ユーザーズガイド HP PAVILION SLIMLINE S5728 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION SLIMLINE S5728のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION SLIMLINE S5728のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION SLIMLINE S5728のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION SLIMLINE S5728 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (9581 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION SLIMLINE S5728Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 4 盗難からの保護 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 機密データへのアクセス制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 内部または外部からの不正なアクセスの防止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 強力なパスワード ポリシーの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 48 スマート カードの電源投入時認証サポートの有効/無効の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 内蔵セキュリティの電源投入時認証サポートの有効/無効の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49 DriveLock によるハードディスク ドライブ保護の有効/無効の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 50 ドライブロックの使用法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50 ドライブロックの使用例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50 [Computer Setup]のパスワードの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51 電源投入時パスワードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51 電源投入時パスワードの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52 セットアップ パスワードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52 セットアップ パスワードの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[HP ProtectTools]→[Backup and Restore](バックアップおよび復元)の順 にクリックします。 右側のパネルで、 [Backup Options] (バックアップ オプション)をクリックします。 [HP ProtectTools Backup Wizard](HP ProtectTools バックアップ ウィザード)が起動します。画面 の説明に沿って操作し、証明情報をバックアップします。 バックアップ オプションの設定 1. Windows へのログオン用に指紋を登録してある場合は、指を押し当ててログオンします。 Windows へのログオン用に指紋を登録していない場合は、画面の左上隅にある指紋アイコンの 隣のキーボード アイコンをクリックします。[Credential Manager Logon Wizard](証明情報マネ ージャ ログオン ウィザード)が起動します。 [User name](ユーザ名)の矢印→自分の名前の順にクリックします。 [Password](パスワード)ボックスにパスワードを入力して[Next](次へ)をクリックします。 [More](詳細)→[Wizard Options](ウィザード オプション)の順に選択します。 a. 次回コンピュータにログオンした時にこの名前を初期設定のユーザ名にする場合は、[Use last user name on next logon](前回のユーザ名を次のログオン時に使用)チェック ボッ クスにチェックを入れます。 このログオン ポリシーを初期設定の認証方法にする場合は、[Use last policy on next logon] (前回のポリシーを次のログオン時に使用)チェック ボックスにチェックを入れます。 3. 6. 画面に表示される説明に沿って操作します。認証情報が正しい場合は、Windows アカウントお よび Credential Manager にログオンします。 JAWW 一般的なタスク 17 アカウントの追加 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Credential Manager](証明情報マネージャ)→[Services and Applications] (サービスおよびアプリケーション)の順にクリックします。 右側のパネルで、[Windows Logon](Windows のログオン)→[Add a Network Account](ネッ トワーク アカウントの追加)の順にクリックします。[Add Network Account Wizard](ネットワ ーク アカウントの追加ウィザード)が起動します。 画面に表示される説明に沿って操作します。 4. アカウントの削除 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Credential Manager](証明情報マネージャ)→[Services and Applications] (サービスおよびアプリケーション)の順にクリックします。 右側のパネルで、[Windows Logon](Windows のログオン)→[Manage Network Accounts] (ネットワーク アカウントの管理)の順にクリックします。[Manage Network Accounts]ダイア ログ ボックスが表示されます。 削除するアカウントをクリックして[Remove](削除)をクリックします。 確認ダイアログ ボックスで[Yes](はい)をクリックします。 [OK]をクリックします。 4. 6. シングルサインオンの使用 Credential Manager には、複数のインターネットおよび Windows プログラム用のユーザ名とパスワー ドを格納し、ユーザが登録されたプログラムにアクセスすると自動的にログオン証明情報を入力す る、シングルサインオン機能があります。 注記: シングルサインオンの重要な機能は、セキュリティとプライバシです。証明情報はすべて暗 号化されており、Credential Manager へのログオンに成功した後にだけ使用できます。 注記: セキュリティ保護されたサイトまたはプログラムにログオンする前に、Java Card、指紋認 証システム、またはトークンを使用して認証証明情報を検証するように、シングルサインオンを設定 することもできます。この機能は、銀行口座番号などの個人情報が含まれているプログラムまたは Web サイトにログオンする場合に特に有効です。詳しくは、26 ページの 「Credential Manager の 設定」を参照してください。 新しいアプリケーションの登録 Credential Manager では、Credential Manager にログオンしている間に起動するアプリケーションを すべて登録するよう要求されます。アプリケーションを手動で登録することもできます。 自動登録の使用 1. ログオンが必要なアプリケーションを起動します。 プログラムまたは Web サイトのパスワード ダイアログ ボックスで[Credential Manager SSO] (証明情報マネージャ シングルサインオン)アイコンをクリックします。 プログラムまたは Web サイトのパスワードを入力して [OK] をクリックします。 [Credential Manager Single Sign On](証明情報マネージャ シングルサインオン)ダイアログ ボックスが 開きます。 18 第 2 章 Credential Manager for HP ProtectTools JAWW 4. [More](詳細)をクリックして以下のオプションのどれかを選択します。 ● ● ● ● ● [Do not use SSO for this site or application. ](このサイトまたはアプリケーションではシン グルサインオン(SSO)を使用しない。 ) [Prompt to select account for this application. ](このアプリケーションのアカウントの選択 画面を表示する。 ) [Fill in credentials but do not submit. ](証明情報を入力するが送信はしない。 ) [Authenticate user before submitting credentials. ](証明情報を送信する前にユーザ認証を行 う。 ) [Show SSO shortcut for this application. ](このアプリケーションの SSO ショートカットを 表示する。 ) 5. [Yes](はい)をクリックして、登録を完了します。 手動(ドラッグ アンド ドロップ)登録の使用 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Credential Manager](証明情報マネージャ)→[Services and Applications] (サービスおよびアプリケーション)の順にクリックします。 右側のパネルで、[Single Sign On](シングルサインオン)→[Register New Application](新 しいアプリケーションの追加)の順にクリックします。[SSO Application Wizard](SSO アプリ ケーション ウィザード)が起動します。 画面に表示される説明に沿って操作します。 4. アプリケーションおよび証明情報の管理 アプリケーション プロパティの変更 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Credential Manager](証明情報マネージャ)→[Services and Applications] (サービスおよびアプリケーション)の順にクリックします。 右側のパネルの [Single Sign On] (シングルサインオン)で、 [Manage Applications and Credentials](アプリケーションおよび証明情報の管理)をクリックします。 変更するアプリケーション エントリをクリックして[Properties]. (プロパティ)をクリックしま す。 [General](全般)タブをクリックして、アプリケーション名および説明を変更します。該当す る設定の横にあるチェック ボックスにチェックを入れるか外して、設定を変更します。 [Script](スクリプト)タブをクリックして、SSO アプリケーション スクリプトを表示し、編集 します。 [OK]をクリックします。 シングルサインオンからのアプリケーションの削除 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Credential Manager](証明情報マネージャ)→[Services and Applications] (サービスおよびアプリケーション)の順にクリックします。 JAWW 一般的なタスク 19 3. 6. 右側のパネルの [Single Sign On] (シングルサインオン)で、 [Manage Applications and Credentials](アプリケーションおよび証明情報の管理)をクリックします。 削除するアプリケーション エントリをクリックして[Remove](削除)をクリックします。 確認ダイアログ ボックスで[Yes](はい)をクリックします。 [OK]をクリックします。 アプリケーションのエクスポート アプリケーションをエクスポートして、シングルサインオン アプリケーション スクリプトのバック アップ コピーを作成できます。このファイルは、後でシングルサインオン データの復元に使用でき ます。これは、証明情報だけが含まれている ID バックアップ ファイルを補うものとして機能します。 アプリケーションをエクスポートするには、以下の手順で操作します。 1. [. . . ] [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[BIOS Configuration](BIOS 設定)→[Security](セキュリティ)の順にクリ ックします。 右側のパネルの[Password options](パスワード オプション)で、[Stringent Security](厳重 なセキュリティ)を有効または無効にします。 注記: 厳重なセキュリティを無効にする場合は、[Enable Stringent Security](厳重なセキュ リティの有効化)チェック ボックスのチェックを外します。 4. [HP ProtectTools]ウィンドウで[Apply](適用)→[OK]の順にクリックします。 Windows 再起動時の電源投入時認証の有効/無効の設定 このオプションを使用すると、Windows の再起動時にユーザに電源投入時、TPM、またはスマート カードの各パスワードの入力を要求することでセキュリティを強化できます。 Windows の再起動時の電源投入時認証を有効または無効にするには、以下の手順で操作します。 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[BIOS Configuration](BIOS 設定)→[Security](セキュリティ)の順にクリ ックします。 右側のパネルの [Password options] (パスワード オプション)で、 [Require password on restart](再起動時のパスワードの要求)を有効または無効にします。 [HP ProtectTools]ウィンドウで[Apply](適用)→[OK]の順にクリックします。 JAWW 高度なタスク 53 6 Drive Encryption for HP ProtectTools 注意: Drive Encryption モジュールをアンインストールする場合は、まず、暗号化されたすべての ドライブの暗号化を解除する必要があります。そうしないと、Drive Encryption 復元サービスに登録 していない限り、暗号化されたドライブ上のデータにアクセスできなくなります(58 ページの 「復元」を参照してください) 。Drive Encryption モジュールを再インストールしても、暗号化された ドライブにはアクセスできません。 54 第 6 章 Drive Encryption for HP ProtectTools JAWW 暗号化の管理 ドライブの暗号化 1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[HP ProtectTools Security Manager](HP ProtectTools セ キュリティ マネージャ)の順に選択します。 左側のパネルで、[Drive Encryption](ドライブの暗号化)→[Encryption Management](暗号 化の管理)の順にクリックします。 右 側 の パ ネ ル で 、 [Activate] ( 有 効 に す る ) を ク リ ッ ク し ま す 。 [Drive Encryption for HP ProtectTools Wizard](Drive Encryption for HP ProtectTools ウィザード)が起動します。 画面の説明に沿って操作し、暗号化を有効にします。 注記: リカバリ情報を保存するためのディスケット、フラッシュ ストレージ デバイス、また はその他の USB 接続ストレージ メディアを指定する必要があります。 暗号化の変更 1. [. . . ]

HP PAVILION SLIMLINE S5728ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION SLIMLINE S5728のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag