ユーザーズガイド HP C9733A QUICK GUIDE

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP C9733Aのユーザマニュアルを入手できます。 HP C9733Aのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP C9733AのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP C9733A QUICK GUIDE: ユーザーガイドを完全にダウンロード (587 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP C9733AQUICK GUIDE

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] マルチメディア アクセサリの接続 ( 付属する場合 ) . HP 拡張マルチメディア キーボードの使い方 ( 一部のモデルのみ ). 14 14 14 16 18 19 19 20 21 22 22 23 23 23 24 25 26 27 27 27 28 28 28 28 29 29 30 31 32 2. ワークステーションのトラブルシューティング ハードウェアの問題の解決 . [. . . ] マイクとヘッドホン ( またはアンプ内蔵のスピーカー ) をキーボードに接続します。 16 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 x2000 ワークステーションのセットアップ 注記 スピーカーまたはヘッドホン用コネクタ ( 黄緑 ) にプラグを差し込むと、ワーク ステーションの内蔵スピーカーは無効になります。 オーディオ機能を使用する場 合は、ヘッドホンまたはスピーカーを接続するか、スピーカーまたはヘッドホン のコネクタ ( 黄緑 ) を外してワークステーションの内蔵スピーカーを使用します。 マルチメディア アクセサリの接続 スピーカーまたはヘッドホン用 ジャック ( 黄緑 ) マイク用ジャック ( ピンク ) キーボード側マイク用 ジャック 標準キーボード コネクタ ( 紫 ) キーボード側ヘッドホン / スピーカー用ジャック 図 1- 3 注記 Smart Card Reader などのデバイスは、シリアル コネクタとマウス ポートの両 方に接続してください。 モデルによってはキーボード ポートから十分な電力が供 給されません。この場合は、キーボード ポートを使用しないでください。 第1章 17 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 x2000 ワークステーションのセットアップ 電源コードの接続 警告 安全のため、必ずアース付きの壁コンセントに装置を接続してください。 電源 コードは、この装置に付属するコードまたは国の安全基準に準拠したコードなど、 適切にアースされたプラグ付きのコードを必ず使用してください。 この装置は、 電源コードをコンセントから外すことで電力が切断されます。 電源コンセントの 近くに装置を設置してください。 1. 電源コードをモニタおよびコンピュータの背面に接続します ( コネクタの形状は、決まった向 きで差し込むようになっています )。 2. モニタの電源コードとコンピュータの電源コードをアース付きコンセントに差し込みます。 18 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 快適で安全な作業のために 快適で安全な作業のために 作業環境の整備 コンピュータ機器を使用するときは、以下のように快適で、生産性を向上させるような作業環境 を整えることが重要です。 図 1- 4 作業環境 ドキュメント ホルダー キーボードの 傾斜 <15° 大腿部との 間隔 >6cm キーボードまでの 高さ 64-76 cm • 作業面の高さ - 作業面の高さが調整できるものを使用してください。 作業面が正しい高さにな るようにするには、まず床または傾斜付きのフット レストに足がしっかり着くように椅子の 高さを調整します。次に、キーボードなどの入力デバイスに手を置いたときに、前腕部が床 と平行になる高さまで作業面の高さを調節します。 椅子 - 使用する椅子は、高さと傾斜の調節機能があり、座面に丸みがあり、脚部が安定してい る、快適な姿勢を保てるものを使用してください ( たとえば、脚が 5 本でキャスター付き、 背もたれが調節可能、左右に回転でき、調節可能なクッション付きのアーム レストのあるも の )。 モニタ - 画面の上端が目の高さと同じか、やや下 ( 最大 15°) になるようにモニタを配置しま す。 • • 第1章 19 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 快適で安全な作業のために • 作業面上の配置 - モニタ、ドキュメント ホルダー、キーボード、マウスなどの入力デバイス、 およびヘッドホンやスピーカーなどの、HP ワークステーション システムを構成するすべて の要素は、個々の好みに合わせて最適な配置と調節を行うようにしてください。 たとえば、 キーボードを主に使用する場合は、キーボードは脇に置かず、正面に置きます。 作業中にマ ウスなどのポインティング デバイスを頻繁に使用する場合は、そのデバイスを右腕または左 腕の直前の位置に置きます。 マウスとキーボードの両方を使用する場合は、これらを同じ高 さの作業面上に隣り合わせに配置します。 パーム レストを使用する場合は、その高さがキー ボードの前端部と同じものを使用してください。 電話やメモなどの、その他の備品もよく考 慮して配置してください。 マウス、キーボードをはじめとする入力デバイスの使用状況によっては、不快感 を感じたり、人体に悪影響を及ぼしたりする危険が増加することがあります。 こ れらのデバイスを適切に配置して、最も快適で安全に作業を行えるようにしてく ださい。 注意 作業時の姿勢 同じ姿勢で長時間座り続けるのは、快適なことではありません。 人体への苦痛や悪影響を及ぼす 危険を最小限にするためには、正しい姿勢を保つことが大切です。 • • • 頭部 - モニタを見るときは、頭部の傾きは 15°以内になるようにしてください。また、頭部を 左右に傾けないようにします。 背中 - 作業面の方向に向いて座っているときは、まっすぐか、後方にやや傾けた状態で背中が 椅子の背もたれによって支えられるようにします。 上腕部は床に対して垂直か、 やや傾けた (15°以内 ) の 腕 - 腕と肘の力を抜いてリラックスし、 状態にします。 前腕部と手は、肘を 70 ~ 115 度曲げた状態で床とほぼ平行になるようにしま す。 肘は脇からあまり離しません ( 胴からの角度は 20°以下 )。 • 手、手首、前腕 - マウスやキーボードなどの入力デバイスを操作するときは、手首と前腕部を リラックスした自然な位置に保つようにしてください。 たとえば、キーボードやマウスを使 用するときは前腕部をデスクトップ上にゆったりとのせます。 ひざから下は、大腿部に対してほ 脚 - 大腿部は水平またはやや前傾状態になるようにします。 ぼ直角になるようにします。 作業面と脚との間には十分な空間ができるようにしてください。 • • 足 - 椅子を調節した後に床に足が楽に着かない場合は、フットレストを使用します。なるべく 高さと角度が調節可能なものを使用してください。 20 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 快適で安全な作業のために その他の人間工学上の問題 • ときどきスクリーンから目を離し、目の疲労をやわらげます。 また、遠くのものに少しの間 焦点を合わせ、一定の間隔でまばたきをして目の乾燥を防ぎます。 さらに、定期的に目の検 査を受け、眼鏡の度がコンピュータのモニタを見る作業に適した状態になるようにしてくだ さい。 ときどき姿勢を変えたり、体を動かしたりすることを忘れずに実行してください。 ある姿勢 を長時間保つのは自然な状態ではないため、ストレスが多くかかります。 長時間にわたって 作業しなければならないときは、短い時間でも頻繁に休憩するようにします。 おおよその目 安として、1 時間ごとに 5 分から 10 分の休憩を取るとよいでしょう。 短い休憩を多くとる方 が、長い休憩を少なくとるよりも効果的です。 長時間にわたって休憩を取らずに作業すると、 人体に悪影響を及ぼしやすいことがデータによって示されています。 時々別の作業を行うと、筋肉の硬直を防ぐのに役立ちます。 たとえば、キーボード入力、読 み書き、ファイリング、作業環境内での移動などの作業を交互に行うと、リラックスした姿 勢を保てます。 手や腕、肩や首、背中の筋肉をときどきストレッチします。 少なくとも 1 時間 に 1 度、作業を少し中断してストレッチを行ってください。 人間工学に基づいたデザインのものやアクセサリを使用すると、不快感が軽減されることが あります。たとえば、人間工学に基づいた自分専用の椅子、パーム レスト、キーボード トレ イ、代替入力デバイス、調整された眼鏡、ノングレア処理されたスクリーンなどです。 詳細 については、会社、医師、最寄りのオフィス用品販売店、およびオンライン版の「Working in Comfort」に記載された Information Sources などの情報源を利用して探してください。 「Working in Comfort」は、当社のコンピュータ機器のハードディスクにプリインストールさ れているほか、当社の Web サイト (www. hp. com/ergo= 英語 ) からも入手できます。 • • • 第1章 21 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 ワークステーションの起動と停止 ワークステーションの起動と停止 ワークステーションにソフトウェアがあらかじめインストールされている場合、ワークステー ションを最初に起動するときにソフトウェアが初期化されます。 このソフトウェアの初期化プロ セスには数分かかります。 このプロセスでは、ソフトウェアでの使用言語の設定をするととも に、コンピュータに取り付けられているハードウェアを使用できるようにソフトウェアを設定し ます ( ソフトウェアが初期化された後でも設定変更は可能です )。 ワークステーションの起動 1. ワークステーションを起動する前に、モニタの電源を入れます。 2. 以下のいずれかの方法でワークステーションを起動します。 • • 前面パネルの電源ボタンを押します。 キーボードのスペース キーを押します ( マルチメディア キーボードが付属するモデル のみ )。 キーボード パワーオン機能は、システム ボードのスイッチが適切に設定されている場合 にのみ使用できます ( デフォルトで有効になっています )。 コンピュータの電源を入れると、ワークステーションのロゴが表示されている間に電源投入 時の自己診断 (POST) が行われます。 自己診断の詳細を表示する場合は、Esc キーを押しま す。 POST でエラーが検出された場合は、エラーが自動的に表示されます。 3. ワークステーションのセットアップ中にパスワードを設定した場合は、POST が完了すると パスワード プロンプトが表示されます。 パスワード プロンプトが表示された場合は、設定し たパスワードを入力し Enter を押してワークステーションが使用できる状態にします。 22 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 ワークステーションの起動と停止 ソフトウェアの初期化 注記 ソフトウェアの初期化中はワークステーションの電源を切らないでください。 予想外の結果を招くことがあります。 ソフトウェアを初期化するには、以下の手順に従います。 1. ワークステーションの電源を入れて POST が完了すると、ソフトウェアの初期化プロセスが 開始されます。 このプロセスでは、ソフトウェア ライセンス契約が表示され、 「Working in Comfort」( コンピュータ ユーザーへの人間工学に基づいたアドバイス ) を読むこともできま す。その後、ワークステーションに関する入力項目が表示されます。 2. 初期化プロセスが終了したら、OK をクリックしてワークステーションを再起動します。 システム修復ディスクの作成 ソフトウェアの初期化中は、メッセージが表示されたときにオペレーティング システムのシス テム修復ディスクを作成しておくことが非常に重要です。 このディスクの作成には、未使用の ディスクを使用することをお勧めします。 修復ディスクを作成する方法の詳細については、アプリケーション ソフトウェアまたはオペ レーティング システムに付属するマニュアルを参照してください。 ワークステーションの停止 ワークステーションを停止するには、アプリケーションをすべて終了していることを確認してか らスタート メニューのシャットダウン コマンドを使用します。 電源を切るようメッセージが表示 されたら、ワークステーションの電源ボタンを押します。 電源を切ることを求めるメッセージが表示されるまでは電源ボタンを押さないでください。ボタ ンを押してしまうと、開かれているアプリケーションで保存していないデータが失われることが あります。 第1章 23 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 HP 拡張マルチメディア キーボードの使い方 ( 一部のモデルのみ ) HP 拡張マルチメディア キーボードの使い方 ( 一部のモデルのみ ) 警告 キーボードおよび入力デバイスを長時間にわたって不適切に使用すると、手や腕 の柔組織に反復性疲労障害 (RSI) をきたすことがあります。 コンピュータ機器の使 用時に不快感や痛みを感じた場合は、すぐに使用を中止し、できるだけ速やかに 医師の診察を受けてください。 快適で安全に作業していただくことが最も重要であると、当社では考えています。 このため、ワークステーションを使用する前に、当社の人間工学上の情報をお読 みになることを強くお勧めします。 詳細は、当社のオンライン バージョンの 「Working in Comfort」を参照してください。 「Working in Comfort」は、ワーク ステーションのハードディスクにプリインストールされているほか、当社の Web サイト「Working in Comfort」(www. hp. com/ergo= 英語 ) で入手できます。 概要は、19 ページの「快適で安全な作業のために ページの「快適で安全な作業のために」に記載されています。 快適で安全な作業のために」に記載されています。 HP 拡張キーボードには、ソフト キーがあります。ソフト キーは以下のように使用できます。 • • • • • • キーに割り当てた機能を表示または設定します。 ワンタッチ ショートカットとして、アプリケーションの起動、ファイルのオープン、または インターネット上の Web サイトへのアクセスを行うことができます。 システムに付属するインターネット ブラウザを起動します。 ワークステーションをロックまたはサスペンドします。 オーディオ システムのボリュームをミュートまたは調節します。 ヘッドホンやマイクをキーボードに直接接続することができます。 このオプションを使用す るには、オーディオ出力 ( 黄緑 ) とマイク ( ピンク ) のコネクタをワークステーションの背面 パネルの対応するジャックに接続する必要があります。 24 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 HP 拡張マルチメディア キーボードの使い方 ( 一部のモデルのみ ) 図 1- 5 キーボード コネクタ HP 拡張マルチメディア キーボード ヘッドホンおよびマイク用の ジャック ( 上端部にあります ) インターネット キー メニュー キー ロック / サス ペンド キー ショートカット キー ヘッドホン およびマイク用 ジャック ( ワーク ステーションの 背面パネルに 接続 ) HP カスタマ インフォメー ション ミュート キー ボリューム コントロール キー スペース バー パワー オン ショートカット キー メニュー キー メニュー ソフト キーの ?を押すと、HP 拡張キーボードのコントロール パネルのソフト キーの セクションがスクリーンに表示されます。 スクリーンに表示されたキーをクリックすると、個々 のキーに割り当てられた動作が表示され、キーの動作を変更したり、キーに動作を割り当てたり することができます。 また、ユーザー定義のアクション用にショートカット キーも用意されてい ます。 第1章 25 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 ワークステーションの構成の表示 ワークステーションの構成の表示 Summary 画面には、ワークステーションの現在の構成 (BIOS のバージョン、CPU の速度、メ モリ モジュールのサイズ、およびインストールされている大容量記憶装置など ) の概要が表示さ れます。 初めてワークステーションを使用するとき、またはアクセサリの取り付けや取り外し、アップグ レードを行った後は、必ずワークステーションの構成を確認してください。 構成を確認するに は、以下の手順に従います。 1. ディスプレイ、ワークステーションの順に電源を入れます。 ワークステーションの電源が既 にオンになっている場合は、データを保存し、プログラムをすべて終了してから、ワークス テーションを再起動します。 ワークステーションの電源のオフおよび再起動に関する特別な 手順については、オペレーティング システムのマニュアルを参照してください。 2. 起動時のロゴがディスプレイに表示されたら、Esc を押します。 これにより、Summary 画面 が表示されます (Setup プログラムをすぐに起動するには、Esc ではなく F2 を押して Summary 画面を省略します )。 Summary 画面はすぐに表示されなくなります。 キーボードの Pause/Break キーを押すと、次に別のキーを押すまで Summary 画面が表示されたままになり ます。 26 第1章 ワークステーションのセットアップおよび使用方法 ワークステーションの構成 ワークステーションの構成 Setup プログラムを使用してワークステーションを構成し ( たとえば、システムおよびユーザー のパスワードの設定、大容量記憶装置のインストールやアップグレード )、構成上の問題を解決 します。 システムの設定への変更内容は、すべて書きとめておくことをお勧めします。 HP Setup プログラムの起動 1. F8 キーを押し、最初のブート デバイスとして CD-ROM を選択します。 5. コンピュータが CD-ROM から起動し、 DOS 形式のメニューが表示されます。 メニューからオ プション 1 を選択して HP ワークステーションを出荷時の元の状態に復元します。 場合に よっては、Partitioning & Formatting のメニュー項目を設定する必要があります。 この場合は、 以下の 2 つのオプションがあります。 • • Automatic ( 推奨 ) Custom ( 上級ユーザーのみ ) 第2章 47 ワークステーションのトラブルシューティング HP リカバリ CD-ROM 特に指定が必要な場合を除き、Automatic を選択します。 6. 最初にハードディスク ドライブがフォーマットされます。 この際、システムは何度かリブー トします。 これは正常な動作ですので、プロセスを中断しないでください。 処理が正常に終了 したことを示すメッセージが表示されるまで待ちます。 8. メッセージが表示されたら、リカバリ CD-ROM を CD-ROM ドライブから取り出します。 9. オペレーティング システムとドライバがインストールされます。 この時点で、オペレーティ ング システムの設定を入力することが要求されます。 フル リカバリ機能を実行すると、コンピュータの元のディスク イメージが復元されます。 ただ し、HP サポート Web サイト (www. hp. com/workstations/support= 英語、 japan. support. hp. com/support= 日本語 ) から入手できる最新のドライバをインストールすること をお勧めします。 また、オリジナル モデルにアクセサリ ボードを増設していた場合、これらのドライバのインス トールも必要です。 フル リカバリを実行する前にバックアップしたすべてのデータ ファイルお よびソフトウェア アプリケーションも、ハードディスク ドライブ上に復元してください。 48 第2章 ワークステーションのトラブルシューティング hp カスタマ ケア センタの電話番号 hp カスタマ ケア センタの電話番号 hp カスタマ ケア センタでは、当社製品についての問題を解決するためのサポートを行っており ます。また、必要に応じて適切なサービス手続きを開始します。 米国では、電話サポートは 24 時間、365 日ご利用いただけます。 それ以外では、通常の営業時間帯にご利用いただけます。 北米およびラテン アメリカ アルゼンチン ブラジル (5411) 4778 8380 (011) 3747 7799 ( サンパウロ ) 0800 157751 ( その他の地域 ) 905-206-4663 800 360 999 800 472 6684 (970) 635-1000 800 47 777 ( カラカス 207 8488) ヨーロッパ、中東、およびアフリカ オーストリア ベルギー (+43) 0810 00 60 80 オランダ語 (+32) 02 626 88 06 フランス語 (+32) 02 626 88 07 (+45) 39 29 40 99 (+44) 0207 512 52 02 (+358) 0203 472 88 (+33) 01 43 62 34 34 (+49) 0180 525 81 43 (24PF/ 分 ) 電話 (+972) 09-9524848 FAX (+972) 09 9524849 (+39) 02-264 10350 電話 +971 4 883 8454 FAX +971 4 883 9495 (+31) 020 606 87 51 (+47) 22 11 62 99 電話 (+48) 22 865 98 00; FAX (+48) 22 519 0601 +(351) 21 317 6333 カナダ チリ メキシコ 米国 ベネズエラ アジア太平洋 オーストラリア 中国 香港 インド インドネシア 日本 デンマーク 英語 ( 各国共通 ) フィンランド フランス ドイツ イスラエル (03) 8877-8000 +86 (0) 10 6564 5959 (800) 810-5959 (+85 2) 2802-4098 (+91-11) 682-6035 (+62-21) 350-3408 03- 5344-7181 イタリア 中東 オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル 第2章 49 ワークステーションのトラブルシューティング hp カスタマ ケア センタの電話番号 韓国 (+82-2) 3270-0700 82 80 999 0700 ( ソウルを除く ) ロシア連邦 (+7) 095 797 3520 ( モスクワ ) (+7) 812 346 7997 ( サンクトペテルブルグ ) FAX (+7) 095 916 98 35 (+27) 11 258 9301 ( 南アフリカ共和国を除く ) 086 000 1030 ( 南アフリカ共和国内 ) (+34) 902 32 11 23 (+46) 08 619 21 70 (+41) 084 880 11 11 (+90) 212-221 6969 (+44) 0207 512 5202 マレーシア (+60-3) 2695-2566 南アフリカ ペナン ニュージーラン ド フィリピン シンガポール 台湾 タイ ベトナム 1 300 88 00 28 (+64-9) 356-6640 (+63-2) 867-3551 (+65) 272-5300 (+886) 2- 2717-0055 (+66-2) 661-4000 (+84-8) 823-4530 スペイン スウェーデン スイス トルコ 英国 50 第2章 A 保証および規制に関する情報 付録 A 51 保証および規制に関する情報 Declaration of Conformity according to ISO/IEC Guide 22 and EN 45014 Manufacturer: Hewlett-Packard Company 3404 East Harmony Rd. Fort Collins, CO 80528 USA HP x2000 Workstation A7218A A1280A All specifications: Declares that the: Product Name: Model Numbers: Base Product Number: Product Options: conforms to the following Safety IEC 950:1991+A1+A2+A3+A4+A11/EN 60950:1992+A1+A2+A3+A4+A11 IEC 60825-1:1993/EN60825-1:1994+A11 Class 1 for LEDs USA 21CFR Subpart J – for FC Laser module China GB4943-1995 Russia GOST R 50377-92 CISPR 11: 1997 / EN 55011: 1991 Class A CISPR 22: 1993 +A1+A2 / EN 55022: 1994+A1+A2 Class A EN 50082-1:1992 Also compliant with: IEC 1000-3-2: 1995 / EN 61000-3-2: 1998 IEC 1000-4-2: 1995 +A1 / EN 61000-4-2: 1999 - 4kV CD, 8 kV AD IEC 1000-4-3: 1995 / EN 61000-4-3: 1996 - 10 v/m IEC 1000-4-4: 1995 / EN 61000-4-4:1995 -2 kV Signal, 4 kV Power Lines Australia/New Zealand AS/NZS 2046. 1/2:1992, AS/NZS 3548:1995 China GB9254-1988 Japan VCCI Class A Russia GOST R 29216-94 Taiwan CNS13438 Class A U. S. FCC Part 15, Class A UL Listed to UL1950, 2nd edition, File E146385 cUL Listed to CSA 22. 2 No. 950-M93 TUV Certified to EN60950 2nd edition with A1+A2+A3+A4+A11 HP Fort Collins CCQD HTC EMC and is certified by: supplementary information: The product herewith complies with the requirements of the following Directives and carries the CE marking accordingly: - the EMC directive 89/336/EEC and 92/31/EEC and 93/68/EEC - the Low Voltage Directive 73/23/EEC and 93/68/EEC This product was tested in a typical Hewlett-Packard workstation configuration. For Compliance Information ONLY, contact: European Contact: Your local Hewlett-Packard Sales and Service Office or Hewlett-Packard GmbH, Dept. HQ-TRE Standards Europe, Herrenberger Strasse 130 Boeblingen (FAX: +49-7031-14-3143) Americas Contact: Hewlett-Packard, Fort Collins Site Quality Mgr. , Mail Stop 64, 3404 E. Harmony Road, Fort Collins, CO 80528, U. S. A. 52 付録 A 保証および規制に関する情報 規制についての情報 規制についての情報 FCC (for USA only) Federal Communications Commission Radio Frequency Interference Statement NOTE: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules and the Canadian Department of Communications. [. . . ] For your safety, never remove the Workstation’s cover without first removing the power cord and any connection to a telecommunication network. Si le cordon secteur n’est pas livré avec votre ordinateur, utiliser un cordon secteur en accord avec votre code electrique national. USA: utiliser un cordon secteur “ UL listed, ” de type SVT. Pour votre sécurité, ne jamais retirer le capot de l’ordinateur sans avoir préalablement débranché le cordon secteur et toute connection à un réseau de télecommunication. [. . . ]

HP C9733Aダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP C9733Aのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag