Windows ベースの作成に必要) 認証)。ユーザにはデー タベースおよびCMSに 対する管理者権限が必要 です。 データベース管理ユーザ データベースにアクセス の有効なパスワード するパスワード (Windows認証)。ユー ザにはデータベースおよ びCMSに対する管理者 権限が必要です。 Windowsドメイン 有効なホスト名 データベース サーバの Windowsドメイン データベース サーバの ホスト名またはIPアドレ ス インストール/ 再使用 データベース パスワー ド インストール インストール データベース ドメイン データベース ホスト名 インストール データベース インスタ ンス名 有効なデータベース イ 既存のデータベース イ ンスタンス。デフォルト ンスタンス名(オプショ のインスタンスを使用す ン) る場合は空白のままにし てください。 範囲:65535 デフォルト:1433 コンポーネントに使用さ れるデータベース ポー ト インストール データベース ポート 注記: パスワードは、英数字のほかに、[、]、(、)、!、@、-、_、$、*、コンマ、ピリオド、またはスペースを使用できます。 アカウント パスワードの最後の文字にスペースを使用しないでください。 注記: ASUS SIMがすでにインストールされている場合は、Insight Control Management統合インストーラは以前のASUS SIMインス トレーションからサービスおよびデータベースの認証情報を読み取ります。これらの認証情報を使用してアップグレードしてく ださい。 表 3-8 再起動後の自動ログイン インストール、再利用、 パラメータ アップグレード インストールまたはアッ 自動ログオンの有効化 プグレード 値 可能な値 はい、またはいいえ 説明 ASUS SIMまたはRDPのイン ストールまたはアップグ レード後に再起動が必要 になることがあります。 自動ログインを有効にし て再起動後にインストー ルを続行するには、ワン タイム ログイン用の認 証情報を用意します。 Insight Control Management設定パラメータ 35 インストール、再利用、 パラメータ アップグレード インストールまたはアッ ログオン パスワード プグレード 値 可能な値 説明 現在のインストール 再起動後のログオンに使 ユーザの有効なパスワー 用する現在のユーザのパ ド スワード。 注記: パスワードには、英数字のほかに、[、]、(、)、!、@、-、_、$、*、コンマ、ピリオド、およびスペースを使用できま す。アカウント パスワードの最後の文字にスペースを使用しないでください。 表 3-9 Extensions for ASUS SIM on Microsoft Windowsおよび設定パラメータ インストール、再利用、 パラメータ アップグレード Extensions for ASUS SIM on Ignite-UXおよびSoftware Microsoft Windowsのイ Distributor(ASUS-UX) ンストール Extensions for ASUS SIM on IgniteおよびSoftware Microsoft Windowsのイ DistributorサーバのIPア ンストール ドレスまたはホスト名 値 可能な値 はい、またはいいえ 説明 IgniteUXおよびSoftware Distributor(ASUS-UX)製品 用のメニュー項目をイン ストールします。 Igniteサーバ、および Software Distributorサー バによって使用されるデ ポがインストールされて いるASUS-UXサーバです。 Ignite統合機能を使用す るには、ASUS SIMとIgnite サーバとの間に安全性の 高いSecure Shellアクセ スを確立する必要があり ます。このオプションに よって、このアクセスの セキュリティをセット アップできます。Secure Shellアクセスの設定は、 後ほどASUS SIMから行う こともできます。 これは、SSHアクセス用 に設定されるユーザで す。 これは、SSHアクセスの 設定に使用されるパス ワードです。 IPアドレス ###. ###. ###. ###(ここで、###は0 ~255の範囲です)また は有効な完全修飾ホスト 名 はい、またはいいえ Extensions for ASUS SIM on Secure Shell(SSH)ア Microsoft Windowsのイ クセスの設定 ンストール Extensions for ASUS SIM on SSHユーザ名 Microsoft Windowsのイ ンストール Extensions for ASUS SIM on SSHパスワード Microsoft Windowsのイ ンストール Extensions for ASUS SIM on 認証—[ホスト ベース]ま Microsoft Windowsのイ たは[各ユーザ]を選択 ンストール Ignite Serverで有効な ASUS-UXユーザ Igniteサーバの有効な ASUS-UXパスワード セットアップするSSHア [ホスト ベース]を選択す クセスのレベル ると、ASUS SIMは、ASUS SIMの認証メカニズムに よってこれらのツールを 使用するための認証を受 けたすべてのユーザの代 理としてリモート サー バ上のIgniteおよびSD サーバに接続します。 ユーザには、このオプ ションに対するrootアク セス権が必要です。[各 ユーザ]を選択した場合 は、設定したユーザのみ がASUS SIMからIgniteまた はSDサーバにアクセス して任意のツールを実行 することができます。 ASUS SIM GUIから他の ユーザを追加するには、 [設定]→[エージェントの 設定および修復]の順に 選択します。 36 Insight Control Management統合インストールの要件 インストール、再利用、 パラメータ アップグレード Extensions for ASUS SIM on ASUSUX Configuration Microsoft Windowsのイ ンストール 値 可能な値 はい、またはいいえ 説明 ASUS-UX Configurationツー ル(カーネル設定、ディ スクとファイル システ ム、周辺機器とデバイ ス、ユーザとグループ) 用のメニューをインス トールします。 ASUS-UX Workload Manager製品に対応した メニュー項目をインス トールします。ASUSUX管 理対象ノードにこの製品 がインストールされてい る必要があります。 ASUS-UXおよびLinux用 OpenView GlancePlus製 品に対応したメニュー項 目をインストールしま す。ASUSUXおよびLinux管 理対象ノードにこの製品 がインストールされてい る必要があります。 Extensions for ASUS SIM on ASUSUX Workload Microsoft Windowsのイ Manager ンストール はい、またはいいえ Extensions for ASUS SIM on ASUSUXおよびLinux用 Microsoft Windowsのイ OpenView GlancePlus ンストール (Glance) はい、またはいいえ Extensions for ASUS SIM on ターゲット システムへ Microsoft Windowsのイ のログオンに使用する ンストール Glanceユーザ名 管理対象システム上の有 このログオンは、Glance 効なASUS-UXユーザ名 ツールが起動されている ときに管理対象システム 上でGlanceを開始する ために使用します。 表 3-10 プロキシ設定パラメータ インストール、再使用、 パラメータ アップグレード インストール HTTPプロキシ サーバの 使用 値 指定可能な値 環境がインターネットへ のアクセスにプロキシ サーバを必要とするかど うか 説明 ご使用の環境でインター ネットのアクセスにプロ キシが必要な場合、 Insight Control Software Update Utilityおよび Vulnerability and Patch Managementで使用する プロキシ設定をインス トーラで行います。この 設定はインストール中、 またはインストール後に 実行できます。 プロキシ サーバのホス ト名(Insight Control Management Software Updateおよび Vulnerability and Patch Management Packは、 アップデートを行うため にインターネットへのア クセスが必要です) インストール プロキシ ホスト IPアドレス ###. ###. ###. [. . . ] [監視管理]ページで[パフォーマンス スレッショルド値を設定するにはここをクリック]のリンクを クリックします。 スレッショルドを設定したいサーバを選択します。ネットワーク ストレージおよび仮想マシン ゲ ストについてはスレッショルドを設定できません。 [適用]をクリックしてスレッショルドを設定します。 [オンライン分析]ページを使用してスレッショルドを設定するには、以下の手順に従ってください。 1. [オンライン分析]ページの[システム詳細]フレームで[スレッショルドの設定]のリンクをクリックし ます。ネットワーク ストレージおよび仮想マシン ゲストについてはスレッショルドを設定できま せん。スレッショルド値は、分析の対象となっているサーバにのみ設定されます。 [適用]をクリックしてスレッショルドを設定します。[キャンセル]をクリックすると、[オンライン 分析ページ]に戻ります。 2. 128 サーバの監視および制御 スレッショルド値 さまざまなサブシステムのスレッショルド設定機能により、Performance Management Packの分析機能 を調整し、変動の激しいシステム パフォーマンスや安定したシステム パフォーマンスの分析を行うこ とができます。スレッショルド値を増やすと、パフォーマンスの変動が小さな変動に平準化されます。 スレッショルド値を増やすと、パフォーマンスの変動が激しいサーバでは、示されるパフォーマンス ボ トルネックの数も減ります。パフォーマンスが安定しているサーバで使用する場合やサンプリング レー トが高い場合は、サンプリング数を減らすことができます。 手動ログ削除 手動ログ削除を使用すると、Performance Management Packのパフォーマンス データベースに記録され、 ハードディスクのストレージ スペースを専有しているサーバまたはネットワーク ストレージ エンクロー ジャの記録済みセッションを削除できます。このツールを定期的に使用して不要な記録済みセッション を削除し、データベースのサイズが小さくなるようにしてください。 パフォーマンス データベースのレコードを削除するには、以下の手順に従ってください。 1. Systems Insight Managerコンソールのツールバーから、[オプション]→[Performance Management Packオプション]→[手動ログ パージ]の順に選択します。 記録済みデータを削除するサーバまたはネットワーク ストレージ エンクロージャを選択します。 [よりも古いテータを削除](特定の日数または日付)を指定します。 注記: 4. 分析サーバの現在の日付用に収集されたデータは削除できません。 [選択データ削除]をクリックして、パフォーマンス データベースからデータを削除します。 手動ログ削除 129 130 第9章 サーバのデプロイおよびセキュリティ保護 この章では、Rapid Deployment PackによるサーバのデプロイとVulnerability and Patch Managementによ る脆弱性スキャンやパッチおよび修正プログラムのデプロイの概要を説明します。 Rapid Deployment Packを使用した、BladeSystemサーバおよびイメージ インストールの設定 重要: デフォルトでは、[ディスク イメージの作成]タスクおよび[ディスク イメージの配布]タスクは、 「1番目の」ディスク上で作動します。ディスクは、独自のアルゴリズムを使用して列挙されます。こ のため、「1番目の」ディスクがシステムのブート ディスクでない可能性があります。ユーザが読み取 ることのできるディスク一覧の出力は、Altiris showdiskユーティリティを使用して生成できます。この ユーティリティは、提供されるハードウェア設定の読み込みジョブで呼び出されます。showdiskの出力 の読み取りについて詳しくは、ASUSのWebサイトhttp://www. hp. com/servers/rdp/kb(英語)にあるRapid Deployment Packのナレッジ ベースを参照してください。 スクリプト インストールの設定 スクリプト インストール ジョブは、ディスクのパーティション分割とフォーマットにサイズの小さい イメージを使用します。DASまたはSANの複数のディスクを備えるサーバにイメージをデプロイメント する場合、ジョブで、NTFS. imgまたはGRUB. imgイメージ用のシステム ブート ディスクを指定しなけれ ばならないことがあります。 特定のディスクを指定するには、以下の手順に従ってください。 1. Deployment Server Consoleで、ジョブをコピーして名前を変更し、編集します。 [ディスク イメージの配布]タスクを変更します。 [追加のパラメータ]ボックスに、-dxスイッチを追加します。ここで、xは該当するディスク番号を意 味する整数です。 また、複数ディスクで構成されるRed Hat Linuxの場合、kickstartファイルでシステムのブート ディスク を指定する必要があります。 1. Deployment Serverで、kickstartファイルをコピーして、名前を変更します。 autopartコマンドを独立したpartコマンド ラインと入れ替え、それぞれに--ondisk=XXXを追加 して、名前を変更したkickstartファイルを修正します。ここで、XXXはデバイス ラベルです。 たとえば、次のように設定します。非LVMの場合: part /boot --size=75 --ondisk=cciss/c0d0part swap –size=1000 --ondisk=cciss/c0d0part / --size 5120 -–grow --ondisk=cciss/c0d0 LVMの場合: part /boot --size=100 --fstype=ext3 --ondisk=cciss/c0d0part pv. 01 --size=100 --grow --ondisk=cciss/c0d0volgroup VolGroup00 -–pesize=32768 pv. 01 3. 上記で作成したジョブの中の[スクリプトの実行 - Create Boot Environment]タスクを編集して、 手順2で作成した新しいkickstartファイルを使用するように設定します。 SAN接続のスクリプト インストールの設定 「スクリプト インストールの設定」の項の手順に加えて、いくつかの追加手順が必要なことがありま す。 VMware ESX Server 3. xの場合は、SANを切断します。オペレーティング システムのインストールが完 了したら、SANに接続しなおしてVMFSデータストアを作成します。 Rapid Deployment Packを使用した、BladeSystemサーバおよびイメージ インストールの設定 131 イメージ インストールの設定 DASまたはSANの複数のディスクを備えるサーバからイメージを取得する場合、またはそのようなサー バにイメージをデプロイメントする場合は、ジョブでシステム ブート ディスクを指定しなければなら ない場合があります。 特定のディスクを指定するには、以下の手順に従ってください。 1. Deployment Server Consoleで、ジョブをコピーして名前を変更し、編集します。 [ディスクイメージの作成]または[ディスク イメージの配布]タスクを変更します。 [追加のパラメータ]ボックスに、-dxスイッチを追加します。ここで、xは該当するディスク番号を意 味する整数です。 LVMを含むLinuxをデプロイメントする場合、xは、LVMボリュームを構成する予定のすべてのディスク番 号を示す整数値のカンマ区切りのリストでなければなりません。たとえば、最初の3台のディスクにま たがるLVMイメージをデプロイメントするには、-d1, 2, 3を使用します。 ASUS BladeSystemエンクロージャの設定 新しいサーバ ブレードに対するコンソール表示名は、ラック名、エンクロージャ名、およびベイ番号が 組み合わされたものです。エンクロージャ内の最初のブレードをDeployment Serverに接続する前に、 ラックとエンクロージャに固有の名前を割り当てて、データベース エントリの競合を防止してくださ い。 ラック名およびエンクロージャ名を変更するには、サーバ タイプごとの以下の手順に従ってください。 • • ASUS BladeSystem c-Classサーバ - Onboard Administratorにアクセスし、ラック名およびエンクロー ジャ名を変更します。詳しくは、サーバのマニュアルを参照してください。 ProLiant BL p-Classサーバ - 各エンクロージャに1台以上のサーバ ブレードを挿入し、サーバ ブレー ドの電源を入れる前に、Integrated Lights-Out(iLO)インタフェースを使用してラックおよびエンク ロージャ情報を変更します。詳しくは、サーバのマニュアルを参照してください。 コンソールにブレードが表示された後でラック名とエンクロージャ名を変更した場合は、新しいラック 名とエンクロージャ名が発見されるようにブレードを再起動し、コンソールの[物理デバイスの表示]か ら元のラック名とエンクロージャ名を手動で削除する必要があります。 Rapid Deployment Packの使用 コンソールの基本事項 132 サーバのデプロイおよびセキュリティ保護 [コンピュータ]ウィンドウ—このウィンドウは、管理対象コンピュータを表示します。[新規コンピュー タ]グループは、自動環境エージェントを使用して初めてDeployment Serverに接続したコンピュータを表 示します。[表示]、[物理デバイスの表示]をクリックし、[物理デバイス]グループを追加します。 [ジョブ]ウィンドウ—このウィンドウは、提供されているジョブを表示します。 1つまたは複数のコンピュータをジョブの上までドラッグし、ドロップするだけで、ジョブを実行でき ます。 [詳細]ウィンドウ—コンソール ディスプレイの右側には、現在選択されているコンピュータまたはジョ ブに関する情報が表示されます。コンピュータの場合、基本的なプロパティとジョブ履歴が表示されま す。ジョブの場合、タスクとコンピュータの履歴が表示されます。 ジョブ履歴またはコンピュータ履歴の項目をダブルクリックすると、[ジョブスケジュール情報]ダイア ログが表示されます。このダイアログは、スケジュール内の各タスクのステータスを表示します。[ス テータスの詳細]をクリックすると、詳細なリターン コードとステータス メッセージを示す[スケジュー ルステータスの詳細]ダイアログが表示されます。 サーバ ブレードを接続する 1. Deployment Serverが所属するネットワークにエンクロージャを接続し、エンクロージャの電源を入 れます。 サーバ ブレードをエンクロージャに挿入します。ただし、この時点ではサーバ ブレードの電源は 入れないでください。 デフォルトのラック名とエンクロージャ名を変更します。 サーバ ブレードの電源を入れます。 [コンピュータ]ウィンドウから、サーバ ブレードを右クリックし、[電源制御]、[iLO - インタフェー ス]を選択します。これで、リモート コンソールを起動し、サーバ ブレードを監視できるiLOホーム ページにアクセスできます。 最初のサーバ ブレードのデプロイメント 1. [ジョブ]ウィンドウで、[サーバ デプロイメント]フォルダのWindowsスクリプト インストール ジョ ブを選択します。そのジョブを、[コンピュータ]ウィンドウのサーバ ブレード上にドラッグします。 2. 3. [このジョブを今すぐに実行する]を選択し、[OK]をクリックします。 ジョブのコンピュータ履歴でコンピュータをダブルクリックし、ジョブの進捗状況を表示します。 Rapid Deployment Packの使用 133 サーバ ブレードの再設定 デフォルトで、Windowsスクリプト インストール ジョブは、コンピュータ名をコンソール ディスプレ イ名に設定し、ネットワークをDHCPに設定します。これは、おそらくサーバでは十分でありません。 サーバを再設定するには、以下の手順に従ってください。 1. デプロイメント タスクの名前を入力するか、またはデフォルト名を受け入れ、[1回]を選択しま す。 b. パッチ デプロイメント タスクの実行日時を指定して、[完了]をクリックします。 6. 7. 8. 再起動の必要なターゲット システムのリストを表示するには、パッチ インストール後の再起動ステー タスの表示を参照してください。 パッチ レポジトリの表示 1. [診断]→[Vulnerability and Patch Management Pack]→[View Patch Repository]を選択します。 表示されるパッチのリストにフィルタを適用する場合は、該当するパッチ提供元をリストから選択 します。特定のパッチについての情報を表示する場合は、[Advisory]列または[Vulnerability ID]列 でパッチのIDをクリックします。 パッチ インストール後の再起動ステータスの表示 パッチによっては、インストール後サーバを再起動しなければならないものがあります。ただし、パッ チのデプロイメント時に、ユーザがサーバをあとで再起動するように指定することもできます。この場 合、パッチのデプロイメントは、サーバの再起動が完了した時点で初めて終了します。 パッチのステータスを表示し、選択したシステムの再起動を開始するには、以下の手順に従ってくださ い。 脆弱性スキャンおよびパッチと修正プログラムのデプロイ 141 1. 2. [展開]→[Vulnerability and Patch Management Pack]→[View Patch Reboot Status]の順に選択し ます。 再起動ステータスを表示するターゲット システムを選択します。リストからグループを選択する か、個々のシステムを選択して、[適用]をクリックします。 3. 正しいターゲット システムがリストに表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。 ターゲット システムを選択しなおす必要がある場合は、[ターゲットの追加]または[ターゲットの削 除]をクリックして、[次へ]をクリックします。 [Reboot Status]列に、選択したシステムのパッチ インストール後の再起動ステータスが表示され ます。 142 サーバのデプロイおよびセキュリティ保護 4. 再起動するシステムを選び、リストに表示されているすべてのシステムのローカル ユーザに再起動 を許可/拒否するオプションを与えるかどうかを選択します。 ローカル ユーザが再起動を拒否した場合、以降に、再起動が必要なことを通知するオプションは表 示されません。パッチ デプロイメント タスクが完了するまでは、[Reboot Status]列にシステムの 再起動が必要であることは示されません。 5. 選択したシステムをただちに再起動する場合は、[すぐに実行]をクリックします。 再起動をあとで実行する場合は、[スケジュール]をクリックして、次の手順を実行します。 a. 再起動タスクの名前を入力するか、またはデフォルト名を受け入れ、[1回]を選択します。 b. パッチ削除タスクの実行日時を指定して、[完了]をクリックします。 インストール済みパッチの確認 パッチ確認機能は、ターゲット システム上で消失したパッチがあれば、そのパッチを特定してただちに 再インストールし、ASUS SIMにパッチ デプロイメント イベントを生成します。VPM Patch Agentの更新 が取得された場合、その更新も自動的に適用されます。再インストールされるパッチが選択されたター ゲット システムの再起動を要求する場合、その操作は自動的に延期されます。再起動ステータスを表示 するには、パッチ削除タスクの実行後に、[診断]→[Vulnerability and Patch Management]→[View Patch Reboot Status]の順に選択します。 インストール済みのパッチを確認するには、以下の手順に従ってください。 1. [展開]→[Vulnerability and Patch Management]→[Validate Installed Patches]の順に選択します。 インストールされているパッチを確認するターゲット システムを選択します。リストからグループ を選択するか、個々のシステムを選択してください。 [適用]をクリックします。 正しいターゲット システムがリストに表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。 ターゲット システムを選択しなおす必要がある場合は、[ターゲットの追加]または[ターゲットの削 除]をクリックして、[次へ]をクリックします。 5. 確認タスクの名前を入力するか、またはデフォルト名をそのまま使用します。 インストールされているパッチをただちに確認する場合は、[すぐに実行]を選択して[完了]をクリッ クします。確認タスクをスケジュール設定するには、次のいずれかを実行してください。 • • 定期的に実行する場合は、[定期的]を選択します。 一度だけ実行する場合は、[1回]を選択します。確認タスクの実行日時を指定して、[完了]をク リックします。ターゲット システムのグループに対して、複数のパッチ確認タスクを別の間隔 でスケジュール設定することもできます。 タスクの完了後、VPMイベント リストでタスクの結果を確認することができます。 パッチの削除 削除できるのは、パッチ削除ページに表示されているパッチのみです。これらのパッチの中に含まれて いるのは、Vulnerability and Patch Management Packによってインストールされたパッチ、Microsoftの パッチ、またはベンダが提供したパッチのうち、削除オプションが付いているもののみです。Vulnerability and Patch Management Packでは、設定修正プログラムや、Red Hatパッチを削除することはできませ 脆弱性スキャンおよびパッチと修正プログラムのデプロイ 143 ん。また、パッチの削除前に、Vulnerability and Patch Management Packによる依存関係のチェックは行 われません。このため、パッチの削除は慎重に行うことをおすすめします。 システムにすでに適用したパッチを削除するには、以下の手順に従ってください。 1. [展開]→[Vulnerability and Patch Management]→[Remove Patch]の順に選択します。 削除するパッチを選択して、[次へ]をクリックします。 一部のパッチについては、パッチを完全に削除するために、ターゲット システムを手動で再起動す る必要があります。 3. 対象のシステムを選択します。指定したパッチは、このシステムから削除されます。 144 サーバのデプロイおよびセキュリティ保護 4. 5. パッチまたは修正プログラムを適用するシステムを選択して、[次へ]をクリックします。 パッチをただちに削除する場合は、[すぐに実行]をクリックします。パッチを後で削除する場合は、 [スケジュール]をクリックして、次の手順を実行します。 a. [. . . ] Vulnerability and Patch Management Packのファイルおよびディレクトリ構造 コンポーネントのバックアップ コンポーネントをバックアップするには、ASUS SIMをオフラインにする必要があります。個々のコンポー ネントをバックアップするには、以下の手順に従ってください。 1. ASUS SIMの以下のディレクトリにあるVulnerability and Patch Management Packのファイルをバック アップします。 2. C:\Program Files\ASUS\Systems Insight Manager\hpwebadmin\webapps\ROOT\mxportal\home\ STATConfigurations 3. C:\Program Files\ASUS\Systems Insight Manager\hpwebadmin\webapps\ROOT\mxportal\home\ STATScanner 4. [. . . ]

ASUS N53SMダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればASUS N53SMのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag