ユーザーズガイド HP PAVILION ELITE E-155 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION ELITE E-155のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION ELITE E-155のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION ELITE E-155のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION ELITE E-155 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (8951 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION ELITE E-155Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 設定情報コピー先のコンピュータの電源を切り、設定情報ディスケット またはUSBフラッシュ メディア デバイスを挿入します。 設定情報コピー先のコンピュータの電源を入れます。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 9. [ ファイル ] → [ 複製セットアップ ] → [ システム構成の復元 ](Restore from Removable Media)の順に選択したあと、画面上のメッセージに従って操 作します。 10. 設定が完了したら、コンピュータを再起動します。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 17 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 複数の コ ン ピ ュ ー タ への コ ピ ー Ä 注意:設定情報はモデルにより異なります。 コピー元とコピー先のコンピュー タが別のモデルの場合、ファイル システムが破損する恐れがあります。たと えば、USモデルからMTモデルに設定情報をコピーしないでください。 この手順では設定情報ディスケットまたは USB フラッシュ メディア デバイ スの作成に少し時間がかかりますが、設定情報をコピー先のコンピュータに コピーする時間は大幅に短縮されます。 ✎ この手順を行うため、 また起動可能USBフラッシュ メディア デバイスを作成 するためには、起動可能ディスケットが必要です。起動可能ディスケットを 作成するために Windows XP を使用できない場合は、1 台のコンピュータへの コピーの手順を実行してください(17 ページの「1 台のコンピュータへのコ ピー」を参照) 。 1. 起動可能ディスケットまたは USB フラッシュ メディア デバイスを作成 します。20 ページの「サポートされる USB フラッシュ メディア デバイ ス」 、または23ページの「サポートされないUSBフラッシュ メディア デ バイス」を参照してください。 Ä 注意 : USB フラッシュ メディア デバイスから起動できないコンピュータも あります。コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティに表示される デフォルトの起動順序で、 USBデバイスがハードディスク ドライブより前に ある場合、そのコンピュータは USB フラッシュ メディア デバイスから起動 できます。それ以外の場合は、起動可能ディスケットを使用してください。 一部のシステムでは、POST(Power-on Self Test)で起動デバイスを選択でき ます。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに[F9] キーを押し、画面に表示される指示に従って操作します。 2. [. . . ] 起動可能ディスケットまたは USB フラッシュ メディア デバイスを作成 します。20 ページの「サポートされる USB フラッシュ メディア デバイ ス」 、または23ページの「サポートされないUSBフラッシュ メディア デ バイス」を参照してください。 Ä 注意 : USB フラッシュ メディア デバイスから起動できないコンピュータも あります。コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティに表示される デフォルトの起動順序で、 USBデバイスがハードディスク ドライブより前に ある場合、そのコンピュータは USB フラッシュ メディア デバイスから起動 できます。それ以外の場合は、起動可能ディスケットを使用してください。 一部のシステムでは、POST(Power-on Self Test)で起動デバイスを選択でき ます。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに[F9] キーを押し、画面に表示される指示に従って操作します。 2. 設定情報コピー元のコンピュータの電源を切ります。Windows を実行し ている場合は、[スタート]→[シャットダウン](または[終了オプション]) →[シャットダウン](または[電源を切る])の順に選択します。 3. 設定情報保存用ディスケットまたは USB フラッシュ メディア デバイス をここで挿入します。 コンピュータの電源を入れます。 18 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 5. コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 6. [ファイル ](File)→ [複製セットアップ ](Replicated Setup)→ [リムーバ ブル メディアに保存](Save to Removable Media)の順に選択します。画 面上のメッセージに従って操作し、設定情報ディスケットまたはUSBフ ラッシュ メディア デバイスを作成します。 7. BIOS Utility for Replicated Setup(リプリケート セットアップ用BIOSユー ティリティ)をダウンロードして、この中に含まれるrepset. exeファイル を設定情報ディスケットまたは USB フラッシュ メディア デバイスにコ http://welcome. hp. com/ ピーします。 このユーティリティを入手するには、 support/files/でコンピュータの製品ファミリを入力します。 8. 設定情報ディスケットまたはUSBフラッシュ メディア デバイス上で、 次 のコマンドを含むautoexec. batファイルを作成します。 repset. exe 9. 設定情報コピー先のコンピュータの電源を切ります。設定情報ディス ケットまたはUSBフラッシュ メディア デバイスを挿入し、 コンピュータ の電源を入れます。設定ユーティリティが自動的に実行されます。 10. 設定が完了したら、コンピュータを再起動します。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 19 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 起動可能デバ イ スの作成 サポー ト さ れる USB フ ラ ッ シ ュ メ デ ィ ア デバ イ ス HP USBメモリなどのサポートされるデバイスには、 そのデバイスを簡単な手 順で起動可能にするためのイメージがプリインストールされています。使用 している USB フラッシュ メディア デバイスにこのイメージが存在しない場 合は、後で説明する手順に従ってください(23ページの「サポートされない USBフラッシュ メディア デバイス」を参照) 。 Ä 注意 : USB フラッシュ メディア デバイスから起動できないコンピュータも あります。コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティに表示される デフォルトの起動順序で、 USBデバイスがハードディスク ドライブより前に ある場合、そのコンピュータは USB フラッシュ メディア デバイスから起動 できます。それ以外の場合は、起動可能ディスケットを使用してください。 起動可能なUSBフラッシュ メディア デバイスを作成するには、 次のものが必 要です。 ■ ■ 対応するUSBフラッシュ メディア デバイス FDISK および SYS プログラムが格納された、起動可能な DOS ディスケッ ト(SYS がない場合は FORMAT を使用できますが、USB メモリ上のファ イルがすべて失われます) ■ USBフラッシュ メディア デバイスから起動可能なコンピュータ Ä 注意 : 一部の古いコンピュータでは、USB フラッシュ メディア デバイスか ら起動できない場合があります。コンピュータ セットアップ(F10)ユー ティリティに表示されるデフォルトの起動順序で、USB デバイスがハード ディスク ドライブより前にある場合、そのコンピュータは USB フラッシュ メディア デバイスから起動できます。それ以外の場合は、起動可能ディス ケットを使用してください。 20 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 1. 2. コンピュータの電源を切ります。 USB メモリをコンピュータの USB ポートのどれかに差し込み、USB ディ スケット ドライブ以外のすべての USB ストレージ デバイスを取り外し ます。 3. FDISK. COMと、 SYS. COMまたはFORMAT. COMのどちらかが格納された 起動可能なDOSディスケットをディスケット ドライブに挿入します。 コ ンピュータの電源を入れて、DOSディスケットを起動します。 4. A:\プロンプトで「FDISK」と入力して [Enter] キーを押し、FDISK を実 行します。メッセージが表示されたら、[Yes (Y)] をクリックして大容量 ディスクのサポートを有効にします。 5. 選択肢の「5」を入力してコンピュータのドライブを表示します。一覧の ドライブの中で最も容量が近いドライブがUSBメモリで、通常は一覧の 最後に表示されます。ドライブ名を書き留めておきます。 USBメモリのドライブ名:__________ Ä 注意: ドライブがUSBメモリと一致しない場合は、 データの損失を防ぐため、 次の手順に進まないでください。 他にストレージ デバイスがないか、 すべて のUSBポートを確認します。あった場合は取り外してコンピュータを再起動 し、手順 4 に進みます。ない場合、コンピュータが USB メモリに対応してい ないか、USBメモリが破損しています。この場合はUSBメモリを起動可能に するための手順を実行しないでください。 6. 8. [Esc]キーを押してA:\プロンプトに戻り、FDISKを終了します。 起動可能なDOSディスケットにSYS. COM がある場合は手順8に、ない場 合は手順9に進みます。 A:\プロンプトで「SYS x:」 (xは書き留めたドライブ名)と入力します。 Ä 注意 : USBメモリのドライブ名を正しく入力したことを確認します。 システム ファイルの転送が完了すると、SYS から A:\プロンプトに戻り ます。手順13に進みます。 9. 変更を保存してユーティリティを終了します。USBフラッシュ メディア デバイスがCドライブとして起動されます。 ✎ デフォルトの起動順序はコンピュータによって異なり、 コンピュータ セット アップ(F10)ユーティリティで変更することができます。手順については、 Documentation CD (ドキュメンテーションCD) に収録されている 『コンピュー タ セットアップ(F10)ユーティリティ ガイド』を参照してください。 Windows 9x からDOS バージョンを使用した場合、短い間 Windowsロゴの画面 が表示されることがあります。 表示されないようにするには、 USBフラッシュ メディア デバイスのルート ディレクトリに LOGO. SYS というゼロ長のファ イルを追加します。 18ページの「複数のコンピュータへのコピー」に戻ります。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 25 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト デ ュ アル ステー ト 電源ボ タ ンの設定 お使いのコンピュータでACPI (Advanced Configuration and Power Interface) を 使用している場合は、電源ボタンをコンピュータのオン / オフ スイッチとし ての機能のほか、 スタンバイ モードを起動するためのボタンとして設定する ことができます。 スタンバイ モードでは、 電源を完全に切らずに、 コンピュー タの消費電力を低い状態に保つことができます。使用中のアプリケーション を終了せずに作業を途中で中断したい場合など、 スタンバイ モードに設定し ておくとコンピュータの電力を低く抑えることができます。 電源ボタンの設定を変更するには、以下の手順で操作します。 1. [スタート]ボタンを左クリックし、[コントロール パネル]→[パフォーマ ンスとメンテナンス]→[電源オプション]の順に選択します。 [電源オプションのプロパティ ]で[詳細設定]タブを選択します。 [電源ボタン]で[スタンバイ]を選択します。 電源ボタンにスタンバイ ボタンとしての機能を設定してある場合は、コン ピュータの電源が入っているときに電源ボタンを押すと、 スタンバイ モード を起動することができます。再び電源ボタンを押すと、直ちにスタンバイ モードから復帰できます。コンピュータの電源を完全に切るには、電源ボタ ンを4秒以上押し続けます。 Ä 注意 : システムが応答しない場合以外は、電源ボタンを使って電源を切らな いでください。 オペレーティング システムを通さずに電源を切ると、 ハード ディスク ドライブが破損したりデータが損失したりする可能性があります。 26 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト イ ン タ ーネ ッ ト Webサイ ト HP の技術者は HP 製および他社製のソフトウェアのテストおよび修正を厳密 に行い、 オペレーティング システムに特化したサポート ソフトウェアを開発 しています。このため、HPのコンピュータは優れた性能、互換性、および信 頼性を兼ね備えています。 別の種類のオペレーティング システムをインストールしたり新しいバー ジョンのオペレーティング システムに移行したりする場合、 それぞれのオペ レーティング システム用に設計されたサポート ソフトウェアを実行してく ださい。お使いのコンピュータにインストールされているバージョンと異な るバージョンのMicrosoft Windowsを実行したい場合、 対応するデバイス ドラ イバおよびユーティリティをインストールして、すべての機能がサポートさ れ、正しく動作することを確認してください。 HPでは、快適な環境で効率的にコンピュータをお使いいただくために、最新 のデバイス ドライバ、ユーティリティ、フラッシュ ROM イメージなどを収 録したサポート ソフトウェアを提供しています。サポート ソフトウェアは HPのWebサイト(http://www. hp. com/support/)からダウンロードできます。 HP のホームページには、HP 製のコンピュータで Microsoft Windows のオペ レーティング システムを実行する際に必要な最新のデバイス ドライバ、 ユー ティリティ、フラッシュ ROMイメージなどが用意されています。 標準規格およびパー ト ナー企業 HP のインテリジェント マネジメント機能は、各社のシステム マネジメント アプリケーションを取り入れており、次のようなコンピュータ業界の標準規 格に準拠しています。 ■ ■ ■ ■ ■ ■ デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について Web-Based Enterprise Management(WBEM) Windows Management Interface(WMI) Wake on LANテクノロジ ACPI SMBIOS Pre-boot Execution(PXE)サポート www. hp. com/jp 27 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 資産情報管理機能およびセキ ュ リ テ ィ 機能 コンピュータに搭載される資産情報管理機能を使用すれば、HP Systems Insight Manager、HP Client Manager、またはその他のシステム管理アプリケー ションを使用して管理される資産情報を確認することができます。資産情報 管理機能とこれらの管理ソフトウェア製品を統合することにより、お使いの 環境に最適な管理ソフトウェアを選択でき、今までお使いになっていたソフ トウェアをより有効に活用できます。 さらに、HPでは、コンピュータとデータを不正なアクセスから保護するため の機能を備えています。ProtectTools内蔵セキュリティがインストールされて いる場合は、データへの不正なアクセスの防止、システムの整合性の確認、 お よ び 第 三 者 か ら の ア ク セ ス に 対 す る 認 証 が 行 わ れ ま す。 (詳 し く は、 www. hp. com/jpから入手できる、 『HP ProtectToolsセキュリティ マネージャ ガ イド』を参照してください。 )一部のモデルに装備されているProtectTools、ス マート カバー センサ/カバー リムーバル センサ(Cover Removal Sensor) 、お よびスマート カバー ロック(Smart Cover Lock)のようなセキュリティ機能 は、コンピュータの内部装置への不正なアクセスの防止に役立ちます。パラ レル ポート、シリアル ポート、またはUSBポートを無効にすることにより、 またリムーバブル メディア ブート機能を無効にすることにより、 貴重な資産 であるデータを保護できます。 これ以外にも、 メモリ脱着センサおよびスマー ト カバー センサ / カバー リムーバル センサからの警告が自動的にシステム 管理アプリケーションに転送されることで、コンピュータの内部装置への不 正なアクセスを防ぐことができます。 ✎ ProtectTools、スマート カバー センサ / カバー リムーバル センサ、およびス マート カバー ロックは、 一部のシステムにオプションとして装備されていま す。 次のユーティリティを使用して、セキュリティ機能の設定を管理できます。 ■ コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを使用してローカル で管理します。コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティの詳 しい情報と手順については、コンピュータに付属の Documentation CD に 収録されている『コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティ ガ イド』を参照してください。 28 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト ■ HP Client Manager または System Software Manager を使用してリモートで 管理します。このソフトウェアにより、簡単なコマンドライン ユーティ リティを使用して、ネットワークのセキュリティ機能の設定を確実に、 一貫して集中管理することができます。 次の表と各項で、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを使っ てローカルでコンピュータのセキュリティ機能を管理する方法を説明しま す。 セキ ュ リ テ ィ 機能 項目 セ ッ ト ア ッ プ パスワー ド (Setup Password) 説明 セ ッ ト ア ッ プ (管理者) パスワー ド を設定 し て有効に し ます ✎ セ ッ ト ア ッ プ パスワー ド を設定する と 、コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ ユー テ ィ リ テ ィ の設定 を 変更 し た り 、 ROM を フ ラ ッ シ ュ し た り 、 Windows 環境で特定のプ ラ グ ア ン ド プ レ イ 設定を変更 し た り す る 場合にセ ッ ト ア ッ プ パスワー ド が必要にな り ます 詳 し く は、 Documentation CD に収録 さ れてい る 『 ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い 電源投入時パスワー ド (Power-On Password) パスワー ド オプ シ ョ ン (Password Options) (電源投入時パ ス ワ ー ド が設定 さ れ てい る場合にのみ表示 さ れます) 起動前の承認 (Pre-Boot Authorization) (一部のモデルで使用可能) ス マー ト カ バー (Smart Cover) (一部のモデルで使用可能) 次の項目を設定 し ます • • カ バー ロ ッ ク (Cover Lock) の有効 (Enable) /無効 (Disable) の設定 カ バー リ ムーバル セ ンサの有効/無効の設定 [ユーザに通知] を設定する と 、カバーが取 り 外 さ れた こ と を セ ンサが 検知 し た と き にユーザに通知 さ れま す。 セ ッ ト ア ッ プ パ ス ワ ー ド は、カバーが取 り 外 さ れた こ と を セ ンサが検知 し た場合、コ ン ピ ュ ー タ を起動する際にセ ッ ト ア ッ プ パスワー ド の入力を要求 し ます 電源投入時パスワー ド (Power-On Password) の代わ り に ス マー ト カ ー ド を使用する こ と を有効/無効に し ます 電源投入時パスワー ド を設定 し て有効に し ます 詳 し く は、 Documentation CD に収録 さ れてい る 『 ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い ウ ォ ーム ブー ト ([Ctrl]+[Alt]+[Delete]) にパスワー ド が必要かど う か を指定 し ます ✎ ✎ 一部のモデルでのみサポー ト さ れます コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ について詳 し く は、 Documentation CD に収録 さ れてい る 『コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。 サポー ト さ れる セキ ュ リ テ ィ 機能は、 お使いの コ ン ピ ュ ー タ の構成に よ っ て異な る場合があ り ます。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 29 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト セキ ュ リ テ ィ 機能 (続き) 項目 内蔵セキ ュ リ テ ィ (Embedded Security) (一部のモデルで使用可能) 次の項目を設定 し ます • • 内蔵セキ ュ リ テ ィ デバ イ スの有効 (Enable) /無効 (Disable) デバ イ スの出荷時設定への リ セ ッ ト 説明 一部のモデルでのみサポー ト さ れます。 詳 し く は、 www. hp. com/jpか ら 入 手で き る 『HP ProtectTools セキ ュ リ テ ィ マネージ ャ ガ イ ド 』 を参照 し て く ださい デバ イ ス セキ ュ リ テ ィ (Device Security) シ リ アル ポー ト (Serial Port)、 パ ラ レル ポー ト (Parallel Port)、 前面のUSB ポ ー ト (Front USB Port) 、 シ ス テ ムの オ ーデ ィ オ セ キ ュ リ テ ィ (Audio Security)、 モデルに よ っ てはネ ッ ト ワー ク コ ン ト ロー ラ (Network Controller)、 マルチベ イ デバ イ ス (Multibay Devices)、 お よび SCSI コ ン ト ロ ー ラ (SCSI Controller) のデバイ ス有効 (Enable) / デバイ ス無効 (Disable) の設定 ネ ッ ト ワー ク サーバに イ ン ス ト ール さ れたオペ レ ーテ ィ ン グ シ ス テムか ら コ ン ピ ュ ー タ を起動する機能の有効 (Enable) / 無効 (Disable) の設定 (NIC (LANボー ド ) が搭載 さ れてい る モデルのみで使用で き、 ネ ッ ト ワー ク コ ン ト ロ ー ラ がPCIバス上に存在するか、 シ ス テム ボー ド に組み込まれ てい る必要があ り ます) 次の項目を設定 し ます • • ア セ ッ ト タ グ (Asset Tag。 18 バイ ト の ID) お よ びオーナーシ ッ プ タ グ (Ownership Tag。 POST実行中に表示 さ れる 80バ イ ト のID) の入力 本体シ リ アル番号 (Chassis Serial Number) または UUID (Universal Unique Identifier) の入力 UUIDは現在の本体シ リ アル番号が無効の場合にのみ更新で き ます (通 常 こ れ ら の識別 (ID) 番号は工場出荷時に設定 さ れ、 そのシ ス テムを 特定する ために使用 さ れます) キーボー ド (Keyboard Locale) の設定 英語用や ド イ ツ語用な ど を シ ス テムID エ ン ト リ に対 し て設定 し ます ネ ッ ト ワー ク サービ ス ブー ト (Network Service Boot) (一部のモデルで使用可能) シ ス テムID (System ID) • ド ラ イブロ ッ ク (DriveLock) (一部のモデルで使用可能) マルチ ベ イ ハー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ に マ ス タ パス ワー ド ま たはユーザ パスワー ド を割 り 当てた り 、 パスワー ド を変更 し た り し ます (SCSIハー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ ではサポー ト さ れません) 。 こ の機能が有効の場合は、 POST 実行中に ど ち ら かの DriveLock パスワー ド を入力す る よ う 求め ら れま す。 ど ち ら のパスワー ド も 正常に入力 さ れなか っ た場合は、 次の コ ール ド ブ ー ト シーケ ン スの間にど ち ら かのパスワー ド が入力 さ れる ま で、ハー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブにはア ク セ ス で き ません ✎ ✎ 30 こ の項目は、DriveLock機能をサポー ト する 1台以上のマルチベ イ ハー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ がシ ス テ ムに接続 さ れて い る 場合にのみ表示 さ れます コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ について詳 し く は、 Documentation CD に収録 さ れてい る 『コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。 サポー ト さ れる セキ ュ リ テ ィ 機能は、 お使いの コ ン ピ ュ ー タ の構成に よ っ て異な る場合があ り ます。 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト パスワー ド のセキュ リ テ ィ 電源投入時パスワード(Power-on password)を設定すると、コンピュータの 電源を入れたり再起動したりするたびに、アプリケーションやデータにアク セスするためのパスワードの入力が要求されるので、コンピュータが許可無 く使用されることを防止できます。 セットアップ パスワード (Setup password) は、特にコンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティへの不正アクセ スを防ぎます。セットアップ パスワードを、電源投入時パスワードの補助手 段として使用することもできます。つまり、電源投入時パスワードの入力を 要求されたときに、 代わりにセットアップ パスワードを入力してコンピュー タにアクセスすることもできます。 ネットワーク全体のセットアップ パスワードを設定しておくと、 システム管 理者はネットワーク上のすべてのシステムにログインでき、電源投入時パス ワードを知らなくてもメンテナンスを行うことができます。 ✎ System Software ManagerおよびHP Client Manager Softwareを使用すると、 ネッ トワーク環境のセットアップ パスワードおよびその他の BIOS 設定をリモー トで管理できます。詳しくは、http://www. hp. com/go/EasyDeploy/(英語サイ ト)を参照してください。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 31 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト セ ッ ト ア ッ プ パスワー ド の設定 システムに内蔵セキュリティ デバイスが搭載されている場合は、 www. hp. com/jpから入手できる 『HP ProtectToolsセキュリティ マネージャ ガイ ド』を参照してください。[ コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリ ティ ] メニューで、セットアップ パスワードを設定しておけば、無断でコン ピュータの設定が変更されることを防止できます。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. [セキュリティ ] (Security) →[セットアップ パスワード] (Setup Password) の順に選択したあと、画面上のメッセージに従って操作します。 設定を終了するには、[ ファイル ](File)→ [ 変更を保存して終了 ](Save Changes and Exit)の順に選択します。 32 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 電源投入時パスワー ド の設定 [ コンピュータ セットアップ ユーティリティ ] メニューで、電源投入時パス ワードを設定しておけば、無断でコンピュータが使用されることを防止でき ます。電源投入時パスワードが設定されていると、コンピュータ セットアッ プ ユーティリティの [ セキュリティ設定 ](Security)メニューに [ パスワード オプション ](Password Options)が表示されます。パスワード オプションに は[ウォーム ブート時のパスワード入力] (Password Prompt on Warm Boot) など が含まれます。 [ウォーム ブート時のパスワード入力]が有効にされている場合 も、コンピュータを再起動するたびにパスワードを入力する必要があります。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. [ セキュリティ ] → [ 電源投入時パスワード ](Power-On Password)の順に 選択したあと、画面上のメッセージに従って操作します。 設定を終了するには、[ ファイル ](File)→ [ 変更を保存して終了 ](Save Changes and Exit)の順に選択します。 電源投入時パス ワー ド の入力 電源投入時パスワードを入力するには、以下の手順で操作します。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 鍵形のアイコンが表示されたら、 パスワードを入力して[Enter]キーを押 します。 ✎ 機密保護のため、入力したパスワードは画面に表示されません。パスワード を入力する際は、間違えないよう注意してください。 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について www. hp. com/jp 33 デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 間違ったパスワードを入力した場合は、鍵形に×印のついたアイコンが表示 されますので、 パスワードを正しく入力しなおしてください。 続けて3回間違 えた場合は、コンピュータの電源をいったん切って最初から操作しなおす必 要があります。 セ ッ ト ア ッ プ パス ワー ド の入力 システムに内蔵セキュリティ デバイスが搭載されている場合は、 www. hp. com/jpから入手できる 『HP ProtectToolsセキュリティ マネージャ ガイ ド』を参照してください。 コンピュータでセットアップ パスワードを設定しておけば、[ コンピュータ セットアップ ユーティリティ ] メニューを実行するたびに、必ずパスワード の入力が必要となります。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. 鍵形のアイコンが表示されたら、セットアップ パスワードを入力して [Enter]キーを押します。 機密保護のため、入力したパスワードは画面に表示されません。パスワード を入力する際は、間違えないよう注意してください。 間違ったパスワードを入力した場合は、鍵形に×印のついたアイコンが表示 されますので、 パスワードを正しく入力しなおしてください。 続けて3回間違 えた場合は、コンピュータの電源をいったん切って最初から操作しなおす必 要があります。 34 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 電源投入時パス ワー ド またはセ ッ ト ア ッ プ パス ワー ド の変更 システムに内蔵セキュリティ デバイスが搭載されている場合は、 www. hp. com/jpから入手できる 『HP ProtectToolsセキュリティ マネージャ ガイ ド』を参照してください。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. [. . . ] コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. 鍵形のアイコンが表示されたら、セットアップ パスワードを入力して [Enter]キーを押します。 機密保護のため、入力したパスワードは画面に表示されません。パスワード を入力する際は、間違えないよう注意してください。 間違ったパスワードを入力した場合は、鍵形に×印のついたアイコンが表示 されますので、 パスワードを正しく入力しなおしてください。 続けて3回間違 えた場合は、コンピュータの電源をいったん切って最初から操作しなおす必 要があります。 34 www. hp. com/jp デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト について デス ク ト ッ プ マネジ メ ン ト 電源投入時パス ワー ド またはセ ッ ト ア ッ プ パス ワー ド の変更 システムに内蔵セキュリティ デバイスが搭載されている場合は、 www. hp. com/jpから入手できる 『HP ProtectToolsセキュリティ マネージャ ガイ ド』を参照してください。 1. コンピュータの電源を入れるか、[ スタート ] → [ シャットダウン ] → [ 再起 動]→[OK]の順に選択して再起動します。 コンピュータが起動してモニタ ランプが緑色に点灯したらすぐに [F10] キーを押し、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティを実行 します。必要であれば、[Enter]キーを押すと、タイトル画面をスキップ できます。 ✎ ✎ 適切なタイミングで[F10]キーを押せなかった場合は、 コンピュータを再起動 して、モニタ ランプが緑色に点灯したときにもう一度[F10]キーを押します。 3. 鍵形のアイコンが表示されたら、次のように入力します。 現在のパスワー ド /新 し いパス ワー ド /新 し いパスワー ド 機密保護のため、入力したパスワードは画面に表示されません。パスワード を入力する際は、間違えないよう注意してください。 4. [. . . ]

HP PAVILION ELITE E-155ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION ELITE E-155のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag