ユーザーズガイド HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVER STORAGEWORKS NAS 1500S AND 500S V1.0 ADMINISTRATION GUIDE (SEPTEMBER 2004)

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP PROLIANT ML110 STORAGE SERVERのユーザマニュアルを入手できます。 HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVERのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVERのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVER STORAGEWORKS NAS 1500S AND 500S V1.0 ADMINISTRATION GUIDE (SEPTEMBER 2004): ユーザーガイドを完全にダウンロード (4135 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVER STORAGEWORKS NAS 500S V1.0 INSTALLATION GUIDE (SEPTEMBER 2004) (1773 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVER STORAGEWORKS NAS 1500S AND 500S V1.0 ADMINISTRATION GUIDE (SEPTEMBER 2004)

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 管理者ガ イ ド hp StorageWorks NAS 1500s/500s 製品バージ ョ ン : 1 初版 (2004 年 9 月) 製品番号 : 372607-191 本書では、 HP StorageWorks NAS 1500s/500s サーバを管理する ために必要な管理 タ ス ク に関する情報を提供 し ま す。 概要のほか、 管理手順を説明 し ます。 © Copyright 2004 Hewlett-Packard Development Company, L. P. Hewlett-Packard Company は、 本書についていかな る保証 (商品性および特定の目的のための適合性に関する黙示の保証を含む) も与え る も のではあ り ません。 Hewlett-Packard Company は、 本書中の誤 り に対 し て、 また本書の供給、 機能ま たは使用に関連 し て生 じ た付随的損害、 派生的損害または間接的損害を含めいかな る損害について も、 責任を負いかねますので ご了承 く だ さ い。 本書には、 著作権に よ っ て保護 さ れている機密情報が掲載 さ れています。 本書のいかな る部分も、 Hewlett-Packard の事前の書面によ る承諾な し に複写、 複製、 あ るいは他の言語に翻訳する こ と はで き ません。 本書の内容は、 将来予告な し に変更 さ れる こ と があ り ます。 Hewlett-Packard Company 製品およびサービ スに対する保証については、 当該製品およびサービ スの保証規定書に記載 さ れています。 本書の いかな る内容 も、 新たな保証を追加する ものではあ り ません。 Microsoft®、 MS Windows®、 Windows®、 および Windows NT® は、 米国における Microsoft Corporation の登録商標です。 UNIX® は、 The Open Group の登録商標です。 本書の内容につ き ま し ては万全を期 し てお り ますが、 本書中の技術的あ るいは校正上の誤 り 、 省略に対 し て、 責任を負いかねますので ご了承 く だ さ い。 本書の内容は、 そのま まの状態で提供 さ れる も ので、 いかな る保証 も含みません。 本書の内容は、 将来予告な し に変更 さ れる こ と があ り ます。 Hewlett-Packard Company 製品に対する保証については、 当該製品に付属の限定保証書に記載 さ れています。 本書のいかな る内 容も、 新たな保証を追加する も のではあ り ません。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 初版 (2004 年 9 月) 製品番号 : 372607-191 目次 本書について . 9 対象読者 . . 9 表記上の規則 . [. . . ] サーバを シ ャ ッ ト ダ ウ ン し て自動的に再起動す る には、 [ 再起動 ] を ク リ ッ ク し ま す。 サーバを シ ャ ッ ト ダ ウ ン し て電源を切 る には、 [ シ ャ ッ ト ダウ ン ] を ク リ ッ ク し ま す。 シ ャ ッ ト ダ ウ ン の ス ケ ジ ュ ールを設定す る には、 [ スケジ ュ ール さ れたシ ャ ッ ト ダウ ン ] を ク リ ッ ク し ます。 いずれを選択 し て も 、 確認 メ ッ セージが表示 さ れます。 確認 し た ら 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 注記 : ク ラ イ ア ン ト コ ン ピ ュ ー タ は、 シ ャ ッ ト ダウンの前に警告 メ ッ セージ を受け取 り ません。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 21 基本的な管理手順およびセ ッ ト ア ッ プの完了 監査ログの表示 と 保守 NAS サーバには、 各種の監査 ロ グがあ り ます。 シ ス テ ム イ ベン ト は、 カ テ ゴ リ 別に 7 種類 の ロ グに分かれてい ます。 WebUI か ら ロ グにア ク セ スす る には、 [ メ ン テナ ン ス ]、 [ ロ グ ] の順に選択 し ます。 [ ロ グ ] メ ニ ュ ーが表示 さ れ ます。 図 7: [ ロ グ ] メ ニ ュ ー 図 7 に示す よ う に、 各種の ロ グがあ り ます。 ロ グ ご と に、 表示、 消去、 印刷、 保存のオプシ ョ ン があ り ます。 注記 : 2 MB を超え る ログ フ ァ イルを表示する と きは、 WebUI を使用 し ないで く だ さ い。 [ ログ ] プ ロ パテ ィ を選択 し て最大 フ ァ イル サイ ズを調整するか、 フ ァ イルを ダウン ロー ド し て表示 し て く だ さ い。 注記 : NFS ログはデ フ ォル ト では無効 と な っ ています。 NFS ロ グ を有効にする には、 NAS 管理 コ ン ソ ールを使用 し ます。 ログ フ ァ イルがい っぱいにな る と 、 NFS は記録を停止 し ます。 22 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 基本的な管理手順およびセ ッ ト ア ッ プの完了 リ モー ト デス ク ト ッ プの使用 WebUI にあ る リ モー ト デス ク ト ッ プ を使用す る と 、 さ ら にシ ス テ ム を リ モー ト 管理で き 、 他社製の認定アプ リ ケーシ ョ ン を使用で き ます。 認定アプ リ ケーシ ョ ン と は、 た と えば、 バ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト ウ ェ アや ウ ィ ル ス駆除プ ロ グ ラ ム な ど を いい ます。 WebUI か ら リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン を開 く には、 [ メ ン テナ ン ス ]、 [ リ モー ト デ ス ク ト ッ プ ] の順に選択 し て、 リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン を開 き ます。 適切なパ ス ワ ー ド を入力 し て、 サーバに ロ グオ ン し ます。 図 8: リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン 注意 : 2 つの リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン を同時に開いて動作 さ せる こ と がで き ます。 ア プ リ ケーシ ョ ンが終了 し た ら、 ウ ィ ン ド ウを閉 じ る機能 ( ) を使用 し て、 リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン を閉 じ ないで く だ さ い。 リ モー ト デス ク ト ッ プ を終了するには、 [ ス タ ー ト ] メ ニ ュ ーから 、 [Administrator のログオ フ ] の順に ク リ ッ ク し て く だ さ い。 リ モー ト デス ク ト ッ プ終了時の注意事項 アプ リ ケーシ ョ ン メ ニ ュ ーを使用 し てプ ロ グ ラ ム を終了 し た り 、 リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン を ロ グオ フ し た り せずに、 ブ ラ ウ ザを閉 じ る と 、 特定の操作でユーテ ィ リ テ ィ が 実行 さ れた ま ま にな る こ と があ り ます。 リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ンは同時に 2 つま で実行で き ますが、 一方のセ ッ シ ョ ン を不正終了す る と 、 リ モー ト デス ク ト ッ プ セ ッ シ ョ ン が消費 し 尽 く さ れて し ま う こ と があ り ます。 セ ッ シ ョ ンやプ ロ セ ス を終了す る には、 [ ス タ ー ト ] メ ニ ュ ーか ら [ プ ロ グ ラ ム ]、 [ 管理ツール ] の順に ク リ ッ ク し 、 タ ー ミ ナル サービ ス マネージ ャ を起動 し ます。 注記 : タ ー ミ ナル サービ ス マネージ ャは、 直接接続 さ れた コ ン ソ ールから実行 し て く だ さ い。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 23 基本的な管理手順およびセ ッ ト ア ッ プの完了 電子 メ ールに よ る ア ラ ー ト 通知のセ ッ ト ア ッ プ 特定の イ ベン ト ロ グ メ ッ セージ と 同 じ よ う に、 電子 メ ールに よ る メ ッ セージが通知 さ れ る のは、 WebUI の ス テー タ ス バーま たは WebUI の状態ページに生成 さ れ る ア ラ ー ト お よ び一 部の イ ベン ト ロ グ メ ッ セージに限 ら れます。 一部のア ラ ー ト (サーバの再起動な ど) は、 要 求の開始に WebUI を使用 し た場合にのみ生成 さ れます。 た と えば WebUI を使用 し て再起動 を開始 し た場合は、 再起動の発生を知 ら せ る 電子 メ ールが生成 さ れ ます。 Windows Storage Server 2003 の ス ケ ジ ュ ー ラ ーやデス ク ト ッ プか ら 再起動を開始 し た場合は、 電子 メ ールは生 成 さ れません。 ス テー タ ス バーま たは状態ページに表示 さ れ る メ ッ セージは、 以下の分野に 限 ら れ ます。 ■ WebUI ア ラ ー ト — NTBackup に よ る バ ッ ク ア ッ プの開始 — NTBackup に よ る 復元の開始 — 最適化の開始 — UPS の電源障害 — 再起動の保留 — シ ャ ッ ト ダ ウ ン の保留 — 未設定の DFS — 未設定の日付 と 時刻 — 証明書な し — ク ォ ー タ 管理のア ラ ー ト ■ イ ベン ト ロ グ メ ッ セージ — NTBackup の情報 — UPS の電源障害 — UPS の電源復旧 — UPS の無効な設定 — UPS シ ス テ ムのシ ャ ッ ト ダ ウ ン — ク ォ ー タ 管理のア ラ ー ト こ のオプシ ョ ン を ア ク テ ィ ブにす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. WebUI か ら [ メ ン テナ ン ス ] を選択 し ます。 次に [ 通知電子 メ ール ] を選択 し ます。 [ 通 知電子 メ ールの設定 ] ページが表示 さ れます。 [ 通知電子 メ ールを有効にする ] を選択 し ます。 送信す る メ ッ セージ タ イ プ を指定 し ます。 ■ ■ ■ Critical alerts (重大な通知) Warning alerts (警告の通知) Informational alerts (情報通知) 4. 5. 該当す る ボ ッ ク ス に送信先の電子 メ ール ア ド レ ス を入力 し ます。 すべての設定を入力 し た ら 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 24 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 基本的な管理手順およびセ ッ ト ア ッ プの完了 シ ス テムのネ ッ ト ワー ク 設定の変更 ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ パテ ィ の入力や管理は、 [ ネ ッ ト ワー ク ] メ ニ ュ ーか ら 実行 し ます。 こ れ ら の設定のほ と ん ど は、 ラ ピ ッ ド ス タ ー ト ア ッ プ プ ロ セ ス の一環 と し て入力 し ます。 た と えば、 こ の メ ニ ュ ーか ら 、 NAS サーバを ド メ イ ンに追加 し ます。 こ れ ら の設定については、 オ ン ラ イ ン ヘルプ を使用で き ます。 図 9 に、 [ ネ ッ ト ワ ー ク ] メ ニ ュ ーを示 し ます。 図 9: ネ ッ ト ワー ク メ ニ ュ ー NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 25 基本的な管理手順およびセ ッ ト ア ッ プの完了 セ ッ ト ア ッ プの完了 NAS デバ イ ス を セ ッ ト ア ッ プ し 、 基本的な設定が終了 し た ら 、 追加セ ッ ト ア ッ プ手順を完了 す る 必要があ り ます。 こ れ ら の手順は、 NAS デバ イ ス の配備シナ リ オに よ っ て異な り ます。 追加セ ッ ト ア ッ プ手順の内容は、 次の と お り です。 ■ ■ ■ シ ス テ ム ス ト レージの管理 ユーザー と グループの作成 と 管理 フ ァ イ ル共有の作成 と 管理 こ れ ら の各セ ッ ト ア ッ プ手順について、 次の項で説明 し ます。 シ ス テム ス ト レージの管理 NAS 管理者は、 デ ィ ス ク の管理ユーテ ィ リ テ ィ を使用 し てボ リ ュ ーム を管理 し 、 シ ャ ド ウ コ ピーを使用 し て ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を管理 し ます。 シ ス テ ム ス ト レージの管理に関す る 詳細 については、 以下の章を参照 し て く だ さ い。 ■ ■ ■ 第 3 章は、 デ ィ ス ク の管理手順について説明 し てい ます。 第 4 章は、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト (シ ャ ド ウ コ ピー) の管理手順について説明 し てい ます。 第 6 章は、 フ ォ ルダ と 共有の管理手順について説明 し てい ます。 ユーザー と グループの作成 と 管理 ユーザー と グループの情報 と ア ク セ ス権は、 ユーザーが フ ァ イ ルにア ク セ ス で き る か ど う か を決定 し ます。 NAS デバ イ ス を ワー ク グループ環境に配備す る と 、 こ のユーザー / グループ 情報はデバ イ ス に ロ ーカル保存 さ れ ます。 こ れに対 し て、 NAS デバ イ ス を ド メ イ ン環境に配 備す る と 、 ユーザー / グループ情報は ド メ イ ンに保存 さ れます。 ロ ーカルのユーザー / グループ情報を入力す る には、 第 5 章を参照 し て く だ さ い。 フ ァ イル共有の作成 と 管理 ユーザー と グループの フ ァ イ ル ア ク セ ス を許可 し た り 、 制御す る には、 フ ァ イ ル共有を セ ッ ト ア ッ プす る 必要があ り ます。 フ ァ イ ル共有の管理に関す る 完全な情報については、 第 7 章 を参照 し て く だ さ い。 UNIX 固有の情報については、 「Microsoft Services for NFS」 の章に説明があ り ます。 26 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 3 WebUI を使用す る こ と に よ り 、 ス ト レージ エ レ メ ン ト の作成 と NAS OS への提供プ ロ セ ス が容易にな り ます。 こ の章では、 ボ リ ュ ーム の管理のための WebUI コ ン テ ン ツ について説 明 し ます。 WebUI の [ デ ィ ス ク ] タ ブ 図 10 に示す メ イ ン Web ページでは、 デ ィ ス ク と ボ リ ュ ームの作成が容易に行え ます。 管理 者は、 こ のページか ら WebUI を使用 し てボ リ ュ ーム を作成 し 、 管理で き ます WebUI を使用 し てボ リ ュ ーム を管理す る には、 [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 図 10: [ デ ィ ス ク ] タ ブ NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 27 ボ リ ュ ームの管理 [ デ ィ ス ク ] タ ブには、 NAS デバ イ ス を構成す る ための以下の タ ス ク 項目があ り ます。 表 2: [ デ ィ ス ク ] タ ブ オプ シ ョ ン オプ シ ョ ン [Adaptec Storage Manager] [ ボ リ ュ ーム ] タスク 管理対象のシス テム、 コ ン ト ロー ラ、 デ ィ ス ク グループ な ど に関 し て、 論理 ド ラ イ ブ を管理 し 、 情報を表示 し ます。 ク ォ ー タ を有効化 し 、 デ ィ ス ク最適化のスケジ ュ ールを行い、 [ 管理 ] 項目を使用 し た詳細なボ リ ュ ーム管理を実行する こ と によ っ て、 デ ィ ス ク容量の使用を管理 し ます。 ボ リ ュ ーム上の共有フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピーを管理 し ま す。 シ ャ ド ウ コ ピーは、 共有 さ れているデー タ の読み取 り 専 用コ ピーですが、 前のバージ ョ ンのフ ァ イルを表示 し た り 、 必要に応 じ て復元 し た り する ための方法を提供 し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] デ ィ ス クの管理ユーテ ィ リ テ ィ [ ボ リ ュ ーム ] 画面で [ ア ド バン ス ド ボ リ ュ ーム マネージ メ ン ト ] ボ タ ン を選択す る と 、 Administrator ロ グ イ ン後に、 デ ィ ス ク の管理ユーテ ィ リ テ ィ が開 き ます。 デ ィ ス ク の管理ツールは、 ハー ド デ ィ ス ク やボ リ ュ ーム、 ま たはそれ ら が含ま れ る パーテ ィ シ ョ ン を初期化す る ために使用 さ れ ます。 デ ィ ス ク の管理を使用 し て、 デ ィ ス ク の初期化、 ボ リ ュ ーム の作成、 FAT、 FAT32、 ま たは NTFS フ ァ イ ル シ ス テ ム に よ る ボ リ ュ ーム の フ ォ ーマ ッ ト 、 お よ びフ ォ ール ト ト レ ラ ン ス対応デ ィ ス ク シ ス テ ム の作成が行え ます。 シ ス テ ム を再起動 し た り 、 ユーザーの作業を中断 さ せた り す る こ と な く 、 デ ィ ス ク の管理を使 用 し てデ ィ ス ク に関連す る タ ス ク のほ と ん ど を実行で き 、 構成の変更のほ と ん ど は直ちに有 効にな り ます。 こ の製品の使用方法に関す る 支援が提供 さ れ る 、 完全なオ ン ラ イ ン ヘルプ機 能がデ ィ ス ク の管理ユーテ ィ リ テ ィ に付属 し てい ます。 図 11: デ ィ ス ク の管理ユーテ ィ リ テ ィ 28 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 注記 : デ ィ ス クの管理ユーテ ィ リ テ ィ がア ク セス さ れる と 、 リ モー ト デス ク ト ッ プ接続は専用モー ド と みな さ れ、 サーバ上のデ ィ ス ク と ボ リ ュ ームを管理する ためだけに使用 さ れます。 セ ッ シ ョ ンのオー プ ン中に、 ほかのページに移動する と 、 セ ッ シ ョ ンは閉 じ ます。 注記 : デ ィ ス クの管理 ([Disk Management]) を閉 じ た と き、 リ モー ト デス ク ト ッ プ接続セ ッ シ ョ ンが ログオ フ する ま でに し ば ら く 時間がかか り ます。 デ ィ ス クの管理のガ イ ド ラ イ ン デ ィ ス ク と ボ リ ュ ーム を管理す る と き には、 以下のガ イ ド ラ イ ン に従っ て く だ さ い。 ■ ■ デ ィ ス ク の管理ユーテ ィ リ テ ィ に含ま れ る オ ン ラ イ ン ヘルプ を参照 し て く だ さ い。 プ ラ イ マ リ OS C: お よ びセ カ ン ダ リ OS D: と い う 名前のオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム デ ィ ス ク は変更 し ないで く だ さ い。 意味の通 る ボ リ ュ ーム ラ ベルを使用す る ために、 可能であれば、 ボ リ ュ ーム ラ ベルに組 み込む対象の ド ラ イ ブ文字を指定 し ます。 た と えば、 ボ リ ュ ーム F: の場合は 「デ ィ ス ク F:」 と い う 名前を付け ます。 識別す る 唯一の手段がボ リ ュ ーム ラ ベルであ る と い う 場合 も 多 く 見 ら れます。 シ ス テ ム の ク イ ッ ク リ ス ト アに備え て、 すべてのボ リ ュ ーム ラ ベル と ド ラ イ ブ文字を記 録 し てお き ます。 ベーシ ッ ク デ ィ ス ク を管理す る 場合、 デ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク に変更 し ない限 り 、 拡張 で き る のはデ ィ ス ク 上の最後のパーテ ィ シ ョ ンだけにな り ます。 シ ス テ ム を オ フ ラ イ ン に し た り 、 デー タ を 消失 し た り す る こ と な く 、 ベーシ ッ ク デ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク に変換で き ますが、 変換作業中はボ リ ュ ーム を使用で き な く な り ます。 ベーシ ッ ク デ ィ ス ク には、 プ ラ イ マ リ パーテ ィ シ ョ ン を 4 つ (ま たはプ ラ イ マ リ パー テ ィ シ ョ ン を 3 つ と 拡張パーテ ィ シ ョ ン を 1 つ) ま で入れ る こ と がで き ます。 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト 、 パフ ォ ーマ ン ス、 最適化のサポー ト を最善の状態にす る には、 16 K の割 り 当てサ イ ズで ド ラ イ ブ を フ ォ ーマ ッ ト し ます。 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト 、 暗号化、 圧縮を最高レベルで提供で き る ため、 NTFS 形式で フ ォー マ ッ ト さ れた ド ラ イ ブの使用をおすすめ し ます。 ベーシ ッ ク デ ィ ス ク だけが FAT ま たは FAT32 と し て フ ォ ーマ ッ ト で き ます。 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 注記 : デー タ ボ リ ュ ームは、 デ フ ォル ト で、 4 台のデ ィ ス ク にまたがっ たハー ド ウ ェ ア RAID-5 ベース の基本パーテ ィ シ ョ ン と し て構成 さ れ、 16 KB のア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト サイ ズを使用 し て NFTS で フ ォ ーマ ッ ト さ れます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 29 ボ リ ュ ームの管理 [Adaptec Storage Manager] サーバやス ト レージ エ ン ク ロ ージ ャ に ロ ーカルま たは リ モー ト で イ ン ス ト ール さ れてい る コ ン ト ロ ー ラ を、 [Adaptec Storage Manager ] を使っ て設定、 管理、 監視 し ます。 こ のアプ リ ケーシ ョ ン では、 詳 し いヘルプ シ ス テ ム が利用で き ます。 図 12: [Adaptec Storage Manager] 30 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 [ボ リ ュ ーム] ページ [ ボ リ ュ ーム ] ページでは、 管理者は、 ボ リ ュ ームの管理、 最適化の ス ケ ジ ュ ール、 ク ォー タ の設定や管理について選択で き ます。 [ボ リ ュ ーム] ページには、 NTFS で フ ォーマ ッ ト さ れたボ リ ュ ーム がすべて表示 さ れ ます。 ボ リ ュ ーム タ イ プ (た と えばシ ン プル ま たは ス パ ン) や FAT32 ま たは FAT で フ ォ ーマ ッ ト さ れたボ リ ュ ームは表示 さ れ ません。 こ れ ら の種 類のボ リ ュ ーム を表示す る には、 [ 管理 ] ボ タ ン を ク リ ッ ク し ます。 図 13: [ ボ リ ュ ーム ] タ ブ 表 3: [ボ リ ュ ーム] ページのオブ ジ ェ ク ト / タ ス ク セ レ ク タ オプ シ ョ ン [ ア ド バン ス ド ボ リ ュ ーム マネージ メ ント ] [ 最適化のスケ ジ ュ ール . . . ] [ 既定の ク ォ ー タ の 設定 . . . ] [ ク ォータ エン ト リ の設定 . . . ] タスク デ ィ ス クの管理ユーテ ィ リ テ ィ を表示 し ます。 選択 さ れたボ リ ュ ームの最適化を スケジ ュ ール し ます。 ボ リ ュ ームの使用を管理する ために ク ォ ー タ を設定 し ます。 こ のページの 設定は、 新 し いユーザー と これま でユーザー ク ォ ー タ エ ン ト リ が設定 さ れていなかっ たユーザーに適用 さ れます。 ユーザー ク ォ ー タ エ ン ト リ の一覧を表示 し ます。 新 し い ク ォ ー タ エ ン ト リ を作成、 ク ォ ー タ エ ン ト リ を削除、 ク ォ ー タ エ ン ト リ のプ ロパテ ィ を 表示 し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 31 ボ リ ュ ームの管理 最適化のスケジ ュ ール 最適化は、 ロ ーカル ボ リ ュ ーム を分析 し 、 断片化 さ れた フ ァ イ ルやフ ォ ルダがボ リ ュ ーム上 で 1 つの連続 し た領域に ま と ま る よ う に連結す る プ ロ セ ス です。 こ れに よ っ て、 フ ァ イ ル シ ス テ ムのパフ ォ ーマ ン ス が向上 し ます。 最適化は、 フ ァ イ ル と フ ォ ルダ を連結 し 、 ボ リ ュ ー ム上の空 き 領域を連結 し ます。 こ のため、 新 し い フ ァ イ ルが断片化 さ れ る 可能性が低 く な り ます。 ボ リ ュ ーム の最適化は、 都合の よ い と き に自動的に行われ る よ う に ス ケ ジ ュ ールで き ます。 最適化は 1 回ま たは繰 り 返 し 実行 さ れ る よ う に設定で き ます。 ボ リ ュ ーム の最適化を ス ケ ジ ュ ールす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 最適化を ス ケ ジ ュ ールす る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 タ ス ク の一覧か ら [ 最適化のスケジ ュ ール ] を選択 し ます。 [ (ボ リ ュ ーム名) の最適化のスケジ ュ ールの管理 ] ページで、 [ こ のボ リ ュ ームの最適 化を スケジ ュ ールする ] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を選択 し ます。 周期を [1 回のみ ]、 [ 毎週 ] ま たは [ 毎月 ] の中か ら 選択 し ます。 残 り の コ ン ト ロ ールを使用 し て、 最適化を いつ行 う か を指定 し ます。 使用で き る コ ン ト ロ ールは、 選択 さ れ る 周期に よ っ て異な り ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] を ク リ ッ ク し ます。 最適化を無効にす る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 タ ス ク の一覧か ら [ 最適化のスケジ ュ ール ] を選択 し ます。 [ (ボ リ ュ ーム名) の最適化のスケジ ュ ールの管理 ] ページで [ こ のボ リ ュ ームの最適化 を スケジ ュ ールする ] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス の選択を解除 し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 ボ リ ュ ーム に対す る 最適化を削除す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 注記 : 特定の時刻前に実行する最適化を スケジ ュ ールする こ と によ っ て、 その時刻以降に最適化プ ロ セスが実行 さ れるのを防ぐ こ と がで き ます。 その時刻にな っ た と き に最適化プ ロ セスが実行 さ れていた 場合、 プ ロ セスは停止 さ れます。 こ の設定は、 サーバ ア ク セスの要求が増え る前に、 最適化プ ロ セス を必ず終了 さ せるのに役立ち ます。 シ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ てい る ボ リ ュ ーム を最適化す る 場合、 フ ォ ーマ ッ ト 時の ク ラ ス タ (ま たはア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト ) サ イ ズは 16 KB 以上を使用 し て く だ さ い。 16 KB 以上 を使用 し ない と 、 最適化がシ ャ ド ウ コ ピー プ ロ セ ス に よ る 変更 と し て登録 し ます。 こ れに よ っ て、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルの上限に達 し た と き に、 シ ャ ド ウ コ ピーに ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を強制的に削除 さ せ る 変更の回数が増え ます。 注意 : ア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト サイ ズは、 ド ラ イ ブ を再 フ ォ ーマ ッ ト し ない と 変更で き ませ ん。 再 フ ォ ーマ ッ ト さ れた ド ラ イ ブ上のデー タ は復旧で き ません。 32 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 注記 : NTFS 圧縮がサポー ト さ れるのは、 ク ラ ス タ サイ ズが 4 KB 以下の場合だけです。 デ ィ スク ク ォータ デ ィ ス ク ク ォ ー タ は、 ボ リ ュ ーム で使用 さ れ る デ ィ ス ク 容量を追跡お よ び制御 し ます。 注記 : フ ォルダまたは共有のサイ ズを制限するには第 6 章の 「デ ィ レ ク ト リ ク ォ ー タ 」 を参照 し て く だ さ い。 以下の タ ス ク を実行す る ために、 サーバ上でボ リ ュ ーム を構成 し ます。 ■ デ ィ ス ク 容量が大量に使用 さ れ る の を防ぎ、 ユーザーが特定のデ ィ ス ク 容量の制限を超 え た と き に イ ベン ト を ロ グに記録 し ます。 ユーザーが指定 さ れたデ ィ ス ク 容量警告レベルを超え た場合、 イ ベン ト を ロ グに記録 し ます。 ■ デ ィ ス ク ク ォ ー タ を有効に し た場合、 デ ィ ス ク ク ォ ー タ 制限 と デ ィ ス ク ク ォ ー タ 警告レベ ルの両方を設定で き ます。 デ ィ ス ク ク ォ ー タ 制限は、 ユーザーが使用を許可 さ れ る デ ィ ス ク 容量を指定 し ます。 警告レベルは、 ユーザーが ク ォー タ 制限に近づ く 時点を指定 し ます。 た と えば、 ユーザーのデ ィ ス ク ク ォ ー タ を 50 MB に、 警告レベルを 45 MB に設定 し ます。 こ の場合、 ユーザーがボ リ ュ ーム上で保存で き る のは 50 MB 未満にな り ます。 ユーザーがボ リ ュ ーム に 46 MB 以上保存 し た場合、 デ ィ ス ク ク ォ ー タ はシ ス テ ム イ ベン ト を ロ グに記録 し ます。 ま た、 ユーザーが ク ォ ー タ 制限を超え ら れ る よ う に指定で き ます。 ク ォー タ を有効に し 、 デ ィ ス ク 容量の使用を制限 し ない と 、 ユーザーのボ リ ュ ームへのア ク セ ス を許可 し なが ら 、 各ユーザーのデ ィ ス ク 容量の使用を追跡で き ます。 ま た、 ユーザーが ク ォ ー タ の警告レベル ま たは ク ォ ー タ 制限を超え た と き に、 イ ベン ト を ロ グに記録す る か し ないか を指定で き ま す。 ボ リ ュ ーム に対 し てデ ィ ス ク ク ォ ー タ を有効に し た場合、 ボ リ ュ ーム の使用量がその時点か ら 自動的に追跡 さ れますが、 既存のボ リ ュ ーム ユーザーに適用 さ れ る デ ィ ス ク ク ォ ー タ は あ り ません。 既存のボ リ ュ ーム ユーザーに対 し てデ ィ ス ク ク ォ ー タ を適用す る には、 [ ク ォー タ エ ン ト リ ] ページに新 し い ク ォ ー タ を追加 し ます。 ク ォ ー タ 管理の有効化 ボ リ ュ ーム上でデ ィ ス ク ク ォー タ を有効に し た場合、 各ユーザーの ク ォ ー タ 管理設定に応 じ て、 すべてのユーザーのデ ィ ス ク ボ リ ュ ーム使用量が別々に監視、 追跡 さ れます。 ボ リ ュ ーム上での ク ォ ー タ 管理を有効にす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] を ク リ ッ ク し ます。 管理す る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 タ ス ク の一覧で [ 既定の ク ォ ー タ の設定 . . . ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] ページの [ 既定の ク ォ ー タ ] で [ ボ リ ュ ームの使用の管理に ク ォ ー タ 制限 を使用する ] を選択 し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 33 ボ リ ュ ームの管理 6. 9. 必要に応 じ て [ ク ォ ー タ 制現を超過 し たユーザーのデ ィ ス ク 割 り 当て を拒否する ] を選 択 し て制限を有効に し ます。 こ のボ リ ュ ーム上の新 し いユーザー用に、 デフ ォ ル ト の ク ォ ー タ 制限 と 警告レベルを指 定 し ます。 ロ グに記録す る ク ォ ー タ イ ベン ト を指定 し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 注記 : ボ リ ュ ーム上でデ ィ ス ク ク ォ ー タ を有効にする と 、 ボ リ ュ ームへの書き込みア ク セス権を持ち、 ク ォ ー タ 制限を超えていないユーザーが、 そのボ リ ュ ームにデー タ を保存で き ます。 ク ォ ー タ が有効に な っ たボ リ ュ ームに対 し て、 ユーザーが初めてデー タ を書き込んだ と き、 ク ォ ー タ シ ス テムに よ っ て デ ィ ス ク容量の制限 と 警告レ ベルのデ フ ォル ト 値が自動的に割 り 当て られます。 ボ リ ュ ーム上で ク ォ ー タ 管理を無効にす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] を ク リ ッ ク し ます。 管理す る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 タ ス ク の一覧で [ 既定の ク ォ ー タ の設定 . . . ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ロー カル デ ィ ス ク (ボ リ ュ ーム名) の既定の ク ォ ー タ ] ページで、 [ ボ リ ュ ームの使用 の管理に ク ォ ー タ 制限を使用する ] のチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス の選択を解除 し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 ユーザー ク ォ ー タ エ ン ト リ の設定 [ ユーザー ク ォ ー タ の設定 ] ページ を使用 し て、 管理者は、 サーバ上のユーザーに対 し て デ ィ ス ク を設定、 削除、 ま たは変更で き ます。 サーバ上の ク ォ ー タ エ ン ト リ を設定ま たは変 更す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ボ リ ュ ーム ] を ク リ ッ ク し ます。 管理す る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 タ ス ク の一覧で [ ク ォ ー タ エ ン ト リ の設定 . . . ] を ク リ ッ ク し ます。 34 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 図 14: ユーザー ク ォ ー タ の設定 新 し いユーザー ク ォ ー タ エ ン ト リ を作成す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. [ 新 し い ク ォ ー タ エ ン ト リ . . . ] を ク リ ッ ク し ます。 ユーザーを選択 し ます。 制限を設定 し ます。 警告レベルを設定 し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 35 ボ リ ュ ームの管理 図 15: 新 し い ク ォ ー タ エ ン ト リ の追加 ク ォ ー タ エ ン ト リ を変更す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. 変更す る ク ォ ー タ を選択 し ます。 [ プ ロパテ ィ ] を ク リ ッ ク し ます。 制限を変更 し ます。 警告レベルを変更 し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 変更す る ク ォ ー タ を選択 し ます。 [ 削除 ] を ク リ ッ ク し ます。 ク ォ ー タ エ ン ト リ を削除す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 36 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ボ リ ュ ームの管理 DiskPart DiskPart. exe は、 管理者がデ ィ ス ク 、 パーテ ィ シ ョ ン、 ま たはボ リ ュ ーム を管理で き る テ キ ス ト モー ド の コ マ ン ド イ ン タ ープ リ タ です。 list コ マ ン ド を使用す る 場合は、 フ ォーカ ス のあ る オブジ ェ ク ト の横にア ス タ リ ス ク (*) が 表示 さ れ ます。 デ ィ ス ク 0、 パーテ ィ シ ョ ン 1、 ボ リ ュ ーム 3、 ま たはボ リ ュ ーム C な ど の 番号ま たは ド ラ イ ブ文字を選択す る と 、 デ ィ ス ク オブジ ェ ク ト が選択 さ れます。 オブジ ェ ク ト を選択す る と 、 別のオブジ ェ ク ト を選択す る ま で、 フ ォ ーカ ス はそのオブジ ェ ク ト にあ り ます。 た と えば、 フ ォ ーカ ス をデ ィ ス ク 0 に設定 し てか ら 、 デ ィ ス ク 2 のボ リ ュ ーム 8 を選択す る と 、 フ ォーカ ス はデ ィ ス ク 0 か ら デ ィ ス ク 2 のボ リ ュ ーム 8 に移動 し ます。 一部の コ マ ン ド は自動的に フ ォーカ ス を変更 し ます。 た と えば、 新 し いパーテ ィ シ ョ ン を作成す る と 、 フ ォ ーカ ス は自動的に新 し いパーテ ィ シ ョ ン に切 り 替わ り ます。 選択 し たデ ィ ス ク のパーテ ィ シ ョ ン だけに フ ォ ーカ ス を与え る こ と がで き ます。 パーテ ィ シ ョ ンに フ ォ ーカ ス があ る 場合、 関連す る ボ リ ュ ームがあれば、 そのボ リ ュ ーム も フ ォ ーカ ス を持ち ます。 ボ リ ュ ームに フ ォ ーカ ス があ る 場合、 そのボ リ ュ ームが単一の固有なパー テ ィ シ ョ ン にマ ッ プ さ れてい る 限 り 、 関連す る デ ィ ス ク と パーテ ィ シ ョ ン も フ ォ ーカ ス を持 ち ます。 こ れ以外の場合は、 デ ィ ス ク と パーテ ィ シ ョ ン の フ ォ ーカ ス は失われ ます。 表 4: 一般的な DiskPart コ マ ン ド コマン ド add disk assign convert basic convert dynamic create volume simple exit help list disk 説明 フ ォ ー カ スのある シ ン プル ボ リ ュ ームを、 指定 さ れたデ ィ ス ク に ミ ラ ー 化 し ます。 フ ォ ー カ スのあるボ リ ュ ームに ド ラ イ ブ文字またはマウン ト ポ イ ン ト を 割 り 当て ます。 空のダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク をベーシ ッ ク デ ィ ス ク に変換 し ます。 ベーシ ッ ク デ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク に変換 し ます。 そのデ ィ ス クの既存のパーテ ィ シ ョ ンはすべてシ ン プル ボ リ ュ ームにな り ます。 シ ン プル ボ リ ュ ームを作成 し ます。 ボ リ ュ ームを作成する と 、 フ ォ ー カ スは自動的に新 し いボ リ ュ ームに移動 し ます。 DiskPart コ マ ン ド イ ン タ ープ リ タ を終了 し ます。 使用で き る コ マ ン ド の一覧を表示 し ます。 デ ィ ス クの一覧 と デ ィ ス ク に関する情報を表示 し ます。 デ ィ ス ク に関す る情報は、 デ ィ ス クのサイ ズ、 使用可能な空き領域の量、 デ ィ ス ク が ベーシ ッ ク であるかダ イ ナ ミ ッ ク であるか、 デ ィ ス ク が使用 し ているの がマス タ ブー ト レ コ ー ド (MBR) であるか GUID パーテ ィ シ ョ ン テー ブルであるかな どがあ り ます。 ア ス タ リ ス ク (*) のマー クが付いたデ ィ ス ク に フ ォ ー カ スがあ り ます。 現在のデ ィ ス クのパーテ ィ シ ョ ン テーブルに含まれるパーテ ィ シ ョ ン を 一覧表示 し ます。 ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク では、 こ れ らのパーテ ィ シ ョ ン はデ ィ ス ク上のダ イ ナ ミ ッ ク ボ リ ュ ーム と 対応 し ていない こ と があ り ま す。 この不一致は、 ボ リ ュ ームが使用する領域を確保する ために、 ダ イ ナ ミ ッ ク ボ リ ュ ームが、 シス テム ボ リ ュ ームまたはブー ト ボ リ ュ ーム (デ ィ ス ク上に存在する場合) のパーテ ィ シ ョ ン テーブル、 およびダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク の残 り 部分を専有するパーテ ィ シ ョ ンにエ ン ト リ を格 納する ために発生 し ます。 すべてのデ ィ ス ク上のベーシ ッ ク ボ リ ュ ーム と ダ イ ナ ミ ッ ク ボ リ ュ ーム の一覧を表示 し ます。 list partition list volume NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 37 ボ リ ュ ームの管理 表 4: 一般的な DiskPart コ マ ン ド (続き) コマン ド rem retain select disk 説明 ス ク リ プ ト に コ メ ン ト を追加で き る よ う に し ます。 既存のダ イ ナ ミ ッ ク シ ン プル ボ リ ュ ームを ブー ト ボ リ ュ ームまたはシ ス テム ボ リ ュ ーム と し て使用する ために準備 し ます。 指定 し たデ ィ ス ク を選択 し 、 そのデ ィ ス ク に フ ォ ー カ ス を移動 し ます。 注記 : デー タ ボ リ ュ ームは、 デ フ ォル ト で、 4 つすべてのデ ィ ス ク に対 し て RAID-5 ボ リ ュ ーム と し て 構成 さ れ、 16 KB のア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト サイ ズを使用 し て NFTS で フ ォ ーマ ッ ト さ れます。 DiskPart コ マ ン ド の完全な一覧については、 リ モー ト デス ク ト ッ プ を使用 し て NAS デバ イ ス上で Windows Storage Server 2003 デス ク ト ッ プに移動 し 、 [ ス タ ー ト ]、 [ ヘルプとサポート ] の順に選択 し て、 「DiskPart」 を検索 し ます。 DiskPart の使用例 以下の例には、 NAS サーバ上でボ リ ュ ーム を構成す る 方法を示 し ます。 コ マ ン ド ウ ィ ン ド ウ で、 以下の よ う に入力 し て く だ さ い。 c:¥>diskpart DISKPART>Rescan DISKPART>select disk 2 DISKPART>convert dynamic DISKPART>REM Create a simple volume DISKPART>create volume simple size=4000 DISKPART> REM Assign drive letter F: to the volume DISKPART>assign letter=F DISKPART>list vol DISKPART>Exit 38 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー 4 概要 ボ リ ュ ーム シ ャ ド ウ コ ピー サービ ス は、 ボ リ ュ ーム のあ る 時点での ス ナ ッ プシ ョ ッ ト (シ ャ ド ウ コ ピー) を作成す る ための環境を提供 し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーでは、 ボ リ ュ ーム ご と に 64 個のシ ャ ド ウ コ ピーをサポー ト し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーには、 指定 さ れた時点にボ リ ュ ーム上にあ っ た フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダの以 前のバージ ョ ン が含まれ ます。 シ ャ ド ウ コ ピーの メ カ ニ ズ ムはサーバ上で管理 さ れ る 一方で ( こ の章の 「シ ャ ド ウ コ ピーの管理」 の項を参照)、 以前のバージ ョ ン の フ ァ イ ル と フ ォ ルダ は、 ネ ッ ト ワー ク を通 じ て ク ラ イ ア ン ト か ら 入手可能で、 ボ リ ュ ーム全体 と し てではな く フ ォ ルダ ま たはフ ァ イ ル レベルご と に表示 さ れます。 シ ャ ド ウ コ ピー機能はブ ロ ッ ク レベルで動作 し ます。 フ ァ イ ル シ ス テ ムへの変更が行われ る と 、 シ ャ ド ウ コ ピー サービ ス は元のブ ロ ッ ク を特殊な キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルに コ ピー し て、 特定時点の フ ァ イ ルの一貫 し た ビ ュ ーが保守 さ れ ます。 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト には元のブ ロ ッ ク のサブセ ッ ト だけが含ま れ る ため、 通常、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルは元のボ リ ュ ーム よ り も 小 さ く な り ます。 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の元の形式では、 デ ィ ス ク への更新が生 じ る ま でブ ロ ッ ク は 移動 さ れないため、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト は場所を占有 し ません。 シ ャ ド ウ コ ピーを使用す る こ と に よ り 、 NAS サーバでは、 選択 さ れたボ リ ュ ーム上にすべ ての フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン を保守で き ます。 エ ン ド ユーザーは、 Windows Explorer で フ ァ イ ルを表示す る ための各 ク ラ イ ア ン ト のア ド オ ン プ ロ グ ラ ム を使用 し て、 フ ァ イ ルま た は フ ォ ルダにア ク セ ス で き ます。 フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン ま たはシ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ ス し て、 ユーザーは以下の こ と が行え ます。 ■ 誤っ て削除 さ れた フ ァ イ ルを復旧す る 。 以前のバージ ョ ン を開いて、 安全な場所に コ ピーで き ます。 誤っ て上書 き さ れた フ ァ イ ルを復旧す る 。 フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン にア ク セ ス で き ます。 作業中に フ ァ イ ルの以前の数バージ ョ ン を見比べ る 。 以前のバージ ョ ン を使用 し て、 フ ァ イ ルの 2 つのバージ ョ ン におけ る 変更点を見比べます。 ■ ■ シ ャ ド ウ コ ピーは、 現在のバ ッ ク ア ッ プ、 アーカ イ ブ、 ま たはビ ジネ ス リ カバ リ シ ス テ ム に置 き 換わ る も のではあ り ませんが、 復元手順を簡略化で き ます。 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト には、 元のデー タ ブ ロ ッ ク の部分だけが含まれ、 シ ャ ド ウ コ ピーでは メ デ ィ アの故障に よ る デー タ 消失を防 ぐ こ と はで き ません。 ただ し 、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の長所は、 シ ャ ド ウ コ ピーか ら デー タ を直ちに復旧で き る ため、 テープか ら デー タ を復元す る のに要す る 時間が短縮 さ れま す。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 39 シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーの計画 セ ッ ト ア ッ プ を サーバ上で起動 し 、 ク ラ イ ア ン ト イ ン タ ーフ ェース を エ ン ド ユーザーが使用 で き る よ う にす る 前に、 以下の点を考慮 し ます。 ■ ■ ■ ■ ど のボ リ ュ ーム か ら シ ャ ド ウ コ ピーを取 る か。 ど の く ら いのデ ィ ス ク 容量を シ ャ ド ウ コ ピーに割 り 当て る 必要があ る か。 シ ャ ド ウ コ ピーを保存す る のに別々のデ ィ ス ク を使用す る か ど う か。 ど の く ら いの周期でシ ャ ド ウ コ ピーを取 る か。 ボ リ ュ ームの識別 シ ャ ド ウ コ ピーはボ リ ュ ーム全体が作成 さ れ ますが、 特定のデ ィ レ ク ト リ は作成 さ れませ ん。 シ ャ ド ウ コ ピーが最 も 効果を発揮す る のは、 ド キ ュ メ ン ト 、 ス プ レ ッ ド シー ト 、 プ レ ゼ ン テーシ ョ ン、 画像、 ま たはデー タ ベース フ ァ イ ルな ど のユーザー フ ァ イ ルがサーバに保 存 さ れてい る 場合です。 注記 : シ ャ ド ウ コ ピーは、 ア プ リ ケーシ ョ ン または電子 メ ール デー タ ベースの以前のバージ ョ ンへの ア ク セス を提供する ためには使用 さ れません。 シ ャ ド ウ コ ピーは、 グループ ポ リ シーま たはユーザーがデー タ を保存す る その他の共有 フ ォ ルダ を使用 し て リ ダ イ レ ク ト さ れ る ホーム デ ィ レ ク ト リ やマ イ ド キ ュ メ ン ト フ ォ ルダ な ど、 ユーザー デー タ を保存す る ボ リ ュ ーム用に設計 さ れてい ます。 シ ャ ド ウ コ ピーは、 圧縮ま たは暗号化 さ れた フ ァ イ ルを扱い、 シ ャ ド ウ コ ピーの作成時に その フ ァ イ ルに設定 さ れていたすべてのア ク セ ス権を その ま ま保持 し ます。 た と えば、 フ ァ イ ルを読み取 る ためのア ク セ ス権を持たないユーザーは、 フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン を復 元 し た り 、 復元 さ れた フ ァ イ ルを読み取 る こ と はで き ません。 シ ャ ド ウ コ ピーはボ リ ュ ーム全体に対 し て作成 さ れますが、 ユーザーがシ ャ ド ウ コ ピーに ア ク セ スす る には共有フ ォ ルダ を使用す る 必要があ り ます。 ま た、 ロ ーカル サーバの管理者 がシ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ スす る には、 ¥¥servername¥sharename パ ス を指定す る 必要があ り ます。 管理者ま たはエ ン ド ユーザーが、 共有フ ォ ルダ内にない フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン にア ク セ スす る には、 まず管理者がその フ ォ ルダ を共有化す る 必要があ り ます。 注記 : シ ャ ド ウ コ ピーは NTFS でだけ使用で き、 FAT または FAT32 ボ リ ュ ームでは使用で き ません。 シ ャ ド ウ コ ピーを使用 し て記録 さ れた フ ァ イ ルま たはフ ォ ルダは、 元のデー タ が変更中で あ っ て も 、 静的に見え ます。 デ ィ ス ク スペースの割 り 当て シ ャ ド ウ コ ピーがボ リ ュ ーム で有効にな る と 、 シ ャ ド ウ コ ピーで使用可能なボ リ ュ ーム容 量の最大量を指定で き ます。 デフ ォ ル ト の制限は、 コ ピー元のボ リ ュ ームの 10%です。 ユー ザーが フ ァ イ ルを頻繁に変更す る ボ リ ュ ーム では、 制限を高めに設定す る 必要があ り ます。 一方、 制限を低 く 設定 し すぎた場合、 最 も 古いシ ャ ド ウ コ ピーが頻繁に削除 さ れ る こ と にな り 、 シ ャ ド ウ コ ピーの目的が果た さ れずに、 ユーザーの努力が台無 し にな っ て し ま う 可能性 があ り ます。 40 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー 各フ ァ イ ルへの変更の頻度が多いため、 シ ャ ド ウ コ ピーの保存用に割 り 当て ら れた容量を超 過 し た場合、 シ ャ ド ウ コ ピーは ま っ た く 作成 さ れません。 管理者は、 シ ャ ド ウ コ ピー用に 取っ てお く デ ィ ス ク 容量を慎重に検討 し 、 ユーザーが使用 し たい と 考え る バージ ョ ンはい く つま でなのか を考慮に入れ る 必要があ り ます。 エ ン ド ユーザーが 1 つのシ ャ ド ウ コ ピーが 使用で き れば よ い と 考え る 場合 も あれば、 3 日間ま たは 3 週間分のシ ャ ド ウ コ ピーを要求す る 場合 も あ り ます。 ユーザーが多 く のシ ャ ド ウ コ ピーを要求す る 場合、 管理者は よ り 多 く の ス ト レージ容量を シ ャ ド ウ コ ピーの保存用に割 り 当て る 必要があ り ます。 制限を低 く 設定 し すぎた場合は、 シ ャ ド ウ コ ピー技術を使用す る バ ッ ク ア ッ プ ま たは他の バ ッ ク ア ッ プ プ ロ グ ラ ムが、 管理者に よ っ て指定 さ れたデ ィ ス ク 容量の使用を制限 さ れ る た め、 こ れ ら のプ ロ グ ラ ム に も 影響 し ます。 注記 : シ ャ ド ウ コ ピーに割 り 当て ら れるボ リ ュ ーム容量に関係な く 、 すべてのボ リ ュ ームで最大 64 個 のシ ャ ド ウ コ ピーがあ り ます。 65 個目のシ ャ ド ウ コ ピーが作成 さ れる と 、 最も 古いシ ャ ド ウ コ ピー が消去 さ れます。 指定で き る 最小限の ス ト レージ容量は 100 MB です。 デフ ォ ル ト の ス ト レージ サ イ ズは、 コ ピー元のボ リ ュ ームの 10% です。 シ ャ ド ウ コ ピーが別々のボ リ ュ ーム に保存 さ れてい る 場 合、 コ ピー元のボ リ ュ ーム ではな く ス ト レージ ボ リ ュ ームに使用可能な容量が反映 さ れ る よ う に、 デフ ォ ル ト 設定を変更 し て く だ さ い。 ス ト レージの制限に達す る と 、 シ ャ ド ウ コ ピー の古いバージ ョ ンは削除 さ れて し ま い、 復元で き ません。 シ ャ ド ウ コ ピーを保存す る ために割 り 当て る 容量を決め る 際、 コ ピーが変更 さ れ る 周期だけ でな く 、 コ ピー さ れ る フ ァ イ ルの数 と サ イ ズの両方を考慮 し ます。 た と えば、 毎月 100 フ ァ イ ルだけ変更 さ れ る 場合は、 毎日 10 フ ァ イ ル変更 さ れ る 場合に比べて必要にな る ス ト レー ジ容量は少な く な り ます。 ス ト レージ ボ リ ュ ーム を変更す る には、 シ ャ ド ウ コ ピーを削除す る 必要があ り ます。 元の ス ト レージ ボ リ ュ ーム に残っ てい る 既存の フ ァ イ ル変更履歴は失われ ます。 こ の問題を避け る には、 最初に選択 し た ス ト レージ ボ リ ュ ーム の大 き さ が十分であ る こ と を確認 し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーの記憶領域 と し てベーシ ッ ク デ ィ ス ク を使用 し て、 そのデ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク に変換す る 場合、 デー タ の消失を避け る ために以下の予防策を取 る 必要があ り ます。 ■ デ ィ ス ク がブー ト ボ リ ュ ーム ではな く 、 元の フ ァ イ ルがあ る ボ リ ュ ーム と 違 う 場合、 シ ャ ド ウ コ ピーを含むデ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク に変換す る 前に、 元の フ ァ イ ル が含まれ る ボ リ ュ ーム のマ ウ ン ト を解除 し 、 オ フ ラ イ ン にす る 必要があ り ます。 元の フ ァ イ ルを含むボ リ ュ ーム を 20 分以内にオ ン ラ イ ンにす る 必要があ り ます。 20 分以 内にオ ン ラ イ ン に し なか っ た場合、 既存のシ ャ ド ウ コ ピーが保存 さ れていたデー タ が失 われ ます。 シ ャ ド ウ コ ピーがブー ト ボ リ ュ ームにあ る 場合、 シ ャ ド ウ コ ピーを失 う こ と な く 、 そ のデ ィ ス ク を ダ イ ナ ミ ッ ク デ ィ ス ク に変換で き ます。 ■ ■ 注記 : /p オプ シ ョ ン と と も に mountvol コ マ ン ド を使用 し て、 ボ リ ュ ームのマウン ト を解除 し 、 オ フ ラ イ ンに し ます。 ボ リ ュ ームを マウン ト し 、 mountvol コ マ ン ド またはデ ィ ス ク の管理スナ ッ プ イ ン を使用 し てオン ラ イ ンに し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 41 シ ャ ド ウ コ ピー 記憶領域の識別 同 じ フ ァ イ ル サーバ上に も う 1 つのボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピーを保存す る ために、 ボ リ ュ ーム を それぞれ別のデ ィ ス ク 専用に設定で き ます。 た と えば、 ユーザー フ ァ イ ルが H:¥ に保存 さ れ る 場合、 S:¥ な ど ほかのボ リ ュ ーム を シ ャ ド ウ コ ピーを保存す る ために使用で き ます。 別々のデ ィ ス ク 上で別々のボ リ ュ ーム を使用 し たほ う が、 パフ ォーマ ン ス が向上す る ため、 頻繁に使用 さ れ る NAS デバ イ ス の場合は こ の使用方法をおすすめ し ます。 別々のボ リ ュ ーム が (シ ャ ド ウ コ ピーが保存 さ れてい る ) 記憶領域用に使用 さ れ る 場合、 (ユーザー フ ァ イ ルが保存 さ れてい る ) コ ピー元のボ リ ュ ーム ではな く 、 記憶領域で使用で き る 容量に反映 さ せ る ために、 最大サ イ ズ を [ 無制限 ] に変更す る 必要があ り ます。 シ ャ ド ウ コ ピー用のデ ィ ス ク 容量は、 コ ピー元の フ ァ イ ル と 同 じ ボ リ ュ ーム か別のボ リ ュ ー ム のいずれかに割 り 当て る こ と がで き ます。 ただ し 、 使いやす さ と 保守の容易 さ を取 る か、 パフ ォ ーマ ン ス と 信頼性を取 る か を シ ス テ ム管理者が判断す る 必要があ り ます。 た と えば、 同 じ ボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを保存す る と 設定や保守が容易にで き る と い う 潜在的利益があ り ますが、 パフ ォ ーマ ン ス と 信頼性は低 く な り ます。 注意 : シ ャ ド ウ コ ピーがユーザー フ ァ イル と 同 じ ボ リ ュ ームに保存 さ れる場合、 デ ィ ス ク入 出力 (I/O) のバース ト によ っ てすべてのシ ャ ド ウ コ ピーが削除 さ れる可能性がある こ と に注 意 し て く だ さ い。 シ ャ ド ウ コ ピーの突然の消失は、 管理者やエ ン ド ユーザーに と っ て受け入 れ られない事態で し ょ う 。 そのため、 別々のデ ィ ス ク上の個々のボ リ ュ ームを使用 し て、 シ ャ ド ウ コ ピーを保存する こ と が最善である と 言え ます。 作成頻度の決定 シ ャ ド ウ コ ピーを よ り 頻繁に作成すれば、 エ ン ド ユーザーが必要なバージ ョ ン を入手で き る 可能性が高 く な り ます。 ただ し 、 ボ リ ュ ーム ご と にシ ャ ド ウ コ ピーを保存で き る のは 64 個ま でなので、 シ ャ ド ウ コ ピーを作成す る 頻度を取 る か、 以前のバージ ョ ン の フ ァ イ ルを入 手す る のに時間を費やす こ と を取 る か を判断す る 必要があ り ます。 NAS サーバでは、 シ ャ ド ウ コ ピー機能がボ リ ュ ーム で有効にな っ てい る 場合、 デフ ォ ル ト で、 月曜日か ら 金曜日の 7 時 と 12 時にシ ャ ド ウ コ ピーが作成 さ れます。 シ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールがエ ン ド ユーザーの要件に合 う よ う に、 管理者は こ れ ら の設定を容易に変更で き ます。 ス ケ ジ ュ ールの変更については、 こ の章の後半の 「シ ャ ド ウ コ ピーの ス ケ ジ ュ ール」 の項を参照 し て く だ さ い。 注記 : フ ァ イルが頻繁に変更 さ れる場合は特に、 シ ャ ド ウ コ ピーの作成頻度 と 、 シ ャ ド ウ コ ピーが消 費で き るデ ィ ス ク容量を増やす必要があ り ます。 42 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピー と ド ラ イ ブの最適化 シ ャ ド ウ コ ピーが起動 さ れてい る ボ リ ュ ーム でデ ィ ス ク の最適化機能を実行す る と 、 最 も 古 いシ ャ ド ウ コ ピーか ら 順にすべて ま たはい く つかのシ ャ ド ウ コ ピーが失われ ます。 シ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ てい る ボ リ ュ ーム を最適化す る 場合は、 16 KB 以上の ス ナ ッ プ シ ョ ッ ト の ク ラ ス タ (ア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト ) サ イ ズ を使用 し て く だ さ い。 こ のア ロ ケー シ ョ ン ユニ ッ ト サ イ ズ を使用す る こ と に よ り 、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト での コ ピー回数が少な く な り ます。 ア ロ ケーシ ョ ン ユニ ッ ト サ イ ズ を使用 し ない と 、 最適化プ ロ セ ス に よ る 変更の 回数が原因で、 シ ャ ド ウ コ ピーが予想 よ り も 早 く 削除 さ れ る こ と にな り ます。 ただ し 、 ク ラ ス タ サ イ ズが 4 KB 以下の場合、 NTFS 圧縮だけがサポー ト さ れ る こ と に注意 し て く だ さ い。 注記 : ボ リ ュ ームの ク ラ ス タ サイ ズを確認するには、 fsutil fsinfo ntfsinfo コ マ ン ド を使用 し ます。 デー タ が含まれるボ リ ュ ーム上のク ラ ス タ サイ ズを変更するには、 ボ リ ュ ーム上でデー タ を バ ッ ク ア ッ プ し 、 新 し い ク ラ ス タ サイ ズを使用 し て再フ ォ ーマ ッ ト し 、 デー タ を復元 し ます。 マウン ト さ れた ド ラ イ ブ マ ウ ン ト さ れた ド ラ イ ブは、 NTFS ボ リ ュ ーム上で (マ ウ ン ト ポ イ ン ト と 呼ばれ る ) 空の フ ォ ルダに接続 さ れ る ロ ーカル ボ リ ュ ーム です。 マ ウ ン ト さ れた ド ラ イ ブが含まれ る ボ リ ュ ーム でシ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ てい る 場合、 マ ウ ン ト さ れた ド ラ イ ブは、 シ ャ ド ウ コ ピーの作成時には含ま れ ません。 ま た、 マ ウ ン ト さ れた ド ラ イ ブが共有 さ れ、 シ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ てい る と き に、 (マ ウ ン ト ポ イ ン ト が保存 さ れ る ) ホ ス ト ボ リ ュ ーム か ら マ ウ ン ト さ れた ド ラ イ ブに ト ラ バース し てい る 場合、 ユーザーはシ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ ス で き ません。 た と えば、 フ ォ ルダ F:¥data¥users があ り 、 Users フ ォ ルダが G:¥ のマ ウ ン ト ポ イ ン ト であ る と し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーが F:¥ と G:¥ の両方で有効にな っ てい る 場合、 F:¥data は ¥¥server1¥data と し て共有 さ れ、 G:¥data¥users は ¥¥server1¥users と し て共有 さ れます。 こ の 例では、ユーザーは ¥¥server1¥data と ¥¥server1¥users の以前のバージ ョ ンにア ク セ ス で き ます が、 ¥¥server1¥data¥users の以前のバージ ョ ン にはア ク セ ス で き ません。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 43 シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーの管理 WebUI の [ 開始 ] 画面で [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し 、 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] を ク リ ッ ク し てシ ャ ド ウ コ ピー画面を表示 さ せます。 図 16: [ シ ャ ド ウ コ ピー ] 画面 表 5: [ シ ャ ド ウ コ ピー ] フ ィ ール ド フ ィ ール ド [ ボ リ ュ ーム ] 説明 シ ャ ド ウ コ ピー サービ ス を使用で き るサーバのすべてのボ リ ュ ームを一覧 表示 し ます。 物理的にサーバ上にある NTFS フ ァ イル シ ス テム デー タ ボ リ ュ ームだけがシ ャ ド ウ コ ピーをサポー ト で き ます。 ボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを管理するには、 ボ リ ュ ーム名の横にある チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を 選択 し 、 [ タ ス ク ] リ ス ト から タ ス ク を選択 し ます。 ボ リ ュ ーム上のシ ャ ド ウ コ ピーの数を一覧表示 し ます。 ボ リ ュ ーム上で シ ャ ド ウ コ ピーが使用するデ ィ ス クの総容量を一覧表示 し ます。 ボ リ ュ ーム上にある共有フ ォルダの数を一覧表示 し ます。 こ の情報は、 ボ リ ュ ーム上で シ ャ ド ウ コ ピーを有効にするかど う かを判断する ために役立 ち ます。 ボ リ ュ ーム上の共有フ ォルダの数が増え る と 、 ユーザーがデー タ の 以前のバージ ョ ンにア ク セスで き る可能性が高ま り ます。 シ ャ ド ウ コ ピー サービ スがボ リ ュ ーム上で有効にな っ ている場合、 次に シ ャ ド ウ コ ピーが作成 さ れる日時が、 この列に表示 さ れます。 有効にな っ ていない場合、 [ 無効 ] と 表示 さ れます。 [ コ ピー ] [ 使用量 ] [ 共有 ] [ 次回の実行時刻 ] 44 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー 表 6: シ ャ ド ウ コ ピー タ ス ク タスク [ 有効 ] [ 無効 ] [ 新 し いシ ャ ド ウ コ ピー ] [ シ ャ ド ウ コ ピーの 表示 ] [ スケジ ュ ールの設定 . . . ] [ プ ロパテ ィ . . . ] [ 共有の管理 ] 説明 選択 さ れたボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを有効に し ます。 選択 さ れたボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを無効に し ます。 選択 さ れたボ リ ュ ーム上で新 し いシ ャ ド ウ コ ピーを直ちに作成 し ます。 選択 さ れたボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーの一覧を表示 し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーの時刻 と 周期を設定 し ます。 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イルの場所 と サイ ズを含む、 選択 さ れたボ リ ュ ームの シ ャ ド ウ コ ピー プ ロパテ ィ を一覧表示 し ます。 [ 共有フ ォルダ ] 画面を起動 し ます。 シ ャ ド ウ コ ピー キ ャ ッ シ ュ フ ァ イル デフ ォ ル ト のシ ャ ド ウ コ ピー設定では、 コ ピー元のボ リ ュ ーム の 10% (最小で 100 MB) が 割 り 当て ら れ、 元のボ リ ュ ーム と 同 じ ボ リ ュ ーム にシ ャ ド ウ コ ピーが保存 さ れます。 図 17 を参照 し て く だ さ い。 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルは、 シ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ てい る キ ャ ッ シ ュ ボ リ ュ ーム のルー ト にあ る 、 「System Volume Information」 と い う 名前の保護 さ れた隠 し デ ィ レ ク ト リ に格納 さ れ ます。 F: G: H: 図 17: コ ピー元のボ リ ュ ームに保存 さ れる シ ャ ド ウ コ ピー 前に述べた よ う に、 共有す る フ ァ イ ルを含むボ リ ュ ーム と は別の専用ボ リ ュ ームに、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルを格納す る よ う に、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルの場所を変更で き ます。 図 18 を参照 し て く だ さ い。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 45 シ ャ ド ウ コ ピー F: G: H: L: 図 18: 別のボ リ ュ ームに保存 さ れる シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーを別のボ リ ュ ーム に保存す る 主な利点は、 管理の し やす さ と パフ ォーマ ン ス です。 コ ピー元のボ リ ュ ーム にあ る シ ャ ド ウ コ ピーは、 継続的に監視 さ れ る 必要があ り 、 フ ァ イ ル共有のために作成 さ れた領域を使用で き ます。 制限を高 く 設定 し すぎ る と ス ト レー ジ容量を占有す る こ と にな り 、 制限を低 く 設定 し すぎ た場合、 シ ャ ド ウ コ ピーがす ぐ に消去 さ れて し ま い、 ま っ た く 作成 さ れない こ と があ り ます。 別のボ リ ュ ーム にシ ャ ド ウ コ ピーを 保存 し て、 シ ャ ド ウ コ ピーを別に管理す る こ と に よ り 、 通常、 制限を高めに設定 し た り 、 [ 無制限 ] に設定 し た り で き ます。 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルの場所の変更方法については、 こ の 章の後半で も 説明 し ますが、 ボ リ ュ ームの [ シ ャ ド ウ コ ピー ] ページの [ プ ロ パテ ィ ] タ ブ を参照 し て く だ さ い。 注意 : 別のボ リ ュ ーム L: 上のデー タ が失われた場合、 シ ャ ド ウ コ ピーは復旧で き ません。 46 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーの有効化 と 作成 ボ リ ュ ーム用のシ ャ ド ウ コ ピー サービ ス の有効化や、 シ ャ ド ウ コ ピーの作成は、 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページか ら 直接実行で き ます。 ボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを有効にす る と 、 自動的に次の操作が行われ ます。 ■ ■ ■ 選択 さ れたボ リ ュ ーム上にシ ャ ド ウ コ ピーを作成す る 。 シ ャ ド ウ コ ピーの最大ス ト レージ容量を設定す る 。 シ ャ ド ウ コ ピーが平日の午前 7 時 と 12 時に実行 さ れ る よ う に ス ケ ジ ュ ールす る 。 注記 : ボ リ ュ ームの コ ピーを 1 つだけ作成する シ ャ ド ウ コ ピーの作成は、 スケジ ュ ールにな り ません。 ボ リ ュ ーム上にシ ャ ド ウ コ ピーを作成す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページで 1 つ以上のボ リ ュ ーム を選択 し て、 シ ャ ド ウ コ ピー サービ ス を有効に し ます。 注記 : 1 つ目のシ ャ ド ウ コ ピーが作成 さ れた後は、 移動で き ません。 シ ャ ド ウ コ ピーを有効にする前 に、 [ プ ロパテ ィ ] でキ ャ ッ シ ュ フ ァ イルの場所を変更する こ と によ っ て、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イルを移動 で き ます。 4. 4. [ 有効 ] を ク リ ッ ク し ます。 プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページで 1 つ以上のボ リ ュ ーム を選択 し て、 シ ャ ド ウ コ ピー を作成 し ます。 [ 新 し いシ ャ ド ウ コ ピー ] を ク リ ッ ク し ます。 ボ リ ュ ーム上にシ ャ ド ウ コ ピーを作成す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 シ ャ ド ウ コ ピーの一覧の表示 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピーの一覧を表示す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページで表示 さ せ る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 [ タ ス ク ] 一覧の [ シ ャ ド ウ コ ピーの表示 ] を ク リ ッ ク し ます。 すべてのシ ャ ド ウ コ ピーが一覧表示 さ れ、 作成 さ れた日時に よ っ て並べ ら れます。 注記 : 新 し いシ ャ ド ウ コ ピーを作成するか、 こ のページから シ ャ ド ウ コ ピーを削除で き ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 47 シ ャ ド ウ コ ピー スケジ ュ ールの設定 シ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールは、 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピーを作成す る 周期を制御 し ま す。 あ る 組織におけ る シ ャ ド ウ コ ピーの最 も 効果的な ス ケ ジ ュ ールを判断す る のに役立つ要 素がい く つかあ り ます。 要素 と し て仕事の習慣やユーザーの居場所な ど があ り ます。 た と え ば、 ユーザーご と に タ イ ム ゾーン ま たは勤務日程が違っ てい る 場合に、 こ の よ う な違い を考 慮 し て毎日のシ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールを調整で き ます。 シ ャ ド ウ コ ピーは、 1 時間に 1 回を超え る 頻度にな ら ない よ う に ス ケ ジ ュ ールす る こ と をお すすめ し ます。 シ ャ ド ウ コ ピーのスケジ ュ ール シ ャ ド ウ コ ピー サービ ス がボ リ ュ ーム上で有効にな っ てい る 場合、 自動的に平日の午前 7 時 と 12 時にシ ャ ド ウ コ ピーを作成す る よ う に ス ケ ジ ュ ール さ れ ます。 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールを追加ま たは変更す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] を ク リ ッ ク し ます。 ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 [ タ ス ク ] 一覧の [ スケジ ュ ールの設定 ] を ク リ ッ ク し ます。 [Shadow Copy Schedules] ページ上で [New] を ク リ ッ ク し ます。 周期を [Once]、 [Daily]、 [Weekly]、 ま たは [Monthly] の中か ら 選択 し ます。 残 り の コ ン ト ロ ールを使用 し て、 周期 と 開始時刻を指定 し ます。 選択 し た周期に よ っ て、 使用で き る コ ン ト ロ ールが違い ます。 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 シ ャ ド ウ コ ピー スケジ ュ ールの削除 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールを削除す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 シ ャ ド ウ コ ピー ス ケ ジ ュ ールを削除す る ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 [ タ ス ク ] 一覧の [ スケジ ュ ールの設定 ] を ク リ ッ ク し ます。 [Manage Shadow Copy Schedules] 画面で削除す る ス ケ ジ ュ ールを選択 し 、 [Delete] を ク リ ッ ク し ます。 [OK] を ク リ ッ ク し て削除処理を確定す る か、 ま たは [ キ ャ ン セル ] を ク リ ッ ク し て コ ピー保持 し ます。 注記 : シ ャ ド ウ コ ピー スケジ ュ ールを削除する場合、 その操作が既存のシ ャ ド ウ コ ピーに影響する こ と はあ り ません。 1 回の操作でスケジ ュ ール と すべてのシ ャ ド ウ コ ピーを削除するには、 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページの [ タ ス ク ] 一覧から [ 無効 ] を選択 し ます。 48 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーのプ ロパテ ィ の表示 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピー プ ロ パテ ィ を表示す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページで、 シ ャ ド ウ コ ピー プ ロ パテ ィ を表示 さ せ る ボ リ ュ ー ム を選択 し ます。 [ タ ス ク ] 一覧の [ プ ロパテ ィ ] を ク リ ッ ク し ます。 図 19 に示す [ シ ャ ド ウ コ ピーのプ ロ パテ ィ ] 画面には、 コ ピーの数、 最 も 最近シ ャ ド ウ コ ピーが作成 さ れた日時、 最大サ イ ズの設定が表示 さ れ ます。 すべてのシ ャ ド ウ コ ピーの最大サ イ ズの制限を変更す る か、 [ 無制限 ] を選択 し ます。 現在シ ャ ド ウ コ ピーが存在 し ないボ リ ュ ーム では、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルの場所を変更で き ます。 こ の章の前半の 「シ ャ ド ウ コ ピー キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ル」 の項を参照 し て く だ さ い。 ページの下部には、 使用可能なデ ィ ス ク の一覧 と 各デ ィ ス ク で使用可能な容量が 表示 さ れ ます。 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ルは別々のデ ィ ス ク で管理す る こ と をおすすめ し ま す。 注記 : シ ャ ド ウ コ ピーがすでに有効にな っ ている場合、 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イルの場所は灰色表示 さ れま す。 シ ャ ド ウ コ ピーが有効にな っ た後、 この場所を変更する と 、 すべてのシ ャ ド ウ コ ピーが削除 さ れ、 復旧で き な く な り ます。 シ ャ ド ウ コ ピーを有効にする と 、 シ ャ ド ウ コ ピーがデ フ ォル ト で作成 さ れる こ と に注意 し て く だ さ い。 5. [OK] を ク リ ッ ク し て変更を保存す る か、 ま たは [ キ ャ ン セル ] を ク リ ッ ク し て変更を放 棄 し ます。 図 19: [ シ ャ ド ウ コ ピーのプ ロパテ ィ ] 画面 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 49 シ ャ ド ウ コ ピー 注意 : すべてのシ ャ ド ウ コ ピーに対するサイ ズ制限を減ら す場合は注意 し て く だ さ い。 すべ てのシ ャ ド ウ コ ピーで現在使用 さ れてい るサイ ズの合計よ り も少な く サイ ズが設定 さ れた場 合、 新 し い制限に合わせて合計サイ ズを減ら すために多数のシ ャ ド ウ コ ピーが削除 さ れます。 シ ャ ド ウ コ ピーは削除 さ れた ら、 復旧で き ません。 シ ャ ド ウ コ ピーの無効化 ボ リ ュ ーム上でシ ャ ド ウ コ ピーを無効にす る と 、 新 し いシ ャ ド ウ コ ピーの作成の ス ケ ジ ュ ールだけでな く 、 ボ リ ュ ーム上にあ る すべての既存のシ ャ ド ウ コ ピーが削除 さ れます。 ボ リ ュ ーム のシ ャ ド ウ コ ピーを無効にす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. プ ラ イ マ リ ナビ ゲーシ ョ ン バーで [ デ ィ ス ク ] を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピーの管理 ] ページで、 シ ャ ド ウ コ ピーを無効にす る ボ リ ュ ーム を 1 つ以 上選択 し ます。 [ タ ス ク ] 一覧の [ 無効 ] を ク リ ッ ク し ます。 [Disable Shadow Copies] ページで、 シ ャ ド ウ コ ピーが無効にな る ボ リ ュ ーム が識別 さ れ ます。 5. [OK] を ク リ ッ ク し て、 既存のシ ャ ド ウ コ ピー と ボ リ ュ ームの設定を削除 し ます。 注意 : シ ャ ド ウ コ ピー サービ スが無効にな っ ている場合、 選択 さ れたボ リ ュ ームのすべての シ ャ ド ウ コ ピーが削除 さ れます。 削除 さ れたシ ャ ド ウ コ ピーは復元で き ません。 50 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー NAS デス ク ト ッ プから のシ ャ ド ウ コ ピーの管理 WebUI を使用 し て シ ャ ド ウ コ ピーを管理す る 代わ り に、 リ モー ト デス ク ト ッ プか ら NAS デ ス ク ト ッ プにア ク セ ス し て実行で き ます。 NAS デス ク ト ッ プか ら シ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ スす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. WebUI か ら の [ メ ン テナン ス ] タ ブで [ リ モー ト デス ク ト ッ プ ] を選択 し ます。 [ マ イ コ ン ピ ュ ー タ ] を ク リ ッ ク し ます。 ボ リ ュ ーム を選択 し ます。 ボ リ ュ ーム名を右 ク リ ッ ク し 、 [ プ ロパテ ィ ] を選択 し ます。 [ シ ャ ド ウ コ ピー ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。 ユーザー イ ン タ ーフ ェース は Win32 形式で、 WebUI と 同様の機能が提供 さ れます。 図 20 を 参照 し て く だ さ い。 図 20: [ マ イ コ ン ピ ュ ー タ ] か ら のシ ャ ド ウ コ ピーへのア ク セス NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 51 シ ャ ド ウ コ ピー 共有 フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピー シ ャ ド ウ コ ピーは、 ネ ッ ト ワー ク 経由で、 サポー ト さ れ る 各 ク ラ イ ア ン ト と プ ロ ト コ ルに よ っ て ア ク セ ス さ れ ます。 サポー ト さ れ る プ ロ ト コ ルは、 SMB と NFS の 2 種類あ り ます。 こ れ以外のすべてのプ ロ ト コ ル、 HTTP、 FTP、 AppleTalk、 お よ び NetWare Shares はサポー ト さ れません。 SMB サポー ト では、 シ ャ ド ウ コ ピー ク ラ イ ア ン ト と い う ク ラ イ ア ン ト 側ア プ リ ケーシ ョ ン が必要にな り ます。 ク ラ イ ア ン ト 側アプ リ ケーシ ョ ンは、 現在の と こ ろ Windows XP 版 と Windows 2000 SP3+ 版のみが提供 さ れてい ます。 アプ リ ケーシ ョ ンは、 HP StorageWorks NAS デバ イ ス上の次のデ ィ レ ク ト リ に含ま れます。 C:¥hpnas¥Components¥ShadowCopyClient¥XP and 2000-SP3+ NFS 共有に保存 さ れた フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン を UNIX ユーザーが独自に取得す る 場 合、 必要 と な る 追加の ソ フ ト ウ ェ アはあ り ません。 注記 : 共有 フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピーは、 ネ ッ ト ワー ク 共有のシ ャ ド ウ コ ピーの取得だけ をサポー ト し ます。 ロー カル フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピーの取得はサポー ト し ません。 注記 : 共有 フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピーは、 HTTP、 FTP、 AppleTalk、 または NetWare 共有では使用で き ません。 そのため、 こ れ らのプ ロ ト コ ルのユーザーが共有フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピーを使用 し て、 フ ァ イルの以前のバージ ョ ン を独自に取得する こ と はで き ません。 ただ し 、 管理者がこ れらのユーザー のために、 共有 フ ォルダのシ ャ ド ウ コ ピー ク ラ イ ア ン ト を使用 し て フ ァ イルを復元する こ と はで き ま す。 SMB シ ャ ド ウ コ ピー Windows ユーザーは、 シ ャ ド ウ コ ピー ク ラ イ ア ン ト を通 じ て、 SMB 共有に保存 さ れた フ ァ イ ルの以前のバージ ョ ン に独自にア ク セ ス で き ます。 シ ャ ド ウ コ ピー ク ラ イ ア ン ト がユー ザーの コ ン ピ ュ ー タ に イ ン ス ト ール さ れた後で、 共有のシ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ スす る に は、 共有を右 ク リ ッ ク し て [ プ ロ パテ ィ ] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を表示 さ せて [ 以前のバー ジ ョ ン ] タ ブ を選択 し 、 目的のシ ャ ド ウ コ ピーを選択 し ます。 ユーザーは、 使用で き る すべ てのシ ャ ド ウ コ ピーを表示、 コ ピー、 復元で き ます。 シ ャ ド ウ コ ピー ク ラ イ ア ン ト は、 元の フ ォ ルダ と フ ァ イ ルのア ク セ ス制御 リ ス ト (ACL) に設定す る ア ク セ ス権を維持 し ます。 し たがっ て、 各ユーザーはア ク セ ス権のあ る 共有の シ ャ ド ウ コ ピーにだけア ク セ ス で き ます。 つま り 、 ユーザーが共有に対す る ア ク セ ス権を 持っ ていない場合、 その共有のシ ャ ド ウ コ ピーへのア ク セ ス権 も あ り ません。 Shadow Copies of Shared Folders ク ラ イ ア ン ト パ ッ ク は、 ネ ッ ト ワー ク 共有上の フ ァ イ ル と フ ォ ルダの [ プ ロパテ ィ ] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス内に [ 以前のバージ ョ ン ] タ ブ を イ ン ス ト ー ル し ます。 52 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー ユーザーがシ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ スす る には、 Windows Explorer を使用 し て [ 以前のバー ジ ョ ン ] タ ブか ら [ 表示 ]、 [ コ ピー ]、 ま たは [ 復元 ] を選択 し ます。 図 21 を参照 し て く だ さ い。 個々の フ ァ イ ル と フ ォ ルダが両方 と も 復元 さ れます。 図 21: ク ラ イ ア ン ト GUI シ ャ ド ウ コ ピーが有効な NAS デバ イ ス にホ ス ト さ れてい る ネ ッ ト ワ ー ク フ ォ ルダ を、 ユー ザーが表示す る 場合、 フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ の古いバージ ョ ン (ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の 前のバージ ョ ン) が使用で き ます。 フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダのプ ロ パテ ィ を表示す る と 、 他 の フ ァ イ ルやフ ォ ルダ と 同 じ よ う な、 フ ォ ルダ ま たはフ ァ イ ル履歴、 つま り 、 フ ァ イ ル ま た は フ ォ ルダ コ ン テ ン ツ の読み取 り 専用のあ る 時点の コ ピーが示 さ れ ます。 ユーザーは、 フ ォ ルダ履歴内の フ ァ イ ルを表示 し た り 、 フ ォ ルダ履歴か ら フ ァ イ ルを コ ピー し た り で き ます。 NFS シ ャ ド ウ コ ピー UNIX ユーザーは独自に、 NFS ク ラ イ ア ン ト を通 じ て NFS 共有に保存 さ れた フ ァ イ ルの以前 のバージ ョ ンにア ク セ ス で き ます。 こ のために必要 と な る 追加の ソ フ ト ウ ェ アはあ り ませ ん。 Server for NFS は、 共有の使用可能な シ ャ ド ウ コ ピーを共有の疑似サブデ ィ レ ク ト リ と し て公開 し ます。 こ れ ら の各疑似サブデ ィ レ ク ト リ は、 通常のサブデ ィ レ ク ト リ と ま っ た く 同 じ よ う に表示 さ れます。 各疑似サブデ ィ レ ク ト リ の名前には、 . @GMT-YYYY. MM. DD-HH:MM:SS と い う 形式でシ ャ ド ウ コ ピーの作成時刻が反映 さ れ ます。 一般的な ツールで疑似サブデ ィ レ ク ト リ が必要以上 に列挙 さ れない よ う に、 それぞれの疑似サブデ ィ レ ク ト リ の名前は ド ッ ト 文字で始ま り 、 非 表示にな り ます。 以下の例では、 2003 年 4 月 27 日、 28 日、 29 日の午前 4 時に記録 さ れた、 3 つのシ ャ ド ウ コ ピーがあ る 「NFSShare」 と い う NFS 共有が表示 さ れ ます。 NFSShare . @GMT-2003. 04. 27-04:00:00 . @GMT-2003. 04. 28-04:00:00 . @GMT-2003. 04. 29-04:00:00 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 53 シ ャ ド ウ コ ピー NFS シ ャ ド ウ コ ピーの疑似サブデ ィ レ ク ト リ へのア ク セ ス は、 フ ァ イ ル シ ス テ ムに保存 さ れた ア ク セ ス権を使用 し て、 通常のア ク セ ス制御方式で管理 さ れ ます。 ユーザーは、 シ ャ ド ウ コ ピーが取 ら れた時点に読み取 り ア ク セ ス権を持っ ていたシ ャ ド ウ コ ピーにだけア ク セ ス で き ます。 ユーザーがシ ャ ド ウ コ ピーを変更で き ない よ う にす る には、 ユーザーの所有権 ま たはア ク セ ス権、 あ る いは元の フ ァ イ ルに設定 さ れた ア ク セ ス権に関係な く 、 すべての疑 似サブデ ィ レ ク ト リ に読み取 り 専用マー ク を付け ます。 Server for NFS は、 シ ャ ド ウ コ ピーの到着ま たは削除に関 し て、 シ ス テ ム を定期的に登録 し て、 それに応 じ てルー ト デ ィ レ ク ト リ ビ ュ ーを更新 し ます。 ま た、 次回共有のルー ト で デ ィ レ ク ト リ を発行す る と き に、 ク ラ イ ア ン ト では更新 さ れた ビ ュ ーを キ ャ プチ ャ し ます。 フ ァ イルまたはフ ォルダの復旧 フ ァ イ ルま たはフ ォ ルダの復旧が必要にな る 一般的な状況は、 次の 3 通 り あ り ます。 ■ ■ 誤っ て フ ァ イ ルを削除 し て し ま っ た。 最 も よ く 見 ら れ る 状況です。 誤っ て フ ァ イ ルを置 き 換え て し ま っ た。[ 名前を付けて保存 ] ではな く [ 上書 き 保存 ] を選択 し て し ま っ た場合な ど に発生 し ます。 フ ァ イ ルの破損 ■ シ ャ ド ウ コ ピーにア ク セ スす る こ と に よ っ て、 上に示すすべての状況か ら 復旧 さ せ る こ と が で き ます。 フ ォ ルダへのア ク セ ス と 、 フ ァ イ ルへのア ク セ ス は別の手順にな り ます。 前に述べた よ う に、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト はネ ッ ト ワ ー ク を通 じ て、 NAS サーバ上で作成 さ れた 共有に基づいて使用 さ れ ます。 54 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド シ ャ ド ウ コ ピー 削除 さ れた フ ァ イルまたはフ ォルダの復旧 削除 さ れた フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダ を フ ォ ルダ内に復旧す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. 削除 さ れた フ ァ イ ルが保存 さ れていた フ ォ ルダに移動 し ます。 カー ソ ルを フ ォ ルダ内の余白の上に置 き ます。 カー ソ ルを フ ァ イ ルの上に置 く と 、 その フ ァ イ ルが選択 さ れます。 マ ウ ス を右 ク リ ッ ク し て、 メ ニ ュ ーの下部か ら [ プ ロパテ ィ ] を選択 し ます。 [ 以前の バージ ョ ン ] タ ブ を選択 し ます。 フ ァ イ ルが削除 さ れ る 前に、 その フ ァ イ ルが格納 さ れていた フ ォ ルダのバージ ョ ン を選 択 し 、 [ 表示 ] を ク リ ッ ク し ます。 フ ォ ルダ を表示 し 、 復旧す る フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダ を選択 し ます。 複数の フ ォ ルダに 移動 し てい く こ と がで き ます。 [ 復元 ] を選択 し て、 フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダ を元の場所に復元 し ます。 [ コ ピー ] を選 択す る と 、 フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダが新 し い場所に置かれ ます。 図 22: 削除 さ れた フ ァ イルまたは フ ォ ルダの復旧 上書き さ れた フ ァ イルまたは破損 し た フ ァ イルの復旧 上書 き さ れた フ ァ イ ルま たは破損 し た フ ァ イ ルの復旧は、 フ ォ ルダではな く フ ァ イ ル自体を 右 ク リ ッ ク で き る ため、 削除 さ れた フ ァ イ ルの復旧 よ り も 簡単です。 上書 き さ れた フ ァ イ ル ま たは破損 し た フ ァ イ ルを復旧す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. 上書 き さ れた フ ァ イ ルま たは破損 し た フ ァ イ ルを右 ク リ ッ ク し 、 [ プ ロパテ ィ ] を ク リ ッ ク し ます。 [ 以前のバージ ョ ン ] を選択 し ます。 古いバージ ョ ン を表示 さ せ る には、 [ 表示 ] を ク リ ッ ク し ます。 古いバージ ョ ン を ほかの 場所に コ ピーす る には、 [ コ ピー . . . ] を ク リ ッ ク し て古いバージ ョ ン で現在のバージ ョ ン を置 き 換え て、 [ 復元 ] を ク リ ッ ク し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 55 シ ャ ド ウ コ ピー フ ォルダの復旧 フ ォ ルダ を復旧す る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. カー ソ ルを復旧す る フ ォ ルダ内の余白の上にカー ソ ルを置 き ます。 カー ソ ルを フ ァ イ ル の上に置 く と 、 その フ ァ イ ルが選択 さ れます。 マ ウ ス を右 ク リ ッ ク し て、 メ ニ ュ ーの下部か ら [ プ ロパテ ィ ] を選択 し ます。 [ 以前の バージ ョ ン ] タ ブ を選択 し ます。 [ コ ピー ] ま たは [ 復元 ] を選択 し ます。 [ 復元 ] を選択す る と 、 すべてのサブ フ ォ ルダ と と も に フ ォ ルダ内のすべて を復旧で き ま す。 [ 復元 ] を選択 し て も フ ァ イ ルが削除 さ れ る こ と はあ り ません。 バ ッ ク ア ッ プ と シ ャ ド ウ コ ピー 前に述べた よ う に、 シ ャ ド ウ コ ピーは、 ネ ッ ト ワー ク 上で ク ラ イ ア ン ト アプ リ ケーシ ョ ン を介 し て使用 さ れ、 ボ リ ュ ーム全体ではな く フ ァ イ ル ま たはフ ォ ルダ レベルでのみ表示 さ れ ます。 そのため、 ボ リ ュ ーム バ ッ ク ア ッ プに関連付け ら れてい る 標準バ ッ ク ア ッ プは、 フ ァ イ ル シ ス テ ム の以前のバージ ョ ン をバ ッ ク ア ッ プす る ためには機能 し ません。 こ の問題に対 処す る ために、 シ ャ ド ウ コ ピーではバ ッ ク ア ッ プ を 2 通 り の状況で提供 し ます。 該当す る バ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト ウ ェ アがシ ャ ド ウ コ ピーの使用をサポー ト し 、 基礎 と な る ブ ロ ッ ク デ バ イ ス と 通信で き る 場合、 そのバ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト ウ ェ アはサポー ト さ れ、 フ ァ イ ル シ ス テ ムの以前のバージ ョ ン が完全な フ ァ イ ル シ ス テ ム ス ナ ッ プシ ョ ッ ト と し て、 そのバ ッ ク ア ッ プ アプ リ ケーシ ョ ン で一覧表示 さ れ ます。 内蔵のバ ッ ク ア ッ プ アプ リ ケーシ ョ ン であ る NTbackup が使用 さ れてい る 場合、 バ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト ウ ェ アは ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を強制 的に作成 し て、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト をバ ッ ク ア ッ プの手段 と し て使用 し ます。 こ の動作は、 ユーザーに意識 さ れ る こ と な く 、 目立たずに行われて、 フ ァ イ ルを開 く と き の問題が解決 さ れ ます。 56 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド ユーザー と グループの管理 5 概要 ユーザー と グループに と っ て、 ワー ク グループ と ド メ イ ン と い う 2 つのシ ス テ ム環境があ り ます。 ド メ イ ン環境でのユーザー と グループは、 標準的な Windows ま たは Active Directory ド メ イ ン管理方法で管理 さ れ る ので、 本書では、 NAS デバ イ ス に保存 さ れ、 管理 さ れ る ロ ー カルのユーザー と グループについてだけ説明 し ます。 ド メ イ ン環境でのユーザー と グループ に関す る 情報については、 Microsoft 社 Web サ イ ト の ド メ イ ン ド キ ュ メ ン ト を参照 し て く だ さ い。 ド メ イ ン環境 と ワー ク グループ環境の比較 NAS サーバ デバ イ ス は、 ワー ク グループ環境ま たは ド メ イ ン環境に配備で き ます。 ド メ イ ン環境では、 サーバは ド メ イ ン の メ ンバにな り ます。 ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ が、 ア カ ウ ン ト と NAS サーバのア カ ウ ン ト ア ク セ ス の リ ポジ ト リ です。 ク ラ イ ア ン ト マシ ン も ド メ イ ン の メ ンバにな り 、 ユーザーは Windows ク ラ イ ア ン ト を通 じ て ド メ イ ン に ロ グオ ン し ます。 ま た、 ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ は、 ユーザー ア カ ウ ン ト と ド メ イ ンに属す る リ ソ ースへの適切 な ア ク セ ス レベルを管理 し ます。 CIFS/SMB 環境では、 ユーザーはネ ッ ト ワー ク ド ラ イ ブ ま たは ク ラ イ ア ン ト マシ ン を マ ッ プ す る と き 、 サーバへ ロ グオ ン認証情報を送信 し ます。 こ の認証情報には、 ユーザー名、 パ ス ワ ー ド 、 お よ び (該当す る 場合) ド メ イ ン情報が入っ てい ます。 サーバは、 認証情報を使用 し て、 ユーザーを認証 し 、 対応す る ア ク セ ス を ユーザーに提供 し ます。 NAS サーバを ワー ク グループ環境に配備す る と 、 すべてのユーザー と グループの フ ァ イ ル リ ソ ース に対す る ア カ ウ ン ト ア ク セ ス権が、 サーバに ロ ーカル保存 さ れ ます。 こ れに対 し て、 NAS サーバを ド メ イ ン環境に配備す る と 、 ユーザー と グループのア カ ウ ン ト はサーバの外部に保存 さ れ、 NAS サーバは ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ か ら のア カ ウ ン ト デー タ ベース を使用 し ます。 サーバは、 ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ の イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ に統合 さ れ ます。 注記 : NAS サーバは、 ネ ッ ト ワー ク に存在する他のサーバの ド メ イ ン コ ン ト ロー ラ と し て機能する こ と がで き ません。 ユーザー と グループのア カ ウン ト 情報がロー カル保存 さ れている場合、 それらのア カ ウン ト は、 NAS サーバへのログオ ン を認証する ためだけに使用で き、 その結果、 ワー ク グループ構成 にな り ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 57 ユーザー と グループの管理 ド メ イ ン環境でのユーザー と グループの管理は、 ワー ク グループ環境での管理 と ほぼ同 じ で す。 Active Directory ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ を使用 し てい る 場合、 Computer Management ツー ルは、 ワ ー ク グループ環境 と 同 じ コ ン テ キ ス ト で、 ユーザーの追加、 変更、 削除を実行で き ます。 ただ し 、 概念は大 き く 異な り ます。 ド メ イ ン環境のプ ラ ン ニ ン グについては、 次の Web サ イ ト を参照 し て く だ さ い。 http://www. microsoft. com/windowsserver2003/technologies/directory/activedirectory/default. mspx (英 語) ド メ イ ン環境に配備 さ れた NAS サーバは、 ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ か ら ユーザー ア カ ウ ン ト 情報を取得す る ので、 ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ の設定が NAS サーバに反映 さ れ ます。 すでに 述べた よ う に、 サーバ自体は ド メ イ ン コ ン ト ロ ー ラ と し て機能す る こ と がで き ません。 ユーザー名 と グループ名の計画 ユーザー と グループの効率的な管理には、 ユーザー名 と グループ名を割 り 当て る 方法が重要 です。 一般に、 管理者は、 ネ ッ ト ワ ー ク 上に少数のグループ を作成 し 、 適切な グループに ユーザーを割 り 当て ます。 こ れで、 ユーザー レベルでな く 、 グループ レベルで フ ァ イ ル シ ス テ ム と 共有のア ク セ ス権を適用で き ます。 グループが少数の場合、 選択 さ れた グループに 該当す る ア ク セ ス権を割 り 当て る 方が、 各ユーザーにア ク セ ス権を割 り 当て る よ り 効率的で す。 組織ご と に固有の命名規則があ る 場合で も 、 一般的なガ イ ド ラ イ ンに従 う と 、 管理が簡単に な り 、 管理効率が向上 し ます。 CIFS/SMB はフ ァ イ ル共有に対す る 適切な ア ク セ ス権レベル を ユーザー と グループに設定す る ので、 CIFS/SMB 管理には一貫 し たユーザー と グループの 管理方式が有効です。 ユーザー名の管理 ユーザー名は、 ア カ ウ ン ト を使用 し てい る ユーザー と の論理的な関係を反映す る 必要があ り ます。 ユーザー名については、 以下のルールを確立す る こ と が重要です。 ■ ■ ■ 系統立っ たユーザー名 わか り やす く 設定に向いたユーザー名 覚えやすいユーザー名 ユーザーの姓名を使用す る と 、 特定の組織のすべての メ ンバに対 し てユーザー名が系統的に な り ます。 以下に、 例を示 し ます。 ■ ■ 名前の イ ニシ ャ ル と 姓を続けた も の (John Doe の場合は jdoe) 名前の イ ニシ ャ ル と ミ ド ルネームの イ ニシ ャ ル と 姓を続けた も の (John Q. [. . . ] 機能 NFS 操作別に統計を表示する方法を表示 し ます。 NFS サーバでの NFS エ ク スポー ト 設定を表示する コ マ ン ド の フ ォ ーマ ッ ト を表示 し ます。 接続 し ているユーザー と 現在何を マウン ト し ているかを表示 し ま す。 サーバからのエ ク スポー ト と そのエ ク スポー ト ア ク セス権を表示 し ます。 リ モー ト プ ロ シージ ャ コ ール (RPC) 設定 と 統計を表示する方法 を表示 し ます。 ユーザー名マ ッ ピ ン グを追加、 削除、 または変更する方法を表示 し ます。 エ ク スポー ト さ れた共有を表示、 追加、 および削除する方法を表 示 し ます。 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 137 Microsoft Services for NFS 138 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド NetWare フ ァ イル シス テムの 管理 8 File and Print Services for NetWare (FPNW) は、 Microsoft 社の Services for NetWare ソ フ ト ウ ェ ア パ ッ ケージの一部です。 NetWare ネ ッ ト ワ ー ク オペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムは、 主に フ ァ イ ル / プ リ ン ト サーバ と し て使用 さ れ ます。 NetWare を フ ァ イ ル / プ リ ン ト サービ ス用プ ラ ッ ト フ ォ ーム と し て使用 し てい る お客様は、 ユーザー と し て も 、 管理者 と し て も 、 NetWare の イ ン タ ーフ ェース に慣れてお り 、 NetWare の フ ァ イ ル / プ リ ン ト サービ ス に ます ます投資を し てい ます。 File and Print Services for NetWare に よ っ て、 お客様は、 NetWare で 培っ た ス キルを無駄にす る こ と な く 、 複数のプ ラ ッ ト フ ォーム を統合で き ます。 こ の ソ フ ト ウ ェ アに よ り 、 NAS サーバが NetWare フ ァ イ ル / プ リ ン ト サーバを エ ミ ュ レー ト で き る の で、 ハー ド ウ ェ ア コ ス ト が軽減 さ れ、 フ ァ イ ル / プ リ ン ト サーバの管理が簡素化 さ れます。 FPNW は、 Windows Storage Server 2003 ベース のサーバに、 管理者 と ユーザーが使い慣れた 同 じ NetWare ユーザー イ ン タ ーフ ェ ース (UI) を提供す る こ と で、 複数環境混在 イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ に NAS サーバを簡単に追加で き ます。 ま た、 ク ラ イ ア ン ト の設定を変更 し な く て も 、 同 じ ク ラ イ ア ン ト ロ グオ ン が維持 さ れ ます。 ま た、 こ のサービ ス には、 Novell ボ リ ュ ーム を作成す る 機能 も あ り ます。 Novell ボ リ ュ ーム は、 実際には NTFS 共有であ り 、 ユーザーは Novell ボ リ ュ ーム か ら ド ラ イ ブ を マ ッ ピ ン グ し た り 、 リ ソ ース にア ク セ スす る こ と がで き ます。 NAS サーバ上ま たは既存の NDS (Novell Directory Services) ア カ ウ ン ト を通 じ て、 Novell ロ グ イ ン ス ク リ プ ト がサポー ト さ れてい ま す。 注記 : Novell サーバには、 IPX/SPX プ ロ ト コ ルが必要です。 こ の章では、 以下の項目について説明 し ます。 ■ ■ ■ ■ Services for NetWare の イ ン ス ト ール File and Print Services for NetWare の管理 NetWare ユーザーの作成 と 管理 NCP ボ リ ュ ーム (共有) の管理 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド 139 NetWare フ ァ イル シス テムの管理 Services for NetWare のイ ン ス ト ール NAS サーバに FPNW を イ ン ス ト ールす る と 、 既存の Novell サーバに円滑に統合で き ます。 FPNW を使用す る と 、 Windows Storage Server 2003 ベース のサーバは、 ユーザー、 ク ラ イ ア ン ト 、 管理者に対 し て、 NetWare フ ァ イ ル / プ リ ン ト サーバを エ ミ ュ レー ト で き ます。 こ の エ ミ ュ レーシ ョ ン に よ り 、 Novell ク ラ イ ア ン ト か ら の認証、 新 し い ロ グオ ン ス ク リ プ ト の使 用、 Novell ボ リ ュ ーム (共有) の作成、 Novell フ ァ イ ル属性の使用、 その他多 く の Novell 機 能が可能にな り ます。 Microsoft Directory Synchronization Services と File Migration ユーテ ィ リ テ ィ の追加情報は、 Microsoft 社の下記の Web サ イ ト か ら 入手で き ます。 http://www. microsoft. com/windowsserver2003/default. mspx (英語) Services for NetWare を イ ン ス ト ールす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. NAS サーバのデス ク ト ッ プか ら 、 [ ス タ ー ト ]、 [ 設定 ]、 [ ネ ッ ト ワー ク と ダ イ ヤルア ッ プ接続 ]、 [ ロー カル エ リ ア接続 ] の順で ク リ ッ ク し 、 [ プ ロパテ ィ ] を右 ク リ ッ ク し ま す。 [ イ ン ス ト ール ] を ク リ ッ ク し ます。 [ ネ ッ ト ワー ク コ ン ポーネ ン ト の種類の選択 ] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が表示 さ れます。 図 72 に、 [ ネ ッ ト ワー ク コ ンポーネ ン ト の種類の選択 ] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス の例を示 し ます。 2. 図 72: [ ロー カル エ リ ア接続のプ ロパテ ィ ] ページ、 [ イ ン ス ト ール ] オプ シ ョ ン 3. [ サービ ス ] を選択 し 、 [ 追加 ] を ク リ ッ ク し ます。 [ デ ィ ス ク使用 ] ア イ コ ン を ク リ ッ ク し 、 [ Services for NetWare] の位置ま で移動 し ます。 Services for NetWare は、 以下のパ ス にあ り ます。 c:¥hpnas¥components¥SFN5. 02¥fpnw¥netsfn. inf 5. NETSFNTSRV フ ァ イ ルを選択 し 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 [File and Print Services for NetWare] を選択 し 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。 イ ン ス ト ールす る オプシ ョ ン と し て、 [File and Print Services for NetWare] が表示 さ れます。 140 NAS 1500s/500s 管理者ガ イ ド NetWare フ ァ イル シ ス テムの管理 図 73: File and Print Services for NetWare のイ ン ス ト ール File and Print Services for NetWare の管理 FPNW にア ク セ スす る には、 以下の手順に従っ て く だ さ い。 1. [. . . ]

HP PROLIANT ML110 STORAGE SERVERダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP PROLIANT ML110 STORAGE SERVERのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag