ユーザーズガイド ASUS VS208

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くASUS VS208のユーザマニュアルを入手できます。 ASUS VS208のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

ASUS VS208のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


ASUS VS208 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (2046 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   ASUS VS208 (1861 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル ASUS VS208

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 52 お気に入りに登録されている地点を  検索する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 ・事故多発エリア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 ・警察署. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 ・サービスエリア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 ・パーキングエリア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61 ・ハイウェイオアシス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61 ・ハイウェイラジオ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61 通常レーダー波ターゲットの警報を  設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 84 反対車線のオービスキャンセル機能  を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86 インテリジェントキャンセル 目次 はじめに レーダー波ターゲット識別. . . . . . . . . . . . . . . . 62 レーダー波ターゲットの受信感度 モードについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64 ・カーロケ無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66 ・取締無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・デジタル無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・ヘリテレ無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・取締特小無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・警察電話. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・警察活動無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67 ・署活系無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 ・消防ヘリテレ無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 ・レッカー無線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 ・新救急無線. 77 GPSターゲットの警報・警告・告知  を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 138 絵表示について この記号は、 気をつけていただきたい 「注意喚起」 内容です。 この記号は、 してはいけない 「禁止」 内容です。 この記号は、 必ず実行していただく 「強制」 内容です。   安全上のご注意 ●安全上お守りいただきたいこと   警告 運転に際しては必ず現場の交通規制標識/掲示などに従ってください。 交通事故やけがの原因となります。 走行中は運転者による操作、 画面の注視をしないでください。運転者が 操作する場合は、 必ず安全な場所に停車してから操作してください。交 通事故やけがの原因となります。 歩きながらの操作や、 注視をしないでください。必ず安全な場所に立ち 止まってご使用ください。 穴やすき間にピンや針金等の金属を入れないでください。感電や故障 の原因となります。 高温の場所や、 直射日光の当たる場所に、 本機を長期間放置しないでく ださい。内蔵バッテリーなどの過熱等により、 火災の原因となります。 異物が入ったり、 水や飲み物がかかったり、 煙が出ている、 変な臭いがす る等、 異常な状態のまま使用しないでください。発火の恐れがあります ので、 すぐに 5Vコンバーター付シガープラグコードを抜いて、 本体背面 のバックアップ電源スイッチを OFF にしてから、 修理をご依頼ください。 取り付け、 取り外しは安全な場所に停車してから行ってください。交通 事故やけがの原因となります。 本機を車でご使用されるときの電源は DC12V (マイナスアース) 車専 用です。これ以外の接続は故障や火災の原因となります。 本機を車の電源に直接接続しないでください。故障や火災の原因にな ります。 シガーライターソケットに異物がないことを確認してから 5Vコンバー ター付シガープラグコードを接続してください。火災や過熱の原因と なります。 運転の際に、 視界の妨げや運転操作に支障となる場所、 エアバッグ上やエ アバッグの妨げとなる場所に取り付けたり配線しないでください。交通事 故やけがの原因となります。また、 エアバッグが正常に作動しません。 医用電気機器の近くでは使用しないでください。埋め込み型心臓ペー スメーカや、 その他の医用電気機器に電波による影響を与える恐れがあ ります。 走行前にしっかり固定されていることを確認してください。交通事故 やけがの原因となります。    警告 本機を、 船舶・航空機等の主航行装置として、 また登山用地図として使用 しないでください。地図に誤差が出ることがあります。また、 電池が切 れると作動 (地図表示) もできませんので事故や遭難の原因となります。 本機の分解や改造は絶対にしないでください。火災、 感電、 故障の原因 となります。また誤作動、 不具合が発生した場合、 当社は一切の責任を 負いません。走行中に落下等で、 運転の支障となり、 交通事故やけがの 原因となります。 はじめに 安全上のご注意   注意 本機は精密機械です。静電気 / 電気的ノイズ等でデータが消えることが あります。データが消えると作動しません。 SDカードの挿入部や、 USB 端子に異物が入ると、 故障の原因となるこ とがありますので取り扱いにご注意ください。 本体・SDカード・クレードルなどを雨水に濡らさないでください。本 機は、 防滴対応品ではありません。 5Vコンバーター付シガープラグコードを引っ張ったり、 傷をつけない でください。コードが傷んだ場合は交換してください。そのまま使用 すると、 火災や感電の原因となります。 温度の低い場所で使用する際は結露に十分注意してください。感電の 原因となります。 ベンジンやシンナー等の揮発性の薬品を使用して拭かないでください。 塗装面を傷めます。 濡れた手で操作しないでください。感電の原因となります。 本体、 クレードルに必要以上に力を加えないでください。破損や故障の 原因となります。 強い衝撃を与えないでください。タッチパネルが割れて、 けがの原因と なります。 本機は日本国内仕様です。海外ではご使用にならないでください。 車内に放置しないでください。変形や故障の原因になります。  安全上のご注意 ●スタイラスについて ● 地図データの誤字・脱字・位置ずれなどの表示または、 内容の誤りに対して、 取   警告 スタイラスで目などを突かないでください。 り替えや代金の返却はいたしかねます。 ● 地図データの機能がお客様の目的に正確に適応することを、 弊社は保障するもの ではありません。 ● 地図データやプログラムの著作権は、 著作権に基づく権利を許諾した者に帰属し ております。データ /プログラムの複製、 改造、 解析等をすることはできません。 ● 道路 / 地名は、 変更される場合がありますので、 実際と違う場合があります。 ● 一部の車種に採用されている金属コーティングの断熱ガラスの中には、 電波の透 過率が低いため衛星からの電波を受信しにくく、 GPS 測位ができない場合があ ります。 ● 本機の使用中の違反に関しては、 一切の責任を負いかねます。日頃から安全運転 を心がけてください。 ● 本体に入力された個人情報は、 メモリー (SDカード) に残っている場合がありま す。他人に譲渡または、 処分などをされる際はプライバシー保護のため、 個人情 報の取り扱い管理は必ずお客様の責任で行ってください。 ● 液晶ディスプレイは非常に精密度の高い技術で作られており、 99. 99%以上の有 効画素がありますが、 0. 01%の画素欠けや常時点灯する画素があります。あら かじめご了承ください。 はじめに ●表示画面 (タッチパネル) について 安全上のご注意   警告 画面の操作はスタイラスで軽く触れてください。タッチパネルが割れ て、 けがの原因となります。 画面の反応がないときは、 一度スタイラスを離してから再度タップして ください。 画面を強く押したり、 先の鋭いもので押さないでください。タッチパネ ルが割れて、 けがの原因となります。 画面を見やすい角度に調整してご使用ください。液晶パネル (タッチパネ ル) は斜めの方向から見ると、 画面が白く見えたり、 黒っぽく見えたりし ます。また太陽の光や明るい光が当たると、 画面が見えにくくなります。 本機の仕様および外観、 アイコン、 表示名、 表示の内容は、 実際と異なったり、 予告 なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。 10 11 本機の特長 ☆ コンパクトなボディで手軽に使えるナビゲーション機能と、 豊富な GPSターゲットデータ、 並びにレーダー/無線受信機 能により、 ドライブを強力にサポートするナビゲーション機 能付レーダー探知機モデルにしました。 ☆ ityクラブに入会していただくと、 GPSターゲットデータを 更新することができます。 ☆ 駐車禁止最重点エリア・路線、 重点エリア・路線をすべて地 図上に表示します。また、 駐車場の位置も表示されます。 ☆ 高速道路 (有料道路) において、 画面上に制限速度と車輌の速 度を表示します。制限速度+10km/h を超えたときに、 速度 超過の警告を出すこともできます。このときの音声フレーズ は、 お好みにより選択することができます。 ☆ ナビゲーション画面だけでなく、 GPSターゲットを複数同時 に表示できる近未来的なレーダースコープで見ることができ ます。 ☆ 普通の案内音声はもちろん、 メカ的な音声で情報をお知らせす ることもできます。 (ナレーション・鈴木麻里子) ☆ 電源 ON 時、 案内開始時、 案内終了時の 音声フレーズをユー ザーのお好みで選択できます。 (ナレーション・鈴木麻里子) ☆ シガープラグコードは、 クレードルに接続するタイプで、 本体 の取り外しがワンタッチでできます。 ☆ ダッシュボードへの取り付けは吸着盤。取り付け位置の変更 が簡単にできます。 ナビゲーションと GPS 衛星について GPS (グローバル・ポジショニング・システム) 衛星は、 常に高精度な時間情報 等を地球に向けて送信しています。ナビゲーションは、 この GPS 衛星を利用し て得た現在地の情報を地図データに重ねて表示しながら、 目的地までのルート を案内するものです。 はじめに 誤差と修正方法について 緯度・経度・高度や地図上の自車位置がずれている場合があります 本機の特長/ナビゲーションと GPS 衛星からの電波が良好に受信できる見通しの良い道をしばらく走行 して正しい現在地を認識すると、 自動的に現在位置を補正します。 G P S 衛星について 誤差を生じる原因 ●周囲を高いビルに囲まれた場所や、 高速道路の下、 トンネル内等、 GPS 測位 (電波を受信) ができない場所 ●雪や雨等の悪天候の場合 ●携帯電話中継局等大きな電波の発生源が近くにある場所 ●車速パルスの入力やジャイロを搭載しておりませんので、 自車位置がずれ ることがあります。 テレビによるGPS測位障害について 車載テレビ等を UHF56 チャンネルに設定していると、 GPS を測位できない 場合があります 。 これは、 UHF56 チャンネルの受信周波数が障害電波となり、 GPS 衛星からの電波受信に悪影響を与えるためです。ご注意ください。 通常、 GPS 電波受信が終わるまで、 約10 秒から約3 分かかりますが、 初めての 受信や、 ビルの谷間等、 視界の悪い場所では、 GPS 衛星からの電波を受信しにく く、 受信に 20 分以上時間がかかる場合があります。障害物や遮へい物のない視 界の良い場所へ移動し、 車を停車して行ってください。 13 12 各部の名称と働き 本 体 クレードル はじめに 各部の名称と働き ☛ ☛ ☛ ☛ 付属品 ☛ ● SDカード (2GB)   (本機専用) ……1 ● 粘着マット / 取付補助板 /  両面シール……各1 ☛ ● 5Vコンバーター付シガープラグ コード (約2m)……1 ● 取扱説明書 / 保証書 (本書) ……1 ● ブレーキ接続線……1 ● エレクトロタップ……1 ☛ 14 15 SDカードの入れかた  注 意 ・ SDカードの出し入れは、 必ずバックアップ電源スイッチを OFF にした状態で 行ってください。電源が入っていると、 本機や SDカードが壊れることがあり ます。 ・ SDカードは一方向にしか入りません。表示画面を正面に見て、 SDカードを 下図のように挿入してください。無理に押し込むと、 本機が壊れることがあ ります。 SDカードの取り扱いについて はじめに SDカードには、 ナビゲーションの地図データなどが保存されています。 ・本体に SDカードが挿入されていないと、 本機が作動しません。 ・ SDカードをパソコン等でフォーマットしないでください。フォーマットすると、 データが消滅し、 本機が使用できなくなります。 ・ SDカード内のデータを絶対に削除しないでください。 ・ SDカードは本機専用でお使いください。他の機器で使用したり、 他の SDカード を使用しないでください。 S D 1 本体裏側のバックアップ電源スイッチが OFF であることを確かめる 『カチッ』 と音がするまで押し込む 2 SDカード挿入部に、SDカードを 下図の向きに合わせて入れてください。 カードの入れかた ●プロテクトスイッチについて SDカードには、 プロテクト (書き込み禁止) 機能が付いています。 使用時には、 プロテクトスイッチを OFF にしてください。 ・SDカードを取り出すと きは、 カードを押し込み、 カードが少し飛び出して から引き出します。 3 本体裏側のバックアップ電源スイッチを ON にする * SDロゴは登録商標です。 * SDTM は SDアソシエーションの登録商標です。 誤ってデータを削除した場合は、 お買い上げの販売店、 または最寄りの弊社営業 所までご相談ください。 16 17 車への取り付けかた 本体を取り付ける 1 ハンドルをゆるめ、ツメやレバーの向きをかえる 3 取り付け場所に置き、レバーを倒す はじめに 吸着面の中央部に空気が入らないように押さえ ながら、 レバーを倒してください。 ・取り付けにくい表面の場合は、 粘着マット (取付 補助板、 両面シール) で取り付けてください。 ・取付補助板を使用する場合は、 粘着マットを使用 せず、 取付補助板に直接吸着させてください。 ・吸着面は、 経年変化で吸着が弱くなることがあります。 ・あらかじめ両面シールを貼る場所のチリや汚れ、 脂分をよく落としたあと、 慎重に 行ってください。貼り直しはシールの接着力を弱めます。 ・取付部の材質により、 変色や変形することがあります。    GPS 衛星からの電波を受信しやすい場所に取 り付けてください。また本体の上部にルーフ や、 他の機器のアンテナ・金属等の障害物がな い場所に取り付けてください。 取り付け場所 車への取り付けかた 2 本体をクレードルのツメでしっかり固定する 本体をクレードルにセットして固定します。ワンタッチで脱着できます。 4 画面の角度を調整する クレードルのハンドルをゆるめて、 見やすい角度に調節し、 ハンドルを閉めま す。  警 告 運転の際に、 視界の妨げや運転操作に支障となる場所、 エアバッグ付近には取 り付けないでください。 18 19 車への取り付けかた 走行中の操作規制 車でのご使用時(クレードルに接続時) は安全のた め走行中の操作を無効とし、 「 走行中は操作できま せん」 を表示します。 パーキングブレーキ信号ライン (バーキン 2 エレクトロタップを使って、 グブレーキをかけるとアースに落ちるライン) に本機のブレーキを接続 する。 <サイドタイプ> はじめに 車への取り付けかた <ブレーキ接続線を接続している場合> ・パーキングブレーキをかけているとき :操作できます。 ・パーキングブレーキをかけていないとき :走行中は操作できません。 <ブレーキ接続線を接続していない場合>  GPS によって速度を判断します。GPS が測位できていない場合や約8km を超え る速度と判断した場合は操作を無効とします。  ※車でご使用の場合は、 安全のためブレーキ接続線の接続を推奨しています。 <フットタイプ> ブレーキ接続線について  警 告 配線作業中は、 車輌バッテリーのマイナス側のケーブルを外してください。 ショート事故による感電やけがの原因となります。また、 ショート事故による 機器内部の部品を破損する原因となります。車輌の信号線に接続する際、 誤っ た接続や不完全な取り付けは大変危険です。お買い求めの販売店や、 お車をお 求めのカーディーラーにご相談ください。お客様ご自身で取り付けられた場合 の保証は受けられません。 取り付けたことによる車輌や車載品の故障、 事故などの付随的障害について は、 一切その責任を負いません。 ※ <ステッキタイプ>の場合も、 パーキングブレーキスイッチを探し同様に接 続してください。 パーキングブレーキ信号ラインの接続は車種によって異なります。お買い 求めの販売店や、 お車をお買い上げのカーディラーにご相談ください。 レ ー キ 接 続 線 の 端 子 を、ク 3ブ レードルのブレーキ接続線 ジャックに差し込む 1 車のパーキングブレーキスイッチを探す 20 21 充電について 車輌で充電する 5Vコンバーター付シガープラグコードの LED は通電すると点灯します。 プラグ内部で DC12V を DC5V に変換して供給します。分解やコードの切断は絶対 にしないでください。 ● 5Vコンバーター付シガープラグコードをクレードルの USB 端子に接続する と、 充電が始まり、 バッテリーランプが点灯します。橙色の点灯は充電中・ 緑色の点灯は充電完了です。 (充電温度範囲−0 〜+45℃ 過充電防止回路 付)  ・5Vコンバーター付シガープラグコードで充電した場合    ……約4 時間30 分で満充電になります。 はじめに 1 バックアップ電源スイッチを ON にする SDカードから読み込み中に、エ ンジンキーOFF 等によりデータ破 損の恐れがありますので、 バック アップ電源スイッチは ON の状態 でご使用ください。 パソコンから充電する バックアップ電源スイッチを ON にする ● USB 端子に USBケーブル (市販品) でパソコンに接続し、 パソコンの電源を 入れてください。充電が始まりバッテリーランプが点灯します。橙色の点灯 は充電中・緑色の点灯は充電完了です。 (充電温度範囲−0 〜+45℃ 過充電 防止回路付) ● 充電しながら、 使用できます。 ● USBケーブルは市販品 (USB2. 0 ケーブル Aコネクタオス-ミニ Bコネクタ オス) をご使用ください。 ● パソコンからの充電は、 約4 時間30 分で満充電になります。 ●バッテリーが満充電の状態で約3 時間使用できます。 ※ パソコン本体の USB 端子に直接接続してください。USB のハブ等を経由して接続し た場合、 容量不足で、 作動や充電ができないことがあります。 充電について 属 の 5Vコ ン バ ー タ ー 付 シ 2付 ガープラグコードを、 クレード ルの USB 端子と車のシガーラ イターソケットに差し込む ・ 5Vコンバーター付シガープラグ コードは、必ず付属のものを使用 してください。 ・ 一 部 の 車 種 に お い て は、 5Vコ ン バーター付シガープラグコードの 形状が合わないことがあります。 シガーライターソケットが合わな い車は、 使用できません。 22 23 充電について 本体のみで使用する 本機をクレードルから外して、 本体のみでも使用できます。 本機をクレードルから外した場合、 レーダー波や各種無線の受信はできません。 本体をクレードルから外して使用しているときには、 次のようにバッテリーの 電源状態が表示されます。 状態 表示 満充電 要充電 ・ 電池残量が少なくなると、 画面に 「バッテリー残量がありません 終了しま す」 と表示されます。 要充電表示のときは、 クレードルやパソコンの USB にセットして充電して ください。 バッテリーが満充電の状態で約3 時間使用できます。 内蔵バッテリーには寿命があります、 内蔵バッテリーで使用できる時間が短く なったら新しいバッテリーと交換が必要です。 本体をお預かりしての交換になります。内蔵バッテリーの交換については、 お 買い上げの販売店、 または最寄りの弊社営業所にご依頼ください。 歩きながらの操作や、 注視をしないでください。必ず安全な場所に立ち止まって ご使用ください。 24 基本の操作と ルート設定 電源を入れる・リセット 電源を入れる 電源ボタンを押して ON にする 電源ボタンは画面が表示するまで押し続けてく ださい。 オープニング画面が表示されたら、 内容をご理解 のうえ、 [確認] をタップしてください。 電源を切る 画面表示中に電源ボタンを押し続ける 画面が消え本体の電源を OFF にできます。 基本の操作とルート設定 クレードルの USB 端子、 または本機 USB 端子より電源を供給されている場合は、 電 源供給が切断されると、 約5 秒後に電源が OFF になります。 リセットボタンについて 作動しなくなったり、動作が 遅くなったときに、本機のシ ステムをリセットします。 電源を入れたまま押してくだ さい。 SDカードのデータは消えま せん。 電源を入れる・リセット ・ お買い上げ後、 はじめてご使用になるときや、 長期間電源を入れなかったときは、 GPS 測位するのに時間がかかりますので、 現在地の地図は誤差が大きい状態で表示されるこ とがあります。 ・ 電源を入れた際、 「SDカードを挿入してください」 と画面に表示されたときには、 SDカー ドが未挿入か、 または正しく挿入されていません。バックアップ電源スイッチを切ってか ら、 SDカードを入れ直してください。 (*P. 16) 26 27 スタイラスについて 本機のタッチパネル操作は、 スタイラスや指先を使って行います。スタイラス は本機背面上部に収納されています。 ナビゲーション画面 ナビゲーション画面について 地図の凡例・地図上の表示 (ランドマーク) については 「地図凡例」 (* P. 130) を ご覧ください。 基本の操作とルート設定 ● スタイラスは、 背面から 引き出してください。  注 意 ・ スタイラスをなくさないようにしてください。使用しないときは、 必ず背面 に収納してください。 ・ スタイラスの先端を破損しないようにしてください。破損したスタイラスで タッチパネルの操作をすると、 タッチパネルの破損の原因となります。 ・ タッチパネルの操作に、 スタイラス以外の物 (ボールペンや鉛筆、 ドライバー 等) を使わないでください。 一般道走行中(通常表示) 高速道路走行中 (ハイウェイ表示) スタイラスについて/ナビゲーション画面 ※昼と夜とで、画面の表示色を変えることができます。 スタイラスの使いかた タッチパネルに表示されているボタンや地図等を、 直接操作します。パソコン のマウス操作で行う 「クリック」 に相当する操作を行うことができます。 タップ タッチパネルを軽く1回タッチしま す。表示されているメニューボタン を押す操作や、 設定画面の項目を選 択する操作ができます。 No. ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ 表示名 方位表示 GPS 受信表示 道路名・交差点 名表示 駐禁監視エリア ・路線表示 現在時刻 地図スケール 自車速度 はめ込み合成です) 表示の意味(画面表示はすべて、 赤の矢印が北方向を指します。 GPS衛星から電波を受信しているときに表示されます。 受信できないときは衛星表示が暗い表示に変わります。 現在地の道路名や交差点名を表示します。 (*P. 102) スケールが 100m、 200 mの場合に地図上に駐禁監視エ リア・路線を表示します。 (*P. 104) GPS 衛星から送られる時刻を表示します。 表示されている地図の縮尺を表示します。 (*P. 33) 移動速度を表示します。 28 29 ナビゲーション画面 No. 表示名 はめ込み合成です) 表示の意味(画面表示はすべて、 ●道路の表示色 国道 主要都道府県道 一般都道府県道 一般道 高速道 (有料道路) 赤色 黄緑色 緑色 黒色 青色 基本の操作とルート設定 ⑧ [メニュー] ボタン タップすると、 各種設定メニューが表示されます。 ●地図上に表示されるアイコンおよび警報・警告・告知表示に表示するアイコン [検索] (*P. 38) [ルート設定] (*P. 34) [登録 / 編集] (*P. 50) [画面スタイル設定] (*93) [ターゲット設定] (*P. 55) [ナビゲーション設定] (*P. 99) [表示 / 音声設定] (*P. 113) [GPS 測位状況] (*P. 122) ⑨ ⑩ 警報・警告・ 告知表示 レーダー波 受信レベル 自車位置 制限速度 (ハイウェイ表示 のみ) アイコン (赤) (赤) (赤) (赤) (赤) (赤) (赤) (黄) (黄) (黄) (黄) (緑) (赤) (緑) 内 容 ループコイル LHシステム 新 Hシステム レーダー式オービス 取締エリア 検問エリア Nシステム 交通監視システム 事故多発エリア 交差点監視ポイント 信号無視抑止システム ハイウェイラジオ 受信エリア 目的地 (ルート設定時) 出発地 (ルート設定時) アイコン (赤) (赤) (緑) (赤) (緑) (緑) (緑) (緑) (緑) (緑) 内 容 レーダー波 ステルス波 ナビゲーション画面 インテリジェント キャンセル 無線 / 警報 無線 / 告知 警察署 道の駅 サービスエリア パーキングエリア ハイウェイオアシス カーロケ無線 レーダー・ GPS・無線の警報・警告・告知を表示します。 通常レーダー波、 ステルス波の受信状況を表示します。 インテリジェントキャンセル機能の動作を表示します。 (*P. 87) で現在の位置を地図表示に表示します。GPS 測位で きないと、 で表示されます。 走行している高速道路の制限速度を表示します。制限速 度を 10km/hオーバーしたときには、 速度超過を警告し ます。 (*P. 121) ※普通自動車に対する制限速度をお知らせします。実際の制限速 度は、 事故や天候などで異なる場合があります。道路上に表示 されている制限速度で走行してください。 ⑪ ⑫ ⑬ ハイウェイ表示 高速道路 (有料道路) のインターチェンジやサービスエリ ア、 ジャンクションなど、 走行している道路の情報を表示 します。 (*P. 103、 109) 30 31 ナビゲーション画面を操作するには 本機の操作部は、 タッチパネルです。画面にスタイラスで軽くタップして操作 します。 や [広域] にタッチする 2 [詳細] 25 m    詳細  警 告 運転者は、 走行中に本機の操作を行わないでください。 [詳細] にタッチすると地図スケールが縮小され、 [広域] をタップすると地図ス ケールが拡大されます。 広域 8km 基本の操作とルート設定 例 ナビゲーション画面にタップする 1 (タップする場所は画面の地図表示部 です) 地 図 ス ケ ー ル は、 25m、 50m、 100m、 200 m、 500 m、 1km、 2km、 8km の8段階に切り替わります。 (100m、 200mスケールでは、 駐車禁止監視エリア・路線が地図上 に表示されます。表示は設定で ON/OFF することができます。 ) 地図スケールを変えるときには ナビゲーション画面を操作するには 画面の左側に [広域] [詳細] が表示されます。 画面中央に マークが表示されます。 [現在地] をタッチしてください。 ・現在地に戻るときは、 ・ナビゲーション画面で名称や文字が重なって表示されることがあります。 地図をスクロールするときには 移動したい方向の画面にタップする 32 33 ルート設定と操作の流れ ルート設定の操作手順 ルートの設定は以下の手順で行います。 ルート案内中のナビゲーション画面について 運転するときは、 必ず現場の状況や交通規制・標識・掲示などに従ってください。 地図の凡例・地図上の表示 (ランドマーク) については 「地図凡例」 (* P. 130) を ご覧ください。 1 はじめに目的地を設定する (*P. 38) ・目的地だけを設定してルート探索をすると、 出発地は現在地からとなります。 基本の操作とルート設定 2 必要なときは出発地を設定する (*P. 38) ・設定方法は、 目的地の設定と同じです。 一般道走行中(通常表示) 高速道路走行中 (ハイウェイ表示) ルート設定と操作の流れ/ルート案内中のナビゲーション画面について [有料優先] [一般優先] から、 ルート探索のパターンを選択す 3 [推奨] る (*P. 40) ・目的地まで、 どのような道を走行するかを選択します。 を選択してルートを設定する (*P. 40) 4 [案内開始] ・ルート探索が終わると、 地図に設定したコースが表示され、 ルート案内が 始まります。 ・音声でわかりやすく案内します。 (ON/OFF もできます) (*P. 105) ・ 高速道路 (有料道路) 走行中は 2 画面となり、 通常のナビゲーション画面を左側に、 高速 道路 (有料道路) の情報を右側に表示します。 (*P. 103) ・ ナビゲーション画面で名称や文字が重なって表示されることがあります。 ・ 高 速道路では、制限速度を 10km/hオーバーしたときには、速度超過を警告します。 (*P. 121) No. ① ② 表示名 目的地距離 目的地到着 予想時刻 交差点方向 案内表示 表示の意味 目的地までの距離を表示します。 到着予想時刻を表示します。 (*P. 107) 次に右左折する交差点までの距離 (矢印の下に表示) と、 交 差点で曲がる方向を表示します。 (*P. 108) 左折表示 直進表示 右折表示 自宅など、 よく利用する目的地は、 お気に入り登録に登録する (*P. 50) ・検索した場所をナビゲーションに 100 件まで登録できます。 ③ ※一方通行や中央分離帯などで進行できない方向や車輌が走行できない細い道路な どを案内することがあります。また、 曜日や時刻、 天候や季節などによる道路規制 には対応していません。必ず現場の状況や交通規制・標識・掲示などに従ってく ださい。 34 35 ルート案内中のナビゲーション画面について No. 表示名 表示の意味 タップすると、ルート案内を中止して現在地のナビゲー ション画面に戻ります。 インターチェンジやサービスエリア、 ジャンクションなど の情報と、 進行方向を表示します。 (*P. 103、 109) ・ 緑色の太線は、 一般道・高速道を表します。 ・ 水色の太線は、 道路情報 (一方通行など) がなく、 音声案内 ができない道路を表します。交通規制標識には十分注意 してください。 ・ 水色の細線は、 出発地点や目的地点から道路までを表示 します。 ・ 紫色の点線は、 自車と目的地点を直線距離で表示します。 ④ 「案内中止」 ボタン ⑤ ⑥ ハイウェイ 表示 ルート案内 道路 ルート案内を中止するときは ルート案内画面で、 [案内中止] にタップします。 基本の操作とルート設定 ● 走行中、 ルートから外れてしまったときには (オートリルートについて) オートリルートするように設定すると、 走行中にルートから約100m 以上離 れてしまった場合には、 自動的に走行している場所から目的地までのルート を探索し直します。 (*P. 106) ルート案内中のナビゲーション画面について ジャンクション 3D 表示 高速道路 (有料道路) のときには、 3D (立体) 表示します。 (*P. 109) ●3D 高速道路入口案内 ●ジャンクション 3Dガイド 36 37 目的地・出発地を検索する 住所で目的地を検索してルート探索をする [メニュー] に 1 ナビゲーション画面で タップする メニュー画面が表示されます。 または [▼] をタップして、 目的地 5 [▲] の都道府県にタップする 基本の操作とルート設定 にタップする 2 [検索] 6 手順4 ~5 と同様に、都道府県名以降の住所を順に選びタップする 目的地付近の地図が表示されます。 ・ 地域によっては、 番地を指定することはできません。 検索画面が表示されます。 目的地・出発地を検索する 7 地図をスクロールして、地図上の マークを目的地の場所に合わせてか 3 ら、 [目的地] にタップする [住所検索] にタップする 住所検索画面が表示されます。 ・ 出 発地を設定するときは、 手順3 ~7 と同様 に操作して設定すると、ルート設定画面に と出発地が表示されます。 ルート設定画面に ます。 と目的地が表示され ・ 地名が 50 音順に分類されてリスト表示され ます。 4 地名が含まれる最初の文字にタップす る 左側の [あ] ~ [わ] で探している都道府県の 最初の文字にタップしてください。 都道府県名がリスト表示されます。 38 39 目的地・出発地を検索する のパターンを選択して 8 [ルート探索] タップする [推奨] 目的地が出発地から遠い場合には 有料道を通るルートを、 近い場合は 一般道のみを通るルートを探索し ます。 ナビゲーション画面からルート探索をする スクロールし 1 ナビゲーション画面で、 て画面上の マークを目的地に合わせ る [有料優先] 有料道を通るルートを探索します。 ※有料道を使用しないルートを探 索する場合もあります。 [一般優先] なるべく一般道を通るルートを探 索します。 ※一般道を使用しないルートを探 索する場合もあります。 ・ 地図のスクロール (*P. 33) ・ [広域] [詳細] (*P. 33) 基本の操作とルート設定 にタップする 2 [目的地] ・ 目的地の施設などが見つからないときは、 [検 索] [ 周辺検索] をタップして、 周辺の施設を 検索することができます。 (*P. 44) ・ [お気に入り登録] をタップすると、 この地点 を登録することができます。 (*P. 50) にタップする 9 [案内開始] ナビゲーション画面からルート探索をする 設定した目的地までのルート案内画面が表 示され、 ルート案内が始まります。 ・ 「ルート検索中 . . . 」 の表示が消えるまで、 しば らくお待ちください。 ・ ルート探索に失敗した場合は、 メッセージの 画面にタップして、 目的地の検索からやり直 してください。 のパターンを選択してタップする 3 [ルート探索] [推奨] [有料優先] [一般優先] 目的地が出発地から遠い場合には有料道を通るルートを、 近 い場合は一般道のみを通るルートを探索します。 有料道を通るルートを探索します。 ※有料道を使用しないルートを探索する場合もあります。 なるべく一般道を通るルートを探索します。 ※一般道を使用しないルートを探索する場合もあります。 にタップする 4 [案内開始] 設定した目的地までのルート案内画面が表 示され、 ルート案内が始まります。 ※一方通行や中央分離帯などで進行できない方向や車輌が走行できない細い道路な どを案内することがあります。また、 曜日や時刻、 天候や季節などによる道路規制 には対応していません。必ず現場の状況や交通規制・標識・掲示などに従ってく ださい。 40 41 施設を検索する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で メニュー画面が表示されます。 5 都道府県をタップする にタップする 2 [検索] 左側の [あ] ~ [わ] で探している都道府県の 最初の文字にタップしてください。 都道府県名リストを表示します。 基本の操作とルート設定 検索画面が表示されます。 にタップする 3 [施設検索] 施設検索画面が表示されます。 6 目的の施設名をタップする 目的の施設を中心とする地図が表示されま す。 施設を検索する 4 施設のカテゴリーにタップする 施設名がリスト表示されます。 ・ 該 当する施設が見つからない場合は、 「該当 データは見つかりませんでした」 と表示され ます。他の検索方法で探してください。 複数の施設が表示される場合もあります。 ・ 検 索する場所は、データ (施設・電話番号・ ・ 郵便番号) によっては表示される目的地が、 実際の目的地と離れている場合があります。 カテゴリーがさらに、 別れる場合がありま す。同様にタップしてください。 42 43 周辺の施設を検索する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で メニュー画面が表示されます。 ●施設検索リスト 見る 遊ぶ 街道関係、 観光案内、 工場見学、 史跡・建造物、 自然地形、 文化施設、 その他 アミューズメント、 キャンプ、 ゴルフ、 スキー、 観戦、 乗り物、 体験・研修、 釣り、 歩く、 夜遊び、 ゲームセンター、 カラオケ、 その他 バー・居酒屋、 外国料理店、 軽食店、 和食店、 カフェ・喫茶・甘味、 和食ファミレ ス、 そば・うどん、 寿司・海鮮、 洋食ファミレス、 イタリアン、 ステーキ・ハンバー グ、 中華・ラーメン、 焼肉、 カレー、 ファーストフード、 その他飲食店、 その他和 食、 その他洋食 インテリア販売、 工・民芸品販売、 商店街等、 食品販売、 生活用品販売、 装飾品 販売、 定期市等、 物産販売所、 スーパー・百貨店、 ホームセンター、 ディスカウ ント・リサイクル、 ドラッグストア、 スポーツ、 家電・家具、 衣料品・キッズ他、 自動車関連、 酒・食品、 ギフト・雑貨・花、 コンビニエンスストア、 その他販売 ペンション、 ホテル、 民宿、 旅館、 その他 にタップする 2 [検索] 検索画面が表示されます。 食べる 基本の操作とルート設定 3 [周辺検索] にタップする 周辺検索画面が表示されます。 買う 泊まる 周辺の施設を検索する 4 施設のカテゴリーにタップする 温泉 イベント サービス 自然地形 公共機関 道路 交通機関 温泉地、 日帰り入浴施設 イベント レンタル 自然地形 基本官公署、 学校、 医療機関、 その他官公署 高速道路、 道路施設 鉄道駅、 鉄道施設、 その他交通機関 スポーツ施設、 アミューズメント、 名所 金融機関 カテゴリーがさらに、 別れる場合がありま す。同様にタップしてください。 5 [▲] または [▼] をタップして、 目的の施設名にタップする 目的の施設を中心とする地図が表示されます。 レジャー 商工産業 ・ 該当する施設が見つからない場合は、 「該当データは見つかりませんでした」 と表示 されます。他の検索方法で探してください。 場所によっては、 実際の施設と離れている場合があります。 ・ 44 45 電話番号から目的地を検索する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で にタップする 2 [検索] メニュー画面が表示されます。 6 該当する施設にタップする 目的の施設を中心とする地図が表示されま す。 検索画面が表示されます。 にタップする 3 [電話番号検索] ・ 場所によっては、 指定した地区の代表地点を 表示したり、 実際の施設と離れている場合が あります。 基本の操作とルート設定 電話番号検索画面が表示されます。 電話番号から目的地を検索する 〜 [9] 、 [0] にタップする 4 [1] 数字キーにタップするたびにカーソルが移動 して、 電話番号が左から順に入力されます。 ・ 間 違えたときは、 [修正] にタップして、 入力 をやり直してください。 にタップする 5 [決定] 該当する施設が表示されます。 ・ 該 当する施設が見つからない場合は、 「該当 データは見つかりませんでした」 と表示され ます。他の検索方法で探してください。 ・ 複数の施設が表示される場合もあります。 46 47 郵便番号から目的地を検索する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で にタップする 2 [検索] メニュー画面が表示されます。 6 該当する住所にタップする 目的の住所を中心とする地図が表示されま す。 検索画面が表示されます。 にタップする 3 [郵便番号検索] 郵便番号検索画面が表示されます。 ・ 場所によっては、 指定した地区の代表地点を 表示したり、 実際の施設と離れている場合が あります。 基本の操作とルート設定 ~ [9] 、 [0] にタップする 4 [1] 郵便番号から目的地を検索する 数字キーにタップするたびにカーソルが移 動して、 郵便番号が左から順に入力されま す。 ・ 間 違えたときは、 [修正] にタップして、 入力 をやり直してください。 にタップする 5 [決定] 該当する住所が表示されます。 ・ 該 当する住所が見つからない場合は、 「該当 データは見つかりませんでした」 と表示され ます。他の検索方法で探してください。 48 49 お気に入りの場所を登録する お気に入り登録は、 自宅など、 よく目的地に設定する場所を 100 件まで登録し ておくことができます。登録数が 100 件を超えると、 「登録件数オーバーです 削除後登録してください」 と表示されますので、 不要な登録地点を削除してから 登録をやり直してください。 または [▼] をタップして、 登録名 4 [▲] 称にタップする 登録できる名称がリストで表示されます。 登録できる名称は以下のとおりです。 基本の操作とルート設定  警 告 運転者は、 走行中に登録操作を行わないでください。 例 1 検索などで自宅付近をナビゲーション 画面で表示させる ・ 「広域」 「詳細」 (*P. 33) 地図のスクロール (*P. 33) ・ ・ [住所検索] (*P. 38) ・ [施設検索] (*P. 42) ・ [周辺検索] (*P. 44) ・ [電話番号検索] (*P. 46) ・ [郵便番号検索] (*P. 48) ・ [お気に入り検索] (*P. 54) 自宅を登録してみましょう。 表示 順序 1 2 3 4 5 6 7 8 自宅 実家 会社 登録名称 表示 順序 9 10 11 12 13 14 15 16 学校 駅 登録名称 表示 順序 17 18 19 20 21 22 23 24 登録名称 ホームセンター レジャー アミューズメント 公園 遊園地 ゴルフ場 スタジアム その他 宿泊施設 温泉 コンビニ レストラン・食堂 スーパー・百貨店 カー用品 友達の家 先輩の家 後輩の家 彼氏・彼女の家 公共施設 お気に入りの場所を登録する ・ 登録される名称は変更できません。 ・ 「登録に失敗しました」 とメッセージが表示されたときは、 メッセージをタップし て、 一つ前の画面からやり直してください。 2 地図をスクロールして、画面上の ・ 地図のスクロール (*P. 33) マークを自宅に合わせる にタップする 5 [決定] 登録確認画面が表示されます。 にタップする 3 [お気に入り登録] お気に入り登録画面が表示されます。 ・ お気に入り登録画面は、 ナビゲーション画面 から [メニュー] → [登録 / 編集] → [お気に入り 登録] をタップしても登録することができま す。 にタップする 6 [はい] 50 51 お気に入りの場所を登録する お気に入り登録を削除する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で メニュー画面が表示されます。 にタップする 5 [削除] 削除確認画面が表示されます。 にタップする 2 [登録 / 編集] 登録 / 編集画面が表示されます ・ 名称を変更したい場合は、 変更したい名称に タップします。 [決定] にタップすると、 編集 確認画面が表示され、 [はい] にタップすると 変更します。 基本の操作とルート設定 にタップする 6 [はい] 登録が削除され、 お気に入り一覧画面に戻 ります。 にタップする 3 [お気に入り一覧] ・ お気に入り登録 (*P. 50) ローカルエリア登録 (*P. 75) ・ お気に入りの場所を登録する お気に入りの場所が一覧表示されます。 4 削除したい場所にタップする 選択した場所の名称が表示された編集画面 が表示されます。 52 53 お気に入りに登録されている地点を検索する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で メニュー画面が表示されます。 にタップする 2 [検索] 検索画面が表示されます。 にタップする 3 [お気に入り検索] お気に入り検索画面が表示されます。 または [▼] をタップして、 登録名称にタップする 4 [▲] 登録名称地点を中心とする付近の地図が表示されます。 54 ターゲット識別 と設定 本機は、 GPSターゲット、 レーダー波ターゲット、 無線ターゲットをそれぞれ識別します。 GPSターゲット識別 GPSターゲット識別について GPSシステムを利用して、 取締りレーダー波を発射しないループコイル式オー ビス、 そして LHシステムも、警報表示と音声でお知らせします。 また、 固定設置式のオービスだけでなく、 交通監視システムや Nシステム、 そし て、 過去の取締りや検問などがよく行われたエリアなど、 ターゲットを識別し てお知らせします。 (GPS24 識別警報) 本機に登録されている GPSターゲットに近づくと、 ターゲットの種類を識別 し、 地図上にアイコンで表示します。同時に画面下へ表示 (警報 ・ 警告 ・ 告知) と、 チャイム音と音声でお知らせします。 No. ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ターゲット名 取締エリア 検問エリア 交通監視システム 交差点監視 信号無視抑止 事故多発エリア 警察署 道の駅 サービスエリア パーキングエリア HWオアシス (ハイウェイオアシス) HWラジオ (ハイウェイラジオ) 駐禁最重点エリア 駐禁最重点路線 駐禁重点エリア 駐禁重点路線 有料駐車場 高速道路制限速度 ピンク 濃い ピンク 薄い ピンク 濃い イエロー 駐車場を地図上に表示しま す。 高速道走行時に制限速度を 表示します。 緑 (告知) 黄 (警告) 情報 表示色 赤 (警報) アイコン 表示 警報・告知音声 (例) 『取締エリアです』 『検問エリアです』 『交通監視システムです』 参照 ページ *P. 59 *P. 59 *P. 60 『交差点監視ポイントです』 *P. 60 『信号無視抑止システムで *P. 60 す』 『事故多発エリアです』 『警察署です』 『道の駅です』 『サービスエリアです』 『パーキングエリアです』 *P. 60 ターゲット識別と設定 *P. 60 *P. 60 *P. 60 *P. 61 『ハイウェイオアシスです』 *P. 61 『ハイウェイラジオエリア *P. 61 です』 ナビゲーション画面の、 地図 *P. 104 ス ケ ー ル100m・200mで 表示します。 表示は任意で設定できます。 G P S ターゲット識別 ● GPSターゲットの警報・警告・告知一覧 No. [. . . ] ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ターゲット名 取締エリア 検問エリア 交通監視システム 交差点監視 信号無視抑止 事故多発エリア 警察署 道の駅 サービスエリア パーキングエリア HWオアシス (ハイウェイオアシス) HWラジオ (ハイウェイラジオ) 駐禁最重点エリア 駐禁最重点路線 駐禁重点エリア 駐禁重点路線 有料駐車場 高速道路制限速度 ピンク 濃い ピンク 薄い ピンク 濃い イエロー 駐車場を地図上に表示しま す。 高速道走行時に制限速度を 表示します。 緑 (告知) 黄 (警告) 情報 表示色 赤 (警報) アイコン 表示 警報・告知音声 (例) 『取締エリアです』 『検問エリアです』 『交通監視システムです』 参照 ページ *P. 59 *P. 59 *P. 60 『交差点監視ポイントです』 *P. 60 『信号無視抑止システムで *P. 60 す』 『事故多発エリアです』 『警察署です』 『道の駅です』 『サービスエリアです』 『パーキングエリアです』 *P. 60 ターゲット識別と設定 *P. 60 *P. 60 *P. 60 *P. 61 『ハイウェイオアシスです』 *P. 61 『ハイウェイラジオエリア *P. 61 です』 ナビゲーション画面の、 地図 *P. 104 ス ケ ー ル100m・200mで 表示します。 表示は任意で設定できます。 G P S ターゲット識別 ● GPSターゲットの警報・警告・告知一覧 No. ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ターゲット名 ループコイル LHシステム 新 Hシステム レーダー式オービス Nシステム トンネル出口ターゲット 情報 表示色 赤 (警報) アイコン 表示 警報・告知音声 (例) 『ループコイルです』 『LHシステムです』 『Hシステムです』 『レーダーです』 『Nシステムです』 『トンネル出口付近…です』 参照 ページ *P. 58 *P. 58 *P. 58 *P. 58 *P. 59 ⑳ 56 57 GPSターゲット識別 GPSターゲットの種類 GPSターゲットの内容は、 以下のとおりです。それぞれの GPSターゲットに ついて情報表示 [表示] 、 音声 [音声] の設定ができます。 → GPSターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする (*P. 77) GPSターゲット レーダー式オービス 新 Hシステム式オービス GPSターゲット Nシステム 取締りの内容 「自動車ナンバー読み取り装置」 の略称で、その名のと おり走行中の自動車のナンバーを道路上に設置した赤 外線カメラにより自動的に読み取り、そのデータを各 都道府県の警察本部などに専用線を通して送信する装 置で、 自動車を利用した犯罪の捜査や盗難車輌の検挙、 発見などを効率的に行うことを目的に開発、導入され たものです。 取締りの内容 レーダー波を使って算出する方法(レーダー方式) 取締りレーダー波を対象の車に向けて発射し、 その反射波 の周波数変化 (ドップラー効果) で速度を算出します。 同じ電波を用いる自動取締り機ですが、 種類の異なる電 波 (周波数は同一) を使用しているのが新Hシステムです。 ・ターゲットの手前約1km/500m/ 通過を警報します。 (高速道では 2km が追加されます) ・ 警報ポイントが約1km 以内のときは、 『1km 先に』 ま たは 『この先に』 とアナウンスし、約500m 以内のと き は、距 離 に 応 じ て 『500m 先 に /300m/200m/ 100m/ すぐ先に』 のいずれかでお知らせします。 Nシステムは約300m 手前で情報表示、 音声でお知らせ します。 通過告知 オービスの撮影ポイントの通過をお知らせします。 ※ 撮影想定ポイントの通過を告知するため、 オービスの 直下ではなく、 通過前にお知らせします。 取締エリア 過去に取締りがよく行われたエリアがあらかじめ登録さ れています。そのエリアの手前約1km /500m で警報 します。 (高速道では 2km が追加されます) ※ 取締エリアは、 過去のデータに基づいて登録されてい ますが、 常に行われている訳ではありません。目安と してお考えください。 検問エリア 過去に検問がよく行われたエリアがあらかじめ登録され ています。そのエリアの手前約1km /500m で警報し ます。 (高速道では 2km が追加されます) ※ 検問エリアは、 過去のデータに基づいて登録されてい ますが、 常に行われている訳ではありません。目安と してお考えください。 ターゲット識別と設定 ループコイル式オービス LHシステム式オービス 距離と時間で算出する方法(ループコイル式・ LHシステ ム) 一定区間を通過するのにかかる時間から速度を算出しま す。測定区間の始めと終わりに設置するセンサーには、 赤 外線や磁気スイッチなどが使われています。 ※ この方式は取締りレーダー波を発射しておりませんの で、 従来のレーダー受信機能では、 検知できませんが、 GPS 測位機能により、 警報することができます。 ・ターゲットの手前約1km/500m/ 通過を警報します。 (高速道では 2km が追加されます) ・ 警報ポイントが約1km 以内のときは、 『1km 先に』 ま たは 『この先に』 とアナウンスし、約500m 以内のと き は、距 離 に 応 じ て 『500m 先 に /300m/200m/ 100m/ すぐ先に』 のいずれかでお知らせします。 G P S ターゲット識別 58 59 GPSターゲット識別 GPSターゲット 交通監視システム 取締りの内容 交通監視システムとは、 「画像処理式交通流計測システ ム」 などと言われているシステムで、 道路上に設置した CCDカメラで撮影した画像を処理し、 交通量、 速度、 車 種などを計測するものです。 交通監視システムは約300m手前で、 表示・音声でお知 らせします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 ・ 交通監視システムは一般道にのみ設置されています。 GPSターゲット パーキングエリア 取締りの内容 全国の高速道パーキングエリアがあらかじめ登録されて います。 パーキングエリアは約2km (高速道) /1km/500m で、 表示や音声でお知らせします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 全国の高速道ハイウェイオアシスがあらかじめ登録され ています。 HWオアシスは約2km (高速道) /1km/500m で、 表示 や音声でお知らせします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 全国のハイウェイラジオ受信エリアがあらかじめ登録さ れています。 HWラジオは受信エリアの手前約100 mで、 表示や音声 でお知らせします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 ハイウェイオアシス (HWオアシス) 交差点監視 交差点で検問が行われたことのあるポイントです。 交差点監視は約300m 手前で、 表示・音声でお知らせし ます。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 信号無視抑止システムは信号無視車輌をカメラで撮影す るシステムで、 スピード取締りの実績はありません。 信号無視抑止は約300m 手前で、 表示・音声でお知らせ します。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 ・ 現在、 信号無視抑止は一般道にのみ設置されています。 信号無視抑止 ハイウェイラジオ (HWラジオ) ターゲット識別と設定 事故多発エリア 過去に事故が多発しているエリアです。 事故多発エリアは約300m 手前で、 表示や音声でお知ら せします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 警察署は約500m 手前で、表示や音声でお知らせしま す。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 全国の道の駅があらかじめ登録されています。 道の駅は約1km/500 mで、 表示や音声でお知らせしま す。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 全国のサービスエリアがあらかじめ登録されています。 サービスエリアは約2km (高速道) /1km/500m で、 表 示や音声でお知らせします。 ・ 未登録の場合は、 お知らせできません。 G P S ターゲット識別 警察署 道の駅 サービスエリア 60 61 レーダー波ターゲット識別 レーダー波ターゲットの受信感度モードについて 受信感度が高いほど、 遠くの電波を受信でき、 また新 Hシステムなどの受信には 有効となりますが、 取締りレーダー波と同じ他の電波も受信してしまいます。 走行環境や条件に合わせて、 受信感度をお選びください。 選択項目 シティ ハイウェイ スーパーエクストラ AAC/ASS AAC/SE 受信感度 シティモード ハイウェイモード (エクストラモード) スーパーエクストラモード (SE) AAC (不要警報カット) /ASS (最適感度選択) AAC (不要警報カット) /スーパーエクストラモード (SE) 「AAC/ASS」 モードについて GPS による速度検出機能により、 AAC (不要警報カット) や ASS (最適感度選択) の 機能が働きます。 ★ AAC (不要警報カット) ●走行速度が時速30km 未満の場合は… 取締りレーダー波を受信しても、 警報をカットしますので、 停車中や低速走行中に、 自動ドアなどの電波を受信しても、 誤警報することはありません。 ・GPS の電波が受信できない状態では、 AAC (不要警報カット) は働きません。 ★ ASS (最適感度選択) ●走行速度が時速30km 以上の場合は… 走行速度に合わせて、 最適な受信感度を自動的に選択します。 ・GPS の電波が受信できない状態では、 ASS (最適感度選択) は働きません。 ターゲット識別と設定 ●レーダー波の受信感度 受信感度 低い ↓ 高い シティモード ハイウェイモード (エクストラモード) スーパーエクストラモード 走行環境や条件 市街地 郊外や高速道路 高速道路 走行速度 30 ~39km 40 ~79km 80km ~ 受信感度 シティモード ハイウェイモード (エクストラモード) スーパーエクストラモード レーダー波ターゲット識別 「AAC/ASS」 モードにすると低速走行 / 停車中の不要な警報を抑え、 さらに ASS (最 適感度選択) が働いて走行速度に応じて受信感度が自動的に変化します。 62 63 無線ターゲット識別 取締りレーダー波の X・Kツインバンドと GPS の 3 バンドの他に、 無線14 バ ンド識別をプラスし、17 バンド受信ができます。 ●無線ターゲットの警報・警告・告知一覧 No. ① ターゲット名 カーロケ無線 ・遠近識別 ・並走追尾 ・すれ違い ・圏内・圏外 情報 表示色 警報・告知音声 (例) 参照 ページ *P. 66 GPS + Xバンド Kバンド + 無線14 バンド = 赤 『カーロケ遠方受信です』 (警報) 『カーロケ近接受信です』 『カーロケ圏外です』 ※ カーロケ圏外のときは、 情報 表示は緑色になり、 しばらく すると消えます。 『取締り無線です』 『デジタル無線です』 緑 『ヘリテレ無線です』 (告知) 『特小無線です』 『警察電話です』 『警察活動無線です』 『署活系無線です』 『消防無線です』 『消防ヘリテレ無線です』 『レッカー無線です』 『救急無線です』 『JH 無線です』 『警備無線です』 無線14 バンド識別機能について 安心して、 安全に運転していただくために、 無線14 バンド識別機能を搭載しま した。これらの無線を受信すると、 画面下の情報表示、 チャイム音と音声でお 知らせします。 (無線14 バンド) ※ 受信した交信内容を聞くことはできません。 ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ 取締無線 デジタル無線 ヘリテレ無線 特小無線 警察電話 警察活動無線 署活系無線 消防無線 消防ヘリテレ無線 レッカー無線 救急無線 JH 無線 警備無線 *P. 67 *P. 67 *P. 67 ターゲット識別と設定 *P. 67 *P. 67 *P. 67 *P. 67 *P. 68 *P. 68 無線ターゲット識別 *P. 68 *P. 68 *P. 68 *P. 68 64 65 無線ターゲット識別 無線ターゲット警報の種類 無線ターゲット警報の内容は、 以下のとおりです。それぞれの無線ターゲット 警報について情報表示 [表示] 、 音声 [音声] の設定ができます。 →無線ターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする (*P. 88) 無線ターゲット警報 カーロケ無線 無線ターゲット警報 取締無線 取締りの内容 スピード違反の取締りや、 シートベルト着用義務違反の取締 り現場では、 350. 1MHz の電波を利用した無線で連絡が行 われることがあります。 350. 1MHz 取締無線受信機能は、 このような取締りに威力 を発揮します。 ※ 取締り現場での連絡方法には 350. 1MHz の電波を利用し た無線の他に、 有線方式などもあり、 受信自体ができない 場合もあります。 取締りの内容 カーロケーターシステムとは、 「無線自動車動態表示システ ム」 のことで、 通信指令本部が移動局 (パトカーなど) の現在位 置をリアルタイムで地図画面上に表示し、 把握するシステム です。 カーロケーターシステムを搭載した移動局は 、GPS による緯 度・経度情報をデジタル化し、 407. 7MHz 帯の周波数でデー タ伝送していますので、 その電波受信により、 移動局が近く にいる可能性が高いことを察知できます。 事前に察知することにより、 緊急車輌の通行の妨げにならな いようにするなど、 安全走行に役立ちます。 デジタル無線 デジタル無線とは、 各都道府県警察本部と移動端末間で交信 するためのもので、 159 ~160MHz 帯の周波数を受信する ことで移動局が近くにいる可能性が高いことを察知できます。 カーロケ帯受信機能と同じように、 事前に察知することによ り、 緊急車輌の通行の妨げにならないようにするなど、 安全 走行に役立ちます。 「ヘリコプター画像伝送システム連絡用無線」 の略称で、 ヘリ コプターを使って事件や事故処理、 または取締りを行うとき などに地上との連絡用として使用されているのがヘリテレ無 線です。 ・ ヘリテレ無線が装備されていない場合や使用されていない 場合は受信できないことがあります。 ターゲット識別と設定 ヘリテレ無線 無線ターゲット識別 取締特小無線 ・ カーロケーターシステムは、 まだ導入されていない地域や システムが変更になった地域もあり、 すべての移動局に搭 載されているとは限りません。また搭載車であっても、 使 用されていない場合がありますので、 カーロケ無線を受信 できないことがあります。 ・ 受信のタイミングによっては、 実際の移動局の接近と受信 のお知らせがズレる場合があります。 スピード違反の取締りや、 シートベルト着用義務違反の取締 り現場では、 350. 1MHz の電波を利用したアナログ方式の 無線で連絡が行われることが一般的ですが、 特定小電力無線 を使用する場合があります。 ・ 取締り現場の連絡用として使用されていない場合もありま すので、 ご了承ください。 警察電話 警察活動無線 署活系無線 移動警察電話 (移動警電) ともいい、 警察専用の自動車携帯電 話システムのことです。 主に機動隊の連絡用無線で、 行事などの警備用として、 限ら れた範囲で使用されている無線です。 パトロール中の警察官が、 警察本部や他の警察官との連絡用 として使用されているのが署活系無線です。 66 67 無線ターゲット識別 無線ターゲット警報 消防無線 取締りの内容 消防車が、 消火活動時や活動後に、 消防署に帰るまでに連絡 用として使用されているのが消防無線です。 あらかじめ受信察知することにより、 消防車の通行の妨げに ならないようにするためのものです。 ヘリコプターを使った火事の事故処理、 または火事現場との 連絡用として使用されているのが消防ヘリテレ無線です。 ・ 消防ヘリテレ無線が装備されていない場合や使用されてい ない場合は受信できないことがあります。 ベストパートナー6識別[特許 第3780262号] カーロケ無線、 取締無線、 デジタル無線などの無線の受信状況からシミュレー ションし、 快適ドライブのベストパートナーとして、 安全走行のためのタイム リーなアドバイスを表示画面と音声でお知らせします。 ※ カーロケ無線や、 ベストパートナーは、 カーロケ無線が受信可能な一部地域のみ働き ます。 消防ヘリテレ無線 ●ベストパートナー6 識別を利用するには、 次の設定を行ってください。 レッカー無線 主に関東 / 東海 / 阪神の一部地域で、 レッカー業者が駐車違反 や事故処理のときに、 連絡用として簡易業務用無線を使用し ています。このため他の簡易業務用無線を受信しても、 レッ カー無線警告をすることがあります。 救急車と消防本部の連絡用として使用されている無線のう ち、 首都圏の特定の地域で使われているのが新救急無線です。 あらかじめ受信察知することにより、 救急車の通行の妨げに ならないようにするためのものです。 JH (日本道路公団) の業務連絡用無線で、 主に渋滞や工事・事 故情報などでパトロール車輌と本部との連絡に使用されてい る無線です。 ※ JH( 日本道路公団 ) は民営化により、 NEXCO 東日本、 NEXCO 中日本、 NEXCO 西日本になりました。 「カーロケ無線」 「デジタル無線」 の設定をすべて 「ON」 にする 1 「取締無線」 (*P. 88) ターゲット識別と設定 新救急無線 ・ いずれかの無線が OFF の場合は、 一部のベストパートナー機能が働きません。 ★種々の無線を受信すると・・・ JH 無線  無線ターゲット識別   ☛ 警備無線 警備会社が連絡用に使用している無線です。  ☛   68 69 無線ターゲット識別 407. 7MHz 帯の電波を受信したとき、 その発信元が遠方のときは、 『カーロケ 遠方受信です』 と画面下への警報表示と音声でお知らせします。 [カーロケ遠方 受信] また、 発信元が近接しているときは、 『カーロケ近接受信です』 と画面下の警報 表示と音声でお知らせします。 [カーロケ近接受信] このように、 発信元の遠近を自動識別してお知らせします。 [カーロケ遠近識別] さらに、 [カーロケ近接受信] 後の電波の受信状況により、 発信元が圏外になっ たと思われる場合は、 『カーロケ圏外です』 と画面下の警報表示と音声でお知ら せします。 [圏外通知] [ 特許 第3780262 号 ] 取締りのミニ知識 スピード違反の取締りかた 大きく分けて、 3 つの方法があります。 1. レーダー波を使って算出する方法 (レーダー方式) 取締りレーダー波を対象の車に向けて発射 し、 その反射波の周波数変化 (ドップラー効 果) で速度を算出します。 現在、スピード違反の取締りには、 この方法が多く採用されています。この方法は、 歴史も古く、 種類、 台数 が多いことから、 今後も取締りの主流であると思われます。 2. 距離と時間で算出する方法 (ループコイル式・ LHシステム・光電管) 一定区間を通過するのにかかる時間から速度を算出します。測定区間の始めと 終わりに設置するセンサーには、 赤外線や磁気スイッチなどが使われています。 ※ この方式は取締りレーダー波を発射しておりませんので、 従来のレーダー受信機能では、 検知できませんが、 GPS 測位機能により、 警報することができます。 ターゲット識別と設定 <カーロケ遠近識別> <圏外通知> カーロケ遠近識別+圏外通知により、 より快適で安心な運転をアシストします。 3. 追走して測定する方法 (追尾方式) 指針を固定できるスピードメーターを搭載している白バイやパトカーで、 対象 の車を追走して速度を測ります。 本機は取締りレーダー波を発射しているものについては後方受信します。 また、 カーロケーターシステム搭載車の場合は、 カーロケ帯受信機能によ り、 警報することができます。 取締りのミニ知識 取締りレーダー波について 取締りレーダー波は、 発射するときの角度や装置の種類によって性質が異なります。 ●定置式 人が測定装置を道路際に設置して行います。 取締りレーダー波は、 直進性が強いため、 発 射角度が浅いほど、 探知しやすくなり ます。 ●自動速度取締り機 (オービスⅢ) 速度の測定と証拠写真の撮影を自 動的に行います。 ●移動式 測定装置をパトカーに搭載して、 移 動しながら測定を行います。 70 71 取締りのミニ知識 取締りレーダー波を受信しにくい場合 取締りレーダー波の発射方法や周囲の環境、 条件などにより、 取締りレーダー波を受 信しにくいことがあります。 ● 前に走行している車(とくに大型車)がある場合や、コーナー、坂道では、電波 が遮断され、探知距離が短くなることがあります。スピードの出やすい下り坂で は、とくにご注意ください。 ローカルモード、 ドライブモードについて 本機の警報・警告・告知機能は、 次の 3 つのモードが選択できます。 はじめにローカルエリア登録 (*P. 75) をしてください。 ローカルエリア登録をしていただいたうえで、 使用時に最適なモード [オート] 、 [ローカル] 、 [ドライブ] を選択してご使用ください。 [オート] [ローカル] [ドライブ] ローカルモードとドライブモードを自動で切り替えるモードです。 ふだんの生活圏 (ローカルエリア) 内でのご使用を想定し、 必要最低 限の警報・警告・告知を ON に設定しています。 ふだんの生活圏 (ローカルエリア) 外へ遠出する場合などを想定して 警報・警告・告知を ON に設定しています。 ターゲット識別と設定 ※ お買い求め時の設定とご使用になる環境が合わない場合は、それぞれのターゲットの設定を カスタマイズしてお使いください。 [前に走行中の車がある場合]   [コーナー]     [下り坂] ● 対象の車が近くに来るまで、取締りレーダー波を発射しない狙い撃ち的な取締り ができるステルス型のスピード測定装置があります。 ローカルモード、 ドライブモードについて 72 73 ローカルモード、 ドライブモードについて モードを選択するには お買い上げ時には、 [オート] に設定されています。 ローカルエリア登録 ふだんの生活圏 (ローカルエリア) を設定します。起点とする場所と、 行動する 半径を設定します。この設定では、 設定した場所が自動的にローカルエリアの 中心となります。設定はご自宅など、 お使いになるエリアの中心となる場所で 行ってください。 登録設定を始める前に、 本 機 が GPS 測 位 を し て いることを確認してくだ さ い。GPS 測 位 が で き ないと登録できません。 [メニュー] に 1 ナビゲーション画面で タップする メニュー画面が表示されます。 にタップする 2 [ターゲット設定] ターゲット識別と設定 ターゲット設定画面が表示されます。 [メニュー] に 1 ナビゲーション画面で タップする メニュー画面が表示されます。 [ ローカル] [ ドライブ] から、 3 [オート] 設定するモードにタップする ローカルモード、 ドライブモードについて にタップする 2 [登録 / 編集] 登録 / 編集画面が表示されます。 お買い上げ時はオートに設定されていますが、 ローカルエリアの登録をしないでお使 いの場合、 ドライブモードと同じ動作になります。 74 75 ローカルモード、 ドライブモードについて にタップする 3 [ローカルエリア登録] ・お気に入り登録 (*P. 50) ・お気に入り一覧 (*P. 52) GPSターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする お好みや使用環境により、 それぞれの設定をカスタマイズしてください。 GPSターゲットの警報・警告・告知を設定する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で ~ [9] 、 [0] にタップする 4 [1] [ターゲット設定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 数字キーにタップするとカーソルが移動し て、 ローカルエリアの半径が入力されます。 ターゲット識別と設定 ・ 半径は 1 〜99km の間を 1km 単位で設定す ることができます。 ・ 間違えたときは、 [修正] にタップして入力を やり直してください。 「登録に失敗しました」 や 「0km は設定でき ・ ません」 と表示されたときには、 メッセージ にタップして、 一つ前の画面からやり直して ください。 にタップする 3 [GPS] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します 「ローカル設定」 、 「ドライブ設定」 (*P. 74) G P S ターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする にタップする 5 [決定] にタップする 6 [はい] [はい] [いいえ] を選択してください。  または [▼] をタップして変更する 4 [▲] GPSターゲットを表示させる 登録位置を中心として、 入力した半径の範 囲がローカルエリアとして設定されます。 にタップする 7 [走行画面] 76 77 GPSターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする 「音声」 の設定を変更する 5 「表示」 ●お買い上げ時の GPSターゲットの警報・警告・告知設定 工場出荷時は、 「ローカル」 「ドライブ」 で次のように設定されています。 変更したい [ON] [OFF] にタップしてくださ い。 表示: ナビゲーション画面の下に表示され る情報表示を ON/OFF できます。 音声: 警報・警告・告知の音声を ON/OFF できます。 ターゲット名 ループコイル LHシステム 新 Hシステム レーダー式オービス Nシステム 通過告知 取締エリア 検問エリア 交通監視システム 交差点監視 信号無視抑止 事故多発エリア 警察署 道の駅 サービスエリア パーキングエリア HWオアシス (ハイウェイオアシス) HWラジオ (ハイウェイラジオ) ローカル 表示 ON ON ON ON OFF 音声 ON ON ON ON OFF ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ドライブ 表示 ON ON ON ON ON 音声 ON ON ON ON ON ON ON ON ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON ON ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF G P S ターゲット識別と設定 [走行画面] にタップする 6 設定を終えたら、 ターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする 78 79 GPSターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする 走行する道路を選択する GPSターゲットの警報・警報・告知が走行環境に合わせたものになるように設 定できます。 (工場出荷時は [オート] ) オート 一般道と識別できたときは、 一般道のターゲットのみをお知ら せし、 高速道と識別できたときは、 高速道のターゲットのみを お知らせします。 高速道のターゲットのみお知らせします。 一般道のターゲットのみお知らせします。 一般道および高速道のすべてのターゲットをお知らせします。 にタップする 4 [その他] 高速道 一般道 オール にタップする 5 [道路選択] 道路選択の選択項目 [オート] [ 高速道] [一 般道] [オール] が表示されます。 ターゲット識別と設定 [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [タ ー ゲ ッ ト 設 定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 6 設定する項目にタップする G P S ターゲットの警報・警告・告知をカスタマイズする にタップする 3 [GPS] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します。 [走行画面] にタップする 7 設定を終えたら、 80 81 レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする 通常レーダー波ターゲットの警報を設定する 通常レーダー波を受信したとき、 表示画面、 音声でお知らせします。 ステルス波ターゲットの警報を設定する ステルス波を受信したとき、 表示画面、 音声でお知らせします。 [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [タ ー ゲ ッ ト 設 定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [タ ー ゲ ッ ト 設 定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 ターゲット識別と設定 にタップする 3 [レーダー波] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します。 にタップする 3 [レーダー波] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します。 レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする 「表示」 「音声」 の設定 4 通常レーダー波の を変更する 「表示」 「音声」 の設定を変 4 ステルス波の 更する [走行画面] にタップする 5 設定を終えたら、 [走行画面] にタップする 5 設定を終えたら、 82 83 レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする ●お買い上げ時のレーダー波ターゲットの警報・警告・告知設定 工場出荷時は、 「ローカル」 「ドライブ」 で次のように設定されています。 ターゲット名 通常レーダー波 ステルス波 ローカル 表示 ON ON 音声 ON ON ドライブ 表示 ON ON 音声 ON ON にタップする 3 [レーダー波] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します。 ★ステルス型取締り機について 他の取締り機と同じ電波を使用していますが、 事前に探知 (受信) されないように するため、 待機中は電波を発射せず、 必要なときに短時間強い電波を発射して速 度の測定ができる狙い撃ち方式の取締り機です。 ・ステルス型取締り機は、 計測する瞬間だけ電波を発射するため、 受信できなかっ たり、 警報が間に合わない場合があります。また、 取締りには電波を使用しない 光電管式などもありますので、 先頭を走行する際はくれぐれもご注意ください。 ・周囲の状況などにより、 通常のレーダー波を受信した場合でも、 ステルス波の 識別警報することがあります。 にタップする 4 [その他] ターゲット識別と設定 にタップする 5 [受信感度モード] 受信感度モードを設定する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [タ ー ゲ ッ ト 設 定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 受信感度モードの選択項目 [ シ テ ィ] [ハ イウェイ] [スーパーエクストラ] [AAC/ ASS] [AAC/SE] が表示されます。 (*P. 62) (工場出荷時は [AAC/ASS] ) レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする 6 選択する感度にタップする [走行画面] にタップする 7 設定を終えたら、 84 85 レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする 反対車線のオービスキャンセル機能を設定する GPSターゲット識別の中で、 レーダー式オービス、 新 Hシステムオービスポイ ントの反対車線における、 レーダー受信警報をキャンセルする機能です。 ・ レーダー式オービスや新Hシステム式オービスが両車線に設置されている場合は、 両車線ともレーダーターゲット警報を停止します。 インテリジェントキャンセル (I キャンセル) 機能について [特許 第3902553 号] インテリジェントキャンセル機能は、 自動ドアなどの 「ニセモノ」 によるレー ダー波警報を排除します。 この機能は 「ニセモノ」 と思われるエリアを自動登録し、 次にその場所を通ると きは、 「ニセモノ」 を受信しても警報を抑えます。 「鳴りすぎ」 を減らし、 更なる快適ドライブを実現する機能です。 [その他] にタッ 1 レーダー波設定画面で、 プする 1. 取締りレーダー波と同じ電波を受信すると警報。 (1回目) 2. 取締り波かどうかを識別。 3. 誤警報と思われる場合、 誤警報エリアとして自動登録。 4. 同じ地点で同じ電波を受信した場合、 警報をキャンセル。 (2 回目以降) ターゲット識別と設定 にタップする 2 [反対キャンセル] (工場出荷時は [ON] ) ★インテリジェントキャンセル (Iキャンセル) 中は… ●ナビゲーション画面下のアイコン (レーダー) と受信 アイコンは、 緑色で表示します。 ●レーダースコープでは、 レーダー波受信アイコンの中 に 「Iキャンセル」 を表示します。 選択項目 [OFF] [ON] が表示されます。 レーダー波ターゲットの警報をカスタマイズする [ON] か ら、選 択 す る 設 定 に 3 [OFF] タップする ・インテリジェントキャンセル表示中、 受信アイコン表示にタップすると、 自動 登録したエリアを解除し警報するようになります。 ・レーダー波を受信中、 受信アイコンにタップすると、 警報エリアを登録し警報 を止めます。 ・電波の状況によっては、 誤警報エリアの自動登録や解除ができない場合があり ます。 [走行画面] にタップする 4 設定を終えたら、 86 87 無線ターゲットの警報・告知をカスタマイズする お好みや使用環境により、 それぞれの設定をカスタマイズしてください。 無線ターゲット警報・告知を設定する [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [タ ー ゲ ッ ト 設 定] に 2 メニュー画面で タップする ターゲット設定画面が表示されます。 「音声」 の設定を変更する 5 「表示」 変更したい ON/OFF にタップしてください。 表示: ナビゲーション画面の下に表示さ れる情報表示を ON/OFF できます。 音声: 警報・告知の音声を ON/OFF でき ます。 [走行画面] にタップする 6 設定を終えたら、 ターゲット識別と設定 にタップする 3 [無線] ローカルモードの設定を変更するときは 「ローカル設定」 、 ドライブモードの設定を 変更するときは、 「ドライブ設定」 の項目か ら設定します。 無線ターゲット警報設定画面が表示されま す。 無線ターゲットの警報・告知をカスタマイズする または [▼] をタップして変更する 4 [▲] 無線ターゲットを表示させる 88 89 無線ターゲットの警報・告知をカスタマイズする ●お買い上げ時の無線ターゲットやベストパートナーの警報・告知設定 工場出荷時の警報は、 「ローカル」 「ドライブ」 で次のように設定されています。 無線ターゲットの受信感度を設定する 無線ターゲットの受信感度を [Lo] [Hi] の 2 段階で切り替えることができます。 警報の種類 カーロケ無線 ・遠近識別 ・並走追尾 ・すれ違い ・圏内・圏外 取締無線 デジタル無線 ヘリテレ無線 取締特小無線 警察電話 警察活動無線 署活系無線 消防無線 消防ヘリテレ無線 レッカー無線 新救急無線 JH 無線 警備無線 取締注意 検問注意 ローカル 表示 音声 ドライブ 表示 音声 ON ON ON ON [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で [ターゲット設定] にタッ 2 メニュー画面で プする ターゲット設定画面が表示されます。 ターゲット識別と設定 ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON ON ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON ON ON ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON ON ON ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON ON にタップする 3 [無線] 無線ターゲット警報設定画面が表示されま す。 無線ターゲットの警報・告知をカスタマイズする にタップする 4 [その他] ※ 「オート」 の設定は変更できません。 ※ 「取締注意」 「検問注意」 について詳しくは、 ベストパートナー6 識別 (*P. 69) をご覧ください。 90 91 無線ターゲットの警報・告知をカスタマイズする にタップする 5 [受信感度] (工場出荷時は [Lo] ) 表示画面を切り替える ナビゲーションの他にも、 次のような画面スタイルに切り替えてご利用いただ けます。 ・ 警報の情報のみに特化して近未来的なレーダースコープで表示するレーダース コープスタイル。 ・ 画面表示せず、 警報・警告・告知を音声のみでお知らせする音声警報スタイル。 受信感度の選択項目 [Lo] [Hi] が表示されま す。 6 設定する項目にタップする [メニュー] にタップする 1 ナビゲーション画面で にタップする 2 [画面スタイル設定] 画面モード設定画面が表示されます。 ターゲット識別と設定 [走行画面] にタップする 7 設定を終えたら、 3 設定する項目にタップする [ナビゲーション画面] : ナ ビゲーション画面で 自車位置を表示します。 [レーダースコープ] : レ ーダースコープで周 辺の警報を表示します。 [音声警報] :画面を消して、音声の みで警報を行います。 表示画面を切り替える 4 選択した画面モードが表示されます。 92 93 表示画面を切り替える レーダースコープ、 音声警報スタイルからナビゲーション画面に戻るには 1 画面にタップする レーダースコープについて ■日本語表示 メニュー画面が表示されます。 にタップする 2 [画面スタイル設定] ターゲット識別と設定 にタップする 3 [ナビゲーション画面] 現在地画面に戻ります。 表示画面を切り替える 一部は英語表示で変わりません。 ■英語表示 英語表示はレーダースコープのみです。 94 95 レーダースコープに切り替える ●各表示内容 No. [. . . ]

ASUS VS208ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればASUS VS208のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag