ユーザーズガイド PANASONIC KX-PD552D

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くPANASONIC KX-PD552Dのユーザマニュアルを入手できます。 PANASONIC KX-PD552Dのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

PANASONIC KX-PD552DのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


PANASONIC KX-PD552D : ユーザーガイドを完全にダウンロード (5465 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル PANASONIC KX-PD552D

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 16 通話を録音する (通話録音) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 電話をまわす/ 3者通話にする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 迷惑な電話をお断りする (通話拒否) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18 電話に出る前に相手の声を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 20 留守番電話 留守セットする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 留守セットを解除し、 用件を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . 21 用件を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21 再生中にできること. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21 すべての用件を消去する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21 電話サービス ナンバー・ディスプレイサービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 着信読み上げについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 グループ読み上げについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . (ナンバー・ディスプレイ契約時) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 着信履歴から電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23 お好み設定 キーロックを使う. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 示すものではありません。 ●●本機の使用周波数に関わるご注意 本 PHS の無線局のほか  機の使用周波数帯では、 異なる種類のデジタルコードレス電話の無線局 が運用されています。 1.  機は同一周波数帯を使用する他の無線局と 本 電波干渉が発生しないように考慮されていま すが、 万一、 本機から他の無線局に対して有 害な電波干渉の事例が発生した場合には、 本 機の電源プラグを抜いて、 ファクス・電話機 ご相談窓口 (32ページ) にご連絡いただき、 混信 回避のための処置など (例えば、 パーティショ ンの設置など) についてご相談ください。 2.  の他、 そ 何かお困りのことが起きたときは、 ファクス 電話機ご相談窓口 ・ (32 ページ) へお 問い合わせください。 <本機の修理を依頼するとき> ●●本機に登録した電話帳などのデータは、 修理依 頼の前に、 必要に応じてメモして保管してくだ さい。 ●●データの保管後、 ■ 初期化するとき」 下記) 「 ( で 内蔵メモリー (記憶情報や設定内容) を消去して ください。 •  障の状態により、 故 本機の操作が困難な場合 は、 お買い上げの販売店までご相談ください。 <本機を廃棄・譲渡・返却するとき> ●● 「■ 初期化するとき」 下記) ( で内蔵メモリー (記 憶情報や設定内容) を消去してください。 ■ 初期化するとき 内蔵メモリー (記憶情報や設定内容) を消去し、 お買 い上げ時の状態に戻します。 「 ●●親機から電話機コードを外し、 出荷時へ戻す」 の操作 (25ページ) を行ってください。 その他 ●●分解・改造することは法律で禁じられています。 (故障の際は、 お買い上げの販売店に修理をご依 頼ください) 個人情報について 本機には、 次のような個人情報が記録されます。 これら の記録された情報の流出による不測の損害などを回避 するために、 お客様の責任において管理してください。 ●●本機の内蔵メモリー •  客様自身で登録した電話番号や氏名など お のデータ •  話によって記録された発信履歴などの 電 データ <免責事項> ●●記録された情報は、 誤操作、 静電気の影響、 事故、 故障、 修理、 その他の取り扱いによって変化、 消失 することがあります。 記録された情報の変化、 消 失が生じても、 それらに起因する直接または間接 の損害については、 当社はその責任を負えない場 合もございますので、 あらかじめご了承ください。 7 各部のなまえとはたらき ●● 本書では、 操作するボタンを 【電話帳】 などのように記載しています。 「 」 ■■正面 ■■背面 1 s 2 製造番号 電池カバーを開けると、 子機本体側に記載して います。 t 3 【電話帳】 4 【外線】 5  ~9、 0 、 k  【内線】 【保留】 l  【切】 6 7 8 【キャッチ】 9 j 【スピーカーホン】 マルチファンクションキー m :上を押す 【▲】 o  :左を押す 【◀】 p  :右を押す 【▶】 q 【機能】決定】 【 n :下を押す 【▼】 (例) または上を押すときは 【▼】▲】 と記載して 下  「 【 」 います。 r  、 2】 3】 【1】 【 、 【 ●●本書では、 液晶ディスプレイに 「修正」詳細」 「 「消去」 などが表示されているときは、 以下 のように記載しています。 【修正】詳細】 【 【消去】 操作手順によって 表示が変わる 表示を見て対応 するボタンを押す※ ※ 2】 【 の代わりに 【決定】 を押して操作すること もできます。 8 1 受話口 ●● 通話中は、 位置を耳に合わせる。 ●● 操作時や外からの電話の呼出中に、 バックライト が点灯します。 終了後、 ( 自動的に消灯します) 説明のためすべて表示して ●● 液晶ディスプレイは、 います。 実際の表示とは異なります) ( k 親機 別の子機を呼び出す ・ ・ (15 17ページ) /通話 中に待ってもらう (15ページ) を終わる 2 液晶ディスプレイ l 通話を終了する/操作を途中でやめる/登録 m 音量を大きくする (24ページ) /漢字に変換する (12ページ) (12ページ) (21ページ) : ンテナレベル ア (子機が受けている電波 の強さのめやす) n 音量を小さくする (24ページ) /漢字に変換する o 着信履歴を見る (22ページ) /前の用件を聞く p 再ダイヤルする (14ページ) /次の用件を聞く (21ページ)【外線】 / を押してからダイヤルする ときに、 ポーズ (ダイヤルの待ち時間) を入れる ●「圏外」 ● 表示中は親機からの電波が届いて いません。 親機に近づいてください。 電波 (弱) 電波 (強) この範囲でご使用ください : の上などに置いたまま通話していると 机 きに表示 (15 ページ) : 池残量 電 (点滅) q 機能を登録する/機能登録で、 内容を決定する r ワンタッチダイヤル ワンタッチダイヤルを使う (14・20ページ) 機能キー 「修正」 詳細」 消去」 「 「 など、 表示された機能を操 作する すぐに充電が必要です。 ●● 通話中は4秒ごとに 「ピピッ」 と警告音が鳴 り、 待受時は 「10 時間充電してください」 と表示されます。 s アンテナ部 t スピーカー ●● 話すとき、 手で覆わないでください。 ■ 充電完了後の使用時間のめやす (使用環境温度が 20 ℃のとき) ●●連続通話時間:約 10 時間 • 電波状態が悪いところで使う場合、 連続通話 時間は短くなります。 • 充電台に置かずに一度も通話しないとき。 「圏外」 • 表示中は短くなります。 ●●待受時間:約 150 時間 : 内線番号や、 登録した名前を表示 (24ペー ジ) ●● 呼出音を鳴らさない設定をしているときは 「呼出音切」 と表示されます。 24ページ) ( :親機で設定した日付・時刻を表示 : 機からの電波が届かず、 親 呼出音が鳴らな い、 通話ができないときに表示 3 電話帳を使う (14・19 ページ) 4 電話をかける・受ける 5 ダイヤル中に点灯、 着信中などに点滅 6 シャープ キーロックを使う (23 ページ) 7 スター ダイヤル回線でプッシュホンサービスを使う (トーン) (15 ページ) 8 キャッチホンを受ける (15 ページ) 9 送話口 (15 ページ) ●● 話すとき、 手でふさがないでください。 j 子機を机の上などに置いたまま通話する 9 子機の電池パックを入れる・交換する・10 時間充電する 電池パックは消耗品です。 充電完了まで充電しても通話数分後に電池残量表示が点滅したら、 新しいものと 交換してください。 1 電池カバーを開ける ●●  を押し下げながら手前に引く。 4  源コードをつないで子機を充電台に置き、 電 約10 時間充電する 電源コンセント (AC100 V) 2 コネクターを差し込み、 電池パックを入れる ●● 黄緑色のフィルムは、 はがさない。 ●● コネクター を外す。 ●● 子機を親機に登録 (増設) していないときは、 「登録中」 と表示されます。 「登録中」 の表示が出ないときは、 数 分間子機用充電台に置いたままにしてください。 ●● 充電時間が長くなることがあります。 •  中で子機を使用したとき/使用環境温度が低い 途 ときや電源電圧が低いとき/ 「圏外」 のとき ●● 子機は、 子機用充電台に置いたままでも、 過充電しま せん。 コード (赤) コード (黒) コネクター ●●   い電池パックが入っているときは、 古 外してください。 3 電池カバーを閉める ●●  池カバー裏のクッションは、 電 外さない。 ●● 1 週間以上、 子機を子機用充電台から外したり、 電源 コードをコンセントから抜くときは、 電池パックを外 してください。 電池パックの性能維持と電池消耗を防 ( ぐため) 次に使うときは充電してください。 ■ 交換するときは別売品 (KX-FAN57) を使う (29ページ) ●● 仕様:ニッケル水素電池・DC2. 4 V・630 mAh 古い電池パックはリサイクルに… ●●この製品には、 ニッケル水素電池を使用し ています。 ●●ニッケル水素電池はリサイクル可能な貴 重な資源です。 ●●交換後不要になった電池パック、 および使 用済み製品から取り外した電池パックの リサイクルに際しては、 ショートによる発 煙・発火のおそれがありますので、 端子を 絶縁するためにテープを貼るかポリ袋に 入れてリサイクル協力店にある充電式電 池回収 BOX に入れてください。 ●●リサイクル協力店のお問い合わせは、 下記 へお願いします。 •  品、 製 ニッケル水素電池パックをご購 入いただいた販売店 •  般社団法人JBRC および充電式電池 一 リサイクル協力店くらぶ事務局 一般社団法人JBRCのホームページ http://www. jbrc. com ●●リサイクル時のお願い •  池パックはショートしないようにし 電 てください。 火災・感電の原因) ( •  ィルム フ (被覆・チューブなど) をはが さないでください。 •  池パックを分解しないでください。 電 10 子機の操作を間違えたとき 子機を親機に登録する 登録の前に子機 (本機) を約 15 分間充電してくだ さい。 10 ページ) ( ●● 複数の子機を登録するときは、 1台ごとに親機と子機 の登録操作を行ってください。 子  機の を押し、 子機の操作からやり直してく 【切】 ださい。 登録を確認する (親機で子機を呼び 出す) 例:内線番号3に子機を増設した場合 を押す 1 【内線】 2 3 を押す 3 呼出音が鳴ることを確認する を押す 4 【内線】 ■  機を呼び出せなかったときや子機の内線番号 子 を変更したいとき  「子機の登録を解除する (減設) 下記) 」 ( の操作を 行ったあと、 子機を親機に登録する 「 (増設) 左 」 ( 記) の操作を行ってください。 ●● 登録する親機によって操作が異なる場合があります。 登 録する親機の取扱説明書と合わせて、 お読みください。 子機を親機に登録する (増設) ●● 親機・子機で登録操作中は、 電話機コードを抜いてく ださい。 1 新しい子機を子機用充電台から取る 【内線】 5 秒以上押す を 2 親機の 3 2 分以内に新しい子機を子機用充電台に置く ●● 内線番号の小さい順に登録されます。 子機の内線番号を選んで登録したいとき ●● 親機・子機で登録操作中は、 電話機コードを抜いてく ださい。 子機の登録を解除する (減設) 【決定】 →  を押す 1 【機能】  178 → を押す 2 【はい】 ■  機で登録を解除するとき 親 親  機の取扱説明書をお読みください。 ■ 親機で操作する 【決定】 →  を押す 1 【機能】  123 → 2 登録する子機の番号を押す   けて、 分以内に新しい子機を 続 2 操作してください。 ■ 新しい子機で操作する →  3 【機能】   23  【登録】 → を押す 1 ●● 使用をやめた子機は電池パックを外してください。 誤 ( 動作の原因) 親機のディスプレイに 「電話機コードを. 接続してください」 が表示されているとき 親 【ストップ】  機の を押して表示を消してください。 ●● 親機が電話機の場合は、 停止】 【 または 【取消】 を押して ください。 子機のディスプレイに 「登録失敗」 が表示 されたとき 最  初からやり直してください。 親機の操作を間違えたとき 親  機の を押し、 最初からやり直してく 【ストップ】 ださい。 ●● 親機が電話機の場合は、 停止】 【 または 【取消】 を押して ください。 11 文字入力のしかた 電話帳に登録するときや、 子機の名前を登録するときなどに、 ボタンを押して文字を入力します。 ●● 複雑な漢字は、 一部変形または省略して表示されます。 ●● 希望の漢字に変換できないこともあります。 1 文字の種類を選ぶ 文  字の種類 【漢】 ( 【カナ】 【数】 【英】 のいずれか) のボタンをくり返し押す 名前? ■ 文字の種類 ●● 文字の種類は、 漢」 ひらがな、 「 ( 漢字、 全角カタカナ) 「カナ」 半角カタカナ) 「英」 英字・記号) 「数」 数字) 「漢」 → ( → ( → ( → … の順に切り替わります。 カーソル (入力位置) 2 文字を入力する (例) すずき」 「 と入力する ●● 文字の種類を 「漢」 に切り替えて、 入力してください。 (3 → → (3 を押す 3 回) 【▶】 3 回) (1 回) (2 回) 2   名前? すず■ き 3 漢字・全角カタカナに変換する 1 【▲】 【▼】 をくり返し押して 文字を選ぶ 名前? 鈴木 ■ ●● 変換中は反転表示します。 ひらがなのままにするには 【決定】 を押す 名前? すず■ き ●● 漢字に変換する前は6文字まで。 変換中の文字の区切りを変えるには 1 変換中に 【消去】 を押す ●● 変換中の文字が、 ひらがなに戻ります。 2 【▶】 変換する最後の文字に 【◀】 で、 カーソルを移動する 3 を押す 【▼】 名前? た■のりこ だ ●● 上記の例では、 「ただ」 の部分のみ変換さ れます。 2 【決定】 を押す 名前? 鈴木■ ■ 名前? すずき■ ■ 12 こんなときは ■ 1文字消去するには 1 消去する文字に カーソルを移動する 2 【消去】 を押す ■  ーソルの位置以降の文字を. カ すべて消去するには 1 消去する文字の先頭に カーソルを移動する 2 【消去】 2 秒以上押す を ■ すべての文字を消去するには 1 文字の先頭にカーソルを移動する 2 【消去】 2 秒以上押す を ■ 文字を挿入するには 1 挿入位置の次の文字に カーソルを移動する 2 文字を入力する 同 ■  じボタンの文字を続けて入 力するには 例:あい 1 を押す「あ」 1 ( が入力される) 2 でカーソルを右へ移動する 【▶】 3 を 2 回押す 「い」 1 ( が入力さ れる) ■ 1文字分空白を空けるには 【保留】 を押す ●● スペース (空白) も1文字分として 文字数に含まれます。 ■ カーソルを移動するには 【◀】▶】 【 を押す ■ 修正するには 1 修正する文字にカーソルを 移動する 2 【消去】 を押して消し、 文字を 入力し直す 文字列一覧表 ボタン 表示 漢 かきくけこ さしすせそ たちつてとっ なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよゃゅょ らりるれろ カナ カキクケコ サシスセソ タチツテトッ ナニヌネノ ハヒフヘホ マミムメモ ヤユヨャュョ A B C a b c D E F d e f GH I g h i J K L j k l MNOm n o PQR S p q r s T UV t u v 英 数 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 あ い う え お ぁ ぃ ぅ ぇ ぉ ア イ ウ エ オ ァ ィ ゥ ェ ォ @ . _ – (ハイフン)& $ ¥ % + = ~ ^ 1 ラリルレロ WX Y Z w x y z 9 – ー !/ – (ハイフン) # ‚ ; : | ・ ’ わをん ワヲン 0 (長音) ”( ) [ ] { }〈 〉 」 「 (長音) 。 。 ゛ (濁点)(半濁点)、 。 ゛ (濁点)(半濁点)、 。 、 。 (一覧表の文字と液晶ディスプレイの文字は、 形や位置が異なることがあります) 文字の入力例 父のオフィス# Tel01 ( ●● 文字の種類は 「漢」 【漢】 と 【カナ】 を押す を押す 表示されています。 ●● 文字の種類が 「カナ」 ●● 文字の種類が 「英」 に に切り替わります。 切り替わります。 ひらがな、 漢字、 【英】 を押す 全角カタカナ 1 (2 回) 4  2 (1 回) 【▶】   3 (2 回) 4  ) ●● 文字の種類が 「数」 に 切り替わります。 (半角カタカナ) (記号) 1 (5 回) 1  2 (3 回) 6  3 (7 回) 1  4 (3 回) 3  1 (6 回) 0  (英字) 1 (1回) 8  2 (5回) 3  3 (6回) 5  (数字) 1 (1回) 0 2 (1回) 1 4 (5 回) 5  5   【▼】 で変換し、 【決定】   13 電話のかけかた・受けかた/ ファクスの受けかた 電話をかける を押す 1 【外線】 音が聞こえたらダイヤルする 2 「ツー」 【切】 を押す (子機用充電台に 3 通話が終わったら 戻す) 電話をかける 「電話のかけかた・受けかた/ファクスの受けかた」 (左記) も合わせてお読みください。 同じ相手にもう一度かける (再ダイヤル) ●● 10 件まで記憶できます。 (再ダイヤル) を押す 1 【▶】 【 【 で相手を選び、 外線】 を押す 2 【▼】▲】 電話を受ける 【外線】 を押す 1 呼出音が鳴ったら 【切】 を押す (子機用充電台に 2 通話が終わったら 戻す) 履歴を消去するには (再ダイヤル) を押す 1 【▶】 【 【 で相手を選び、 消去】 【はい】 → → 2 【▼】▲】 【切】 を押す ファクスを受ける 増設した親機によっては利用できません。 (30ページ) 電話帳でかける  準備  ●● 電話帳に登録してください。 (19ページ) 1 呼出音が鳴ったら子機用充電台から子機を取り、 【外線】 を押す または 音や無音のとき 2 通話後、 「ポーポー」 を押す 1 【電話帳】 2 すべてから探すとき 手順 3へ進む フリガナで探すとき 【機能】 を押す 押す 【 【 で を選び、 決定】 を 3 【▼】▲】 「ファクス受信」 を押す 4 【はい】 ■  信を中止するときは 受 を押す  機で 親 【ストップ】 0 ~ 9 でフリガナを入力する ●● 文字入力のしかた (12ページ) グループから探すとき 【   【▼】▲】 → でグループを選び、 【決定】 を押す 【 で相手を選ぶ 3 【▼】▲】 を押す 4 【外線】 ●● 電話帳の登録内容を確認するには 【詳細】 【◀】 → 【▶】 を押します。 (戻るときは 【戻る】 を押します) 【機能】 【決定】 【外線】 【切】 ワンタッチダイヤルでかける  準備  ●● ワンタッチダイヤルに登録してください。 20ページ) ( ~ (ワンタッチダイヤル) を押す 1 【1】 【3】 2 相手が出たら話す 14 ●【外線】 ● を押し、 ~ (ワンタッチダイヤル) 【1】 【3】 を押 してかけることもできます。 机の上などに置いたままかける を押す 1 【スピーカーホン】 2 ダイヤルする (50 cm 以内) 3 送話口に向かって話す 内線電話中にかかってきた電話を受ける (ベル1) が聞こえる 1 呼出音 【切】 【外線】 → を押す ●● 外線につながります。 ●● 相手と交互に話してください。 (同時に話すと途切 れることがあります) 音声で内線電話を呼び出す (音声内線呼出) 増設した親機によっては利用できません。 30ページ) (  準備  「内線呼出」 「音声」 を に設定してください。 (親 ●● 親機で 機の取扱説明書をお読みください) 構内交換機に接続しているとき (例: を押す 1 外線発信番号 0 ) を押す 2 【ポーズ】 【 を押す 3 ダイヤルし、 外線】 【 を押す 1 子機用充電台から取り、 内線】 【 【 で相手を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 ダイヤル回線でプッシュホン サービスを利用するとき ●● 0 (親機) 1  5 、 ~  (子機の内線番号) 6 、 (受話 、 を押して呼び出しもできます。 子機) (一斉呼出) (親機に受話子機がない場合は、   6 までが子 1 ~  機の内線番号になります) ●● 内線電話を受けた側は、 内線電話の呼出音が1回 鳴ったあと、 スピーカーから相手の声が聞こえます。 ●● 相手が出たら話します。 相手に呼びかける 3 呼出音が2回聞こえたあと、 1 相手につながったあと  (トーン) を押す 184 や 186 を付けてかける 1 184 または 186 を押す を押す 2 【ポーズ】 【 を押す 3 ダイヤルし、 外線】 親機・別の子機にかける (内線電話) 【 を押す 1 子機用充電台から取り、 内線】 【 【 で相手を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 通話中にできること 相手に待ってもらう (保留) を押す 1 【保留】 ●● 通話に戻るときは再度押してください。 親機で設定した保留メロディが相手に ●● 保留中は、 流れます。 ●● 4 秒ごとに 「ピーッ」 と鳴ります。 •  らないようにするには 鳴 「保留通知音」25ページ) ( を 「なし」 にしてください。 ●● 0 (親機) 1  5 、 ~  (子機の内線番号) 6 、 (受話 、 を押して呼び出しもできます。 子機) (一斉呼出) (親機に受話子機がない場合は、   6 までが子 1 ~  機の内線番号になります) 3 相手が出たら話す 【切】 を押す 4 終わったら 内線電話を受けるとき 子機用充電台から 1 内線電話がかかってきたら、 キャッチホンを受ける (NTTとの契約が必要) を押す 1 【キャッチ】 ●● 元の通話に戻るときは再度押してください。 【 取り、 内線】 を押す ●● キャッチホンを受けたときは、 以下の機能は働きません。 • 通話拒否 (18 ページ) • 着信読み上げ (22 ページ) • グループ読み上げ (22 ページ) • 着信鳴り分け (22 ページ) 15 相手の声の音質を変える (受話音質) を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「受話音質」 【 【 で声の音質を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 通話を録音する (通話録音) 【機能】 を押す 1 通話中に 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「通話録音」 【 【 で を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 「する」 ●● 標準 (お買い上げ時) /ノイズカット弱/ノイズ カット強/高音強調/低音強調から選びます。 ●● 相手に警告音声が流れます。 流さずに録音するには 【▼】▲】 「しない」 【 で を選び、 決定】 【 を押します。 ●● 録音をやめるには、 機能】 【 を押し、 ▼】 ▲】 「録 【 【 で 音中止」 を選び、 決定】 【 を押してください。 ●● スピーカーホンでの通話、 内線電話、 ドアホンでは使 えません。 ●● 次に設定するまで、 設定は変わりません。 ■  音した通話を聞くとき/消去するとき 録 (21ページ  「用件を再生する」 ) 自分の声を低く変える. (ボイスチェンジ) を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 2 【▼】▲】 「ボイスチェンジ」 を押す を押す 3 【はい】 ●● 3 者通話は録音できません。 聞き逃した通話を録音する. (前から録音) 「前から録音」 では、 用件を聞き逃したときなどに約 1分前からの通話を録音できます。 ●● 相手が電話を切っても、 本機で電話を切るまでは、 「前 から録音」 できます。 ●● 増設した親機によっては利用できなかったり、 録音時 間が異なります。 (30 ページ) ●● 解除するには、 再度手順 1 ~ 3の操作を行ってくだ さい。 ●● 次の場合は、 ボイスチェンジは使えません。 • 電話をかけたとき。 •  話をかけて通話中に、 電 キャッチホンでかかってき た相手との通話中。 • 並列電話機で受けた電話に、  あとで本機で出たとき。 • 内線電話中。 • 3者通話中。 • 録音中。 ●● 通話が終わると、 解除されます。 【機能】 または電話を切る前に を押す 1 通話中、 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「前から録音」 を押す 3 【はい】 ●● 録音をやめるには、 機能】 【 を押し、 ▼】 ▲】 「録 【 【 で 音中止」 を選び、 決定】 【 を押してください。 ■  音した通話を聞くとき/消去するとき 録 (21ページ  「用件を再生する」 ) 自分の声が相手に聞こえないように する (ミュート) 天気予報など相手の声を聞くだけの場合に、 周囲の 音により相手の声が途切れるときなどに使います。 を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「ミュート」 ●● 3者通話は録音できません。 ●● 通話を保留すると、 その前の通話を録音できなくなり ます。 ●「前から録音」 ● をやめると、 その時点までの通話をメモ リーに保存します。 メモリーへの保存中は、 電話をかけ る・受ける、 ドアホンに出る以外の操作はできません。 ●● 解除するには 【機能】 を押し、 【 ▲】 「ミュー 【▼】 で ト解除」 を選び、 【決定】 を押してください。 16 電話をまわす/3者通話 にする 子機から親機へ電話をまわす/子機 で3者通話にする 【保留】 を押す 1 通話中に 2  を押す 【 【 で を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 「0. 親機」 ●● 0 (親機) を押して呼び出しもできます。 子機から受話子機・別の子機へ電話 をまわす 【保留】 を押す 1 通話中に 2  を押す 【 【 で相手を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 ●● 1  5 ~  (子機の内線番号) 6 、 (受話子機) 、 (一斉呼出) を押して呼び出しもできます。 (親機に 受話子機がない場合は、   6 までが子機の内 1 ~  線番号になります) ●● 一斉呼出は、 親機も呼び出します。 電話をまわす 4 相手が出たら、 電話をまわす 4 相手が出たら、 (または3人で話す) ことを伝える (または 3 人で話す) ことを伝える 5 5 電話をまわすとき 電話をまわすとき 【切】 を押す 外の相手と受話子機または別の子機と、 3人で 話すとき (3者通話) 【切】 を押す 外の相手と親機と、 人で話すとき 者通話) 3 (3 【保留】 を押す 【保留】 を押す ●● まわす (または3者通話の) 相手が出ないときは 【外線】 を押します。外の相手との通話に戻ります) ( ●● 親機の 「内線呼出」「音声」 が のときは 〔15ページ 「音声で 内線電話を呼び出す (音声内線呼出)〕 」 ●● まわす (または3者通話の) 相手が出ないときは 【外線】 を押します。外の相手との通話に戻ります) ( ●● 親機の 「内線呼出」「音声」 が のときは 〔15ページ 「音声で 内線電話を呼び出す (音声内線呼出)〕 」 まわす相手が近くにいるとき を押す 1 通話中に【保留】 2 まわす相手に声をかける まわす相手が近くにいるとき を押す 1 通話中に【保留】 2 まわす相手に声をかける ●● まわす相手は、 親機の 【スピーカーホン】 を押して電 話に出ます。 親機に受話器がある場合は、 ( 受話器を 取って電話に出ます) ●● まわす相手は、 受話子機・子機の 【外線】 を押して電 話に出ます。 17 迷惑な電話をお断りする (通話拒否) 呼出音が鳴っているときや通話中に通話拒否の操 作をすると、 相手に通話を拒否するメッセージを流 し、 電話が切れます。 通話中はチャイムを鳴らして、 来客があったようにすることもできます。 ●● ナンバー・ディスプレイサービスを利用しているとき は、 通話拒否した電話を、 次回から受けないようにす ることができます。 下記) ( 電話に出る前に相手の声 を確認する 呼出音が鳴っているときに、 相手に名前を尋ねる メッセージを流して相手の声を確認したあと、 電話 に出たり、 電話を切ったりすることができます。 相手の声を確認して電話に出る (あんしん応答) 【あんしん応答】 を 1 呼出音が鳴っているときに 押す ●● 親機で設定したメッセージが流れます。 ●● メッセージ中に電話を切るには【切】 を押します。 メッセージを流して通話を拒否する 1 呼出音が鳴っているとき 【拒否】 【はい】 → を押す 通話中のとき 1 【機能】 を押す 2 【▲】 「通話拒否」 【▼】 【 で を選び、 決定】 を押す 3 【▲】 「音声」 【▼】 で 【 を選び、 決定】 を押す 2 スピーカーから相手の声を聞く 3 電話に出るとき 【外線】 を押す お断りのメッセージを流して電話を切るとき   を押す ●● メッセージが流れ、 電話が自動的に切れます。 電話が切れる 2 相手にメッセージが 2 回流れ、 ●● 通話中のときは、 電話を切ってください。 ●● メッセージの途中で電話を切っても最後まで流れ ます。 もう一度名前を尋ねるメッセージを流すとき   を押す 電話を切るとき ■ メッセージを中止し、 電話に出るには 【切】 を押す ●● メッセージ中に 【外線】 を押してください。 通話中、 チャイムを鳴らして通話を拒否する 【機能】 を押す 1 通話中に 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「通話拒否」 【 【 で を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 「チャイム」 自動的に相手の声を確認して電話 に出る (自動あんしん応答) 増設した親機によっては利用できません。30ページ) (  準備  ●● 親機の留守ランプが消灯していることを確認します。 ●● 親機で 「自動あんしん応答」 を設定してください。 (親 機の取扱説明書をお読みください) ●● 相手にチャイムが聞こえます。 電話は切れません) ( 4 来客があったことにして電話を切る ナンバー・ディスプレイサービスを利用して いるとき (契約が必要) ■  話拒否した電話を、 通 次回から受けないように するには 迷惑、 1 電話を切る前に、 拒否設定のメッセージ 呼出音が鳴ったあと、 1 電話がかかってくると、 本機が自動的に応答してメッセージが相手に流 れる ●● 親機で設定したメッセージが流れます。 2 スピーカーから相手の声を聞く 【 が出たら、 はい】 を押す ●● 電話番号を通知してきた相手、 非通知の相手、 公衆 電話の相手、 表示圏外の相手によって、 着信拒否が 設定されます。 詳しくは、 親機の取扱説明書をお読 みください。 18 3 電話に出るとき 【外線】 を押す お断りのメッセージを流して電話を切るとき   を押す ●● メッセージが流れ、 電話が自動的に切れます。 もう一度名前を尋ねるメッセージを流すとき   を押す 電話に出たくないとき 約 30秒後にメッセージが流れ、 電話が自 動的に切れる ●● 時報 (117) 天気予報 、 (177) 電報 、 (115) 番号案内 、 (104) がすでに登録されています。 (修正・消去でき ます) (または 186) を付けて電話帳に ●● 外線発信番号や 184 登録するときは、 外線発信番号 (例:0) 184 や (または 186) のあとに 【ポーズ】 を押し、 電話番 号を入力してください。 ■ 電話帳の登録を確認するには 【電話帳】 【▼】 ▲】 順に表示) → 【 ( → 確認が終わっ たら 【切】 ●● ナンバー・ディスプレイを利用しているときは、 親機の 電話帳に登録している相手からかかってきたときは働き ません。 ( の設定を 「なし」 にすると、 自 ●「音声モニター」25ページ) ● 動あんしん応答中にスピーカーから音声が聞こえなく なり、   や    を押す操作もできなくなります。 再ダイヤルから電話帳に登録する (再ダイヤル) を押す 1 【▶】 【 【 で登録する相手を選び、 登録】 を押す 2 【▼】▲】 【 を押す 3 名前を入力し、 決定】 【 を押す 4 フリガナを確認し、 決定】 【 を押す 5 電話番号を確認し、 決定】 【 【 で登録するグループを選び、 決定】 6 【▼】▲】 を押す を押す 7 【切】 電話帳を使う ●● 停電のときや子機の電池パックを抜いたときでも、 電 話帳に登録した内容は消えません。 電話帳に登録する ●● 電話帳で電話をかけるには (14ページ) ●● 150件まで登録できます。 電話帳を修正する を押す 1 【電話帳】 【 【 で修正する相手を選び、 修正】 を押す 2 【▼】▲】 【 を押す 3 名前を修正し、 決定】 【 を押す 4 フリガナを修正し、 決定】 【 を押す 5 電話番号を修正し、 決定】 【 【 でグループを選び、 決定】 を押す 6 【▼】▲】 を押す 7 【切】 → を押す 1 【電話帳】 【登録】 名前?空き   146件 登録できる残り件数 (全角 10 文字/半角 20 文字まで) を入力 2 名前 【 し、 決定】 を押す ●● 文字入力のしかた (12ページ) (半角文字のみ 12 文字まで) を確認し 3 フリガナ 【 て、 間違っていれば修正し、 決定】 を押す ●● 文字入力のしかた (12ページ) (24ケタまで) を市外局番から入力し、 4 電話番号 電話帳から消去する を押す 1 【電話帳】 【 で消去する相手を選び、 2 【▼】▲】 【決定】 を押す 【 で登録するグループ (グループ 1 ~ 9 5 【▼】▲】 【 を押す まで) を選び、 決定】 【消去】 【はい】 → を押す 6 続けて登録するときは手順 2 ~ 5 をくり返す を押す 7 【切】 を押す 3 【切】 ■ 電話帳をすべて消去するには (25ページ 「電話帳全消去」 ) 19 ワンタッチダイヤルを変更する 電話帳を転送する 増設した親機によっては利用できません。30ページ) ( 子機の電話帳を親機や受話子機・別 の子機へ転送する ●● 転送するときは、 子機を親機の近くに持ってきてくだ さい。 を押す 1 【機能】 ~ (ワンタッチダイヤル) を押す 2 【1】 【3】 を押す 3 【変更】 【 【 で電話帳から相手を選び、 登録】 を 4 【▼】▲】 押す を押す 1 【電話帳】 を押す 2 【転送】 【 【 で転送先を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 4 1 件ずつ転送するとき ワンタッチダイヤルを消去する を押す 1 【機能】 ~ (ワンタッチダイヤル) を押す 2 【1】 【3】 → を押す 3 【消去】 【はい】 1 【▲】 「個別」 【▼】 で 【 を選び、 決定】 を押す 2 【▲】 【▼】 【 で転送する相手を選び、 転送】 を押す 3 続けて転送するときは、 手順 2 をくり返す 一斉に転送するとき 1 【▲】 「一斉」 【▼】 で 【 を選び、 決定】 を押す 2 【決定】 を押す 留守セットする を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「留守電操作」 を押す 3 【設定】 【切】 を押す 5 転送が終わったら ワンタッチダイヤルを使う 子機の電話帳に登録している相手を、 ワンタッチダ イヤルに登録できます。 ワンタッチダイヤルに登録する ●● ワンタッチダイヤルで電話をかけるには (14ページ) ●● 3件まで登録できます。 を押す 1 【機能】 ~ (ワンタッチダイヤル) を押す 2 【1】 【3】 を押す 3 【登録】 【 【 で電話帳から相手を選び、 登録】 を 4 【▼】▲】 押す ■ ワンタッチダイヤルの登録を確認する 1 【機能】 を押す 2 ~ (ワンタッチダイヤル) 【1】 【3】 を押す ●● 電話番号を確認するには 【詳細】 を押します。 3 確認が終わったら 【切】 を押す 20 留守セットを解除し、 用件 を再生する 帰って来たら、 を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「留守電操作」 を押す 3 【解除】 4 用件を聞く ●● 受話口から聞くときは 【スピーカーホン】 を押す ●● 再生中にできること (右記) 再生中にできること ボタンを押して操作します。 音量を変える 【▼】▲】 【 前の用件を聞く/再生【◀】 または 1 中の用件を聞き直す 次の用件を聞く 用件を聞き直す 新しい用件を聞き直す すべての用件を聞き直す 再生中の用件を1件ずつ 消す すべての用件を消す※ 一時停止する 10秒戻る または 3 【▶】 (1件目の用件 【最初へ】 の頭に戻ります) ( 4 新 し い 用 件 の1件 目の頭に戻ります) ( 5 す べ て の 用 件 の1 件目の頭に戻ります) 5 消去のメッセージが表示されたら、 【はい】 【はい】 → を押して消去する ●● 再生した新しい用件のみ消えます。 残すには 【いいえ】 を押してください。 【はい】 4→ 【はい】 5→ ( 2 再開するには再度 2) 7 8 9 用件を再生する ●● 通話録音も再生できます。 30秒進む 再生を止める ※ 留守セットの解除や 「新規のみ再生」 を選んで、 用件を 再生中は、 新しい用件のみ消えます。 新しい用件またはすべての用件を聞く を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「留守電操作」 を押す 3 【再生】 【 で または 4 【▼】▲】 「新規のみ再生」 「すべて再生」 すべての用件を消去する を押す 1 【機能】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 「留守電操作」 を押す 3 【再生】 を押す 4 【全消去】 を押す 5 【はい】 ■  件ずつ消去するには 1 用件を再生中に1件ずつ消去してください。 上記 ( 「再生中にできること」 ) 【 を押す を選び、 決定】 ●「新規のみ再生」 ● を選んだときは、 新しい用件のみ 再生されます。 ●「すべて再生」 ● を選んだときは、 すべての用件、 通話 録音が再生されます。 5 消去のメッセージが表示されたら、 【はい】 【はい】 → を押して消去する ●● 残すには 【いいえ】 を押してください。 21 ナンバー・ディスプレイ サービス 利用するには、 サービス申し込みが必要. です。 有料) ( 詳しくは、 親機の取扱説明書をお読みください。 ●● 内線電話中、 ドアホン通話中に電話がかかってきた場 合は、 読み上げません。 「着信読み上 ●● 着信読み上げをしないようにするときは げ」 「なし」 を に変更してください。 (25 ページ) グループ読み上げについて 親機の電話帳に登録している相手から電話がか かってくると、 該当する親機の電話帳のグループ名 を読み上げます。 子機でも親機の電話帳のグループ 名を読み上げます。 詳しくは、 親機の取扱説明書をお読みください。 増設した親機によっては利用できません。30ページ) ( ナンバー・ディスプレイとは 電話がかかってくると相手の電話番号を表示します。 親機の電話帳に登録した相手のときは、 相手の名前 を読み上げ、 名前と電話番号を表示します。 ●● 電話帳に登録していない相手は、 電話番号を表示します。 ●● 日時と電話番号を着信履歴に記憶します。 30件まで) ( (右記) ●● キャッチホン・ディスプレイサービス契約時はキャッ チホンでかかってきた電話も、 相手の番号を表示 (約 30秒間) 着信履歴に記憶します。 し、 ●● キャッチホン・ディスプレイをご利用時、 キャッチホ ンの相手は読み上げません。 ●● 内線電話中、 ドアホン通話中に電話がかかってきた場 合は読み上げません。 ■ こんな表示が出たとき 子機の表示 非通知 公衆電話 表示圏外 外線着信中 相手がこんなとき 電話番号を通知してい ない 公衆電話から 海外など番号を通知で きない電話 回線状態が悪いとき 電話番号の信号が 送られてきていない 着信履歴 着信履歴を使う (ナンバー・ディスプレイ契約時) かかってきた相手 (着信履歴) を. 確認する (着信履歴) を押す 1 【◀】 ●● 電話に出なかった着信履歴の件数が表示されます。 (例) 「新規 ( )  3 件」 記憶 される 記憶 されない ■  手によって呼出音を変えられます 相 (着信鳴り分け) 25ページの 「着信鳴り分け」 でグループごとに呼出 音を設定してください。 ●● 解除するときは、 登録しない」 「 に変更してください。 をくり返し押し、 着信履歴を確認する 2 【▼】 ●● 着信履歴について (23ページ) 【切】 を押す 3 確認が終わったら 着信読み上げについて 親機の電話帳に登録している相手から電話がかかっ てくると、 登録しているフリガナを読み上げます。 子機でも親機の電話帳のフリガナを読み上げます。 非通知、 公衆電話、 表示圏外の相手から電話がか かってきたときは、非通知」 公衆電話」 表示圏外」 「 「 「 を表示し、 「非通知です」 「公衆電話です」 「表示圏外 です」 と読み上げます。 詳しくは、 親機の取扱説明書をお読みください。 増設した親機によっては利用できません。30ページ) ( 着信履歴から電話をかける (着信履歴) を押す 1 【◀】 で電話をかける相手を選ぶ 2 【▼】 を押す 3 【外線】 1件ずつ着信履歴を消去する (着信履歴) を押す 1 【◀】 で消去する相手を選ぶ 2 【▼】 → を押す 3 【消去】 【はい】 【切】 を押す 4 消去が終わったら 22 ●● キャッチホン・ディスプレイをご利用時、 キャッチホ ンの相手は読み上げません。 すべての着信履歴を消去する (着信履歴) 【全消去】 【はい】 → → を押す 1 【◀】 キーロックを使う お掃除などのとき、 誤操作を防ぐため、 操作ボタン を受けつけないようにできます。 と鳴るまで  1 「ピッ」 ■ 解除するとき ピッと鳴るまで    を3秒以上押す 着信履歴から受けたくない電話を 拒否する (着信履歴) を押す 1 【◀】 【 で電話を受けたくない相手を選び、 登録】 2 【▼】 を押す   を3秒以上押す 【 で または を 3 【▼】▲】 「迷惑設定」 「拒否設定」 【 を押す 選び、 決定】 を押す 4 【はい】 を押す 5 【切】 外からかかってきた電話 の呼出音を変える 【変更】 →  を押す 1 【機能】  054 → 【 【 で呼出音を選び、 決定】 を押す 2 【▼】▲】 を押す 3 【切】 ■ 呼出音の種類 ベル メロディ 8種類のベル JUPITER/ヴァルキューレの騎行/ CANTATA (主よ、 人の望みの喜びよ) / くるみ割り人形 着信履歴から電話帳に登録する (着信履歴) を押す 1 【◀】 【 で登録する相手を選び、 登録】 を押す 2 【▼】 【 【 で を選び、 決定】 を押す 3 【▼】▲】 「電話帳登録」 「電話帳に登録する」 の手順2からの 4 19ページの 操作を行う 着信履歴について ●● 親機・子機共通で30 件まで記憶します。 ●● 着信拒否しても着信履歴に記憶します。 1 2 3 ●● ベル 6 ~ 8: © 2011 Akiyuki Ishida Creative Room. [. . . ] 「留守」 で使う 「高い」 または 「留守」 に設定する 1 報知レベルを ●「留守」 ● に設定したときは続けて留守セットします。 窓/ドアセンサーを報知レベル 「低い」 で 使うとき 「低い」 に設定する 1 報知レベルを 2 窓またはドアが開く 本機 窓センサー ドアセンサー 2 窓が開く 本機 窓センサー 「ヒュンヒュン 開いた窓の情報が表示される と約 報知音が 「プルルルプルルル…」 と最 ヒュン…」 30秒間鳴る 大音量で約3分間鳴る 開いた窓やドアの情報 「ピーピー 「ピーピー」 が約10秒間表示される ピーピー」 と鳴る 報知音が 「ポンポン ポ と鳴る ンポン」 と約3秒間鳴る ●● 報知音を止めるときは、停止】 【 または 【切】 を押します。 ●● 報知音を止めるときは、 【切】 を押します。 ドアセンサーを報知レベル 「高い」 または 「留守」 で使うとき 「高い」 または 1 外出する前などに報知レベルを 「留守」 に設定する ●「留守」 ● に設定したときは続けて留守セットします。 2 外出などのためにドアを開ける (約 3 分間報知音が鳴らない) 26 報知レベルを設定する 使いかたに合わせて報知レベルを設定してください。 を押す 1 【機能】 【 で を選び、 2 【▼】▲】 「窓/ドアセンサー」 窓/ドアの状態表示について 表示 ◆  ◆ 開  -閉- -開あり- -全て閉- -確認- 説明 窓/ドアが開いている。 窓/ドアが閉まっている。 エリア内に開いている窓/ドア がある。 エリア内の窓/ドアがすべて閉 まっている。 エリア内に圏外 (電波が届いてい ない) 電池交換が必要な窓/ や、 ドアセンサーがある。 通信できない窓/ドアセンサー がある。 窓 → /ドアセンサーの接続を確 認してください。 電池交換が必要な窓/ドアセン サーがある。 【決定】 を押す を押す 【 【 で を選び、 決定】 3 【▼】▲】 「報知レベル設定」 【 【 で設定するエリアを選び、 決定】 を 4 【▼】▲】 押す 【 【 で報知レベルを選び、 決定】 を押す 5 【▼】▲】 を押す 6 【切】 ■  知レベルが 報 「留守」 のとき  守セットしているときは 留 「高い」 留守セットし 、 ていないときは 「低い」 と同じ動作になります。 ■ 窓/ドアセンサーの報知を解除するとき 報知レベルを 「オフ」 にしてください。 圏外 電池切れ 窓/ドアの開閉状態を見る (セン サー情報) を押す 1 【機能】 【 で を選び、 2 【▼】▲】 「窓/ドアセンサー」 【決定】 を押す 押す 押す 【 【 で を選び、 決定】 を 3 【▼】▲】 「センサー情報」 【 【 で確認するエリアを選び、 詳細】 を 4 【▼】▲】 【 で窓/ドアの状態を確認する 5 【▼】▲】 【切】 を押す 6 確認が終わったら 27 人感センサー付子機のセン サー反応をお知らせする (あんしんセンサー) 親 機 に 別 売 品 の 人 感 セ ン サ ー 付 子 機 品 番: ( KX‑FKD603) が登録されていると、 人感センサー の機能が使えます。 センサーが反応すると、 音声と 報知音でお知らせします。 詳しくは、 親機の取扱説 明書をお読みください。 増設した親機によっては利用できません。30ページ) ( お手入れ お手入れするときは、 電源コードをコンセントから 抜き、 乾いた布で、 からぶきしてください。 ●● キーロックを使うと (23ページ)電源コードをコンセン 、 トから抜かずに操作パネルをふくことができます。 センサーが反応すると… 本機 反応した子機番号が表示される ダイヤルキーが点滅する 「ピポピポピポン ピポピポピポン」 と予備報知 音が約 30 秒経過するまで、 20 秒ごとにくり返 約 し鳴る 帰宅時にセンサーが. 反応したとき を押す 1 【切】 留守中に侵入者などの. 動きに反応したとき 本機 ●● お手入れに、 アルコール類・みがき粉・粉せっけん・ベ ンジン・シンナー・ワックス・石油・熱湯などは使用し ないでください。 また、 殺虫剤・ガラスクリーナー・ヘ アスプレーなどをかけないでください。 (変色、 変質の 原因) 壁 (柱) に掛ける 別売品の壁掛け用木ねじ ワッシャー ・ (29ページ) で 子機用充電台を壁掛けできます。 20 mm 2. 5 ~ 3 mm φ 9. 3 mm 木ねじ ワッシャー 1 子機用充電台の穴を 木ねじに掛ける 2 子機用充電台を右斜め に押し下げ、 しっかり 固定する 25 mm 1 反応した子機の番号 と センサーが反応 「 報知音が止まる しました」 音声が の 最大音量で流れる※ 2 人感センサー付子機 「プルルルプルルル…」 であんしんセンサー 2 と報知音が最大音量 を解除する で鳴る ●● 1~2を8回くり返します。 ※ 通話中や着信中など、 音声が流れないことがあります。 子機用充電台 ●● 報知音を止めるときは、 【切】 を押します。 注意 ■  掛けにするときは、 壁 落下しな いようにしっかりと取り付ける  下による、 落 破損やけがの原因 ●● 石こうボード、 (軽量気泡コンク ALC リート) コンクリートブロック、 、 厚 さ 18 mm以下のベニヤ板など、 強 度の弱い壁は避け、 指定の方法で取 り付ける。 28 壁掛寸法のめやす 25 mm 仕様 ●● 本機は下記の使用環境でお使いください。 別売品 温度 5 ℃ ~ 35 ℃ 湿度 45 % ~ 85 % 価格、 ご注文については、 お買い上げの販売店にお問 い合わせください。 ●● 2014 年 6 月現在のものです。 使用環境 品名 品番 コードレス子機 電源 専用ニッケル水素電池 (品番:KX-FAN57) (DC2. 4 V) (630 mAh) 電池パック お買い上げの販売店にてお取り寄 KX-FAN57 せとなります。 お買い上げの販売店にてお取り寄 KX-AN162 せとなります。 壁掛け用木ねじ・ワッシャー 外形寸法 約 173 × 49 × 25 mm (高さ×幅×奥行) 質量 使用時間 充電時間 約 140 g(電池パック含む) :約 10 時間※1 連続通話時間 待受時間 :約 150 時間※1 約 10 時間※2 無線通信方式 1. 9 GHz TDMA-WB 別売品は販売店でお買い求めいただけます。 パナソニックの家電製品直販サイト 「パナソニック ス トア」 でお買い求めいただけるものもあります。 詳しくは 「パナソニック ストア」 のサイトをご覧くだ さい。 使用可能距離 約 100 m /見通し距離 http://jp. store. panasonic. com/ パナソニックグループのショッピングサイト 子機用充電台 電源 消費電力 AC100 V (50 Hz / 60 Hz) 約 待機時: 0. 2 W (子機を子機用充 電台から外しているとき) 充電時:約 0. 7 W 外形寸法 約 47 × 73 × 90 mm (高さ×幅×奥行) 質量 約 155 g ※1 充電完了した状態で、 使用環境温度が20 ℃のとき。 ※2 使用環境温度が20 ℃、 電源電圧が AC100 V のと きの時間です。 使用環境温度が低いときや、 電源電 圧が低いときは、 充電時間が長くなります。 29 増設可能な親機と利用できない機能 増設できる親機は追加になることがあります。 増設した親機によって、 利用できない機能があります。 増設可能な. 親機の品番 (シリーズ) 機能 前から録音 (16 ページ) 自動あんしん応答※ 2 (18 ページ) 親機への電話帳転送 (20 ページ) 内線電話の音声呼出 (15 ページ) ファクス受信 (14 ページ) 着信読み上げ/. [. . . ]

PANASONIC KX-PD552Dダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればPANASONIC KX-PD552Dのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag