ユーザーズガイド ASUS N55SL

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くASUS N55SLのユーザマニュアルを入手できます。 ASUS N55SLのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ASUS N55SLのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ASUS N55SL : ユーザーガイドを完全にダウンロード (8864 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ASUS N55SL (7142 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ASUS N55SL

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 5 通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6 組み込み通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 6 非組み込み通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 ASUSによる非組み込み通知クラスの拡張 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 通知階層内の共通プロパティ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11 クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 ASUS_AlertIndicationの通知先登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/querying_with_wql. aspにある、WQLによるクエリに関するMicrosoft社の オンライン マニュアルを参照してください。. 通知のソースはどこですか この例では、ソース アドレス文字列は、GetObject呼び出しでmoniker文字列を渡すことによって設定されます。 moniker 文 字 列 に つ い て 詳 し く は 、 Microsoft 社 の Web サ イ ト http://msdn. microsoft. com/ library/default. asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/constructing_a_moniker_string. asp に あ る 、 『 Constructing a Moniker String』を参照してください。. 次の文字列は、moniker文字列の例です(必要な部分のみを示しています)。 winmgmts:{impersonationLevel=impersonate, authenticationLevel=pktPrivacy}!\\. \root\ASUSQ • • プレフィックスは、「winmgmts:」です。これは、WMIを参照するためです。 セキュリティ設定(カッコ内)は、デフォルトのセキュリティ設定に依存せずに、通信のセキュリティ レベルを制御します。これらの設定は、イベント配信のセキュリティおよび暗号化のみを制御します。 すべての追加イベント処理について、必ず、セキュリティ保護を実施してください。WMIクライアント セ キ ュ リ テ ィ に つ い て 詳 し く は 、 Microsoft 社 の Web サ イ ト http://msdn. microsoft. com/library/ default. asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/setting_client_application_process _security. aspにある、『Setting Client Application Process Security』を参照してください。 通知は、サーバごとに生成されます。アドレス内の「. 」は、ローカル システムがソースであることを 示します。「. 」を、Insight Providerがインストールされているサーバのコンピュータ名またはDNS名に 置き換えることができます。 この後に名前空間「root\ASUSQ」が続きます。 • • 通知先登録のソースの指定方法に関係なく、適切な名前空間(root\ASUSQ)とサーバを選択する必要があります。 クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 17 どの配信先アドレスに、どの方法で通知しますか スクリプト ホスト(スクリプトを実行するマシン上に存在)が通知クエリを実行する場合、配信先アドレスはス クリプト ホストとして指定されます。前述の例では、通知方法は、非同期関数呼び出しです。通知がスクリプト ホストに配信される場合、sink関数が呼び出され、通知オブジェクトが与えられます。登録先通知には、配信先ア ドレスのコンピュータにInsight Providerがインストールされている必要はありません。 どのようにして通知先登録を解除しますか 通知先登録は一時的なものであり、スクリプトが完了すると通知先登録は解除されます。この例では、 [Waiting for Events]ダイアログ ボックスを閉じると登録が解除されます。 永続的な通知先登録の例 永続的な通知先登録を利用することもできます。 WMI では、永続的に登録するには、 __EventFilter 、 __EventConsumer、および__FilterToConsumerBindingのインスタンスを定義する必要があります。また、 標準コンシューマ スクリプトを使用するか、独自のコンシューマ スクリプトを作成する必要があります。 次の. mofファイルの例では、標準コンシューマ スクリプトを使用して永続的な通知先登録が定義されています。 // (sample2. mof) ASUS_AlertIndication permanent subscription #pragma namespace ("\\\\. \\root\\subscription") instance of __EventFilter as $Filter { Name = "ASUS_AlertFilter"; QueryLanguage = "WQL"; Query = "Select * from ASUS_AlertIndication"; EventNamespace = "root\\ASUSQ"; }; instance of LogFileEventConsumer as $Consumer { Name = "ASUS_LogFileEventConsumer"; Filename = "c:\\ASUS_Alert. log"; IsUnicode = FALSE; Text = "%IndicationTime% " "[Severity %PerceivedSeverity%] " "Alert from %AlertingManagedElement% :%Summary% ; " "Description :%Description% ; " "RecommendedActions :%RecommendedActions% ; " "IndicationID :%IndicationIdentifier% ;"; }; // Bind the filter to the consumer instance of __FilterToConsumerBinding クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 18 { Filter = $Filter; Consumer = $Consumer; DeliverSynchronously=FALSE; }; このmofファイルを、mofcomp. exeによってコンパイルする場合は、すべてのASUS_AlertIndicationイベントにつ いてカスタム フォーマット ログ エントリを記録する必要があります(詳しくは、Microsoft社のWebサイト http://msdn. microsoft. com/library/default. asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/mofcomp. asp を参照してください)。 これは永続的な通知先登録であるため、通知先登録を定義するインスタンスがroot\subscription名前区間 から削除されるまで通知先登録が維持されます。 永 続 的 な イ ベ ン ト 通 知 先 登 録 に つ い て 詳 し く は 、 Microsoft 社 の Web サ イ ト http://msdn. microsoft. com/ library/default. asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/receiving_events_at_all_times. asp にある『 Receiving Events at All Times』を参照してください。 標 準 コ ン シ ュ ー マ に つ い て 詳 し く は 、 Microsoft 社 の Web サ イ ト http://msdn. microsoft. com/library/ default. asp?url=/library/en-us/wmisdk/wmi/monitoring_and_responding_to_events_with_ standard_consumers. aspにある『Monitoring and Responding to Events with Standard Consumers』を参照して ください。 カスタム通知先登録 一連の既存の非組み込み通知がニーズに適合しない場合は、カスタム通知先登録を作成して、管理データの変 化を監視することができます。カスタム通知先登録により、ASUS_AlertIndicationのインスタンスのクエリを実行 する代わりに、標準WMI組み込みイベント クラスのクエリを実行します。 これらの組み込み通知クラスのクエリを実行する場合は、ポーリングによって管理データの特定の変化を監視 するためにWMIに情報を提供します。したがって、ポーリングの間隔と特定の管理データを含む管理対象要 素クラスを指定する必要があります。 root\ASUSQ名前空間内でのWMIの管理対象要素インスタンスの監視に使用できる、次のような4つの組み込み イベント クラスが存在します。 __InstanceCreationEvent __InstanceDeletionEvent __InstanceModificationEvent __MethodInvocationEvent これらのクラスには、TargetInstanceプロパティがあります。このプロパティには、単一の管理対象要素 インスタンスが格納されます。このインスタンスは、最後にポーリングされた管理対象要素のインスタンスです。 __InstanceModificationEvent 通知には、最後から 2 番目にポーリングされたイベントが格納される PreviousInstanceプロパティもあります。 WMIの他の組み込み通知クラスにより、名前空間またはクラス定義の変化を監視することができます。 例—プロパティ変化の監視 一般的な変化は、プロパティの値の変化です。たとえば、ASUS_ComputerSystem. PrimaryOwnerNameがい つ変化したか知りたい場合があります。このプロパティは書き込み可能であるため、この通知が発生するタイ ミングを制御することができます。 次に、クエリ文の例を示します。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 19 WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_ComputerSystem' AND TargetInstance. PrimaryOwnerName != PreviousInstance. PrimaryOwnerName • WMIによって提供される「__InstanceModificationEvent」という組み込みイベント クラスを使 用すると、カスタム通知先登録を簡単に作成できます。これにより、管理対象要素のインスタンスのプ ロパティを変化させます。 「WITHIN 10」は、変化の発生を10秒以内に検出するように指定します。この通知登録により、WMIは、 TargetInstanceのプロバイダを10秒ごとにポーリングします。選択するポーリング間隔が短すぎると、 必要以上にクエリが実行されます。ただし、間隔が長いと、通知が遅れます。 「TargetInstance ISA 'ASUS_ComputerSystem'」は、どの管理対象要素クラスに特定の管理データが 含まれているかを指定します。 「 TargetInstance. PrimaryOwnerName != PreviousInstance. PrimaryOwnerName 」は、要 求された条件を満たすようにプロパティが変化したことを示します。 • • • 例: ' (sample3. vbs) Monitoring property changes strComputer = ". " Sub SINK_OnObjectReady(objInstMod, objAsyncContext) ' Handle the Event. WScript. Echo ("PrimaryOwnerName for " & _ objInstMod. TargetInstance. Name & _ " has changed:" & vbcrlf & vbcrlf & _ """" & objInstMod. PreviousInstance. PrimaryOwnerName & _ """ value is replaced with value """ & _ objInstMod. TargetInstance. PrimaryOwnerName & """") End Sub Set objWMIServices = GetObject( _ "WinMgmts:{impersonationLevel=impersonate, " _ & "authenticationLevel=pktPrivacy }!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") Set sink = WScript. CreateObject("WbemScripting. SWbemSink", "SINK_") objWMIServices. ExecNotificationQueryAsync sink, _ "SELECT * FROM __InstanceModificationEvent " & _ "WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_ComputerSystem' " & _ "AND TargetInstance. PrimaryOwnerName " & _ "!= PreviousInstance. PrimaryOwnerName" クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 20 WScript. Echo _ "Waiting for PrimaryOwnerName to change. . . " PrimaryOwnerNameの値の変化を監視するようにスクリプトを変更してください。 次に、スクリプトの例を示します。 ' (sample4. vbs) Changing a writeable property On Error Resume Next strComputer = ". " Set objWMIServices = GetObject( _ "WinMgmts:{impersonationLevel=impersonate, " _ & "authenticationLevel=pktPrivacy }!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") Set colCSlist = objWMIServices. ExecQuery ("SELECT * FROM ASUS_ComputerSystem") for each objCS in colCSlist objCS. PrimaryOwnerName = InputBox( _ objCS. Name & vbcrlf & _ " What is the new PrimaryOwnerName?", _ "Change PrimaryOwnerName", _ objCS. PrimaryOwnerName) Set tmp = objCS. Put_(wbemChangeFlagUpdateOnly, NULL) Wscript. echo tmp. Path next 前述のスクリプトを開始したら、 PrimaryOwnerName の新しい値を入力します。この値がポーリング間隔 (10秒)内で検出されると、通知先登録スクリプトにより、変化が通知されます。 例—スレッショルドの監視 別のカスタム通知先登録に、スレッショルドの監視があります。この通知先登録により、管理データで提供さ れる数値が一定の限界を超えると通知されます。 単純なスレッショルド 温度読み取り値が35°Cを超えたときに通知を受信したい場合のクエリ文の例は、次のようになります。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 21 WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading > 35 この文は、温度センサの読み取り値が10秒以内に35°Cを超えると通知し、温度が35°C未満に下がるか、通知 先登録がキャンセルされるまで、温度読み取り値を通知しつづけます。このスクリプトを終了するには、 Ctrl+Cキーを押します。 ' (sample5. vbs) Monitoring a threshold ' Force use of a command shell window Set objShell = CreateObject("Wscript. Shell") If Instr(1, WScript. FullName, "CScript", vbTextCompare) = 0 Then objShell. Run "cscript """ & WScript. ScriptFullName & """", 1, False WScript. Quit End If ' set source server and threshold value strComputer = ". " strThreshold = "35" ' Connect to the server's root\ASUSQ namespace Set objWMIService = GetObject( _ "winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") Set objEvents = objWMIService. ExecNotificationQuery _ ("SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE " & _ "TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor'" & _ " AND TargetInstance. CurrentReading >= " & strThreshold) Wscript. Echo "Waiting for Temperature to exceed " & _ strThreshold & " degrees" i = TRUE Do While i = TRUE 'wait for and get the next event Set objReceivedEvent = objEvents. NextEvent 'report an event Wscript. Echo objReceivedEvent. TargetInstance. Name & _ " Threshold exceeded: " & _ objReceivedEvent. TargetInstance. CurrentReading クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 22 Loop カスタム温度スレッショルドを低く設定すると、スクリプトの動作を簡単に確認できます。 クエリベース検出による複合スレッショルド 同じ通知先登録をさまざまな方法で実行することができます。スレッショルドを超過したときにだけ通知する、 より詳しいクエリを作成することができます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND ( (TargetInstance. CurrentReading > 38 AND PreviousInstance. CurrentReading <= 38) OR (PreviousInstance. CurrentReading > 38 AND TargetInstance. CurrentReading <= 38)) このイベントは、スレッショルドを超過したときに開始されます。 次に、スクリプトの例を示します。 ' (sample6. vbs) Monitoring a threshold (complex query) strComputer = ". " strThreshold = "38" strDeg = "°C" Sub SINK_OnObjectReady(objObject, objAsyncContext) 'report an event Wscript. Echo _ objObject. TargetInstance. Name & " Reading " & vbcrlf & _ "change from " & _ objObject. PreviousInstance. CurrentReading & strDeg & _ " to " & objObject. TargetInstance. CurrentReading & strDeg & _ vbcrlf & vbcrlf & _ "(Threshold = " & strThreshold & strDeg & ")" End Sub Set objWMIServices = GetObject( _ "WinMgmts:{impersonationLevel=impersonate, " _ & "authenticationLevel=pktPrivacy }!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") ' Create the event sink object that receives the events クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 23 Set sink = WScript. CreateObject("WbemScripting. SWbemSink", "SINK_") ' Set up the event selection. SINK_OnObjectReady is called when ' a ASUS_AlertIndication event occurs objWMIServices. ExecNotificationQueryAsync sink, _ "SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE " & _ "TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor'" & _ " AND ((TargetInstance. CurrentReading > " & strThreshold & _ " AND PreviousInstance. CurrentReading <= " & strThreshold & ")" & _ " OR " & _ " (PreviousInstance. CurrentReading > " & strThreshold & _ " AND TargetInstance. CurrentReading <= " & strThreshold & "))" Wscript. Echo _ "Waiting for any temperature reading not above " & _ strThreshold & strDeg & " to go above " & _ strThreshold & strDeg & " or vice versa. " このスクリプトの動作を確認するには、strThreshold変数をいずれかのセンサの現在の読み取り値と近い値 に変更します。 コンシューマベース検出による複合スレッショルド WQLクエリの使用だけでは正確な条件を定義できない場合があります。温度センサは、ファン回転速度の増 加やシステムのシャットダウンなどの操作のタイミングを決定する重要なスレッショルドを持ちます。たとえ ば、いずれかのセンサの温度読み取り値と重要なスレッショルドとの差が7°C未満になったときに通知を受信 したい場合は、次のクエリを使用することができます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading + 7 > TargetInstance. UpperThresholdCritical クエリを実行すると、「Unparseable Query」というエラーが表示されます。WQLは、プロパティでの数 値計算を処理できません。このエラーを回避するには、コンシューマ スクリプトで正確な条件に一致するよ うに処理することで、プロパティの変化に焦点を合わせることができます。 1. スレッショルド クエリをプロパティ変化クエリに置き換えます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading != PreviousInstance. CurrentReading クエリは、条件をチェックしません。 クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 24 TargetInstance. CurrentReading + 7 > TargetInstance. UpperThresholdCritical 2. [. . . ] ", _ "Change PrimaryOwnerName", _ objCS. PrimaryOwnerName) Set tmp = objCS. Put_(wbemChangeFlagUpdateOnly, NULL) Wscript. echo tmp. Path next 前述のスクリプトを開始したら、 PrimaryOwnerName の新しい値を入力します。この値がポーリング間隔 (10秒)内で検出されると、通知先登録スクリプトにより、変化が通知されます。 例—スレッショルドの監視 別のカスタム通知先登録に、スレッショルドの監視があります。この通知先登録により、管理データで提供さ れる数値が一定の限界を超えると通知されます。 単純なスレッショルド 温度読み取り値が35°Cを超えたときに通知を受信したい場合のクエリ文の例は、次のようになります。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 21 WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading > 35 この文は、温度センサの読み取り値が10秒以内に35°Cを超えると通知し、温度が35°C未満に下がるか、通知 先登録がキャンセルされるまで、温度読み取り値を通知しつづけます。このスクリプトを終了するには、 Ctrl+Cキーを押します。 ' (sample5. vbs) Monitoring a threshold ' Force use of a command shell window Set objShell = CreateObject("Wscript. Shell") If Instr(1, WScript. FullName, "CScript", vbTextCompare) = 0 Then objShell. Run "cscript """ & WScript. ScriptFullName & """", 1, False WScript. Quit End If ' set source server and threshold value strComputer = ". " strThreshold = "35" ' Connect to the server's root\ASUSQ namespace Set objWMIService = GetObject( _ "winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") Set objEvents = objWMIService. ExecNotificationQuery _ ("SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE " & _ "TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor'" & _ " AND TargetInstance. CurrentReading >= " & strThreshold) Wscript. Echo "Waiting for Temperature to exceed " & _ strThreshold & " degrees" i = TRUE Do While i = TRUE 'wait for and get the next event Set objReceivedEvent = objEvents. NextEvent 'report an event Wscript. Echo objReceivedEvent. TargetInstance. Name & _ " Threshold exceeded: " & _ objReceivedEvent. TargetInstance. CurrentReading クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 22 Loop カスタム温度スレッショルドを低く設定すると、スクリプトの動作を簡単に確認できます。 クエリベース検出による複合スレッショルド 同じ通知先登録をさまざまな方法で実行することができます。スレッショルドを超過したときにだけ通知する、 より詳しいクエリを作成することができます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND ( (TargetInstance. CurrentReading > 38 AND PreviousInstance. CurrentReading <= 38) OR (PreviousInstance. CurrentReading > 38 AND TargetInstance. CurrentReading <= 38)) このイベントは、スレッショルドを超過したときに開始されます。 次に、スクリプトの例を示します。 ' (sample6. vbs) Monitoring a threshold (complex query) strComputer = ". " strThreshold = "38" strDeg = "°C" Sub SINK_OnObjectReady(objObject, objAsyncContext) 'report an event Wscript. Echo _ objObject. TargetInstance. Name & " Reading " & vbcrlf & _ "change from " & _ objObject. PreviousInstance. CurrentReading & strDeg & _ " to " & objObject. TargetInstance. CurrentReading & strDeg & _ vbcrlf & vbcrlf & _ "(Threshold = " & strThreshold & strDeg & ")" End Sub Set objWMIServices = GetObject( _ "WinMgmts:{impersonationLevel=impersonate, " _ & "authenticationLevel=pktPrivacy }!\\" _ & strComputer & "\root\ASUSQ") ' Create the event sink object that receives the events クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 23 Set sink = WScript. CreateObject("WbemScripting. SWbemSink", "SINK_") ' Set up the event selection. SINK_OnObjectReady is called when ' a ASUS_AlertIndication event occurs objWMIServices. ExecNotificationQueryAsync sink, _ "SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE " & _ "TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor'" & _ " AND ((TargetInstance. CurrentReading > " & strThreshold & _ " AND PreviousInstance. CurrentReading <= " & strThreshold & ")" & _ " OR " & _ " (PreviousInstance. CurrentReading > " & strThreshold & _ " AND TargetInstance. CurrentReading <= " & strThreshold & "))" Wscript. Echo _ "Waiting for any temperature reading not above " & _ strThreshold & strDeg & " to go above " & _ strThreshold & strDeg & " or vice versa. " このスクリプトの動作を確認するには、strThreshold変数をいずれかのセンサの現在の読み取り値と近い値 に変更します。 コンシューマベース検出による複合スレッショルド WQLクエリの使用だけでは正確な条件を定義できない場合があります。温度センサは、ファン回転速度の増 加やシステムのシャットダウンなどの操作のタイミングを決定する重要なスレッショルドを持ちます。たとえ ば、いずれかのセンサの温度読み取り値と重要なスレッショルドとの差が7°C未満になったときに通知を受信 したい場合は、次のクエリを使用することができます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading + 7 > TargetInstance. UpperThresholdCritical クエリを実行すると、「Unparseable Query」というエラーが表示されます。WQLは、プロパティでの数 値計算を処理できません。このエラーを回避するには、コンシューマ スクリプトで正確な条件に一致するよ うに処理することで、プロパティの変化に焦点を合わせることができます。 1. スレッショルド クエリをプロパティ変化クエリに置き換えます。 SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA 'ASUS_NumericSensor' AND TargetInstance. CurrentReading != PreviousInstance. CurrentReading クエリは、条件をチェックしません。 クライアント アプリケーションの通知先登録の方法 24 TargetInstance. CurrentReading + 7 > TargetInstance. UpperThresholdCritical 2. [. . . ]

ASUS N55SLダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればASUS N55SLのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag