ユーザーズガイド HP PAVILION SLIMLINE S5615 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION SLIMLINE S5615のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION SLIMLINE S5615のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION SLIMLINE S5615のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION SLIMLINE S5615 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (9581 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION SLIMLINE S5615Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 2–1 2–1 2–1 2–2 3 モニ タ のセ ッ ト ア ッ プ モニタの台の取り付け . 3–6 4 モニ タ の操作 ソフトウェアおよびユーティリティ . [. . . ] A–3 B 技術仕様 v75、MV7540、s7540 17インチ カーブCRTモニタ. Declaration of Conformity for Products Marked with FCC Logo, United States Only . C–1 C–1 C–2 C–3 C–3 C–3 C–3 C–4 iv ユーザ ガ イ ド 1 モニ タ の機能 このカラー モニタは、マイクロプロセッサを搭載したコンピュータに よってデジタル制御されます。使いやすい画面表示(オンスクリーン メ ニュー) を使用して、 好みに応じてモニタの設定を簡単に調節できます。 17インチ(43 cm)CRTモニタには、以下のような機能があります。 Q Q Q Q Q Q 表示領域16インチ(対角長41 cm)のディスプレイ 1024×768(85 Hz)の推奨解像度 画面の上下左右の向きを調整可能 モニタ用のAC電源コード(一部のモデル) VGAアナログ信号ケーブルが付属 スピーカおよび電源アダプタ(一部のモデル) ユーザ ガ イ ド 1–1 モ ニ タ の機能 Q Q Q Q プラグ アンド プレイ機能(システムでサポートされる場合) 設定を簡単にし、画面の最適化を可能にする、オンスクリーン メニューによる画面調節機能。画面表示のすべての要素を調節可能 低消費電力の環境要件に準拠したエナジー セーブ機能 以下の規定に準拠 R R R Q European Union CE Directives Swedish MPR II(一部のモデル) Swedish TCO '03(一部のモデル) ユーザ マニュアル 1–2 ユーザ ガ イ ド 2 安全 と 保守についてのガ イ ド ラ イ ン 安全についてのガ イ ド ラ イ ン 電源要件 お使いのモニタには電源コードが付属しています。別のコードを使用す る場合は、適切な電源および接続先のみを使用してください。モニタに 接続する適切な電源コードについては、 付録Cの 「電源コードの要件」 を 参照してください。 安全に関する重要な情報 Å Å 警告 : 感電や装置の損傷を防止するため、必ず電源コードのアース端子 を使用して接地してください。電源コードは、モニタの近くの手が届き やすい場所にある電源コンセントに接続してください。アース端子は、 製品を安全に使用するために欠かせないものです。 警告 : 安全のために、電源コードは、モニタの近くの手が届きやすい場 所にあるコンセントに接続してください。 モニタから完全に電源を切る 必要があるときは、 プラグ部分をしっかりと持ってコンセントから電源 コードを抜いてください。コードを引っ張って抜かないでください。 ユーザーズ ガ イ ド 2–1 安全 と 保守についてのガ イ ド ラ イ ン Ä 注意 : モニタおよびコンピュータの保護のために、コンピュータおよび 周辺装置(モニタ、プリンタ、スキャナなど)のすべての電源コードを マルチソケットや無停電電源装置(UPS)などのサージ防止機能のある サージ保安器に接続してください。 すべてのマルチソケットがサージに 対応しているわけではありません。 サージ防止機能のあるマルチソケッ トをお使いになることをお勧めします。 保守に関するガ イ ド ラ イ ン モニタの性能を向上させ長く使い続けるために、以下のガイドラインに 従ってください。 Q モニタのキャビネットを開けたり自分でモニタを修理したりしない でください。正常に動作しない場合や、モニタを落としたり破損し たりした場合には、 電源コードを抜いてから HP のサポート窓口に お問い合わせください。 Q Q Q Q このマニュアルに記載してある機能に対してのみ調整を行ってくだ さい。 モニタは壁やその他の囲いから最低 76 mm 離れた場所に設置してく ださい。 外部電源は、モニタ裏面のラベルに記載された条件に適合するもの を使用してください。 コンセントに接続する機器の定格電流の合計がコンセントの許容電 流を、またコードに接続する機器の定格電流の合計がコードの許容 電流を超えないようにしてください。各機器の定格電流(AMPS ま たはA)は本体に貼付された電源のラベルに記載されています。 Q モニタは、手が届きやすい場所にある電源コンセントの近くに設置 します。電源コードを電源コンセントから外すときは、必ずプラグ をしっかりと持って抜きます。コードを引っ張って抜かないでくだ さい。 2–2 ユーザーズ ガ イ ド 安全 と 保守についてのガ イ ド ラ イ ン Q モニタを使用していないときには、モニタの電源を切るようにして ください。 スクリーン セーバ プログラムを使用したり、 モニタを使 用していないときに電源を切るようにしたりすると、モニタを長く お使いいただけます。 Q モニタを清掃するときには、必ず電源コードを電源コンセントから 外します。液体クリーナやスプレー式クリーナは使わずに、軽く湿 らせた布で拭いてください。布で拭いただけでは画面の汚れがとれ ない場合には、静電防止用の市販のCRTクリーナを使います。 Ä 注意 : ベンジン、シンナー、アンモニアなどの揮発性の溶剤を使ってモ ニタや画面を拭かないでください。このような化学薬品を使うと、キャ ビネット表面や画面が損傷することがあります。 Q キャビネットのスロットや開口部は通気のために必要です。スロッ トや開口部をふさいだり覆ったりしないでください。また、異物を 押し込んだりしないでください。 Q Q Q Q 水分や汚れが通気孔に入ることがあるので、モニタの上に植木鉢を 載せないでください。 モニタを落としたり、 不安定な台の上に置いたりしないでください。 電源コードの上に物を置いたり、電源コードを足で踏んだりしない でください。 モニタは通気のよい場所に設置し、過度の光熱や湿気にさらさない ようにします。また、大容量のトランスやモーターなど強い磁気を 発生する機器の近くに置かないでください。 Q 2台のモニタを1つのシステムに接続する場合は、相互の干渉を少な くするために2台のモニタをできるだけ離して設置してください。 ユーザーズ ガ イ ド 2–3 安全 と 保守についてのガ イ ド ラ イ ン Q モニタの前面を下に向けて置かないでください。 フロント パネルの ボタンやモニタの画面が損傷することがあります。 2–4 ユーザーズ ガ イ ド 3 モニ タ のセ ッ ト ア ッ プ モニ タ の台の取 り 付け 1. 底面が上になるようにして、モニタを静かに置きます。 台のフックをモニタの底部のソケットに合わせて、台を取り付けま す。 動かなくなるまで台をモニタの前面の方へ押します。 モニ タ の台の取 り 外 し モニタを台から取り外す必要がある場合は、底面が上になるようにモニ タを置いてから、以下の手順を実行します。 1. 6. コントロール ノブAで、 スピーカの電源を入れて音量を調節します。 サブウーファを使用している場合は、 サブウーファのオーディオ プ ラグをスピーカのサブウーファ コネクタBに差し込みます。 7. 必要に応じて、 ヘッドフォンを右のコントロール スピーカのヘッド フォン コネクタ(図にありません)に接続します。 3–4 ユーザ ガ イ ド モ ニ タ のセ ッ ト ア ッ プ 小型スピーカ 1. コントロール スピーカがモニタの向かって右側に位置するように、 スピーカ セットをモニタの近くに置きます。 スピーカの電源アダプタ ケーブルをコントロール スピーカの背面 にある黒のコネクタに接続してから、 ACアダプタを電源コンセント に接続します。 3. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures: Q Q Q Reorient or relocate the receiving antenna. Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected. C–1 ユーザ ガ イ ド 規定に関す る ご注意 Q Consult the dealer or an experienced radio or television technician for help. Modifications The FCC requires the user to be notified that any changes or modifications made to this device that are not expressly approved by Hewlett Packard Company may void the user's authority to operate the equipment. Cables Connections to this device must be made with shielded cables with metallic RFI/EMI connector hoods to maintain compliance with FCC Rules and Regulations. Declaration of Conformity for Products Marked with FCC Logo, United States Only This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. [. . . ] For questions regarding your product, contact: Hewlett Packard Company P. Box 692000, Mail Stop 530113 Houston, Texas 77269-2000 Or, call 1-800- 652-6672 For questions regarding this FCC declaration, contact: Hewlett Packard Company P. [. . . ]

HP PAVILION SLIMLINE S5615ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION SLIMLINE S5615のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag