ユーザーズガイド HP PAVILION P6227 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION P6227のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION P6227のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION P6227のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION P6227 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (5801 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION P6227Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 8 モデルの異なるシステムへの単一バージョンのソフトウェアの導入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 複数のパーティションでのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 ハードディスク ドライブのイメージの再作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 HP Backup and Recovery Manager の管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 11 通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 通知の基本機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 通知メッセージの無効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 バックアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13 オフライン バックアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13 セクタ単位またはファイル単位のバックアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13 整合性の検証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 バックアップと RAID のサポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 バックアップの保存場所 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 帯域幅の制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 バックアップのフェールオーバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 削除される項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 アプリケーションのアンインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 上級者オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75 GB のディスクをフォーマットしなおします。 RDEPLOY を使用して、50 GB の C パーティションを作成し、v2. 3i を格納しているまだ展開さ れていない出荷用のイメージを配置します。 WinPE で DISKPART を使用して 20 GB の D パーティションを作成します。 工場出荷時のイメージを展開することにより、HP Backup and Recovery Manager および関連す るすべてのソフトウェアを完全にインストールします。 ハードディスク ドライブのイメージの再作成 HP Backup and Recovery Manager は、Desktops で複数のパーティションへのインストールをサポー トします。Portables での複数のパーティションへのインストールはサポートしません。インストー ル後にパーティションとディスクを追加できます。 HP Backup and Recovery Manager を使用して、以前イメージを作成したシステムにイメージを配置 した後で、WinPE から DISKPART を実行すると、ハードディスク ドライブの「ロック解除」または 「クリーンアップ」が実行されず、イメージを再作成できないことがあります。 この場合、HP Backup and Recovery パーティションの WINBOM. INI が原因で、WinPE によってハー ドディスク ドライブ上に PAGEFILE. SYS が作成されます。WinPE が C パーティションにアクセス しているときは DISKPART ではそのパーティションを変更することができません。 8 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW この場合、ハードディスク ドライブのイメージを再作成するには、以下のどちらかの操作を行いま す。 ● WinPE ビルドを編集して、HP Backup and Recovery パーティションで WINBOM. INI を使用し ないようにします。 または ● 1. HP Backup and Recovery パーティションから WINBOM. INI を削除します。 レジストリが既知の適切な WINBOM. INI を示すように WinPE CD イメージを再構築します。レ ジストリ キーによって指定されるパスとファイル名は、HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE ¥Microsoft¥Factory¥Winbom です。 注記: WinPE は、システムの他の場所から他の WINBOM. INI ファイルを取得する可能 性があります。正しい WINBOM. INI ファイルを使用していることを確認するには、レジ ストリ設定を使用します。 2. HP Backup and Recovery パーティションで WINBOM. INI の名前を変更するか削除し、WinPE を再起動します。 イメージを再作成する場合、WINBOM. INI ファイルの削除は選択肢の 1 つです。ただし、イメー ジを再作成しない場合に削除すると、削除後に HP Backup and Recovery が機能しなくなりま す。 回避策では、以下に示すように、FACTORY. EXE を実行する前にすべての WINBOM. INI ファイ ル(WinPE は X:¥から起動するので、X:¥ドライブを除く)の名前を変更し、FACTORY. EXE の 終了後にその他の WINBOM. INI ファイルの名前を変更する必要があります。WINBOM. INI ファ イルを元の名前に変更する前に問題が発生した場合、HP Backup and Recovery Manager などの 他のユーティリティが機能しなくなります。 for %%a in (a, b, c, d, e, f, g, h, i, j, k, l, m, n, o, p, q, r, s, t, u, v, w, y, z) DO if exist %%a:¥winbom. ini ren %%a: ¥winbom. ini winbom. tmp factory –winpe for %%a in (a, b, c, d, e, f, g, h, i, j, k, l, m, n, o, p, q, r, s, t, u, v, w, y, z) DO if exist %%a:¥winbom. ini ren %%a: ¥winbom. tmp winbom. ini パフォーマンス上の理由から、HP Backup and Recovery Manager の WINBOM. INI には、C:に PAGEFILE. SYS を作成する PageFileSize=64 行があります。 注記: コンピュータのイメージの再作成後に、HP Backup and Recovery Manager をインス トールしようとすると、コンピュータが正常に起動せず、画面左上に点滅するカーソルが表示 されることがあります。これが発生する場合、オペレーティング システムのイメージを配置す るときに必ず MBR をリセットしてください。 HP Backup and Recovery Manager の管理 ここでは、HP Backup and Recovery Manager の管理について説明します。 注記: Microsoft Windows Management Instrumentation(WMI)を使用して HP Backup and Recovery Manager を管理することはできません。 JAWW HP Backup and Recovery Manager の管理 9 ポリシーまたはスケジュールの実施 HP Backup and Recovery Manager には、設定後ユーザによる操作を必要としないスケジュール ユー ティリティが用意されています。バックアップ スケジュールをすぐに作成して、継続的にシステムお よびデータのセキュリティを確保することをおすすめします。 次の種類のバックアップの場合、Desktops と Portables でのスケジュール設定方法は同じです。 ● ● ● ドライブ全体のバックアップ リカバリ ポイント マネージャ ファイルとフォルダのバックアップ 注記: 外付けドライブ、ネットワーク、または HP 3-in-1 NAS(Portables のみ)へのスケ ジュールを設定できます。 注記: Recovery Media Creator の操作は一度限りであるため、スケジュール設定することは できません。無視する、ユーザに後で通知する、または今後通知しない、のどれかを選択でき る週単位の通知があります。4 回目の通知が表示された後、それ以降は自動的に表示されなく なります。 注記: 注記: スケジュールを設定できるのは、ローカル システムに対してだけです。 現在、管理者がユーザにバックアップの実行を強制できる機能はありません。 パスワード HP Backup and Recovery Manager には、パスワード保護が用意されています。パスワードによっ て、ドライブ全体のバックアップおよび個別ファイルのバックアップが保護されます。パスワード は、ユーザおよびシステムに依存しません。 注記: リカバリ ポイントにはパスワード保護が用意されていません。 10 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW 最初のドライブ全体のバックアップをパスワードで保護できます。ただし、イニシャル リカバリ ポ イントにはユーザ データがほとんどなく、またパスワードは機密データを保護するためのものですの で、 イニシャル リカバリ ポイントおよび増分リカバリ ポイントはどちらもパスワードで保護されませ ん。 圧縮 HP Backup and Recovery Manager では圧縮を使用します。圧縮比率は、ディスク上のデータによっ て異なりますが、30 ~ 70%の範囲です。 暗号化 「個別のファイルとフォルダ」バックアップを暗号化できます。バックアップの種類をパスワードで 保護できます。暗号化アルゴリズムは、論理 XOR とビット回転に基づいた単純なエンコードです。 HP Backup and Recovery Manager だけがその暗号化を読み取ることができます。 注記: バックアップにはパスワードやキーが使用されていないため、バックアップ自体が 「保護されている」と考えることはできません。 EFS ファイル システムで暗号化されたファイルをバックアップすると、バックアップされたファイ ルは暗号化された状態のままです。 HP Backup and Recovery Manager では、ProtectTools で暗号化されたファイルを復元します。暗号 化されたファイルを復元できるのは、そのファイルが作成されたシステムだけです。ただし、ファイ ルを復元する別のシステムに Embedded Security 資格情報データが移行されている場合を除きます。 Embedded Security 資格情報データの移行について詳しくは、ProtectTools のヘルプ ファイルを参照 してください。 内蔵 F11 ホットキーのサポート HP Backup and Recovery Manager は、HP 起動リカバリ パーティションに対して内蔵 F11 ホット キーをサポートします。F11 キーで起動した HP Backup and Recovery Manager の機能は、BIOS の 影響を受けません。 F11 BIOS がセットアップによって有効に設定されている場合、リカバリ パーティションを示すボ リューム ラベルのエントリが存在するかどうかが BIOS でチェックされます。 機能の有効化と無効化 現在、HP Backup and Recovery Manager をカスタマイズすることはできません。機能を有効または 無効に設定できるユーザ操作はありません。HP の開発部門でのみ、機能を削除または無効に設定で きます。 カスタム オペレーティング システムの再ロード後のマスタ ブート レコード (MBR)のリセット HP Backup and Recovery Manager がインストールされているコンピュータでハード ディスクをフォー マットし、その後新しいオペレーティング システムをインストールしてマスタ ブート レコード (MBR)をリセットしていない場合、コンピュータを起動するたびに以下のメッセージが表示されま す。Warning: Your system recovery partition was removed. Press F10 to start the system recovery anyway or another key to delete the recovery partition. (警告:システムのリカバリ パー ティションが移動されました。F10 キーを押すとシステムのリカバリが開始されます。別のキーを押 すとリカバリ パーティションが削除されます。 ) JAWW HP Backup and Recovery Manager の管理 11 HP Backup and Recovery Manager は初期設定の MBR を変更するため、Press F11 to restore your system(システムを復元するには F11 キーを押してください。 )というメッセージも表示されます。 リカバリ パーティションが削除された場合、コンピュータを起動するたびに、MBR によってリカバ リ パーティションのエラー メッセージが出力され、どれかのキーを押して起動プロセスを続行する ことが要求されます。このメッセージが表示されないようにするには、MBR を初期値にリセットしま す。 MBR をリセットする方法は次のとおりです。 ● DOS から起動して以下を入力します。 ❑ FDISK /MBR または ❑ GDISK /MBR(ghost から利用可能なユーティリティ) ● WinPE 2. 0 から起動して以下を入力します。Bootsect –nt52 c: ¥force WinPE 2. 0 および bootsect. exe は、Microsoft からダウンロードできる WAIK に収録されていま す。 この手順によってディスク上の他のデータは変更されません。 diskpart で使用できる CLEAN コマンドを使用して、WinPE 環境でディスクを消去することもできま す。 通知 ここでは、リカバリ メディアを作成することをユーザに通知するために表示されるポップアップ ウィ ンドウについて説明します。 通知の基本機能 HP Backup and Recovery Manager のインストール中、すぐにリカバリ ディスク セットを作成し て、メイン ハードディスク ドライブ以外の場所にバックアップを確実に配置することを促すメッセー ジが表示されます。この通知は、一度に 1 週間ずつ延期できます。4 回目の表示では、この通知を永 久に無効にするための追加のオプションが表示されます。 通知メッセージの無効化 リカバリ メディアの作成を促すポップアップ通知を制御できます。 12 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW 通知の延期期間が経過した場合、初期設定の状態では、ユーザがログインすると HP Backup and Recovery によってポップアップ ウィンドウが表示されます。一部のエンド ユーザによるリカバリ メ ディアの作成を許可しない場合は、サポート窓口に連絡して通知ポップアップ ウィンドウを無効にす るためのツールを取得してください。また、以下のレジストリ キーを変更して、通知プログラムの実 行 を 中 止 で き ま す 。 [HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion ¥Run] "Reminder"=注記: リカバリ ディスク セットをすぐに作成することを強くおすすめします。 バックアップ ここでは、バックアップの使用について説明します。 オフライン バックアップ オフライン バックアップおよび復元は必要ありません。 ほとんどのバックアップは、Windows で作成され、WinPE 環境でオフラインで復元されます。例外 は「個別のファイルとフォルダ」バックアップで、これは Windows または WinPE で作成でき、 Windows で復元できます(ただし、WinPE では復元できません) 。 セクタ単位またはファイル単位のバックアップ バックアップは、次のようにセクタ単位またはファイル単位で実行されます。 ● ● ドライブ全体のバックアップおよびイニシャル リカバリ ポイントは、セクタ単位のバックアッ プです。 後続のリカバリ ポイントおよび個別のファイルとフォルダのバックアップは、ファイル単位の バックアップです。 JAWW バックアップ 13 整合性の検証 バックアップの整合性を検証するために、HP Backup and Recovery Manager では、日付、タイム ス タンプ、ファイル サイズ、および属性のチェックを使用します。 バックアップと RAID のサポート HP Backup and Recovery Manager は、ハードウェア RAID(ワークステーションで使用可能)およ びセミ ハードウェア RAID (一部の 2006 デスクトップ モデルで使用可能)をサポートします。 Microsoft Windows XP でダイナミック ディスクやダイナミック ボリュームを作成する機能など、ソ フトウェア RAID はサポートしません。 バックアップの保存場所 バックアップの場所について詳しくは、以下を参照してください。 ● ● ● ● ● エンド ユーザによるインストールの場合、イニシャル リカバリ ポイントは、必ずリカバリ パー ティションに作成されます。 ドライブ全体のバックアップは、ローカルのユーザ パーティションまたはネットワークや他の ドライブなどの外部の場所に作成できます。 リカバリ ポイントは、ユーザ パーティション、セカンダリ ハードディスク ドライブ、ネット ワーク、またはオプティカル メディアに作成できます。 個別のファイルとフォルダのバックアップは、ローカル、またはネットワーク、他のドライブ、 オプティカル メディアなどの外部に作成できます。 工場出荷時のインストールの場合、バックアップ イメージは、最初に Windows パーティション に保存され、ユーザの操作に応じて(Recovery Media Creator の起動、ドライブ全体のバック アップの実行、リカバリ ポイントの作成など) 、後からリカバリ パーティションに移動します。 帯域幅の制限 ネットワークにバックアップするときに帯域幅を制限することはできません。 バックアップのフェールオーバー バックアップが存在する場合、2 番目のローカル ディスクに自動フェールオーバーを実行することは できません。 ローカル ドライブでのドライブ全体のバックアップ ドライブ全体のバックアップが保存されている C:¥System Recovery には、ロックダウンされたフォ ルダがあり、必要に応じて Windows で HP Backup and Recovery Manager を使用してそのバックアッ プを削除することはできません。このため、ローカル ドライブに誤ってドライブ全体のバックアップ を作成し、別のドライブ全体のバックアップを追加で作成しようとした場合、パーティションに十分 な空き領域がない場合はドライブ全体のバックアップのプロセスが中止されます。古いドライブ全体 のバックアップは C:¥ドライブから削除できません。 スケジュール設定されたバックアップ HP Backup and Recovery Manager には、便利なスケジュール ユーティリティがあります。設定後 は、スケジュール設定されたバックアップに対してユーザによる操作は必要ありません。バックアッ 14 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW プ スケジュールをすぐに作成して、継続的にシステムおよびデータのセキュリティを確保することを おすすめします。 スケジューラを選択するには、[スタート]→[すべてのプログラム]→[HP Backup & Recovery]→[HP バックアップ スケジューラ]の順に選択します。 注記: スケジュールを作成するときにパスワードを使用した場合、スケジュール設定された バックアップにユーザによる操作が必要なことがあります。 次のような手動で作成できるバックアップであればどれでもスケジュール設定できます。 ● ● ● リカバリ ポイント ドライブ全体のバックアップ ファイル バックアップ 手動バックアップ HP Backup and Recovery Manager では、手動または自動で個別のファイルのバックアップ、ドライ ブ全体のバックアップ、またはリカバリ ポイントを作成できます。手動バックアップ オプション は、ネットワーク、ハードディスク ドライブ、または CD と DVD にバックアップできる単一のアー カイブを作成するときに便利です。 手動バックアップを実行するには、以下の手順で操作します。 1. [スタート ]→ [ すべてのプログラム ]→ [HP Backup & Recovery]→ [HP Backup and Recovery Manager]の順に選択します。 [次へ]をクリックします。 [システム設定情報と重要ファイルを保護するためにバックアップする]を選択します。 実行するバックアップの種類を選択し、ウィザードの説明に沿って操作します。 リカバリ ポイント HP Backup and Recovery Manager では、ハードディスク ドライブに作成したリカバリ ポイントを 削除するか、CD または DVD に移動して、ハードディスク ドライブの空き領域を確保できます。 リカバリ ポイントは増分のため、1 つのリカバリ ポイントを削除するとそれ以降のすべてのリカバ リ ポイントも削除されます。ただし、リカバリ ポイントの場所はその他の場所に依存しません。た とえば、ネットワーク上に作成されたリカバリ ポイントはそれぞれ増分ですが、外付けのハードディ スク ドライブに保存されたリカバリ ポイントには依存しません。ネットワーク上からリカバリ ポイ ントを削除した場合、影響を受けるのはその場所にあるリカバリ ポイントだけです。 コンポーネントの保存 以下に、各種コンポーネントを保存できる場所の一覧を示します。 ネットワーク ドライブ CD/DVD* セカンダリ ハードディスク ドライブ ○ ○ ファイル バックアップ リカバリ ポイント** ○ ○ ○ ○ JAWW バックアップ 15 ドライブ全体のバックアップ ○ ○ *Recovery Media Creator によって作成されたリカバリ ディスク セットと共にこのディスクを使用して、最後のアーカイブ が作成された時点までシステムを完全に復元できます。 **リカバリ ポイントの作成中、リカバリ ポイントをネットワーク上に保存できます。ただし、CD または DVD のアーカイブ は、そのプロセスとは別に作成されます。 リカバリ HP Backup and Recovery Manager では、HP Backup and Recovery Manager がシステムにプリイン ストールされている場合はコンピュータのハードディスク ドライブを再セットアップできます。 HP Backup and Recovery Manager には、基本的な 2 つのリカバリ方法があります。1 つは、Windows 上のファイルやフォルダのリカバリです。もう 1 つは、コンピュータのリカバリです。これには、リ カバリ パーティションまたはリカバリ ディスク セットからの再起動が必要です。 注記: システム全体を復元しないでファイルを表示して抽出する場合、[個別のファイルおよ びフォルダのバックアップを行う]オプションを使用してファイルとフォルダを保存する必要が あります。 以下の一覧にリカバリに関する情報を記載します。 ● ● 工場出荷時にインストールされるリカバリ パーティションは、出荷されるイメージによって異 なります。一般的なパーティション サイズは 8 GB です。 イニシャル リカバリ ポイントの作成場所を制御することはできません。 リカバリ パーティション リカバリ パーティションには、モデルに応じて、Microsoft オペレーティング システム、HP Restore Plus!、その他の補助製品とリカバリ製品の ISO イメージを含む、工場出荷時にインストールされたす べてのソフトウェアおよびこのシステムに同梱されたすべてのソフトウェアのレコードが格納されま す。HP Backup and Recovery Manager では、このレコードを使用してシステムのハードディスク ド ライブを復元します。リカバリ パーティションを削除するとこのレコードは破棄されます。 必要に応じて、リカバリ パーティションを削除できます。ただし、削除する前に Recovery Media Creator を実行して、すべての ISO イメージを含む、リカバリ パーティション上のソフトウェアの ディスク バックアップを作成してください。 リカバリ パーティションは、NTFS プライマリ パーティションで、ユーザと管理者に対して完全に非 表示ではありません。ただし、このパーティションは保護されていて、ユーザが、Windows エクスプ ローラで内容を表示してファイルに簡単にアクセスできないようにされています。パーティションの どのセクタも不良にマークされません。 16 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW Recovery Media Creator リカバリ ディスク セットの作成は、コンピュータのハードディスク ドライブのセキュリティを確保 するために実行できる最も重要な操作の 1 つです。 1. HP Backup and Recovery Manager を起動します。 [ようこそ]画面が表示された後、[ファクトリーソフトウェアのリカバリ CD または DVD を作成 して、システムを回復します(強く推奨) 。]を選択します。 ウィザードの説明に沿って操作します。 このウィザードでは、リカバリ ディスクを直接作成するか、そのディスクを ISO イメージとしてハー ドディスク ドライブに保存できます。この ISO イメージは後で他のアプリケーションを使用してディ スクに保存できます。 オペレーティング システム WinPE は、完全なコンピュータのリカバリ(F11 キー復元)に使用するメディア オペレーティング システムです。 HP では、diskpart、format などのツールをコマンド ライン プロンプトで使用して、 基礎となるオペレーティング システムにアクセスすることはサポートしていません。 リカバリ パーティションには、WinPE オペレーティング システム、パーティションへの起動に必要 な HP Backup and Recovery ファイル、およびイニシャル リカバリ ポイントが格納されます。工場 出荷時にプリインストールされていた場合、そのパーティションには Microsoft オペレーティング シ ステムおよび Restore Plus!も格納されます。また、デスクトップおよびワークステーションのシステ ムには追加の ISO があります。 リカバリ メディア 一度リカバリ メディア セットを作成した後で、別のセットを作成することはできません。また、リ カバリ パーティションを削除した場合、リカバリ ポイントを作成できません。リカバリ パーティショ ンの削除はデスクトップ システムに重大な影響を与えることに注意してください。Portables には、 以前作成したドライブ全体のバックアップまたはリカバリ ポイントの復元に使用できる Rescue CD があります。ただし、Desktops にはこのような機能がありません。このため、リカバリ パーティショ ンを削除すると、ほとんどの機能が失われます。 リカバリ メディアから起動するとき、WinPE がサポートしているネットワーク ドライバを使用して ネットワークへの接続が可能です。ネットワークは、リカバリ パーティションから起動するときに使 用できますが、オプティカル ディスクに書き込まれたリカバリ メディアから起動するときは使用で きません。 注記: リカバリ ディスク セットの最初のディスクを起動して、ネットワークを参照して以 前作成したバックアップを検索できます。 リカバリ ディスク セットの作成は、ハードディスク ドライブのセキュリティを確保するために実行 できる最も重要な操作の 1 つです。リカバリ ディスク セットを作成するには Recovery Media Creator を使用します。 JAWW リカバリ 17 Recovery Media Creator にアクセスするには、以下の手順で操作します。 1. [スタート ]→ [ すべてのプログラム ]→ [HP Backup & Recovery]→ [HP Backup and Recovery Manager]の順に選択します。 [ようこそ]画面が表示された後、[Create recovery CDs or DVDs to recover the system](シス テムの復元用にリカバリ CD または DVD を作成する)を選択します。 ウィザードの説明に沿って操作します。 このウィザードでは、リカバリ ディスクを直接作成するか、そのディスクを ISO イメージとしてハー ドディスク ドライブに保存できます。この ISO イメージは後で他のアプリケーションを使用してディ スクに保存できます。 注記: このアプリケーションでは、ISO イメージをハードディスク ドライブに保存した後で その ISO イメージをディスクに書き込むことができません。ただし、このアプリケーションで は、リカバリ ディスク セットおよびその他のバックアップまたはリカバリ ポイントのディス クを作成できます。 イニシャル リカバリ ポイントは、リカバリ ディスク セットによってディスクに保存されます。イニ シャル リカバリ ポイントを複数回ディスクに保存することはできません。 復元方法 HP Backup and Recovery Manager には、基本的な 2 つのリカバリ方法があります。1 つは、Windows 上のファイルやフォルダのリカバリです。もう 1 つは、コンピュータのリカバリです。これには、リ カバリ パーティションまたはリカバリ ディスク セットからの再起動が必要です。 リカバリ ウィザードにアクセスするには、以下の手順で操作します。 1. [. . . ] [Welcome to the File Recovery Wizard](ファイル リカバリ ウィザードへようこそ)ウィンド ウで[次へ]をクリックします。[File restore](ファイルの復元)ウィンドウが開きます。 2. 4. ファイル リカバリ ウィザードを使用するのか、詳細リカバリを実行するのかを選択します。 [Wizard](ウィザード)を選択した場合、[次へ]をクリックすると[Select the backup to restore] (復元するバックアップの選択)ウィンドウが表示されます。 [Advanced mode](詳細モード)を選択した場合、手順 10 に進みます。 24 HP Backup and Recovery Manager 管理者ガイド JAWW 5. [Select the backup to restore](復元するバックアップの選択)画面で、復元するバックアッ プ ファイルを選択し、[Add](追加)をクリックします。[次へ]をクリックします。 6. 8. [File restore](ファイルの復元)画面で、選択したバックアップからすべてのファイルを復元す るのか、特定のファイルだけを復元するのかを選択し、[次へ]をクリックします。 特定のファイルの復元を選択した場合、復元するファイルの種類を選択し、[次へ]をクリックし ます。 重複するファイルが見つかったときの処理方法を選択し、[次へ]をクリックします。 JAWW リカバリ 25 9. [Start](開始)をクリックして復元を開始します。 10. [Advanced mode](詳細モード)を選択した場合、ファイル エクスプローラ ウィンドウで開く バックアップ ファイルを選択し、[OK]をクリックします。パスワード ダイアログ ボックスが開 きます。 11. [. . . ]

HP PAVILION P6227ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION P6227のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag