ユーザーズガイド PANASONIC VE-GP52DW

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くPANASONIC VE-GP52DWのユーザマニュアルを入手できます。 PANASONIC VE-GP52DWのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

PANASONIC VE-GP52DWのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


PANASONIC VE-GP52DW : ユーザーガイドを完全にダウンロード (9371 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル PANASONIC VE-GP52DW

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] ス スズキ 鈴木 押す 押す グループ= 1 押す 押す ︶ 機 0987654 (24 ケタまで) [1−9 ] 押す (半角 12 文字 まで) ● 修正のしかたは (70 ページ) ● 間違えたときは 押す 入力しないときは、 グループ 1 になります。 ■ 再ダイヤルから登録するには (再ダイヤル) 電話番号を確認 相手を選び 名前を入力 フリガナを確認 グループ番号を入力 ■ 修正するには (電話帳) 修正する人を選び 名前を修正 フリガナを修正 電話番号を修正 グループ番号を入力 ■ 消去するには (電話帳) 消去する人を選び ● すべてを消去するには 67 ページ ( 「電話帳全消去」 ) 35 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 35 2007/08/01 16:16:56 電話帳を転送する 機能 / 修正 決定 内線 取消 1 件 ず つ 親機の 電話帳を 子機へ 転送する 全 件 を 一 斉 に 押す 押す 電話帳転送 [ 決定 ] を押す F1 切 子機の 電話帳を 1 件 ず つ 親機 または 別の 子機へ ( 子機が 2 台 以上のとき ) 件 を 一 斉 に 全 押す 押す 転送先=親機 選択 は [ , ] を押す 転送する ● 子機が 2 台以上のときは 転送先を選ぶ。 F1 切 36 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 36 2007/08/08 9:38:02 ■ 1 件ずつ転送 (続けるとき) 「個別」 を選ぶ 転送する 相手を選ぶ 転送が 終わったら 押す 電話帳検索 名前? 押す 鈴木 [ カナ] 押す 押す (転送開始) 0987654321 押す 転送先=子機1 を押す [ , , 決定] 押す 電話帳=個別 [ , , 決定] を押す ■ 一斉に転送 「一斉」 を選ぶ 転送が 終わったら ● 子機が 2 台以上 のときは 転送先を選ぶ。 押す 電話帳=一斉 [ , , 決定] を押す 押す 押す (転送開始) 押す 電 話 帳 を 転 送 す ■ 1 件ずつ転送 (続けるとき) 「個別」 を選ぶ 転送する 相手を選ぶ 転送が 終わったら る 押す 検索は [ , ] を押す 押す 鈴木 押す (転送開始) 押す 0987654321 押す 電話帳転送 個別 一斉 ■ 一斉に転送 「一斉」 を選ぶ 転送が 終わったら 押す 電話帳転送 個別 一斉 押す 押す (転送開始) 押す ● 転送先に同じ内容があるときは、 追加登録されません。 名前が同じでも電話番号やグループが違う ( ときは登録されます) ● 全件を一斉に転送したとき を押して表示される順に転送されます。 多いと時間がかかります) ( 空き件数がなくなると終了します。 ● 転送するときは、 子機を親機の近くに持ってきてください。 37 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 37 2007/11/20 13:37:23 ワンタッチダイヤルに登録する ワンタッチダイヤル 決定 機能 / 修正 キャッチ 消去 内線 取消 留守 文字切替 / 再生 ● ワンタッチダイヤルで、 電話をかけるには (23 ページ) ワンタッチダイヤル を押す 電話番号を市外局番から 入力する または ワンタッチ ダイヤルを 登録する ● 2 件まで 押す 押す ワンタッチ 1 登録されていません 押す 0987654 押す 1 を押したときの例 (24 ケタまで) ● 番号を音声で読み上げます。 (読み上げダイヤル) 20 ページ) ( ● 押すと、 読み上げた番号を もう一度聞くことができます。 ● 間違えたときは 押す ■ 途中でやめるとき ■ 修正するには または 押す 番号にカーソルを移動し 番号を入力 (決定) ■ 消去するには または カーソルが先頭のときに 2 秒以上押す (決定) お知らせ ● 184 や 186 をつけて電話番号を入力するとき 44 ページ) ( (または ) のあとに (ポーズ) を入れる (ポーズを入れないと誤発信することがあります。 かけられないときは 86 ページ) 38 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 38 2007/08/01 16:16:59 留守番電話を使う 機能 / 修正 決定 内線 取消 (続く) ワ ン タ ッ チ ダ イ ヤ ル 応答メッセージを変える 登 録 す る 留守セット中の応答メッセージを選ぶことができます。 に 応答メッセージを選ぶ 応答 メッセージ を変える (留守応答 切替) 押す 押す 留守応答=自動 [ , , 決定] を押す 押す 留守応答=固定1 を押す [ , , 決定] 押す 押す ● 自動 / 固定 1/ 固定 2 から選ぶ  下記 ) ( ● 自動 :自作の応答メッセージ  下記) ( が流れます。 自作の応答メッセージを録音していない ※ ときは、 固定 1」 「 のメッセージが流れます。 固定 1: 「ただいま電話に出ることができません。 「ピー」 という音に続けてお名前とご用件をお話く ※ ださい。 が流れます。(66 ページ 」 「メッセージ一覧」 メッセージ 1 ) 固定 2: 「ただいま留守にしております。 ピー」 「 という音に続けてお名前とご用件をお話ください。 」 ※ が流れます。(66 ページ 「メッセージ一覧」 メッセージ 3 ) ) ※用件を録音できないときは、 メッセージは自動的に切り替わります。 41 ページ) ( 留 守 番 電 話 を 使 う (続く) 自分の声で応答メッセージを作る 受話器を 取る 押す 押す 押す 受話器を 取ってください 押す 録音開始は [ 決定 ] を押す 自作の応答 音のあと、 メッセージ (続き)「ピー」 受話器に向かって を録音する 録音中 ■■>>>>>> 受話器を戻す 押す ● 録音したメッセージを再生。 ● 「留守応答切替」 「自動」 が (お買い上げ時の設定) のときは、 自動的に固定メッセージから 切り替わります。  上記) ( (決定) (16 秒以内) 録音する ■ 自作の応答メッセージを消すには お知らせ ( 「留守応答切替」 「自動」 が のときは、 自動的に固定のメッセージ 1 に切り替わります) ● メモリーが用件でいっぱいのときは、 自作から固定のメッセージ 2 に切り替わります。 (41 ページ 「● 応答メッセージは状態によって変わります。) 」 39 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 39 2007/08/08 9:38:04 留守番電話を使う(続き) 留守セットしておけば、 自動的に用件の録音が できます。 お出かけ前に 留守セットする 留守セット 中は点灯 文字切替 / 再生 留守 機能 / 修正 決定 キャッチ 消去 内線 取消 F2 外線 切 押す 親機で 留守セットし、 用件を聞く ● ランプが点灯します。 ● 応答メッセージが流れます。 止めるには 押す メッセージの種類:固定 1/ (自作応答録音) 固定 2/ 自作 留守モード 応答メッセージ:固定1 3 秒後 残り 約12分です 応答メッセージ:固定1 録音残り 時間 お出かけ前に 留守セットする スピーカーホン 子機で 留守セットし、 押す 用件を聞く 押す 押す ● 応答メッセージ が流れます。 お知らせ ● 留守セットしても、 残している用件は消えません。 ● 8 秒以上相手が話さなかったときや、 声が小さいときは、 正しく録音されません。 ● おやすみモードのときは、 自動的に 押す ■ 親機で用件を聞くとき  留守セットされます。 ● 新しい用件が録音されているときは、 ● 留守セットしたまま新しい用件を聞く 新しい用件のみ再生されます。 (親機は 、 子機は ) と ● 新しい用件が録音されていないときは、 留守ランプの点滅が点灯に変わります。 すべての用件が再生されます。 留守セットして、 電話を受ける 電話がかかってくると ( 応答メッセージ  右ページ) が流れたあと、 相手の用件 が録音されます。 (スピーカーから相手の声が聞こえます) ● 電話に出るには 〈親機〉 受話器を取る 〈子機〉 押す (録音は途中で止まり、 1件分として残ります) 呼出音が 4 回鳴る ● 呼出回数を変えるには (62 ページ 「留守着信呼出音の 回数」 ) 40 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 40 2007/08/01 16:17:01 帰って来たら 用件を聞く 再生が終わったら ■ 用件を再生中に… ● 音量を変える ● 次の (前の) 用件を聞く (前へ) (次へ) 用件を消す 押す 押す ● 再生を止める ● 新しい用件が ● ランプ消灯。 ● 再生した新しい あると点滅します。 ● 留守セット 用件のみ消えます。 (再度聞くには 解除。 残すには 押す ● 用件を聞き直す 新しい用件が 録音されました 交互表示 ) (用件の頭に戻ります) ● 再生中の用件を一件ずつ消す 再生中 01 / 03件 12月22日 11:45 12月22日 13:45 用件録音 03件 ● 折り返し電話をかける 電話番号を表示中に (ナンバー・ディスプレイ サービス利用時) 取る すべての用件の数 録音された日時 帰って来たら、 用件を聞く 再生が終わったら 用件を消す 押す 押す 押す 消去が ■ 用件を再生中に… 終わったら ● 音量を変える 押す ● 次の (前の) 用件を聞く 留 守 番 電 話 ) 使 う を (前へ) ● 再生を止める (再度聞くには (次へ) ● 留守セット解除。 ● 再生した新しい ● 受話口から聞く 用件のみ消えます。 押す 残すには 押す ときは ■ 子機で用件を聞くとき ● 新しい用件を聞くには     ● すべての用件を聞くには  ■ あとからすべての用件を消すとき〈親機〉 ● 1 件ずつ消すには 〈親機〉 消去する用件を再生中に (決定) ● 応答メッセージは状態によって変わります。 固定のメッセージ 1 ∼ 4 は 66 ページ ( 「メッセージ一覧」 ) 応答メッセージの設定値 (39 ページ ) 「自動」 通 常 用件録音できないとき 自作応答録音またはメッセージ 1 メッセージ 2 「固定 1」 メッセージ 1 メッセージ 2 「固定 2」 メッセージ 3 メッセージ 4 ■ 録音時間と件数について ● 1 件あたり 2 分まで。 変更するには 62 ページ ( 「用件録音時間」 ) ● 合計 12 分、 最大 50 件まで。 録音時間は、 ( 通話録音を含みます) (録音に無音状態が含まれると、 録音できる時間は長くなります) 41 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 41 2007/08/08 9:38:07 外出先 から 留守番電話を聞く 外出先から聞くための準備 ● 親機で操作します。 外から電話をかけると、 新しい用件が聞けます。 4 ケタで暗証番号を入力する 暗証番号を 登録する 押す 押す 押す 暗証番号=1234 を押す [ 4 桁 , 決定 ] 押す 押す ● 変更・消去は 押す ■ 外出前に留守セットしてください ■ 外出先から留守セットできます 家に電話をかける 押す。 「留守設定をしました」 と聞こえたら切る 応答メッセージ 66 ページ ( 「メッセージ 11 」 中に暗証番号を押す ) 「在宅応答」 「あり」 を に設定してください。 なし」 「 のままですと、 外出先から留守セットすることはできません。 「留守 」 に設定すると、 呼出音が 15 回鳴ったあと、 自動的に留守にセットされます。 62 ページ) ( お願い ● 暗証番号は、 0000」 「 や電話番号の一部など推測されやすい番号は登録しないでください。 また、 定期的に変更することをおすすめします。 外出先での操作 外出先で 公衆電話などで、 家に電話をかけます。 応答メッセージ 中に 留守番電話 を聞くとき 暗証番号を 押す 用件を聞く ● 新しい用件 4 秒待つ または 用件が録音されると、 携帯電話などに 家から電話がかかります。 ● 電話に出ないときは 本機から ● 約 50 秒で切れます。 転送されて ● 1 分間隔で 3 回、 きたとき 30 分間隔で 3 回かけ直します。 2 押す メッセージに 従い、 ● すべての用件 暗証番号を 押す 4 押す ■ 電話代節約のために 〈トールセーバー〉 ● 家に電話をかけたとき、 留守番電話が応答するまでの呼出音の回数で新しい用件の有無がわかります。 ● 3 回以内:新しい用件あり   4 回以上:新しい用件なし 留守番電話が応答する前に電話を切ると、 通話料金がかかりません。 ● 設定は 62 ページ ( 「留守着信呼出音の回数」 ) ● モデムダイヤルインサービス 52 ページ) ( を利用しているときは、 うまく働かないことがあります。 42 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 42 2007/11/30 16:08:26 録音された用件を携帯電話などに転送するための設定 新しい用件が録音されると、 自動的に家から電話がかかってきます。 ● 親機で操作します。 「あり」 を選ぶ 電話番号を入力する 押す 押す 押す 押す 押す 押す 押す 転送先を 登録する 用件転送=あり [ , , 決定] を押す 転送先=090123456 [ 決 定 ]を 押 す ● 解除するときは (24 ケタまで) 「なし」 を選ぶ。 ● 間違えたときは ● 暗証番号を登録して いないときは 暗証番号入力画面で 4 ケタを入力 押す (決定) ● ホームテレホンや構内電話に接続していると、 転送できないことがあります。 ● おやすみモードのときは、 転送できません。 55 ページ) ( 外 出 先 か ら 留 守 番 電 こんなことができます ■ 用件再生前・終了後 ● 留守セットを解除する……… 0 ● 用件転送を設定する………… 7 (事前に転送先の登録が必要) ● 用件転送を解除する………… 9 ● すべての用件を聞き直す…… 4 (一度聞いた用件を含む) ● すべての用件を消す………… 6 押して 「すべて消去します…」 メッセージのあと、 再び 6 押す。 ■ 用件再生中 を 聞 ● 前の用件を聞く……………… 1 ● 再生中の用件を聞き直す…… 2 ● 次の用件を聞く……………… 3 ● 再生を中止する……………… # ● 再生中の用件を消す………… 6 押して 「消去します…」 メッセージのあと、 再び 6 押す。 話     電話を切る く お知らせ ● 外出先では、 トーン信号 (ピッポッパッ) が出せる電話機をお使いください。 ● 新しい用件を聞く操作  左ページ) ( では、 一度聞いた用件は再生されません。 くり返し再生させるには、 留守電リモート再生」 「繰り返し」 「 を にしてください。 62 ページ) ( ● かかってきた電話を直接転送するには、NTT のボイスワープサービス (有料) をご利用ください。 116 へ) (お問い合わせは NTT 窓口 43 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 43 2007/08/01 16:17:05 ナンバー・ディスプレイサービス ナンバー・ディスプレイサービスとは… 電話がかかってくると相手の電話番号を表示 〈親機〉 松下太郎 〈子機〉 0312345678 松下太郎 0987654 相手の電話番号を 確認してから電話に出る ● 日時と電話番号を着信 メモリーに記憶します。 (30 件まで) ( 右ページ) ● 電話に出なかった ときは、 着信メモリー ランプが点灯します。 (留守番電話が応答した ときも点灯します) ● 電話帳に登録した相手は、 名前も表示します。 ● ネーム・ディスプレイサービスを使うと、 (最大 10 文字) 名前 と電話番号を表示します。 電話帳に登録した相手は、 ( 電話帳の 名前を表示します) 。 ● ネーム・ディスプレイで名前が表示されないとき かけてきた相手が名前を表示するように NTT に 申し込んでいないことがあります。 ● 本機で表示できない漢字があると、 自動的に 「※」 に変わります。 ● 通話中に相手の電話番号は確認できません。 ■ こんな表示 が出たとき 親機の表示 子機の表示 非通知 公衆電話 表示圏外 表示できません 外線着信中 相手がこんなとき 着信メモリー 電話番号を通知していない 公衆電話から 記憶される 海外など番号を通知できない電話 回線状態が悪いとき 記憶されない ● キャッチホン・ディスプレイサービス契約時は キャッチホンでかかってきた電話も、 相手の番号を表示 (約 30 秒間) 着信メモリーに記憶します。 し、 (契約が必要です) ナンバー・ディスプレイを利用するには NTT と契約する (有料) 本機の設定は必要ありません ( ネーム・ディスプレイも設定は不要 ) NTT 工事終了後に 利用できる ● 契約・工事についてのお問い合わせは NTT 窓口 116 (通話料金無料) へ ● NTT の他のサービスと同時に使えないことがあります。 ● ネーム・ディスプレイは、 地域によって利用できない場合があります。 ● ISDN 回線のときは、 ターミナルアダプターの設定が必要です。 ● ホームテレホン・構内交換機に接続のときは、 利用できません。 お願い ● 1 回線に複数台接続 81 ページ) ( しないでください。 誤動作の原因になります) ( ■ キャッチホン・ディスプレイサービス契約時は、 設定してください 「あり」 を選び (解約時は 「なし」 を選び) (決定) (NTT への連絡が必要です) ■ ナンバー・ディスプレイの利用をやめるには 「なし」 を選び (決定) 自分の電話番号を相手に通知するかしない (非通知) か選べます 常に決めておく (回線ごと) かけるたびに選ぶ (通話ごと) をつけてかける 22 ページ) ( をつけてかける 22 ページ) ( 通知するとき NTT に 「通常通知」 申し込み。 「通常非通知」 申し込み。 通知しないとき NTT に 44 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 44 2007/08/01 16:17:06 (続く) F1 決定 キャッチ 消去 内線 取消 着信メモリーランプ 留守 保留 着信メモリー 外線 保留 着信メモリー 切 キャッチ 消去 ナ ン バ ■ 電話をかけるとき ・ デ ィ ス プ レ イ サ ー ビ ス ー 着信メモリー (履歴) を見る・使う (ナンバー・ディスプレイご利用時) 着信メモリーは、 親機・子機共通で 30 件まで。 取る 押す くり返し押す 12月22日  14:02 0987654321 親機で 着信メモリー を見る 電話に出な かったとき ● 新しい順に表示されます。 ● 音声案内が流れます。 ■ 電話帳に登録するとき (32 ページ 「親機に登録する」 名前の入力へ) 押す 押す ■ 消去するとき ■ 終わるには 押す ● 途中で終えても 」 「 は消え、 着信 メモリーランプが消灯します。 ■ 音声案内が流れないようにする には 20 ページ) ( ■ すべて消去するには 押す 押す ■ 呼出先の電話を指定したり、 迷惑電話を 拒否するとき 46・47 ページ) ( ■ 非通知の電話・公衆電話・表示圏外からの 電話を拒否するとき 48・49 ページ) ( ● 電話番号に 184 や 186 をつけてかけるとき  左ページ) ( (または ) (ポーズ) 相手を選び 取る (ポーズを入れないと誤発信することがあります。 かけられないときは 86 ページ) ■ 電話をかけるとき 押す くり返し押す 12/22 14:45 押す ■ 電話帳に登録するとき (34 ページ 「子機に登録する」 名前の入力へ) 押す ■ 消去するとき 子機で 着信メモリー を見る 電話に出な かったとき 090123456 ● 新しい順に表示されます。 押す ■ 終わるには ● 途中で終えても 」 「 は消えます。 ■ すべて消去するには 押す 押す 45 GP52DL_DW_5. indd 45 2007/08/10 9:23:10 ナンバー・ディスプレイサービス 相手によって受けかたを変える (ナンバー・ディスプレイご利用時) ● 親機で操作します。 (続き) を選ぶ 「あり」 (続く) 押す 押す 指定呼出=なし [ , , 決定] を押す 押す 指定呼出=あり [ , , 決定] を押す 押す 呼出先の 電話を 指定する (続けて登録するとき) (指定呼出) (続き) ● 10 件まで 空き番号を 選ぶ 市外局番から電話 番号を入力する 呼出先を 選ぶ 押す TEL01= を押す [決定] 押す 押す 押す 押す 押す TEL01= 098743 を押す [決定] 呼出先=親機 [ , , 決定] を押す (20 ケタまで) ●  下記 ( 「呼出先と 動きについて」 ) ● 呼出先と動きについて 「親機」 :親機だけ呼び出す (留守セットしているときは、 用件を録音できます) 「子機1」 子機 1 だけ呼び出す : (留守セットしているときは、 用件を録音できます) (子機が 2 台以上のときは、 子機を選べます) ■ 着信メモリーから登録するとき 相手を選び (決定) (決定) (決定) 呼出先を 選び ■ 解除するとき   (個別に) 「あり」 を 選び (決定)   (すべて) を 「なし」 選び (決定) (決定) 番号を 選び カーソルが 先頭のときに 押す。 2 秒以上 押す ● 電話番号の表示されていない 部分を見るときは お知らせ ● キャッチホン・ディスプレイご利用時、 通話中にキャッチホンが入っても上記機能は働きません。 ● ドアホン通話中に、 指定呼出によりドアホン通話をしていない親機または子機に電話がかかってきた ときは、 電話を受けることはできません。 ● モデムダイヤルインを 「あり」 に設定すると、 上記機能は働きません。 46 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 46 2007/08/08 9:38:11 (続く) ● 親機で操作します。 を選ぶ 「あり」 (続く) 押す 押す 迷惑拒否=なし [ , , 決定] を押す 押す 迷惑拒否=あり [ , , 決定] を押す 押す 特定の相手 からの (続けて登録するとき) ナ ン バ ー ・ デ ィ ス 押す TEL01= を押す [決定] 迷惑電話を 拒否する (迷惑電話 着信拒否) ● 30 件まで 空き番号を 選ぶ (続き) 市外局番から 電話番号を入力する 押す TEL01= 098743 を押す [決定] 押す 押す レ イ サ ー ビ ス プ (20 ケタまで) ● 拒否した相手から電話があったときは、 呼出音は鳴らずに相手に話し中の音 (プープー…) が流れます 。 ■ 着信メモリーを使って迷惑電話を拒否するとき 相手を選び ■ 解除するとき   (個別に) 「あり」 を 選び (決定)   (すべて) を 「なし」 選び (決定) (決定) 番号を 選び カーソルが 先頭のときに 押す。 2 秒以上 押す ● 電話番号の表示されていない 部分を見るときは お知らせ ● 通話拒否したあとに設定することもできます。 27 ページ) ( ● キャッチホン・ディスプレイご利用時、 通話中にキャッチホンが入っても上記機能は働きません。 47 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 47 2007/08/01 16:17:10 ナンバー・ディスプレイサービス (続き) 通話拒否 機能 / 修正 決定 内線 取消 保留 着信メモリー 相手によって受けかたを変える (ナンバー・ディスプレイご利用時) 「受けない」 を選ぶ 非通知の 電話を 受けない (非通知 着信拒否 / 留守応答) 押す 押す 非通知=受ける [ , , 決定] を押す 押す 非通知=受けない [ , , 決定] を押す 押す 押す ● 設定すると 、 ディスプレイに 「拒否 非通知」 と表示されます。 ● 非通知の電話は、 呼出音が鳴らずに相手にメッセージ 5 66 ページ) ( が 流れます。 「受けない」 を選ぶ 公衆電話 からの 電話を 受けない (公衆電話 着信拒否 / 留守応答) 押す 押す 公衆電話=受ける [ , , 決定] を押す 押す 公衆電話=受けない [ , , 決定] を押す 押す 押す ● 設定すると 、 ディスプレイに 「拒否 公衆」 と表示されます。 ● 公衆電話からの電話は、 呼出音が鳴らずに相手にメッセージ 6 66 ページ) ( が流れます。 48 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 48 2007/08/01 16:17:12 (続く) ナ ン バ ー ・ デ ィ ス プ レ イ サ 押す 押す 表示圏外=受ける [ , , 決定] を押す 表示圏外 (海外など番号 を通知でき ない電話) 「受けない」 を選ぶ 押す 表示圏外=受けない [ , , 決定] を押す 押す 押す ビ ス ー からの電話 を受けない (表示圏外 着信拒否 / 留守応答) ● 設定すると 、 ディスプレイに 「拒否 表示圏外」 と表示されます。 ● 表示圏外からの電話は、 呼出音が鳴らずに相手にメッセージ 7 66 ページ) ( が流れます。 ● 非通知、 公衆電話、 表示圏外の設定で、 録音する」 「 を選ぶと、 留守セットしていなくても留守番電話が 応答し、 相手の声を確かめてから電話に出られます。 ■ 着信メモリーを使って、 非通知の電話・公衆電話・表示圏外からの電話を拒否するとき 表示を 選び ■ 解除するとき それぞれ コード番号を押し 「受ける」 を 選び (決定) お知らせ ● 通話拒否したあとに設定することもできます。 27 ページ) ( ● キャッチホン・ディスプレイをご利用時、 通話中にキャッチホンが入っても非通知、 公衆電話、 表示 圏外の着信拒否機能は働きません。 49 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 49 2007/11/20 13:37:33 ナンバー・ディスプレイサービス F1 切 機能 / 修正 決定 内線 取消 (続き) 相手によって受けかたを変える (ナンバー・ディスプレイご利用時) 親機の電話帳に登録していない相手からの電話を、 8 時間受けないようにすることができます。 約 親機の 電話帳に ● 親機で操作します。 「受けない」 を選ぶ 未登録の 相手からの 電話を 一時的に 受けない (未登録番号 着信拒否 / 留守応答) 押す 押す 未登録番号=受ける [ , , 決定] を押す 押す 未登録番号=受けない [ , , 決定] を押す 押す 押す ● 設定すると、 ディスプレイに 「拒否 未登録 No. 」 と表示されます。 ● 親機の電話帳に登録していない相手から電話があったときは、 呼出音が鳴らずに 相手にメッセージ 8 66 ページ) ( が流れます。 ● 「受けない」 に設定していても、 8 時間後に自動的に解除 約 (設定:受ける) されます。 ● 「受けない」 に設定しているときに、 再度設定すると、 再設定してから約8時間拒否されます。 ● 「録音」 を選ぶと、 留守セットしていなくても留守番電話が応答し、 相手の声を確かめてから電話に 出られます。 次に設定するまで、 ( 設定は変わりません。 ) ● 拒否した相手の電話番号を着信メモリーで確認することができます。 45 ページ) ( ■ 解除するとき 「受ける」 を 選び (決定) お知らせ ● 親機の電話帳に、5 ケタ以上の番号が登録されていないときは、 設定できません。 ● 親機の電話帳の内容をすべて消去すると、 自動的に解除 (設定:受ける) されます。 ● 4 ケタ以内の番号は拒否されません。 ● キャッチホン・ディスプレイをご利用時、 通話中にキャッチホンが入っても上記機能は働きません。 ● 「受けない」 に設定しているときに、 停電したり、AC アダプターを抜くと解除 (設定:受ける) されます。 ● モデムダイヤルインで、 子機のみに電話がかかってきたときは、 上記機能は働きません。 50 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 50 2007/11/20 13:37:34 相手によって呼出音を変える 〈着信鳴り分け〉 (ナンバー・ディスプレイご利用時) 電話帳のグループ (事前に登録が必要 32・34 ページ) 非通知、 、 公衆電話、 表示圏外ごとに変えられます。 ● 電話帳に登録していない電話番号からかかってくると、 「呼出音を変える」 61 ページ) ( で設定 した呼出音が鳴ります。 着信鳴り分けでは、 「呼出音を変える」 61 ページ) ( で設定した呼出音 以外を選ぶことをおすすめします。 同じ呼出音にすると、 ( 区別がつかなくなります) 変えたいグループ 「ベル」 または などを選ぶ 「メロディ」 を選ぶ ︵ 続 け る と き ︶ ナ (続く) バ ー ・ デ ィ ス プ レ イ サ ー ビ ス ン 押す 押す 鳴り分け=グループ 1 未登録 押す 押す 押す 押す 親機の 呼出音を 変える 鳴り分け=グループ 2 未登録 鳴り分け=ベル [ , , 決定] を押す 呼出音の番号を (続き)入力する ∼ 押す ● 番号を押すと、 音が鳴ります。 ● 呼出音の種類は 61 ページ) ( 押す ● 解除は 「登録しない」 を選ぶ。 押す 変えたいグループ などを選ぶ 「ベル」 または 「メロディ」 を選ぶ (続く) 押す 押す け グループ1 未登録 と き ︶ る ︵ 続 押す グループ2 未登録 押す 押す 呼出音 ベル 登録しない 押す 子機の 呼出音を 変える (続き) 呼出音の番号を入力する ∼ 押す ● 番号を押すと、 音が鳴ります。 ● 呼出音の種類は 61 ページ) ( 押す ● 解除は 「登録しない」 を選ぶ。 押す お知らせ ● キャッチホン・ディスプレイご利用時、 通話中にキャッチホンが入っても上記機能は働きません。 ● 内線電話中の子機、 ドアホン通話中の子機では、 上記機能は働きません。 51 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 51 2007/08/01 16:17:14 モデムダイヤルインサービス モデムダイヤルインサービス、 マイナンバーとは… 1 つの回線で複数の電話番号を使うことができます。 本機のモデムダイヤルイン機能を使うと、 ひかり電話の追加番号 (マイナンバー) サービスを利用する こともできます。 ■ 電話がかかってくると… 番号ごとに設定した親機や子機だけが鳴る ● 親機を呼び出し先に設定すると、 留守番電話での応答もできます。 ● 呼び出し先に設定していない親機や子機では、 電話に出られません。 お知らせ ● 本機で設定できるモデムダイヤルイン番号は最大 5 つです。 ● モデムダイヤルインに設定されていない番号にかかってくると、 親機とすべての子機の呼出音が鳴ります。 ● おやすみモード中は、 モデムダイヤルインによる子機の呼び出しはできません。 おやすみモード中に 子機だけを呼び出す番号にかかってきたときは、 電話を受けることができません。 ● 外線通話中にキャッチホンが入ってもモデムダイヤルインの設定による呼び出しは働きません。 外線通話中の親機または子機にキャッチ音が聞こえますので、 キャッチホンを受ける操作をして ください。 25 ページ ( 「キャッチホンを受ける」 ) ● 迷惑電話着信拒否、 非通知着信拒否 / 留守応答、 公衆電話着信拒否 / 留守応答、 表示圏外着信拒否 / 留守応答 47 ∼ 49 ページ) ( に設定している相手から電話がかかってきたときは、 モデムダイ ヤルインによる呼び出しは働きません。 ● モデムダイヤルインを 「あり」 に設定すると、 指定呼出 46 ページ) ( は働きません。 ● モデムダイヤルインによる子機のみの呼び出しのときは、 留守番電話での応答、 未登録番号着信 拒否 / 留守応答 50 ページ) ( は働きません。 ● ドアホン通話中に、 ドアホン通話をしていない親機または子機を呼び出す番号に電話がかかってき たときは、 電話を受けることはできません。 モデムダイヤルインサービス、 マイナンバーを利用するには (契約が必要です) ■ 契約の前にご確認ください。 ● 本機では複数の電話番号は同時に通話できません。 ● ホームテレホン・構内交換機では使用できません。 ● 他サービスとの併用や契約・工事についてのお問い合わせは NTT 窓口 116 (通話料金無料) へ NTT と契約する (有料) 連絡が来る ( 右ページ) 必ずサービス開始後に設定する お願い ● 1 回線に複数台接続 81 ページ) ( しないでください。 誤動作の原因) ( ● 本機は 「ダイヤルインサービス」 には対応していません。 モデムダイヤルインサービス」 「 を利用し てください。 ダイヤルインサービス利用時は変更する < 有料 >) ( お知らせ ● ISDN 回線のときは、 ターミナルアダプターの設定が必要です。 ● ひかり電話の追加番号 (マイナンバー) サービスを利用するときは、VoIP アダプタ (ルータ) など の取扱説明書も合わせてお読みください。 ● 電話がかかってきたときは、 つながる (呼出音が鳴る) までに約 4 ∼ 10 秒かかります。 ● トールセーバー 42 ページ) ( がうまく働かないことがあります。 52 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 52 2007/08/01 16:17:15 機能 / 修正 決定 キャッチ 消去 内線 取消 設定のしかた (モデムダイヤルインサービスまたはマイナンバーご利用時) モ デ ム ダ (続く) ヤ ル イ 押す 押す ダイヤルイン=なし [ , , 決定] を押す 「あり」 を 選ぶ イ 押す ダイヤルイン=あり [ , , 決定] を押す 押す サ ー ビ ス ン 呼び出す 電話機を 設定する (続けて登録するとき) 設定する 番号を選ぶ (続き) 電話番号の 下 4 ケタを 入力する 親機を 「呼び出す」 「呼び出さない」 を選ぶ 子機 1 を 「呼び出す」 「呼び出さない」 を選ぶ 押す 電話番号1= を押す [4 桁 , 決定] 押す 押す 押す 押す 押す 押す 押す 電話番号1= 1234 を押す [4 桁 , 決定] 親機=呼び出す [ , , 決定] を押す 子機1=呼び出す [ , , 決定] を押す ● 最大5番号 ● 間違えたときは (電話番号 1 ∼ 5) 押す まで設定できます。 ● 2台以上子機が あるときは、 続けて選ぶ。 (NTT へ連絡し、 工事終了後に設定する) ■ 利用をやめるには 「なし」 を 選び (決定) お知らせ ● 電話番号 1 ∼ 5 には、 同じ番号は設定できません。 53 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 53 2007/08/01 16:17:16 キーロックを使う お掃除などのとき、 誤操作を防ぐため子機の操作ボタンを受けつけないようにできます。 キーロック ■ 設定するには 「ピッ」 と鳴るまで ■ 解除するには 「ピッ」 と鳴るまで 3 秒以上押す キーロックを 解除しました 子機での 操作を できない ようにする 機 の み 子 3 秒以上押す キーロックを 設定しました           ● 設定するとディスプレイに と表示します。 ● 外線通話中は解除できます。 お知らせ ● キーロックを設定すると、 ● 電話をかけることはできません。 ( 「110」 119」 「 などの緊急連絡先にもかけることはできません) ● かかってきた電話を受けたり、 ドアホンに出ることはできます。 ● 親機の操作はできます。 ● 子機のボタンを押すとディスプレイに次のように表示します。 キーロック解除は [#] 3 秒押す             54 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 54 2007/08/01 16:17:17 おやすみモードを使う (続く) おやすみになりたいときや、 静かにすごしたいとき、 おやすみモードにすると、 本機の音を鳴らさないよう にできます。 ● 毎日指定した時間帯に、 おやすみモードをタイマー設定することもできます。 56 ページ ( 「おやすみタイマー」 ) ● ナンバー・ディスプレイサービスを利用しているときは、 特定の相手からの電話を、 親機の呼出音 を鳴らして留守番電話が応答するようにできます。 57 ページ) ( ● おやすみモードのときは ● 親機も子機も呼出音 (外線・ドアホン) が 鳴りません。 内線の呼出音は鳴ります) ( ● 親機のキー確認音は鳴りません。 ● 留守セットされます。 40 ページ) ( ● 留守番電話が応答中の音声は、 スピーカーから聞こえません。 (40 ページ) ● 読み上げダイヤルの音声は流れません。 (20 ページ) キ ー ロ ッ ク を 使 う / お や おやすみモードを 設定しました おやすみモードを 解除しました 文字切替 / 再生 留守 おやすみ ■ 設定するには ■ 解除するには 3 秒以上押す す み モ が点灯します。 ド を 使 う ー おやすみ モードに する 3 秒以上押す ● おやすみモードのときは、 ディスプレイに ● 「新しい用件が録音されました」 と表示されたときは 新しい用件が 録音されました 12 月24日 13:45 用件録音 03 件 おやすみモード中 呼び出しません と表示し、 すべての用件の数 ● 押す (新しい用件が再生されます。 新しい用件が録音されていなければ、 すべての用件が 再生されます) 40 ページ) ( お知らせ ● おやすみモードのときは、 次の機能は働きません。 ● 用件転送 43 ページ) (       ●ドアホンワープ 77 ページ) ( ● モデムダイヤルインによる子機の呼び出し (モデムダイヤルインで呼出先が子機のみの場合は、 留守番電話の応答もできません) ● おやすみモードのときに、 用件録音・通話録音のメモリーがいっぱいになると、 新しい用件は録音 されません。 ● おやすみモードのときに留守セットを解除する (親機は 、 子機は 、 詳しくは 41 ページ) おやすみモードも解除されます。 と、  ● おやすみモードを設定していても、 並列接続 81 ページ) ( した電話機の呼出音は鳴ります。 (本機が応答すると呼出音は止まります) ● おやすみタイマー 56 ページ) ( の設定時間帯以外で停電すると、 おやすみモードは解除されます。 55 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 55 2007/08/01 16:17:17 おやすみモードを使う (続き) 機能 / 修正 決定 留守 キャッチ 消去 内線 取消 おやすみ おやすみモードにする時間帯を設定する (おやすみタイマー) を選ぶ 「あり」 (続く) 押す 押す おやすみタイマー=なし [ , , 決定] を押す 押す おやすみタイマー=あり [ , , 決定] を押す 押す ● 解除は 「なし」 を 選ぶ。 おやすみ タイマーを (続き) 設定する 時間帯を入力する 押す おやすみタイマー 23:00 → 06:30 押す 押す ● 24 時間方式で入力。 (深夜 12 時は 「00:00」 ) ● 設定した時間帯は、 ディスプレイに と表示し、 が点灯します。 ● おやすみタイマーの設定時間帯の中で上記操作をした場合は、 開始時間が 過ぎているため、 を3秒以上押しておやすみモードにしてください。 お知らせ ● おやすみタイマー中に、 を3秒以上押すと、 おやすみモードは解除されます。 (おやすみタイマーは解除されません) ● を押しておやすみモードに設定したときも、 おやすみタイマーの終了時間になると、 おやすみモードは解除されます。 ● ディスプレイに表示される時刻がずれていると、 おやすみタイマーがはたらく時間帯もずれます。 ずれているときは、 日付・時刻を設定し直してください。 17 ページ) ( ● 停電があり、 復旧した時刻がおやすみタイマーの時間帯でない場合は、 でおやすみモードに 、 設定されていても解除されます。 また、 日付・時刻が初期値に戻ったときは 90 ページ) ( おやすみタイマーは働きません。 日付・時刻を設定し直してください。 56 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 56 2007/08/01 16:17:18 おやすみモード中、 特定の相手のみ呼出音を鳴らす (ナンバー・ディスプレイ利用時) ● 親機の電話帳に登録している相手のみ登録できます。 ● 登録した相手から電話があったときは、 呼出音が鳴り、 留守番電話が応答します。 「あり」 を選ぶ (続く) 押す 押す おやすみ特定着信=なし [ , , 決定] を押す 押す おやすみ特定着信=あり [ , , 決定] を押す 押す 呼出音を 鳴らす 相手を 登録する (おやすみ 特定着信) ● 9件まで (続き) (続けて登録するとき) 空き番号を 選ぶ 約 3 秒待つ または 電話帳から 相手を選ぶ す み モ ー ド お や 押す 押す 押す 検索は[ , ] を押す 押す 鈴木 押す 0987654321 押す 使 う を 1. 未登録 を押す 登録は[機能] ■ 解除するとき (個別に)   「あり」 を 選び (決定) 番号を 選び ● 電話番号の表示されていない 部分を見るときは   (すべて) 「なし」 を 選び (決定) 押す。 お知らせ ● 親機の電話帳を修正・消去すると、 おやすみ特定着信で登録した番号も修正・消去されます。 ● モデムダイヤルインで子機のみ呼び出す番号にかかってきたときは、 留守番電話は応答せずに呼出先 の子機のみ呼び出します。 57 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 57 2007/08/01 16:17:19 音の設定 音質 F1 ボイスセレクト ボイスチェンジ 相手の声の音質を変える (相手の声が聞きとりにくいときなど) 押すごとに切り替わる 親 機 (お買い上げ時) 標準 ボイスセレクト 低 い − − ■ ■ −− 高い 高音を強調 ボイスセレクト 低 い −−−−■■ 高い 低音を強調 ボイスセレクト 低 い ■■−−−− 高い 外線通話中 ボイス セレクトを 使う 子 機 「ボイスセレクト」 を選ぶ 声の音質 を選ぶ 押す 押す 通話録音 ボイスセレクト ファニーボイス 押す 押す ボイスセレクト 低 −−■■−− 高 押す ● 押して高く、 押して低く 低 −−−−■■ 高 :高音を強調 低 −−■■−− 高 :標準 (お買い上げ時) 低 ■■−−−− 高 :低音を強調 ● 親機のモニター、 子機のスピーカーホンでの通話、 内線電話、 ドアホン通話では使えません。 ● 次に設定するまで、 設定は変わりません。 58 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 58 2007/08/01 16:17:20 自分の声を低く変える (迷惑な相手に対応するときなど) 相手に聞こえる 声が低くなる 電話や ドアホンで 通話中 押すごとに 切り替わる 時間 0:01:08 ボイスチェンジ 解除 時間 0:01:12 ● 通話が終わると、 解除されます。 子 機 の み ● 話す前に 「ボイスチェンジ」 が表示されたことを確認してください。 ● 次の場合は、 を押すと 「ピッ」 音が鳴りますが、 働きません。 ● 電話をかけたとき。 ● 電話をかけて通話中に、 キャッチホンでかかってきたとき。 ● 並列電話機で受けた電話に、 あとで本機で出たとき。 (81 ページ 「並列接続」 ) ● 子機どうしの内線電話中。 ボイス チェンジを 使う ● ボイスチェンジを使っていないときに、 を 2 秒以上押すと、 相手にこちらの声が聞こえなく (ミュート) 。 なります もう一度押すと、 ミュートは解除されます。 ● 子機どうしの内線電話中には働きません。 音 の 設 定 「ファニーボイス」 を選ぶ 音 質 ︶ ● 通話が終わると、 解除されます。 ︵ 自分の声を高く変える (会話をより楽しくしたいときなど) 電話や ドアホンで 通話中 子 機 の み 押す 押す ボイスセレクト ファニーボイス 通話拒否 押す ファニーボイス しますか? 押す ファニー ボイスを 使う ● 次の場合は、 ファニーボイスは使えません。 ● 電話をかけたとき。 ● 電話をかけて通話中に、 キャッチホンでかかってきたとき。 ● 並列電話機で受けた電話に、 あとで本機で出たとき。 (81 ページ 「並列接続」 ) ● 子機どうしの内線電話中。 ■ 通話中に解除するとき 「ファニーボイス」 を選び 59 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 59 2007/08/01 16:17:20 音の設定 決定 内線 取消 音量・呼出音 F1 機能 / 修正 切 内線 モニター スピーカーホン 音の大きさを変える 変えられるとき 呼出音量 (外線 / 内線 電話をかけていないとき / ドアホン) 受話音量 通話中 変えられる範囲 ステップトーン+ 8 段階+ 「切」 (親機) 段階 3 (子機) 段階 6 を押したとき/保留中/ (親機) (親機) 段階 9 留守電再生中/音声内線呼出中 (受ける側) スピーカー (子機) 段階 6 音量 (子機) を押したとき/留守電再生中/ 音声内線呼出中 (受ける側) ■ ステップトーンについて 電話がかかってきたときに、 呼出音量がレベル 「1」 「8」 から まで1段階ずつ大きくなります。 ● ドアホンの呼出音は、 ステップトーン」 「 にしてもレベル 「4」 の音量で鳴ります。 押して 大きく 押して 小さく (呼出音を鳴らさない) ■ 「切」 にするには 「ピピッピピッ」 と鳴るまで 親 機 ■ 呼出音をステップトーンにするには レベル 「8」 「ステップトーン」 で と表示される (レベル 「1」 で鳴る) まで 押し続ける。 押し続ける。 ( 押して 小さく (呼出音を鳴らさない) ■ 「切」 にするには 「ピピッピピッ」 と鳴るまで 音量を 変える 子 機 ( 押すと解除) 押して 大きく 押すと解除) ■ 呼出音をステップトーンにするには レベル 「8」 「ステップトーン」 で と表示される (レベル 「1」 で鳴る) まで 押し続ける。 ( 押すと解除) 押し続ける。 ( 押すと解除) 60 ● 内線電話/ドアホンの呼出音は、 「切」 にしても最小で鳴ります。 ● 親機のスピーカー音量はレベル 「0」 にしても、 次回使うときは 「2」 の音量になります。 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 60 2007/08/01 16:17:21 呼出音を変える 「ベル」 または 「メロディ」 を選ぶ 親 機 電話が かかって きたときの 押す 押す 呼出音=ベル [ , , 決定] を押す 呼出音の番号を 入力する ∼ 押す 押す 押す 押す 押す 呼出音=ベル [ , , 決定] を押す ベル=2 を押す [1−5, 決定] ● 番号を押すと、 音が鳴ります。 呼出音を 変える 子 機 押す 押す 呼出音 ベル1 「ベル」 または 「メロディ」 を選ぶ 呼出音の番号を 入力する ∼ 押す 押す 呼出音 メロディ ベル 押す 押す 押す 押す 音 の 設 定 ︵ 音 量 ・ 呼 出 音 ︶ ● 番号を押すと、 音が鳴ります。 ● 内線電話/ ドアホンの 呼出音は変更 できません。 ■ 呼出音の 種類 呼出音の番号 ベル 1∼5 1 2 メロディ 3 4 内 容 5 種類のベル JUPITER ヴァルキューレの騎行 CANTATA (主よ、 人の望みの喜びよ) © 2006 Copyrights くるみ割り人形 Vision Inc. 内線電話の呼び出しかたを変える ● 親機で操作します。 内線電話の 「音声」 を選ぶ 呼び出しを 音声に 押す 変える (音声内線 呼び出し) 押す 内線呼出=ヘ ゙ ル [ , , 決定] を押す 押す 内線呼出=音 声 [ , , 決定] を押す 押す 押す ● 呼出音に戻すときは 「ベル」 を選ぶ。 受話器 (または子機) を使って 〈かける側の操作〉内線電話をかけて呼出音が 2 回聞こえたあと、 相手に呼びかけてください。 〈受ける側の操作〉内線電話の呼出音が 1 回鳴ったあと、 スピーカーから相手の声を聞くことが 押して) 話して できます。 受話器を取って (子機は充電台から取る、 または ください。 ● 外の相手と通話中に、 通話していない親機や子機から内線電話をかけるときは、 音声で呼びかける ことはできません。 呼出音が鳴ります) ( 61 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 61 2007/08/01 16:17:22 親機の機能一覧 ● お買い上げ時は、 枠の値に設定されています。 コード番号 を押す 押す 押す 選ぶまたは 数字などを入力 押す 押す 一覧表に設定手順があるものはそれに従います。 ■ 変更するときは 項目 最 初 の 設 定 内容 〈機能名〉 現在の日時   〈日付・時刻〉 電話回線の設定 〈電話回線種別〉 親機の呼出音 〈呼出音〉 コード番号 設定値/設定手順 年・月・日・時刻を入力 自動 、 プッシュ、20、10 ページ 17 17 61 ベル : 1 、2、3、4、5 メロディ: 1 、2、3、4 留守 あり、 なし 、 ● あり  :呼出音が 15 回鳴ったあと、 応答メッセージ中に暗証番号 を押す。 ● 留守:呼出音が 15 回鳴ったあと、 自動的に留守セットされる。 呼 出 音 と ベ ル 回 数 外出先から留守セット できるようにする 〈在宅応答〉 留守時、 応答メッセージを 流すまでの呼出音の回数 〈留守着信呼出音の回数〉 本機の音を鳴らさない 時間帯を設定 〈おやすみタイマー〉 42 2、 4 、6、9、 トールセーバー ● トールセーバー 42 ページ) ( あり、 なし ● あり:時間帯を設定 − 56 音 声 の 設 定 電 話 帳 の 設 定 ダイヤルした番号を音声 で読み上げる 〈読み上げダイヤル〉 電話帳を使うときなどに 操作案内をする 〈音声案内〉 親機の電話帳の内容を子機 に転送 〈電話帳転送〉 親機の電話帳の内容を すべて消去 〈電話帳全消去〉 あり なし 、 20 あり なし 、 20 内容を選ぶ 36 転送先を選ぶ (決定) − 留 守 番 電 話 の 設 定 外出先から操作時の 暗証番号 〈暗証番号〉 用件 1 件あたりの 録音時間 〈用件録音時間〉 留守電リモート再生で 一度聞いた用件の再生 〈留守電リモート再生〉 用件を外出先に転送 〈用件転送〉 4 ケタの数字を入力 2分 、 最大 、 応答専用 ● 応答専用 65 ページ) ( 42 41 繰り返し (聞くたびにすべて再生する) 43 1回 (一度聞いた用件を再生しない) あり 転送先登録) なし ( 、 43 62 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 62 2007/08/08 9:38:21 (続く) 項目 内容 〈機能名〉 自分の声で応答メッセージ を作る 〈自作応答録音〉 コード番号 録音する 設定値/設定手順 ページ 39 留 守 番 電 話 の 設 定 自作メッセージを消す 〈自作応答消去〉 応答メッセージを選ぶ 〈留守応答切替〉 用件をすべて消す 〈用件全消去〉 ナンバー・ディスプレイ サービスを利用 〈ナンバー・ディスプレイ〉 キャッチホン・ディスプレイ サービスを利用 〈キャッチホン・ディスプレイ〉 相手によって呼出音を 変える 〈着信鳴り分け〉 (決定) 自動 、 固定 1、 固定 2 ● 自動 :自動切換 39 39 41 (自作メッセージ優先) (決定) 41 自動 、 なし やめるとき) あり、 ( 44 あり する) なし (しない) ( 、 電話帳のグループ (1 ∼ 9) ・非通知・ 公衆電話・表示圏外ごとに設定 受ける 、 受けない 拒否) ( 、 44 51 親 機 の 48 能 一 覧 機 ナ ン バ デ ィ プ レ イ 非通知の電話に出ない 〈非通知着信拒否/留守応答〉 公衆電話からの電話に出ない ー ・ 〈公衆電話着信拒否/留守応答〉 表示圏外の電話に出ない 録音する 留守番電話で応答) ( 受ける 、 受けない 拒否) ( 、 録音する 留守番電話で応答) ( 受ける 、 受けない 拒否) ( 、 録音する 留守番電話で応答) ( 受ける 、 受けない 約 8 時間拒否) ( 、 48 ス 〈表示圏外着信拒否/留守応答〉 親機の電話帳に未登録の 電話に約 8 時間出ない 〈未登録番号着信拒否/留守応答〉 呼出先の電話を指定する 〈指定呼出〉 特定の相手からの電話を 受けない 〈迷惑電話着信拒否〉 おやすみモードのとき、 特定の 相手からの電話に、 呼出音を 鳴らして受ける 〈おやすみ特定着信〉 49 録音 (留守番電話で応答) 50 あり、 なし 46 あり 拒否する相手を設定) なし ( 、 47 あり (呼出音を鳴らす相手を設定) なし 、 57 63 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 63 2007/11/20 13:37:44 親機の機能一覧(続き) ● お買い上げ時は、 枠の値に設定されています。 コード番号 を押す 押す 押す 選ぶまたは 数字などを入力 押す 押す 一覧表に設定手順があるものはそれに従います。 ■ 変更するときは 項目 内容 〈機能名〉 子機を増やす 〈子機増設〉 子機を減らす 〈子機減設〉 コード番号 設定値/設定手順 増設番号を選ぶ 減設番号を選ぶ 減設 =1、 増設 =2 ページ 78 78 79 接 続 機 器 の 設 中継アンテナを登録する 〈中継アンテナ設定〉 ワイヤレスアダプター機能付 きテレビドアホンを登録する 定 〈ワイヤレスアダプター機能〉 ドアホンを使わなく なったとき 〈ドアホン〉 外出先でドアホンを受ける 〈ドアホンワープ〉 ボタンを押すたびに 「ピッ」 と鳴らす 〈キー確認音〉 液晶ディスプレイの コントラストを調整する 〈LCD コントラスト〉 複数の電話番号を使う 〈モデムダイヤルイン〉 減設 =1、 増設 =2 74 自動 、 (使わなくなったとき) なし 73 77 、 (留守時) あり すべて) 留守 、( ● 留守・あり:転送先を登録。 あり (鳴らす) なし 鳴らさない) 、( なし − −4、 −2、 0 、 −3、 −1、 +1、 +2、 +3、 +4 − あり、 なし 53 そ の 他 の 設 定 光回線 (ひかり電話) 、 ADSL や ISDN 回線に接続 する 〈TA /スプリッタ〉 携帯電話への通話料金を 選ぶサービスを利用 〈選んでケータイ〉 IP 電話解除番号を登録する 〈IP 電話解除機能〉 内線電話を音声で呼び出す 〈内線呼出〉 すべてお買い上げ時の 設定に戻す 〈出荷時設定〉 オン、 オフ 80 ● 「オン」 に設定すると、 電話の声を 81 やや小さくして、 反響を抑えます。 あり 事業者識別番号登録) なし ( 、 21 あり IP 電話解除番号登録) なし ( 、 ベル 、 音声 21 61 (決定) (決定) 10 64 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 64 2007/08/01 16:17:26 ( は表示されません) ■ すべての機能を表示するには 「子機減設」 「すべての機能を表示」 を選ぶ (決定) (選ぶ) 項目を 選ぶ ディスプレイ を見ながら 機能を選ぶ (例) 最初の設定 [ 決定] を押す (決定) 機能名 を選ぶ 回線種別=自動 [ , , 決定] を押す ● 62 ∼ 64 ページの 項目を順に表示します。 ● 「子機減設」 は 表示されません。 ( 「用件録音時間」 ) 応答専用について 62 ページ 電話に出られないことだけを相手に知らせて、 用件を録音したくないときに選びます。 電話がかかってくると、 相手にメッセージ 2 または 4 66 ページ) ( が流れ電話が切れます。 ( ■ 自作の応答メッセージを録音するとき 39 ページ) 次のようなメッセージを録音してください。 (例) ただいま外出しております。 恐れ入りますが、 のちほどおかけ直しください。 機 の 機 能 一 覧 親 65 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 65 2007/08/01 16:17:28 メッセージ一覧 本機の状態によってメッセージ 1 ∼ 11 は自動的に切り替わります。 選択することはできません。 (固定の応答メッセージ 39 ページ) ( を切り替えることはできます) メッセージ 1 メッセージ 2 メッセージ 3 メッセージ 4 ただいま電話に出ることができません。 ピー」 「 という音に続けてお名前 とご用件をお話しください。 ただいま電話に出ることができません。 おそれいりますが、 のちほど おかけ直しください。 ただいま留守にしております。 ピー」 「 という音に続けてお名前とご用件 をお話しください。 ただいま留守にしております。 おそれいりますが、 のちほどおかけ直し ください。 41 41 41 41 あなたの電話番号は通知されていません。 電話番号の前に 「186」 をつけて、 おかけ直し メッセージ 5 おそれいりますが、 ください。 メッセージ 6 公衆電話からはおつなぎできません。 おそれいりますが、 公衆電話以外 から、 おかけ直しください。 27・48 27・48 27・49 50 26・ 27・28 28 42 メッセージ 7 表示圏外からの電話はおつなぎできません。 あなたの電話番号からはおつなぎできません。 メッセージ 8 おそれいりますが、 メッセージ 9 おそれいりますが、 この電話はおつなぎできません。 メッセージ 10 メッセージ 11 ただいま迷惑電話対応モードになっています。 お名前をおっしゃって ください。 呼び出しましたが近くにおりません。 おそれいりますが、 のちほど おかけ直しください。 66 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 66 2007/08/01 16:17:29 子機の機能一覧 ● お買い上げ時は、 枠の値に設定されています。 コード番号 を押す 押す 押す 選ぶまたは 数字などを入力 押す 押す 一覧表に設定手順があるものはそれに従います。 ■ 変更するときは 内容 〈機能名〉 子機に名前を付ける (内線呼出時に 相手側に表示) 〈子機の名前〉 充電台から取るだけで電話をかける 〈クイック通話〉 充電台から取るだけで電話を受ける 〈オフフック応答〉 子機の呼出音 〈呼出音〉 コード番号 設定値/設定手順 名前・フリガナを入力 あり、 なし あり 、 なし ページ 19 − ● なし : 押す 、 、 で受ける。 − メ ッ 61 ー ジ 一 覧 / 子 機 の 機 能 51 覧 36 − 78 10 一 − セ ベル : 1 、2、3、4、5 メロディ: 1 、2、3、4 ボタンを押すたびに 「ピッ」 と鳴らす 〈キー確認音〉 どのキーを押しても電話を受ける ( 以外) 〈エニーキーアンサー〉 ナンバー・ディスプレイサービスで相手に よって呼出音を変える 〈着信鳴り分け〉 子機の電話帳の内容を親機または 別の子機に転送 〈電話帳転送〉 子機の電話帳の内容をすべて消去 〈電話帳全消去〉 子機を増やす (先に親機の設定が必要) 〈子機増設〉 すべてお買い上げ時の設定に戻す 〈出荷時設定〉 あり (鳴らす) なし 、 (鳴らさない) あり 、 なし ● なし : 、 、 で受ける。 22 電話帳のグループ (1 ∼ 9) ・非通知・ 公衆電話・表示圏外ごとに設定。 転送先を選ぶ 内容を選ぶ ディスプレイ を見ながら 機能を選ぶ       機能名を選ぶ (例) 子機の名前 67 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 67 2007/08/01 16:17:29 文字入力のしかた 文字切替 / 再生 決定 キャッチ 消去 内線 取消 保留 親機 ● 電話帳 32 ページ) ( を 登録するときなどに使います。 文字入力画面で 文字の種類を選ぶ 文字を入力する ( 親機で 入力する くり返し 押す ひらがな 漢字 全角カタカナ ) 例: す (3回) ず き (3回)1回)(2回) ( 例: ス (半角カタカナ) (3回) ズ キ (3回)1回)(2回) ( 例: P (英字・記号) A N A (1回) (1回) (2回) (1回) 例: 1 (数字) 名前? >すず■ き 2 3 [ かな] 文字の種類 ■ 間違えたときは 押す カーソル (入力位置) こんなときは ■ 同じボタンの文字を 続けて入力するには 例:あい あ (カーソルを右へ) い ■ カーソルを移動するには ■ 途中で入力をやめるには 押す 押す 挿入・修正・消去するには ■ 挿入するには ■ 修正するには ■ 消去するには ■ すべて消去するには 挿入位置の次の文字にカーソルを移動し、 文字を入力する。 修正する文字にカーソルを移動し、   消去する文字にカーソルを移動し、 文字の先頭にカーソルを移動し、 押して消し、 入力し直す。 押す。 を約 2 秒以上押す。 68 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 68 2007/11/20 13:37:50 ■ ひらがなのとき ■ 変換中に変換する文字の区切りを 変えるには… 1. [. . . ] → 録音し直す、 または固定メッセージに戻してください。 39 ● 次の内容を確認してください。 ● トーン信号 (ピッポッパッ) が出せる電話機からかけていますか? 42・43 ● 暗証番号を登録していますか? 42 ● 応答メッセージが終わってから、 暗証番号を押していませんか? 42・43 87 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 87 2007/11/30 16:09:21 困ったとき(続き) こんなとき 用件が録音の 途中で切れている 原因と対応 ● 録音中に 8 秒以上無音が続く、 または相手の声が小さいと 録音が切れます 。 → メッセージは続けて話す、 または大きめの声で話すよう、 相手に伝えてください 。 ● 「用件録音時間」 の設定を 「応答専用」 にしていませんか? → 設定を 分」 「2 または 「最大」 にしてください。 ページ 40 留 守 番 電 話 ︵ 続 き ︶ 留守セットすると 応答専用メッセージが 聞こえるのですが? 62 ● メモリーがいっぱいになっていませんか? → 留守番電話の用件や通話録音を再生したあと、 不要な用件 25・41 を消去してください。 用件を再生時、録 音した曜日・時刻 ● お買い上げ時または停電などで日付・時刻が初期値に戻って が再生されない。 います。 親機で再生時は → 日付・時刻を設定してください。 「 1 月 1日 0:00」 と表示される。 ● 呼出音が 「切」 になっていませんか? → 親機は 、 子機は を押す。 17 60 ● 「おやすみモードの設定」 をしていませんか? 呼出音が鳴らない → を3秒以上押して解除してください。 55 ● 子機の電池が切れていませんか? (子機が鳴らないとき) → 充電してください。 ● モデムダイヤルインで呼び出し先の設定をしていますか? → 呼び出し先に設定してください。 18 呼 出 音 53 在宅時、 電話に出る まで呼出音を鳴り ● 「在宅応答」 の設定を 「なし」 にしてください。 続けるようにしたい ● ドアホンの設定が 「なし」 になっていませんか? → 設定を 「自動」 にしてください。 ● 「おやすみモードの設定」 をしていませんか? → ドアホンの呼出音 が鳴らない を3秒以上押して解除してください。 62 64 55 72 ● 6 極 6 芯コードと 6 極 2 芯コードが逆になっていませんか? → 配線を確認してください。 ● 電話機本体の AC アダプターとドアホンアダプター、 もしくは 72・74 ワイヤレスアダプター機能付きテレビドアホン本体の電源 プラグを差し込み直してください。 88 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 88 2007/08/01 16:18:06 (続く) こんなとき 原因と対応 ページ 44 ネーム・ ● 対応しています。 ディスプレイには、 (かけてきた相手が名前を表示するように NTT に申し込んで 対応していますか? いると、 名前を表示します。 ) ● NTT との契約が済んで、 NTT 側の工事が完了していますか? → NTT 窓口 (116) にお問い合わせください 。 ● 構内交換機・ホームテレホンに接続していると表示できません 。 ● 本機を他の電話機と並列に接続していると表示できないこと があります 。 ● ナンバー・ディスプレイの設定が 「なし」 になっていませんか? → 設定を 「あり」 にしてください 。 44 44 81 ナ ン バ ー ・ デ ィ ス プ レ イ 63 かけてきた 相手の電話番号を 表示しない ● キャッチホン・ディスプレイサービスの契約をしているとき に、 キャッチホン・ディスプレイの設定が 「なし」 になっていま せんか? → 設定を 「あり」 にしてください 。 ● ISDN 回線でご使用の場合、 ターミナルアダプターの設定を 確認してください 。 ● 直らない場合は、 ターミナルアダプターのメーカーに お問い合わせください 。 ● 相手または本機が IP 電話サービスに加入しているとき相手の 電話番号が表示されないことがあります。 → IP 電話サービス事業者にお問い合わせください 。 44 81 − ネーム・ディス プレイを契約して いるが、 相手の 名前を表示しない 「表示できません」 (子機は 「外線着信 中」 と表示される ) 着信した日付・ 時刻が 「 1 月 1日 0:00」 と表示される ● かけてきた相手が名前を表示するように NTT に申し込んで いるときだけ表示します。 ● ネーム・ディスプレイが利用できない地域もあります。 44 − っ た と き 困 ● 雑音が多いなど、 電話回線の状態が悪いときに電話がかかっ てきています。 44 ● お買い上げ時または停電などで日付・時刻が初期値に戻って います。 → 日付・時刻を設定してください。 17 89 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 89 2007/08/01 16:18:06 困ったとき(続き) こんなとき 原因と対応 ● 直らないときは 、 下記の操作を行ってみてください。 リセット) ( 〈親機〉 AC アダプターを抜き、10 秒以上待ってから接続 し直してください。 〔未登録番号着信拒否 / 留守応答 50 ページ) ( を 「受けない」 に設定しているときは解除 (設定:受ける) されます。 その他の登録した内容 、 応答メッセージ などは消えません〕 〈子機〉 電池パックを外し、10 秒以上待ってから電池 パックを入れてください。 になりますが、 残量は変わり (電池残量マークが ません) ページ − こ ん な と き は 正しく操作しても 動かない 動作がおかしい 83 親機、 子機、 AC アダプター、 充電台が温かい かかってきた電話 を直接転送したい ● 異常ではありません 。 (夏は冬に比べて少し熱く感じることがあります) → 異常に熱いときは、 アダプターや電源プラグを抜いて、 AC お買い上げの販売店にご相談ください。 ● NTT のボイスワープを利用するとできます。 → NTT 窓口 (116) にお問い合わせください。 − − 停電のとき 〈親機〉 受話器を取って 「外に電話をかける・受ける」キャッチホン切替はできません) ( 、および受話 器を取ってワンタッチダイヤルで電話をかけることができます。 その他の機能は使えません。 22・23 ページ) ( ● 「ツー」 音が聞こえてからダイヤルしてください。 ● 相手が電話に出た際に、1 秒間ほど通話が途切れる場合があります。 ● 呼出音量が 「切」 の状態でも、 電話がかかると停電用呼出音が鳴ります。 ● ナンバー・ディスプレイサービスを契約している場合 ● ナンバー・ディスプレイサービスは利用できません。 ● 電話がかかってくると、 短い呼出音が約 6 秒間鳴り続けます。 このときは電話に出られ ません。 出ると電話が切れます) ( 呼出音が変わってから受話器を取ってください。 〈子機〉 電話機能は使えません。 ● 未登録番号着信拒否 / 留守応答 50 ページ)「受けない」 ( を に設定しているときは解除 (設定 受ける) : されます。 ● 電話帳に登録した内容・留守設定や用件録音の内容・各種設定は消えません。 ● 日付・時刻が初期値に戻ることがあります。 →戻ったときは、 日付・時刻を設定してください。 17 ページ) ( 90 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 90 2007/08/01 16:18:07 こんな表示が出たら 親 機 表 示 原因と対応 (続く) ページ ア 行 新しい用件が 録音されました ● 通話を録音したときや、 下記のときに新しい用件が録音され 25 ると表示します。 ● 留守セット中。 ● おやすみモードのとき。 41・55 ● 非通知、 公衆電話、 表示圏外、 未登録番号拒否の設定を 48 「録音する」 にしているとき。 49・50 → 用件を再生します。 40・41 ● 電話の回線種別の自動判定ができませんでした。 → 手動で設定してください。 ● 子機が外の相手と電話中に表示されます。 17 − 回線種別を 設定してください カ 行 外線使用中 減設できません 子機初期化エラー H82 指定呼出がいっぱい 登録できません ● 選んだ子機や中継アンテナの番号が登録されていません。 → 液晶ディスプレイに表示されている番号を選んでください。 78・79 ● 親機に登録している子機の情報が消えています。 → お買い上げの販売店へご相談ください。 ● 指定呼出に空きがありません。 → 不要な電話番号を個別に解除してください。 ● 子機使用中に、 親機で使えない機能の操作を行ったときに表 示されます。 → 子機での使用が終わってから、 やり直してください。 − サ 行 46 − 使用中 今できません 増設できません ● すでに登録済みの番号に登録しようとしていませんか? → 液晶ディスプレイに表示されている番号を選んでください。 78・79 っ た と き / こ 18 な 表 35 が 出 16 ら 33 た 示 ん ● 子機が親機から離れすぎていませんか? → 親機に近づけてください。 − 困 転送できませんでした ● 子機の電池が切れていませんか? → 充電してください。 ● 転送先 (子機) の電話帳に空きがありますか? → 子機で不要な電話番号を消去してください。 タ 行 電話機コードを 接続してください 電話帳がいっぱいです 登録できません ● 電話機コードが正しく接続されていません。 → 正しく接続してください。 ● 電話帳に空きがありません。 → 親機で不要な電話番号を消去してください。 ● モデムダイヤルインで同じ電話番号を入力しようとしていませんか? → 違う電話番号を入力してください。 登録できません 53 ナ 行 内線使用中 ● モデムダイヤルインですべての電話機を 「呼び出さない」 に設定 しようとしていませんか? → 必ず、1 台以上の電話機を 「呼び出す」 に設定してください。 53 ● 子機と子機が内線電話中に表示されます。 − 91 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 91 2007/08/01 16:18:07 こんな表示が出たら(続き) 親 機 表 示 原因と対応 ● ナンバー・ディスプレイの契約をしていますか? → 契約してください。 ● ナンバー・ディスプレイの契約をしていても、 本機を接続してから 一度も電話がかかってきていないときに表示される場合があります。 → 一度電話がかかってくると、 表示されません。 ページ ナ 行 ナンバー・ディスプレイが 使えるようになると この機能が働きます 日付・時刻を 設定してください 44 − ● お買い上げ時または停電などで日付・時刻が初期値に戻っています。 → 日付・時刻を設定してください。 17 ● ナンバー・ディスプレイサービスの契約をしているときに、 海外など番号を通知できない電話からかかってきています。 ● ナンバー・ディスプレイサービスご利用時、 雑音が多いなど、 電話回線の状態が悪いときに電話がかかってきています。 44 44 ハ 行 表示圏外 表示できません プロトコル エラー 迷惑設定がいっぱい 登録できません ● 子機の増設操作が親機操作後 3 分以内、 中継アンテナの増設 操作が親機操作後 2 分以内に完了していません。 → もう一度最初からやり直してください。 78・79 ● 迷惑電話着信拒否に空きがありません。 → 不要な電話番号を個別に解除してください。 47 マ 行 メモリがいっぱいです U80 録音できません 交互表示 不要な用件を 消去してください ● 用件録音・通話録音などでメモリーがいっぱいになっています。 → 留守番電話の用件や通話録音を再生したあと、 不要な用件 25・41 を消去してください。 ヤ 行 ラ 行 有効な番号が 登録されていません 登録できません 録音中停電 U83 ● 未登録番号着信拒否やおやすみ特定着信の設定時、 親機の 電話帳に5ケタ以上の電話番号が登録されていないなど、 有効な電話番号がない場合に表示されます。 → 有効な電話番号を電話帳に登録してください。 ● 用件録音中に停電になり、 録音中の用件が途中で消えています。 → 押す。 表示が消えます) ( 50・57 32 − 子 機 表 示 親機使用中 原因と対応 ● 親機で留守番電話の操作などをしているときに表示されます。 ● 子機が親機から離れすぎていませんか? → 親機に近づけてください。 ページ − 9 − ア 行 親機に接続 できません ● 別の子機が通話中ではありませんか? やり直してください。 → 別の子機での通話が終わってから、 ● 親機の電源が入っていますか?または、 停電中ではありませんか? → AC アダプターをつないでください。 停電中は使えません) ( 16 92 GP52DL_DW_7. indd 92 2007/08/22 15:11:24 子 機 表 示 外線使用中 外線着信中 原因と対応 ● 親機または別の子機が外の相手と電話中に表示されます。 ● 電話がかかってきています。 ● ナンバー・ディスプレイサービスご利用時は、 雑音が多いなど、 電話回線の状態が悪いときに電話がかかってくると表示されます。 ページ − − 44 カ 行 圏外 子機 1 ● 親機からの電波が届いていません。 → 「圏外」 が消えるまで親機に近づけてください。 ● 親機の電源が入っていますか? (親機の AC アダプターのプラグは 奥まで差し込まれていますか?) → しっかり奥まで差し込んでください。 ● 親機からの電波が届いていない状態 (圏外) で約 3 時間が経過しま した。 (子機は使えなくなっています) → 子機を使えるようにするには、 を押す。 ● 親機または別の子機の使用中に、 子機で使えない機能の操作を 行ったときに表示されます。 → 親機または別の子機での使用が終わってから、 やり直してください。 9・15 16 − サ 行 サーチ停止中 再開はF2押す 使用中 今できません − 通話録音中 残りわずか です ● 留守番電話の用件・通話録音で親機のメモリーが少なくなってい ます。 不要な用件を消去してください。 25・41 → 用件や通話録音を再生したあと、 ● 子機が親機から離れすぎていませんか? → 親機に近づけてください。 ● 転送先の電話帳に空きがありますか? → 転送先で不要な電話番号を消去してください。 ● 電話帳に空きがありません。 → 子機で不要な電話番号を消去してください。 9 33・35 こ 35 な 表 示 が 出 た ら ん タ 行 転送 できません 電話帳が いっぱいです ナ 行 ハ 行 マ 行 ラ 行 表示圏外 内線使用中 ● 親機や別の子機が内線電話中に表示されます。 − ● ナンバー・ディスプレイサービスの契約をしているときに、 海外など番号を通知できない電話からかかってきています。 44 メモリーいっぱい 録音 できません 録音 できません ● 留守番電話の用件・通話録音で親機のメモリーがいっぱいに なっています。 → 用件や通話録音を再生したあと、 不要な用件を消去してください。 25・41 ● 通話録音の操作を行ったときに別の子機が内線電話をしている と、 通話録音はできません。 → 内線電話が終わってから、 やり直してください。 − 93 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 93 2007/11/30 16:09:23 保証とアフターサービス 修理・お取り扱い・お手入れ などのご相談は… よくお読みください ■保証書(別添付) お買い上げ日・販売店名などの記入を必ず確かめ、 お買い上げの販売店からお受け取りください。 よくお読みのあと、 保管してください。 保証期間:お買い上げ日から本体 1 年間 ただし電池パックは、 消耗品ですので保証期間 内でも 「有料」 とさせていただきます。 まず、お買い上げの販売店へ お申し付けください 転居や贈答品などでお困りの場合は… ● 修理は、 サービス会社・販売会社の 「修理ご相談窓口」 !へ ● 使いかた・お買い物などのお問い合わせは、 「お客様ご相談センター」 !へ ■補修用性能部品の保有期間 当社は、 このコードレス電話機の補修用性能 部品を、 製造打ち切り後 5 年保有しています。 注) 補修用性能部品とは、 その製品の機能を維持 するために必要な部品です。 修理を依頼されるとき 86 ∼ 93 ページに従ってご確認のあと、 直らないときは、 AC アダプターや電源プラグを抜いて、 まず お買い上げの販売店へご連絡ください。 ご連絡いただきたい内容 ● 保証期間中は、 保証書の規定に従って、 出張修理を 製品名 コードレス電話機 させていただきます。 VE-GP52DL、 VE-GP52DW 品 番 ● 保証期間を過ぎているときは、 修理すれば使用できる製 お買い上げ日  年  月  日 品については、 ご要望により修理させていただきます。 故障の状況 できるだけ具体的に 下記修理料金の仕組みをご参照のうえ、 ご相談ください。 ● 修理料金の仕組み お願い 修理料金は、 技術料・部品代・出張料などで構成されて ● 停電などの外部要因により、 録音、 通話 います。 および料金管理などにおいて発生した 技術料 は、 診断・故障個所の修理および部品交換・調整・ 損害の補償については、 当社はその 修理完了時の点検などの作業にかかる費用 責任を負えない場合もございますので 、 です。 あらかじめご了承ください。 部品代 は、 修理に使用した部品および補助材料代です。 ● 修理を依頼する前に、 登録した電話帳 などの重要な情報は、 メモして保管 出張料 は、 お客様のご依頼により製品のある場所へ 技術者を派遣する場合の費用です。 してください。 ご相談窓口における個人情報のお取り扱い 松下電器産業株式会社およびその関係会社は、 お客様の個人情報やご相談内容を、 ご相談への対応や修理、 その 確認などのために利用し、 その記録を残すことがあります。 また、 個人情報を適切に管理し、 修理業務などを 委託する場合や正当な理由がある場合を除き、 第三者に提供しません。 なお、 折り返し電話させていただくとき のため、 ナンバー・ディスプレイを採用しています。 お問い合わせは、 ご相談された窓口にご連絡ください。 「メールでのお問い合わせ」 などはホームページをご活用ください。 http://panasonic. co. jp/pcc/contact/inquiry/na_index. html 94 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 94 2007/11/20 13:38:26 保 証 と ア フ タ ー サ ー ビ ス 95 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 95 2007/11/20 13:38:27 Quick Reference Guide Parts Descriptions VE-GP52 1 2 3 Base Unit 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Handset Speaker Character entry mode/Playback button Liquid crystal display Antenna Block button Call Record button Secure button Voice select button Redial button ( ) Phone book button ( ) 13 21 20 19 18 14 15 16 17 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Volume control button ( ) Set button One-touch Dial buttons Caller ID indicator Flash/Clear button Intercom/Cancel button Hold/Caller ID button Monitor button Numeral/Character buttons Tone button (to switch to DTMF tone) Auto Answer button & indicator Function/Edit button Earpiece Liquid crystal display Talk button Hold/Caller ID button Numeral/Character buttons Tone button (to switch to DTMF tone) Flash/Clear button Microphone Voice change button Multi-operation buttons ) KX-FKN515 1 Personal Phone Backside View 2 9 10 11 12 13 16 15 11 Redial button ( 3 4 5 6 7 8 Phone book button ( ) Function and volume control button ( 12 13 14 15 16 ) 14 Off button Intercom button Speakerphone button Speaker Battery cover 国外での使用に対するサービスはいたしかねます。  ■ 本機は日本国内用です。  ■ This product is designed for use in Japan. Panasonic cannot provide service for this product if used outside Japan. 96 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 96 2007/08/01 16:18:09 Basic Operations ● The number after the button shows the location of the button described in the previous page. Press (You can place the handset on the base unit. ) ■ To retrieve the held call ● If you have returned the handset on the base unit, lift the handset. ● If you have not returned the handset on the base unit, press again. ■ To transfer the held call to the personal phone Press ( 15 ) during a call. ( When you use multiple personal phones, press ー (Intercom No. ). ) Place the handset on the base unit when the other party answers. ■ To use TAM (Telephone Answering Machine) When you leave home, press ( 20 ) to turn on the indicator. again to turn off (To deactivate, press the indicator. ) When receiving a call while TAM is activated, it answers the call automatically in Japanese, and records the incoming messages. [. . . ] Place the personal phone on the charger, or press when the other party answers. 97 Quick Reference Guide GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 97 2007/08/01 16:18:10 さくいん A ∼ Z 行 AC アダプター 16 ADSL に接続するとき ………………………………… 80 ISDN 回線に接続するとき …………………………… 81 Quick Reference Guide …………………………… 96 TA /スプリッタ…………………………… 64・80・81 ……………………………………………… さ 行 ………………………………………… 40・41 再生 (本機で) 再生 (外出先から)………………………………………… 42 再ダイヤル …………………………………………………… 23 在宅応答の設定……………………………………………… 62 3 人で話す 者通話) ………………………………… 30 (3 自作の応答メッセージ ● 消去 ……………………………………………………… 39 ● 録音 ……………………………………………………… 39 指定呼出 ………………………………………………………… 46 シャープボタン (親機)………………………………… 12 シャープボタン (子機)………………………………… 14 充電 (子機)…………………………………………………… 18 充電台 …………………………………………………………… 15 修理ご相談窓口……………………………………………… 94 出荷時設定 …………………………………… 10・64・67 受話音量 ………………………………………………………… 60 ………………………………………………… 14 受話口 (子機) ………………………………………………………………… 85 仕様 消去 (用件)…………………………………………………… 41 すべての機能を表示 ……………………………………… 65 スピーカー (親機)………………………………………… 12 スピーカー (子機)………………………………………… 15 スピーカー音量……………………………………………… 60 スピーカーホン (子機)………………………………… 23 …………………………………………………… 80 スプリッタ 設置場所 ……………………………………………………… 8・9 増設 (子機)…………………………………………………… 78 ……………………………………… 79 増設 (中継アンテナ) 相談窓口 ………………………………………………………… 94 ………………………………………………… 14 送話口 (子機) あ 行 暗証番号 ………………………………………………………… 42 あんしん応答 ………………………………………………… 28 アンテナ ………………………………………………………… 16 アンテナレベル……………………………………………… 15 ………………………………… 44 184 (電話番号非通知) …………………………………… 44 186 (電話番号通知) ……………………………… 13 液晶ディスプレイ (親機) ……………………………… 15 液晶ディスプレイ (子機) ……………………………… 22・67 エ二ーキーアンサー 選んでケータイ……………………………………………… 21 応答メッセージ……………………………………………… 39 お客様ご相談センター ………………………………… 94 お手入れ ………………………………………………………… 83 オフフック応答……………………………………………… 67 おやすみ特定着信 ………………………………………… 57 おやすみモード……………………………………………… 55 音質を変える ………………………………………………… 58 音声案内 ………………………………………………………… 20 音声内線呼び出し ………………………………………… 61 音量を変える ………………………………………………… 60 か 行 カーソル ………………………………………………… 68・70 外出先からドアホンに出る ………………………… 77 外出先から留守番電話を聞く ……………………… 42 回線種別 ………………………………………………………… 17 回線の設定 …………………………………………………… 17 ………………………………………… 82 壁に掛ける (親機) かんたん再ダイヤル ……………………………………… 23 キー確認音 …………………………………………… 64・67 ………………………………………… 54 キーロック (子機) 聞き直し ………………………………………………………… 41 機能一覧表 …………………………………………… 62・67 キャッチホン ………………………………………………… 25 キャッチホン・ディスプレイ ……………………… 44 クイック通話 ………………………………………………… 67 減設 (子機)…………………………………………………… 78 ……………………………………… 79 減設 (中継アンテナ) 公衆電話着信拒否/留守応答 ……………………… 48 構内交換機 …………………………………………………… 22 子機の増設/減設 ………………………………………… 78 子機の名前登録……………………………………………… 19 固定の応答メッセージ ………………………………… 39 た 行 ターミナルアダプター ………………………………… 81 ダイヤル回線 ………………………………………… 17・22 着信拒否 ● 迷惑電話着信拒否 ……………………… 47・63 ● 非通知着信拒否 …………………………… 48・63 ● 公衆電話着信拒否 ……………………… 48・63 ● 表示圏外着信拒否 ……………………… 49・63 ● 未登録番号着信拒否 …………………… 50・63 着信鳴り分け ………………………………………………… 51 着信メモリー ………………………………………………… 45 中継アンテナ ………………………………………………… 79 通話拒否 ………………………………………………………… 26 通話録音 ………………………………………………………… 25 次の用件を聞く……………………………………… 41・43 ……………………………………… 13 ディスプレイ (親機) ……………………………………… 15 ディスプレイ (子機) ………………………………………………………………… 90 停電 98 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 98 2007/08/01 16:18:12 デモモード …………………………………………………… 16 転送 ● 電話帳 ………………………………………………… 36 ● 留守番電話の用件 ……………………………… 42 ………………………………… 15・18 電池カバー (子機) 電池残量 (子機) …………………………………………… 15 ………………………………………… 18 電池パック (子機) ……………………………… 83 電池パックの交換 (子機) ……………………………………………………… 9 電波 (子機) 電話回線種別 ………………………………………………… 17 電話回線用モジュラージャック…………………… 12 電話機コード ………………………………………… 11・16 電話帳 ● 全消去 ………………………………………… 62・67 ● 転送 ……………………………………………………… 36 ● 電話をかける ……………………………………… 23 ● 登録 (親機) ………………………………………… 32 ● 登録 (子機) ………………………………………… 34 電話をまわす ………………………………………………… 30 ドアホン ● 接続 ……………………………………………… 72・74 ● 通話 ……………………………………………………… 76 ● 接続をやめるとき ……………………… 73・75 ● ドアホンアダプター …………………………… 72 ………… 77 ● ドアホンワープ (外出先で出る) トールセーバー……………………………………………… 42 ……………………………………… 12 トーンボタン (親機) ……………………………………… 14 トーンボタン (子機) ポーズ …………………………………………… 22・32・34 ホームテレホンに接続するとき…………………… 81 保証とアフターサービス ……………………………… 94 保留 ………………………………………………………………… 25 ま 行 マイナンバー ………………………………………………… 52 前の用件を聞く……………………………………… 41・43 待受時間 (子機) …………………………………………… 15 マルチファンクションキー ………………… 13・14 未登録番号着信拒否/留守応答…………………… 50 ミュート ………………………………………………… 23・59 迷惑電話着信拒否 ………………………………………… 47 文字入力 …………………………… 68 ● 入力のしかた (親機) …………………………… 70 ● 入力のしかた (子機) …………………………………… 68・70 ● 文字の種類 ● 挿入/修正/消去 ……………………… 68・70 ● 文字列一覧表 ……………………………… 69・71 モデムダイヤルイン ……………………………………… 52 モニター (親機) …………………………………………… 23 や 行 用件再生 (本機で)………………………………… 40・41 用件再生 (外出先から)………………………………… 42 用件消去 ………………………………………………………… 41 用件全消去 …………………………………………… 41・63 用件転送 ………………………………………………………… 42 用件の聞き直し……………………………………………… 41 用件録音時間 ………………………………………………… 41 呼出音 ● 音量 ……………………………………………………… 60 ● 種類 (ベル/メロディ) を変える ……… 61 ● 留守着信呼出音の回数 ……………………… 62 読み上げダイヤル ………………………………………… 20 な 行 内線電話 ………………………………………………………… 29 内線番号 ………………………………………………… 29・30 ……………………………………… 19 名前をつける (子機) ナンバー・ディスプレイ ……………………………… 44 ニッケル水素電池 ………………………………………… 83 ネーム・ディスプレイ …………………………………… 44 は 行 光回線 (ひかり電話) に接続するとき ………… 非通知着信拒否/留守応答 ………………………… 日付・時刻 ……………………………………………………… 表示圏外着信拒否/留守応答 ……………………… ファニーボイス (子機)………………………………… 付属品 …………………………………………………………… プッシュ回線 ………………………………………………… プッシュホンサービス ………………………………… 並列接続 ………………………………………………………… 別売品 …………………………………………………………… ボイスセレクト (親機)………………………………… ボイスセレクト (子機)………………………………… ボイスチェンジ (子機)………………………………… 80 48 17 49 59 11 17 22 81 84 58 58 59 ら 行 さ 90 39 40 62 62 15 41 い ん く リセット (動作がおかしいとき) ………………… 留守応答切替 ………………………………………………… 留守セット …………………………………………………… 留守着信呼出音の回数 ………………………………… 留守電リモート再生 ……………………………………… ……………………………………… 連続通話時間 (子機) 録音時間と件数……………………………………………… わ 行 ワイヤレスアダプター機能付きテレビドアホン …… ワンタッチダイヤル (親機) ● 消去 ……………………………………………………… ● 電話をかける ……………………………………… ● 登録 ……………………………………………………… 74 38 23 38 99 GP52DL_DW_PFQX2826ZA. indb 99 2007/08/01 16:18:12 ■ 本機は日本国内用です。 国外での使用に対するサービスはいたしかねます。 ■ This product is designed for use in Japan. Panasonic cannot provide service for this product if used outside Japan. (別売品の一覧は、84 ページをご覧ください) 別売品について ■ コードレス子機用電池パック 品  番 KX-FAN51 価格は 2007 年 12 月現在のものです。 希望小売価格 2, 310 円 (税抜 2, 200 円) ● 松下テクニカルサービス (株) 扱いです。 ● 交換のしかたは、83 ページをご覧ください。 愛情点検 長年ご使用のコードレス電話機の点検を! ● 電源を入れても動かないことがある。 ● こげくさい臭いや異常な音、 振動が する。 こんな症状 ● AC アダプターや電源プラグ・コードが はありませ 熱を持っている。 んか ● 日付・時刻の表示が大幅にくるうこと がある。 ● その他の異常や故障がある。 このような症状のと きは、 使用を中止し、 故障や事故防止の ため、 アダプター AC や電源プラグを 抜いて、 必ず販売店 に点検をご相談くだ さい。 便利メモ(おぼえのため、記入されると便利です) 販売店名 電話(   )     ー 本機の製品情報をホームページで見ることができます。 http://panasonic. jp/phone/ ● Bluetooth は Bluetooth SIG, Inc. [. . . ]

PANASONIC VE-GP52DWダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればPANASONIC VE-GP52DWのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag