ユーザーズガイド HP PAVILION SLIMLINE S5780 Â

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PAVILION SLIMLINE S5780のユーザマニュアルを入手できます。 HP PAVILION SLIMLINE S5780のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PAVILION SLIMLINE S5780のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PAVILION SLIMLINE S5780 Â: ユーザーガイドを完全にダウンロード (9581 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PAVILION SLIMLINE S5780Â

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 12 ドライブの交換またはアップグレード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 ドライブの位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 システム ボードのドライブ接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 5. 25 インチ オプティカル ドライブの取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 15 5. 25 インチ オプティカル ドライブの取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 3. 5 インチ メディア カード リーダーまたはディスケット ドライブの取り外し . . . . . . . . . . . . . . 19 3. 5 インチ ハードディスク ドライブの取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 セキュリティ ロックの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23 付録 A 仕様 付録 B バッテリの交換 付録 C コンピュータ操作のガイドラインおよび手入れと運搬時の注意 コンピュータ操作のガイドラインおよび手入れに関する注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 オプティカル ドライブの使用上の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 操作および取り扱いに関する注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 クリーニングの際の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 安全にお使いいただくためのご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 運搬時の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ガイド用ネジは、ドライブ左側面の上部の穴に取り付けてください。 図 2-12 オプティカル ドライブへのガイド用ネジの取り付け 2. ドライブのガイド用ネジとシャーシのスロットの位置を合わせます。オプティカル ドライブを ドライブ ベイの奥に向けてスライドさせ、ドライブ右側面の 2 つのネジ穴とドライブ ケージ右 側面の 2 つのネジ穴がぴったり合うように位置づけます。 ドライブ ケージ右側面のネジ穴から固定ネジを入れ、オプティカル ドライブ右側面の対応する ネジ穴を通して締めることにより、オプティカル ドライブを固定します。 注記: シャーシ前面のパネルの裏側に、全部で 8 本の予備の固定ネジがあります。そのうち 4 本は No. 6-32 インチネジで、他の 4 本は M3 メートル式ネジ(ミリネジ)です。インチネジは銀 色で、ハードディスク ドライブに使用します。ミリネジは黒く、他のすべてのドライブに使用 します。 3. JAWW ドライブの交換またはアップグレード 17 4. ドライブ ケージを支えているラッチを押し込み、ドライブ ケージを完全に下ろします。 図 2-13 ドライブ ケージを下ろす 5. オプティカル ドライブの電源ケーブルとデータ ケーブルを接続します。 18 第 2 章 ハードウェアのアップグレード JAWW 3. 5 インチ メディア カード リーダーまたはディスケット ドライブの取り外し 外付け 3. 5 インチ ドライブ ベイには、メディア カード リーダーまたはディスケット ドライブを取り 付けられます。取り外し手順はどちらのデバイスでも共通です。 1. コンピュータが開かれないよう保護しているセキュリティ デバイスをすべて取り外します。 ディスケットや CD などのすべてのリムーバブル メディアをコンピュータから取り出します。 オペレーティング システムを適切な手順でシャットダウンし、コンピュータおよび外付けデバ イスの電源をすべて切ります。 電源コードを電源コンセントおよびコンピュータから抜き、すべての外付けデバイスとの接続を 外します。 警告! コンピュータが電源コンセントに接続されていると、電源が入っていなくてもシステ ム ボードには常に電気が流れています。感電や火傷の危険がありますので、電源コードが電源 コンセントから抜き取ってあること、および本体内部の温度が下がっていることを確認してくだ さい。 5. コンピュータのアクセス パネルとフロント パネルを取り外します。 「5 ページの 「コンピュータ のアクセス パネルおよびフロント パネルの取り外し」 」を参照してください。 メディア カード リーダーを取り外す場合は、システム ボードから内部 USB ケーブルを抜き取 ります。ディスケット ドライブを取り外す場合は、電源ケーブルおよびデータ ケーブルをドラ イブの背面から抜き取ります。 ドライブをドライブ ベイに固定している 2 本の固定ネジを取り外し(1) 、ドライブを前方向に スライドさせてベイから引き出します(2) 。 図 2-14 3. 5 インチ デバイスの取り外し(メディア カード リーダーの場合) 7. ドライブを取り付けるには、取り外しの手順を逆の順序で実行します。 JAWW ドライブの交換またはアップグレード 19 注記: 3. 5 インチ外付けドライブ ベイにドライブを初めて取り付ける場合は、マイナスドライバを 使用して、ベイを覆っている金属製シールドをこじ開ける必要があります。 1. メディア カード リーダーまたはディスケット ドライブをドライブ ベイの奥に向けてスライドさ せ、ドライブ左側面の 2 つのネジ穴とドライブ ケージ左側面の 2 つのネジ穴がぴったり合うよ うに位置づけます。 ドライブ ケージ左側面のネジ穴から固定ネジを入れ、メディア カード リーダーまたはディス ケット ドライブ左側面の対応するネジ穴を通して締めることにより、リーダーまたはドライブ を固定します。 注記: ドライブ ケージのネジ穴はドライブの種類ごとに、メディア カード リーダー用は 「CR」 、ディスケット ドライブ用は「FDD」と書かれています。 シャーシ前面のパネルの裏側に、全部で 8 本の予備の固定ネジがあります。そのうち 4 本は No. 6-32 インチネジで、他の 4 本は M3 メートル式ネジ(ミリネジ)です。インチネジは銀色で、 ハードディスク ドライブに使用します。ミリネジは黒く、他のすべてのドライブに使用します。 3. ドライブ ケージを支えているラッチを押し込み、ドライブ ケージを完全に下ろします。 図 2-15 ドライブ ケージを下ろす 2. 4. USB ケーブル(1)とメディア カード リーダーを接続します。または電源ケーブルおよびデー タ ケーブルとディスケット ドライブを接続します。 3. 5 インチ ハードディスク ドライブの取り外し 注意: ハードディスク ドライブを取り外す前に、HP Backup and Recovery Manager を使用してリ カバリ ディスク セットを作成し、ハードディスク ドライブ上の個人用ファイルを外部記憶装置にバッ クアップしてください。そうしないと、データが損失することがあります。また、ハードディスク ド ライブを交換した後は、工場出荷時にインストールされているファイルをリカバリ ディスク セット から読み込む必要があります。 1. コンピュータが開かれないよう保護しているセキュリティ デバイスをすべて取り外します。 ディスケットや CD などのすべてのリムーバブル メディアをコンピュータから取り出します。 オペレーティング システムを適切な手順でシャットダウンし、コンピュータおよび外付けデバ イスの電源をすべて切ります。 電源コードを電源コンセントおよびコンピュータから抜き、すべての外付けデバイスとの接続を 外します。 20 第 2 章 ハードウェアのアップグレード JAWW 警告! コンピュータが電源コンセントに接続されていると、電源が入っていなくてもシステ ム ボードには常に電気が流れています。感電や火傷の危険がありますので、電源コードが電源 コンセントから抜き取ってあること、および本体内部の温度が下がっていることを確認してくだ さい。 5. コンピュータのアクセス パネルとフロント パネルを取り外します。 「5 ページの 「コンピュータ のアクセス パネルおよびフロント パネルの取り外し」 」を参照してください。 電源ケーブルおよびデータ ケーブルをハードディスク ドライブの背面から取り外します。 ドライブをドライブ ベイに固定している 2 本の固定ネジを取り外し(1) 、ドライブを後方にス ライドさせてベイから引き出します(2) 。 図 2-16 3. 5 インチ ハードディスク ドライブの取り外し 注記: す。 ドライブを交換する場合は、元のドライブのガイド用ネジを新しいドライブに取り付けま ハードディスク ドライブを取り付けるには、取り外しの手順を逆の順序で実行します。 1. ガイド用ネジは、ドライブ右側面の中央の穴に取り付けてください。 図 2-17 ハードディスク ドライブのガイド用ネジの取り付け 2. ドライブのガイド用ネジとシャーシのスロットの位置を合わせます。ハードディスク ドライブ をドライブ ベイの後方から中に向かってスライドさせ、ドライブ左側面の 2 つのネジ穴とドラ イブ ケージ左側面の 2 つのネジ穴がぴったり合うようにします。 ドライブ ケージ左側面のネジ穴から固定ネジを入れ、ハードディスク ドライブ左側面の対応す るネジ穴を通して締めることにより、ドライブを固定します。 注記: シャーシ前面のパネルの裏側に、全部で 8 本の予備の固定ネジがあります。そのうち 4 本は No. 6-32 インチネジで、他の 4 本は M3 メートル式ネジ(ミリネジ)です。インチネジは銀 色で、ハードディスク ドライブに使用します。ミリネジは黒く、他のすべてのドライブに使用 します。 3. JAWW ドライブの交換またはアップグレード 21 4. ドライブ ケージを支えているラッチを押し込み、ドライブ ケージを完全に下ろします。 図 2-18 ドライブ ケージを下ろす 5. ハードディスク ドライブの電源ケーブルとデータ ケーブルを接続します。 22 第 2 章 ハードウェアのアップグレード JAWW セキュリティ ロックの取り付け コンピュータ背面にはオプションのセキュリティ ロックを取り付けられるようになっていて、コン ピュータの物理的なセキュリティを実現します。 図 2-19 セキュリティ ロックの取り付け 注記: お使いのコンピュータのモデルによっては、セキュリティ ロック スロットの位置が異なる 場合があります。 JAWW セキュリティ ロックの取り付け 23 A 仕様 表 A-1 仕様 寸法(横置き時) 高さ 幅 奥行き 質量(概算) 温度範囲 動作時 非動作時 50°~ 95°F -22°~ 140°F 10°~ 35°C -30°~ 60°C 3. 86 インチ 13. 19 インチ 15. 23 インチ 14. 05 ポンド 9. 8 cm 33. 5 cm 38. 7 cm 6. 51 kg 注記: 動作温度は、継続的に直射日光の当たらない環境で、海抜 3, 000 m まで 300 m ごとに 1. 0℃下がります。 最大変化率は 10℃/時です。取り付けられたオプションの種類および数によって、上限が異なります。 相対湿度(結露せず) 動作時 非動作時(38. 7℃最高、湿球) 動作保証高度(非圧縮) 動作時 非動作時 電源 動作電圧 1 定格電圧範囲 周波数 電源出力 定格入力電流(最大)1 1 10 ~ 90% 5 ~ 95% 10, 000 フィート 30, 000 フィート 115 V 90 ~ 140 VAC 100 ~ 127 VAC 50/60 Hz 250 W 7 A(100 VAC の場合) 3, 048 m 9, 144 m 230 V 180 ~ 264 VAC 200 ~ 240 VAC 50/60 Hz 3. 5 A(200 VAC の場 合) このシステムは、電圧自動補正電源を採用しています。この機能により、欧州連合加盟国でこのシステムを使用する場合の CE マークの要件を満たしています。また、電圧自動補正電源により電圧選択スイッチが不要なため、スイッチは搭載され ていません。 24 付録 A 仕様 JAWW B バッテリの交換 お使いのコンピュータに付属のバッテリは、リアルタイム クロックに電力を供給するためのもので す。バッテリは消耗品です。バッテリを交換するときは、コンピュータに最初に取り付けられていた バッテリと同等のバッテリを使用してください。コンピュータに付属しているバッテリは、3 V のボ タン型リチウム バッテリです。 警告! お使いのコンピュータには、二酸化マンガン リチウム バッテリが内蔵されています。バッ テリの取り扱いを誤ると、火災や火傷などの危険があります。怪我をすることがないように、次の点 に注意してください。 バッテリを充電しないでください。 バッテリを 60℃を超える場所に放置しないでください。 バッテリを分解したり、つぶしたり、ショートさせたり、火中や水に投じたりしないでください。 交換用のバッテリは、必ず HP が指定したものを使用してください。 注意: バッテリを交換する前に、コンピュータの CMOS 設定のバックアップを作成してくださ い。バッテリが取り出されたり交換されたりするときに、CMOS 設定がクリアされます。CMOS 設 定のバックアップについて詳しくは、 『コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティ ガイド』 を参照してください。 静電気の放電により、コンピュータやオプションの電子部品が破損することがあります。以下の手順 を始める前に、アースされた金属面に触れるなどして、身体にたまった静電気を放電してください。 注記: リチウム バッテリの寿命は、コンピュータを電源コンセントに接続することで延長できま す。リチウム バッテリは、コンピュータが AC 電源に接続されていない場合にのみ使用されます。 HP では、使用済みの電子機器や HP 製インク カートリッジのリサイクルを推奨しています。日本で のリサイクル プログラムについて詳しくは、 http://h50055. www5. hp. com/ipg/supplies/recycling/ hardware/jp/ja/index. asp を参照してください。 1. コンピュータが開かれないよう保護しているセキュリティ デバイスをすべて取り外します。 ディスケットや CD などのすべてのリムーバブル メディアをコンピュータから取り出します。 オペレーティング システムを適切な手順でシャットダウンし、コンピュータおよび外付けデバ イスの電源をすべて切ります。 電源コードを電源コンセントから抜き、コンピュータからすべての外付けデバイスを取り外しま す。 注意: システムが電源コンセントに接続されている場合、電源が入っているかどうかに関係な く、システム ボードには常に電気が流れています。コンピュータの内部部品の損傷を防ぐた め、必ず電源コードを抜いてください。 5. [. . . ] ガイド用ネジは、ドライブ右側面の中央の穴に取り付けてください。 図 2-17 ハードディスク ドライブのガイド用ネジの取り付け 2. ドライブのガイド用ネジとシャーシのスロットの位置を合わせます。ハードディスク ドライブ をドライブ ベイの後方から中に向かってスライドさせ、ドライブ左側面の 2 つのネジ穴とドラ イブ ケージ左側面の 2 つのネジ穴がぴったり合うようにします。 ドライブ ケージ左側面のネジ穴から固定ネジを入れ、ハードディスク ドライブ左側面の対応す るネジ穴を通して締めることにより、ドライブを固定します。 注記: シャーシ前面のパネルの裏側に、全部で 8 本の予備の固定ネジがあります。そのうち 4 本は No. 6-32 インチネジで、他の 4 本は M3 メートル式ネジ(ミリネジ)です。インチネジは銀 色で、ハードディスク ドライブに使用します。ミリネジは黒く、他のすべてのドライブに使用 します。 3. JAWW ドライブの交換またはアップグレード 21 4. ドライブ ケージを支えているラッチを押し込み、ドライブ ケージを完全に下ろします。 図 2-18 ドライブ ケージを下ろす 5. ハードディスク ドライブの電源ケーブルとデータ ケーブルを接続します。 22 第 2 章 ハードウェアのアップグレード JAWW セキュリティ ロックの取り付け コンピュータ背面にはオプションのセキュリティ ロックを取り付けられるようになっていて、コン ピュータの物理的なセキュリティを実現します。 図 2-19 セキュリティ ロックの取り付け 注記: お使いのコンピュータのモデルによっては、セキュリティ ロック スロットの位置が異なる 場合があります。 JAWW セキュリティ ロックの取り付け 23 A 仕様 表 A-1 仕様 寸法(横置き時) 高さ 幅 奥行き 質量(概算) 温度範囲 動作時 非動作時 50°~ 95°F -22°~ 140°F 10°~ 35°C -30°~ 60°C 3. 86 インチ 13. 19 インチ 15. 23 インチ 14. 05 ポンド 9. 8 cm 33. 5 cm 38. 7 cm 6. 51 kg 注記: 動作温度は、継続的に直射日光の当たらない環境で、海抜 3, 000 m まで 300 m ごとに 1. 0℃下がります。 最大変化率は 10℃/時です。取り付けられたオプションの種類および数によって、上限が異なります。 相対湿度(結露せず) 動作時 非動作時(38. 7℃最高、湿球) 動作保証高度(非圧縮) 動作時 非動作時 電源 動作電圧 1 定格電圧範囲 周波数 電源出力 定格入力電流(最大)1 1 10 ~ 90% 5 ~ 95% 10, 000 フィート 30, 000 フィート 115 V 90 ~ 140 VAC 100 ~ 127 VAC 50/60 Hz 250 W 7 A(100 VAC の場合) 3, 048 m 9, 144 m 230 V 180 ~ 264 VAC 200 ~ 240 VAC 50/60 Hz 3. 5 A(200 VAC の場 合) このシステムは、電圧自動補正電源を採用しています。この機能により、欧州連合加盟国でこのシステムを使用する場合の CE マークの要件を満たしています。また、電圧自動補正電源により電圧選択スイッチが不要なため、スイッチは搭載され ていません。 24 付録 A 仕様 JAWW B バッテリの交換 お使いのコンピュータに付属のバッテリは、リアルタイム クロックに電力を供給するためのもので す。バッテリは消耗品です。バッテリを交換するときは、コンピュータに最初に取り付けられていた バッテリと同等のバッテリを使用してください。コンピュータに付属しているバッテリは、3 V のボ タン型リチウム バッテリです。 警告! お使いのコンピュータには、二酸化マンガン リチウム バッテリが内蔵されています。バッ テリの取り扱いを誤ると、火災や火傷などの危険があります。怪我をすることがないように、次の点 に注意してください。 バッテリを充電しないでください。 バッテリを 60℃を超える場所に放置しないでください。 バッテリを分解したり、つぶしたり、ショートさせたり、火中や水に投じたりしないでください。 交換用のバッテリは、必ず HP が指定したものを使用してください。 注意: バッテリを交換する前に、コンピュータの CMOS 設定のバックアップを作成してくださ い。バッテリが取り出されたり交換されたりするときに、CMOS 設定がクリアされます。CMOS 設 定のバックアップについて詳しくは、 『コンピュータ セットアップ(F10)ユーティリティ ガイド』 を参照してください。 静電気の放電により、コンピュータやオプションの電子部品が破損することがあります。以下の手順 を始める前に、アースされた金属面に触れるなどして、身体にたまった静電気を放電してください。 注記: リチウム バッテリの寿命は、コンピュータを電源コンセントに接続することで延長できま す。リチウム バッテリは、コンピュータが AC 電源に接続されていない場合にのみ使用されます。 HP では、使用済みの電子機器や HP 製インク カートリッジのリサイクルを推奨しています。日本で のリサイクル プログラムについて詳しくは、 http://h50055. www5. hp. com/ipg/supplies/recycling/ hardware/jp/ja/index. asp を参照してください。 1. コンピュータが開かれないよう保護しているセキュリティ デバイスをすべて取り外します。 ディスケットや CD などのすべてのリムーバブル メディアをコンピュータから取り出します。 オペレーティング システムを適切な手順でシャットダウンし、コンピュータおよび外付けデバ イスの電源をすべて切ります。 電源コードを電源コンセントから抜き、コンピュータからすべての外付けデバイスを取り外しま す。 注意: システムが電源コンセントに接続されている場合、電源が入っているかどうかに関係な く、システム ボードには常に電気が流れています。コンピュータの内部部品の損傷を防ぐた め、必ず電源コードを抜いてください。 5. コンピュータのアクセス パネルを取り外します。 システム ボード上のバッテリおよびバッテリ ホルダの位置を確認します。 JAWW 25 注記: 一部のモデルのコンピュータでは、バッテリを交換する時に、内部部品を取り外す必要 があります。 7. システム ボード上のバッテリ ホルダの種類に応じて、以下の手順に沿ってバッテリを交換しま す。 タイプ 1 a. [. . . ]

HP PAVILION SLIMLINE S5780ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PAVILION SLIMLINE S5780のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag