ユーザーズガイド HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAYのユーザマニュアルを入手できます。 HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAYのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAYのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY : ユーザーガイドを完全にダウンロード (4015 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY CONFIGURING ARRAYS ON SMART ARRAY CONTROLLERS REFERENCE GUIDE (1918 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS POWER UID REPLACEMENT INSTRUCTIONS - (488696-005, APRIL 2008) (1475 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS 6X/7X SERIES MODULAR STORAGE ARRAY ENCLOSURE I/O MODULE REPLACEMEN (148 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE FAN MODULE REPLACEMENT INSTRUCTIONS - (488708-005, (594 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE FRONT UID INTERCONNECT (WITH CABLE) REPLACEMENT INS (922 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE FRONT UID REPLACEMENT INSTRUCTIONS - (488710-005, (1039 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE POWER SUPPLY REPLACEMENT INSTRUCTIONS - (488712-00 (1196 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE 7-SEGMENT DISPLAY BOARD REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436 (179 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE AND PROLIANT DL320S POWER ON/OFF MODULE REPLACEMENT IN (262 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE FAN MODULE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436503-191, NOVE (129 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE FRONT UID MODULE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436505-191 (139 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE POWER SUPPLY REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436501-191, NO (159 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE POWER UID MODULE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436514-191 (172 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA6X/7X SERIES ENCLOSURE RISER BOARD REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436508-191, NOV (190 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA7X SERIES ENCLOSURE BACKPLANE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436513-191, FEBRUARY (529 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY MSA7X SERIES ENCLOSURE MIDPLANE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (436512-191, FEBRUARY (464 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS 70 MODULAR STORAGE ARRAY SETUP POSTER (434894-191, FEBRUARY 2007) (441 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY (3861 ko)
   HP storageworks 70 modular smart array annexe 1 (7747 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY CONFIGURING ARRAYS ON SMART ARRAY CONTROLLERS REFERENCE GUIDE (1751 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS POWER UID REPLACEMENT INSTRUCTIONS (5697-7258, FEBRUARY 2008) (1439 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY REDUNDANCY IN ENTERPRISE STORAGE NETWORKS USING DUAL DOMAIN SAS CONFIGURATIONS (372 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS 70 MODULAR STORAGE ARRAY SETUP POSTER (434894-001, FEBRUARY 2007) (542 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS MSA60/70 I/O MODULE INSTALLATION INSTRUCTIONS FOR DUAL DOMAIN CONF (245 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY RAID 6 WITH ADVANCED DATA GUARDING TECHNOLOGY: A COST-EFFECTIVE, FAULT-TOLERANT (220 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS REPLICATION SOLUTIONS MANAGER 4.0.1 JOB COMMAND REFERENCE (T3680-9 (2193 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS 6X/7X SERIES MODULAR STORAGE ARRAY ENCLOSURE I/O MODULE REPLACEMEN (78 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY ENCLOSURE MAINTENANCE AND SERVICE GUIDE (43 (1349 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE FAN MODULE REPLACEMENT INSTRUCTIONS (5697-7261, FEB (567 ko)
   HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY STORAGEWORKS DISK ENCLOSURE FRONT UID INTERCONNECT BOARD (WITH CABLE) REPLACEME (887 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAY

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] パワー サプライ/ファン モジュールのLEDは緑色ですか。 システム電源LEDは緑色ですか。 . . 35 35 35 35 36 36 36 37 37 37 38 38 39 39 39 39 A 規定に関するご注意 . Declaration of conformity for products marked with the FCC logo, United States only Modifications . Canadian notice (Avis Canadien)(カナダおよびカナダ、フランス語使用地域) . [. . . ] ハードディスク ドライブのステータスを確認します(ハードディスク ドライブLEDの組み合わせを参照)。 30 ハードディスク ドライブの取り付け 5 エンクロージャの設定 コンフィギュレーション ツール アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ 注記: ACUは、同じ論理ボリュームでのSASドライブとSATAドライブの混在をサポートしていません。 ACUは、以下の機能を備えたブラウザ ベースのユーティリティです。 • ローカル アプリケーションまたはリモート サービスとして動作 • オンラインでのアレイ容量の拡張、論理ドライブの容量の拡大、オンライン スペアの割り当て、およ びRAIDまたはストライプ サイズの移行をサポート • 未設定のシステムに対して最適なコンフィギュレーションを提示 • 各種の動作モードによって、コンフィギュレーション速度の向上や、設定オプションを使用したよ り多くの制御が可能 • サーバの動作中にいつでも使用可能 • コンフィギュレーション手順の各ステップで画面にヒントを表示 最適な性能を確保するために、少なくとも800×600の解像度および256色のディスプレイ設定が必要 です。Microsoftオペレーティング システムを実行するサーバには、Internet Explorer 5. 5(Service Pack 1適用済み)以降が必要です。Linuxサーバの場合、ブラウザおよびサポートの詳細は、README. TXT ファイルを参照してください。 詳細は、ドキュメンテーションCDに収録されている『Array Configuration Reference Guide』のACUに関する 項、またはHPのWebサイトhttp://www. hp. com/(英語)を参照してください。 Option ROM Configuration for Arrays オペレーティング システムをインストールする前に、ORCAユーティリティを使用して第1論理ドライブの作 成、RAIDレベルの割り当て、およびオンライン スペア コンフィギュレーションの設定を実行できます。 また、このユーティリティは、次の機能をサポートしています。 • • • • 1つまたは複数の論理ドライブを再構成する。 現在の論理ドライブの構成を表示する。 論理ドライブ構成を削除する。 コントローラをブート コントローラとして設定する。 このユーティリティを使用しない場合は、ORCAがデフォルトの標準構成に設定します。 アレイ コントローラのコンフィギュレーションの詳細は、コントローラのユーザー ガイドを参照してください。 ORCAが使用するデフォルト構成の詳細は、ドキュメンテーションCDに収録されている『HP ROMベース セットアップ ユーティリティ ユーザー ガイド』を参照してください。 Smartコンポーネントfor ROMフラッシュ サーバ、コントローラ、ハードディスク ドライブ、またはエンクロージャのファームウェアを更新する には、Smartコンポーネントを使用します。これらのコンポーネントは、Firmware Maintenance CDに 収録されています。特定のコンポーネントの最新バージョンを、HPのWebサイトのサポート ページ http://www. hp. com/support/(日本語)で入手できる場合があります。コントローラやハードディスク ドライ ユーザー ガイド 31 ブのファームウェア更新用のコンポーネントも、HPのストレージ製品のソフトウェアおよびドライバのWebサ イトhttp://h18007. www1. hp. com/support/files/storage/jp/index. html(日本語)で入手できます。 1. 必要なコンポーネントの最新バージョンを確認します。コントローラのファームウェア更新用のコン ポーネントは、オフライン形式とオンライン形式で入手できます。 手順に従ってコンポーネントをサーバにインストールします。インストール手順は、CDに収録されてい ます。また、コンポーネントと同じWebページにも掲載されています。 コンポーネントを使用してROMをフラッシュする方法の説明に従ってください。これらの説明は、各コ ンポーネントとともに提供されます。 管理ツール HP Systems Insight Manager HP Systems Insight Manager(SIM)は、システム管理者が、Webブラウザを使用して、任意のリモート サイト から通常の管理作業を実行できるようにするためのWebベースのアプリケーションです。HP SIMのデバイ ス管理機能により、HP製デバイスや他社製デバイスの管理データを連結して統合することが可能です。 重要: プロセッサ、SAS/SCSIハードディスク ドライブ、およびメモリ モジュールに対する事前予防保証を有効 にするには、HP SIMをインストールして使用する必要があります。 詳細は、HP ProLiant Essentials Foundation Packに含まれるManagement CDまたはHPのSIMのWebサイト http://www. hp. com/go/hpsim/(英語)を参照してください。 マネジメント エージェント マネジメント エージェントは、障害、パフォーマンス、およびコンフィギュレーション管理を可能にする情報 を提供します。マネジメント エージェントによって、HP SIMソフトウェアおよび他社製SNMPマネジメント プラットフォームを使用して、サーバを容易に管理できるようになります。マネジメント エージェントは、 すべてのSmartStart自動インストールでインストールされ、HP ProLiant Support Pack(PSP)によってイ ンストールすることもできます。Systems Management Homepageは、マネジメント エージェントによって レポートされるデータにアクセスすることで、ステータスを表示し、サブシステムの詳細情報に直接アク セスできるようにします。詳細は、HP ProLiant Essentials Foundation Packに含まれるManagement CD またはHPのWebサイトhttp://h50146. www5. hp. com/products/servers/proliant/essentials/overview. html (日本語)を参照してください。 診断ツール インテグレーテッド マネジメント ログ インテグレーテッド マネジメント ログ(IML)は、イベントを記録し、見やすい形式で保存します。IMLは、各イ ベントに1分単位のタイムスタンプを記録します。 IMLに記録されたイベントは、次のような複数の方法で表示できます。 • HP SIMから(HP Systems Insight Managerを参照) • Surveyユーティリティから • オペレーティング システム固有のIMLビューアから • NetWareの場合:IMLビューアから • Windowsの場合:IMLビューアから • Linuxの場合:IMLビューア アプリケーションから • iLOユーザー インターフェースから • HP Insight Diagnosticsから 32 エンクロージャの設定 詳細は、HP ProLiant Essentials Foundation Packに含まれるManagement CDを参照してください。 アレイ診断ユーティリティ ADUは、すべてのHP製ストレージ コントローラおよびハードディスク ドライブのレポートを作成するWeb ベースのアプリケーションです。このレポートは、障害や注意が必要な可能性のある状況を識別するため に役立つ非常に重要な情報を提供します。ADUには、SmartStart CDからアクセスできます。また、HPの Webサイトhttp://h50146. www5. hp. com/products/software/oe/linux/mainstream/product/software/adu/ index. html?jumpid=reg_R1002_JPJA(日本語)からダウンロードすることもできます。 リモート サポートおよび分析ツール Open Services Event Manager OSEMは、障害の発生後に、または障害を予防するために、リアルタイムのサービス イベントのフィル タリング、分析、および通知を実行するスタンドアロン ツールです。このツールは、SNMPトラップから のイベント データやHTTPインターフェース経由で提供される情報を収集し、SMTPおよびISEEによって 管理者やHPに通知します。 詳細 は、HPの Webサ イトhttp://h50146. www5. hp. com/services/cs/availability/isee/ isee_order. html?jumpid=reg_R1002_JPJA(日本語)を参照してください。 システムの最新状態の維持 変更管理および事前通知 HPでは、変更管理および事前通知サービスによってHP製品のハードウェアおよびソフトウェアに関す る変更予定を、実施の30~60日前にユーザーに通知しています。 詳細は、HPのWebサイトhttp://h18023. www1. hp. com/solutions/pcsolutions/pcn. html(英語)を参照して ください。 Care Pack HP Care Packサービスは、製品の標準保証を、購入しやすく、使いやすいサポート パッケージで拡張するアッ プグレードされたサービス レベルを提供します。これにより、サーバへの投資を最大限に活用できるように なります。HPのCare PackのWebサイトhttp://h50146. www5. hp. com/services/ps/carepack/fixed/server. html (日本語)を参照してください。 ユーザー ガイド 33 34 エンクロージャの設定 6 トラブルシューティング エンクロージャが起動しない場合 エンクロージャが起動しない場合は、以下の手順に従ってください。 1. サーバ、モニタ、およびエンクロージャのケーブルが接続されていることを確認します。 サーバおよびモニタが正常に動作していることを確認します。 電源が正常に機能していることを確認します。 a. 電源 スタンバイ ボタンを確実に押し、約3秒間押し続けます。 b. バック パネルのシステム電源LEDを調べます(リア パネルのLEDとボタンを参照)。 バック パネルのパワー サプライLEDを調べて、パワー サプライが正常に動作していることを確認 します(リア パネルのLEDとボタンを参照)。 両方のエンクロージャ パワー サプライからAC電源コードを外して、付けなおします。 エンクロージャを再起動します。 重要: システムが再起動しない場合は、診断手順に進んでください。 7. エンクロージャを確認して、次の正常な電源投入シーケンスが行われるかどうかを調べ、システ ムがハードウェアの最小構成要件を満たし、正常に起動していることを確認します。 a. フロント パネルの電源LEDがスタンバイ/オフ(黄色)からオン(緑色で点灯)に変わります。 b. ファンが高速で回転してから通常の回転速度に低下して動作します。 4. 6. 診断手順 パワー サプライ/ファン モジュールのLEDは緑色ですか。 答え いいえ • 電源コードが接続されていない かまたはAC電源が供給されて いません。 • パワー サプライが正しく取り付 けられていないか、コネクタが 損傷しているか、パワー サプ ライが故障しています。 • システム ミッドプレーンを交換 する必要があります。 • 電源コードがパワー サプライ に接続されていることを確認し ます。 • パワー サプライが故障してい ないことと完全に固定されてい ることを確認します。 • コネクタやコンポーネントのす べてのピンが折れ曲がってい ないことを確認します。 • 詳細は、HPのサポート窓口に お問い合わせください。 システム電源LEDが消灯している 場合、次を実行してください。 1. 電源/スタンバイ ボタンを約3 秒間押しつづけます。 2. システム電源LEDは緑色です か。を参照してください。 処置の必要はありません。 考えられる原因 実行できる処置 はい システムは正常に機能しています。 ユーザー ガイド 35 システム電源LEDは緑色ですか。 答え いいえ • 電源/スタンバイ ボタンを確実 に押していないか、押しつづけ た時間が短すぎます。 • パワー サプライが正しく取り付 けられていないか、コネクタが 損傷しているか、パワー サプ ライが故障しています。 • システムでショートが発生しま した。コントローラのファーム ウェアが壊れています。 • システムのミッドプレーンや電 源ボタン/LEDアセンブリを交換 する必要があります。 • 電源/スタンバイ ボタンを確実 に押して、約3秒間押しつづけ ます。 • パワー サプライが故障してい ないことと完全に固定されてい ることを確認します。コネクタ やコンポーネントのすべてのピ ンが折れ曲がっていないこと を確認します。 • すべてのコンポーネントが完 全に固定されていることを確認 します。 • コントローラのファームウェア をフラッシュします(Smartコン ポーネントfor ROMフラッシュ を参照)。 • 詳細は、HPのサポート窓口に お問い合わせください。 考えられる原因 実行できる処置 ハードディスク ドライブ障害の認識 HP製エンクロージャでは、ドライブが故障すると障害LEDが点灯します。 以下の方法でもハードディスク ドライブの障害を確認できます。 • ACUは、故障したドライブを正常なドライブとは別のアイコンで表示します。 • HP SIMは、故障したドライブをネットワーク経由でリモートで検出できます(HP SIMの詳細は、 Management CDに収録されているマニュアルを参照)。 • ADUは、故障しているドライブをすべて一覧表示します。 • NetWare環境では、CPQONLINが故障したドライブを識別します。 ハードディスク ドライブの問題の診断の詳細は、『HP ProLiantサーバ トラブルシューティング ガイド』 を参照してください。 注意: システムの電源をいったん切って再度入れるか、またはドライブを取り外して再度挿入する(ホット プラグ対応ドライブの場合)と、前に故障したドライブが動作可能な状態に見える場合があります。 ただし、このような不完全なドライブを使用しつづけると、結果的にデータが消失する可能性があ ります。不完全なドライブは、できるだけ早く交換してください。 ハードディスク ドライブ障害の影響 ハードディスク ドライブに障害が発生すると、同じアレイに含まれるすべての論理ドライブに影響します。ア レイの各論理ドライブが異なるフォールト トレランス機能を使用している場合があります。そのため、各 論理ドライブへの影響が異なることがあります。 • RAID 0構成は、ドライブ障害に耐えることができません。アレイ内の物理ドライブが故障すると、 同じアレイ内のフォールト トレランス機能を設定していない(RAID 0)すべての論理ドライブも 機能しなくなります。 • RAID 1+0構成は、故障したドライブが相互にミラーリングされていなければ、複数のドライブの障害 に耐えることができます(スペアが割り当てられていない場合を含む)。 36 トラブルシューティング • RAID 5構成は、1台のドライブの障害に耐えることができます(スペアが割り当てられていない 場合を含む)。 • ADGによるRAID 6構成は、同時に発生する2台のドライブの障害に耐えることができます(ス ペアが割り当てられていない場合を含む)。 フォールト トレランスの無効 フォールト トレランス機能で耐えることのできる台数を超えるハードディスク ドライブに障害が発生した場 合、フォールト トレランス機能は無効になり、論理ドライブは機能しなくなります。この場合、オペレー ティング システムからの要求はすべて、復旧不能エラーとともに拒否されます。データが消失する可 能性がありますが、復旧できる場合もあります。 たとえば、アレイ内の別のドライブの再構築中に、そのアレイ内のドライブが故障すると、フォールト トレラ ンスが無効になります。アレイにオンライン スペアがない場合、このアレイ内のRAID 5フォールト トレラン スが設定された論理ドライブは、機能しなくなります。 ケーブルの障害、ストレージ システムへの一時的な電源供給の停止など、ドライブ以外の問題で、フォー ルト トレランスが無効になる可能性もあります。このような場合は、物理ドライブを交換する必要はありませ んが、特に、問題発生時にシステムがビジー状態だった場合、データが失われている可能性があります。 無効になったフォールト トレランスの復旧手順 フォールト トレランスが無効になった場合、交換用ドライブを挿入しても、論理ボリュームの状態は改善 されません。以下の手順を実行して、データを復旧してください。 1. エンクロージャの電源を切ります(電源切断を参照)。 すべてのデバイスで、ケーブルおよびコネクタの緩み、汚れ、損傷、または曲がりを確認します。 エンクロージャの電源を入れます(電源投入を参照)。 注記: 場合によっては、不完全なドライブが動作し、この間に重要なファイルをバックアッ プできます。 4. 可能な場合、重要なデータをコピーします。 故障したドライブを交換します。ハードディスク ドライブ交換前の検討事項を読んでから、故障し たハードディスク ドライブを交換してください。 ハードディスク ドライブ交換前の検討事項 外付データ ストレージを使用しているシステムでは、必ず、サーバの電源を最初に切り、電源を入れ るときはサーバの電源を最後に入れてください。こうすることで、サーバが起動したときにシステムがド ライブを故障とみなす誤動作を防止できます。 劣化状態のドライブを交換する前に、以下の点に注意してください。 • HP SIMを起動して、同じアレイ内の各物理ドライブの[Error Counter]ウィンドウを調べ、他のド ライブにエラーがないことを確認します。詳細は、Management CDに収録されているHP SIM のマニュアルを参照してください。 • アレイに現在の有効なバックアップがあることを確認してください。 • アレイ内の最小容量のドライブと同じか、それよりも大きい交換用ドライブを使用してください。容量 が不足すると、コントローラはすぐにドライブが故障状態であるとみなします。 致命的なシステム エラーの可能性を最小限に抑えるために、故障したドライブを取り外す場合は、以 下の点に注意してください。 • アレイのメンバーになっている他のいずれかのドライブがオフライン(オンラインLEDが消灯して いる)の場合は、劣化状態のドライブを取り外さないでください。この状態で、アレイの他のド ライブを取り外すと、データが消失します。 ユーザー ガイド 37 以下の場合は例外です。 • RAID 1+0を使用すると、ドライブがペアでミラーリングされます。故障した2台のドライブが相互 にミラー化されていないかぎりは、複数のドライブに同時に障害が発生しても(この複数のドラ イブをすべて同時に交換しても)、データは消失しません。 • ADGによるRAID 6を使用すると、2台のドライブに同時に障害が発生しても(同時に交換 しても)、データは消失しません。 • オフラインのドライブがスペアの場合は、劣化状態のドライブを交換することができます。 • 1台目の故障したドライブまたは消失したドライブが交換され、かつ、再構築プロセスが完了するま で、2台目のドライブをアレイから取り外さないでください(再構築が完了すると、ドライブの前面に あるオンラインLEDの点滅が止まります)。 以下の場合は例外です。 • ADGによるRAID 6構成では、アレイ内の、任意の2台のドライブを同時に交換できます。 • RAID 1+0構成では、取り外された(または故障した)ドライブとミラーリングされていない任意の ドライブを、データを失わずに、オフラインで同時に交換できます。 自動データ復旧(再構築) アレイ内のハードディスク ドライブを交換すると、コントローラはアレイ内の残りのドライブのフォールト トレ ランス情報を使用して、消失データ(交換されたドライブに格納されていたデータ)を再構築し、交換用ドラ イブに書き込みます。このプロセスは、自動データ復旧または再構築と呼ばれます。フォールト トレランス が無効になると、このデータは再構築できなくなり、永久に消失する可能性があります。 再構築中にフォールト トレランス機能が利用できないとき、アレイ内の別のドライブが故障すると、致命 的なシステム エラーが発生し、アレイ内のすべてのデータが消失する可能性があります。ただし、例 外として、別のドライブが故障しても致命的なシステム エラーにつながらない場合もあります。これら の例外は、次のとおりです。 • スペア ドライブが起動した後の故障 • 故障した他のドライブとミラーリングされていないドライブの故障(RAID 1+0構成の場合) • ADGによるRAID 6構成での、2番目のドライブの故障 再構築に要する時間 再構築に要する時間は、次に示すさまざまな要素によって、かなりの幅があります。 • • • • • • • 通常のI/O動作に対する再構築処理の優先度(ACUを使用して優先度設定を変更できます) 再構築動作中に発生するI/Oアクティビティの回数 ハードディスク ドライブの回転速度 利用できるドライブ キャッシュの容量 ドライブのブランド、モデル、使用年数 ドライブの空き容量 アレイ内のドライブの台数(RAID 5またはADGによるRAID 6の場合) 再構築が完了するまで、1GB当たり約15分かかると見込んでおいてください。これは長めに見積もった時 間です。新しいドライブ モデルでは、通常、再構築時間はもっと短くなります。 再構築中、システムの性能は影響を受けます。また、再構築が完了するまで、システムは、別のドラ イブ障害に対して保護されません。このため、可能な場合は、システムの利用率が低いときにドライブ を交換してください。 注意: 交換用ドライブのオンラインLEDが点滅を停止し黄色の障害LEDが点灯する場合、またはアレイ内の 他のドライブのLEDが消灯する場合、その交換用ドライブが故障しているため、復旧不能ディスク エ ラーが生成されています。故障した交換用ドライブを取り外して、交換してください。 自動データ復旧が完了すると、交換用ドライブのオンラインLEDが点滅を停止し、点灯します。 38 トラブルシューティング 再構築中の別のドライブ障害 再構築中に、アレイ内の別の物理ドライブで修正不能読み出しエラーが発生すると、交換用ドライブのオ ンラインLEDが点滅を停止し、再構築プロセスは異常終了します。 この場合、サーバを再起動してください。これにより、システムが一時的に稼動し、その間に保存されてい ないデータを復旧できる可能性があります。どのような場合でも、故障しているドライブを見つけ、交換し て、バックアップからデータを復旧してください。 NetWare環境でのドライブ障害 NetWare環境では、CPQONLINを使用して、ドライブの障害ステータスの確認と監視を行います。 故障ドライブまたは暫定復旧モード ドライブが故障したときにハードウェア フォールト トレランスが有効であれば、動作は継続されます。 次の手順に従ってください: 1. できるだけ早くドライブを交換してください。 論理ドライブを選択します。 F3キーを押して、ドライブ復旧のステータスを監視します。 次のようなドライブ ステータス メッセージがあります。 • 暫定復旧:論理ドライブは動作中ですが、故障したドライブが交換されていません。できるだけ 早くドライブを交換してください。 • 復旧開始可能:論理ドライブは、復旧用の待ち行列に入っています。このステータスは、別の 論理ドライブがすでに再構築中または拡張中である場合に表示されます。 • 復旧中:アレイは動作中で、交換用ドライブまたはオンライン スペア(割り当てられている 場合)を再構築中です。 • 障害:フォールト トレランスで保護されていない論理ドライブが1つ以上アレイ内にある場合、そ れらの論理ドライブ上のデータは消失します。ACUは論理ドライブを「故障」と表示します。ドラ イブ交換後、フォールト トレランス機能を設定した論理ドライブは再構築されます。保護されて いなかった(故障)論理ドライブは、データに使用できるようになります(デバイスは自動的に再 アクティブ化されます)。データのバックアップがある場合は、ここでデータを復元してください。 故障したドライブを交換しない場合、ACUで使用できる唯一のオプションは、論理ボリュームの 削除です。有効なデータが入っている論理ドライブは削除しないでください。有効なデータが 入っている論理ドライブを削除すると、データが消失します。 注記: 複数の物理ドライブが同時に故障した場合、フォールト トレランス機能で保護されている ドライブ上で故障ステータスが発生する可能性があります。 一部のステータス メッセージは、F3キーを押さなくても表示されます。たとえば、メイン メニューでは、 故障した論理ドライブの横に故障ステータスが表示されます。拡張中および再構築中は、アクティビ ティが発生しているアレイの横に表示されます。 ハードディスク ドライブ障害の処理 コントローラにハードウェアのフォールト トレランス機能を設定した場合、ハードディスク ドライブ障害 後、以下の手順を実行してください。 1. 故障した物理ドライブを確認します。ホットプラグ対応ドライブでは、黄色のドライブ障害LEDが点 灯します。 故障したドライブを含む装置がホットプラグ対応ドライブをサポートしない場合、通常の方法で シャットダウンします。 ユーザー ガイド 39 3. 故障したドライブを取り外して、同一容量のドライブと交換します。ホットプラグ対応ドライブの場合、 ドライブをベイに固定すると、ドライブのLEDがそれぞれ1回ずつ交互に点滅し、接続が正常に終 了したことを示します。オンラインLEDは点滅して、コントローラがドライブの交換を認識して復旧 プロセスを開始したことを示します。 必要に応じて、サーバの電源を入れます。 コントローラは、論理ドライブ内の稼動している物理ドライブの情報に基づいて、新しいドライブに情報 を再構築します。ホットプラグ対応ドライブ上でデータを再構築している間、オンラインLEDが点滅しま す。ドライブの再構築が完了すると、オンラインLEDが点灯します。 4. 5. 注記: ハードウェア ベースのフォールト トレランス機能を使用する場合、NetWareは単一の物理ドライブ障害 を検出できません。NetWareは、再構築プロセスの実行中、データがまだ有効でアクセス可能であると みなします。ただし、ドライバは、物理ドライブの障害を検出します。コンソールに、物理ドライブが劣化 状態であることを通知するメッセージが表示されます。CPQONLINもドライブの障害を表示します。 40 トラブルシューティング A 規定に関するご注意 規定準拠識別番号 規定に準拠していることの証明と識別のために、ご使用の製品には、固有の規定準拠識別番号が割り当 てられています。規定準拠識別番号は、必要な認可マークおよび情報とともに、製品銘板ラベルに印刷さ れています。この製品の準拠情報を請求する場合は、必ず、この規定準拠識別番号を参照してください。 この規定準拠識別番号は、製品の製品名またはモデル番号と混同しないでください。 Federal Communications Commission notice(米国) Part 15 of the Federal Communications Commission (FCC) Rules and Regulations has established Radio Frequency (RF) emission limits to provide an interference-free radio frequency spectrum. Many electronic devices, including computers, generate RF energy incidental to their intended function and are, therefore, covered by these rules. These rules place computers and related peripheral devices into two classes, A and B, depending upon their intended installation. Class A devices are those that may reasonably be expected to be installed in a business or commercial environment. Class B devices are those that may reasonably be expected to be installed in a residential environment (for example, personal computers). The FCC requires devices in both classes to bear a label indicating the interference potential of the device as well as additional operating instructions for the user. FCC rating label The FCC rating label on the device shows the classification (A or B) of the equipment. Class B devices have an FCC logo or ID on the label. Class A devices do not have an FCC logo or ID on the label. After you determine the class of the device, see the corresponding statement. Class A equipment This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a commercial environment. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential area is likely to cause harmful interference, in which case the user will be required to correct the interference at personal expense. Class B equipment This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures: • Reorient or relocate the receiving antenna. [. . . ] Notice for use in France and Italy Italy: Per l’uso del prodotto, è necessaria una concessione ministeriale. Si consiglia di verificare con il distributore di fiducia o direttamente presso la Direzione Generale Pianificazione e Gestione Frequenze. Verify with your dealer or directly with General Direction for Frequency Planning and Management (Direzione Generale Pianificazione e Gestione Frequenze). France: L’utilisation de cet equipement (2. 4GHz Wireless LAN) est soumise a certaines restrictions: Cet equipement peut etre utilise a l’interieur d’un batiment en utilisant toutes les frequences de 2400 a 2483. 5MHz (Chaine 1-13). [. . . ]

HP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAYダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればHP STORAGEWORKS 70 MODULAR SMART ARRAYのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag