ユーザーズガイド PANASONIC SV-MC55

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くPANASONIC SV-MC55のユーザマニュアルを入手できます。 PANASONIC SV-MC55のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

PANASONIC SV-MC55のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


PANASONIC SV-MC55 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (21164 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル PANASONIC SV-MC55

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 50 • 写真ファイルを保護 (プロテクト)する . . . . . . . . . . . . 8. 詳細を設定してコピー (内蔵メモリー← SD カード) 51 → . . . 7. 30 予約録画を確認 / 変更 / 取り消しする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32 1 枚ずつ書き出す(コピー) (内蔵メモリー→ SD カード) 52 . . . [. . . ] 分類された写真を見る •(カードをお使いの場合)SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[写真を見る]モードにしておく(P40) • 再生メモリーを切り換えておく(P41) 写真は以下の分類別で探すことができます。 全ての写真(お買い上げ時の設定) 内蔵メモリーや SD カード内にある写 真をファイル名順に表示します。 最近取り込んだ写真 (P45) SD カードから内蔵メモリーに取り込 んだ最近の写真を取り込み順に最大 100 枚まで表示します。 • パソコンから直接取り込んだ写真は 最近取り込んだ写真には分類されま せん。 日付検索(P45) 内蔵メモリーや SD カード内にある写 真を日付別に選べます。 フォルダ検索(P46) 内蔵メモリーや SD カード内のフォル ダを指定して、そのフォルダ内の写真 を表示します。 お気に入りの写真 お気に入り 1、お気に入り 2、お気に 入り 3、LUMIX のお気に入り (写真がある場合のみ表示) • 内蔵メモリーに登録したお気に入り の写真や、当社製デジタルカメラ LUMIX やポータブルテレビで登録 した SD カードのお気に入りの写真 を表示します。 • 本機でのお気に入り登録や表示のし かたは、48 ∼ 49 ページをお読み ください。 ■ すべての写真を見る 選んでいる再生メモリーのすべての写真を表示します。 1 [MENU]を押す [写真を選ぶ] を選び、 2 e/r で 中央を押す 4 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す RETURN MENU RETURN [全ての写真] を選び、 3 e/r で 44 中央を押す ■ 最近取り込んだ写真を見る • 内蔵メモリーに取り込んだ写真を見 ることができます。 ■ 日付別に写真を見る 1 [MENU]を押す [写真を選ぶ] を選び、 2 e/r で 中央を押す 中央を押す 1 [MENU]を押す 中央を押す [写真を選ぶ] を選び、 2 e/r で 3 e/r で[日付検索]を選び、 3 e/r で[最近取り込んだ写 真]を選び、中央を押す 4 e/r/w/q を押して日付を選 び、中央を押す RETURN • SD/microSD カードの場合は、 [最近 取り込んだ写真]は表示されません。 4 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す 月を選ぶ: e/r を押す 日を選ぶ: w/q を押す • 写真が 1 枚もない月は表示されません。 写 真 を 見 る 5 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す RETURN RETURN お知らせ • 日付表示できる範囲は 2000 年 1 月から 2099 年 12 月までです。 • 写真ファイルの日付データには、撮影日と更新日があり、日付検索では更新日 を利用しています。パソコン編集などで更新日が変更された場合、日付検索で 表示される日付と、再生画面等で表示される撮影日が異なります。 45 3. 分類された写真を見る(つづき) ■ フォルダを選んで写真を見る 本書では、以下のフォルダ構造の場合に写真を選ぶ操作で説明しています。 ※2 内蔵メモリー (Root エリア) ルー ト XXXXXX _1 XXXX0001. JPG • Root とは、 最上位の階層 (メモリー ※1 直下)を指します。 XXXXXXXX. JPG • 内蔵メモリーや SD カード内の フォルダ構造については 47 ペー ジをお読みください。 PICTURE •[ ]で表示されるフォルダは、さら に下の階層にフォルダが存在します。  ※ 2 本例の場合、フォルダ構造説明の 「PICTURE」フォルダ内にさらに 「XXXXXX_1」フォルダが存在 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真を選ぶ]を選び、 中央を押す 3 e/r で[フォルダ検索]を 選び、中央を押す Root エリア直下のフォルダが表示さ れます。 探しているフォルダが見つかるまで手 順 を繰り返してください。 5 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す 4 e/r で、フォルダを選び、 中央を押す 現在開いているフォルダ RETURN RETURN • 現在開いているフォルダ内に写真と フォルダがある場合、 「このフォルダ 内の写真」が表示されます。  ※ 1 本例の場合、フォルダ構造説明の 「XXXXXXXX. JPG」ファイルを選 ぶ場合 46 4. 本機で再生できる写真 JPEG(JPEG 形式でも再生できないものがあります。 ) 最大 5120 × 3840  最小 64 × 64 最大ファイルサイズ:10 MB 1000 フォルダ※ 1 最大フォルダ数: 最大ファイル数: 40000 ファイル※ 1 ※1 ファイルやフォルダは取り込んだ日付に応じた名称で作成されます。同じ日 に取り込めるファイル数は 9000 ファイル、作成されるフォルダ数は 9 フォルダまでです。 (1000 ファイル× 9 フォルダ) ファイル形式: 画素数: 再生対象になる写真のフォルダ構造 内蔵メモリーや SD カードの 6 階層目までにあるファイルを再生できます。 ルー ト SD カー (R o エリア) ド ot 第1階層 DCIM 第2階層 101_PSDV 第3階層 P1010001. JPG 第4階層 第5階層 第6階層 第7階層 100_PANA P1000001. JPG PICTURE1 XXXX. JPG 写 PICTURE2 XXXX. JPG PICTURE3 XXXX. JPG PICTURE4 XXXX. JPG PICTURE5 を 真 XXXX. JPG XXXX. JPG る 見 ルー ト 内蔵メモリー(R o エリア) ot 第1階層 PICTURE 第2階層 第3階層 ※3 第4階層 第5階層 第6階層 第7階層 XXXXXX_1 XXXX0001. JPG XXXX0002. JPG ※2 XXXX0003. JPG XXXX0008. JPG … ※2 取り込んだ年月日 ※3 取り込んだ月日 • SD カードから内蔵メモリーに写真を取り込んでもフォルダ名やファイル名は 引き継がれません。取り込んだ日付に応じた名称で作成されます。SD カード 内のフォルダやファイルを、内蔵メモリーに取り込むと、フォルダ名とファイ ル名は上の図のようになります。 (上記構造例の場合) 47 5. 編集する •[写真を見る]モードにしておく(P40) • 再生メモリーを切り換えておく(P41) • 編集する対象となる分類を選んでおく(P44) • スライドショーを再生している場合は停止しておく(P42) 写真をお気に入り登録する 写真をお気に入り登録しておくと、登録した写真だけを順番に再生したり(スラ イドショー) 、写真を探しやすくすることができます。 [お気に入り 1] [お気に入り 2] [お気に入り 3]の 3 つに分けて登録できます。 • お気に入りに登録できるのは、内蔵メモリーの写真のみです。 • ここでは、 [お気に入り 1]を例に説明しています。 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真を編集する] を選び、中央を押す 5 e/r/w/q で登録する写真を 選び、中央を押す • [MENU] を押して、e/r で[シング ル表示][全選択]または[全解除] 、 を選ぶことができます。 • 登録した写真には[ 1 ]が表示され ます。もう一度、中央を押すと表示 が消え、登録が解除されます。 • 手順 4 で[お気に入り 2 を編集する] 、 を選んだ場合は[ 2 ][お気に入り 3 を編集する]を選んだ場合は [ 3 ]が表示されます。 3 e/r で[お気に入りを編集 する]を選び、中央を押す MENU RETURN 4 e/r で[お気に入り 1 を編 集する]を選び、中央を押す 6 [MENU]を押して、 e/r で[お気に入り編集終 了]を選び、中央を押す お知らせ MENU RETURN • それぞれの[お気に入り]に 999 枚 まで写真を登録できます。 • 写真によっては登録できない場合が あります。 • 電池残量表示が赤色になっていると きは、編集できません。 48 ■ 登録した写真を探して見る ■ 登録をまとめて解除する お気に入りに登録した写真をすべて解 除します。 1 [MENU]を押す 1 [MENU]を押す [写真を選ぶ] を選び、 2 e/r で 中央を押す 2 e/r で[写真を編集する] を選び、中央を押す 3 e/r で[お気に入り 1]を 選び、中央を押す 3 e/r で[お気に入りをリセッ トする]を選び、中央を押す 4 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す 4 e/r で[お気に入り 1 をリ セットする]を選び、中央を 押す 写 真 RETURN 5 w/q で[はい]を選び、中 る を 見 央を押す 49 5. 編集する(つづき) •(カードをお使いの場合)SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[写真を見る]モードにしておく(P40) • 再生メモリーを切り換えておく(P41) • 編集する対象となる分類を選んでおく(P44) 写真ファイルを消去する 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真を編集する]を 選び、中央を押す 6 [MENU] を押して、e/r で[消 去実行]を選び、中央を押す 7 w/q で[はい]を選び、中央 を押す • 消去中に、 [RETURN]を押すと消 去が中止されます。ボタンを押す以 前の写真は元に戻りません。 3 e/r で[写真ファイルを消 去する]を選び、中央を押す 4 e/r で[複数選択消去]を 選び、中央を押す ■ 1 枚ずつ消去するには 1 手順 で、1 枚選択消去] [ を選び、 中央を押す 2 e/r/w/q で消去する写真を選 び、中央を押す 3 中央を押す 4 w/q で[はい]を選び、中央を 押す ◇ 写真ファイル消去を終了するには [RETURN]を押してください。 5 e/r/w/q で消去する写真を 選び、中央を押す • 選択した写真には[ ]が表示されま す。もう一度、中央を押すと表示が 消え、登録が解除されます。 • [MENU] を押して、e/r で[シング ル表示][全選択]または[全解除] 、 を選ぶことができます。 写真ファイルを保護(プロテクト)する 誤って消去しないように、写真を保護(プロテクト)します。保護していても [フォーマット]した場合は消去されます。 • 選択した写真には[  ]が表示され 1 [MENU]を押す ます。もう一度、中央を押すと表示 が消え、登録が解除されます。 2 e/r で[写真を編集する]を • [MENU] を押して、e/r で[シング 選び、中央を押す ル表示][全選択]または[全解除] 、 3 e/r で[プロテクトを設定 を選ぶことができます。 する]を選び、  中央を押す 選び、中央を押す 4 e/r/w/q で保護する写真を 50 5 [MENU] を押して、 e/r で[プロテクト設定終 了]を選び、中央を押す 6. 詳細を設定してコピー(内蔵メモリー← SD カード) → 複数の写真を選んでコピー コピー元・コピー先の設定や、一度に複数選択をしてコピーすることができます。 •(カードをお使いの場合)SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[写真を見る]モードにしておく(P40) • コピーする対象となる分類を選んでおく(P44) 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真をコピーする] 3 7 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す • 選択した写真にはチェックボックス を選び、中央を押す [ ]が表示されます。 • [MENU] を押して、e/r で[シング e/r で [詳細コピー] を選び、 ル表示][全選択]または[全解除] 、 中央を押す を選ぶことができます。 4 e/r で[コピー元]を選び、 w/q でメディアを選ぶ 8 [MENU]を押して、e/r で [コピー実行]を選び、中央 を押す 写 真 を 見 る 9 w/q で[はい]を選び、中 央を押す MENU RETURN 5 e/r で[コピー先]を選び、 w/q でメディアを選ぶ ◇ コピーを終了するには [RETURN]を押してください。 お知らせ 6 • SD カードと microSD カード間でコ ピーできません。ただし、内蔵メモ リーに一度取り込んでから、SD カー ドに書き出すことができます。 • コピー処理中に、 [RETURN]を押 すとコピーが中止されます。ボタン e/r で [写真を選ぶ] を選び、 を押した以降の写真はコピーされま せん。 中央を押す MENU RETURN 51 7. 1 枚ずつ書き出す(コピー) (内蔵メモリー → SD カード) 1 枚ずつ写真を選んで書き出す • SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[写真を見る]モードにしておく(P40) • 再生メモリーを[内蔵メモリー]に切り換えておく(P41) 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真をコピーする] を選び、中央を押す 5 e/r/w/q で写真を選び、中 央を押す 6 写真がシングル表示された ら、十字キー中央を押す 3 e/r で[1 枚ずつ書き出す] を選び、中央を押す 7 w/q で[はい]を選び、中 央を押す ◇コピーを終了するには [RETURN] を押してください。 MENU RETURN 4 w/q でコピー先のカードを 選び、中央を押す お知らせ • 再生できる写真の仕様が機器により異なるため、お使いの機器(携帯電話、デ ジタルカメラなど)によっては、本機でコピーした写真を再生できない場合が あります。 • SD/microSD カードを挿入すると右 のポップアップメニューが表示され ます。40 ページの「ポップアップメ ニューを使う」をお読みください。 RETURN 52 8. 写真の再生設定 •[写真を見る]モードにしておく(P40) スライドショー順序 ● ノーマル 写真のフォルダ名 / ファイル名に付 与された文字コード順に再生します。 ○ ランダム 順不同にフォルダが選択され、フォ ルダ内の写真を順不同に再生します。 ‒ ランダム再生中は、w を押して再 生し終わった写真へ戻ることはで きません。 1 [MENU]を押す 2 e/r で[写真の再生設定] を選び、中央を押す 3 e/r/w/q で設定する 設定項目を選ぶ: e/r を押す 設定内容を選ぶ: w/q を押す ◇ メニュー画面を消すには [MENU] を押してください。 ●お買い上げ時の設定 スライドショー効果 ● フェード 次の写真を徐々に表示して写真を切 り換えながら再生します。 ○ モーション 写真を拡大し、上下、左右、対角方 向に動かしながら再生します。 写 真 を 見 る 写真回転表示 写真を順番に再生する場合やシングル 表示する場合に、本機の置きかたに合 わせて写真を回転させます。 ○ オフ 自動的に回転されません。 ● 横置き 本機を横置きにして見る場合に設定 してください。 ○ 縦置き 本機を縦置きにして見る場合に設定 してください。 • 撮影した機器によっては、写真を回 転できない場合があります。 ○ スライドイン 画面右側から左側へ流れるように写 真を切り換えながら再生します。 スライドショー間隔 ○ 短い 約 1 秒間隔で写真を切り換えます。 ● 標準 約 6 秒間隔で写真を切り換えます。 ○ 長い 約 10 秒間隔で写真を切り換えます。 • 写真のファイルサイズが大きい場合 は、設定にかかわらず、切り換わる のに時間がかかる場合があります。 •[スライドショー効果]を[モーショ ン]に設定しているときは[スライ ドショー間隔]の設定は反映されま せん。 カラーエフェクト 写真を順番に再生しているときやシン グル表示している場合に、写真の色を 変更できます。 ● カラー ○ 白黒 ○ セピア 53 8. 写真の再生設定(つづき) スライドショーの BGM 設定 [曲を選ぶ] (事前に SD カードに音楽データを記録 しておいてください(P56)) 。 [BGM]が[オン]のときのみ再生す る曲を選ぶことができます。 1 53 ページの手順 で[スライド ショーの BGM 設定]を選び、十字 キー中央を押す 2 e/r で[曲を選ぶ]を選び、中央 を押す 3 e/r でプレイリストの種類を選び、 中央を押す •[全曲][新曲][マイベスト] 、 、 を選んだ場合は手順 5 へすすんで ください。 •[50 音検索]を選んだ場合は 58 ページをお読みください。 4 e/r でプレイリストを選び、中央 を押す 5 e/r で再生する曲を選び、中央を 押す プレイリストの種類について:P58 [BGM] [オン]に設定すると、写真を再生して いるときに、音楽を再生することがで きます。 ○ オン ● オフ •[オン]に設定した場合、写真を停止 すると、音楽も停止します。 •[オン]に設定した場合、写真のスラ イドショーについては十字キー操作 が可能です。音楽のスキップはでき ません。 [メモリー選択] [BGM]が[オン]のときのみメモリー を選択できます。 ● SD カード ○ microSD カード • 選んだプレイリスト内のすべての曲 を繰り返し再生します。 お知らせ • BGM の設定が [オン] SD/microSD カードが入っていないときは、SD カー で [ ドに再生できる音楽トラックがありません] と表示されます。 この場合、 十字キー の r を押してスライドショーを停止してからメモリー選択しているカードを挿 入してください。ポップアップメニューが表示されたら[RETURN]で消して、 十字キー中央を押すと、再びスライドショーが始まります。 54 1. 音楽を聴く • 音楽データを記録した SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) • 再生メモリーを切り換えておく(下記※) ■ 本書での十字キー操作の表現 例:e で選び、中央を押す 上を押す 中央を押す 液晶モニターを点灯したままにするに は(省電力設定) :P60 音量の調整 [ − ][ + ] を押す 1 [MODE]を押す [音楽を聴く] を選び、 2 e/r で 中央を押す q/h 再生 / 一時停止 中央を押す g 停止する r を押す 3 e/r で再生する曲を選び、 中央を押す i スキップする q を押す u 曲の先頭へ戻る w を押す • もう 1 度 w を押すと前の曲へ戻り ます。 写 真 を 見 る RETURN 音楽を再生します。動作表示ランプが 約 3 秒間隔で点滅します。 • しばらくすると液晶モニターが省電力のため消 灯します。表示を確認するには電源ボタン以外 のいずれかのボタンを押してください。 u/i 早送り / 早戻し(サーチ) 再生中に w/q を押したままにする • 一時停止中に押したままにすると、 連続してスキップします。 音 楽 を 聴 く ※ 再生メモリーの切り換えについて 1 [MENU]を押す 2 e/r で[再生メモリー切換え] を選び、中央を押す 3 e/r で、SD カード] [ または [microSD カード]を選び、中央を押す • ご使用のメモリーに応じて、SD/ microSD に切り換えてください。 お知らせ オートパワーオフ 節電のため、停止状態が約 5 分以上続 くと自動的に電源が切れます。 レジューム機能 前回停止したところから再生します。 • SD カードの交換や、曲を追加 / 消去して SD カード内の情報が変更 されると解除されます。 • 音楽再生中に [RETURN] を押してトラックリスト(手順 3 の画面)を表示す ることもできます。 • 本機で音楽の消去はできません。SD-Jukebox やステレオシステムなどで消去してください。 55 1. 音楽を聴く(つづき) ■ 音楽を SD カードに記録するには 本機で音楽再生するには、音楽を以下のいずれかの方法で SD カードに記録してください。 付属の CD-ROM(SD-Jukebox)を パソコンにインストールして、 SD-Jukebox を使って転送 インストールする:P62 音楽データ を転送 当社製ステレオシステムなど、SD オーディオ規格準拠の機器で記録し た SD カードを本機へ • 詳しくは、それぞれの機器の取扱 説明書をお読みください。 当社製 SD オーディオ規格準拠の機器 (2009 年 7 月現在) 商品名 品番 コンパクトステレオ SC-HC7、SC-HC5、SC-HC4 システム SC-SX950、SC-SX850、SC-SX800、SC-SX450、 SC-SX400、SC-PM870SD、SC-PM770SD、 SD ステレオ SC-PM730SD、SC-PM710SD、SC-PM670SD、 システム SC-PM930DVD、SC-PM910DVD、SC-NS570SD、 SC-NS550SD DMR-BW950、DMR-BW930、DMR-BW900、 ブルーレイディスク DMR-BW850、DMR-BW830、DMR-BW800、 レコーダー DMR-BW750、DMR-BW730、DMR-BW700、 DMR-BW200 DMR-XW320、DMR-XW300、DMR-XW200V、 DMR-XW120、DMR-XW100、DMR-XW51、 DVD レコーダー DMR-XW50、DMR-XW41V、DMR-XW40V、 DMR-XW31、DMR-XW30 以下の音楽データを SD カードに記録しても本機では再生できません。 • WMA/MP3/AAC 形式ファイルをパソコンのエクスプローラで直接転送した 音楽データ • 他社製の SD オーディオ規格に準拠していないミニコンポなどで記録した音 楽データ • 携帯電話の音楽配信サイトよりダウンロードした、SD オーディオ規格に準拠 していない音楽データ 56 ■ プレイリストから曲を探して聴く SD-Jukebox やステレオシステムなどで音楽を記録すると、プレイリストという アーティスト名やアルバム名ごとに分類されるリストを作ることができます。 これらのプレイリストから聴きたい曲を選んで聴くことができます。 • 本書では、 アーティスト]プレイリストから曲を探す操作を説明しています。 [ [アー ティスト]以外のプレイリストから選曲する場合も同様に操作してください。プレ イリストの種類については 58 ページをお読みください。 • 音楽データを記録した SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[音楽を聴く]モードにしておく(P55) 1 [MENU]を押す 2 e/r で[曲を選ぶ]を選び、 中央を押す 4 e/r でプレイリストを選び、 中央を押す RETURN MENU RETURN 5 e/r で再生する曲を選び、 中央を押す 3 e/r で[アーティスト]を 選び、中央を押す 音 楽 を 聴 RETURN く ◇ 上の画面時に[再生画面へ]を選ん だ場合   音楽再生の画面に移り音楽を再生し ます。   再生中:再生画面へ戻り再生を継続 します。   停止中:再生画面へ戻りレジューム 位置から再生します。 お知らせ • プレイリストに分類されていない曲は、 アーティストやアルバムなどのプレイ リストから曲を探すことができません。 [全曲]から曲を選んでください。 • プレイリストの作成方法は、 SD-Jukebox の通常モード編の取扱 説明書(PDF ファイル)やステレオ システムなどの取扱説明書をお読み ください。 57 1. 音楽を聴く(つづき) プレイリストの種類 50 音検索 プレイリストを 50 音から検索して選 べます。 全曲(お買い上げ時の設定) すべての曲から選べます。 新曲 (プレイリストがある場合のみ表示) SD-Jukebox や当社製ステレオシス テムで新曲転送された曲を選べます。 マイベスト (プレイリストがある場合のみ表示) 当社製マイベスト機能搭載オーディオ 機器でマイベストに分類された曲を選 べます。 アーティスト SD-Jukebox や当社製ステレオシス テムなどでアーティストに分類された プレイリストから選べます。 アルバム SD-Jukebox や当社製ステレオシス テムなどでアルバムに分類されたプレ イリストから選べます。 PL ユーザープレイリスト SD-Jukebox や当社製ステレオシス テムなどでお客様が作成されたプレイ リストから選べます。 印象 SD-Jukebox や当社製ステレオシス テムなどで印象に分類されたプレイリ ストから選べます。 :ウキウキ系 :癒し系 :ゆったり系 :その他の印象プレイリスト ■[50 音検索]から選曲する 1 57 ページの手順 で e/r を押して [50 音検索]を選び、中央を押す • プレイリストが作成されていない行 はとび越します。 2 e/r/w/q でプレイリストを選び、 3 e/r で再生したい曲を選び、中央 を押す 中央を押す 行タブを選ぶ: w/q を押す プレイリストを選ぶ: e/r を押す 行タブ RETURN RETURN 58 • 行タブは、あかさたな(ひらがな) • 50 音検索機能は、プレイリストに …→ ABC(アルファベット)…→ etc. (数字など) の順で表示されます。 基づいた検索機能です。曲のタイト ルからの検索はできません。 お知らせ 2. リピートなどの再生設定をする •[音楽を聴く]モードにしておく(P55) ●お買い上げ時の設定 1 [MENU]を押す 2 e/r で[音楽の再生設定] を選び、中央を押す 再生モード ● ノーマル 選択したプレイリスト内の曲を再生 ○ 1 曲リピート 1 曲を繰り返し再生 ○ 全曲リピート 選択したプレイリスト内のすべての 曲を繰り返し再生 MENU RETURN 3 e/r/w/q で設定する 設定項目を選ぶ: e/r を押す 設定内容を選ぶ: w/q を押す ○ ランダム 選択したプレイリスト内のすべての 曲を順不同に再生 ○ ランダムリピート 選択したプレイリスト内のすべての 曲を順不同に繰り返し再生 ○ ザッピング 選択したプレイリスト内のすべての曲の サビ部分約 20 秒間を順に繰り返し再生 ‒ サビ情報が含まれていない場合 は、曲の先頭部分が約 20 秒間再 生されます。 ‒ ザッピング中は、早戻し、早送り できません。 ○ イントロ 選択したプレイリスト内の各曲の先 頭 10 秒間を順に繰り返し再生 音 楽 を 聴 く お知らせ MENU RETURN ◇ メニュー画面を消すには [MENU] を押してください。 •[ザッピング] [イントロ]に設定時、 モードを切り換えたり、電源を切ると 再生モードは[ノーマル]になります。 • ザッピング再生中やイントロ再生中 に中央を押すと、再生中の曲の始め から通常再生します。 • ランダム再生中は、w を押して再生 し終わった曲へ戻ることはできませ ん。 59 2. リピートなどの再生設定をする(つづき) プレイリスト連続再生 ● オフ 選択したプレイリスト内の曲のみを 再生 ○ オン アーティスト、アルバム、ユーザー プレイリスト内のプレイリストをま たいで再生 ‒[ランダム] [ランダムリピート] に設定していても、プレイリスト は順不同に選択されません。 省電力設定 ○ オフ 液晶モニターを点灯したままにします。 ● オン 再生中に本機を約 10 秒以上操作し ないでいると情報画面が消灯して、 電池の消耗を抑えます。 ‒ 電源ボタン以外のいずれかのボタ ンを押すと、液晶モニターが点灯 します。 ‒ イントロ再生時や、10 秒以下の 曲を連続で再生している場合、液 晶モニターは消灯しません。 G H I J ■ 再生中の情報画面 A B C D E F a INTRO :1 曲リピート :全曲リピート :ランダム :ランダムリピート :ザッピング :イントロ b 60 アルバム名 現在の曲 / 総曲数 アーティスト名 プログレスバー(再生経過時間) 曲名 ⓐ:再生経過時間 ⓑ:曲時間 圧縮 / 伸張方式、ビットレート 十字キーの操作ガイド ジャケット写真 • ガイドは再生後しばらくすると • 作成方法(静止画の添付)につ 消えます。e を押すと表示され ます。 いては SD-Jukebox の通常モー • 対応するキーを押したり中央を ド編の取扱説明書(PDF ファイ 押すと、ガイド表示の動作をし ル)をお読みください。 ます。 • プレイリストに登録された写真 は本機で表示されません。 :電池残量表示(P15) • 写真が本機に対応※していない場 :AC アダプター使用時 合は、固定の画像が表示されます。 再生モード(P59) • 1 曲に複数の写真を添付してい る場合、本機では最初の 1 枚の みが表示されます。 ※ 本機対応 ファイル形式:JPEG 画素数:96 × 96、640 × 480、160 × 120 ∼ 1800 × 1200 3. 音楽再生時に写真を表示する 音楽再生を始めると、パソコンのスクリーンセーバーのように、内蔵メモリー内 の写真を約 6 秒間ずつ順番に表示させることができます。 • 内蔵メモリーに写真を取り込んでおく(P40) • 音楽データを記録した SD/microSD カードを本機に入れておく(P10) •[音楽を聴く]モードにしておく(P55) 1 [MENU]を押す 2 e/r で[音楽の再生設定] を選び、中央を押す [写真を選ぶ] を選び、 4 e/r で w/q で写真の分類を選ぶ 3 e/r で[再生中の写真表示 設定]を選び、 w/q で[オン] を選ぶ MENU RETURN ◇ メニュー画面を消すには [MENU] を押してください。 音楽を再生してしばらくすると写真が 順番に表示されます。 MENU RETURN ■ 写真を表示しないようにする 手順 で w/q を押して[オフ]を選ぶ 再生可能な写真について:P47 写真の分類について:P44 音 楽 を 聴 お知らせ く •[音楽を聴く]モードでは、SD/microSD カードの写真を表示することはでき ません。あらかじめ、内蔵メモリーに写真を取り込んでおいてください。 • 音楽を停止 / 一時停止した場合は、写真表示が中断します。 • 写真を表示しているときに、十字キーを操作すると、音楽について動作します。 写真をスキップさせたりすることはできません。 • スキップ操作をしたりメニュー操作をした後は、一度、音楽の情報画面に変わ ります。写真のファイルサイズによっては、写真が再表示されるまで時間がか かる場合があります。 • 写真の表示間隔を変更したり、回転表示の変更はできません。 • 省電力設定が[オン]に設定されている場合でも写真が表示されます。 61 4. 音楽記録の準備をする(付属 CD-ROM のインストール) ■ 付属 CD-ROM(SD-Jukebox)の動作環境を確認する 対応パソコン 下記対応の OS(日本語版)がプリインストールされた IBM PC/AT またはそ の互換機 対応 OS(日本語版) Microsoft® Windows® 2000 Professional Service Pack 2、3、4 Microsoft® Windows® XP Home Edition/Professional および Service Pack 1、2、3 Microsoft® Windows Vista® Home Basic/Home Premium/Business/ Ultimate および Service Pack 1 Windows 2000/Windows XP Windows Vista(32 bit OS) Intel® Pentium® Ⅲ Intel® Pentium® Ⅲ 500 MHz 以上 800 MHz 以上 512 MB 以上 GB 以上を推奨) (1 メモリ 256 MB 以上 High Color(16 bit)以上 ディスプレイ 画面の解像度 800 × 600 ピクセル以上 (1024 × 768 ピクセル以上を推奨) 100 MB 以上の空き容量 ハードディスク • Windows® のバージョンや音声ファイルにより、別途空き 容量が必要です。 必要なソフトウェア DirectX® 9. 0b 以降、Internet Explorer 6 以降 サウンド Windows 互換サウンドデバイス CD-ROM ドライブ(デジタル録音対応 4 倍速以上) ドライブ • IEEE1394 で接続する CD-ROM ドライブでは動作しません。 • 音楽 CD の作成には CD-R/RW ドライブが必要です。 USB 端子 インターフェース • USB ハブおよび USB 延長ケーブルで接続した場合の動作は保証していません。 インターネット接続環境 その他 (CDDB 機能を利用する場合に必要) (ブロードバンド環境を推奨) CPU • 推奨環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。 • NEC PC-98 シリーズとその互換機での動作は保証していません。 • Windows® 3. 1、Windows® 95、Windows® 98、Windows® 98SE、 Windows® Me、Windows NT® および Macintosh には対応していません。 • OS のアップグレード環境での動作は保証していません。 • マルチブート環境には対応していません。 • システム管理者権限 (Administrator) のユーザーのみで使用可能です。 • お客様が自作されたパソコンでの動作は保証していません。 • 64 ビット OS 搭載のパソコンには対応していません。 • ディスクレーベル面に“ ”のマークが入っていない音楽 CD の再生 / 録音 には対応していません。 62 • 他のソフトウェアが同時に起動している場合の動作は保証していません。 • パソコンの環境によっては録音ができなかったり、録音した音楽データが使え ない等の不具合が発生する場合があります。お客様の音楽データの損失ならび にその他の直接 / 間接的な障害につきましては、当社および販売店等に故意ま たは重過失がない限り、当社および販売店等はその責任を負いません。 ※ 付属ソフトウェアの動作環境の詳細については、カタログまたは “http://panasonic. jp/support/software/sdjb/connect/index. html”を ご参照ください。 ■ 付属 CD-ROM(SD-Jukebox)をパソコンにインストールする 付属の SD-Jukebox Ver. 6. 95 LE をインストールしてください。 SD-Jukebox Ver. 6. 95 LE を使うと、音楽に添付したジャケット写真を SD カードに転送することができます。 すでに SD-Jukebox をインストールされている方は 付属 CD-ROM を CD-ROM ドライブに入れて、 [SD-Jukebox Ver. 6. 95 LE のインストール] をクリックすると、ファイル消去の確認画面が表示されます。 [OK]を選ぶとアンインストール が始まります。アンインストール完了後、 下記の手順 から操作してインストールしてください。 • インストールし直しても、インストール前に SD-Jukebox に取り込んだ音楽 データは消去されません。 • 他に起動しているアプリケーションをすべて終了しておく • インストールが終了するまで本機をパソコンに接続しない 1 パソコンの電源を入れ、 Windows を起動する 4 画面の指示に従ってインス トールを続ける シリアル番号入力画面では CD-ROM パッケージの表面に記載されて いるシリアル番号を入力してください。 • 再インストール時にもシリアル番号が 必要です。CD-ROM パッケージは紛失 しないよう大切に保管してください。 • シリアル番号は必ず半角で入力して ください。 音 楽 を 聴 く 2 付属 CD-ROM をパソコンの CD-ROM ドライブに入れる 3 [SD-Jukebox Ver. 6. 95 LE の インストール]をクリックする パソコンを再起動すると、インストー ルは完了です。 ◇ インストーラーが自動的に起動しない場合 1 Windows のスタートメニューで[ファイル名を指定して実行]をクリックする 2 [* : ¥autorun. exe]と入力し、 [OK]をクリックする • *は CD-ROM ドライブの ID です。 • 以下、画面の指示に従って続けてください。 63 4. 音楽記録の準備をする(付属 CD-ROM のインストール) (つづき) ■ SD-Jukebox を起動する 1 デスクトップのアイ コンをダブルクリッ クする 2 表示モードを選び、クリック する ■ SD-Jukebox の取扱説明書 (PDF ファイル)について SD-Jukebox の取扱説明書は、PDF ファイ ルとして同時にインストールされます。 • 取扱説明書(PDF ファイル)をお 読みいただくには、Adobe Reader が必要です。 取扱説明書(PDF ファイル)を読む Windows のスタートメニュー→ [すべてのプログラム]→ [Panasonic]→[SD-JukeboxV6]→ [SD-JukeboxV6 取扱説明書]の順にク リックする 通常モード : SD-Jukebox のすべての機能をお使い いただけます。 カンタンモード : SD-Jukebox の主な機能のみを、ステ レオシステムのような操作でお使いい ただけます。 音楽の転送方法については、 SD-Jukebox の通常モード編の取 扱説明書(PDF ファイル)をお読み ください。 ■ SD-Jukebox のご使用上の制限 SD-Jukebox は音楽文化の健全な発展 と正当な購入者の権利を保護するため、 暗号技術を利用した著作権保護技術が組 み込まれています。このため、ご使用い ただくにあたり下記の制限があります。 • SD-Jukebox は音楽データを暗号化 してハードディスクに記録します。 暗号化された音楽データを別のフォ ルダやドライブ、他のパソコンに移 動 / 複写して使用することはできま せん。 • ご使用の CPU ならびにハードディ スクの固有情報を暗号化処理のため に使用しております。そのため、ど ちらか一方でも交換すると、それ以 前の音楽データが使用できなくなる 場合があります。 デスクトップアイコンが表示され ていない場合は Windows のスタートメニュー→ [すべてのプログラム]→ [Panasonic]→[SD-JukeboxV6] →[SD-JukeboxV6]の順にクリッ クする 64 5. パソコンと接続する USB 接続ケーブルは付属のものをお使いください。また、付属のケーブルは他 の機器に使わないでください。 • SD/microSD カードを本機に入れておく (P10) • パソコンを起動させておく ■ USB 接続ケーブルを取り外す パソコンのタスクトレイにあるアイコ ン(Windows 2000/Windows XP: 、Windows Vista: [ ] )を [ ] ダブルクリックし、画面の指示に従っ て取り外してください。 (OS の設定に よっては表示されません。 ) • USB 接続ケーブルを取り外すと、本 機の電源は自動的にオフになります。 1 2 USB 接続ケー 1 向きを確かめ、 ブルを奥まで確実に差し込む ■ USB 接続先のメモリーを切り 換える 本機に接続中の USB 接続ケーブルを 取り外し、再度接続すると、接続先メ モリーを選択して切り換えることがで きます。 2 USB 接続ケーブルをパソコ ンに差し込む [SD カード] microSD ■ SD-Jukebox で音楽データを 、 [ 3 e/r で カード]または[内蔵メモリー] 転送する場合 を選び、中央を押す 1 左記手順 で、 [SD カード]また は[microSD カード]を選び、中 央を押す 2 パソコンで SD-Jukebox を起動さ せる 詳しくは、64 ページをお読みくださ い。 写真の取り込みや SD-Jukebox から音 楽データの転送ができます。 SD/microSD カード:写真や音楽データ 内蔵メモリー:写真データ お知らせ 音 楽 を 聴 く •[アクセス中]表示中に SD カードや USB 接続ケーブルを抜き差しすると、内 蔵メモリーや SD カード内のデータが消えたり、壊れることがあります。 • USB 接続先メモリーを選択後は本機を操作することはできません。 • 内蔵メモリーは、SD-Jukebox や DIGA で認識することができません。 USB 接続する際は、SD カード」 「 または 「microSD カード」 を選択してください。 • パソコンと接続すると充電されますが、満充電になるまで約 8 時間かかります。 また、充電中の表示はされません。 65 5. パソコンと接続する(つづき) ■ データ保存機能 本機は USB リーダーライターとして機能し、パソコンの外部デバイスとして認 識されます。 • SD カード内の[PRIVATE]フォルダ、SD_AUDIO]フォルダ、SD_VIDEO] [ [ フォルダは移動や消去、名前の変更をしないでください。 お知らせ • 1 台のパソコンに 2 台以上の USB 機器を接続している場合や、USB ハブ、延 長ケーブルを使用する場合は、動作を保証しません。 • パソコンと接続中にパソコンを起動(再起動)したり省電力モードになると、 本機を認識しないことがあります。本機を取り外して再接続するか、パソコン を起動してから本機を接続し直してください。 • パソコンと接続中は、パソコンが起動(再起動)しない場合があります。パソ コンを起動するときは、本機から USB 接続ケーブルを抜いておくことをおす すめします。 著作権など • • • • • • • • • • • • • • 著作物を無断で複製、放送、公開演奏、レンタルすることは法律により禁じられています。 SDHC ロゴは商標です。 microSDHC ロゴは商標です。 Microsoft、Windows および Windows Vista は米国 Microsoft Corporation の米国お よびその他の国における登録商標または商標です。 本製品は、Microsoft Corporation と複数のサードパーティの一定の知的財産権によって保護 されています。本製品以外での前述の技術の利用もしくは配付は、Microsoft もしくは権限を 有する Microsoft の子会社とサードパーティによるライセンスがない限り禁止されています。 Portions of this product are protected under copyright law and are provided under license by ARIS/SOLANA/4C. Intel、Pentium は Intel Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商 標です。 IBM および PC/AT は米国 International Business Machines Corporation の登録商標です。 Macintosh は、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。 Adobe、Adobe ロゴ、Adobe Acrobat、および Acrobat Reader は、アドビシステム ズ社の米国および / または各国での商標または登録商標です。 MPEG Audio Layer3 音声圧縮技術は、Fraunhofer IIS および Thomson からライセン スを受けています。 その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商 標です。なお、本文中では TM、® マークは一部明記していません。 Microsoft Corporation のガイドラインに従って画面写真を使用しています。 当製品には、イーソル株式会社のリアルタイム OS PrKERNELv4 およびミドルウェア PrUSB/Device が搭載されています。 66 1. [. . . ] 34、41、55 再生モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59 サウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 視聴録画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25 字幕 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23、39 写真回転表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 写真の消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50 充電時間/充電回数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 省電力設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 スキップ間隔設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39 スライドショー間隔 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 スライドショー効果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 スライドショー順序 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 スライドショー BGM 設定 . . . . . . . . . . . . . . 54   (BGM) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54   (曲を選ぶ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54   (メモリー選択) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 製造番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 設定初期化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70 操作音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70 た 行 チャプターマーク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36 チャンネル消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22 チャンネルスキャン . . . . . . . . . . . . . . . . 16、21 電池残量表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 電池持続時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84 動作表示ランプ. . . . . 8、14、23、25、31、39、55 取り込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12、40 ∼ 49、52、80、83 二重音声 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ]

PANASONIC SV-MC55ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればPANASONIC SV-MC55のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag