ユーザーズガイド PANASONIC RF-P150A

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くPANASONIC RF-P150Aのユーザマニュアルを入手できます。 PANASONIC RF-P150Aのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

PANASONIC RF-P150AのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


PANASONIC RF-P150A : ユーザーガイドを完全にダウンロード (1983 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル PANASONIC RF-P150A

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 仕様 取扱説明書 FM-AM 2 バンドレシーバー AM レシーバー 品番 電源: 実用最大出力: スピーカー: 出力端子: 寸法/質量: DC 3 V ( 単 3 形乾電池×2 本使用) 100 mW(JEITA) 5. 7 cm 丸形 8 Ω イヤホン 8 Ω 3. 5 mm RF-P150A R-P130 このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、 まことにありがとうございます。  取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください。 (7  ご使用前に「安全上のご注意」 ∼ 8 ページ)を必ずお読みください。  保証書は「お買い上げ日・販売店名」などの記入を確かめ、取扱 説明書とともに大切に保管してください。 この取扱説明書は RF-P150A、 付属品 R-P130 を共用しています。  単 3 形乾電池 2 本 イラストは RF-P150A です。  モノラルイヤホン 性能の違いは [RF-P150A] [R-P130] で ( 品番 L0BBA0000006) ※ 示しています。  小物部品については乳幼児 ※ の手の届かないところに 品番は 2010 年 6 月現在のものです。 品番は変更されることがあります。 適切に保管してください。 [RF-P150A] [R-P130] 最大外形寸法 120 mm × 68 mm × 31 mm 120 mm × 68 mm × 30 mm (幅×高さ×奥行き) (JEITA) (JEITA) 本体寸法 115 mm × 68 mm × 28 mm 115 mm × 68 mm × 28 mm (幅×高さ×奥行き) 質 量 約 168 g 約 151 g ( 乾電池含む) 受信周波数 : FM AM [RF-P150A] 76. 0 ∼ 108. 0 MHz 525 ∼ 1629 kHz [R-P130] ̶ 電池持続時間(JEITA): パナソニックマンガン《黒》単 3 形乾電池 R6 使用時 保証書付き イヤホン使用時 スピーカー使用時 AM イヤホン使用時 スピーカー使用時 FM [RF-P150A] 約 100 時間 約 50 時間 約 125 時間 約 52 時間 [RF-P150A] 約 220 時間 約 95 時間 約 260 時間 約 125 時間 [R-P130] ̶ ̶ 約 150 時間 約 65 時間 [R-P130] ̶ ̶ 約 290 時間 約 150 時間 パナソニックアルカリ 単 3 形乾電池 LR6 使用時 パナソニック株式会社  AVC ネットワークス社 ネットワーク事業グループ 〒 571-8504  大阪府門真市松生町 1 番 15 号 © Panasonic Corporation 2010 VQT2Z78 F0610NJ0 イヤホン使用時 スピーカー使用時 AM イヤホン使用時 スピーカー使用時 FM 電池持続時間は使用条件によって短くなることがあります。 この仕様は、性能向上のため変更することがあります。 音響製品保証書 使用上のお願い / お知らせ  故障の原因になりますので、以下のことは避けてください。  強い衝撃や落下  風呂場など湿気の多い所、倉庫などほこりの多い所での使用  雨にぬらす  道路交通情報サービスを聞くには 道路交通情報サービスを実施している場所で、AM の 1620 kHz または 1629 kHz を選局してください。  以下の場合は、本機の故障ではありません。  本機を他のラジオやテレビなどの電気製品の近くで使用す ると、互いに干渉しあって雑音が入ることがあります。  本機を 0 ℃前後から暖かい場所へ急に移したとき、正常に 動作しないことがあります。これは、本機の動作部に露が 発生したためで、約 60 分で正常に戻ります。 見本 RF-P150A. indd 1 RF-P150A/R-P130 お手入れ ■本機が汚れたら 乾いた柔らかい布でふいてください。  汚れがひどいときは、水にひたした布をよく絞ってから汚れ をふき取り、そのあと、乾いた布でふいてください。  ベンジン、シンナー、アルコール、台所洗剤などの溶剤また は化学ぞうきんは、外装ケースが変質したり、塗装がはげる おそれがありますので使用しないでください。 2 2010/06/10 20:45:22 ラジオを聞く 電池の入れ方  単 3 形乾電池(付属) 電源 [RF-P150A]    カチッ バンド切替 (FM または AM)    電池はマンガン乾電池、またはアルカリ乾電池を お使いください。 本機は、電池を取り出しやすくするため、 電池が少し浮いた状態でフタが閉まります。 緑色表示 FM AM オレンジ色 表示 選局 [RF-P150A] 同調すると 赤色に点灯 FM MHz [RF-P130] 音量 AM x10kHz AM 108 100 92 1600 1300 同調 1000 800 600 530 kHz 160 130 100 80 60 53 AM RECEIVER 大 同調ランプ ([RF-P150A]) 86 80 76 小 FM-AM 2-BAND RECEIVER イヤホンの接続 モノラル イヤホン (付属) アンテナの調整 ぐっと差し込む プラグタイプ: 3. 5 mm モノラルミニプラグ [RF-P150A] [R-P130] [RF-P150A] お知らせ  インサイドホンタイプのイヤホンは耐入力値が小さいので、 使用しないでください。買い替えの際は付属イヤホンと同タ イプ ( 右図の形状)のものをご購入ください。  [RF-P150A] は、電波が弱いときや乾電池が消耗しているときに、放 送を受信しても同調ランプが点灯しない場合があります。  建物や乗り物の中では電波が届きにくいので、放送が聞こえにく くなったり、聞こえないことがあります。できるだけ窓際でお聞 きください。 ご使用の電池が消耗したときは、音がひずんだり、小さくなります。 この場合は、新しい乾電池と交換してください。 交換せずに使用した場合、音が出なくなったり、異音がすることが ありますが故障ではありません。 新しい乾電池と交換すると正常に戻ります。 お願い  本機のスピーカーは、防磁設計ではありません。テレビや パソコン等の近くに置かないでください。  本機と携帯電話を近づけて使っているときは、本機から携帯電話 を離してください。 3 4 RF-P150A. indd 2 2010/06/10 20:45:22 保証とアフターサービス 修理・使いかた・お手入れ などは… よくお読みください ■ まず、お買い上げの販売店へ ご相談ください。 ▼ お買い上げの際に記入されると便利です 販売店名 電 話 お買い上げ日 (     )       ー 年   月   日 修理を依頼されるときは… この説明書をよくお読みのうえ、直らないときは、乾電池を取り出 して、お買い上げ日と下の内容をご連絡ください。 ● 製品名 ● 品 番 ● 故障の状況 FM-AM 2 バンドレシーバー /AM レシーバー RF-P150A/R-P130 できるだけ具体的に ● 保証期間中は、保証書の規定に従ってお買い上げの販売店が修理をさせ ていただきますので、おそれ入りますが、製品に保証書を添えてご持参 ください。 保証期間 : お買い上げ日から本体 1 年間 ● 保証期間終了後は、診断をして修理できる場合はご要望により修理させ ていただきます。 ※ 修理料金は次の内容で構成されています。 技術料 部品代 出張料 診断・修理・調整・点検などの費用 部品および補助材料代 技術者を派遣する費用 ※ 補修用性能部品の保有期間 6 年 当社は、この FM-AM 2 バンドレシーバー /AM レシーバーの補修用性能部品 (製品の機能を維持するための部品)を、製造打ち切り後 6 年保有しています。 ■ 転居や贈答品などでお困りの場合は、 次の窓口にご相談ください。 ※「よくあるご質問」 「メールでのお問い合わせ」などはホー ムページをご活用ください。 http://panasonic. jp/support/ ● 修理に関するご相談は… ● 使いかた・お手入れなどのご相談は… ※ ご使用の回線(IP電話やひかり電話など)によっては、回線の混雑時 に数分で切れる場合があります。 【ご相談窓口における個人情報のお取り扱い】 パナソニック株式会社およびパナソニックグループ関係会社(以下「当社」 )は、 お客様の個人情報をパナソニック製品に関するご相談対応や修理サービスなどに 利用させていただきます。併せて、お問い合わせ内容を正確に把握するため、ご 相談内容を録音させていただきます。また、折り返し電話をさせていただくとき のために発信番号を通知いただいておりますので、ご了承願います。当社は、お 客様の個人情報を適切に管理し、修理業務等を委託する場合や正当な理由がある 場合を除き、第三者に個人情報を開示・提供いたしません。個人情報に関するお 問い合わせは、ご相談いただきました窓口にご連絡ください。 付属品は販売店でお買い求めいただけます。 パナソニックの家電製品直販サイト「パナセンス」 でお買い求めいただけるものもあります。 詳しくは「パナセンス」のサイトをご覧ください。 http://club. panasonic. jp/mall/sense/ 携帯電話からもお買い求めいただけます。 http://p-mp. jp/cpm 5 6 RF-P150A. indd 3 2010/06/10 20:45:23 安全上のご注意 必ずお守りください お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するため、必ずお守りいただくことを、次のように説明しています。 ■表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危 害や損害の程度を、次の表示で区分し、説明しています。 電池について 警告 注意 この表示の欄は、 「死亡または重 傷などを負う可能性が想定され る」内容です。 この表示の欄は、 「傷害を負う可 能性または物的損害のみが発生 する可能性が想定される」内容 です。 警告 電池は正しく取り扱う ●  と  は正しく入れる ●長期間使用しないときは、取り出しておく 電池は誤った使い方をしない ●指定以外の電池を使わない ●新・旧電池や違う種類の電池をいっしょに使 用しない ●乾電池は充電しない ●加熱、分解したり、水、火の中へ入れたりし ない ●ネックレスなどの金属物といっしょにしない ●被覆のはがれた電池は使わない  取り扱いを誤ると、電池の液もれにより、火災や周囲汚損の 原因になることがあります。  万一液もれが起こったら、販売店にご相談ください。  液が身体についたときは、水でよく洗い流してください。 ■お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、 説明しています。 (下記は、絵表示の一例です。 ) このような絵表示は、してはいけない 「禁止」内容です。 この絵表示は、必ず実行していただく 「強制」内容です。 本体について 警告 分解・改造しない ●機器が故障したり、金属物が入ると、やけど や火災の原因になります。 ●点検や修理は、販売店へご依頼ください。 分解禁止 自動車やバイク、自転車などの運転中は、イヤホンで使 用しない ●周囲の音が聞こえにくく、交通事故の原因に なります。 ●歩行中 ( 特に、踏切や横断歩道)でも周囲の 交通に十分注意してください。 8 注意 異常に温度が高くなるところに置かない ●機器表面や部品が劣化 するほか、火災の原因に なることがあります。 ●夏の閉め切った自動車内や直射日光の当たるところ、 ストーブの近くでは特にご注意ください。 磁気の影響を受けやすいものを近づけない ●スピーカーの磁気の影 響で、キャッシュカード や定期券、時計などが正 しく働かなくなること があります。 イヤホン使用時は、音量を上げすぎない ●耳を刺激するような大きな音量で長時間続け て聞くと、聴力に悪い影響を与えることがあ ります。 イヤホンなど肌に直接触れる部分に異常を感じたら使用 を中止する ●そのまま使用すると炎症やかぶれなどの原因 になることがあります。 7 RF-P150A. indd 4 2010/06/10 20:45:23 [. . . ] [. . . ]

PANASONIC RF-P150Aダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればPANASONIC RF-P150Aのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag