ユーザーズガイド PANASONIC KX-PD304DL/DW?

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くPANASONIC KX-PD304DL/DW?のユーザマニュアルを入手できます。 PANASONIC KX-PD304DL/DW?のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

PANASONIC KX-PD304DL/DW?のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


PANASONIC KX-PD304DL/DW? : ユーザーガイドを完全にダウンロード (4712 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル PANASONIC KX-PD304DL/DW?

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 12 準備 相手の声の音質を変える (受話音質). . . . . . . . . . . . . . 28 自分の声が相手に聞こえないようにする (ミュート) . 28 通話を録音する (通話録音) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 電話をまわす/3者通話にする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] モジュラージャック 製造番号 背面に記載しています。 9 ●● 本書では、 操作するボタンを 【機能】 などのように記載しています。 「 」 1 2  【機能】決定】 3  【 【再ダイヤル】 . 【あんしん応答】 【通話拒否】 4 5 6  【着信履歴】 . 【ファクス印刷】 7  【キャッチ】消去】 【 8 【留守】 9 【再生】通話録音】 【 j  【ファクス】 k  【コピー】 l  【ストップ】 t 【保留】内線】 【 s 【モニター】 m ~ 【1】 【4】 n  【電話帳検索】 p r q  ~9、 、 0 o  【▲】 :上を押す 【▼】 :下を押す 下または上を押すときは 「 【▲】 と記載しています。 【▼】 」 1 液晶ディスプレイ ●● 待受時は日付・時刻を表示します。 毎時0分になると、 音声で時刻をお知らせするようにできます。 48ページ ( 「時刻音声案内」 ) ●● 液晶ディスプレイは、 説明のためすべて表示しています。 実際の表示とは異なります) ( : (42ページ) ナンバー・ディスプレイ利用時に表示 : (36 ページ) ファクスの自動受信を設定時に表示 (37 ページ) : 無鳴動受信を設定時に表示 : (ナンバー・ディスプレイ利用時) 電 話やファクスを着信拒否しているときに表示 (43 ページ) : (46 ページ) 呼出音を鳴らさない設定をしているときに表示 「選んでケータイ」 を設定時に点灯/ 「選んでケータイ」 を使って電話をかけるときに約 : 5 秒間点滅 (21 ページ) ファクスをメモリーに受信できる枚数のめやす : (表示なし) 0 16 枚以下 33 枚以下 50 枚以下 : コナビが働くと表示 (66 ページ) エ 2 機能を登録する/機能登録で、 内容を決定する/相手の声を確認して電話に出る (31ページ) 3 再ダイヤルする (26 ページ) /着信・通話を拒否する (30ページ) 4 前の用件を聞く (40 ページ) 10 5 次の用件を聞く (40 ページ) 6 ファクスを印刷 (37 ページ) /着信履歴を見る (43ページ) 着信履歴 / ファクス印刷ランプ 電話に出なかったとき (ナンバー・ディスプレイ利用時) やファクスをメモリーに受信したときに点灯 (36・42 ページ) 7 キャッチホンを受ける (28ページ) /登録している内容を消去する/間違えた文字 ・数字を消す (25ページ) /用件を消す (40 ページ) (39 ページ) /構内交換機に接続時などに、 ポーズ (ダイヤルの待ち時間) を入れる 8 留守セットする 留守ランプ 留守セット中に点灯 (新しい用件があるときは点滅) 9 用件を再生する (40ペ ー ジ ) 通 話 を 録 音 す る / (28ペ ー ジ ) 通 話 を さ か の ぼ っ て 録 音 す る / (29 ページ) /文字の種類を変える (24ページ) j ファクスの送受信を開始する(35・36 ページ) k コピーする (38 ページ) l 操作を途中でやめる/登録を終わる/液晶ディスプレイのバックライトが消灯しているときに点灯さ せる m ワンタッチダイヤル ワンタッチダイヤルを使う (26・32 ページ) n 電話帳を使う(26・32 ページ) o 音量を変える (46 ページ) /原稿の画質を選ぶ (22ページ) /機能登録の項目・設定値などを選 ぶ (47 ページ) p スター ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う (トーン) 26ページ) ( q ダイヤルキーは点灯しません。 r シャープ s 受話器を取らずにダイヤルする (26 ページ) t 通話中に待ってもらう (28 ページ) /子機やドアホンを呼び出す (26・29・56ページ) 11 各部のなまえとはたらき (子機) ●● 本書では、 操作するボタンを 【電話帳】 などのように記載しています。 「 」 ■■正面 1 2 3 【電話帳】 4 【外線】 5  ~9、 0 、 k  【内線】 【保留】 l  【切】 6 7 8 【キャッチ】 9 j 【スピーカーホン】 マルチファンクションキー m :上を押す 【▲】 o  :左を押す 【◀】 p  :右を押す 【▶】 q 【機能】決定】 【 n :下を押す 【▼】 (例) または上を押すときは 【▼】▲】 と記載して 下  「 【 」 います。 r  、 2】 3】 【 、 【 【1】 「修正」詳細」 「 ●●本書では、 液晶ディスプレイに 「消去」 などが表示されているときは、 以下 のように記載しています。 【修正】詳細】 【 【消去】 操作手順によって 表示が変わる 表示を見て対応 するボタンを押す※ ※ 2】 【 の代わりに 【決定】 を押して操作すること もできます。 12 ■■背面 s t 1 受話口 ●● 通話中は、 位置を耳に合わせる。 (75 ページ 「子 機の通話」 ) ●● 操作時や外からの電話の呼出中に、 バックライト が点灯します。 終了後、 ( 自動的に消灯します) ●● 液晶ディスプレイは、 説明のためすべて表示して います。 実際の表示とは異なります) ( 2 液晶ディスプレイ 3 電話帳を使う (27・33ページ) 4 電話をかける・受ける 5 ダイヤルキーは点灯しません。 6 シャープ キーロックを使う (45ページ) 7 スター : ンテナレベル ア (子機が受けている電波 の強さのめやす) ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う (トーン) 27ページ) ( ●「ケンガイ」 ● 表示中は親機からの電波が届 いていません。 親機に近づいてください。 8 キャッチホンを受ける (28ページ) 9 送話口 (27ページ) ●● 話すとき、 手でふさがないでください。 j 子機を机の上などに置いたまま通話する この範囲でご使用ください : の上などに置いたまま通話していると 机 きに表示 (27 ページ) : 池残量 電 (点滅) k 親 機・別 の 子 機・ド ア ホ ン を 呼 び 出 す (27・ 29・56ペ ー ジ ) 通 話 中 に 待 っ て も ら う / (28ページ) を終わる l 通話を終了する/操作を途中でやめる/登録 m 音量を大きくする (46ページ) n 音量を小さくする (46ページ) o 着信履歴を見る (44ページ) /前の用件を聞く (40ページ) すぐに充電が必要です。 ●● 通話中は4秒ごとに 「ピピッ」 と警告音が鳴 り、 待受時は 「10 ジカン ジュウデンクダ サイ」 と表示されます。 ■ 充電完了後の使用時間のめやす (使用環境温度が 20 ℃のとき) ●●連続通話時間:約 10 時間 p 再ダイヤルする (27ページ) /次の用件を聞く (40ページ)【外線】 / を押してから、 ダイヤルする ときに、 ポーズ (ダイヤルの待ち時間) を入れる • 波状態が悪いところで使う場合、 電 連続通話 時間は短くなります。 • 充電台に置かずに一度も通話しないとき。 「ケンガイ」 • 表示中は短くなります。 ●●待受時間:約 150 時間 q 機能を登録する/機能登録で、 内容を決定する r ワンタッチダイヤル ワンタッチダイヤルを使う (27・34ページ) 機能キー 「修正」 「詳細」 「消去」 など、 表示された機能を操 作する : 線番号や、 内 登録した名前を表示 (54 ページ) :親機で設定した日付・時刻を表示 (16・47ページ) s アンテナ部 t スピーカー ●● 話すとき、 手で覆わないでください。 ●● 呼出音を鳴らさない設定をしているとき は 「ヨビダシオン[キリ]」 と表示されます。 (46ページ) ●● 親機からの電波が届かず、 呼出音が鳴らな い、 通話ができないときは 「ケンガイ」 と表 示されます。 13 インクフィルムを取り付ける・交換する 2 1 操作パネルを開ける . 2 緑色のレバーを上げ、 バックカバーを開ける ●「フィルムノコウカンガ ヒツヨウ」 ● と表示 されているときは、 操作案内が流れます。 • 止めるときは 【ストップ】 を押す 1 白色軸 使用済みのインクフィルム オレンジ色軸のギア 根元を手前左の U字型のくぼみへ 3 インクフィルムを交換する. 入れる 白色軸のギアの先を U字型のくぼみへ 5 オレンジ色のギアを奥に. 」 の部分を押して 両端の 「 バックカバーを閉める 7 操作パネルを閉める インクフィルムについて ●● 付属品のインクフィルムは、 お試し用で長さ約 5 m です。 ●● サーマルヘッド部分は、 触らないでくだ (A4サイズで約15枚分) さい。 (白や黒の線が出る原因) ●● インクフィルムは、 数行の印刷でも、 記録紙1枚につき約32 cm使用されます。 ■  換するときは別売品 交 (KX-FAN190/190W/191/191W) を使う (67 ページ) ●● 当社指定以外のインクフィルムを使用した場合の故障や不具合 (イ ンクフィルムの切断、 本体内部への貼り付き・絡まりなど) について は、 当社は保証いたしません。 ●● インクフィルムの残量を表示できます。52ページ ( 「フィルム警告表示」 ) ●「プラスチック製品」 ● として、 地域条例に基づいて破棄してください。 ●● 情報の保護のため、 はさみなどで切ってください。 印刷跡が残ります) ( ■ 使用済みのインクフィルム (芯を含む) と白色軸を捨てるとき サーマル ヘッド 14 親機の接続・設定 1 親機を接続する ■  回線 光 (ひかり電話) ADSL、 、 ISDN、 ホームテレホン、 構内交換機、 1回線に複数台接続. するときなどは (18・19ページ) 1 アンテナを立てる 2 受話器を取り付ける 電源コード 3 電源コードをつなぐ 電源コンセント (AC100 V) 4 電話機コードをつなぐ 電話機コード (付属品:6 極 2 芯) 6 極 4 芯などを使うと、 雑音が入ることがあります。 電話コンセント ■ 電話機コードをつながずに放置すると ●外すとき  20 分後に次々と画面が切り替わります。 約 または操作案内が 流れ始めます。 (デモモード) ●● 電話機コードをつなぐと、 デモモードが解除され、 電話の回線種別 の自動設定が始まります。 レバーを 押さえながら 引き抜く レバー 電話コンセントが. 直接配線方式のとき ご契約の電話会社へご相談ください。 3 ピンプラグ式 直接配線方式 または 2 電話の回線種別の自動設定 カイセン チェック チュウ 自動設定が 終わると ヒヅケ ジコクヲ ・ セッテイ スルニハ [キノウ]オス ●● 回線種別チェック中は操作をしないでください。 ●● 光回線 (ひかり電話) ADSL などに接続すると、 や 正しく設定できないことがあり ます。 手順 4(16ページ) で電話をかけ、 正しく設定されていることを確認してくだ さい。 15 3 日付・時刻の設定  を押す 1 【機能】 年 を押す 2  ・月・日・時刻を入力し、 決定】 【 電話の回線種別を手動で 設定するとき 電話の回線種別の自動設定ができなかった ときや、 天気予報 「177」 にかからないとき に設定してください。 → 1 【機能】 を押す 【決定】   79 → 0 ●● 時刻は24時間方式で入力。 (深夜12時は 「00:00」 ) ●● 間違えたときは、 ストップ】 【 を押し、 最初から操作を やり直します。 あ ・ (47ページ) ■  とから日付 時刻を設定し直したいときは 2 【▼】▲】 で回線種別を選び、 【 「177」 にかかる 4 天気予報 ことを確認する 受話器を取り、 天気予報 「177」 にダイヤルする (確認が終わったら、 受話器を戻す) ●● 通話料金がかかります。 や フリーダ ●● 光回線 (ひかり電話) ADSL などに接続すると、 イヤルや 「117」 177」 「 「110」 「119」 などにかからない 場合がありますので、 必ず確認してください。 を押す 【決定】 カイセン シュベツ 20 ●● ジドウ:自動設定 (お買い上げ時の設定) プッシュ:プッシュ回線 20:ダイヤル回線 (速度 20 PPS) 10:ダイヤル回線 (速度 10 PPS)  「 「 のいずれかに 3 「プッシュ」 20」 10」 設定したときは を押す 【ストップ】 ■  「カイセン シュベツガ セッテイ デキナカッタ タメ デンワガ デキマセン」 が表示されている とき ■  気予報 天 「177」 にかからないとき 右記で回線種別を設定してください。 ■ かからないときは 「プッシュ」 「20」 「10」  → → の順に. 設定を変えて試してください。 (どの設定でもかからないときは、  「116」 へ) NTT窓口 16 子機の電池パックを入れる・交換する・10 時間充電する 電池パックは消耗品です。 充電完了まで充電しても通話数分後に電池残量表示が点滅したら、 新しいものと 交換してください。 ●● 1週間以上、 子機を充電台から外したり、 電源コードをコンセントから抜くときは、 電池パックを外してください。 (電池パックの性能維持と電池消耗を防ぐため) 次に使うときは充電してください。 ■ 交換するときは別売品 (KX-FAN57) を使う (67 ページ) ●● 仕様:ニッケル水素電池・DC2. 4 V・630 mAh 1 電池カバーを開ける ●●  を押し下げながら手前に引く。 3 電池カバーを閉める ●●  池カバー裏のクッションは、 電 外さない。 2 コネクターを差し込み、 電池パックを入れる ●● 黄緑色のフィルムは、 はがさない。 ●● コネクター を外す。 4  源コードをつないで子機を充電台に置き、 電 . 約10 時間充電する 電源コンセント (AC100 V) コード (赤) コード (黒) コネクター ●●   い電池パック 古 が入っていると きは、 外してく ださい。 ●● 充電時間が長くなることがあります。 75ページ) ( ●● 子機は、 充電台に置いたままでも、 過充電しません。 古い電池パックはリサイクルに… ●●この製品には、 ニッケル水素電池を使用し ています。 ●●ニッケル水素電池はリサイクル可能な貴 重な資源です。 ●●交換後不要になった電池パック、 および使 用済み製品から取り外した電池パックの リサイクルに際しては、 ショートによる発 煙・発火のおそれがありますので、 端子を 絶縁するためにテープを貼るかポリ袋に 入れてリサイクル協力店にある充電式電 池回収 BOX に入れてください。 ●●リサイクル協力店のお問い合わせは、 下記 へお願いします。 •  品、 製 ニッケル水素電池パックをご購 入いただいた販売店 •  般社団法人JBRC および充電式電池 一 リサイクル協力店くらぶ事務局 一般社団法人JBRCのホームページ http://www. jbrc. com ●●リサイクル時のお願い •  池パックはショートしないようにし 電 てください。 火災・感電の原因) ( •  ィルム フ (被覆・チューブなど) をはが さないでください。 •  池パックを分解しないでください。 電 17 いろいろな接続 光回線 (ひかり電話) ADSL に接続するとき や 本機は、 NTT のアナログ回線規格に準拠しております。 光回線や IP 電話回線でご利用の場合、 接続環境や接続機器によっては、 正しく動作しないこともあります。 その場合は、 光回線や IP 電話の事業者にお問い合わせください。 ●●接続のしかたは、 光回線や ADSL の事業者にお問い合わせください。 (例) VoIP アダプタ (ルータ) 、 ひかり電話対応機器、 050IP 電話対応機器、 ADSL モデム※など (サービス名称や機器名称は、 事業者によって異なります) 「TEL1」 「TEL2」 「電話機」 「PHONE」 など 本機に付属の電話機コード (6極2芯) ※ ADSL は、 スプリッタ (市販品) などが必要な場合があります。 ■ 本機の 「TA /スプリッタ接続」 「アリ」 を に設定する (52ページ) ■  DSL をご利用の場合、 A 通話中に 「ビー」 「シャー」 や などの音が聞こえるときは、 接続方法について ADSL の事業者にお問い合わせください。 ■ 困ったときは ●●電話をかけられない。 (フリーダイヤル・天気予報など) 本機 (裏面) 電話回線、 LAN ケーブルなど 回線種別を手動で設定してください。 (16ページ) ●●携帯電話にかけられない。 ひかり電話では、 選んでケータイ」 「 は使えません。 解除してください。 21ページ) ( ●●上記を行ってもかけられない。 ●●音量が小さい、 雑音が多い。 ●●ファクスを送受信できない。 ●●ナンバー・ディスプレイで 相手の電話番号が表示されない。 ●●携帯電話に電話をかけると、 相手に 「非通知」 と表示される。 <ADSLの場合> 本機を電話コンセントに直接つないで確認してください。 正常の場合は、 ADSLの事業者に相談してください。 < 光回線の場合> 光回線の事業者に相談してください。 18 ISDN回線に接続するとき 電話コンセント 「回線」 「LINE」 「ISDN」 など アナログポート ( 「電話 A」 「TEL1」 「ANALOG1」 など) 本機 (裏面) 電話機コード (6極 2芯) ターミナルアダプター (市販品) 本機に付属の電話機コード (6極2芯) ■ 本機の 「TA /スプリッタ接続」 「アリ」 を に設定する (52ページ) ■ 接続したら回線種別を 「プッシュ」 に設定する (16 ページ) ■ こんなときは、 ターミナルアダプターの取扱説明書をお読みください。 ●●i・ナンバー、 ダイヤルインを利用する。 (本機にはダイヤルインの機能はありません) ●●ナンバー・ディスプレイ、 キャッチホンを利用する。 ●●電話をかけられない・受けられない・相手が切っても呼出音が鳴り続ける。 (リバース 〈極性切替〉 スイッチと DSU を切り離すスイッチを確認) ホームテレホンに接続するとき ●●接続できるホームテレホン (生産完了品) ● パナソニック ホームテレホンシステム 108・208 ● システムホームテレホン ●●すでに上記を設置されている方のみ、 ファクスアダプター 〔品番:VJ-6651M (生産完了品) を利用して 〕 接続できます。 接続方法は、 ファクスアダプターの取扱説明書をお読みください。 ■ 「構内交換機接続」 「アリ」 を に設定する (52 ページ) キャッチホン・ディスプレイは使えません。 ●●ナンバー・ディスプレイ、 ■ 接続したら を に設定する (49 ページ) 「Fネット」 「アリ」 構内交換機に接続するとき ■ 「構内交換機接続」 「アリ」 を に設定する (52 ページ) ●●ナンバー・ディスプレイ、 キャッチホン・ディスプレイは使えません。 1回線に複数台接続するとき (並列接続) ●●ナンバー ディスプレイ、 ・ キャッチホン ディスプレイを利用しているときは、 ・ 並列接続しないでください。 (誤動作の原因) ●●コードレスタイプの電話機を並列接続すると、 子機が使えなくなることがあります。 ●●ファクス送受信中は、 並列電話機の受話器を取らないでください。 誤動作の原因) ( ●●電話をまわす操作は、 通話時間表示になったあとに行ってください。 (電話に出てから 10秒以内に操作す ると、 電話が切れることがあります) ■ 並列電話機で受けたファクスを本機で受けるには (リモート受信) ●●ダイヤル回線のときは、 トーン信号 「ピッポッパッ」 に切り替える。 並列電話機で 押す 受話器を静かに戻す 9 (リモート受信番号) ファクス受信 19 「選んでケータイ」 を使う 携帯電話に電話をかけるとき、 相手の電話番号の前に 「00XX」 などの各固定電話会社に割り当てられている 事業者識別番号を付けると、 その電話会社の料金で通話できます。 2014年6月現在) ( 「選んでケータイ」 とは、 あらかじめ本機に固定電話会社の事業者識別番号 「00XX」 を登録しておき、 携帯電 話にかけるときに 「00XX」 を自動的に付ける機能です。 ●● 事業者識別番号がわからないときは、 利用する固定電話会社へお問い合わせください。  TT 東日本・NTT 西日本のひかり電話では、 N 「00XX」 の番号を付けると電話をかけることができません。  の他の事業者の光電話やケーブルTV の回線を使った IP電話をご利用の場合も、 「00XX」 を付けて電話 そ をかけられない場合がありますので、 ご利用の各事業者にお問い合わせください。 ■ ひかり電話をご利用の場合は、 選んでケータイ」 「 を設定しないでください。  DSL の事業者の電話サービスを使うときは、 電話での利用となります。 A IP IP電話解除番号は、 一時的に IP 電話回線 (050 番号) を使わないで電話をかけるための番号です。 ●● IP電話解除番号がわからないときは、 電話の各事業者へお問い合わせください。 IP ■ P電話 I (050から始まる電話番号) をご利用の場合は、 選んでケータイ」 「 を設定したあと、 . IP電話解除番号を設定してください。 ■  帯電話局番について 携  帯電話局番とは、 携 携帯電話番号の上位 4 または 5ケタのことです。 登録されている番号の発信のみに 「選んでケータイ」 の設定が適用されます。 お買い上げ時には、 あらかじめ以下が設定されています。 0901、 0902、 0903、 0904、 0905、 0906、 0907、 0908、 0909 0801、 0802、 0803、 0804、 0805、 0806、 0807、 0808、 0809 0701、 0702、 0703、 0704、 0705、 0706、 0707、 0708、 0709 ●● 携帯電話局番によって通話料金が異なる場合がありますので、 固定電話会社にお問い合わせのうえ、 必要に応じて 変更してください。 ●● 携帯電話局番を追加・消去するときは (52 ページ 「携帯電話局番」 ) ●●通話料金は、 利用した固定電話会社からの請求となります。 ●●事業者識別番号・携帯電話局番・通話料金・サービス内容については、 固定電話会社にお問い合わせく ださい。 ●●NTT 西日本のサービス提供エリアでNTT 東日本の事業者識別番号を入力したり、 その逆の場合など、 事業者識別番号を間違えて設定すると、 携帯電話にかけられません。 「選んでケータイ」 を利用できる電話回線かどうかを下記で確認のうえ、 設定してください。 NTT 東日本・NTT 西日本から毎月の電話料金のご請求がありますか? はい NTT東日本・NTT西日本のひかり電話の回線ですか? いいえ 「選んでケータイ」 を利用できます。 IP電話 (050) から始まる電話番号を利用していますか? はい 「選んでケータイ」 とIP電話解 除番号を設定してください。 (21ページ) いいえ 「選んでケータイ」 を設定して ください。 21ページ) ( はい 「選んでケータイ」 は. 利用できません。 いいえ 20 選んでケータイ (事業者識別番号) を設定する 1 【機能】     98 → → を押す 【決定】 1 2 【▼】▲】 「アリ」 で を選び、 決定】 を押す 【 【 ●● 解除するときは 「ナシ」 を選んでください。 IP 電話を利用時は、 . 8 再生を中止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   →4 4   →5 5 4 終わったら電話を切る 録音された用件を携帯電話などに 転送する 新しい用件が録音されると、 自動的に家から電話が かかってきます。  準備  ●「留守電暗証番号」 49ページ) ● ( を登録してください。 ●「用件転送」 49ページ) ● ( を設定します。 (39 ページ) ●● お出かけ前に、 留守セットします。 電話代節約のために (トールセーバー) 家に電話をかけたとき、 留守番電話が応答するまで の呼出音の回数で新しい用件の有無がわかります。 ●● 留守番電話が応答する前に電話を切ると、 通話料金が かかりません。 41  準備  ●「留守呼出回数」48ページ) 「トールセーバー」 ● ( を に設定 します。 留守番電話が応答するまでの 1 家に電話をかけ、 呼出音の回数を数える ●● 3回以内:新しい用件あり ●● 4回以上:新しい用件なし ナンバー・ディスプレイ サービス 利用するには、 サービス申し込みが必要. です。 有料) 43ページ) ( ( 2 留守番電話が応答する前に電話を切る 外出先から留守セットする ナンバー・ディスプレイとは 電話がかかってくると相手の電話番号を表示します。 電話帳に登録した相手のときは… 〈親機〉  前を表示します。 名 (お買い上げ時の設定) 1 携帯電話などで家に電話をかける 暗証番号を押す 2 呼出音が少し小さい音に変わったら、 3 8 を押す 4 完了メッセージが聞こえたら電話を切る ●「 在 宅 呼 出 回 数 」 ● (48 ペ ー ジ ) 「 ジ ド ウ オ ウ ト ウ を シナイ」 にしているときは、 外出先から留守セットで きません。 在宅呼出回数」「ルス」 「 を にしているときは、 呼出音が15回鳴ったあと、 自動的に留守セットされ ます。 スズキ タロウ 「 文 字 表 示 サ イ ズ 切 替 」  (52 ペ ー ジ ) 「 フ ツ を ウ」 に設定すると、 電話番号も表示します。 名 〈子機〉  前と電話番号を表示します。 スズキ タロウ 0987654 ●● 親機の電話帳に直接登録することはできません。 子機 に登録した電話帳を親機に転送して使ってください。 (34 ページ) ●● 電話帳に登録していない相手は、 電話番号を表示します。 ●● 日時と電話番号を着信履歴に記憶します。 30件まで) ( (43・44 ページ) ●● 電話に出なかったときは、 液晶ディスプレイに 「チャ クシンガアリマシタ [ チャクシンリレキ / ファクスイ ンサツ ] オス」 と表示し、 着信履歴 / ファクス印刷ラン プが点灯します。 (留守番電話が応答したとき、 ファク スを自動で受けたときも表示・点灯します) ●● キャッチホン・ディスプレイサービス契約時はキャッ チホンでかかってきた電話も、 相手の番号を表示 (約 30 秒間) 着信履歴に記憶します。 し、 ■ こんな表示が出たとき 親機の 表示 子機の 表示 相手がこんなとき 電話番号を通知して いない 海外など番号を通知 できない電話 着信履歴 ヒツウチ コウシュウデンワ 公衆電話から ヒョウジケンガイ ヒョウジ デキマセン 記憶 される 回線状態が悪いとき ガイセン 記憶 ガイセン チャクシン 電話番号の信号が されない チャクシン 送られてきていない チュウ 42 ■  話をかけるとき自分の電話番号を相手に通知 電 するかしない (非通知) か選べます   常に決めておく かけるたびに (回線ごと) 選ぶ (通話ごと) 付けてかける (74 ページ) ナンバー・ディスプレイを利用する には (契約が必要です) NTTと契約する (有料) ●● NTT以 外 の 通 信 事 業 者 を ご 利 用 の 場 合 は、 ン ナ バー ディスプレイ相当のサービスをご確認のうえ、 ・ 各通信事業者とご契約ください。 NTT に 通知するとき 「通常通知」 申し込み。 通知 しないとき 186 を NTT に 184 を 「通常非通知」 付けてかける 申し込み。 (74 ページ) 本機の設定は必要ありません 工事 (NTTなど) 終了後に利用できる ●● NTT との契約・工事についてのお問い合わせは NTT 窓口 ☎116 (通話料金無料) へ ターミナルアダプターの設定が ●● ISDN 回線のときは、 必要です。 (19 ページ) 利用で ●● ホームテレホン・構内交換機に接続のときは、 きません。 ■ 迷惑電話を受けないようにできます (着信拒否) 相手がこんなとき 着信拒否するには ページ 50 50 50 電話番号を通知 「非通知着信」 を していない 「キョヒスル」 にする 公衆電話 「公衆電話着信」 を 「キョヒスル」 にする 海外など番号を 「表示圏外着信」 を 通知できない 「キョヒスル」 にする 0120・0800で 『 「0120 0800」 ・ 着信』 50 始まる電話番号 を 「キョヒスル」 にする 受けたくない相手 「迷惑電話着信拒否」 50 を 「アリ」 にする ●● 1回線に複数台接続 (19ページ) しないでください。誤 ( 動作の原因) ●● 着信履歴から拒否したい相手を選び、 着信拒否に設定 できます。 44・45ページ) ( ●● 解除するときは、 それぞれの設定を 「キョヒシナイ」 ま たは 「ナシ」 に変更してください。 ●● 着信拒否しても着信履歴に記憶します。 着信履歴に残 さないようにするときは、 51ページ 「着信拒否の履歴保 存」 「シナイ」 に変更してください。 を ●● キャッチホン・ディスプレイをご利用時、 通話中に キャッチホンが入っても、 上記の着信を拒否する設定 は働きません。 ●● 内線電話中、 ドアホン通話中に電話がかかってきても、 上記の着信を拒否する設定は働きません。 (50ペー ジ 「迷惑拒否メッセージ」 「ハナシチュウ」 を に設定時 の 「迷惑電話着信拒否」 は除く) ●● 次の相手からの電話のときは、 「0120・0800」 着信 を拒否する設定は働きません。 親 •  機の電話帳・ワンタッチダイヤルに登録している 相手 • 「パナソニック 修理ご相談窓口」  および 「パナソ ニック ファクス・電話機ご相談窓口」 (82 ページ) ■  ャッチホン・ディスプレイサービス契約時は、 キ 設定してください 【機能】  →    37 → → 【決定】 【▼】 ▲】 【 1 で アリ」 選ぶ 解約時は ナシ」 選ぶ) 「 を ( 「 を → → 【決定】 【ストップ】 ■ ナンバー・ディスプレイの利用をやめるには  ンバー・ディスプレイサービスを解約後、 ナ 下記 の操作を行ってください 【機能】  →    33 → → 【決定】 【▼】 ▲】 【 1 で 「ジドウ」 を選ぶ→ → 【決定】 【ストップ】 親機で着信履歴を使う (ナンバー・ディスプレイ契約時) かかってきた相手 (着信履歴) を. 確認する を押す 1 【着信履歴】 を押す 2 【▲】 チャクシン リレキ シンキ( マーク)    2ケン   ケンサクハ [ケッテイ] オス 電話に出なかった 着信履歴の件数 ■  手によって呼出音を変えられます 相 (着信鳴り分け) 54 ペ ー ジ の 着 信 鳴 り 分 け 」 グ ル ー プ ご と に 「 で 呼出音を設定してください。 ●● 解除するときは、 トウロクシナイ」 「 に変更してくださ い。 を押す 3 【決定】 をくり返し押し、 着信履歴を確認する 4 【▼】 ●● 着信履歴について (44ページ) 43 【ストップ】 を押す 5 確認が終わったら 着信履歴から受けたくない電話を 拒否する → → を押す 1 【着信履歴】 【▲】 【決定】 で電話を受けたくない相手を選ぶ 2 【▼】 →  3 【通話拒否】  を押す を押す 4 【ストップ】 着信履歴から電話をかける → → を押す 1 【着信履歴】 【▲】 【決定】 で電話をかける相手を選ぶ 2 【▼】 3 受話器を取る 着信履歴からファクスを送る → → を押す 1 【着信履歴】 【▲】 【決定】 でファクスを送る相手を選ぶ 2 【▼】 【 (22ページ) ファクス】 、 を押す 3 原稿をセットし 着信履歴について ●● 親機・子機共通で 30 件まで記憶します。 ●● 着信拒否しても着信履歴に記憶します。 着信履歴に残 さないようにするときは、 51ページ 「着信拒否の履歴保 存」 「シナイ」 に変更してください。 を 1 2 着信履歴に 184や186を付けて. かける 2日 14:45 090123456 1 電話に出なかったとき表示 (迷惑電話着信拒否や拒否 設定している相手のときは     」 「 X を表示) 2 名前や電話番号を表示 • 非通知、  公衆電話、 表示圏外の相手から電話がかかっ てきたときは、 ヒツウチ」 コウシュウデンワ」 ヒョ 「 「 「 ウジケンガイ」 と表示 •  話番号の表示されていない部分を見るには 電 【保留】 を押してください。 1 184 または 186 を押す (ポーズ) を押す 2 【留守】 を押す 3 【着信履歴】 で電話をかける相手を選ぶ 4 【▼】 5 受話器を取る 1 件ずつ着信履歴を消去する → → を押す 1 【着信履歴】 【▲】 【決定】 で消去する相手を選ぶ 2 【▼】 →  3 【消去】  を押す 【ストップ】 を押す 4 消去が終わったら 子機で着信履歴を使う (ナンバー・ディスプレイ契約時) かかってきた相手 (着信履歴) を. 確認する (着信履歴) を押す 1 【◀】 ●● 電話に出なかった着信履歴の件数が表示されます。 (例) 「シンキ ( )   3 ケン」 すべての着信履歴を消去する → → →  1 【着信履歴】 【▲】 【消去】   を押す をくり返し押し、 着信履歴を確認する 2 【▼】 ●● 着信履歴について (45ページ) 【切】 を押す 3 確認が終わったら 着信履歴を印刷する →  1 【機能】 着信履歴から電話をかける (着信履歴) を押す 1 【◀】 で電話をかける相手を選ぶ 2 【▼】 を押す 3 【外線】 【決定】 を押す 087 → 44 1 件ずつ着信履歴を消去する (着信履歴) を押す 1 【◀】 で消去する相手を選ぶ 2 【▼】 → を押す 3 【消去】 【はい】 【切】 を押す 4 消去が終わったら 3 電話番号を表示 •  通知、 非 公衆電話、 表示圏外の相手から電話がか かってきたときは、 ヒツウチ」 「 「コウシュウデンワ」 「ヒョウジケンガイ」 と表示 •  話番号の表示されていない部分を見るには 電 【▶】 を押してください。 すべての着信履歴を消去する (着信履歴) 【全消去】 【はい】 → → を押す 1 【◀】 子機でキーロックを使う お掃除などのとき、 誤操作を防ぐため、 子機の操作 ボタンを受けつけないようにできます。 と鳴るまで  1 「ピッ」 ■ 解除するとき 「ピッ」 と鳴るまで    を3秒以上押す   を3秒以上押す 着信履歴から受けたくない電話を 拒否する (着信履歴) を押す 1 【◀】 【 で電話を受けたくない相手を選び、 登録】 2 【▼】 を押す 【 で または 3 【▼】▲】 「メイワク セッテイ」 「キョ 【 を押す ヒ セッテイ」 を選び、 決定】 を押す 4 【はい】 を押す 5 【切】 外からかかってきた電話 の呼出音を変える 親機で呼出音を変える 【決定】 →  を押す 1 【機能】  054 → 【 【 で呼出音を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 を押す 3 【ストップ】 子機で呼出音を変える 【変更】 →  を押す 1 【機能】  054 → 【 【 で呼出音を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 を押す 3 【切】 ■ 呼出音の種類 着信履歴から電話帳に登録する (着信履歴) を押す 1 【◀】 【 で登録する相手を選び、 登録】 を押す 2 【▼】 【 で を選び、 3 【▼】▲】 「デンワチョウ トウロク」 【決定】 を押す 操作を行う 「電話帳に登録する」 の手順2からの 4 33ページの 着信履歴について ●● 親機・子機共通で30 件まで記憶します。 ●● 着信拒否しても着信履歴に記憶します。 着信履歴に残 さないようにするときは、 親機で51ページ 「着信拒否 の履歴保存」 「シナイ」 に変更してください。 を 1 2 3 ベル メロディ 8種類のベル JUPITER/ヴァルキューレの騎行/ CANTATA (主よ、 人の望みの喜びよ) / くるみ割り人形 10/14 10:46 スズキ タロウ 0901234567 1 電話に出なかったとき表示 (迷惑電話着信拒否や拒否 設定している相手のときは     」 「 X を表示) 2 名前を表示 ●● ベル 6 ~ 8: © 2011 Akiyuki Ishida Creative Room. ●● メロディ: © 2006 Copyrights Vision Inc. 45 親機で音量を変える 音量を変える 種類 呼出音量 変えられるとき 変えられ る範囲 【▼】 を押す 1 待機中に 【▲】 【 【 で変更する音量の種類を選び、 決定】 2 【▼】▲】 を押す 【 で音量を変える 3 【▼】▲】 呼出音が鳴っているとき 8 段階 ●● 外線/内線/ /待機中 + 「切」 ドアホン ●● 窓センサー※1 / ドアセンサー※1 ●● 人感センサーの 予備報知音※2 ●● 呼出音量を 「切」 (鳴らさない) に設定するには、 最小音量で 【▼】 を押してください。 解除するには ( 【▲】 ) または を押す 4 【決定】 【ストップ】 子機で音量を変える 通話中/待機中 (親機) 3段階 (子機) 6段階 受話音量 スピーカー 音量 (親機) (親機) 【モニター】 を押したと 8段階※3 き/保留中/操作案内 中/留守電応答中/留 守電再生中/待機中 (子機) (子機) 【スピーカーホン】 を 6 段階 押したとき/留守電応 答中/留守電再生中/ 待機中 【▼】 を押す 1 待機中に 【▲】 【 【 で音量の種類を選び、 変更】 を押す 2 【▼】▲】 【 で音量を変える 3 【▼】▲】 ●● 呼出音量を 「切」 (鳴らさない) に設定するには、 最小音量で 【▼】 を押してください。 解除するには ( 【▲】 ) または を押す 4 【決定】 【切】 ※1 報知レベルが 「ヒクイ」 のときの窓/ドアセンサー の報知音、 ドアセンサーの予備報知音を待機中のみ 変えられます。 ※2 待機中のみ変えられます。 ※3 留守電応答中のみ最小音量で 【▼】 を押して 「切」 鳴 ( らさない) に設定できます。 解除するには ( 【▲】 次 ) ( 回使うときはレベル 「2」 の音量になります) ●● 呼出音を 「切」 にしていても、 下記は最小音量で鳴ります。 • 内線電話/ドアホンの呼出音 •  知レベルが 報 「ヒクイ」 のときの窓/ドアセンサー の報知音 • ドアセンサーの予備報知音 • 人感センサーの予備報知音 ●● 下記は最大音量で鳴ります。 のときの窓/ドアセンサー •  知レベルが 報 「タカイ」 の報知音 • 人感センサーの報知音 親機への名前・電話番号の 登録 ●「184」 ● を付けてファクスを送るときは、 登録した名前 や電話番号は相手に印刷や表示はされません。 あなたの名前を登録する 相手が受けたファクスに印刷されます。 また、 相手機が当社製ファクスの場合のみ、 通信中 に相手のディスプレイに表示されます。 【決定】 →  を押す 1 【機能】  002 → 【 (30文字まで) を入力し、 決定】 を押す 2 名前 ●● 文字入力のしかた (24ページ) を押す 3 【ストップ】 あなたの電話番号を登録する 相手が受けたファクスに印刷されます。 【決定】 →  を押す 1 【機能】  004 → 【 (20ケタまで) を入力し、 決定】 を押す 2 電話番号 ●● スペースは 【保留】 を押します。 を押します。 ●「+」     ● は ●● 間違えたときは 【消去】 を押します。 を押す 3 【ストップ】 46 親機で日付・時刻を 合わせるとき 【決定】 →  を押す 1 【機能】  001 → 【 を押す 2 年・月・日・時刻を入力し、 決定】 を押す 3 【ストップ】 親機の機能一覧 表の見かた 項目 機能名 説明 ●● 時刻は24時間方式で入力。深夜12時は ( 「00:00」 ) 登録・設定のしかた ●● 本機に表示される時刻は 1 か月に約 60 秒ずれること があります。 時刻がずれていると、 タイマー (無鳴動タ イマーなど) が働く時間帯もずれますので、 日付・時刻 を設定し直してください。 タイマー (無鳴動 ●● 日付・時刻が初期値に戻ったときは、 タイマーなど) は働きません。 日付・時刻を設定し直し てください。 ●● 登録 設定が終わったら、ストップ】 ・ 【 を押してください。 機能一覧 最初の設定 日付時刻 現 在 の 日 時 を 設 定 し ま す。 お ( 買 い 上 げ 時:2014年1月1日 00:00) ●● 子機は親機で設定した日付・時刻を表示します。 ( 「ケ ンガイ」 のときは表示できません) ●● 停電時は、 日付・時刻が初期値に戻ることがあります。 (すでに留守番電話や着信履歴などに記録された日付・ 時刻は残ります) →  【機能】   01 → → 【決定】 年・月・日・ 0 時刻を入力 → 【決定】 ●● 時刻は 24 時間方式 (深夜 12:00 は 「00:00」 で ) 入力。 あなたの名前 →  【機能】 相手が受けたファクスに名前が 印刷されます。   02 → → 【決定】 名前を入力 0 (30文字まで)→ 【決定】 ●● 文字入力のしかた (24ページ) あなたの電話 番号 →  【機能】 回線種別 →  【機能】 相手が受けたファクスに電話番 号が印刷されます。 → 【決定】 電話番号を   04 → 0 入力 (20ケタまで)→ 【決定】 電話回線の種類を設定します。 (お買い上げ時の設定:ジドウ)   79 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「ジドウ」 プッシュ」 20」 10」 「 「 「 を選ぶ→ 【決定】 登録リスト印刷. 親機の機能登録の内容を印刷し (3枚印刷) ます。 →  【機能】   00 → 【決定】 0 47 呼出音とベル回数 呼出音 →  【機能】 親機の呼出音を設定します。 (お 買い上げ時:ベル 1) 自動操作案内 ファクス送信時、 コピー時に、 音 声で操作を案内します。 (お買い 上げ時:アリ) →  【機能】   54 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「ベル 1」 「ベル 8」 JUPITER」 ~ 「 「ヴァルキュー レノキコウ」 「CANTATA」 「クルミワリニンギョ ウ」 を選ぶ → 【決定】 ●● 詳しくは (45ページ)   21 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ→ 【決定】 ●● 解除するときは 「ナシ」 にしてください。 親切音声案内 在宅呼出回数 在宅時、 自動的に回線がつなが るまでの呼出音の回数を設定し ます。 (お買い上げ時:15) ワンタッチダイヤル登録時、 メ モリー代行受信したファクスの 印刷時に、 音声で操作案内をし ます。 お買い上げ時:アリ) ( →  【機能】   67 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ→ 【決定】 ●● 解除するときは 「ナシ」 にしてください。 →  【機能】   12 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「3」 5」 「 「10」 「15」 「20」 「ルス」 「ジドウ オウト ウ シナイ」 を選ぶ→ 【決定】 「3」 5」 「 :自動受信に設定される。 自動受信を解除する ときは 「5」 「3」 以外にする。 「ルス」 :呼出音が15回鳴ったあと、 留守セットされる。 「ジドウ オウトウ シナイ」 :電話に出るまで鳴り続ける。 時刻音声案内 「ポーン 午前8時です」 などと時 刻を音声でお知らせします。 (お 買い上げ時:ナシ) →  【機能】 留守呼出回数 留守時、 応答メッセージを流す までの呼出音の回数を設定しま す。 (お買い上げ時:4) 【決定】   75 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「ナシ」 アリ 「 (ツネニ) アリ 」 「 (タイマー) を選ぶ  」 → 「アリ (タイマー):開始時刻と終了時刻を24時間方式 」 (深夜12時は 「00:00」 で入力※→ ) 【決定】 ※ 分」 「 の設定はできません。 ●● 音声のお知らせは親機のみです。 →  【機能】   21 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「2」 4」 6」 9」 ファクス センヨウ」 トールセー 「 「 「 「 「 バー」 を選ぶ→ 【決定】 「9」 :応答するまでの時間が長いため、 相手機のファクス 信号が終了しファクスを自動受信できないことがある。 「ファクス センヨウ」 :ファクスのみ専用で受ける。 (電 話は受けられません) 「トールセーバー」 :41 ページ 電話帳の設定 電話帳印刷 →  【機能】 電話帳の内容を印刷します。 自動あんしん 応答 →  【機能】 電話が鳴ったら自動的にあんし ん 応 答 に し ま す。 お 買 い 上 げ ( 時:ナシ)   41 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「オヤキ (サイダイ 4マイ) コキ 」 「 (サイダイ 4マ イ) を選ぶ→ 」 【決定】 「 コ キ サ イ ダ イ 4 マ イ ):子 機 で 34 ペ ー ジ 子 機 ( 」 「 の電話帳を親機または別の子機へ転送する」 の操作を行 い、 転送先に 「オヤキ」 を選んで一斉転送してください。   61 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ→ 【決定】 「アリ」 : 【 ▲】 【▼】 で呼出回数を 「5」 「3」 「10」 から選ぶ → 【決定】 ●● 詳しくは (31ページ) 電話帳転送 親機の電話帳の内容を子機に転 送します。 →    43 → → 【機能】 【決定】 34ページ 1 「親機の電話帳を子機へ転送する」 の手順2からの 操作を行う 電話帳全消去 親機の電話帳の内容をすべて消去 します。 音声の設定 ファクス音声 案内 →  【機能】 送受信結果の音声を流します。 (お買い上げ時:アリ) →  【機能】   44 → → 【決定】   1   20 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ→ 【決定】 ●● 解除するときは 「ナシ」 にしてください。 48 ファクスの受け方 自動受信 ファクスを自動受信するように 設定します。 (お買い上げ時:シ ナイ) 読取濃度 →  【機能】 原稿の読み取り濃度を設定しま す。 お買い上げ時:フツウ) (   51 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 を選ぶ→ 「コク」 フツウ」 「 【決定】 ●● ファクスやコピーなどの原稿が薄いときに 「コク」 を 選んでください。 ●● 画質が 「シャシン」 のときは、コク」 「 に設定しても 「フ ツウ」 で読み取ります。 →  【機能】   16 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「 を選ぶ→ 「スル」 シナイ」 【決定】 「スル」 :呼出音が3回鳴ったあと、 自動受信する。 「シナイ」 :自動受信を解除する。 ファクス全消去 ファクスをすべて消去します。 →  【機能】   88 → → 【決定】   0 無鳴動受信 在 宅 時、 出 音 を 鳴 ら さ ず に 呼 ファクスを受信します。 (お買い 上げ時:シナイ) →  【機能】 【決定】   14 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「シナイ」 「ツネニスル」 「タイマー」 を選ぶ→ 「タイマー」 :開始時刻と終了時刻を 24 時間方式 (深夜 12時は 「00:00」 で入力 → ) 【決定】 留守番電話の設定 留守電暗証番号 外出先から操作するときの暗証 番号を設定します。 →    06 → → 【機能】 【決定】 4ケタの数字 0 を入力 → 【決定】 ●● 暗証番号は、 「0000」 や電話番号の一部など推測さ れやすい番号は登録しないでください。 また、 定期的 に変更することをお勧めします。 エコノミー受信 記録紙節約のため、 縮小して印刷 します。お買い上げ時 アリ 〔 : (1) 〕 →  【機能】   90 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 を選ぶ→ 「アリ (1) 」 「アリ (2) 」 「ナシ」 【決定】 「アリ (1):約92 % 」 (縦方向) に縮小して印刷 「アリ (2):原寸で印刷 」 (収まらない部分は印刷しない) 「ナシ」 :原寸で印刷 (収まらない部分は 2 枚目に印刷) 用件録音時間 →  【機能】 用件転送 →  【機能】 用件1件あたりの録音時間を設 定します。お買い上げ時 2フン) ( : ファクスの設定 海外送信 →  【機能】 Fネット 海外へうまく送れないときに設 定します。 (お買い上げ時:ナシ)   30 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 を選ぶ→ 「2フン」 サイダイ」 「 【決定】 用件を外出先に転送します。 (お 買い上げ時:シナイ)   23→ → で 【決定】【▼】▲】「1 【 0 カイ」 ナシ」 「 を選ぶ→ 【決定】 NTT の F ネットサービスを契約 しているときに設定します。 (お 買い上げ時:ナシ)   42 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「 を選ぶ→ 「スル」 シナイ」 【決定】 「スル」 :転送先の電話番号を入力する (24 ケタまで) → 【決定】 → 暗証番号を登録していないときは暗証番号 ( を 4 ケタで入力 → 【決定】 ) 自作応答録音 →  【機能】 →  【機能】   05 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「 を選ぶ→ 「アリ」 ナシ」 【決定】 ●● NTTのFネットサービスを契約しているときや、 ホー ムテレホンに接続するときは、 「アリ」 に設定してく ださい。 自分の声で応答メッセージを録 音します。   47 → → 【決定】 録音するメッ 1 → セージの番号を押す→ 受話器を取る→ 【決定】 「ピー」 音のあと、 受話器に向かって録音する (20 → 秒以内)→ 【ストップ】 受話器を戻す 自作応答消去 自作応答メッセージを消去します。 通信レポート 印刷 →  【機能】 ファクス送受信のレポートを印 刷します。 ●● 最新の25件が印刷されます。   40 → 【決定】 0 ファクスの印刷濃度を設定しま す。 (お買い上げ時:フツウ) →  【機能】   48 → → 【決定】 消去するメッ 1 セージの番号を押す→  受信印字濃度 →  【機能】   99 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 を選ぶ→ 「コク」 「フツウ」 「ウスク」 【決定】 49 留守応答メッ セージ →  【機能】 応答メッセージを選びます。 (お 買い上げ時:コテイ 1) 表示圏外着信   28 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「コテイ 1」 「コテイ 2」 「ジサク 1」 「ジサク 2」 を選 ぶ→ 【決定】 ●「 コ テ イ1」 メ ッ セ ー ジ 2 ● は (53ペ ー ジ ) コ テ イ 、 「 2」 はメッセージ 6 (53ページ) が流れます。 自作 「 応答録音」 を録音していないときは、 ジサク1」 ジサ 「 「 ク2」 は選べません。 表示圏外の電話に出ないよう設 定します。 (お買い上げ時:キョ ヒシナイ) →  【機能】 → で 【決定】 【▼】▲】 【   87 → 1 「キョヒシナイ」 キョヒスル」 「 を選ぶ→ 【決定】 「キョヒスル」 :表示圏外からの電話は、 呼出音が鳴らず に相手にメッセージ l (53 ページ) が流れます。 用件全消去 →  【機能】 用件をすべて消去します。   63 → → 【決定】   1 自動あんしん応答中・留守応答中 に応答メッセージや相手の声が スピーカーで聞こえるように設 定します。 お買い上げ時:アリ) ( 「0120・ 0800」 着信 →  【機能】 「0120」 0800」で 始 ま る 番 「 号の電話に出ないよう設定しま す。 (お買い上げ時 キョヒシナイ) : 音声モニター   90 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「キョヒシナイ」 キョヒスル」 「 を選ぶ→ 【決定】 「キョヒスル」 : 「0120」 「0800」 や で始まる番号から 電話がかかってくると、 呼出音が鳴らずに、 0120 キョ 「 ヒチュウ」 「0800 キョヒチュウ」 や と表示されます。 相 手にはメッセージ m (53 ページ) が流れます。 →  【機能】   74 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ→ 【決定】 前から録音時 間 聞き逃した通話を録音時、 何分 前にさかのぼって録音するかを 設定します。 お買い上げ時:10 ( プン) (250 件まで) 迷惑電話着信 拒否 特定の相手からの電話に出ない よ う 設 定 し ま す。 お 買 い 上 げ ( 時:ナシ) →  【機能】   36 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 を選ぶ→ 「アリ」 ナシ」 「 【決定】 「アリ」 : 【▲】 【▼】 で登録・修正する番号を選ぶ ※1 → 電 話番号を入力 ~ 20 ケタまで)→ (5 【決定】 ●● 拒否した相手からの電話は、 呼出音が鳴らずに相手 にメッセージ n ※ 2 (53 ページ) が流れます。 光回 線などに接続する機器によっては、 相手に呼出音 (プ ルル・プルル…) が流れることがあります。 にしてください。 ●● すべて解除するときは 「ナシ」 ●● 個別に解除するときは 【機能】  →    36 → 【決定】 【▼】 で → 【▲】 「アリ」 1 を選ぶ→ 【決定】 【▼】 ▲】 → 【 で解除する番号を選ぶ →カーソルが先頭のときに 【消去】 2 秒以上押す→ を 【決定】 ●● F ネットの番号 「161」 も登録して拒否することがで きます。 ※ 1 修正する番号を選んだときは、 【再生】 を押すと、 最終着信日を確認できます。 ※ 2 メッセージは 「迷惑拒否メッセージ」 (下記) で変 更することができます。 →  【機能】   16 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「1プン」 「10 プン」 を選ぶ→ 【決定】 ナンバー・ディスプレイ キャッチホン・ キ ャ ッ チ ホ ン・デ ィ ス プ レ イ ディスプレイ サービスを利用するときに設定 します。 (お買い上げ時:ナシ) →  【機能】   37 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「 を選ぶ→ 「アリ」 ナシ」 【決定】 非通知着信 非通知の電話に出ないよう設定 します。 (お買い上げ時:キョヒ シナイ) →  【機能】   84 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「キョヒシナイ」 「キョヒスル」 を選ぶ→ 【決定】 「キョヒスル」 :非通知の電話は、 呼出音が鳴らずに相手 にメッセージ j (53ページ) が流れます。 迷惑拒否メッ セージ →  【機能】 迷惑電話着信拒否で流すメッ セージを設定します。 (お買い上 げ時:メッセージ1) 公衆電話着信 公衆電話からの電話に出ないよ う設定します。 (お買い上げ時: キョヒシナイ)   39 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「メッセージ1」 メッセージ2」 ハナシチュウ」 「 「 を 選ぶ  【決定】 → ●「メッセージ1」 ● はメッセージ n、 「メッセージ2」 は メッセージ 5 が流れます。 (53 ページ) 話し中の音 (プープープー ●「ハナシチュウ」 ● にすると、 プー) が相手に聞こえます。 →  【機能】   86 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「キョヒシナイ」 「キョヒスル」 を選ぶ→ 【決定】 「キョヒスル」 :公衆電話からの電話は、 呼出音が鳴らず に相手にメッセージ k (53 ページ) が流れます。 迷惑電話着信. 迷惑電話着信拒否に登録された 拒否リスト印刷 電話番号を印刷します。 (最大3枚印刷) →  【機能】   42 → 【決定】 0 50 着信拒否の履歴 着信拒否された相手の電話を履 保存 歴に残さないよう設定します。 (お買い上げ時:スル) →  【機能】   85 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「 を選ぶ  【決定】 → 「スル」 シナイ」 着信履歴印刷 →  【機能】 着信履歴の内容を印刷します。 窓/ドアセン サー名 →  【機能】 窓/ドアセンサーの名前を変更 します。   26 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 → 変更するセンサーを選ぶ  【決定】 【▼】▲】 → 【 で新しいセンサー名 (25種類) を選ぶ→ 【決定】 ●● センサー名は下記から選ぶことができます。 ディス ( プレイにはカタカナと数字で表示されます)  間、 居 洋室 1、 洋室 2、 洋室 3、 和室 1、 和室 2、 和室 3、 寝室、 キッチン、 廊下、 階段、 階、 階、 1 2 倉庫、 事務所、 玄 関1、 関2、 手 口、 斎、 父 母、 パ、 マ、 玄 勝 書 祖 パ マ 子供 1、 子供 2、 子供 3 ●「トウロク シナイ」 ● にすると、 窓/ドアが開いたとき にセンサー名が表示されません。   87 → 【決定】 0 接続機器の設定 子機増設 →  【機能】 押す 子機を登録します。   23 → →増設番号を 【決定】 1 窓/ドアセン 窓/ドアセンサーのエリアを変 サーエリア変更 更します。 →  【機能】   25 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 → 変更するセンサーを選ぶ→ 【決定】 【▼】▲】 【 で新しいエリア (エリア1~3) を選ぶ→ 【決定】 窓/ドアセン サー通知 報知レベルが 「タカイ」 に設定さ れたとき、 外出先で窓/ドアセ ンサーの通知を受けます。 (お買 い上げ時:シナイ) ●● 詳しくは (61ページ) 子機減設 →  【機能】 押す 子機の登録を解除します。   78 → →減設番号を 【決定】 1 ●● 詳しくは (61ページ) 中継アンテナ 設定 →  【機能】 中継アンテナを登録します。 →  【機能】 ●● 詳しくは (61ページ)   01 → → (減設) ま 【決定】  1 1 (増設) たは 2   85 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「 「 を選ぶ  【決定】 → 「シナイ」 ルス」 スル」 「ルス」 「スル」 :通知先の電話番号を入力 (24 ケタまで) → 【決定】 ●● 留守セット時のみ通知するときは 「ルス」 すべて通 、 知するときは 「スル」 にしてください。 にしてください。 ●● 解除するときは 「シナイ」 ワイヤレス. ワイヤレスアダプター機能付き アダプター設定 テレビドアホンを登録します。 →  【機能】   64 → → (減設) ま 【決定】  1 1 (増設) たは 2 ドアホンの名前を登録します。 ●● 詳しくは (55ページ) ドアホン名前 →  【機能】   86 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 → 登録するドアホンを選ぶ  【決定】 名前を入力 → (12文字まで) 【決定】 → ●● 文字入力のしかた (24 ページ) ドア予備報知 報知レベルが 「タカイ」 に設定さ 時間 (帰宅時) れたとき、 帰宅時にドアを開け てから最大音量で報知音が鳴る までの時間を選びます。 (お買い 上げ時:3プン) →  【機能】   27 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「1プン」 3プン」 5フン」 「 「 を選ぶ  【決定】 → ドア報知遅延 報知レベルが 「タカイ」 に設定さ 時間 (外出時) れたとき、 外出時にドアが開い ても、 報知しない時間を選びま す。 お買い上げ時:3プン) ( →  【機能】   82 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「1プン」 3プン」 5フン」 「 「 を選ぶ  【決定】 → 窓/ドアセン サー設定 →  【機能】 窓/ドアセンサーを登録します。   84 → → (減設) ま 【決定】  1 0 (増設) たは 2 ●● 詳しくは (57ページ) 51 その他の設定 フィルム警告 表示 別売品のインクフィルムの残量 が残り6 枚になったとき、 警告 表示をします。 (お買い上げ時: ナシ) TA/スプリッタ 光回線 (ひかり電話) ADSLや 、 接続 ISDN回線に接続するときに設 定します。 お買い上げ時:ナシ) ( →  【機能】   72 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ  【決定】 → ●「アリ」 ● に設定すると、 電話の声をやや小さくして、 反 響を抑えます。 ●● ターミナルアダプター (TA) に接続すると、 自動的に 「アリ」 になります。 「ナシ」 になっているときは、 「ア リ」 に設定してください。 →  【機能】 → で 【決定】 【▼】▲】 【   98 → 0 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ  【決定】 → ●● インクフィルムを交換したあとに設定してくださ い。 設定すると、 バックカバーの開閉時に 「インク フィルムヲ コウカン シマシタカ?」 と表示します。 交換したときは  、 交換していないときは   を押 してください。 ●● インクフィルムを使用したあとに設定すると正しく 表示されません。 構内交換機接続 構内交換機に接続するときに設 定します。 お買い上げ時:ナシ) ( →  【機能】   71 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ  【決定】 → ●● 構内交換機やホームテレホンに接続するときは、 ア 「 リ」 に設定してください。 保留メロディ →  【機能】 保留メロディを設定します。 (お 買い上げ時:アイノアイサツ)   22 → → 【決定】【▼】▲】「ア 【 で 0 イノアイサツ」 JUPITER」 ヴァルキューレノキコ 「 「 ウ」 CANTATA」 「 を選ぶ → 【決定】 © 2006 Copyrights Vision Inc. 分割コピー A4サイズより長い原稿の下部 を次ページに印刷します。 (お買 い上げ時:ナシ) →  【機能】 キー確認音 →  【機能】 ボタンを押すたびに 「ピッ」 と鳴 らします。 (お買い上げ時:アリ)   91 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ→ 【決定】 ●「ナシ」 ページで中断します。 ● :1   58 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ  【決定】 → 文字表示サイズ 電話帳検索・着信履歴検索・ダイ 切替 ヤル・外線着信・通話時・待機時 などの文字表示サイズを設定し ます。 (お買い上げ時:オオキイ) 選んでケータイ 携 帯 電 話 へ の 通 話 料 金 を 選 ぶ サービスを利用するときに設定 します。 お買い上げ時:ナシ) ( →  【機能】   98 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ→ 【決定】 「アリ」 :事業者識別番号を入力 (10 ケタまで) 【決定】 → →  【機能】   37 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 0 「オオキイ」 「フツウ」 を選ぶ  【決定】 → 「オオキイ」 : 「フツウ」 に比べて名前 電話番号などを縦 ・ ・ 横約1. 5倍で表示。 IP電話解除 →  【機能】 IP電話解除番号を登録します。 (お買い上げ時:ナシ)   99 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 → 「アリ」 ナシ」 「 を選ぶ  【決定】 「アリ」 :IP電話解除番号を入力 (8ケタまで) 【決定】 → LCD コントラ スト →  【機能】 液晶ディスプレイのコントラス ト を 調 整 し ま す。 お 買 い 上 げ ( 時:フツウ) 携帯電話局番 →  【機能】 携帯電話局番を設定します。 ク」 ヤヤ コク」 フツウ」 ヤヤ ウスク」 ウスク」 「 「 「 「 を 選ぶ  【決定】 → → 【決定】【▼】▲】「コ 【 で 0   52 →   97 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 登録するNo. を選ぶ  4または5ケタの携帯電話 → 局番を入力 (消去するときはカーソルが先頭のと きに 【消去】 を2秒以上押す) 【決定】 → ●● 市外局番、 事業者識別番号など携帯電話局番以外の 番号は設定しないでください。 お知らせ時の バックライト →  【機能】 お知らせがあるときに液晶ディ スプレイのバックライトを点灯 させます。 (お買い上げ時:アリ)   65 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「アリ」 「ナシ」 を選ぶ  【決定】 → ●「ナシ」 ● に設定すると、 お知らせがあってもバックラ イトが点灯しなくなります。 あんしんセン サー予備報知 時間 センサーオンに設定された人感 センサー付子機が反応してから 最大音量で報知音が鳴るまでの 時 間 を 選 び ま す。 お 買 い 上 げ ( 時:30ビョウ) →  【機能】   59 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「15ビョウ」 30ビョウ」 1プン」 3プン」 「 「 「 を選 ぶ  【決定】 → 52 みまもりセン サー通知 外出先などで人感センサーの反 応の有無、 反応した子機の番号・ 回数の通知を受けます。 (お買い 上げ時:シナイ) メッセージ 番号 メッセージ内容 ページ →  【機能】   18 → → で 【決定】 【▼】▲】 【 1 「スル (ハンノウジニ ツウチ) 」 「スル (ムハンノウ ジニ ツウチ) を選ぶ→ 」 → 【決定】 64 ページ 「親機でみまもりセンサー通知を設定する」 の手 順 3からの操作を行う ●● 解除するときは 「シナイ」 にしてください。 7 ただいま留守にしております。 ファ クスをご利用の方は送信してくだ 39 さい。 電話の方はおそれいります が、 のちほどおかけ直しください。 ただいま留守にしております。 ファ クスをご利用の方は、 おそれいりま すが、 のちほどおかけ直しください。 39 電話の方は 「ピー」 という音に続けて お名前とご用件をお話しください。 ただいま留守にしております。 おそ れいりますが、 のちほどおかけ直し 39 ください。 あなたの電話番号は通知されてい 30 ません。 おそれいりますが、 電話番 31 号の前に 「186」 を付けて、 おかけ 50 直しください。 公衆電話からはおつなぎできませ 30 ん。 おそれいりますが、 公衆電話以 31 外から、 おかけ直しください。 50 30 表示圏外からの電話はおつなぎで 31 きません。 50 おそれいりますが、 あなたの電話番 50 号からはおつなぎできません。 30 おそれいりますが、 この電話はおつ 31 32 なぎできません。 50 あんしん応答モードになっていま 31 す。 あなたのお名前をおっしゃって 32 ください。 呼び出しましたが近くにおりませ ん。 おそれいりますが、 のちほどお 32 かけ直しください。 8 出荷時へ戻す すべてお買い上げ時の設定に戻 します。 9 →    11 → → 【機能】 【決定】   …→ 【決定】 1 j メッセージ一覧 メッセージ 番号 メッセージ内容 ページ k l 1 呼び出しましたが近くにおりません。 ファクスをご利用の方は送信してく 37 ださい。 電話の方はおそれいります が、 のちほどおかけ直しください。 ただいま電話に出ることができま せん。 ファクスをご利用の方は送信 39 してください。 電話の方は 「ピー」 50 という音に続けてお名前とご用件 をお話しください。 ただいま電話に出ることができま せん。 ファクスをご利用の方は送信 してください。 電話の方はおそれい 39 りますが、 のちほどおかけ直しくだ さい。 ただいま電話に出ることができま せん。 ファクスをご利用の方は、 お それいりますが、 のちほどおかけ直 39 しください。 電話の方は 「ピー」 と いう音に続けてお名前とご用件を お話しください。 ただいま電話に出ることができま 39 せん。 おそれいりますが、 のちほど 50 おかけ直しください。 ただいま留守にしております。 ファ クスをご利用の方は送信してくだ 39 さい。 電話の方は 「ピー」 という音 50 に続けてお名前とご用件をお話し ください。 m n 2 o p 3 4 5 6 53 クイック通話 子機の機能一覧 →  【機能】 充電台から取るだけで電話をか けるよう設定します。 お買い上 ( げ時:ナシ)   08 → で 「 【▼】▲】 「アリ」 ナ 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】 電話帳のグループ、 非通知、 公衆 電話、 表示圏外ごとに呼出音を 変えることができます。 表の見かた 機能名 説明 着信鳴り分け 登録・設定のしかた 【切】 を押してください。 ●● 登録・設定が終わったら、   35 → でグループ (1 【▼】▲】 【 1 ~9) ・非通知・公衆電話・表示圏外を選ぶ → → で呼出音を選ぶ → 【決定】 【▼】▲】 【 【決定】 →  【機能】 ●● 解除するときは 「トウロクシナイ」 にしてください。 ●● 電話帳のグループを登録してください。 33ページ) ( ●● 電話帳に登録していない電話番号からかかってくる と、 子 機 で 呼 出 音 を 変 え る 」 「 (45 ペ ー ジ ) 設 定 で した呼出音が鳴ります。 ●● 子機で着信鳴り分けを設定すると、 子機の呼出音が遅 れて鳴り始めることがあります。 機能一覧 子機の名前 子機に名前を付けます。 (内線呼 出時に相手側に表示) →    02 → 名前を入力 (12 文字ま 【機能】 0 で) 【決定】 → ●● 文字入力のしかた (24 ページ) 音声モニター 呼出音設定 →  【機能】 子機の呼出音を設定します。 (お買い上げ時:ベル 1) →  【機能】 自動あんしん応答中・留守応答中 に応答メッセージや相手の声が スピーカーで聞こえるように設 定します。 お買い上げ時:アリ) (   54 → → で 【変更】 【▼】▲】 【 0 「ベル 1」 「ベル 8」 ~ 、 「JUPITER」 「ヴァルキュー レ」 CANTATA」 「 「クルミワリニンギョウ」 を選ぶ → 【決定】 ●● 詳しくは (45ページ)   74 → で 「 【▼】▲】 「アリ」 ナ 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】 電話帳に登録します。 電話帳登録 →  【機能】 オフフック応答 充電台から取るだけで電話を受 けるよう設定します。 (お買い上 げ時:ナシ) →  【機能】   09 → で 「ナ 【▼】▲】 「アリ」 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】   00 → 33ページ 「電話帳に 2 登録する」 の手順2からの操作を行う 電話帳転送 子機の電話帳の内容を親機また は別の子機に転送します。 →  【機能】 エニーキーアン どのキーを押しても電話を受け サー ます。 ( 【▲】◀】▶】切】1】 【▼】 【 【 【 【 【2】 【機能】 【3】 以外) お買い上げ ( 時:アリ) →  【機能】   64 → で 「ナ 【▼】▲】 「アリ」 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】 ボタンを押すたびに 「ピッ」 と鳴 らします。 お買い上げ時:アリ) (   43 → 34ページ 「子機の電 1 話帳を親機または別の子機へ転送する」 の手順3か らの操作を行う 子機の電話帳の内容をすべて消去 します。 電話帳全消去 →  【機能】   44 → → 【決定】 【はい】 1 「ナシ」 : 【外線】 スピーカーホン】 、 【 で電話を受けます。 グループの名前 電話帳のグループの名前を登録・ 修正します。 →  【機能】   29 → で登録・修正 【▼】▲】 【 0 →名前を入力 (12 するグループを選ぶ → 【決定】 文字まで)→ 【決定】 ●● 文字入力のしかた (24ページ) キー確認音 →  【機能】   58 → で 「ナ 【▼】▲】 「アリ」 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】 保留中、 4秒ごとに 「ピーッ」 と鳴 らします。 お買い上げ時:アリ) ( 保留通知音 →  【機能】 子機増設 →  【機能】 子機を登録します。 (先に親機の 設定が必要です)   23 → 【登録】 1   69 → で 「ナ 【▼】▲】 「アリ」 【 0 シ」 を選ぶ → 【決定】 ●● 詳しくは (61 ページ) 54 子機減設 →  【機能】 子機の登録を解除します。   78 → → 【決定】 【はい】 1 すべてお買い上げ時の設定に戻 します。 → → → 4 [設定を変更] [登録/減設] [登録] [ワイヤレスアダプター機能] をタッチする ●● 登録が完了すると 「登録完了」 と表示されます。 出荷時へ戻す →  【機能】 【決定】 5 登録が終わったら    を押す   11 → → …→ 【決定】 【はい】 1 ●● 登録後は、 設置場所で電波状態を確認してください。 (テレビドアホンの取扱説明書をお読みください) ■  録後、 登 ドアホンの呼出ボタンを押し、 親機また は子機が鳴ることを確認してください。  アホン1を押すと ド 「ピーンポーン」ドアホン2 、 、 を押すと 「ピンポーン ピンポーン」 ドアホン3 を押すと 「ポーン ポーン ポーン」 と鳴ります。 ドアホンを一度押さないと、 本機からドアホン に呼びかけられません。 ワイヤレスアダプター機能を 使ってドアホンを接続する ワイヤレスアダプター機能付きテレビドアホンを 使うと、 ドアホンとの通話ができます。 (音声のみ) ●●ドアホンアダプター (VE-DA10/VE-DA10-H) を使って、 ドアホンを接続することはできません。 ●● その他のワイヤレスアダプター機能付きテレビドアホ ンの場合は、 テレビドアホンの取扱説明書をお読みく ださい。 ●● 中継アンテナを設置するとき 中継アンテ •  アホン親機とファクス親機の間には、 ド ナは使えません。 •  置できる中継アンテナの台数は、 本機とテレビド 設 アホン全体で 2 台までです。 •  機で登録する番号とテレビドアホンで登録する 本 番号は、 違う番号にしてください。 (同じ番号にする と使えません) 接続できるテレビドアホン (2014年10月現在) [パナソニック製品] (間に障害物がない場合) ドアホン 1 ドアホン 2 ドアホン 3 ワイヤレスアダプター機能付き テレビドアホン (例:VL-SWD701KL) VL-SWD701KL VL-SVD701KL VL-SVD501KL VL-SVD300KL VL-SWD701KS VL-SVD701KS VL-SWD700KL VL-SWD501KL VL-SWD501KS VL-SVD501KS VL-SWD300KL VL-SWD200K VL-SWD210K VL-SWD301KL VL-SVD301KL 登録する ■ 親機でドアホン親機を登録する ●● 親機・ドアホン親機で登録操作中は、 電話機コードを 抜いてください。 ●● 接続できるワイヤレスアダプター機能付きテレビドア ホン (ドアホン親機) 1 台のみです。 は ●● 本機は無線通信に 1. 9 GHz帯を使用しています。 2. 4 GHz帯を使用しているテレビドアホンには接続 できません。 【決定】 →  を押す 1 【機能】  164 → (増設) を押す 2 2   けて、 分以内にドアホン親機 続 2 を操作してください。 テレビドアホンの接続をやめるとき ■ 親機で登録を消す ■ ドアホン親機で登録する (VL-SWD701KL の場合) [設定/情報] をタッチする 3 トップメニューで 【決定】 →  を押す 1 【機能】  164 → (減設) →    を押す 2 1 を押す 3 【ストップ】 55 ■ ドアホン親機で減設する (VL-SWD701KL の場合) [設定/情報] をタッチする 4 トップメニューで → → → 5 [設定を変更] [登録/減設] [減設] [ワイ ヤレスアダプター機能] [はい] → をタッチする   を押す 親機でドアホンと通話中に、 かかってきた 電話を受ける ドアホンとの通話を切る 1 受話器を戻し、 電話の相手と話す 2 受話器を取り、 6 減設が終わったら  子機でドアホンと通話中に、 かかってきた 電話を受ける を押し、 ドアホンとの通話を切る 1 【切】 を押し、 電話の相手と話す 2 【外線】 ドアホンに出る 来客があったときに親機で受ける 受話器を取り、 話す 1 呼出音が鳴ったら、 2 終わったら受話器を戻す 親機からドアホンに呼びかける を押す 1 【内線】 【 で呼びかけるドアホンを選び、 2 【▼】▲】 こともできます。 【決定】 を押す ●● 7 (ドアホン 1) 9 ~ (ドアホン 3) を押して選ぶ 来客があったときに子機で受ける 【 を押し、 話す 1 呼出音が鳴ったら、 内線】 【切】 を押す 2 終わったら 親機で電話中に来客があったとき ■ 電話を切って出る 電話を切る 1 受話器を戻し、 来客と話す 2 受話器を取り、 ■ 電話を保留して出る を押す 1 【保留】 ●● 電話は保留され、 ドアホンの呼出音が鳴ります。 呼びかける 3 受話器を取り、 子機からドアホンに呼びかける を押す 1 【内線】 【 で呼びかけるドアホンを選び、 2 【▼】▲】 こともできます。 【決定】 を押す ●● 7 (ドアホン 1) 9 ~ (ドアホン 3) を押して選ぶ 3 呼びかける ●● 次のことは、 できません。 •  機のスピーカーホンでのドアホン通話 子 •  アホンとの通話を ド (子機や親機に) まわす。 • ドアホン・親機・子機の 3 者通話。 • 留守セット中、 来客者の声を録音する。 •  ァクス送受信中のドアホン通話。 フ (親機の呼出音は鳴ります) • ドアホンとの通話を録音する。 ●● 相手と交互に話してください。 同時に話すと途切れる ( ことがあります) を押し、 来客と話す 2 【内線】 を押し、 電話に戻る 3 【内線】 ●● ドアホンとの通話が終わり、 保留が解除されます。 子機で電話中に来客があったとき ■ 電話を切って出る を押し、 電話を切る 1 【切】 を押し、 来客と話す 2 【内線】 ■ 電話を保留して出る を押す 1 【保留】 ●● 電話は保留され、 ドアホンの呼出音が鳴ります。 窓/ドアセンサーを 接続する 別売品の窓/ドアセンサー (67ペ ー ジ ) 接 続 を すると、 親機や子機で窓/ドアの開閉状態を確認で きます。 また、 窓/ドアが開いたときに親機と子機 が音と表示でお知らせします。 ●● 窓/ドアセンサーの接続は 14台まで。 ●● 3 つのエリア (エリア 1 ~ 3) に分けて管理できます。 56 を押し、 来客と話す 2 【内線】 を押し、 電話に戻る 3 【外線】 ●● ドアホンとの通話が終わり、 保留が解除されます。 ●● 電池を入れても 「ピッ」 と鳴らないときは、 窓/ド アセンサーの取扱説明書をお読みください。 ●「ピッ ピッ ピッ」 ● のあと 「ピー」 と約1秒間鳴っ たら登録完了です。 ●● 初めて窓/ドアセンサーを登録したときは、 報知レベ ル は ヒ ク イ 」 設 定 さ れ ま す。 ペ ー ジ 報 知 レ 「 に 58 「 ベルを設定する」 で変更できます。 (間に障害物がない場合) 窓センサー (KX-FSD10) ドアセンサー (ECID20A) 接続をやめるとき (親機での操作) 【決定】 → を押す 1 【機能】    084 → (減設) を押す 2 1 【 で使わなくなるセンサーを選び、 3 【▼】▲】 【決定】 を押す 4  を押す を押す 5 【ストップ】 ●● 使わなくなった窓/ドアセンサーは、 電池を外し てください。 (誤動作の原因) ●● 窓/ドアセンサーの取扱説明書と合わせて、 よくお読 みください。 動作について 窓/ドアセンサー報知時の動作は報知レベルに よって変わります。 登録する 親機で窓/ドアセンサーを登録する ●● 親機・窓/ドアセンサーで登録操作中は、 電話機コー ドを抜いてください。 【決定】 → を押す 1 【機能】    084 → (増設) を押す 2 2 【 【 で登録するセンサーを選び、 決定】 3 【▼】▲】 を押す ●● 報知音が鳴っているときは、 外線・ドアホンからの呼 び出しがあっても呼出音は鳴りません。 ●● 報知音が鳴っているときに他の窓/ドアが開いたとき は、 あとで開いた窓/ドアセンサーに対しての動作に 切り替わります。 ●● 報知レベルが 「タカイ」 ときの報知音は音量設定にか かわらず最大音量で鳴ります。 ときの報知音、 予備報知音は、 ●● 報知レベルが 「ヒクイ」 設定した音量で鳴り、 呼出音切のときは 「レベル 1」 の 音量で鳴ります。 【 で設置するエリア (エリア 1 ~ 3) を 4 【▼】▲】 【 を押す 選び、 決定】 ●● エリアはあとで変更できます。51ページ ( 「窓/ドア センサーエリア変更」 ) 窓センサーを報知レベル 「タカイ」 または. 〈親機〉 ルス 「 (タカイ)、 子機〉 ルス」 」 〈 「 で使う 「タカイ」 または 〈親機〉 ルス 「 (タ 1 報知レベルを カイ)、 子機〉 ルス」 」 〈 「 に設定する ●〈親機〉 ● 「ルス (タカイ)、 」 〈子機〉 「ルス」 に設定した ときは続けて留守セットします。 【 で登録するセンサー名を選び、 5 【▼】▲】 【決定】 を押す ●● センサー名はあとで変更できます。51ページ ( 「窓/ ドアセンサー名」 )   けて、 分以内に窓/ドアセン 続 2 サーを操作してください。 2 窓が開く 親機・子機 開いた窓の情報が表示される 窓センサー 「ヒュンヒュン と約 報知音が 「プルルルプルルル…」 と最 ヒュン…」 30秒間鳴る 大音量で約3分間鳴る 窓/ドアセンサーで登録する 「モード 1」 にする 6 モード切替スイッチを 2 7 電池を入れ、 分以内に登録ボタンを 3 秒以上 押す 57 ●● 報知音を止めるときは、 親機は 【ストップ】 子機は 、 【停止】 または 【切】 を押します。 親機・子機 窓センサー ドアセンサー ドアセンサーを報知レベル 「タカイ」 また は 〈親機〉 ルス 「 (タカイ)、 子機〉 ルス」 」 〈 「 で使うとき 「タカイ」 また 1 外出する前などに報知レベルを は 〈親機〉 「ルス (タカイ)、 」 〈子機〉 「ルス」 に設定 する ●〈親機〉 ルス ● 「 (タカイ)、 子機〉 ルス」 」 〈 「 に設定した ときは続けて留守セットします。 開いた窓やドアの情報 「ピーピー 「ピーピー」 が約10秒間表示される ピーピー」 と鳴る 報知音が 「ポンポン ポ と鳴る ンポン」 と約3秒間鳴る ●● 報知音を止めるときは、 親機は 【ストップ】子機は 、 【切】 を押します。 2 外出などのためにドアを開ける 3 外出後にドアが開く 親機・子機 開いたドアの情報が表示される 報知レベルを設定する 使いかたに合わせて報知レベルを設定してください。 (約 3 分間※1 報知音が鳴らない) 親機で報知レベルを設定する ドアセンサー を押す 1 【機能】 【 で を選び、 2 【▼】▲】 「センサーメニュー」 「 ピ ー ピ ー」 と予備報知音 「ピポピポ…」 と予備報知音が ※ 2 経過するまで、 20 秒 が約1秒間鳴 約3 分 約 る ごとにくり返し鳴る 帰宅時にドアを. [. . . ] 8 15 ・ 84 電話帳 ●●印刷. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 ●●消去. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 54 ・ ●●転送. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34 ●●電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35 電話の回線種別. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 電話番号を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . 46 . 電話をまわす. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 ドアセンサー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 ドアホン ●●接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 ●●接続をやめるとき. . . . . . . . . . . . 55 ●●通話. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 ドアホン名前. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51 登録リスト印刷. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47 トールセーバー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41 トーン. [. . . ]

PANASONIC KX-PD304DL/DW?ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればPANASONIC KX-PD304DL/DW?のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag