ユーザーズガイド SONY CMT-V10IPN

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY CMT-V10IPNのユーザマニュアルを入手できます。 SONY CMT-V10IPNのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY CMT-V10IPNのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY CMT-V10IPN : ユーザーガイドを完全にダウンロード (854 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY CMT-V10IPN (834 ko)
   SONY CMT-V10IPN MARKETING SPECIFICATIONS (208 ko)
   SONY CMT-V10IPN LIMITED WARRANTY (U.S. ONLY) (111 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY CMT-V10IPN

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] STBY」 「 が表 示されます。 お買い上げ時の初期設定では有効に なっていますが、 本体のボタンを使っ てオートスタンバイ機能を切ること ができます。 (電源) ボタンを押して、 1 / 電源を入れる。 2 シフトボタンを押しなが ら、 /タイマー設定ボタン 時計 を押す。 「PLAY SET」 が点滅するときは、 /ボタンを繰り返し押して 「CLOCK」 を選び、 ボタンを 押してください。 1 本機の電源が入っているとき に、AUTO. STBY OFF」 「 が表 示されるまで本体の/ボタ ンを押し続ける。  オートスタンバイ機能を 「オン」 にす が表示さ るには、AUTO. STBY ON」 「 れるまで本体の/ボタンを押し 続けてください。 3 /ボタンを繰り返し押し て 「時」 を合わせ、 ボタン を押す。 せ、 ボタンを押す。 と同じ手順で 「分」 を合わ 4 「時」 ご注意  オー トスタンバイ機能を有効にしていても、 20 FM、AMファンクションをお使いのときは 無効となり、 スタンバイモー ドへ移行しま せん。 トスタンバイ機能を有効にしていても、  オー 次の状態のときにはスタンバイモー ドへ移 行しません。  音声信号を検出したとき。  曲を再生しているとき。  再生タイマーまたはスリープタイ マー開始のための処理が始まったと き。 トスタンバイ機能を有効にした状態で  オー 次の操作を行うと、 トスタンバイモー オー をリセッ ト ドへ移行するまでの時間 30分) ( して再カウン トします。  iPod/iPhoneを接続したとき。  本体またはリモコンの操作ボタンを 押したとき。  再生タイマーまたはスリープタイ マーが開始したとき。 準 備 21 CDを聞く を再生する  (オープン/クローズ) CD/MP3ディスク ディ 3 レーベル面を手前にして、 スクをセットする。  ディスクの中心付近をディスクが固 定されるまで手で押さえながらセッ トします。 レーベル面 1 CDファンクションボタン を押す。  本体では、 ファンクションボタン を表 を繰り返し押して表示窓に CD」 「 示させます。 2 本体の(オープン/クロー ズ) ボタンを押してCDスラ イドドアを開く。 4 本体の(オープン/クロー ズ) ボタンを押してCDスラ イドドアを閉じる。 表示窓に READING」 「 が点滅しま す。 5 ボタンを押す。  本体では、ボタン を押します。 22 その他の操作 こんなときは 操作 ディスクを取り出すには ディスクの再生が停止している状 態で、 本体の(オープン/クロー ズ) ボタンを押してCDスライ ドドアを開きます。 ディスクの中心付近を押さえなが ら、 ディスクの端からゆっくりと 取り出します。 ご注意  CDスライドドアが開いた状態で一定時 間が経過すると、 本機は自動的にCDスラ イドドアを閉じます。 (ハート型、 カード型、 星型な  特殊な形状 ど) のディスクを挿入しないでください。 内部でディスクが落ち込み、 修復不能な 損傷を本機に与えるおそれがあります。  CDスライドドアが開いた状態で/ボタ ンを押すと、 本機は自動的にCDスラ イドドアを閉じます。 接  テープやシールの貼られたディスク、 着剤ののりが付着したディスクなどは、 故障するおそれがあるため、 本機では使 わないでください。 記録面に触  ディスクを取り出すときは、 れないようご注意ください。 一時停止する ボタン(本体で はボタン) を 押す。もう一度押す と再生を再開します。 再生を止める ボタンを押す。 曲を選ぶ /ボタン または/ボタン を押す。 C D を 聞 く 曲中の聞きた 再生中に/ボ い部分を探す タン(本体では /ボタン) 、 または/ボタン を押し続け、 聞きた いところで指を離す。 曲を繰り返し リピートボタンを 聞く 繰り返し押して、 「 」全曲リピート ( 再生) または 「 1」1 ( 曲リピート再生) を 点灯させる。 MP3ディスク +/ボタンを 内のフォルダ 繰り返し押す。 を選ぶ ディスクを取 本体のボタンを り出す 押す。 再生モードを変えるには ディスクの停止中に再生モードボタ ンを繰り返し押して、 再生モード を切り換えます。再生モードは、 以下 のとおり切り換わります。 ノーマル再生「なし」 ( または FLDR」 「 点灯*) →シャッフル再生「SHUF」 ( ま たは FLDR SHUF」 *) 「 点灯 →プログラ ム再生「PGM」 ( 点灯) 次のページにつづく  23 再生モード * 「FLDR」 または FLDR SHUF」 「 を選択して いるときは、MP3ディスク内の選択し たフォルダ (アルバム) を再生対象にし ます。このとき、 フォルダ内の全曲が再 生されます。 が再生対象のと CD(CD-DAディスク) きは、 ノーマル再生 「なし」 またはシャッ と同じ動作となります。 フル再生 SHUF」 「 「PUSH STOP」が表示されたときは 再生中は再生モードの変更はできま せん。停止してから再生モードを変 更してください。 リピート再生についてのご注意  「 」 再生を停止するまで全曲を繰り は、 返し再生します。 「 1」 再生を停止するまで再生中の1 は、  曲だけを繰り返し再生します。 「 の拡張子を持って  ファイル名に . mp3」 いても、MP3形式のオーディオファイル でない場合には再生されません。このよ 大音量のノイズ うなファイルの再生は、 となり、 本機の故障の原因となることが あります。  MP3ディスクに対する本機の上限は次の とおりです。  最大フォルダ数:255*(ルートフォ ルダ含む)  最大ファイル数:512  1つのフォルダ内で認識可能な最大 ファイル数:512  認識可能な最大階層 (フォルダ) レベ ル:9  本機は、 エンコードソフトウェアや書き 込み用ソフトウェア、 CD-R/RWドライブ、 使用メディアなど、MP3ディスクの作成 に必要な機器やソフトウェアのすべてを 保証するものではありません。作成した MP3ディスクが本機での再生に適さない 場合、 ノイズが再生される、 再生が途切れ る、 まったく再生されないなど、 不具合が 発生するおそれがあります。 空 * MP3ファイルが存在しないフォルダ、 フォルダも含まれます。フォルダ構成に よっては本機で認識できるフォルダ数が 少なくなる場合があります。 シャッフル再生についてのご注意  SHUF」 ディスク内の全ての曲を 「 は、 は、 シャッフル再生します。FLDR SHUF」 「 選択しているフォルダ内の曲をシャッフ ル再生します。 選択していた  本機の電源を切ると、 または シャッフル再生モード「SHUF」 ( ) ノーマ 「FLDR SHUF」はリセットされ、 ) ル再生「なし」 ( または FLDR」モードと 「 なります。 MP3ディスクについてのご注意  MP3ディスク作成の際には、 不要なフォ ルダやファイルをMP3ファイルといっ しょに記録しないでください。  フォルダ内にMP3ファイルが存在しない 場合は、 このフォルダは表示されません。 「 の拡張子を持つ  ファイル名に . mp3」 オーディオファイルのみが再生対象とな ります。 24 好きな順に 曲を聞く (プログラム再生) リモコンのボタンを使ってプログラ ム登録をします。 4 曲を選ぶ。  /ボタンを繰り返し押して、 プログラムしたい曲を選びます。 選んだ曲番 プログラムした 曲の総演奏時間 C D を 聞 く  表示窓の右側に表示される総演奏時 間には、 現在選んだ曲の総演奏時間も 含まれます。 5 ボタンを押す。 選択した曲がプログラムに登録さ れます。  プログラムした曲の総演奏時間が 100分になった場合や、MP3ファイ ルをプログラムした場合には 「 .  」 と表示されます。 6 手順3 ∼ 5を繰り返してプロ グラムする。  最大25曲までプログラムできます。 「FULL」が表示されたときは 26曲目を登録しようとしています。 「プログラムを消すには」(26ペー ジ) をご覧になり、 プログラムを消 してから登録し直してください。 1 CDファンクションボタン を押す。  本体では、 ファンクションボタン を表 を繰り返し押して表示窓に CD」 「 示させます。 7 ボタンを押す。 2 停止中に再生モードボタン ( 3 フォルダを選ぶ MP3ディス  プログラム再生が始まります。 を繰り返し押して PGM」 「 を点 灯させ、 プログラム再生モード を選ぶ。 クのみ) 。 +/−ボタンを繰り返し押して、 プログラムしたいフォルダを選びま す。  本体では、ボタンを押します。 ディスクを取  登録したプログラムは、 り出したり、ACアダプターを抜かな い限り保持されます。 同じプログラムを  プログラム再生後、 再生するには、ボタンを押し ます。 次のページにつづく  25 モードボタンを繰り返し押します。 プログラム再生を中止するには 停止中に、PGM」 「 が消えるまで再生 プログラムを消すには 停止中にクリアボタンを押します。 ボタンを押すたびに、 最後にプログラ ム登録した曲から消えます。 登録していたプログラムをすべて消 去すると、NO STEP」 「 が表示されま す。 26 を聞く iPod/iPhoneの曲 曲を再生する iPod/iPhoneの iPod/iPhone 本機にiPod/iPhoneを接続して、 iPod/iPhoneの音楽を再生すること ができます。曲の再生や停止など、 本 機のボタンを使ってiPod/iPhoneを 操作することもできます。 対応iPod/iPhoneモデ ル 本機で使用できるiPod/iPhoneは次 のとおりです。 (第5世代) iPod touch * (第 iPod nano 7 世代) iPhone 5 の 曲 を 聞 く 1 iPodファンクションボタン を押す。  本体では、 ファンクションボタン を を繰り返し押して表示窓に iPod」 「 表示させます。 2 iPod/iPhoneを本体の る。 * リモコンのツールメニュー、 、 、 、 、 iPodコネクター に接続す 、 戻るボタンで iPod nano (第 7 世代) の操作 は行えません。 「 と 「Made for iPod」 Made for iPhone」 は、 それぞれ iPod、 iPhone 専用に接続す るよう設計され、 アップルが定める性能基 準を満たしているとデベロッパによって認 定された電子アクセサリであることを示し ます。 アップルは、 本製品の機能および安 全および規格への適合について一切の責任 又は を負いません。 本製品を iPod、 ワイヤレス機 iPhone と共に使用すると、 能に影響を及ぼす可能性があります。 再生を 3 ボタンを押して、 開始する。  本体では、ボタンを押します。 次のページにつづく  27 その他の操作 本体またはリモコンのボタンを使っ て以下の操作ができます。 こんなときは 操作 一時停止する ボタン(本体 ではボタン) 、 ボタンまたは ボタンを押す。 曲を選ぶ、 /ボタン オーディオ を押す。 ブックやポッ ドキャスト データのチャ プターを選ぶ 曲中の聞きた 再生中に/ボ い部分を探す、タン(本体では オーディオ /ボタン) ブックやポッ を押し続け、 聞きた ドキャスト いところで指を離す。 データの聞き たい部分を探 す ご注意  お使いのiPod/iPhoneによっては、 本機 での操作に対する動作が異なる場合が あります。  iPod/iPhoneを抜き挿しするときは、 iPodコネクター の角度に沿って まっすぐ抜き挿ししてください。また、 iPodコネクター が破損するおそれが あるため、iPod/iPhoneをひねったり、 反らせないようご注意ください。  iPod/iPhoneを接続したままの状態で、 本機を移動しないでください。故障の 原因となることがあります。  iPod/iPhoneを抜き挿しするときは、 本機をしっかり手で押さえ、iPod/ iPhoneの操作ボタンを誤って押さない ようご注意ください。 本体またはリモコンの音量+/  音量は、 ボタンを使って調節してください。  iPod/iPhoneの使用については、iPod/ iPhoneに付属されている取扱説明書も ご覧ください。  本機でのiPod/iPhoneの使用により、 iPod/iPhoneに保存されているデータ が万が一消去したり、 あるいは変更され た場合、 弊社は一切の責任を負いかねま すのであらかじめご了承ください。 iPod/iPhone ボタンまたは の表示窓で、 ボタンを押す。 メニュー項目 や再生する曲 を選ぶ iPod/iPhone /ボタンを押す。 の表示窓でメ ニュー画面を 上下にスク ロールする iPod/iPhone 戻るボタン、 ツー の表示窓で、 ルメニューボタン リスト画面の またはボタンを 前の画面に戻 押す。 る 28 る iPod/iPhoneを充電す 本機は、 本機の電源が入の状態のとき にiPod/iPhoneをiPodコネクター  に接続すると、 自動的に充電を開始し ます。 iPod/iPhone充電中の状況について は、iPod/iPhoneの表示窓に表示さ れるバッテリーアイコンを確認して ください。 充電を終了するときは、 本機から iPod/iPhoneを取りはずしてくださ い。 29 iPod/iPhone の 曲 を 聞 く その他の操作と設定 3 +/ボタンを押す。 ラジオを聞く 表示窓の周波数表示の数字が動き 始めます。  本体では、 選局+/−ボタンを押し ます。 ラジオ局を受信すると自動的 に止まり、TUNED」受信中) 「 ( と 「STEREO」FMステレオ放送の ( ときのみ) が点灯します (オート チューニング) 。 「TUNED」 が点灯せずラジオ局を 受信できなかったときは、ボタ ンを押して、 以下の手順に従っ て手動で選局することもできます。 手動で選局する場合 (マニュアル チューニング) 選局モードボタンを繰り返し を表示させ、 押して、MANUAL」 「 +/ボタンを繰り返し押して、 聞きたいラジオ局の周波数に合わ せます。 ちょっと一言 ラジオ局を受信する 1 FMファンクションボタン、 またはAMファンクションボ タンを押して、 ラジオ局を 選ぶ。  本体では、 ファンクションボタン を繰り返し押して、 表示窓に または TUNER AM」 「 を 「TUNER FM」 表示させます。 FMステレオ放送の雑音を低減するに は、FM モードボタンを繰り返し押して を表示させ、 モノラル受信に切り 「MONO」 換えてください。 「MONO」 4秒間表示されます。 が 2 選局モードボタンを繰り返 し押して AUTO」 「 を表示させ る。  ボタンを押すたびに AUTO」 「 → → の順に選局 「PRESET」「MANUAL」 モードが切り換わります。 30 ラジオ局を登録する お好みのラジオ局を登録しておくこ とができます。 1 登録したいラジオ局を受信する。 2 放送局登録ボタンを押す。 外部機器を プリセット番号 接続して聞く 3 +/ボタンまたは/// プリセット番号7以降に登録したラ ジオ局は、 選局モードボタンを繰 り返し押して PRESET」 「 を表示させ、 聞きたいラ +/ボタンを押して、 ジオ局のプリセット番号を選びます。 そ の 他 の 操 作 と 設 定 ボタンを繰り返し押して、 プリセット番号を選ぶ。  本体では、 選局+/−ボタンを押し ます。  プリセット番号1 ∼ 6に登録したラ ジオ局は、 リモコンのチューナーメモ ボタンに自動的 リー番号 1 ∼ 6) ( に登録されます。  すでに登録済みのプリセット番号を 選んだ場合は、 新たに受信しているラ ジオ局の登録に置き換わります。 4 ボタンを押して、 登録を 決定する。 音 1 音量−ボタンを押して、 量レベルを下げる。 「COMPLETE」 が表示されます。 5 手順1 ∼ 4を繰り返して他の まで登録することができます。 ラジオ局を登録する。  FM放送は20局まで、AM放送は10局 2 別売りの外部機器を外部入力 端子(17ページ) に接続す る。  別売りのオーディオ接続コードを 使って、 外部機器のオーディオ出力端 子に接続します。 ンクションに設定されている状態で、 リモコンのチューナーメモリー番号 (1 ∼ 6) ボタンを押してください。 登録したラジオ局に切り換わります。 登録したラジオ局を聞くには プリセット番号1 ∼ 6に登録したラ ジオ局は、 本機がFMまたはAMファ 3 外部入力ファンクションボタ ン押す。 次のページにつづく  31  本体では、 ファンクションボタン を繰り返し押して表示窓に AUDIO 「 を表示させます。 IN」 4 外部機器の再生を始める。 音量を調節する。 表示窓の表示を 切り換える  再生が始まったら、 外部機器側の音量 を調節してください。 5 音量+/ボタンを押して、 ご注意 外部機器の音量が小さすぎると、 本機の オートスタンバイ機能によって自動的にス タンバイモードに移行します。詳しくは、 「オートスタンバイ機能について」 20ペー ( ジ) をご覧ください。 こんなときは 操作 表示窓で情報 電源 「入」 時に、 表示 を見る* 切換ボタンを繰り 返し押す。 電源 「切」 時に 電源 「切」 時に、 表示 時計を表示す 切換ボタンを繰り る 返し押す。約8秒間 時計が表示されます。 * 音質を調整する 好みの音に合わせてバスブーストや サウンド効果を設定します。 CDやMP3ディスクの再生中は次のよう な情報を見ることができます。 CD-DAディスクの場合  再生している曲の残時間  総残時間 MP3ディスクの場合  曲名「 」 ( ) ( )  アーティスト名「 」 」)  アルバム名(「 バスブーストを設定する バスブースト (低音増強) を設定しま す。BASS BOOSTボタンを繰り返 して押して ON」 「 または OFF」 「 を設定 します。 サウンド効果を設定する SOUND EFFECTボタンを繰り返 し押してお好みのサウンドを選択し ます。ボタンを押すたびに ROCK」 「 → POP」「JAZZ」「FLAT」 「 → → の順に 切り換わります。 表示に関するご注意  本機で表示できない文字があった場合、 アンダースコア _) ( に置き換えて表示さ れます。  以下の情報は表示されません。  MP3ディスクの総演奏時間および残 り時間  曲 MP3ファイル) ( の残り時間  以下の情報は正しく表示されないことが あります。  VBR(Variable Bit Rate) の設定でエ ンコードされたMP3ファイルの再生 経過時間 32  に準拠していないフォルダ名、 ファイ ル名  以下の情報は表示されます。 (  CD-DAディスクの総演奏時間 PGM モード以外での停止中) ( の残り時間  曲 CD-DAトラック) (ノーマル  CD-DAディスクの残り時間 再生モードでの再生中)  MP3ファイルのID3タグの情報。ID3 のバージョン1とバージョン2のタグ が混在して使われている場合は、 バー ジョン2のタグ情報が優先的に表示さ れます。  ID3タグの先頭から最大64文字。表示 可能な文字の種類は、 大文字 A ∼ Z) ( 、 小文字 a ∼ z)小文字は大文字で表 ( ( 示されます)数字 0 ∼ 9)記号 ˝ $ 、 ( 、 ( で % ’( ) * + , – . / < = > @ [ \ ] _ ` ?) す。 ISO9660 Level 1/Level 2または Jolietの拡張フォーマットの命名規則 タイマーを使う 本機のタイマー機能には、 スリープタ イマーと再生タイマーの2種類があり ます。 再生タイマーが働いているときにス リープタイマーを使うと、 スリープタ イマーが優先されます。 タイマーの設定は、 リモコンのボタン で行います。 そ の 他 の 操 作 と 設 定 次のページにつづく  33 スリープタイマーを設 定する 指定した時間が経過すると自動的に 本機の電源を切ります。本機の時計 を合わせていない状態でも使用でき ます。 スリープタイマーを設定する場合 は、 シフトボタンを押しながら、 ス リープボタンを繰り返し押して設 定時間を選択します。ボタンを押す たびに、 設定時間が90分∼ 10分まで 10分ごとに表示されます。スリープ タイマーを中止したい場合は、OFF」 「 を選択します。 2 シフトボタンを押しなが 3 再生タイマーを選ぶ。 ら、 時計/タイマー設定ボタン を押す。  /ボタンを繰り返し押して 「PLAY SET」 を選び、 ボタンを押 す。 開始時刻の時間が点滅します。 4 開始時刻を設定する。  /ボタンを繰り返し押して 「時」 を設定し、 ボタンを押します。 分表示が点滅したら、 同様に 「分」 を設 定します。 「分」 の設定が終わると、 終了時刻 の設定に切り換わります。 再生タイマーを設定す る 指定した時刻に毎日自動的に音源を スタートさせ、CDやMP3ディスク からの音楽やラジオを聞くことがで きます。 設定の前に、 本機の時計を合わせてく ださい。 5 手順4と同様の手順で終了時 刻を設定する。 「TIME NG」が点滅表示された ときは 開始時刻と終了時刻が同時刻に なっています。終了時刻を設定し 直してください。 6 音源を選ぶ。 1 音源を準備する。 34  音源を準備し、 音量+/ボタンを 押して音量を調節します。音源とし て指定できるのは、CD、iPod、FM、 AMファンクションです。  ディスクの好きな曲だけを再生した いときは、 プログラム登録をしてくだ さい。詳しくは、好きな順に曲を聞 「 く」25ページ) をご覧ください。 ( オート  ラジオ局を音源にするときは、 チューニング、 マニュアルチューニン グ、 登録済みのプリセットのいずれか の方法で、 事前にお好みのラジオ局に 周波数を合わせてください 30ペー ( ジ) 。  /ボタンを繰り返し押して音源 を選び、 ボタンを押します。音 源として指定できるのは、FM、AM、 CD、iPodファンクションです。 音源の設定が終わると、 再生タイ マーの設定確認が表示されます。 電源を 7 /ボタンを押して、 切る。  音源をFM、AMに指定している場合 音 は、 タイマー開始時刻の約15秒前、 源をCD、iPod/iPhoneに指定してい る場合は、 タイマー開始時刻の約30 秒前に自動的に電源が入ります。 再生  開始時刻に電源が入っていると、 タイマーは働きません。電源が入り 音源の再生が始まるまで、 本機の操作 はしないでください。 タイマーの設定を確認するに は 1 シフトボタンを押しながら、 時 計/タイマー設定ボタンを押す。 2 /ボタンを繰り返し押して、 「SELECT」 を選び、 ボタンを 押す。  再生タイマーの音源に、 プリセット番号 に登録済みの放送局から選択してラジオ 放送局を指定した場合、 再生タイマーを 設定した後にラジオ局の周波数やバンド を変更しても、 再生タイマーに (FM/AM) は反映されません。再生タイマー設定時 の放送局に固定されます。 iPod/iPhoneについてのご注意  再生タイマーを使用するときは、iPod/ iPhoneが再生されていないことを確認 してください。  お使いのiPod/iPhoneの状態によっては、 本機で再生タイマーを設定しても動作し ない場合があります。 そ の 他 の 操 作 と 設 定 3 /ボタンを繰り返し押して、 「PLAY SEL」 を選び、 ボタン ちょっと一言 再生タイマーは、 手動で中止しないかぎり、 タイマーの設定を保持します。 を押す。 タイマーの設定が表示されます。 タイマーを中止するには 1 シフトボタンを押しながら、 時 計/タイマー設定ボタンを押す。 2 /ボタンを繰り返し押して、 「SELECT」 を選び、 ボタンを 押す。 3 /ボタンを繰り返し押して、 「OFF」 を選び、 ボタンを押す。 設定を変更するには 再生タイマーの設定をやり直してく ださい(34ページ) 。 ご注意  再生タイマーの音源に、 オートチューニ またはマニュアルチュー ング AUTO) ( を利用してラジオ放 ニング MANUAL) ( 送局を指定した場合、 再生タイマーを設 定した後にラジオ局の周波数やバンド を変更すると、 再生タイマー起 (FM/AM) 動時の周波数やバンドも変更されます。 35 使用上のご注意・ 主な仕様 以外のフォーマットの Layer-3) オーディオファイルが記録された CD-RおよびCD-RWディスク 使用上のご注意 再生できるディスク  音楽用CD   円形以外の特殊な形状 (カード型、 ハート型、 星型など) をしたディスク  紙やシールの貼られたディスク  中古ディスクやレンタルディスク で、 セロハンテープやレンタルディ スクのラベルなどの接着剤がはみ 出したり、 はがしたあとのあるディ スク  盤面印刷で作成したラベルのイン クが乾いていないディスク CD-R/CD-RW(CD-DAトラック またはMP3ファイルの音楽データ) データのないCD-R/CD-RWディ スクを使用しないでください。 ディスクにダメージを与えるおそ れがあります。 CDの取り扱いかた  ふだんのお手入れは、 柔らかい布で ディスクの中心から外の方向へ軽 く拭きます。汚れがひどいときは、 少し湿らせた布で拭いたあと、 乾い た布で水気を拭き取ってください。 ベンジンやレコードクリーナー、 静 電気防止剤などは使わないでくだ さい。  直射日光が当たる場所、 車やトラン クの中など、 高温になるところには 置かないでください。  市販のCDレンズ用クリーニング ディスクは、 本機では使わないでく ださい。 故障するおそれがあります。 設置時のご注意  ぐらついた台の上や不安定な場所、 振動する場所、 ほこりの多い所、 直 射日光が当たる場所、 湿度が高い所、 湿気の多い所、 風通しの悪い場所、 極端に寒い所などには、 本機を設置 しないでください。  特殊な塗装、 ワックス、 油脂、 溶剤な どが塗られている場所に、 本機を設 置すると、 変色、 染みなどが残るこ 再生できないディスク  CD-ROM  音楽CDの規格に準拠していない 形式で記録されたCD-Rおよび CD-RWディスク、ISO9660 Level 1/Level 2またはJolietのフォー マットに準拠しないCD-Rおよび CD-RWディスク  マルチセッション方式で記録して、 セッションクローズ処理をしてい ないCD-RおよびCD-RWディスク  記録品質の悪いCD-Rおよび 傷、 CD-RWディスク、 汚れのある 互 CD-RおよびCD-RWディスク、 換性のないレコーダーで記録した CD-RおよびCD-RWディスク  書き込み用ソフトウェアやレコー ダーによる 「ファイナライズ処理」 が正常に終了していないCD-Rおよ びCD-RWディスク  ( MP3形式 MPEG 1 Audio 36 とがあります。  部屋の暖房を入れた直後など、 内部 のレンズに水滴がつくことがあり ます (結露) 。正常に動作しないば かりでなく、 ディスクや部品を傷め ることがあるので、 本機を使わない ときは、 ディスクを取り出してくだ さい。結露が生じたときは、 ディス クを取り出して、 電源を入れたまま 約1時間放置し、 再び電源を入れ直 してください。もし何時間たって も正常に動作しないときは、 ソニー の相談窓口にご相談ください。 後に再び電源を入れてください。そ れでも色むらが残る場合は、 本機をさ らにテレビから離してください。 お手入れのしかた キャビネットやパネル面の汚れは、 中 性洗剤溶液を少し含ませた柔らかい 布などで拭いてください。シンナー、 ベンジン、 アルコールなどは表面を傷 めるので、 使わないでください。 重要 機器の名称や電気定格などは、 底面に 表示されています。 AC アダプターについてのご注意  ACアダプターは、 お手近なコンセ 使 用 上 の ご 注 意 ・ 主 な 仕 様 ントを使用してください。使用中、 不具合が生じたときは、 すぐにコン セントからプラグを抜き、 電源を遮 断してください。 狭い場所に設置して使用しないで ください。  AC アダプターを壁との隙間などの 使用時の放熱について  使用中、 本体の温度が上昇すること がありますが、 故障ではありません。  大音量で鳴らし続けると、 本体キャ ビネットの天板や側面、 底面が熱く なることがあります。このような ときは、 火傷などのけがの原因とな るため、 キャビネットなどに触れな いでください。 テレビの色むらについて 本機のスピーカーは防磁型ではあり ません。そのため、 本機をテレビのそ ばで使うと、 テレビ画面に色むらが起 こります。テレビから離してお使い ください。色むらが起きたら、 いった んテレビの電源を切り、15 ∼ 30分 37 故障かな?と思ったら 本機を使用中にトラブルが発生した場合は、 ソニーの相談窓口にご相談になる 前に、 もう一度下記の流れに従ってチェックしてください。メッセージ一覧 41 ( ページ) も合わせてご覧ください。メッセージなどが表示されている場合は、 書 きとめておくことをおすすめします。 手順1 本書で調べる この 「故障かな?と思ったら」 をチェックし、 該当する項目を調べる。 本書の手順の中にも、 様々な情報があります。該当する項目を調べてください。 手順2  「サポート・お問い合わせ」 のホームページで調べる 最新のサポート情報や、 よくあるお問い合わせとその回答を掲載しています。 http://www. sony. jp/support/netjuke/で調べる。 手順3 それでもトラブルが解決しないときは ソニーの相談窓口 (裏表紙) またはお買い上げ店にご相談ください。 ご相談になるときは次のことをお知らせください。      型名:CMT-V10iPN 故障の状態:できるだけ詳しく 故障したときに再生していた音源 (ディスクやiPod/iPhoneなど) : 購入年月日: お買い上げ店: 38 共通 電源が入らない。   ブーンという音がする、 ノイズがひどい。  テレビやビデオなどのノイズの原 因になりやすい機器から本機を離 して設置してください。  ACアダプターがコンセントにしっ かり差し込まれていますか? ACアダプターのDCプラグが本体 にしっかりと差し込まれています か? ACアダプターを別のコンセントに 接続してみてください。  付属品と異なるACアダプターを本 体に接続していませんか? 気がつくと表示が消え、 スタンバイ モードになっている。  本機のオートスタンバイ機能に よって、 無操作または無音の状態が 30分経過すると自動的にスタンバ イモードに移行します。詳しくは、 「オートスタンバイ機能について」 をご覧ください 20ページ) ( 。 時計設定や再生タイマーの操作が突 然キャンセルされる。  無操作の時間が約1分経過すると、 時計設定と再生タイマーの操作は 自動的にキャンセルされます。始 めから操作をやり直してください。 音が出ない。  音量+ボタンを押して音量を上 げてください。  ヘッドフォン端子にヘッドフォン を接続していませんか?  外部入力端子に外部機器を正しく 接続していますか?  本機のファンクションを、 外部入力 (AUDIO IN) に切り換えています か?  一時的にラジオ局が放送を中止し ている場合があります。  別売りのノイズフィルターをACア ダプターへ装着することをおすすめ します。ノイズが低減できる場合が あります。 リモコンで操作できない。  リモコンと本体の間の障害物を取 り除き、 本体を蛍光灯から離して設 置してください。 使 用 上 の ご 注 意 ・ 主 な 仕 様  リモコンを本体のリモコン受光部 に向けてください。  リモコンを本体に近づけて操作し てください。 CD/MP3ディスク ディスクやファイルを再生できない。 「ファイナライズ処理」 が行われて いないディスク (書き込み済みの さらに書き込み CD-RやCD-RWで、 が可能な状態のディスク) 音飛びする、 再生が始まらない。  ディスクが汚れている、 またはディ スクに傷がついている。汚れの場 合は、 拭き取ってください。  振動のない場所 (安定した台の上な ど) に本機を設置してください。 再生が1曲目から始まらない。  シャッフル再生、 またはプログラム 再生になっていないか確認してく ださい。停止中に再生モードボタ ンを繰り返し押すと、 表示窓の 次のページにつづく  39 「PGM」 または SHUF」 「 が消え、 ノー マル再生に戻すことができます。 再生が始まるまでに時間がかかる。 ディスクの再生が  次のような場合、 始まるまでにしばらく時間がかか ることがあります。  ディスク上のファイル構造が極 端に複雑になっている。  マルチセッション形式で記録し たディスク  フォルダ数が多いディスク  iOSアプリケーションを終了してく ださい。詳しくは、 お使いのiPod/ iPhoneに付属されている取扱説明 書をご覧ください。 iPod/iPhoneがiPodコネクター  に正しく接続されているかどうか 確認してください。 iPod/iPhoneが最新のソフトウェ アに更新されているかどうか確認 してください。  iPod/iPhone  iPod/iPhoneを再生できない。 iPod/iPhoneがiPodコネクター  に正しく接続されているかどうか 確認してください。  本機のリモコンや本体の操作ボタ ンを使ってiPod/iPhoneを操作で きない場合があります。その場合 は、iPod/iPhoneの操作ボタンを 使って操作してください。  iPod/iPhoneが充電されない。 iPod/iPhoneがiPodコネクター  に正しく接続されているかどうか 確認してください。 本 iPod/iPhoneを充電するときは、 機の電源を入れてください。  は、 再生を停止してから本機に接続 してください。 iPod/iPhoneを再生している場合  iPod/iPhoneが最新のソフトウェ アに更新されているかどうか確認 してください。  音量+ボタンを押して音量を上 げてください。  音が歪む。  iPod/iPhoneがiPodコネクター  に正しく接続されているかどうか 確認してください。  音量−ボタンを押して音量を下 げてください。  iPod/iPhoneのイコライザ設定を 「Off(オフ)または Flat(フラッ 」 「 ト)にしてください。 」  満充電にならない場合は、 オートス タンバイ機能を切ってから充電し てください 20ページ) ( 。 ラジオ 雑音が入る「TUNED」 ( や 「STEREO」 が点滅する)または放送 、 が受信できない。  アンテナを正しく接続してください。  受信状態のよい場所や方向を探し、 アンテナを設置し直してください。  アンテナを本体や他のAV機器から 離してください。  本機の近くにある電気器具の電源 を切ってください。  iPod/iPhoneが動作しない iPod/iPhoneで起動中のすべての 40 複数の放送局が同時に聞こえる場合。  アンテナの場所や方向を調整して アンテナを設置し直してください。  アンテナを (コードクリップなどを 使って) 束ね、 長さを調整してくだ さい。 メッセージ一覧 本機の使用中に、 次のようなメッセー ジが表示、 または点滅することがあり ます。 お買い上げ時の状態にリセッ トするには 「故障かな?と思ったら」 の該当項目 をチェックしても正常に動作しない 場合は、 次の手順で本機をお買い上げ 時の状態にリセットしてください。 本体のボタンを使ってリセットを行 います。 COMPLETE FM/AM局のプリセット登録が正常に 完了した。 CONNECT 接続したiPod/iPhoneを認識中です。 DEVICE ERROR  iPod/iPhoneを本機から抜いて、 再 使 用 上 の ご 注 意 ・ 主 な 仕 様 1 ACアダプターをコンセントから抜 き、 再度接続して、 電源を入れる。 び接続し直してください。  本機で認識できないデバイスを接 続した。 2 ボタンと本体の/ボタン を RESET」 「 が表示されるまで押 FULL し続ける。 ラジオ局のプリセット設定や時計、 タイマーなどの設定が、 お買い上げ 時の状態に戻ります。リセットを 行ってもまだ正常に動作しない場 合は、 ソニーの相談窓口にご相談く ださい。 プログラム登録中に26曲目を登録し ようとした。 NO DISC ディスクが入っていない、 または本機 では再生できないディスクをセット した。 NO STEP プログラムが登録されていない。 NO TRACK ディスクに本機で再生できるファイ ルが入っていない。 NOT USED 使用できないボタンを押した。 次のページにつづく  41 常を検出した。 iPod/iPhoneを取りはずしたあと本 機の電源を切り、 再び電源を入れ直し てください。それでも問題が解決し ない場合は、 お買い上げ店またはソ ニーの相談窓口 (裏表紙) にご相談く ださい。 電源の異常を検出した。 ACアダプターをコンセントから抜い てください。それでも問題が解決し ない場合は、 お買い上げ店またはソ ニーの相談窓口 (裏表紙) にご相談く ださい。 OVER CURRENT 接続したiPod/iPhoneから電源の異 保証書とアフター サービス 本機は日本国内専用です。電源電圧 や放送規格の異なる海外ではお使い になれません。 保証書  この製品には保証書が添付されています ので、 お買い上げの際、 お買い上げ店でお 受け取りください。  所定事項の記入および記載内容をお確か めのうえ、 大切に保存してください。 お買い上げ日より1年間です。  保証期間は、 PROTECT アフターサービス 調子が悪いときはまずチェックを この説明書をもう1度ご覧になってお調べ ください。 押した。 PUSH STOP CD再生中に再生モードボタンを READING TIME NG ディスクの情報を読み込んでいる。 再生タイマーの設定で、 開始時刻と終 了時刻を同じに設定した。 それでも具合の悪いときは サービスへ ソニーの相談窓口やお買い上げ店、 または 添付の 「ソニーご相談窓口のご案内」 にある お近くのソニーサービス窓口にご相談くだ さい。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させてい ただきます。 詳しくは保証書をご覧ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、 ご 要望により有料修理させていただきます。 部品の保有期間について 当社ではパーソナルオーディオシステムの 補修用性能部品 (製品の機能を維持するた めに必要な部品) 製造打ち切り後8年間 を、 保有しています。 ただし、 故障の状況その他の事情により、 修 理に代えて製品交換をする場合があります のでご了承ください。 42 部品の交換について この製品は、 修理の際に交換した部品を再 生、 再利用する場合があります。その際、 交 換した部品は回収させていただきます。 主な仕様 アンプ部 実用最大出力 5 W + 5 W(8Ω、JEITA*) 入・出力端子 外部入力端子 ステレオミニジャック900 mV (47 kΩ) (ヘッドホン) 端子 ステレオミニジャック8Ω以上 iPod/iPhone接続端子 iPod/iPhone接続用、DC 5V, 1000 mA 使 用 上 の ご 注 意 ・ 主 な 仕 様 CDプレーヤー部 形式 コンパクトディスクデジタルオー ディオシステム 周波数特性 S/N比 80 dB以上 20 Hz ∼ 20 kHz ダイナミックレンジ 80 dB以上 チューナー部 アンテナ端子 FMアンテナ AMループアンテナ 受信周波数 FM:76. 0 MHz ∼ 90. 0 MHz (100 kHzステップ) AM:531 kHz ∼ 1, 602 kHz (9 kHzステップ) 次のページにつづく  43 スピーカー部 形式 フルレンジスピーカー:80 mm コーン型 定格インピーダンス 8Ω その他 電源 ACアダプター) ( 入力:AC 100 V − 240 V、 50 Hz/60 Hz 出力:DC 9. 5 V 1. 8 A 「 ACアダプターは JIS C 61000-3-2適合 品」 です。 消費電力 最大外形寸法 (幅×高さ×奥行き、 最大 突起部含む) 約 400 mm×197 mm× 質量 ( ) 13 W(通常動作時 JEITA*) 114 mm 約 2. 4 kg 規格によ * JEITA(電子情報技術産業協会) る測定値です。 付属品 リモコン 1)/リモコン用単3形 R6) ( ( 乾電池 2)/ ACアダプター(1)/ ( ( /取扱説明書 (本書)1) ( AMアンテナ 1) /ソニーご相談窓口のご案内 1)/ ( 保証書 1)/ユーザー登録カード 1) ( ( 仕様および外観は、 改良のため予告なく 変更することがありますが、 ご了承くだ さい。 待機時消費電力:0. 5W 44 「306」 「#」 + * 4 4 6 2 3 8 2 0 1 * © 2013 Sony Corporation Printed in China 4-462-382-01 (1) [. . . ] [. . . ]

SONY CMT-V10IPNダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY CMT-V10IPNのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag