ユーザーズガイド SAMSUNG 820SC

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSAMSUNG 820SCのユーザマニュアルを入手できます。 SAMSUNG 820SCのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SAMSUNG 820SCのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SAMSUNG 820SC : ユーザーガイドを完全にダウンロード (27229 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SAMSUNG 820SC

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] はじめに このたびは、 「SoftBank 820SC」をお買い上げい ただき、まことにありがとうございます。 ● SoftBank 820SCをご利用の前に、この「取扱説 明書」と「らくらくスタートブック」をご覧になり、 正しくお取り扱いください。 ● 本書をご覧いただいたあとは、 大切に保管してくだ さい。 ● 本書を万一紛失または損傷したときは、 お問い合わ せ先(fP. 14-31)までご連絡ください。 ● ご契約の内容により、 ご利用になれるサービスが限 定されます。 3G方式とGSM方式に対応し SoftBank 820SCは、 ております。 ご注意 ・ 本書の内容の一部でも無断転載することは禁止さ れております。 ・ 本書の内容は将来、 予告なしに変更することがござ います。 ・ 本書の内容に関して、 一部日本では提供していない 機能、 サービスの説明が記載されている場合があり ます。 Not all functions and services described in this user guide are available in Japan. ・ 本書の内容については万全を期しておりますが、万 一ご不審な点や記載漏れなどお気づきの点がござい ましたら、お問い合わせ先(fP. 14-31)までご連 絡ください。 ・ 乱丁、落丁はお取り替えいたします。 ● 「SoftBank 820SC」には、この「取扱説明書」と「らくらくス タートブック」が付属されています。 - 基本的な使いかたや利用方法を知りたい場合は「らくらくス タートブック」をお読みください。 - 各機能の詳しい使いかたを知りたい場合はこの 「取扱説明書」 を お読みください。 本書の 構成 820SCをお使いになるための準備や基礎的な知識、 基本的な共通操作をまと めて説明しています。必ずお読みください。 準備/基礎知識 共通機能/操作 電話 メール 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 i 820SCの代表的な機能を、章単位でまとめて説明しています。 お使いになりたい機能の章をお読みください。 インターネット テレビ カメラ/静止画編集 メディアプレイヤー/ S!アプリ 820SC 820SCで利用できるその他の便利なツール(道具)やサービスについて説明 しています。 820SCのセキュリティを強化する機能を説明しています。 ツール コミュニケーションサービス セキュリティ 通信/バックアップ カスタマイズ 資料/付録 操作方法編 データ通信やパソコン接続、データのバックアップについて説明しています。 最初に「らくらく スタートブック」を お読みください。 820SCを使いこなすためのカスタマイズ方法について説明しています。 820SCについての資料や各種情報、索引をまとめています。 機能の探しかた パラパラと めくって探す 820SC の新しい 魅力を発見しましょう。 各誌面の内容は説明のた めのサンプルです。 実際 の誌面とは異なります。 ページの端にはサイドインデックスが付い ています。目的の章をすばやく確認するこ とができます。 発着信規制用暗証番号 章の始まりには、扉ページが付いています。 区切りの目安にしましょう。 メール メールについて . 4-12 受信メールの差出人やメール内の電話番号などを利用する . [. . . ] メールテンプレートを選択→ c(メール)→(fP. 4-3 S!メールを送信 するb) ■ 電話帳のグループから選択するとき 「グループ検索」→グループを選択→ w (完了) ● 電話番号が複数登録されている電話帳 が含まれている場合、宛先の選択画面が 表示されることがあります。電話番号を 選択してください。 ● 「優先電話番号設定」 「メール」 の にEメー ルアドレスが設定されている電話帳は、 宛先に設定できません。 ● 複数の宛先が登録されている場合は、メー ル作成画面の宛先欄 の横に件数が表示 されます。 4 メ ル 宛先を削除したい [削除] 宛先を追加したい 宛先が入力済みの SMS 作成画面で宛先欄を 選択→「宛先追加」 ■ 履歴から入力するとき 表示されている履歴を選択→w(完了) ■ 電話帳から選択するとき 「電話帳検索」→電話帳を検索し、選択 (fP. 2-22)→電話番号を選択→ w(完 了) ■ 電話番号を直接入力するとき 「番号入力」 →電話番号を入力→w (完了) SMS作成画面で宛先欄を選択 ■ 1件削除するとき 削除したい宛先を反転表示→o→ 「削除」 →「1件」→w(完了) ■ すべて削除するとき o→「削除」→「全件」→「はい」→w (完了) 作成中のSMSを下書きに保存したい [下書きに保存] SMS作成画面でo→「下書きに保存」 ● 宛先、本文のいずれかが入力されている場 合のみ、メニューに「下書きに保存」が表 示されます。 作成中の SMS をS!メールに変更した い [S!メールに変換] SMS作成画面でo→「S!メールに変換」 4-23 作成中の SMS の配信確認を設定した い [配信確認] SMS作成画面でo→「送信オプション」→ 「配信確認」→「On」/「Off」 ● 「On」に設定すると、メールサーバーから メールが相手に送信されたときに、配信レ ポ ー ト が お 客 様の 820SC に 送信 さ れ ま す。作成中のメールにのみ設定が反映され ます。 b 受信メールに関する便利な 機能 手動でメールを受信したい w→「新着メール受信」 受信メールの差出人を電話帳に登録し たい [電話帳登録] w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ メールを選択→o→「電話帳登録」→電話番 号/Eメールアドレスを選択 ■ 新しい電話帳に登録するとき 「新規」→各項目を登録(fP. 2-19 電話 帳に登録するb) ■ 既存の電話帳に追加登録するとき 「追加」→電話帳を検索し、選択(fP. 222)→各項目を登録(fP. 2-19 電話帳 に登録するb) 4 メ ル 受信した S!メールに入力されているす べての宛先へ返信したい[全員に返信] w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ 作成中の SMS の有効期限を設定した メールを選択→ o →「全員に返信」→「S!」→(fP. 4い [有効期限] メール」/「S!メール(引用付) SMS作成画面でo→「送信オプション」→ 「有効期限」→「なし」/「1時間」/「6時 間」/「12時間」/「1日」/「3日」 3 S!メールを送信するf) 受信通知/サーバーメールを転送した い [転送] 送信者や宛先を確認したい [メールアドレス表示] w →「受信ボックス」/「送信済みボック w→「受信ボックス」→フォルダを選択→転 入力した本文をすべて削除したい ス」→必要に応じてフォルダを選択→メール [本文削除] 送したい受信通知を反転表示→o→「転送」 を選択→o→「メールアドレス表示」 SMS作成画面で本文入力欄を反転表示→o →「本文削除」→「はい」 →「通知の転送」/「サーバーメール転送」 →メールの作成操作 (fP. 4-3 S!メールを送 信するb) 送信前にデルモジ表示を確認したい [デルモジ表示] デルモジ表示したい [デルモジ表示] SMS作成画面で本文入力欄を反転表示→o →「デルモジ表示」 w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→o→ 「デル モジ表示」 テンプレートを利用してSMS を送信 したい [送信] w→「テンプレート」→「定型文」→利用し たい定型文を反転表示→o→「送信」 4-24 メールの内容をコピーしたい[コピー] メールの文字サイズを設定したい 添付ファイルを確認したい [文字サイズ] w →「受信ボックス」/「送信済みボック w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」→必要に応じてフォルダを選択→メール を選択→o→「コピー」 ■ 差出人や宛先をコピーするとき 「アドレス」→コピーしたいアドレスを選 択 ■ 件名をコピーするとき ( 「件名」 fP. 2-41 範囲を指定して文字の コピー/カットをしたい) ■ 本文をコピーするとき 「本文」 fP. 2-41 範囲を指定して文字の ( コピー/カットをしたい) w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→o→ 「文字 サイズ」 →「大」 /「標準」 /「小」/ 「最小」 ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→ファイル を選択→「開く」 ● 確認前にファイルをデータフォルダに保存 するには、メッセージ画面でファイルを選 択し、 「保存」を選択します。 ● 確認前にvCardやvCalendarを電話帳やカ レンダーに登録するには、メッセージ画面 でファイルを選択し、 「電話帳登録」/「カ レンダーに登録」を選択します。 ● 確認後にvCardやvCalendarを電話帳やカ レンダーに登録するには、c(登録)を押 します。 ● コンテンツ・キーの購入/取得が必要な ファイルが添付されている場合は、確認 メッセージが表示されます。ファイルを確 認するときは、 「はい」を選択してコンテン ツ・キーを購入または取得してください。 ● 回数制限があり、1回だけ再生/表示できる ファイルが添付されているときは、表示/ 再生回数が 1 回だけ残っていることをお知 らせするメッセージが表示されます。 メールの文字コードを設定したい [文字コード変換] w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ メールを選択→ o →「文字コード変換」→ 「自動」 「Shift-JIS」 「UTF-8」 「EUC/ / / JP」 「ISO-2022-JP」 「ISO-8859-1」 / / 4 メ ル 表示中のメールを削除したい [削除] メッセージ画面のスクロール単位を設 定したい [スクロール単位] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→ o →「削 除」→「はい」 w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→o→ 「スク ロール単位」→「1行」/「1/2画面」/「全 画面」 メールの詳細を確認したい [詳細] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→ o →「詳 細」 メッセージ画面の文頭/文末に移動し たい [画面移動] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→メールを選択→o→ 「画面 移動」→「文頭」/「文末」 添付画像の表示サイズを設定したい [画像表示設定] w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ メールを選択→o→「画像表示設定」→「通 常サイズ表示」/「全画面表示」 4-25 メール一覧画面でメールサーバーに保 存されているメールの続きを受信した い [続き受信] w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ メールを反転表示→o→「続き受信」 b メールの利用/管理に関す る便利な機能 受信S!メールや送信済みS!メールをS!メールテンプレートに保存したい [S!メールテンプレートに保存] w →「受信ボックス」/「送信済みボック 4 メ ル メールサーバーからのメールの受信を w→「送信済みボックス」/「未送信ボック 中止したい [受信中止] ス」→必要に応じてフォルダを選択→メール w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ メールを反転表示→o→「受信中止」 を選択→o→「編集と送信」→メールの作成 操作(fP. 4-3 S!メールを送信するb) 送信済みメール、未送信メールを編集 ス」 →フォルダを選択→メールを選択→o→ して送信したい [編集と送信] 「S!メールテンプレートに保存」→ファイル 名を入力 ● 本文をアレンジしている場合のみ、テンプ レートに保存できます(fP. 4-6) 。 メールを反転表示→ o →「全員に返信」→ 「S!メール」 「S!メール / (引用付) → 」 (fP. 43 S!メールを送信するf) メール一覧画面から電話帳に登録した メール一覧画面で全員に返信したい S!メールに添付/挿入されているファ い [電話帳登録] [全員に返信] イルをデータフォルダに保存したい w →「受信ボックス」/「送信済みボック w →「受信ボックス」→フォルダを選択→ [添付ファイル保存] ス」→フォルダを選択→メールを反転表示→ w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」→必要に応じてフォルダを選択→メール を選択→o→「添付ファイル保存」 ■ 1件保存するとき 保存したいファイルを反転表示→c(選 択) ■ 複数保存するとき o →「複数件保存」→保存したいファイ ルをチェック→w(保存) ■ すべて保存するとき o→「全件保存」 ● 保存時にファイル名が重複する旨のメッ セージが表示されたときは、c(OK)→ c(選択)→ファイル名を編集→ w(保 存)を押します。 o→「電話帳登録」→電話番号/Eメールア ドレスを選択 ■ 新しい電話帳に登録するとき 「新規」→各項目を登録(fP. 2-19 電話 帳に登録するb) ■ 既存の電話帳に追加登録するとき 「追加」→電話帳を検索し、選択(fP. 222)→各項目を登録(fP. 2-19 電話帳 に登録するb) 4-26 メールを保護/保護解除したい メール一覧画面のメールを並べ替えた メールを開封済み/未開封にしたい [保護]/[保護解除] い [ソート] [開封済みに変更]/[未開封に変更] w→「受信ボックス」/「下書き」/「送信 済みボックス」/「未送信ボックス」→必要 に応じてフォルダを選択 ■ 1件保護/保護解除するとき 保護/保護解除したいメールを反転表示 →o→「保護」/「保護解除」→「1件」 ■ 複数保護/保護解除するとき o→「保護」/「保護解除」→「複数」→ 保護/保護解除したいメールをチェック →w(保護)/w(保護解除) ■ すべて保護/保護解除するとき o→「保護」/「保護解除」→「全件」 w→「受信ボックス」/「下書き」/「送信 済みボックス」/「未送信ボックス」→必要 に応じてフォルダを選択→o→「ソート」→ 項目を選択 ● 並べ替えができる項目は、 次のとおりです。 - 日付の順( 「日付:古い順」/「日付:新 しい順」 ) - 送信者の順( 「送信者順」 ) - 宛先の順( 「宛先順」 ) - 未読/既読を分けて表示( 「未読/既読順」 ) - メールの種類ごとに分けて表示( 「メール タイプ順」 ) - 件名の順( 「件名順」 ) - メールサイズの大きい順( 「サイズ順」 ) - 添付ファイルあり/なしを分けて表示 ( 「添付順」 ) - 優先度の順( 「優先度順」 ) - 保護されている/されていないメールを 分けて表示( 「保護順」 ) ● 「メールタイプ順」を選択したときは、S!メー ル(受信通知を含む) 、USIMカードに保存さ れているSMS、820SC本体に保存されてい るSMSの順で表示されます。 ● 「送信者順」 「件名順」を選択したときは、 半角記号、半角数字、半角英字、半角カタ カナ、全角記号、全角ひらがな、全角カタ カナ、漢字、全角数字、全角英字の順で表 示されます。ただし、 「件名順」を選択した ときは「タイトルなし」が優先されます。 w→「受信ボックス」→フォルダを選択 ■ 1件開封済み/未開封にするとき 開封済み/未開封にしたいメールを反転 表示→ o→「開封済みに変更」/「未開 封に変更」→「1件」 ■ 複数開封済み/未開封にするとき 開封済み/未開封にしたいメールを反転 表示→o→「開封済みに変更」/「未開封 に変更」→「複数」→開封済み/未開封に したいメールをチェック→w(未読/既 読) ■ すべて開封済み/未開封にするとき o →「開封済みに変更」/「未開封に変 更」→「全件」 4 メ ル メール一覧画面の表示方法を設定した い [表示切替] w→「受信ボックス」/「下書き」/「送信 済みボックス」/「未送信ボックス」→必要 に応じてフォルダを選択→o→「表示切替」 → 「2行」 「1行 / (件名) / 」 「1行 (送信者) 」 ● メニューから行った表示切替は、メール一 覧画面を閉じると無効になります。 メール一覧画面でSMSを820SC本体/ USIMカードに移動したい [本体へ移動]/[USIMに移動] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」/「未送信ボックス」→必要に応じて フォルダを選択→移動したい SMS を反転表 示→o→「本体へ移動」/「USIMに移動」 ● USIMカードには、最大 10通の SMSを保 存できます。USIM カードに保存できる件 数は、カードの種類によって異なります。 4-27 ● 作成したフォルダにある受信SMSをUSIM カードに移動する場合は、確認メッセージ が 表 示 さ れ ま す。 「は い」を 選 択 す る と USIMカードに移動します。 登録した S!メールテンプレートを表示 して確認したい w →「テンプレート」→「S!メールテンプ レート」→S!メールテンプレートを選択 未送信メールを再送信したい w→「未送信ボックス」→再送信したいメー ルを反転表示→w(再送信) メールやフォルダの詳細情報を確認し 登録した S!メールテンプレートを編集 たい [詳細] したい ■ メールの詳細を確認するとき 未送信メールを編集して送信したい [編集] w→「未送信ボックス」→編集したいメール を反転表示→ o →「編集」→(fP. 4-3 S!メールを送信するb) 4 メ ル w→「受信ボックス」/「下書き」/「送 信済みボックス」/「未送信ボックス」→ 必要に応じてフォルダを選択→メールを 反転表示→o→「詳細」 ■ フォルダの保存状況を確認するとき w →「受信ボックス」/「送信済みボッ クス」→フォルダを反転表示→o→「詳 細」 w →「テンプレート」→「S!メールテンプ レート」 →登録したS!メールテンプレートを 選択→ c(メール)→本文入力欄を選択→ 本文を入力→ c(完了)→ o →「テンプ レート保存」→ファイル名を入力 未送信メールのエラー詳細を確認した い [エラー詳細] w→「未送信ボックス」→確認したいメール レート」 →S!メールテンプレートを選択→o S!メールテンプレートを登録したい [テンプレート保存] →「メール添付送信」→(fP. 4-3 S!メール S!メール作成画面で→o→ 「テンプレート保 存」→ファイル名を入力 ● 本文をアレンジしている場合のみ、テンプ レートに保存できます(fP. 4-6) 。 を送信するb) 登録したテンプレートをメールで送信 を反転表示→o→「エラー詳細」 したい [メール添付送信] メールサーバーに保存されているメー w →「テンプレート」→「S!メールテンプ ルを確認したい w→「サーバーメール操作」→「メールリス ト」→確認メッセージが表示されたときは 「はい」 w→「サーバーメール操作」→「メールリス ト」→w(更新) ● 「メールリスト」を選択したあとに o を押 し、 「メールリスト更新」を選択しても同じ 操作を行うことができます。 登録したテンプレートの詳細を確認し メールリストを更新したい たい [詳細] w →「テンプレート」→「S!メールテンプ レート」 →S!メールテンプレートを選択→o →「詳細」 下書きからメールを送信したい w→「下書き」→メールを選択→w(送信) ● 宛先が入力されていないときは w(送信) は表示されません。 配信レポートを確認したい w→「送信済みボックス」→フォルダを選択 →「配信確認」を設定したメールを選択→w (レポート) 4-28 メールリストからメールを受信したい w→「サーバーメール操作」 ■ メールを選択して受信するとき 「メールリスト」→確認メッセージが表示 されたときは「はい」→受信したいメー ルを反転表示→c(受信) ● 受信したいメールを反転表示して o を 押し、 「受信」を選択しても同じ操作を 行うことができます。 ■ すべてのメールを受信するとき 「メール全受信」 ● 「メールリスト」→確認メッセージが表 示されたときは「はい」→o→「メール 全受信」を選択しても同じ操作を行うこ とができます。 メールサーバーに保存されているメー ルを転送したい[サーバーメール転送] w→「サーバーメール操作」→「メールリス メールサーバーに保存されているメー ト」→確認メッセージが表示されたときは ルをすべて削除したい 「はい」 →メールを反転表示→o→ 「サーバー w→「サーバーメール操作」→「メール全削 メール転送」→宛先欄を選択 除」→操作用暗証番号を入力→c(OK)→ ■ 履歴を利用して宛先を選択するとき 表示されている履歴を選択→w(送信) 「新着メール以外」/「全削除」 ■ 電話帳から宛先を選択するとき 「電話帳検索」→電話帳を検索し、選択 (fP. 2-22) →電話番号/Eメールアドレ スを選択→w(送信) ■ 電話番号を宛先として直接入力するとき 「番号入力」 →電話番号を入力→w (送信) ■ E メールアドレスを宛先として直接入力す るとき 「アドレス入力」→ Eメールアドレスを入 力→w(送信) ■ 電話帳のグループから宛先を選択するとき 「グループ検索」→グループを選択→宛先 の選択画面が表示された場合は入力した い宛先を選択→w(送信) ● 件名や本文を編集するには、宛先入力後に 件名欄または本文入力欄を選択し、編集操 作(fP. 4-3)をします。 ● 転送するメールの件名には 「Fw:」 が自動的 に付きます。 ● サーバーメール転送後、サーバーからメー ルを削除するかどうかをあらかじめ設定す る こ と が で き ま す(fP. 4-22 サ ー バ ー メール転送後、サーバーからメールを削除 するかどうか設定したい) 。 メールリストを利用してサーバー内の メールを削除したい [削除] w→「サーバーメール操作」→「メールリス ト」→確認メッセージが表示されたときは 「はい」 ■ 1件削除するとき 削除したいメールを反転表示→o→「削 除」→「1件」→「はい」 ■ 複数削除するとき o→ 「削除」→「複数」 →削除したいメー ルをチェック→w(削除)→「はい」 ■ すべて削除するとき o →「削除」→「全件」→操作用暗証番 号を入力→c(OK)→「はい」 4 メ ル メールサーバーの使用状況を確認した い w →「サーバーメール操作」→「サーバー メール容量」 ● 最新の情報に更新する場合はc(更新)を 押します。 メールの保存状況を確認したい w→「メモリ容量確認」→「S!メール(件数 表示) / 」 「S!メール (サイズ表示) / 」 「SMS」 ● 確認したメモリを削除するにはw (削除) を 押します(fP. 2-52 登録/保存した内容 を削除してメモリを整理したい) 。 4-29 b フォルダ管理に関する便利 な機能 フォルダ名を変更したい [フォルダ名変更] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」→フォルダを反転表示→o→「フォルダ 名変更」→名前を入力 振り分けルールを削除したい w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」→削除したいルールがあるフォルダを反 転表示→o→「メール振り分け設定」 ■ 1件削除するとき 削除したいルール欄を反転表示→o → 「削除」→「1件」 ■ すべて削除するとき o→「削除」→「全件」→「はい」 4 メ フォルダを削除したい [削除] - 「シークレット設定」を設定したい [シークレット設定] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ル w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」 →削除したいフォルダを反転表示→o→ ス」→フォルダを反転表示→ o →「シーク 「削除」→操作用暗証番号を入力→c(OK) レット設定」→操作用暗証番号を入力→ c →「はい」 (OK)→c(OK) ● 「シークレット設定」を設定したフォルダ は、 「シークレットモード」が「表示しな い」に設定されていると確認できません。 確認するには、o→「シークレット一時解 除」→操作用暗証番号を入力→c(OK) を押します。 メールの自動振り分けルールを変更し たい [ルール変更] w →「受信ボックス」/「送信済みボック ス」→ルールを変更したいフォルダを反転表 示→o→「メール振り分け設定」→変更した いルール欄を反転表示→o→「ルール変更」 (fP. 4-18 メールを振り分けるc) 4-30 インターネット インターネットをご利用になる前に . PCサイトブラウザのメインメニューからアクセスする . . 5-2 . 5-2 . 5-2 . 5-3 . 5-3 . 5-3 . 5-4 . 5-4 . 5-5 . 5-5 . 5-6 . 5-6 . 5-6 . 5-7 . 5-7 . 5-7 . 5-8 . 5-8 . 5-8 . 5-9 . 5-9 . 5-9 . 5-9 . 5-9 5 S!速報ニュースを利用する . S!速報ニュースリスト/ S!ループリストに登録する . 5-10 5-10 5-11 5-12 5-13 5-13 5-14 5-15 5-15 5-15 5-15 5-22 5-26 5-26 5-29 5-31 5-32 5-33 ● インターネットをご利用に なる前に インターネットについて インターネットのご利用には、別途ご契約 が必要です。 インターネットのご利用前に、あらかじめ ネットワーク自動調整を行う必要がありま す。 注意 ● ● 5 イ ン タ ネ ッ ト 注意 Yahoo!ケータイや PC サイトブラウザで ● インターネットにアクセスし、 いろいろな 情報画面への接続時にパケット通信料が かかります。 コンテンツを閲覧したり、 画像やサウンド な ど を ダ ウ ン ロ ー ド し た り で き ま す。 SSL/TLSについて Yahoo!ケータイや PC サイトブラウザで インターネットにアクセスしたとき、 表示 SSL(Secure Sockets Layer)とTLS される画面を情報画面といいます。 (Transport Layer Security) とは、 デー タを暗号化して送受信するためのプロト インターネット コル(通信規約)です。SSL/TLS接続時 携帯電話向けサイト の画面では、 データを暗号化し、 プライバ oを押して Yahoo!ケータイ シーにかかわる情報やクレジットカード Yahoo!ケータイに 簡単にアクセス 番号、 企業秘密などを安全に送受信するこ とができ、盗聴、改ざん、なりすましなど パソコン向けサイト のネットワーク上の危険から保護します。 820SCでは、 あらかじめ認証機関から発 行されたルート証明書が登録されていて、 PCサイトブラウザで 確認することもできます(fP. 5-18、5パソコン向けサイトに アクセス 25) 。 ● SSL/TLSの利用について セキュリティで保護されている情報画面 を表示する場合、お客様は自己の判断と 責任において SSL/TLS を利用するもの とします。 お客様自身による SSL/TLS の利用に際 し、ソフトバンクモバイル株式会社およ び認証会社である日本ベリサイン株式会 社、サイバートラスト株式会社、エント ラストジャパン株式会社、グローバルサ イン株式会社、RSA セキュリティ株式会 社、セコムトラストシステムズ株式会社 お客様に対しSSL/TLSの安全性に関 は、 して何ら保証を行うも のではありませ ん。万一、何らかの損害がお客様に発生 した場合でも一切責任を負うものではあ りませんので、あらかじめご了承くださ い。 本書では、ソフトバンクのポータルサイト を「Yahoo!ケータイ」 、PCサイトブラウザ を利用して閲覧できるサイトを「PC サイ ト」とし、これらの総称を「インターネッ ト」と表記しています。 5-2 キャッシュについて キャッシュとは、 インターネットで入手し たメニューや情報を、 一時的に保存するメ モリです。キャッシュに保存された情報 は、インターネットを終了したり電源を 切ったりしても保持されますが、 メモリの 容量がいっぱいになると古い情報から自 動的に消去されます。 キャッシュに情報が保存されている情報 画面を再表示すると、 サービスセンター内 の最新情報ではなく、 以前に表示した情報 画面が表示される場合があります。 最新の 情報を表示するには、 情報を更新してくだ さい。 ● Yahoo!ケータイを利用する Yahoo!ケータイのメインメ ニューからアクセスする Yahoo!ケータイのメインメニューから 項目を選択し、 目的の情報画面にアクセス できます。 ● PC サイトブラウザの情報画面に切り替え るには、Yahoo!ケータイの情報画面でo →「便利機能」→「PCサイトブラウザ切 替」→「このページ」/「リンク先」→c (OK) 「はい」 「いいえ」 → / を選択します。 注意 ● ao 「Referer 送出」を「送出しない」に設定 していると、 情報画面を表示できない場合 があります(fP. 5-18) 。 5 イ ン タ ネ ッ ト URLを入力してアクセスする 「Yahoo!ケータイ」 → a c→ 「URL入力」 820SCに他のUSIMカードを取り付けた ときは、 キャッシュに保存されている情報 が自動的に消去されます。 有効期限が設定されている情報が保存さ れているときは、設定されている期限に なると、キャッシュから自動的に消去さ れます。 ● b 項目を選択 ● お買い上げ後に初めてインターネットに アクセスすると、操作 a で日時設定画面 が表示されます。日時設定を行うと、情 報画面が表示されます。 ● URL欄には、 あらかじめ 「http://」 が 入力されています。 b URLを入力 5-3 使いこなしチェック! ● ブラウザを初期化する(rP. 13-7) ● 設定をリセットする(rP. 13-7) b 項目を選択 ● brP. 5-15 ● 情報画面で次の情報画面に移動したい ● 情報画面のテキストをコピーしたい ● 情報画面を最新の情報に更新したい ● 情報画面でURLを入力して他の情報画面に PC サイトブラウザを利用 する PCサイトブラウザのメイン メニューからアクセスする PCサイトブラウザのメインメニューから 項目を選択し、 パソコン向けサイトの情報 画面にアクセスできます。 PCサイトブラウザを起動すると、ディス プレイ最上段に が表示されます。 PCサイトブラウザでは、 ドキュメントファ イル以外のデータをダウンロードまたは ストリーミングすることはできません。 サイトによっては正しく表示されない場 合があります。 Yahoo!ケータイの情報画面に切り替える には、PCサイトブラウザの情報画面でo →「便利機能」→「ブラウザ切替」→「こ のページ」/「リンク先」→警告メッセー ジが表示されたときは、c(OK)→「は い」/「いいえ」を選択します。 ● アクセスしたい ● URLを簡単に入力したい ● 履歴を使ってURLを入力したい ● 5 イ ン タ ネ ッ ト ● 情報画面に表示されている画像/背景画像 ● を保存したい ● 情報画面を表示中にバックグラウンドで再 生されるサウンドを保存したい ● アクセス履歴を削除したい ● 情報画面からメインメニューに移動したい ● 複数の情報画面の表示を操作したい 「Yahoo!ケータイ」 → a c→ 「PCサイトブラウザ」→ 「ホームページ」 s ● 情報画面のキャッシュ/Cookie/認証情 注意 「Referer送出」を「送出しない」に設定 していると、情報画面を表示できない場 合があります(fP. 5-24) 。 ● データ量の多い情報画面を表示するとき はパケット通信料が高 額になりますの で、ご注意ください。 ● ● 報を消去する(rP. 13-6) ● 製造番号を自動的に通知するかどうか設定 する(rP. 13-7) ● リファラーを送信するかどうか設定する (rP. 13-7) ● Cookieの有効/無効を設定する (rP. 13-7) ● スクリプトの有効/無効を設定する (rP. 13-7) ● ルート証明書を確認する(rP. 13-7) ● 認証情報の保存期間を設定する 警告メッセージが表示されたとき は、 (OK) c を押し、 「はい」 「い / いえ」を選択します。 (rP. 13-7) 5-4 URLを入力してアクセスする ● 情報画面からメインメニューに移動したい ● 複数の情報画面の表示を操作したい ● 情報画面の表示幅を変更したい a c→ 「Yahoo!ケータイ」 → 「PCサイトブラウザ」→ 「URL入力」 情報画面の操作のしかた 情報画面のスクロール 情報画面にスクロールバーが表示されて いるときは、 画面をスクロールさせてコン テンツを閲覧します。 d/ b s ● 情報画面のキャッシュ/Cookie/認証情 ● URL欄には、 あらかじめ 「http://」 が 入力されています。 b URLを入力 ジ が 表 示 さ れ た と き 警告メッセー ● は、 (OK) c を押し、 「はい」 「い / いえ」を選択します。 使いこなしチェック! 報を消去する(rP. 13-7) ● 製造番号を自動的に通知するかどうか設定 する(rP. 13-8) ● リファラーを送信するかどうか設定する (rP. 13-8) ● Cookieの有効/無効を設定する (rP. 13-8) ● スクリプトの有効/無効を設定する (rP. 13-8) ● ルート証明書を確認する(rP. 13-8) ● 認証情報の保存期間を設定する (rP. 13-8) ● 警告メッセージを表示するかどうか設定す る(rP. 13-8) ● ブラウザを初期化する(rP. 13-8) ● 設定をリセットする(rP. 13-8) 5 イ ン タ ネ ッ ト u/ n スクロールバー d:下方向に1行分スクロールする u:上方向に1行分スクロールする ● brP. 5-22 ● 情報画面で次の情報画面に移動したい ● 情報画面のテキストをコピーしたい ● 情報画面を最新の情報に更新したい ● 情報画面でURLを入力して他の情報画面に 情報画面の下部に横方向のスクロール バーが表示されている場合は、r を押 すと右方向に、l を押すと左方向にス クロールします。 アクセスしたい ● URLを簡単に入力したい ● 履歴を使ってURLを入力したい ● アクセス履歴を削除したい サイドキー b: 情報画面を下方向に複数 行分スクロールする サイドキー n: 情報画面を上方向に複数 行分スクロールする 5-5 カーソルの移動 リンクなどの項目を選択するときは、 項目 にカーソルを移動します。 カーソル d 前の情報画面/次の情報画面 への切り替え c (選択) 情報画面の文字入力/項目選択 情報画面には次のような欄や項目が表示 される場合があります。 a b c d e 5 イ ン タ ネ ッ ト u w (戻る)/ x d:縦に項目が並んでいる場合に、カー ソルを下の項目へ移動する ● リンクなどを反転表示してc(選択) :次の情報画面へ切り替える ● 情報画面が一番下へスクロールされて い る 状 態 で b を 押 す と、下 の 項 目 へ カーソルを移動できます。 oを押して「進む」を選択しても切り 替えられます。 w(戻る)/x :前の情報画面へ切り替える ● a 文字入力欄 登録内容や認証のパスワードなどを入力 します。 文字入力欄を反転表示してc (選 択)を押し、文字を入力します。 b ラジオボタン 選択項目から 1 つの項目を選択します。 の項目を反転表示してc (選択) を押 すと、 に変わり選択された状態になり ます。 c メニュー欄 メニューを表示して項目を選択します。 メ ニュー欄を反転表示してc(選択)を押 すと、メニューが表示されます。jで項 目を反転表示して c(選択)を押すと、 項目が選択されます。 複数の項目を選択で きるメニュー欄では、x を押すと選択 モードが解除されます。 u:縦に項目が並んでいる場合に、カー ソルを上の項目へ移動する ● 情報画面が一番上へスクロールされて い る 状 態 で n を 押 す と、上 の 項 目 へ カーソルを移動できます。 前の情報画面がない状態で w(戻る)/ x を押すと、インターネット接続終了 の確認メッセージが表示され、 「はい」を 選択するとインターネット接続を終了し ます。 ● 同じ行に項目が並んでいるときは、 sを 押してカーソルを左右に移動できます。 カーソルを移動すると、リンクなどの項 目が反転表示されたり、点線の枠で囲ま れたりします。 ● 5-6 d チェックボックス 選択項目から複数の項目を選択します。 の項目を反転表示してc (選択) を押 すと、 に変わり選択された状態になり ます。選択を解除する場合は を反転表 示してc(選択)を押します。 e 実行ボタン 「送信」や「リセット」など、ボタンに表 示されている操作を実行します。 実行ボタ ンを反転表示して c(選択)を押すと、 操作が実行されます。 注意 ● ブックマークを利用する ブックマークには情報画面の URL が登録 され、 インターネットに接続することで情 報を確認できます。 ブックマークから接続する 「Yahoo!ケータイ」 → a c→ 「ブックマーク」 ブックマークに登録する ブックマークは、 最大30件まで保存できます。 a 情報画面を表示 b 注意 ● 5 ブックマークを選択 イ ン タ ネ ッ ト 文字入力や項目選択の表示は、表示する 情 報画面によって異なる 場合がありま す。 使いこなしチェック! brP. 5-26 s ● 情報画面に表示されるテキスト情報の文字 情報画面への接続時にパケット通信料が かかります。 b o→「ブックマーク」→「登 録」 使いこなしチェック! brP. 5-26 ● ブックマークのURLをメールで送信したい ● ブックマークのURLをBluetooth®で送信 サイズを設定する(rP. 13-6、P. 137) ● 情報画面でのスクロール単位を設定する (rP. 13-6、P. 13-7) ● 情報画面で画像を表示するかどうか設定す る(rP. 13-6、P. 13-7) ● 情報画面でサウンドを再生するかどうか設 定する(rP. 13-6、P. 13-7) したい ● ブックマークのURLを赤外線通信で送信し たい ● ブックマークを並び替えたい ● Yahoo!ケータイのブックマークを削除し たい c タイトルを入力 5-7 ● PCサイトブラウザのブックマークを削除 したい ● ブックマークをデータフォルダに保存した お気に入りを利用する お気に入りには情報画面そのものが登録 され、 インターネットに接続せずに情報を 確認できます。 お気に入りを表示する 「Yahoo!ケータイ」 → a c→ 「お気に入り」 い お気に入りに登録する 5 イ ン タ ネ ッ ト お気に入りは、最大50件まで登録できま す。 a 情報画面を表示 b お気に入りを選択 注意 ● お気に入りを保存したときに取り付けて いたUSIMカードを差し替えると、 お気に 入りは表示できません。 「お気に入り」 「登録」 → b o→ 使いこなしチェック! brP. 5-29 ● お気に入りのタイトルを編集したい ● お気に入りを並び替えたい ● Yahoo!ケータイのお気に入りを削除した い ● PCサイトブラウザのお気に入りを削除し たい c タイトルを入力 5-8 ストリーミングを利用する 音楽や動画などのデータをダウンロード しながら順次再生します。 情報画面に表示 されているリンクなどからアクセスして、 ストリーミングができます。 URLを直接入力する ブックマークから接続する アクセスしたストリーミング画面のブッ クマークを最大20件まで保存できます。 a c→「メディアプレイヤー」 → 「ストリーミング」 「URL → 入力」 a c→「メディアプレイヤー」 → 「ストリーミング」 「ブッ → クマーク」 情報画面のリンクからスト リーミングする a リンクが表示されている情 報画面を表示 ● 5 イ ン タ ネ ッ ト URL欄には、あらかじめ「rtsp://」 が入力されています。 b URLを入力 ● b ブックマークを選択 アクセス履歴から接続する アクセスしたストリーミング画面のURL を最大20件まで保存できます。 b リンクを選択 ストリーミング中の操作は、 メディアプレ イヤー再生中の操作と同様です(fP. 84、P. 8-7) 。 注意 ● ストリーミング中は、一時停止した場合 でも通信は継続されるため、パケット通 信料が発生します。 5-9 a c→「メディアプレイヤー」 ● ストリーミングのアクセス履歴を編集した → 「ストリーミング」 「履歴」 → い ● ストリーミングのアクセス履歴を削除した S!速報ニュースを利用する S! [. . . ] ともだち状況メンバーをメンバーリストから追加登録 「コミュニケーション設定」→「メンバー登録」→設定したい項目を選択→「S!ともだち状況」→登録したいメンバーを選択 する S!ともだち状況メンバーを電話帳から追加登録する S!ともだち状況メンバーを解除する 「コミュニケーション設定」→「メンバー登録」→設定したい項目を選択→「電 話帳」→電話帳を検索し、選択(fP. 2-22) 「コミュニケーション設定」→「メンバー解除」→解除したいメンバーを選択 s 音/バイブレータの設定 音に関する設定 k c→「設定」→「音・バイブ・着信ライト設定」 音量を設定する 「音量」→項目を選択→音量を調節→w(再生)→c(選択) ● 選択できる項目は、 o音声着信/TVコール着信/メール着信/S!と 「音声着信」/「TV コール着信」/「メール着信」/「S!もだち状況着信/S!一斉トーク着信/着信お知らせ機能/ ともだち状況着信」/「S!一斉トーク着信」/「着信お知らせ機能」/「S!速 報ニュース」/「配信確認」/「操作音」です。 配信確認/操作音:レベル3、S!速報ニュース:Off ● 「操作音」を選択した場合は、再生することができません。 カ ス タ マ イ ズ 音声通話/ TV コール/ S!一斉トークの着信音を設定す 「着信音」→「音声着信」/「TVコール着信」/「S!一斉トーク着信」→ファイ る ルの保存場所を選択→ファイルを反転表示→w(再生)→o(選択) o音声着信:Right Here. mmf、TVコール着 信:Revelation. mmf、S!一斉トーク着信:Sunny day. mp4 電話以外の着信音を設定する 「着信音」→項目を選択→「着信音選択」→ファイルの保存場所を選択→ファイ oSunny day. mp4 ルを反転表示→w(再生)→o(選択) ● 13 選択できる項目は、 「メール着信」/「S!ともだち状況着信」/「着信お知らせ 機能」/「S!速報ニュース」/「配信確認」です。 13-18 電話以外の着信鳴動時間を設定する o5秒 「着信音」→項目を選択→「鳴動時間」→時間を入力 ● 選択できる項目は、 「メール着信」/「S!ともだち状況着信」/「着信お知らせ 機能」/「S!速報ニュース」/「配信確認」です。 バイブレータを設定する oOff 「バイブ」→項目を選択→「Off」/「パターン1」∼「パターン5」→w(再生)→ c(選択) ● 選択できる項目は、 「音声着信」/「TV コール着信」/「メール着信」/「S! [. . . ]

SAMSUNG 820SCダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSAMSUNG 820SCのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag