ユーザーズガイド SONY DR-ZX302VP

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY DR-ZX302VPのユーザマニュアルを入手できます。 SONY DR-ZX302VPのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY DR-ZX302VPのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY DR-ZX302VP : ユーザーガイドを完全にダウンロード (570 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY DR-ZX302VP (786 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY DR-ZX302VP

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 本機を装着する ヘッドバンドの長さを調節して装着してください。 対応する機器 本機はお手持ちのスマートフォンに接続できます。 リモコン / マイクを使う マイクを使ってつないだスマートフォンで通話し たり、音量を調節することができます。 主な仕様 ヘッドホン部 形式 : 密閉ダイナミック型 (耳乗せ型) ドライバーユニット 30 mm、ドーム型 CCAW ボイ : ( スコイル採用) 最大入力 : ( 1, 000 mW IEC*) インピーダンス : 24 Ω 1 kHz にて) ( 音圧感度 : 102 dB/mW 再生周波数帯域 : 10 Hz ∼ 24, 000 Hz 取り扱い上のご注意  落としたりぶつけたりせず、ていねいに扱って ください。  湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所や直射日 光のあたる場所には置かないでください。 乾いた柔らかい布で時々  ユニット部とプラグは、 からぶきしてください。 ユニット部に息を吹きかけないでください。   このヘッドホンは、力を加えたり重さを加えた りしたまま長時間放置すると、変形してしまう おそれがあります。保管するときは、変形しな いようにしてください。 変換コードについて ステレオ ヘッドセット 取扱説明書 左右識別用突起 XperiaTM* などの一部のスマートフォンに本機を接 続すると、マイクが使用できなかったり、充分な 音量が得られないことがあります。その場合は付 属の変換コードを使って接続してください。 マイク 終話 通話 ・ ボタン ご注意 マークは主にヨーロッパ各国などで法律に定めら れた国においてのみ有効です。 本機はデジタルミュージックプレーヤーでの動作 は保証していません。 ボリューム調節 マイク部 は、 * “Xperia” Sony Ericsson Mobile Communications AB の商標または登録商標で プラグ す。 上に回すと音量が 上がります。下に 回すと音量が下が ります。 方式 : インラインマイクロホン 型式 : エレクトレットコンデンサー型 開回路電圧レベル –38 dB 0 dB = 1 V/Pa) : ( 有効周波数帯域 : 20 Hz ∼ 20, 000 Hz コード : プラグ : 質量 : 付属品 : 終話 通話ボタンの使いかた * ・ 4-291-459-03(1) ©2011 Sony Corporation Printed in Thailand 変換コード (付属) スマート フォン  押すと通話できます。通話を終了するにはもう 一度押してください。 * お使いのスマートフォンの種類によって動作が 異なることがあります。 1. 2 m 4極金メッキステレオミニプラグ 約 120 g (コード含まず) 変換コード 1) ( イヤーパッドは消耗品です。破損した場合は、 お買い上げ店、またはソニーの相談窓口にご 相談ください。 万一故障した場合は、内部を開けずに、ソニー の相談窓口、またはお買い上げ店にご相談く ださい。 規格による測定値です。 * IEC( 国際電気標準会議) 本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変 更することがありますが、ご了承ください。 DR-ZX302VP スマートフォン 安全に関するお知らせ 電気製品は安全のための注意事項を守らないと、火災や人身事故になることがあ ります。この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱 いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読みのうえ、製品を安全にお使いください。お読み になったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してください。 保証書とアフターサービス 保証書について  この製品には保証書が添付されていますのでお 買い上げの際お受け取りください。  所定事項の記入および記載内容をお確かめのう え、大切に保存してください。  保証期間はお買い上げ日より1年間です。 製品カスタマー登録のおすすめ お問い合わせ ご相談について ・ ソニーは、 製品をご購入いただいたお 客様のサポー トの充実を図るため製品 登録をお願いしております。 詳しくはウ ェブ上の案内をご覧ください。 パソコンから 交通安全のために 運転中は使用しない 自動車やバイク、自転車などの運転中に、本機は絶対に使わないでください。交通事故の原因となり ます。運転中以外でも、踏切や駅のホーム、車の通る道、工事現場など、周囲の音が聞こえないと危 険な場所では使わないでください。 安全のために アフターサービス 調子が悪いときは この説明書をもう一度ご覧になってお調べくださ い。 http://www. sony. co. jp/avp-regi/ 携帯電話から 2次元コー ド対応のカメラつき携帯電話の 読み取り機能でご利用ください。 ソニー製品は安全に充分配慮して設計されています。しかし、電気製品はすべてまちがった使いかた をすると、火災や感電などにより人身事故になることがあり危険です。事故を防ぐために次のことを 必ずお守りください。  接続先の取扱説明書も必ずお読みください。  安全のために注意事項を守る。  故障したら使わない。  万一異常が起きたら、ソニーの相談窓口またはお買い上げ店に修理を依頼する。  耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聞くと、聴力に悪い影響を与えることがあ ります。耳を守るため音量を上げすぎないようにご注意ください。  音量を上げすぎると音が外に漏れます。まわりの人の迷惑にならないように気をつけましょう。雑 音の多いところでも呼びかけられて返事ができるくらいの音量を目安にしてください。  本機が肌に合わないと感じたときは早めに使用を中止して、医師またはソニーの相談窓口、お買い 上げ店にご相談ください。  本機を使用中に気分が悪くなった場合はすぐに本機の使用を中止してください。 それでも具合が悪いときは ソニーの相談窓口、またはお買い上げ店にご相談 ください。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させていただきま す。詳しくは保証書をご覧ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、ご要望に より有料修理させていただきます。 http://reg. msc. m. sony. jp/avp/ [. . . ] [. . . ]

SONY DR-ZX302VPダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY DR-ZX302VPのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag