ユーザーズガイド EPSON ES-D400

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くEPSON ES-D400のユーザマニュアルを入手できます。 EPSON ES-D400のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

EPSON ES-D400のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


EPSON ES-D400 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (1528 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   EPSON ES-D400 ƺ (1197 ko)
   EPSON ES-D400 annexe 1 (1488 ko)
   EPSON ES-D400 パソコンでのスキャンガド (1451 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル EPSON ES-D400

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 本製品を使用可能な状態にするまでの手順と基本的な使い方を説明し ています。 本書は、製品の近くに置いてご活用ください。 □ 安全上のご注意. [. . . ] 11 □ 簡単なスキャンをする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 本書中のマークについて 本書では、以下のマークを用いて重要な事項を記載しています。 K L N ご使用上、必ずお守りいただきたいことを記載しています。この 表示を無視して誤った取り扱いをすると、製品の故障や、動作不 良の原因になる可能性があります。 補足説明や参考情報を記載しています。 関連した内容の参照ページを示しています。 安全上のご注意 記号の意味 • 本製品を安全にお使いいただくために、製品をお使いになる際に、必 ず以下をお読みください。 • 本書は、製品の不明点をいつでも解決できるように、手元に置いてお 使いください。 • 本書は、お客様や他の人々への危害や財産への損害を未然に防止する ために、危険を伴う操作・お取り扱いについて、次の記号で警告表示 を行っています。内容をよくご理解の上で本文をお読みください。 本製品の不具合に起因する付随的損害について 万一、 本製品 (添付のソフトウェア等も含みます) の不具合によって所期 の結果が得られなかったとしても、 そのことから生じた付随的な損害 (本製品を使用するために要した諸費用、 および本製品を使用すること により得られたであろう利益の喪失等) は、 補償いたしかねます。 設置上のご注意 A B この表示を無視して誤った取り扱いをすると、 人が死亡ま たは重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。 この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害 を負う可能性および財産の損害の可能性が想定される内 容を示しています。 A 本製品の通風口をふさがないでください。 通風口をふさぐと内部に熱がこもり、火災になるおそれがあ ります。布などで覆ったり、風通しの悪い場所に設置しない でください。また、取扱説明書で指示された設置スペースを 確保してください。 N9 ページ「スキャナの設置」 してはいけない行為(禁止行為)を示しています。 製品が水に濡れることの禁止を示しています。 分解禁止を示しています。 必ず行っていただきたい事項(指示、 行為)を示しています。 濡れた手で製品に触れることの禁止を示しています。 電源プラグをコンセントから抜くことを示しています。 B 油煙やホコリの多い場所、水に濡れやすいなど湿気の多い場 所に置かないでください。 感電・火災のおそれがあります。 不安定な場所、他の機器の振動が伝わる場所に設置・保管し ないでください。 落ちたり倒れたりして、けがをするおそれがあります。 本製品を持ち上げる際は、無理のない姿勢で作業してくだ さい。 無理な姿勢で持ち上げると、 けがをするおそれがあります。  本製品は、次のような場所に設置してください。 水平で安定した場所 風通しの良い場所 次の気温と湿度の場所 A 付属の電源コード以外は使用しないでください。また、付属 の電源コードを他の機器に使用しないでください。 感電・火災のおそれがあります。 破損した電源コードを使用しないでください。 感電・火災のおそれがあります。 電源コードが破損したときは、エプソンの修理窓口にご相談 ください。 また、電源コードを破損させないために、以下の点を守って ください。 • 電源コードを加工しない • 電源コードに重いものを載せない • 無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったりしない • 熱器具の近くに配線しない 濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。 感電のおそれがあります。 電源コードのたこ足配線はしないでください。 発熱して火災になるおそれがあります。 家庭用電源コンセント(AC100V)から直接電源を取って ください。 電源プラグは定期的にコンセントから抜いて、刃の根元、お よび刃と刃の間を清掃してください。 電源プラグを長期間コンセントに差したままにしておくと、 電源プラグの刃の根元にホコリが付着し、ショートして火災 になるおそれがあります。 電源プラグをコンセントから抜くときは、コードを引っ張ら ずに、電源プラグを持って抜いてください。 コードの損傷やプラグの変形による感電・火災のおそれがあ ります。 • テレビ・ラジオに近い場所には設置しないでください。 • 本製品は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)基準に 適合しておりますが、 微弱な電波は発信しております。近くのテレビ ・ ラジオに雑音を与えることがあります。 • 静電気の発生しやすい場所でお使いになるときは、静電防止マットな どを使用して、静電気の発生を防いでください。 • 「本製品底面より小さな台」の上には設置しないでください。 • 本製品底面のゴム製の脚が台からはみ出ていると、内部機構に無理な 力がかかり、動作不良や故障の原因となります。必ず本体より広い平 らな面の上に、 本製品底面の脚が確実に載るように設置してください。 電源に関するご注意 A AC100V 以外の電源は使用しないでください。 感電・火災のおそれがあります。 電源プラグは、ホコリなどの異物が付着した状態で使用しな いでください。 感電・火災のおそれがあります。 電源プラグは刃の根元まで確実に差し込んで使用してくだ さい。 感電・火災のおそれがあります。  B 長期間ご使用にならないときは、安全のため電源プラグをコ ンセントから抜いてください。 A お客様による修理は、危険ですから絶対にしないでください。 各種ケーブルは、取扱説明書で指示されている以外の配線を しないでください。 発火による火災のおそれがあります。また、接続した他の機 器にも損傷を与えるおそれがあります。 製品内部の、取扱説明書で指示されている箇所以外には触れ ないでください。 感電や火傷のおそれがあります。 開口部から内部に、金属類や燃えやすい物などを差し込んだ り、落としたりしないでください。 感電・火災のおそれがあります。 取り扱い上のご注意 A アルコール、シンナーなどの揮発性物質のある場所や火気の ある場所では使用しないでください。 感電・火災のおそれがあります。 煙が出たり、変なにおいや音がするなど異常状態のまま使用 しないでください。 感電・火災のおそれがあります。 異常が発生したときは、すぐに電源を切り、電源プラグをコ ンセントから抜いてから、販売店またはエプソンの修理窓口 にご相談ください。 異物や水などの液体が内部に入ったときは、そのまま使用し ないでください。 感電・火災のおそれがあります。 すぐに電源を切り、 電源プラグをコンセントから抜いてから、 販売店またはエプソンの修理窓口にご相談ください。 可燃ガスおよび爆発性ガス等が大気中に存在するおそれのあ る場所では使用しないでください。また、本製品の内部や周 囲で可燃性ガスのスプレーを使用しないでください。 引火による火災のおそれがあります。 取扱説明書で指示されている箇所以外の分解は行わないでく ださい。 B 本製品の上に乗ったり、重いものを置かないでください。 特に、子供のいる家庭ではご注意ください。倒れたり壊れた りして、けがをするおそれがあります。また、ガラス部分が 割れてけがをするおそれがあります。 各種ケーブルやオプションを取り付ける際は、取り付ける向 きや手順を間違えないでください。 火災やけがのおそれがあります。 取扱説明書の指示に従って、 正しく取り付けてください。 本製品を移動する際は、電源を切り、電源プラグをコンセン トから抜き、すべての配線を外したことを確認してから行っ てください。 コードが傷つくなどにより、感電・火災のおそれがあります。  同梱物の確認 万一、不足や損傷しているものがあるときは、お買い上げの販売店にご連絡ください。 □ USB ケーブル □ 電源コード □ 電源アダプタ □ 本体(ES-D400) <収録ソフトウェア> • EPSON Scan(スキャナドライバ) • Epson Event Manager • 『パソコンでのスキャンガイド』 (電子マニュアル) <対応 OS > Windows • Windows 2000 • Windows XP • Windows Vista Mac OS Mac OS X v10. 3. 9 ~ v10. 5. x □ ソフトウェア CD-ROM □ 保証書 □ 準備ガイド(本書) □ キャリアシート(1 枚) そのほかにも、各種ご案内や試供品などが同梱されていることがあります。 K • パソコンとの接続には必ず本製品に同梱の USB ケーブルを使用してください。 • キャリアシートには、表面を保護するために透明のシートが貼り付いています。使用するときに はがしてください。 L キャリアシート(型番 ESD40CST1) 、給紙ローラキット(型番 ESD40RKIT) (別売品)もあり ます。ご購入は裏表紙の「消耗品のご購入」をご確認ください。  保護テープの取り外し 保護テープと保護材をすべて取り除いてください。 . ①給紙トレイを開け、 ②右上のレバーを引いて、 ③カバーを開け、 スキャ ナ内部も確認してください。 K 背面や排紙トレイなどにも保護テープが付いていないか確認して ください。 ※ 保護テープの形状や個数・貼付場所などは予告なく変更されること があります。  各部の名称と働き 前面 背面 ①給紙トレイ ②エッジガイド 操作パネル N8 ページ ③ オートドキュ. jp/support/ > 問い合わせ先・ アクセス先など N 裏表紙 エプソンサービスパック エプソンサービスパックは、ハードウェア保守パックです。 エプソンサービスパック対象製品と同時にご購入の上、登録していた だきますと、対象製品購入時から所定の期間(3年、4年、5年) 、安 心の出張修理サービスと対象製品の取り扱いなどのお問い合わせにお 答えする専用ダイヤルをご提供いたします。 • スピーディーな対応- スポット出張修理依頼に比べて優先的に迅速 にサービスエンジニアを派遣いたします。 • もしものときの安心- 万一トラブルが発生した場合は何回でもサー ビスエンジニアを派遣し対応いたします。 • 手続きが簡単- エプソンサービスパック登録書を FAX するだ けで契約手続きなどの面倒な事務処理は一切 不要です。 エプソンサービスパック規約内・期間内であ れば、都度修理費用がかからず維持費の予算 化が可能です。 ショールーム 消耗品 / オプ ションの購入 ソフトウェア ダウンロード サービス • 維持費の予算化- エプソンサービスパックは、エプソン製品ご購入販売店にてお買い求 めください。 マニュアル ダウンロード サービス 保守サービス *: 「MyEPSON」登録済みで、 「MyEPSON」ID とパスワードをお持ちのお 客様は、本製品の「MyEPSON」への機種追加登録をお願いします。追加 登録していただくことで、よりお客様の環境に合ったホームページとサー ビスの提供が可能となります。 「MyEPSON」への新規登録や機種追加登録 は、同梱の『ソフトウェア CD-ROM』から簡単に行えます。 19 保守サービスのご案内 「故障かな?」と思ったときは、あわてずに、まず『トラブル対処』を よくお読みください。そして、接続や設定に間違いがないことを必ず 確認してください。 保守サービスの種類 エプソン製品を万全の状態でお使いいただくために、下記の保守サー ビスをご用意しております。 使用頻度や使用目的に合わせてお選びください。詳細につきましては、 お買い求めの販売店、エプソンサービスコールセンターまたはエプソ ン修理センターまでお問い合わせください。 種類 概要 • 製品が故障した場合、最優先で技術者 が製品の設置場所に出向き、現地で修 理を行います。 • 修理のつど発生する修理代・部品代* が無償になるため予算化ができて便利 です。 • 定期点検(別途料金)で、故障を未然 に防ぐことができます。 * 消耗品(インクカートリッジ、トナー、用 紙など)は保守対象外となります。 ■ 保証書について 保証期間中に、万一故障した場合には、保証書の記載内容に基づき保 守サービスを行います。ご購入後は、保証書の記載事項をよくお読み ください。 保証書は、製品の「保証期間」を証明するものです。 「お買い上げ年月 日」 「販売店名」に記入漏れがないかご確認ください。これらの記載が ない場合は、保証期間内であっても、保証期間内と認められないこと があります。記載漏れがあった場合は、お買い求めいただいた販売店 までお申し出ください。 保証書は大切に保管してください。保証期間、保証事項については、 保証書をご覧ください。 修理代金 保証期間内 保証期間外 出 張 保 守 年 間 保 守 契 約 持 込 保 守 年間一定の保守料金 ■ 補修用性能部品および消耗品の保有期間 本製品の補修用性能部品および消耗品の保有期間は、製品の製造終了 後 6 年間です。 ※改良などにより、 予告なく外観や仕様などを変更することがあります。 ■ 保守サービスの受付窓口 保守サービスに関してのご相談、お申し込みは、次のいずれかで承り ます。 • お買い求めいただいた販売店 • エプソンサービスコールセンターまたはエプソン修理センター (本書裏表紙の一覧表をご覧ください) 受付日時: 月曜日~金曜日(土日祝日・弊社指定の休日を除く) 9:00 ~ 17:30 • 製品が故障した場合、お客様に修理品 をお持ち込みまたは送付いただき、一 旦お預かりして修理いたします。 • 修理のつど発生する修理代・部品代* が無償になるため予算化ができて便利 です。 • 持込保守契約締結時に【保守契約登録 票】を製品に貼付していただきます。 * 消耗品(インクカートリッジ、トナー、用 紙など)は保守対象外となります。 年間一定の保守料金 20 種類 スポット出張修理 持込 \ 送付修理 ドア サービス ドア 概要 修理代金 保証期間内 保証期間外 出張料 + • お客様からご連絡いただいて数日以内 技術料 + に製品の設置場所に技術者が出向き、 有償 部品代 現地で修理を行います。 (出張料のみ) 修理完了後 • 故障した製品をお持込みできない場合 そのつどお支 に、ご利用ください。 払いください 基本料 + 技術料 + 部品代 修理完了品を お届けしたと きにお支払く ださい 故障が発生した場合、お客様に修理品 をお持ち込みまたは送付いただき、一 旦お預かりして修理いたします。 無償 • 指定の運送会社がご指定の場所に修理品 有償 有償 を引き取りにお伺いするサービスです。 (ドア to ドア (ドア to ドア to • 保証期間外の場合は、 ドア to ドアサー サービス料金 サービス料金 ビス料金とは別に修理代金が必要とな のみ) + 修理代) ります。 21 商標・規制などについて 商標 EPSON Scan はセイコーエプソン株式会社の商標です。 トラブル解決アシスタントは、セイコーエプソン株式会社の登録商標 です。 EPSON Scan is based in part on the work of the Independent JPEG Group. [. . . ] の商標です。 Microsoft、Windows、Windows Vista は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 その他の製品名は各社の商標または登録商標です。 複製が禁止されている印刷物について 紙幣、有価証券などをプリンタで印刷すると、その印刷物の使用如何 に係わらず、法律に違反し、罰せられます。 (関連法律) 刑法第 148 条、第 149 条、第 162 条 通貨及証券模造取締法第 1 条、第 2 条など 以下の行為は、法律により禁止されています。 • 紙幣、貨幣、政府発行の有価証券、国債証券、地方証券を複製するこ と(見本印があっても不可) • 日本国外で流通する紙幣、貨幣、証券類を複製すること • 政府の模造許可を得ずに未使用郵便切手、郵便はがきなどを複製する こと • 政府発行の印紙、法令などで規定されている証紙類を複製すること 次のものは、複製するにあたり注意が必要です。 • 民間発行の有価証券 (株券、 手形、 小切手など) 、 定期券、 回数券など • パスポート、免許証、車検証、身分証明書、通行券、食券、切符など 逆アセンブル、逆コンパイル等について 本製品に同梱のソフトウェアを逆アセンブル、逆コンパイルしたり、 ソースコードから派生物を生成したりすることはできません。 著作権について 写真・書籍・地図・図面・絵画・版画・音楽・映画・プログラムなど の著作権物は、個人(家庭内その他これに準ずる限られた範囲内)で 使用するために複製する以外は著作権者の承認が必要です。 本製品を日本国外へ持ち出す場合の注意 本製品(ソフトウェアを含む)は日本国内仕様のため、本製品の修理・ 保守サービスおよび技術サポートなどの対応は、日本国外ではお受け できませんのでご了承ください。また、日本国外ではその国の法律ま たは規制により、本製品を使用できないことがあります。このような 国では、本製品を運用した結果罰せられることがありますが、当社と いたしましては一切責任を負いかねますのでご了承ください。 22 電波障害自主規制について -注意- この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基 準に基づくクラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受 信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。 取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。本装置の接続に おいて指定ケーブルを使用しない場合、VCCI ルールの限界値を超え ることが考えられますので、必ず指定されたケーブルを使用してくだ さい。 本製品の使用限定について 本製品を航空機・列車・船舶・自動車などの運行に直接関わる装置・ 防災防犯装置・各種安全装置など機能・精度などにおいて高い信頼性・ 安全性が必要とされる用途に使用される場合は、これらのシステム全 体の信頼性および安全維持のためにフェールセーフ設計や冗長設計の 措置を講じるなど、システム全体の安全設計にご配慮いただいた上で 当社製品をご使用いただくようお願いいたします。本製品は、航空宇 宙機器、幹線通信機器、原子力制御機器、医療機器など、極めて高い 信頼性・安全性が必要とされる用途への使用を意図しておりませんの で、これらの用途には本製品の適合性をお客様において十分ご確認の 上、ご判断ください。 瞬時電圧低下について 本装置は、落雷等による電源の瞬時電圧低下に対し不都合が生じるこ とがあります。電源の瞬時電圧低下対策としては、交流無停電電源装 置等を使用されることをお勧めします。 (社団法人 電子情報技術産業 協会(社団法人 日本電子工業振興協会)のパーソナルコンピュータの 瞬時電圧低下対策ガイドラインに基づく表示) ご注意 • 本書の内容の一部または全部を無断転載することを禁止します。 • 本書の内容は将来予告なしに変更することがあります。 • 本書の内容にご不明な点や誤り、記載漏れなど、お気付きの点があり ましたら弊社までご連絡ください。 • 運用した結果の影響については前項に関わらず責任を負いかねますの でご了承ください。 • 本製品が、本書の記載に従わずに取り扱われたり、不適当に使用され たり、弊社および弊社指定以外の、第三者によって修理や変更された ことなどに起因して生じた障害等の責任は負いかねますのでご了承く ださい。 • 弊社純正品以外および弊社品質認定品以外の、オプションまたは消耗 品を装着し、それが原因でトラブルが発生した場合は、保証期間内で あっても責任は負いかねますのでご了承ください。ただし、この場合 の修理などは有償で行います。 電源高調波について この装置は、 高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 に適合しております。 23 ©セイコーエプソン株式会社 2008 24 Printed in XXXXXX [. . . ]

EPSON ES-D400ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればEPSON ES-D400のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag