ユーザーズガイド HP PAVILION P6635 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION P6635のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION P6635のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION P6635のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION P6635 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (5801 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION P6635Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] の米国お よびその他の国における商標です。 Microsoft、MS-DOS、Windows、およびWindows NTは、米国Microsoft Corporationの米国 およびその他の国における登録商標です。 その他、本書に掲載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標 です。 本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書の技術的あるいは校正上の 誤り、省略に対して、また本書の適用の結果生じた間接損害を含めいかなる損害につ いても、責任を負いかねますのでご了承ください。本書の内容は、現状有姿のままで 提供されるもので、商品性または特定目的への適合性に関する黙示の保証などを含む いかなる保証も含みません。本書の内容は、将来予告なしに変更されることがありま す。HP 製品に対する保証は、当該製品に付属の限定的保証規定に明示的に記載されて いるものに限られます。本書のいかなる内容も、当該保証に新たに保証を追加するも のではありません。 本書には、著作権によって保護された所有権に関する情報が掲載されています。本書 のいかなる部分も、Hewlett-Packard Companyの書面による承諾なしに複写、複製、ある いは他言語へ翻訳することはできません。 本製品は、日本国内で使用するための仕様になっており、日本国外で使用される場合 は、仕様の変更を必要とすることがあります。 本書に記載されている製品情報は、日本国内で販売されていないものも含まれている 場合があります。 以下の記号は、本文中で安全上重要な注意事項を示します。 Å Ä 警告 : その指示に従わないと、人体への傷害や生命の危険を引き起こす恐れがあると いう警告事項を表します。 注意 : その指示に従わないと、装置の損傷やデータの損失を引き起こす恐れがあると いう注意事項を表します。 コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド Business Desktop 改訂第1版 2003年9月 初版 2003年3月 製品番号 : 312945-292 日本 ヒ ュ ー レ ッ ト ・ パ ッ カ ー ド 株式会社 目次 コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティ . 1 コンピュータ セットアップ (F10)ユーティリティの起動 . [. . . ] 4 システム構成の復元(Restore from Diskette) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 設定を保存せずに終了(Ignore Changes and Exit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 設定を保存して終了(Save Changes and Exit) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 ストレージ(Storage). 5 デバイス構成(Device Configuration) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 ストレージ オプション(Storage Options) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7 IDE DPS セルフテスト(IDE DPS Self-Test) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . バス オプション(Bus Options) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 方法1:フラッシュ ROM CMOSの保管/復元機能:電源スイッチ オーバーライドの使用 . 方法2:[ディスケットに保存](Save to Diskette)および [システム構成の復元](Restore from Diskette). . 13 13 15 15 16 16 17 19 20 20 21 iv www. hp. com/jp コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティは、以下のような操作を 行う場合に使用します。 Q Q Q コンピュータの工場出荷時の設定の変更。 コンピュータ(リアルタイム クロック)の日付(Date)と時刻(Time) の設定。 システム構成(プロセッサ、グラフィックス(ビデオ)、メモリ、オー ディオ、記憶装置、通信ポート、入力装置など)の表示、設定の変更、 または確認。 起動可能なデバイスの起動順序(Boot Order)の変更。起動可能なデバ イスとして、ハードディスク ドライブ、ディスケット ドライブ、オプ ティカル ドライブ、LS-120ドライブなどがあります。 Q Q Q IDE ハードディスク ドライブと SCSI ハードディスク ドライブの起動時 の優先順位の設定。 クイック ブート (QuickBoot) の有効化。 クイック ブートでは、 コンピュー タをすばやく起動できますが、 フル ブートで実行される診断テストの一 部が省略されます。以下のように設定できます。 R R R 常にクイック ブート(デフォルト) 定期的にフル ブート(毎日~30日まで指定可) 常にフル ブート コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド www. hp. com/jp 1 コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ Q POST(Power-On Self Test)メッセージ(POST Message)の有効/無効の選択 による、メッセージの表示状態の変更。非表示モードでは、メモリ カウ ント、製品名、エラーでないその他のテキスト メッセージなど、ほとん どの POST メッセージは表示されません。POST エラーが発生した場合に は、選択した設定に関係なくエラー メッセージが表示されます。POST 実行中に非表示モードから表示モードに切り替えるには、[F1] ~ [F12] キー以外の任意のキーを押してください。 Q オーナーシップ タグ(Ownership Tag)の設定。オーナーシップ タグを 設定しておくと、システムを起動または再起動するたびにコンピュータ の所有者に関する情報が画面上に表示されます。 Q Q Q 会社によって割り当てられたアセット タグ(Asset Tag)または資産ID番 号の設定。 システムの起動時だけでなく、再起動時の電源投入時パスワード入力画 面の有効化。 セットアップ パスワード(Setup Password)の設定。セットアップ パス ワードは、コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティ、および このガイドで説明する設定にアクセスする場合に使用します。 シリアル ポート、USBポート、パラレル ポート、オーディオ、内蔵NIC などの内蔵I/O機能の使用禁止/許可の設定。 Q Q Q Q Q Q マスタ ブート レコード (MBR) セキュリティ (Master Boot Record Security) の有効/無効の設定。 リムーバブル メディアからの起動(Removable Media Boot)の有効/無効 の設定。 リムーバブル メディアへの書き込み(Removable Media Write)の禁止/許 可の設定(ハードウェアでサポートされている場合) 。 POSTで検出されて自動修復できなかったシステム構成のエラーの解決。 リプリケート セットアップ機能の利用。 コンピュータの設定情報をディ スケットに保存し、その情報を使って複数のコンピュータを同じ設定に することができます。 Q Q 特定のIDEハードディスク ドライブのセルフテストの実行(ドライブで サポートされている場合) 。 ドライブロック セキュリティ(DriveLock Security)の有効 / 無効の設定 (マルチベイ ドライブでサポートされている場合) 。 2 www. hp. com/jp コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ ガ イ ド コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ コ ン ピ ュ ー タ セ ッ ト ア ッ プ (F10) ユーテ ィ リ テ ィ の起動 コンピュータ セットアップは、 コンピュータの電源を入れるか再起動するこ とでのみアクセスできます。 コンピュータ セットアップ ユーティリティを起 動するには、以下の手順で操作します。 1. コンピュータの電源を入れるか、再起動します。Microsoft Windows を お使いの場合、[スタート]→[終了オプション](または[シャットダウン]) →[コンピュータを再起動する( ] または[再起動する]) の順に選択します。 2. モニタ ランプが緑色に点灯したら、すぐに[F10]キーを押します。  適切なタイミングで [F10] キーを押せなかったときは、コンピュータの電源 をいったん切ってから入れなおして、もう一度[F10]キーを押してください。 3. [. . . ] モニタ ランプが緑色に点灯したら、すぐに[F10]キーを押します。  適切なタイミングで [F10] キーを押せなかったときは、コンピュータの電源 をいったん切ってから入れなおして、もう一度[F10]キーを押してください。 3. 使用言語をリストから選択し、[Enter]キーを押します。 [コンピュータ セットアップ ユーティリティ ]のメイン画面から4つのメ ニュー([ ファイル ](File)、[ ストレージ ](Storage)、[ セキュリティ ] (Security) 、[カスタム](Advanced) )を選択できます。 5. [. . . ]

HP PAVILION P6635ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION P6635のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag