ユーザーズガイド SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2のユーザマニュアルを入手できます。 SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (3757 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2 WI-FIƩ (366 ko)
   SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2 (21645 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 2 お使いになる前に必ずお読みください. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 . 準備する 付属品を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 リストストラップを使う. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 ショルダーストラップ (別売) を使う. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 各部の名前を確認する. 17 バッテリーを取り出す. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19 パソコンに接続して充電する. 21 メモリーカードを取り出す. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . [. . . ] 保証書とアフターサービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 安全のために. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101 主な仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105 索引. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108 「Wi-Fi機能/NFCワンタッチ機能を使 ˎˎWi-Fiを使った機能については別紙の われるお客様へ」 をご覧下さい。 10 JP 「サイバーショットユーザーガイド」 に ついて 「サイバーショットユーザーガイド」 はオンラインで見 るマニュアルです。 本書と併せてご活用ください。 さらに詳しい使い方をご覧頂けます。 1 サポートページにアクセスする。 http://www. sony. jp/support/manual_dsc. html 「ユーザーガイド(HTML)」 を開 2 サイト内で本機の型名を探して く。 型名は本機の底面をご覧ください。 検索エンジンで探す お使いの検索エンジンで 「型名」 ユーザーガイド」 「 、 を入力して検索する こともできます。 JP 11 やりたいことから探す カメラまかせできれいに撮りたい (プレミアムおまかせオート) で撮るモ 29, 39 シーンセレクションで好みのモードを選んで撮るた 43 動画を撮りたい MOVIE 動画) ( ボタンでかんたんに撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61 . 63 動画の記録方式と画質を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62 好みの設定で動画を撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63 薄暗い場所でもブレずに撮りたい (プレミアムおまかせオート) で撮る 29, 39 シーンセレクションの (人物ブレ軽減) 、 (手持ち夜景) (高感度)   、 で撮る感 43 ISO感度を上げる. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 セルフタイマーを使って手ブレを抑える. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 フラッシュを発光する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 . 動いている被写体を撮りたい シーンセレクションの (スポーツ) を使うピ 43 追尾フォーカスでピントを合わせ続ける. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 連続撮影で複数枚撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 シャッタースピードを上げてブレずに撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45 背景をぼかして撮りたい 絞りを好みの設定にして撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44 逆光でもきれい撮りたい (プレミアムおまかせオート) で撮るを 29, 39 フラッシュを発光して撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 12 JP 被写体に近づいて撮りたい シーン認識 (マクロ) で撮る 29 撮影可能な最短距離を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 好みの設定で思いどおりに撮りたい 多彩な機能を設定できる撮影モードにする (撮影モードP/A/S/M) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30, 44, 45, 46 ピントを手動で好みの位置に合わせる. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49 水準器を確認して、 カメラを水平にして撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . 35 気にいった設定をカメラに覚えさせる ( ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 Fn (ファンクション) ボタンで 好みの設定にする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25, 58 かんたんな操作で設定を変更して撮る (マイフォトスタイル) し 57 や り た い こ と か ら 探 す 日付を設定したい/撮影日を入れたい 日付を設定する/変更する. 静止画に撮影日を挿入する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69, 78 パソコンに画像を取り込んで観賞したい 「PlayMemories Home」 をインストールする取 71 「PlayMemories Home」 で画像を パソコンに取り込む. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72 動画のディスクを作成したい AVCHD動画からディスクを作成するW 70 「Wi-Fi機能/NFCワンタッチ機能を使 ˎˎWi-Fiを使った機能については別紙の われるお客様へ」 をご覧下さい。 JP 13 付属品を確認する 万一、 不足の場合はお買い上げ店にご相談ください。 ( ) 内の数字は個数です。 ˎˎリチャージャブルバッテリー パックNP-BX1  1) ( リストストラップを使う 落下防止のため、 ストラップを取 り付け、 手を通してご使用くださ い。 ( ˎˎマイクロUSBケーブル  1) 取付部 ˎˎACアダプター AC-UB10/UB10B/UB10C/UB10D  (1) ショルダーストラップ (別 売) を使う  ストラップアダプターをカメ ラのストラップ取り付け部 (2 箇所) にそれぞれ取り付ける。  ストラップアダプターにショ ルダーストラップ (別売) を取 り付ける。 ( ˎˎリストストラップ  1) ( ˎˎストラップアダプター  2) (本書) 1) (   ˎˎ取扱説明書 ( ˎˎ保証書  1) 14 JP 各部の名前を確認する ( ) 内の数字は参照ページです。  撮影時:W/T ズーム) ( レバー (28、 31) 再生時:インデックス (67)/ 再生ズームレバー (65) 準 備 す る  セルフタイマーランプ (56)/ スマイルシャッターランプ (77)/ AF補助光 (78) (18)  電源/充電ランプ  ON/OFF 電源) ( ボタン (22)  マルチインターフェース シュー  フラッシュ (33) ˎˎフラッシュの近くに指を置か ないでください。 ˎˎフラッシュが発光するときは、 フラッシュ部が自動で上がり ます。 使わないときは手で押し て元に戻してください。 オン オフ  マイク  ストラップ取り付け部 (14)  シャッターボタン (28)  モードダイヤル (39)  コントロールリング (23)  Wi-Fi受信部 (内部) JP 15  レンズ  明るさセンサー  液晶モニター ˎˎモニターを見やすい角度に調 整して、 自由なポジションで撮 影できます。 ˎˎネジの長さが5. 5mm未満の三 脚を使う。 5. 5mm以上の三脚 ではしっかり固定できず、 本機 を傷つけることがあります。  アクセスランプ (21)  メモリーカード挿入口 (21)  バッテリー/メモリーカードカ バー (17、 21)  (Nマーク) N ˎˎ FC機能搭載のスマートフォン と本機を無線接続するときに タッチします。 ˎˎNFC(Near Field Communication)は近距離無 線通信技術の国際標準規格で す。  Fnボタン (25、 58) ( ボタン (61)  MOVIE 動画) (18、  マルチ端子 71) ˎˎこの商品にはマイクロUSB規 格に対応した機器をつなぐこ とができます。 ムービー ファンクション  スピーカー  HDMIマイクロ端子 (26)  MENUボタン  コントロールホイール (23)  (再生) ボタン (65) ボ  / (カメラ内ガイド/削除) タン (27、 68)  バッテリー挿入口 (17)  バッテリー取りはずしつまみ (17、 19)  三脚用ネジ穴 メニュー ˈˈマルチインターフェースシュー対 応アクセサリーについて詳しくは、 専用サポートサイトでご確認くだ さい。 http://www. sony. co. jp/ cyber-shot/support/ アクセサリーシュー対応のアクセ サリーも使用できます。 他社のアク セサリーを取り付けた場合の動作 は保証できません。 16 JP バッテリー充電と使用可能枚数・時間 初めてお使いになるときは、 バッテリーを充電してください。 充電したバッテリーは、 使わなくても少しずつ放電しています。 撮影機 会を逃さないためにも、 ご使用前に充電してください。 1 カバーを開けてバッテリーを入れ る。 バッテリーの向きを確認し、 バッテリー取りはずしつまみを押しながら 入れます。 バッテリー 取りはずしつまみ 準 備 す る 2 カバーを閉じる。 JP 17 (付属) をマイクロUSBケーブル (付属) で 3 本機とACアダプター つなぎ、 ACアダプターをコンセントに差し込む。 コンセントへ 電源/充電ランプ 点灯:充電中 消灯:充電終了 点滅:充電エラー、 または温度が適切 な範囲にないため の充電一時待機 充電時間の目安 約230分で充電できます。 充電中は本機の電源を切った状態にしておいてください。 ˎˎ 残量があるバッテリーも充電できます。 ˎˎ バッテリー (付属) を使い切ってから、 温度25 ℃の環境下で充電したときの ˎˎ 時間です。 使用状況や環境によっては、 長くかかります。 ご注意 一度バッテリーを ˎˎ電源/充電ランプが点滅し充電が完了しなかった場合は、 取りはずし、 再度装着してください。 ˎˎバッテリーの充電は周囲の温度が10℃~ 30℃の環境で行ってください。 本機を使用中、 不具 ˎˎACアダプターは手近なコンセントを使用してください。 合が生じたときはすぐにコンセントからプラグを抜き、 電源を遮断してくださ い。 ACアダプターをコンセントから抜いてください。 ˎˎ充電が終わったら、 電力は ˎˎ本機と付属のACアダプターをつないだ状態で撮影や再生を行っても、 供給されません。 ACアダプターAC-UD10(別売)を使用すると電力が供給され た状態で撮影、 再生を行えます。 18 JP バッテリーを取り出す バッテリー取りはずしつまみをずらす。 バッテリーが押し出されるので、 落下 しないように注意する。 バッテリー取りはずしつまみ 準 パソコンに接続して充電する す る 備 マイクロUSBケーブルを使って、 パソコンからの充電も可能です。 電源を切った状態で繋いでください。 パソコンのUSB端子へ バッテ ˎˎ電源を入れた状態で本機とパソコンを繋ぐと電力が供給され、 リーの消費を心配せずに画像をパソコンに取り込むことができます。 ご注意 以下の点にもご注意ください。 ˎˎパソコンから充電するときは、 ˋˋ電源を接続していないノートパソコンと本機を接続した場合、 ノートパソコンの 電池が消耗していきます。 長時間充電しないでください。 ˋˋ本機をUSB接続したままパソコンの起動、 再起動、 スリープモードからの復帰、 終 了操作を行わないでください。 本機が正常に動作しなくなることがあります。 こ れらの操作は、 パソコンから本機を取りはずしてから行ってください。 ˋˋ自作のパソコンや改造したパソコンでの充電は保証できません。 JP 19 バッテリーの使用時間と撮影/再生枚数 使用時間 静止画撮影 実動画撮影 連続動画撮影 静止画再生 約175分 約45分 約80分 約250分 枚数 約350枚 — — 約5000枚 ご注意 撮影枚数は ˎˎ撮影枚数は満充電されたバッテリーを使用した場合の目安です。 使用方法により減少する場合があります。 以下の条件で撮影した場合です。 ˎˎ撮影枚数は、 ˋˋ当社製の“メモリースティック PRO デュオ”(Mark2) (別売) を使用 ˋˋ温度25℃の環境 CIPA規格により、 以下の条件で撮影した場合です。 ˎˎ静止画撮影時の数値は、 (CIPA:カメラ映像機器工業会、 Camera & Imaging Products Association) ˋˋDISP: [全情報表示] ˋˋ30秒ごとに1回撮影 ˋˋ1回ごとにズームをW側、 T側に交互に最後まで動かす。 ˋˋ2回に一度、 フラッシュを発光する。 ˋˋ10回に一度、 電源を入/切する。 ˋˋ記録設定:60i 17M(FH) 撮影スタンバイ、 電源入/切を繰り返した場合の目安。 ˋˋ実動画撮影:撮影、 ズーム、 ˋˋ連続動画撮影:連続撮影の制限 (29分) により撮影が終了したときは、 再度 MOVIE 動画) ( ボタンを押して撮影を続ける。 ズームなどその他の操作はしない。 CIPA規格により、 以下の条件で撮影した場合です。 ˎˎ動画撮影時の数値は、 DISP を押して表示し ˎˎバッテリー残量が表示されない場合は、 (画面表示切換) てください (35ページ) 。 20 JP メモリーカード (別売) を入れる 本機で使用できるメモリーカードは、 “メモリースティック XC デュオ”、 “メモリースティック PRO デュオ”とSDカードです。 詳しくは91 ページをご覧ください。 1 カバーを開けてメモリーカード (別売) を入れる。 切り欠き部をイラストの向きにして、 入れ てください。 準 備 す る 切り欠きの向きに注意する 2 カバーを閉じる。 メモリーカードを取り出す アクセスランプが消えていることを確 認して、 メモリーカードを押す。 アクセスランプ ご注意 メモリーカードやバッテリーを取り出さないでくだ ˎˎアクセスランプ点灯中は、 さい。 データやメモリーカードが壊れることがあります。 JP 21 日付と時刻を設定する ( ボタンを押す。 1 ON/OFF 電源) 電源が入る。 ON/OFF 電源) ( ボタン [実行] が選ばれていることを確認 2 し、 コントロールホイール中央の を押す。 コントロール ホイール [ が選ばれていることを確認し、 中央のを押す。 3 東京/ソウル] またはホイールを回して 4 コントロールホイールの/を押す、 設定する項目を選び、 /で数値を設定する。 真夜中は12:00AM、 正午は12:00PMとなる。 すべて設定し、 中央のを押す。 5 手順4を繰り返して、 [実行] が選ばれていることを確認し、 中央のを押す。 6 日付と時刻を合わせ直す はじめて電源を入れたときのみ、 自動で日時設定画面が開きます。 日時 を合わせ直すときは、 MENUボタンを押して、 1  [日時設定] を選 び、 日時設定画面を開いてください。 JP 22 操作方法を確認する コントロールホイールの使いかた 撮影時、 コントロールホイールの///には下記の機能が割り当て られています。 また、 コントロールホイールを回して、 撮影モードごとに 必要な設定を即座に変更できます。 DISP 画面表示切換 (DISP)35ページ) ( フラッシュモード (33ページ) 基 本 操 作 を 確 認 す る / / 露出補正 (53ページ) /マイフォトスタイル (57ページ) ドライブモード ˎˎ連続撮影/ブラケット(55ページ) ˎˎセルフタイマー(56ページ) 選択枠 ˎˎコントロールホイールを回したり上下左右を押したりすると、 を動かすことができます。 選んだ項目は中央のを押すと決定されま す。 本書ではコントロールホイールの上下左右を押す動作を ///で表現しています。 コントロールホイールの/を押す、 またはホイールを回 ˎˎ再生時に、 すことで前/次の画像を表示することができます (65ページ) 。 ˎˎ撮影時の/ボタンにはお好みの機能を割り当てることができます (81ページ) 。 コントロールリングの使いかた コントロールリングを 回したときの機能 コントロールホイール を回したときの機能 Av:絞り値 Tv:シャッタースピード コントロールリング JP 23 コントロールリングを回して、 撮影モードごとに必要な設定を即時に変 更できます。 よく使う機能を割り当てることもできます (59ページ)。 24 JP Fn (ファンクション) ボタンで選ぶ Fn (ファンクション) ボタンにはよく使う機能を7つまで登録しておくこ とができ、 撮影時に各機能の設定を変更できます。 (ファンクション) 1 撮影画面でFn ボタンを押す。 Fn (ファンクション) ボタン (ファンクション) ボタンを繰り 2 Fn 返し押す、 またはコントロールホ イールの/で設定する機能を 選ぶ。 操 作 を 確 認 す る 基 本 3 コントロールホイールまたはコン トロールリングを回して希望の設 定を選び、 中央のを押す。 さらに微調整可能な場合は、 コントロールホイール のを押して設定画面を表示できます。 お買い上げ時に登録されている機能 [露出補正](53ページ) ˎˎ [ISO感度]54ページ) ( ˎˎ [ホワイトバランス](77ページ) ˎˎ [DRO/オートHDR](77ページ) ˎˎ [ピクチャーエフェクト](51ページ) ˎˎ その他登録できる機能の一覧と、 登録方法は58ページをご確認くだ さい。 JP 25 MENUボタンで選ぶ 撮影、 再生、 操作方法などカメラ全体に関する設定の変更や、 機能の実 行を行えます。 設定項目の一覧は76ページをご確認ください。 メニュー 1 MENUボタンを押して、 画面を表示する。 MENUボタン 2 コントロールホイールの/でメ ニューのページを選ぶ。 またはホイールを回して設定したい項目を選び、 3 /を押す、 中央のを押す。 中央のを押して決定する。 4 画面の指示に従って項目を選び、 26 JP カメラ内ガイドを見る MENU、 (ファンクション) Fn の機能や設定に関する説明を表示します。 またはFn (ファンクション) ボタンを押す。 1 MENUボタン、 2 コントロールホイールの///で説明を見たい項目で選ぶ。 3 / (カメラ内ガイド)   ボタンを押 す。 基 本 操 作 / (カメラ内ガイド)   ボタン 手順2で選んだ項目の説明が表示される。 を 確 認 す る 撮影アドバイス 選んでいる撮影モードに応じたアドバイスを表示します。 1 撮影画面で / (カメラ内ガイド)   ボタンを押す。 2 コントロールホイールの/で見たい撮影アドバイスを選び、 中央のを押す。 撮影アドバイスが表示される。 /で画面をスクロールできます。 ˎˎ /で項目を変更できます。 ˎˎ 5 [撮影アドバイス一覧] ですべての撮影アドバイス ˎˎMENU  を表示することができます。 JP 撮影アドバイスを全部見るには 27 自動で最適な設定で撮る(オート撮影) 1 モードダイヤルを (おまかせオート) にする。 モードダイヤル 構図を決める。 2 脇を締めて構え、 W/T レバーをT側へ動かす ˎˎ (ズーム) とズームし、 W側へ動かすと戻ります。 大きくズームしたい場合は、 31 ページをご覧ください。 レンズに指がかからないようにして ˎˎ ください。 フラッシュの上に指を置かないでく ˎˎ ださい。 W/T ズーム) ( レバー 指を置かない 3 シャッターボタンを半押しして、 ピントを合わせる。 シャッターボタン ピントが合うと 「ピピッ」 という音がして が点灯する。 または フラッ フラッシュが発光するときは、 ˎˎ シュ部が自動で上がります。 使わない ときは手で押して元に戻してください フォーカス 表示 (33ページ) 。 ピントが合う最短の撮影距離 (レンズ先端から被写体まで) はW側で約5 ˎˎ cm、 T側で約55 cmです。 本機では状況に応じて、 自動でマクロ撮影になります。 ˎˎ 28 JP 4 シャッターボタンを深く押し込む。 撮影直後に、 撮影した画像が表示されます。 シャッターボタンを半押しする ˎˎ と、 画像の表示を解除できます。 状況を自動判別して撮る (おまかせオート /プレミアムおまかせオート) モードダイヤルを (おまかせオート) 、 (プレミアムおまかせオート)   にすると、 カメラが自動でシーンを認 識して最適な設定で撮影します。 動画撮影中もシーンを認識します。 静 止 画 を 撮 る 1 被写体にカメラを向ける。 認識されたシーンのマークとガイドがモニターに 表示される。 上段: (人物) (赤ちゃん) 、 、 (夜景&人物) 、(夜景) 、 (逆光&人物) (逆光) 、 、 (風景) (マクロ) 、 、 (スポットライト) 、 (低照度) 下段: (三脚) (動き) 、 、(歩き) (歩き) 動画撮影時にMENU  は、 1 [手ブレ補正][アクティブ] が に設定されているときのみ認識されます。 シーン認識マークとガイド (ガイドは上段のみ) シャッ 2 シャッターボタンを半押ししてピントを合わせてから、 ターボタンを深く押し込んで撮影する。 JP 29 オート撮影の特徴 プレミアムおまかせオートは、 おまかせオートよりもさらに高画質で撮 影し、 必要に応じて重ね合わせ撮影を行います。 プログラムオートは、 ホワイトバランスやISOなど多彩な機能の設定を 変えて撮るときに使います。 撮影モード (おまかせオート) こんなときに使う 何枚も続けて ˎˎカメラまかせでシ ーン認識をして、 撮影したいとき ˎˎ暗いシーンや逆光などの失敗しやすいシーンを きれいに撮影したいとき よりも高画質な画像を撮 ˎˎ (おまかせオート) 影したいとき (シャッタースピードと絞り) 以外の多彩な ˎˎ露出 撮影機能を自分で調整して撮影したいとき (プレミアムおまかせオート) (プログラムオート) 撮影のテクニック [プログラムオート] 時にコントロールホイールを回すと、 露出を固定 ˎˎ したままシャッタースピードと絞りの組み合わせを変更できます  (P プログラムシフト) 。 ご注意 では、 暗いシーンや逆光のシーンなどを美しく撮影できない ˎ[おまかせオート] ˎ ことがあります。 では、 重ね合わせ処理をするため、 記録処理に時 ˎ[プレミアムおまかせオート] ˎ 間がかかります。 (重ね合わせアイコン) が表示され、 シャッター音が複数 回聞こえる場合があります。 記録される画像は1枚です。 [ 、 の場合、 多くの機能が自動設 ˎ[おまかせオート] プレミアムおまかせオート] ˎ 定となり、 自分で変更できません (87ページ) 。 30 JP より大きくズームする (全画素超解像ズーム) 本機は光学3. 6倍までズームします。 [全画素超解像ズーム][入] を に設定すると、 光学ズーム倍率を超えて も、 ほとんど劣化しない静止画を撮影できます。 1 MENUボタン  ぶ。 4 [全画素超解像ズーム] [入]  を選 静 止 画 を 撮 る MENU  4 [デジタルズーム] [入]  に設定すると、 最大54倍 までズームできます (VGA時) ただし、 。 ズーム倍率によっては画質が劣 化します。 撮影のテクニック 最大倍率までズームするには ˎˎ画質が劣化しない範囲でのみ光学ズーム倍率以上にズームしたい場 合は、全画素超解像ズーム][デジタルズーム] [ と をどちらも [切] に設 定して、画像サイズ][L] [ を 以外にしてください。 ご注意 が [ 、 のときは光学ズームのみ使用できます。 ˎ[画質][RAW] RAW+JPEG] ˎ [全画素超解像ズーム] は使えません。デジタルズーム] [ に切り ˎˎ以下の場合は 換わります。 ˋˋ [ドライブモード][連続撮影] 速度優先連続撮影] 連続ブラケット] が [ 、 [ 、 のとき ˋˋ 動画撮影時 JP 31 ズーム倍率 画像サイズによって、 ズームできる倍率は変わります。 [横縦比][3:2] が のとき 画像サイズ L:20M M:10M S:5. 0M [全画素超解像ズーム][入] [デジタルズーム][入] を を (最大ズーム倍率) 7. 2倍 10倍 14倍 14倍 20倍 28倍 32 JP フラッシュモードを選ぶ 1 コントロールホイールの (フラッシュモード) 好みの    モードを選ぶ。 コントロールホイールに他の機能が割り当てられてい 2 る場合は、 MENUボタン  [フラッシュモード] から選べます。 (発光禁止) :発光しない。 (自動発光) :暗い場所、 または逆光のとき、 自動で発光する。 (強制発光) :必ず発光する。 (スローシンクロ) :必ず発光する。 暗い場所ではシャッタースピードを遅 くし、 フラッシュが届かない背景も明るく撮影する。 静 止 画 を 撮 る (後幕シンクロ) :露光が終わる直前のタイミングで必ず発光する。 走って いる自動車など動いている被写体を撮ると、 動きの軌跡が自然な感じに 撮れる。 ご注意 撮影状況によってはレンズの影 ˎˎズームをW側にしてフラッシュ撮影すると、 が写ることがあります。 この場合は被写体から離れて撮影するか、 ズームをT 側にしてフラッシュ撮影してください。 フラッシュ部が自動で上がります。 フ ˎˎフラッシュが発光するときは、 ラッシュの近くに指を置かないでください。 手 ˎˎフラッシュを使わないときにフラッシュ部が上がっている場合は、 で押して元に戻してください。 フラッシュについて あらかじめフラッシュモードを ˎˎフラッシュが不要な場合は、 [発光禁止] にしておくと、 フラッシュ部が自動で上がらなくなります。 JP 33 使用可能なフラッシュモード 設定している撮影モードや機能によって、 選べるフラッシュモードが異 なります。 下の表で○は選択可能、 ×は選択不可能を表しています。 選択できないフラッシュモードはグレーで表示されます。 撮影モード/その他設定 (おまかせオート) (プレミアムおまかせオート) (プログラムオート) (絞り優先) (シャッタースピード優先) (マニュアル露出) (動画) シ ー ン セ レ ク シ ョ ン 連続ブラケット      ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ × ○ ○ ○ × × × × × × ○ × × × × ○ ○ ○ ○ ○ ○ × × ○ ○ × × × × × ○ ○ ○ ○ × × × × × ○ × × × ○ ○ ○ ○ × × × × × × × (スイングパノラマ) ˈˈこれらの撮影モードではフラッシュ撮影はできません。 ご注意 時は、 設定によって選べるフラッシュモードが変わります。 ˎˎ (登録呼び出し) 34 JP モニター表示を変える (DISP) 1 コントロールホイールのDISP  好みのモードを選ぶ。 選択できるモードはMENU  1 [DISPボタン] で設定できます。 撮影時 グラフィック表示:基本的な撮影情 報を表示する。 シャッタースピードと絞りをグラフィカルに表示する。 全情報表示:撮影情報を表示する。 情報表示なし:撮影情報を表示しない。 水準器:カメラの傾きを示す指標を表示する。 水平状態のときは緑色にな る。 ヒストグラム:画像の明暗をグラフ (ヒストグラム) で表示する。 (お買い上げ時の設定では選べません。DISPボタン][ヒストグラム] [ で を 選択してください。 ) 再生時 情報表示あり:撮影時の情報を表示する。 ヒストグラム:撮影時の情報とヒストグラムを表示する。 情報表示なし:撮影時の情報を表示しない。 静 止 画 を 撮 る グラフィック表示ではシャッタースピードと絞 り値をグラフィカルに表現し、 露出の仕組みを 分かりやすくイメージ化して表現しています。 シャッタースピードインジケーター/絞りインジ ケーターのバーが現在の値を指しています。 絞り値 シャッタースピード グラフィック表示について JP 35 画像のサイズを選ぶ 画像サイズは画像を記録するときの大きさのことです。 画像サイズが大きいほど、 大きな用紙にも詳細にプリントできますが、 ファイルサイズが大きくなります。 画像サイズを小さくすると、 ファイル サイズも小さくなりたくさん撮影できます。 1 MENUボタン  1 [画像サイズ] または [パノラマ: 画像サイズ] 希望の設定を選ぶ。  1 [横縦比] で選びます。 用途例 A3ノビサイズまでの印刷 A3サイズまでの印刷 L/2L/A4サイズまでの印刷 MENUボタン  ˎˎ横縦の比率は、 画像サイズ [横縦比][3:2] ( が のとき) L:20M M:10M S:5. 0M 5472  3648画素 3888  2592画素 2736  1824画素 画像サイズ [横縦比][16:9] ( が のとき) 用途例 L:17M M:7. 5M S:4. 2M 5472  3080画素 3648  2056画素 2720  1528画素 用途例 パソコンでの表示 ハイビジョンテレビでの再生 画像サイズ [横縦比][4:3] ( が のとき) L:18M M:10M S:5. 0M VGA 4864  3648画素 3648  2736画素 2592  1944画素 640  480画素 Eメールに添付 36 JP 画像サイズ [横縦比][1:1] ( が のとき) L:13M M:6. 5M S:3. 7M 3648  3648画素 2544  2544画素 1920  1920画素 用途例 中判カメラのような構図での撮影 パノラマ: 画像サイズ 標準 ワイド 説明 上下:3872×2160 左右:8192×1856 上下:5536×2160 左右:12416×1856 静 止 画 を 撮 る ご注意 が [ 、 のとき、 RAW画像の画像サイズはL相当とな ˎ[画質][RAW] RAW+JPEG] ˎ ります。 や で撮影した静止画画像は、 プリント時に両端が ˎ[16:9][スイングパノラマ] ˎ 切れることがあります。 画質を選ぶ (RAW/JPEG) 1 MENUボタン  1 [画質] 希望の設定を選ぶ。  [RAW] デジタル処理などの加工をしていないファイル形式。 : 専門的な用 途に合わせて、 パソコンで加工するときに選ぶ。 パソコンでの加工にはImage Data Converterを使用ください(74ペー ˎˎ ジ)。 [RAW+JPEG] :RAW画像とJPEG画像が同時に記録される。 閲覧用には JPEG画像、 編集用にはRAW画像というように、 両方の画像を記録したい 場合に適している。 [ファイン] [スタンダード] / :画像がJPEG形式で圧縮されて記録される。 [スタンダード][ファイン] は に比べて圧縮率が大きくなるため、 1枚のメ モリーカードに記録できる枚数は増えるが、 画質は劣化する。 JP 37 ご注意 [RAW+JPEG] のとき、 以下の機能は使用できません。 または ˎ[RAW] ˎ ˋˋ光学ズーム以外のズーム ˋˋ [オートHDR] ˋˋ [ピクチャーエフェクト] または [RAW+JPEG] の場合はデータ量が多いため、 1枚のメモリー ˎ[RAW] ˎ カードに記録できる枚数がJPEG形式より少なくなります。 38 JP 静止画の撮影モードを変える (モード ダイヤル) 撮りたい被写体や、 操作したい機能に合わせて、 モードダイヤルで撮影 モードを設定します。 1 モードダイヤルを回して好みの モードを選ぶ。 静 止 画 を 撮 る カメラまかせで自動撮影する 露出 (シャッタースピードと絞り) など、 多くの機能が自動で設定されま す。 (おまかせオート) (28) (プレミアムおまかせオート) (29) シーンを認識し、 自動設定で撮影する。 おまかせオート撮影より高画質な画像を撮影でき る。 カメラまかせでシーンとコンディションを認識 し、 必要に応じて自動で連写して重ね合わせ処理 を行う。 若干の時間がかかります。 ˎˎ重ね合わせ処理には、 記録される画像は1枚です。 撮影条件に合わせて、 あらかじめ用意された設定で 撮影する。 (シーンセレクション) (43) JP 39 好みの設定で撮影する Fn (ファンクション)やMENUで多彩な機能を設定できます。 (プログラムオート) (30) (絞り優先)44) ( 露出 (シャッタースピードと絞り) は自動設定される。 FnやMENUで多彩な機能を設定できる。 背景をぼかしたいときなど、 絞り値を設定して撮影 する。 シャッタースピー (シャッタースピード優先) 動きの速いものを撮るときなど、 (45) ドを設定して撮影する。 (マニュアル露出)46) ( (登録呼び出し)58) ( シャッタースピードと絞りを手動で設定して、 好み の露出で撮影できる。 あらかじめ登録しておいた、 よく使うモードやカメ ラの設定を呼び出して撮影できる。 その他の撮影モードで撮影する (動画)61、 ( 79) (スイングパノラマ) (41) 動画撮影に関するモードや設定の変更ができる。 画像を合成してパノラマ画像を撮影できる。 40 JP パノラマ画像を撮る カメラを動かす間に複数の画像を撮影し、 合成して1枚のパノラマ画像 を作成します。 1 モードダイヤルを (スイングパノラマ) にする。 2 コントロールリングを回して撮影方向を選ぶ。 コントロールリングに他の機能が割り当てられている場合は、 MENUボタン 1 [パノラマ: 撮影方向] で選ぶ。  ピントを合わせたい被写 3 明るさ、 体にカメラを向け、 シャッターボ タンを半押しする。 静 止 画 を 撮 る 撮影されない部分 4 シャッターボタンを半押しした状態で構図の端にカメラを向け、 シャッターボタンを深く押し込む。 上の撮影進行表示が終端に来る まで、 カメラを動かす。 ガイド 5 モニター上の矢印方向に、 ガイド JP 41 パノラマ撮影のポイント 脇をしめてできるだけカメラを体に寄せ、 体を軸 に、 一定の速度で小さな円を描くように、 モニ ターの矢印と同じ方向に動かしてください。半 ( 周5秒~6秒が目安です) 。 撮影の前にあらかじめ何度か練習しておくこと をおすすめします。 屋外などの明るい場所 ˎˎ被写体と背景との距離を充分にたもったり、 で撮ることもポイントです。 42 JP 場面に合った撮影モードを使う (シーンセレクション) 1 モードダイヤルを ンを選ぶ。 (シーンセレクション) にして希望のシー [モードダイヤルガイド][切] が の場合は、 シーンを選択する画面が表示さ ˎˎ れません。 コントロールリングで選び直せます。 コント 他のシーンにしたいときは、 ˎˎ ロールリングに他の機能が割り当てられている場合は、 MENUボタン  5 [シーンセレクション] で選び直せます。 (ポートレート) :背景をぼかして、 人物を際立たせる。 肌をやわらかに再 現する。 静 止 画 を 撮 る (人物ブレ軽減) :室内で人物撮影をする場合、 フラッシュを使わずにブレ を軽減する。 (スポーツ) :高速なシャッタースピードで動く物が止まったように撮れる。 シャッターボタンを押し続けると連続撮影する。 (ペット) :ペットを最適な設定で撮影する。 (料理) :料理を明るく美味しそうに撮影する。 (マクロ) :花などに近づいて撮影する。 (風景) :風景を手前から奥までくっきりと鮮やかな色で撮る。 (夕景) :夕焼けや朝焼けなどの赤を美しく撮る。 (夜景) :暗い雰囲気を損なわずに、 夜景を撮る。 (手持ち夜景) :三脚を使わずにノイズが少ない夜景を撮る。 連写を行い、 画像を合成して被写体ブレや手ブレ、 ノイズを軽減して記録する。 (夜景ポートレート) :夜景を背景に手前の人物を撮る。 (打ち上げ花火) :打ち上げ花火をきれいに撮影する。 (高感度) :暗いところであっても、 フラッシュを使わずにブレを軽減する。 JP 43 絞りとシャッタースピードを好みの設 定にする 背景のぼかし具合を調節して撮る (絞り優先) ピントの合う範囲や、 背景のぼかし具合を変えて撮影できます。 にする。 1 モードダイヤルを (絞り優先) 絞り値 (F値) の設定値を選ぶ。 2 コントロールホイールを回して、 F1. 8からF11の範囲で選びます。 ˎˎ シャッタースピードは1/2000秒から8秒の間で自動調整されます。 ˎˎ コントロールリングでも設定できます(23ページ)。 ˎˎ 3 シャッターボタンを押す。 絞りについて F値を小さくする (絞りを開ける) ピントの合う と、 範囲は前後に狭くなり、 背景をぼかして、 被写体を くっきりと表現できます。 F値を大きくする (絞りを閉じる) ピントの合う と、 範囲は前後に広がり、 風景の広がりを表現できま す。 ご注意 モニターの設定値表示が点滅します。 ˎˎ設定後に適正露出が得られない場合、 そのまま撮影できますが、 設定し直すことをおすすめします。 44 JP 動くものの表現を変えて撮る (シャッタースピード優先) シャッタースピードを手動で調節できます。 1 モードダイヤルを 選ぶ。 (シャッタースピード優先) にする。 シャッタースピードの設定値を 2 コントロールホイールを回して、 1/2000秒から30秒の範囲で選びます。 ˎˎ コントロールリングでも設定できます(23ページ)。 ˎˎ 3 シャッターボタンを押す。 シャッタースピードについて 静 止 画 を 撮 る シャッタースピードを速くすると、 走っている人や 車、 波しぶきなどの動きのあるものが止まって見 えます。 シャッタースピードを遅くすると、 川の流れなどの 軌跡が残り、 より自然な流動感のある画像になり ます。 ご注意 モニターの設定値表示が点滅します。 ˎˎ設定後に適正露出が得られない場合、 そのまま撮影できますが、 設定し直すことをおすすめします。 JP 45 思い通りの露出で撮る (マニュアル露出) シャッタースピードと絞り (F値) を調節して、 好みの露出で撮影します。 設定した露出は電源を切っても保持されるため、 後でモードダイヤルを (マニュアル露出) にしたときも同じ露出を再現できます。 にする。 1 モードダイヤルを (マニュアル露出) 設定する項目を選ぶ。 2 コントロールホイールのを押して、 押すたびに設定できる項目が変わります。 設定値を選ぶ。 3 コントロールホイールを回して、 設定した露出と本機が判断した適正露出の差がモニター上の (メーター ˎˎ ドマニュアル)で確認できます。 コントロールリングでも設定できます(23ページ)。 ˎˎ 4 シャッターボタンを押す。 ご注意 [ の は選べません。 ˎˎマニュアル露出時は、ISO感度][ISO AUTO] モニターの設定値表示が点滅します。 ˎˎ設定後に適正露出が得られない場合、 そのまま撮影できますが、 設定し直すことをおすすめします。 BULB (バルブ)撮影で動きの軌跡を撮る シャッタースピードの設定で、BULB] [ と表示されるまでコントロール ホイールを左に回してください。 シャッターボタンを押し続けている間 撮影します。 星の軌跡の撮影に適しています。 ˎˎ花火の光が尾を引くような写真や、 三脚や、 シャッターボタンのロック機能を ˎˎ画像がブレやすくなるため、 持つリモートコマンダー(別売)のご使用をおすすめします。 46 JP ピントを合わせる ピント合わせの方法を選ぶ 1 MENUボタン  を選ぶ。 2 [フォーカスモード] 希望のモード  (シングルAF) :ピントが合った時点でピントを固定する。 止まっている ものの撮影に適している。 (コンティニュアスAF) :シャッターボタン半押しの間はピントを合わせ 続ける。 動いているものの撮影に適している。 静 止 画 を 撮 る (DMF) :手動によるピント合わせとオートフォーカスを組み合わせるこ とができる。 (マニュアルフォーカス) :ピント合わせを手動で行う。 [DMF] または [マニュアルフォーカス] を選び手動でピントを合わせるときは、 コントロールリングを回します (49ページ) 。 ピントを合わせるエリアを選ぶ (オートフォーカスエリア) ピント合わせの位置を変更します。 ピントが合いにくいときなどに使用 してください。 1 MENUボタン  の設定を選ぶ。 2 [オートフォーカスエリア] 希望  (マルチ) モニター全体を基準に、 : 自動でピント合わせする。 (中央重点) モニター中央付近の被写体に自動でピント合わせする。 : (フレキシブルスポット) コントロールホイールで、 : ピントを合わせたい位 置に測距枠を移動し、 非常に小さな被写体や狭いエリアを狙ってピントを 合わせる。 位置を設定し直すときは中央のを押す。 JP 47 撮影のテクニック ピントを合わせたい被写体に測距 ˎˎ被写体にピントが合わない場合は、 枠を合わせ、 シャッターボタンを半押ししてピントを固定してくださ い。 その後シャッターボタンを半押ししたまま撮りたい構図に戻して 撮影してください。フォーカスロック) ( 被写体にピントを合わせ続けて撮る (追尾フォーカス) 被写体が動いても、 自動でピントを合わせ続けます。 コントロールホイール中央のを押す。 1 被写体に本機を向け、 2 追尾する被写体にターゲット枠を合わ せて、 中央のを押す。 追尾フォーカスを解除したいときは、 もう一度中 央のを押します。 ターゲット枠 優先したい顔を登録する (選択顔記憶) 顔検出中に追尾フォーカスを行うと、 優先したい顔を自分で選んで登 録できます。 顔を追尾しているときは、 被写体がモニターから消えても、 登録した顔が再びモニターに映った場合には登録した顔でピント合わ せをします。 48 JP  顔検出中に、 コントロールホイール中央の を押す。 ターゲット枠が表示される。  検出されている顔にターゲット枠を合わせ て、 中央のを押す。 選択された顔が優先顔として登録され、 二 重枠表示に変わる。  登録を解除したい場合は、 もう一度中央の を押す。 ピントを手動で好みの位置に合わせる (マニュアルフォーカス) 静 止 画 を 撮 る 1 MENUボタン  2 [フォーカスモード] [DMF]  また は [マニュアルフォーカス] を選ぶ。 2 コントロールリングを回してピントを調整する。 ご注意 を選び直すと、 手動で設定したフォーカスの距離は解除 ˎ[フォーカスモード] ˎ されます。 [DMF] を使ってピントを合わせる [DMF] では以下のように、 手動によるピント調整とオートフォーカスを 組み合わせることができます。 手動でピントを微調整す ˎˎオートフォーカスでピントを合わせたあと、 ると、 厳密なピント合わせをしたい被写体などに有効です。 シャッ ターボタンを半押ししたまま、 コントロールリングを回します。 オートフォーカスでピント調 ˎˎあらかじめ手動でピント調整したあと、 整できます。 奥の被写体にピントを合わせたいとき、 オートフォーカ スでは手前にあるものへピントが合ってしまうような場合に有効で す。 JP 49 撮影のテクニック [MFアシスト] を使うと、マニュアルフォーカス][DMF] [ や のピント ˎˎ の調整時に、 画像を自動で拡大表示してピントを合わせやすくします (82ページ) 拡大表示中にコントロールホイール中央のを押す 。 と拡大倍率を変更できます。 [ピーキングレベル] を使うと、 マニュアルフォーカス撮影のときに、 ピ ˎˎ ントが合った部分の輪郭を指定した色で強調します。 ピントを確認 しやすくなります (80ページ) 。 50 JP 好みの効果を使って印象的に撮る (ピクチャーエフェクト) 、(絞り優先) 、 1 モードダイヤルを (プログラムオート) (シャッタースピード優先)   または (マニュアル露出) にする。 3 [ピクチャーエフェクト] 希望の  2 MENUボタン  モードを選ぶ。 さらに詳細な設定ができるモードを選んだ場合は、 /で希望の設定を選び ます。 (切) :効果を使用しない。 静 止 る (ポップカラー) :色合いを強調してポップで生き生きとした仕上がりにな る。 (ポスタリゼーション) :原色のみ、 または白黒のみで再現されるメリ ハリのきいた抽象的な仕上がりになる。 /で [ポスタリゼーション:白黒][ポスタリゼーション:カラー] か かを選択で きる。 (レトロフォト) :古びた写真のようにセピア色でコントラストが落ちた仕 上がりになる。 (ソフトハイキー) :明るく、 透明感や軽さ、 優しさ、 柔らかさを持った仕上 がりになる。 (パートカラー) :1色のみをカラーで残し、 他の色はモノクロ に仕上がる。 /で残す色を設定できる。 (ハイコントラストモノクロ) :明暗を強調することで緊張感のあるモノク ロに仕上がる。 (トイカメラ) :周辺が暗く、 シャープ感を抑えた柔らかな仕上がりになる。 画 を /で色合いを設定できる。 撮 (ソフトフォーカス) :柔らかな光につつまれたような雰囲気の仕上がりに なる。 /で効果の強弱を設定できる。 (絵画調HDR) :絵画のように色彩やディテールが強調された仕上がりに なる。 3回シャッターが切れる。 /で効果の強弱を設定できる。 JP 51 (リッチトーンモノクロ) :階調が豊かでディテールも再現されたモノクロ に仕上がる。 3回シャッターが切れる。 (ミニチュア) :ミニチュア模型を撮影したようにボケが大きく、 鮮やかな 仕上がりになる。 /でボケる位置を設定できる。 (水彩画調) :にじみやぼかしを加えて水彩画のような効果をつける。 (イラスト調) :輪郭を強調するなどしてイラストのような効果をつける。 /で効果の強弱を設定できる。 撮影のテクニック [トイカメラ] ポップカラー] ポスタリゼーション] レトロフォト] [ 、 [ 、 [ 、 、 ˎˎ [ソフトハイキー] パートカラー] ハイコントラストモノクロ] [ 、 [ 、 は動 画撮影でも使えます。デュアル記録はできません。 ( ) ご注意 [DRO/オートHDR] や ˎˎピクチャーエフェクトを設定すると [クリエイティブスタイル] 使用できなくなる機能があります。 等、 また、 ピク チャーエフェクトのモードによって使用できなくなる機能があります。 が または [RAW+JPEG] のとき、ピクチャーエフェクト] [ を設定 ˎ[画質][RAW] ˎ できません。 52 JP 明るさを調整する (露出補正) 撮影モード 「M」 以外では、 露出が自動的に設定されます (自動露出) 自 。 動露出で設定された露出値を基準に、 +側に補正すると、 画像全体を明 るく、 -側に補正すると、 画像全体を暗くできます (露出補正) 。 1 コントロールホイールの  /  (露出補正) /を    押す、 またはホイールを回して希 望の補正値を選ぶ。 + (オーバー) 側:画像が明るくなる。 - (アンダー) 側:画像が暗くなる。 静 止 画 を 撮 る ご注意 露出補正できません。 ˎˎ撮影モードが以下の場合は、 ˋˋ [おまかせオート] ˋˋ [プレミアムおまかせオート] ˋˋ [シーンセレクション] ˋˋ [マニュアル露出] JP 53 ISO感度を選ぶ 、(絞り優先) 、 1 モードダイヤルを (プログラムオート) (シャッタースピード優先) (マニュアル露出) 、 または (動画)   にする。 2 MENUボタン  3 [ISO感度] 希望の設定を選ぶ。  (マルチショットノイズリダクション) :連続撮影により写真を重ね合わせ、 ノイズの少ない画像を撮影する。 で設定画面を表示して、 /でISO AUTO、 ISO 200~ISO 25600の中 から希望の数値を選ぶ。 (ISO AUTO) :カメラが明るさに応じた感度を自動で設定する。 で設 定画面を表示して、 ISO AUTO時の上限値、 下限値を設定することもでき る。 ISO 100~ISO 12800:数値が大きいほど高感度になる。 ご注意 記録できる被写体輝度の範囲 (ダイナミックレンジ) が少 ˎˎISO 160未満では、 し狭くなります。 ˎˎ動画撮影時はISO 160~ISO 3200の範囲で選べます。 に設定しているときは、 重ね合わせ処理 ˎ[マルチショットノイズリダクション] ˎ をするため、 記録処理に時間がかかります。 また、 フラッシュは発光しません。 [マニュアル露出] のときは、ISO AUTO] [ が選べません。 ˎˎ撮影モードが 54 JP 連続して撮る (連写) 1枚撮影、 連続撮影、 ブラケット撮影など、 撮影の目的に合わせて使用し てください。 1 コントロールホイールの  /  (ドライブモード) 希望    のモードを選ぶ。 さらに詳細な設定ができるモードを選んだ場合は、 ˎˎ /で希望の設定を選びます。 MENUボ コントロールホイールに他の機能が割り当てられている場合は、 ˎˎ 2 [ドライブモード] から選べます。 タン  (1枚撮影) :通常の撮影方法。 (連続撮影) :シャッターボタンを押している間、 連続して撮影する。 静 止 画 を 撮 る (速度優先連続撮影) :シャッターボタンを押している間、 高速で連続撮影 する。 ピントと明るさは1枚目で固定される。 (連続ブラケット) :露出を段階的にずらして、 合計3枚の画像を連続し て記録する。 露出の段数は設定できる。 (ホワイトバランスブラケット) :選択されているホワイトバランス、 色 温度・カラーフィルターの値を基準に、 段階的にずらして、 合計3枚の画像 を連続して記録する。Lo] [ または [Hi] からずらす値の幅を選ぶ。 ご注意 連続撮影、 ブラケット撮影ができません。 ˎˎ以下のときは、 ˋˋ撮影モードが [スイングパノラマ] ˋˋ [シーンセレクション][スポーツ] の 以外 ˋˋ [ピクチャーエフェクト][ソフトフォーカス] 絵画調HDR] が [ 、 、 [リッチトーンモノクロ] ミニチュア] 水彩画調] イラスト調] [ 、 [ 、 [ 、 ˋˋ [DRO/オートHDR][オートHDR] が ˋˋ [ISO感度][マルチショットノイズリダクション] が ˈ[シーンセレクション][スポーツ] ˈ が の場合もブラケット撮影はできません (87ページ)。 JP 55 セルフタイマーで撮る 1 コントロールホイールの  /  (ドライブモード) 希望    のモードを選ぶ。 さらに詳細な設定ができるモードを選んだ場合は、 ˎˎ /で希望の設定を選びます。 MENUボ コントロールホイールに他の機能が割り当てられている場合は、 ˎˎ 2 [ドライブモード] から選べます。 タン  (セルフタイマー) :10秒セルフタイマーは撮影者も一緒に写真に入るとき に、 2秒セルフタイマーは、 撮影の際のカメラブレを和らげるのに使う。 シャッターボタンを押すと、 セルフタイマーランプが点滅して 「ピッピッ ピッ」 と電子音が鳴り、 撮影が開始される。 解除するにはもう一度 を押す。 / (自分撮り) :カメラが人物の顔を検出して自動撮影する。 自分にカメラを 向けて撮影するときに使う。 設定した人数の顔を検出すると 「ピピッ」 と 音が鳴り、 2秒後に撮影される。 (セルフタイマー (連続) ) :シャッターボタンを押して10秒後に連写撮影す る。 3枚または5枚から撮影枚数を選ぶ。 ご注意 セルフタイマーを使えません。 ˎˎ以下のときは、 ˋˋ撮影モードが [スイングパノラマ] ˋˋ [シーンセレクション][人物ブレ軽減] 手持ち夜景] の [ 、 ˋˋ [ピクチャーエフェクト][ソフトフォーカス] 絵画調HDR] が [ 、 、 [リッチトーンモノクロ] ミニチュア] 水彩画調] イラスト調] [ 、 [ 、 [ 、 ˋˋ [DRO/オートHDR][オートHDR] が ˋˋ [ISO感度][マルチショットノイズリダクション] が 56 JP かんたんな操作で好みの設定にして 撮る (マイフォトスタイル) マイフォトスタイルは、 通常の画面とは異なるデザインで直感的にカメ ラを操作できるモードです。 かんたんな操作で設定を変更して撮影でき ます。 1 モードダイヤルを (おまかせオート) または (プレミアムおまかせオート)   にする。 静 止 画 を 撮 る 2 コントロールホイールの  /  (マイフォトスタイル)    変更する項目を選ぶ。 (背景ぼかし) :背景のぼかし具合を調整する。 (明るさ) :明るさを調整する。 (色あい) :色合いを調整する。 (鮮やかさ) :鮮やかさを調整する。 (ピクチャーエフェクト) :好みの効果を選んで、 独自の風合いで撮影する。 またはホイールを回して 3 コントロールホイールの/を押す、 希望の設定にする。 この手順を繰り返して色々な設定を組み合わせることができます。 ˎˎ マイフォトスタイルを終了するには、 MENUボタンを押します。 ˎˎ ご注意 撮影中に設定できるのは背景ぼ ˎˎマイフォトスタイルで動画を撮影する場合、 かしのみです。 電源を切ると、 各設定は初期設定に戻りま ˎˎマイフォトスタイルを終了したり、 す。 マイフォトスタイルを設定すると、 重ね合わ ˎˎプレミアムおまかせオート時に、 せ処理はされません。 JP 57 撮影機能を自分好みにカスタマイズす る 登録した設定を呼び出して撮影する (MR) よく使うモードやカメラの設定を3つまで本機に登録でき、 (登録呼び出し) で呼び出せます。 設定を登録する  登録したい設定にする。 以下の項目を登録できます。 ˎˎ モードダイヤルで設定する撮影モード/絞り (F値)/シャッタースピード/ 項目/ (動画撮影メニュー) 項目/光 露出補正/ (静止画撮影メニュー) 学ズーム倍率 プログラムシフト、 マニュアルフォーカスの設定は登録できません。 ˎˎ  MENU  5 [登録] コントロールホイールの/で好み  の番号を選ぶ  中央ので決定。 登録した設定を呼び出す モードダイヤルを (登録呼び出し) にして希望の番号を選ぶ。 他の番号にしたいときはMENUボタン  5 [登録呼び出し] で選び ˎˎ 直せます。 登録した内容を変更するには、 希望する設定にして同じ番号に再登録して ˎˎ ください。 Fn (ファンクション) ボタンの設定機能を変える 1 MENUボタン  2 [ファンクションボタン]  [ファンクション1] [ファンクション7] 好みのモードを選 ~  ぶ。 露出補正/フォーカスモード/オートフォーカスエリア/ISO感度/ 58 JP ドライブモード/測光モード/フラッシュモード/調光補正/ ホワイトバランス/ DRO/オートHDR /クリエイティブスタイル/ ピクチャーエフェクト/美肌効果/画質/画像サイズ/ 顔検出/スマイルシャッター /横縦比:選択した機能が割り当てられる。 未設定:機能を割り当てない。 コントロールリングの設定機能を変える コントロールリングにはよく使う機能を登録しておくことができ、 撮影 時に即時に設定ができます。 1 MENUボタン  定を選ぶ。 2 [コントロールリング] 希望の設  静 止 画 を 撮 る スタンダード:撮影モードごとにカメラがおすすめする機能が割り当てられ る。 露出補正/ISO感度/ホワイトバランス/クリエイティブスタイル/ ピクチャーエフェクト/ズーム/シャッタースピード/絞り:選択した機能が 割り当てられる。 未設定:機能を割り当てない。 撮影モード (おまかせオート) (プレミアムおまかせオート) (プログラムオート) (絞り優先) (シャッタースピード優先) (マニュアル露出) (スイングパノラマ) (シーンセレクション) [スタンダード] 時に割り当てられる機能 ズーム ズーム プログラムシフト 絞り シャッタースピード 絞り 撮影方向 シーンセレクション JP 59 ご注意 が または [マニュアルフォーカス] のときは割り当 ˎ[フォーカスモード][DMF] ˎ てられた機能を呼び出すことはできません。 コントロールリングは手動ピント 合わせとして機能します。 60 JP 動画を撮る (動画) ボタンを押して、 1 MOVIE 撮影を開始する。 W/T レバーをT側へ動かすと ˎˎ (ズーム) ズームし、 W側へ動かすと戻ります。 シャッタースピードや絞りを希望の値に ˎˎ 設定したいときは、 モードダイヤルを (動画) にしてください (63ページ) 。 W/T ズーム) ( レバー MOVIE 動画) ( ボタン 終了する。 2 もう一度MOVIEボタンを押して、 ご注意 カメラの動作音や操作音が記録さ ˎˎ動画記録中にズームなどの操作をすると、 れます。 また、 動画撮影終了時、 MOVIEボタンの操作音が記録されることがあ ります。 1回につき約 ˎˎ連続撮影可能時間は出荷時設定を使い約25℃で撮影した場合、 29分です。 撮影が終わってしまったら、 もう一度MOVIEボタンを押すと撮影 を再開できます。 撮影環境温度によっては、 機器保護のため停止する場合が あります (4ページ) 。 動 画 を 撮 る MOVIEボタンについて モードダイヤルがどこに設定されていても、 MOVIEボタンを押せば動画 撮影が可能です。 JP 61 動画の記録方式/画質を選ぶ 1 MENUボタン  [AVCHD] 滑らかな映像をハイビジョンテレビで見るのに適した記録方式 : になる。PlayMemories Home」 「 を使って動画ディスクを作成できる。 [MP4] WEBアップロードやメールに適した記録方式になる。 : 「PlayMemories Home」 を使っても動画ディスクを作成できない。 1 [記録方式] 希望の設定を選ぶ。  2 MENUボタン  各記録設定時の最大記録時間の目安は93ページのご覧ください。 ˎˎ 1 [記録設定] 希望の設定を選ぶ。 [記録方式][AVCHD] が のとき 記録設定 60i 24M(FX) 60i 17M(FH) 60p 28M(PS) 平均ビットレート 24 Mbps 17 Mbps 28 Mbps 説明 1920×1080 (60i) の高画質で撮影する。 1920×1080 (60i) の標準画質で撮影す る。 1920×1080 (60p) の最高画質で撮影す る。 ˎˎ撮影した動画を扱うには対応機器が必 要です。 1920×1080 (24p) の高画質で撮影する。 映画のような雰囲気で記録できる。 1920×1080 (24p) の標準画質で撮影す る。 映画のような雰囲気で記録できる。 24p 24M(FX) 24p 17M(FH) 24 Mbps 17 Mbps [記録方式][MP4] が のとき 記録設定 1440×1080 12M VGA 3M 平均ビットレート 12 Mbps 3 Mbps 説明 1440×1080で撮影する。 VGAサイズで撮影する。 62 JP ご注意 [60i 24M(FX)] 24p 24M(FX)] [ 、 にし を または ˎ[記録設定][60p 28M(PS)] ˎ て撮影した動画からAVCHD記録ディスクを作成すると、 画質が変換されるた め、 ディスク作成に時間がかかります。 画質を変換せずに保存したい場合は、 ブルーレイディスクをお使いください。 絞りとシャッタースピードを設定して動画を撮る 絞りやシャッタースピードを設定して、 背景のぼかし具合や流動感を思 い通りにコントロールした動画を撮影できます。 1 モードダイヤルを (動画)   にして希望のモードを選ぶ。 動 画 を 撮 る [モードダイヤルガイド][切] が の場合は、 モードを選択する画面が表示さ ˎˎ れません。 1 [動画] で選び直せ 他のモードにしたいときは、 MENUボタン  ˎˎ ます。 (プログラムオート)30) ( :露出 (シャッタースピードと絞り) は本機 が自動設定するが、 その他の設定は自分で調整でき、 設定した値は保持さ れる。 (絞り優先)44) ( :絞りを手動設定する。 (シャッタースピード優先)45) ( :シャッタースピードを手動設定す る。 (マニュアル露出)46) ( :露出 (シャッタースピードと絞り) を手動設 定する。 (動画) ボタンを押して撮影する。 2 MOVIE 動画を撮りながら静止画を撮る (デュアル記録) 動画撮影中にシャッターボタンを押すと、 動画撮影を中断することなく 静止画も撮影できます。 JP 63 ご注意 デュアル記録はできません。 が の場合は、 ˎ[記録設定][60p 28M(PS)] ˎ ˎˎシャッターボタンの操作音が記録されることがあります。 1 [画像サイズ (デュアル記録)で選 ] ˎˎ静止画の画像サイズは MENU  べます。 ˎˎデュアル記録時のフラッシュ撮影はできません。 64 JP 静止画を見る 1 (再生) ボタンを押す。 (再生) ボタン (次)/ (前) を押す、 またはホイール 2 コントロールホイールの を回して画像を選ぶ。 Fn (ファンクション) ボタン W/T レバーを ˎˎ拡大するには、 (ズーム) T側に動かしてください。 最初は大き く拡大されますのでW側に動かして 倍率を調整してください。 ˎˎ回転するにはFnボタンを押してくだ さい。 W/T ズーム) ( レバー 見 る コントロールホ イール 撮影に戻るには (再生) ボタンを押す。 ˎˎシャッターボタンを半押ししても撮影に戻ります。 JP 65 動画を見る 1 (再生) ボタンを押して再生モードにする。 2 MENUボタン  1 [静止画/動画 切換]  [フォルダービュー (MP4)または ] [AVCHDビュー] を選ぶ。 (フォルダービュー (MP4):MP4形式の動画を表示する。 ) (AVCHDビュー) :AVCHD形式の動画を表示する。 静止画再生に戻すには、フォルダービュー [ (静止画)を選びます。 ] 中央のを押 3 コントロールホイールで再生したい動画を選び、 す。 動画の再生が始まる。 もう一度中央のを押すと、 一時停止します。 再生中に/を押すと早戻 ˎˎ し、 早送りができます。 再生した動画が終わると自動的に次の動画が始まります。 ˎˎ コントロールホイール操作    一時停止中にコントロールホイールを右 に回す 一時停止中にコントロールホイールを左 に回す ˎˎコマ送りになる。 /  動画再生中にできること 一時停止/再生 早送り 早戻し 正方向スロー再生 逆方向スロー再生 音量 情報表示 66 JP 素早く探す (一覧表示) 1 (再生) ボタンを押して再生 モードにし、 (ズーム) W/T レバー をW側に動かす。 W/T ズーム) ( レバーをもう一度W側に 動かすと、 更に細かい一覧表示画面になります。 またはホイールを回 2 コントロールホイールの///を押す、 して画像を選ぶ。 コントロールホイール中央のを押すと、 1枚再生に戻ります。 希望のフォルダーを表示するには 見 る コントロールホイールで左側のバーを選び、 /で希望のフォルダーを選びます。 また、 左 側のバーを選んでコントロールホイール中央 のを押すと、 静止画・動画の再生を切り換 えることができます (66ページ) 。 JP 67 削除する 1 (再生) ボタンを押して削除し ボタ たい画像を選び、/ (削除) ンを押す。 / (削除) ボタン [削除] を選び、 中央のを押す。 2 コントロールホイールので MENUボタン  1 [削除] 複数の画像を一度に削除することも で、 ˎˎ できます(82ページ)。 すべての画像を削除する (フォーマット) メモリーカードのデータをすべて削除します。 フォーマットするとプロ テクトしてある画像も含めて、 すべてのデータが消去され、 元に戻せま せん。 MENUボタン  1 [フォーマット] [実行]  を選ぶ。 その他の再生機能を使う 本機はこの他にも多くの再生機能を搭載しています。 テレビでの再生 方法、 撮った画像のプリント方法、 連続再生 (スライドショー) などの詳 細は、 サイバーショットユーザーガイドで確認できます。 (11ページ) ˎˎサイバーショットユーザーガイド http://www. sony. jp/support/manual_dsc. html 68 JP 電子音の設定を変える 本機を操作したときの電子音の有り無しを設定します。 1 MENUボタン  2 [電子音] 希望の設定を選ぶ。  入:シャッターボタンを半押ししてピントがあったとき、 シャッターボタンを 押して撮影したときなどに、 操作音/シャッター音が鳴る。 切:操作音/シャッター音は鳴らない。 静止画に撮影日付を入れる 撮影した日付を静止画に挿入するように設定できます。 1 MENUボタン  ぶ。 入:日付を挿入する。 切:日付を挿入しない。 5 [日付書き込み] 希望の設定を選  カ メ ラ の 設 定 を 変 え る ご注意 ˎˎ静止画に入れた日付表示は消せません。 二重で日付が印刷されます。 ˎˎ印刷時に日付を入れる設定にすると、 が または [RAW+JPEG] のときは日付は挿入されません。 ˎ[画質][RAW] ˎ JP 69 「PlayMemories Home」 を使う 撮影した静止画、 動画を、 パソコンに取り込んで閲覧や活用ができます。 AVCHD動画をパソコンに取り込む場合は 「PlayMemories Home」 が 必要です。 「PlayMemories Home」 でできること 画像を整理する 画像をシェアする カメラの画像を PCに取り込み カレンダーで表示 ネットワークサービス にアップロード 動画ディスクを 作成 Playmemories online で画像をシェア 「PlayMemories Home」 をインストールする (Windows) 「PlayMemories Home」 以下のURLよりインストールできます は、 (71ページ) 。 www. sony. net/pm 70 JP ご注意 のインストールにはインターネット接続が必要です。 ˎ「PlayMemories Home」 ˎ 、 ˎ「Playmemories online」各ネットワークサービスの利用にはインターネッ ˎ ト接続が必要です。 Mac用アプリケーショ はMacに対応していません。 ˎ「PlayMemories Home」 ˎ ンをご利用ください。 詳しくは以下のURLをご覧ください。 http://www. sony. co. jp/imsoft/Mac/ 「PMB」 ˎˎ2011年以前の機種に付属のソフトウェア (Picture Motion Browser) がインストールされている場合、 「PlayMemories Home」 が上書きインストールされます。PMB」 「 とは一部機 能が異なりますが、PlayMemories Home」 「 をご使用ください。 「PlayMemories Home」 をインストールする 1 パソコンのインターネットブラウザで以下のダウンロードサイト  にアクセスして、インストール] [実行] [ をクリックする。 www. sony. net/pm 2 画面の指示に従ってインストール を進める。 パ ソ マルチ 端子へ カメラをパソコンに接続する指示が ˎˎ 表示されたら、 電源を入れてマイク ロUSBケーブル (付属) で接続して ください。 パソコンのUSB端子へ コ ン で 見 る JP 71 「PlayMemories Home ヘルプガイド」 を見る 「PlayMemories Home」 の操作について詳しくは、 「PlayMemories Home ヘルプガイド」 をご覧ください。 [PlayMemories Home ヘルプガイド] ア 1 デスクトップ上の イコンをダブルクリックする。 スタートメニューから起動するときは、スタート] [  ˎˎ [すべてのプログラム] [PlayMemories Home]   [PlayMemories Home ヘルプガイド] の順にクリックします。 「PlayMemories Home」 アイコ Windows 8の場合は、 スタート画面から ˎˎ ンを選択して 「PlayMemories Home」 を起動し、ヘルプ] [ メニューから [PlayMemories Home ヘルプガイド] を選択します。 「サイバーショットユーザーガイド」11ページ) ( 、 ˎˎ PlayMemories Homeサポートページ (http://www. sony. co. jp/ pmh-sj/) でも詳しい操作方法をご確認いただけます。 画像をパソコンに取り込む パソコンにマイクロUSBケーブル (付属) で 1 本機の電源を入れ、 接続する。 画像の取り込み画面が表示される。 通信中は本機のモニターに が表示されます。 その間はパソコンの操作 ˎˎ が表示されたら操作できます。 をしないでください。 取 2 保存先のドライブとフォルダ、 り込み方法を選んで、 [取り込み開始] をクリックする。 画像の取り込みが完了すると、 「PlayMemories Home」 のメイン画面 が表示される。 72 JP ご注意 カメラ本体から ˎˎカメラの動作中やアクセス中の画面が表示されている場合、 マイクロUSBケーブル (付属) をはずさないでください。 データが壊れることが あります。 をク タスクトレイの切断アイコン ( ) ˎˎパソコンとの接続を切断するには、 リックし、USB大容量記憶装置を安全に取り外します] [ をクリックしてくだ さい。 ˎˎWindows XPでパソコンにインストールされている Windows Media PlayerがVer. 10の場合は、 カメラをパソコンに接続しても 認識されない場合があります。 このような場合はケーブルを抜いて、 MENU 2 [USB接続] [マスストレージ]  にしてから、 接続し直してくだ  さい。 JP 73 パ ソ コ ン で 見 る 「Image Data Converter」 を使う RAW画像を補正してJPEG/TIFFに変換できます。 「Image Data Converter」 でできること 次のことなどができます。 トーンカーブやシャープネスなど多彩な補正機 ˎˎRAW画像を再生し、 能で編集 クリエイティブスタイルなどの静止画の調 ˎˎホワイトバランスや露出、 整 編集した静止画をパソコンに保存 ˎˎ表示、 RAWデータのまま保存する方法と、 汎用ファイルフォーマット形式 (JPEG/TIFF) で保存する方法があります。 比較 ˎˎ本機で撮影したRAW画像/JPEG画像の表示、 ˎˎ5段階でランク付け ˎˎカラーラベルの設定 「Image Data Converter」 をインストールする 1 パソコンのインターネットブラウザで以下のURLにアクセスす る。 Windows/Mac: http://www. sony. co. jp/ids-sj/ 「Image Data Converter」 をダウンロー 2 画面の指示に従って ドしてインストールする。 ご注意 のインストールにはインターネット接続が必要で ˎ「Image Data Converter」 ˎ す。 74 JP 「Image Data Converterガイド」 を見る 「Image Data Converter」 の操作について詳しくは、 「Image Data Converterガイド」 をご覧ください。 Windows: [ 1 スタート][すべてのプログラム] [Image Data Converter] [ヘルプ]   [Image Data Converter Ver. 4] Windows 8の場合は、Image Data Converter Ver. 4] [ を起動して、 メ ニューバーの [ヘルプ] [Image Data Converterガイド]  を選ぶ。 Mac: [アプリケーション]  1 Finderを起動して [Image Data Converter]  [Image Data Converter Ver. 4] メニューバーの   [ヘルプ] [Image Data Converterガイド] を選ぶ。 パ ソ コ ン で 見 る JP 「Image Data Converter」 のサポートページ (http://www. sony. ˎˎ co. jp/ids-sj/)でも詳しい操作方法をご確認頂けます。 75 MENUボタンで選ぶ機能一覧 静止画撮影メニュー 画像サイズ 静止画のサイズを選択する。 (L:20M/M:10M/S:5. 0M (3:2のとき) L:17M/M:7. 5M/S:4. 2M (16:9のとき) L:18M/M:10M/S:5. 0M/VGA (4:3のとき) L:13M/M:6. 5M/S:3. 7M (1:1のとき) ) 静止画の横縦比を選択する。 (3:2/16:9/4:3/1:1) 静止画の画質を設定する。 (RAW/RAW+JPEG/ファイン/スタンダード) パノラマ画像のサイズを選択する。 (標準/ワイド) パノラマの撮影方向を設定する。 (右/左/上/下) スマートフォンでカメラを遠隔操作して、 静止画・ 動画を撮影したり、 撮影した静止画をスマートフォ ンに保存する。 横縦比 画質 パノラマ: 画像サイズ パノラマ: 撮影方向 スマートフォン操作 ドライブモード 連続撮影などの撮影方法を設定する。 (1枚撮影/連続撮影/速度優先連続撮影/ セルフタイマー/自分撮り/ セルフタイマー (連続)/連続ブラケット/ ホワイトバランスブラケット) フラッシュの発光方式を設定する。 (発光禁止/自動発光/強制発光/スローシンクロ/ 後幕シンクロ) 被写体の動きに応じたピント合わせの方法を選ぶ。 (シングルAF/コンティニュアスAF/DMF/ マニュアルフォーカス) フラッシュモード フォーカスモード JP 76 オートフォーカスエリア 美肌効果 顔検出/スマイルシャッター ピント合わせの位置を選ぶ。 (マルチ/中央重点/フレキシブルスポット) 顔検出時、 被写体の美肌効果を設定する。 (切/入) 人物の顔を自動でとらえ、 ピントや露出を最適にす る。 笑顔を検出すると自動で撮影する。 (切/入 (登録顔優先)/入/スマイルシャッター) 人物の顔やマクロ撮影する被写体、 または [追尾フォーカス] でとらえた被写体を検出して、 撮 影するときにシーンを分析して、 印象の異なる構図 で画像を保存する。切/オート) ( オートフレーミング ISO感度 ISO感度を設定する。 (マルチショットノイズリダクション/ISO AUTO/ ISO 100 ~ ISO 12800) 明るさを測る方法を選ぶ。 (マルチ/中央重点/スポット) フラッシュの発光量を調整する。 (-2. 0EV ~+2. 0EV) 撮影場所の光の状況に合わせて画像の色合いを調 整する。 (オートホワイトバランス/太陽光/日陰/曇天/ 電球/蛍光灯:温白色/蛍光灯:白色/ 蛍光灯:昼白色/ 蛍光灯:昼光色/フラッシュ/ 色温度・カラーフィルター/カスタム/ カスタムセット) 明るさ、 コントラストを自動補正する。 (切/Dレンジオプティマイザー/オートHDR) 測光モード 調光補正 ホワイトバランス 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る DRO/オートHDR クリエイティブスタイル お好みの画像の仕上がりを選ぶ。 コントラスト、 彩度、 シャープネスの調整もできる。 (スタンダード/ビビッド/ポートレート/風景/ 夕景/白黒) JP 77 ピクチャーエフェクト 好みの効果を使って、 より印象的でアーティス ティックな表現の画像を撮影できる。 (切/トイカメラ/ポップカラー/ ポスタリゼーション/レトロフォト/ ソフトハイキー/パートカラー/ ハイコントラストモノクロ/ソフトフォーカス/ 絵画調HDR/リッチトーンモノクロ/ミニチュア/ 水彩画調/イラスト調) 全画素超解像ズーム デジタルズーム 長秒時ノイズリダクション デジタルズームよりも高画質でズームする。 (入/切) 全画素超解像ズーム以上の倍率でズームできる。 (入/切) シャッタースピードを1/3秒以上にした場合のノイ ズ軽減処理を設定する。 (入/切) 高感度撮影した場合のノイズ軽減処理を設定する。 (強/標準/弱) 暗所でピントを合わせるための補助光を発光する。 (オート/切) 手ブレ補正の設定をする。 (入/切) 再現できる色の範囲を変更する。 (sRGB/AdobeRGB) 高感度ノイズリダクション AF補助光 手ブレ補正 色空間 撮影アドバイス一覧 日付書き込み 撮影アドバイスの一覧を表示する。 撮影した日の日付を画像に記録するかどうかを設 定する。 (入/切) 78 JP シーンセレクション 撮影状況に合わせて、 あらかじめ用意された設定で 撮影する。 (ポートレート/人物ブレ軽減/スポーツ/ペット/ 料理/マクロ/風景/夕景/夜景/手持ち夜景/ 夜景ポートレート/ 打ち上げ花火/高感度) のとき、 呼び モードダイヤルが (登録呼び出し) 出したい設定を選択する。 (1/2/3) 好みのモード、 カメラの設定を登録する。 登録呼び出し 登録 動画撮影メニュー 記録方式 記録設定 動画を記録するときの記録方式を設定する。 (AVCHD/MP4) 動画のサイズを選択する。 (60i 24M(FX)/60i 17M(FH)/60p 28M(PS)/ 24p 24M(FX)/24p 17M(FH)/ 1440×1080 12M/VGA 3M) 動画記録中に撮影する静止画の画像サイズを設定 する。 (L:17M/S:4. 2M (16:9のとき) L:13M/S: 3. 2M (4:3のとき) ) 画像サイズ (デュアル記録) 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る 手ブレ補正 音声記録 風音低減 動画 手ブレ補正の設定をする。 (アクティブ/スタンダード/切) 動画撮影時、 音声記録を行うかどうかを設定する。 (入/切) 動画撮影時、 風音を低減する。 (入/切) 撮りたい被写体や効果に合わせて、 露出モードを選 んで撮影する。 (プログラムオート/絞り優先/ シャッタースピード優先/マニュアル露出) JP 79 カスタムメニュー FINDER/LCD 切換設定 電子ビューファインダー (別売) 使用時、 電子ビュー ファインダーとモニターの切り換え方法を設定す る。オート/マニュアル) ( フラッシュ撮影時、 目が赤くなるのを軽減する。 (入/切) 構図を合わせるための線を表示する。 (3分割/方眼/対角+方眼/切) 撮影したあと、 撮った画像を表示するオートレ ビューの設定をする。 (10秒/5秒/2秒/切) コントロールホイールのDISPを押してモニターに 表示する情報の種別を設定する。 (グラフィック表示/全情報表示/情報表示なし/ 水準器/ヒストグラム) マニュアルフォーカス撮影のときに、 ピントが合っ た部分の輪郭を指定された色で強調表示する設定 をする。 (高/中/低/切) 輪郭を強調表示するピーキング表示の色を設定する。 (レッド/イエロー/ホワイト) 赤目軽減発光 グリッドライン オートレビュー DISPボタン ピーキングレベル ピーキング色 コントロールリング コントロールリングにお好みの機能を割り当てる。 (スタンダード/露出補正/ISO感度/ ホワイトバランス/ クリエイティブスタイル/ ピクチャーエフェクト/ ズーム/ シャッタースピード /絞り/未設定) コントロールリングでのズーム機能を設定する。 [ステップ] を選ぶと、 一定の画角で段階的に切り換 わる。 (スタンダード/ステップ) リングのズーム機能 80 JP コントロールリング表示 コントロールリング操作時にアニメーション表示す るかどうかを設定する。 (入/切) Fn (ファンクション) ボタンで表示する機能をカス タマイズする。 (露出補正/フォーカスモード/ オートフォーカスエリア/ISO感度/ドライブモード/ 測光モード/フラッシュモード/調光補正/ ホワイトバランス/ DRO/オートHDR / クリエイティブスタイル/ピクチャーエフェクト/ 美肌効果/画質/画像サイズ/ 顔検出/スマイルシャッター /横縦比/未設定) 中央ボタンにお好みの機能を割り当てる。 (スタンダード/再押しAEL/ 再押しAF/MFコントロール /ピント拡大) 左ボタンにお好みの機能を割り当てる。 (露出補正/ドライブモード/フラッシュモード/ フォーカスモード/ オートフォーカスエリア/ 顔検出/スマイルシャッター / オートフレーミング/美肌効果/ ISO感度/測光モード/調光補正/ ホワイトバランス/ DRO/オートHDR / クリエイティブスタイル/ピクチャーエフェクト/ 画像サイズ/横縦比/画質/登録/再押しAEL/ 再押しAF/MFコントロール /ピント拡大/スマートフォン操作) 右ボタンにお好みの機能を割り当てる。 (露出補正/ドライブモード/フラッシュモード/ フォーカスモード/ オートフォーカスエリア/ 顔検出/スマイルシャッター/ オートフレーミング/美肌効果/ ISO感度/測光モード/調光補正/ ホワイトバランス/ DRO/オートHDR / クリエイティブスタイル/ピクチャーエフェクト/ 画像サイズ/横縦比/画質/登録/再押しAEL/ 再押しAF/MFコントロール /ピント拡大/スマートフォン操作) ファンクションボタン 中央ボタンの機能 左ボタンの機能 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る 右ボタンの機能 JP 81 MOVIE (動画)ボタン MFアシスト ピント拡大時間 顔優先追尾 MOVIEボタンが有効になるモードを設定する。 (常に有効/動画モードのみ有効) 手動ピント合わせ時に画像を拡大表示する。 (入/切) 拡大表示する時間を設定する。 (2秒/5秒/無制限) 被写体追尾時に人の顔を優先して追尾するかどう かを設定する。 (入/切) 優先してピントを合わせる人物の登録・編集を行 う。 (新規登録/優先順序変更/削除/全て削除) 個人顔登録 再生メニュー スマートフォン転送 パソコン保存 テレビ鑑賞 静止画/動画 切換 スマートフォンに画像を表示、 転送する。 (カメラから選ぶ/スマートフォンから選ぶ) 本機の画像をネットワークにつながれたパソコンに 転送し、 バックアップをとる。 ネットワークにつながれたテレビで画像を見る。 静止画と動画の表示を切り換える。 (フォルダービュー (静止画)/ フォルダービュー (MP4)/AVCHDビュー) 画像を削除する。 (画像選択/フォルダー内全て/ AVCHDビュー動画全て) 画像を連続再生する。 (リピート/間隔設定/画像種別) 削除 スライドショー 82 JP 一覧表示 プロテクト 画像を一覧表示する。 (4枚/9枚) 画像を誤って消さないように保護 (プロテクト) す る。 (画像選択/静止画全て解除/動画 (MP4) 全て解除/ AVCHDビュー動画全て解除) メモリーカードの画像にプリント予約マークを付け る。 (DPOF指定/日付プリント) 画像に効果をつけ、 別ファイルで保存する。 (水彩画調/イラスト調) 動画再生時の音量を設定する。 縦記録画像の再生方法を設定する。 (縦向き/横向き) プリント指定 ピクチャーエフェクト 音量設定 縦記録画像の再生 メモリーカードツールメニュー 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る フォーマット ファイル番号 記録フォルダー選択 フォルダー新規作成 管理ファイル修復 メモリーカード残量表示 メモリーカードをフォーマット (初期化) する。 ファイル番号の付けかたを設定する。 (連番/リセット) 画像を記録するフォルダーを設定する。 静止画と動画 (MP4) を記録する新しいフォルダー を作成する。 画像の管理ファイル修復を行い、 記録・再生できる ようにする。 現在撮影可能な動画の時間と静止画の枚数を表示 する。 JP 83 時計設定メニュー 日時設定 エリア設定 時計、 日付の設定をする。 本機を使用する場所に適した時刻に設定する。 セットアップメニュー メニュー呼び出し先 メニューの呼び出し先を変更する。 リストの先頭、 または最後に選んだ項目を呼び出すことができる。 (先頭/前回位置) モードダイヤルガイド (各撮影モードの説明) の表示 を設定する。 (入/切) モニターの明るさを設定する。 (オート/マニュアル/屋外晴天) 電子ビューファインダー(別売)使用時、 電子ビュー ファインダーの明るさを設定する。 (オート/マニュアル) パワーセーブモードにする時間を設定する。 (強/標準) 自動的に電源が切れる時間を設定する。 (30分/5分/2分/1分) モードダイヤルガイド モニター明るさ ファインダー明るさ パワーセーブ パワーセーブ開始時間 アップロード設定 市販のEye-Fiカードを使うときのアップロード通 信設定をする。 (入/切) HDMI端子からテレビに出力する解像度を選ぶ。 (オート/1080p/1080i) HDMI解像度 JP 84 HDMI機器制御 ブラビアリンク対応のテレビと接続した場合、 テレ ビのリモコンで操作するかどうか設定する。 (入/切) 接続するパソコンやUSB機器に合わせて設定する。 (オート/マスストレージ/MTP) USB接続の機能を制限して互換性を高める。 通常 は [マルチ] のまま使い、 どうしても接続できない場 合のみ、シングル] [ に設定する。 (マルチ/シングル) USB接続して給電するかどうか設定する。 (入/切) 本機の操作時に鳴る音を設定する。 (入/切) USB接続 USB LUN設定 USB給電 電子音 ˈˈEye-Fiカード (別売) 挿入時のみに表示されます。 アクセスポイント簡単登録 アクセスポイント手動登録 機器名称変更 MACアドレス表示 SSID・PWリセット WPSボタンを押すことで、 簡単にアクセスポイント を登録できる。 手動でアクセスポイントを登録できる。 Wi-Fi Directなどの機器名称を変更する。 本機のMACアドレスを表示する。 スマートフォン接続の接続情報をリセットする。 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る 飛行機モード 飛行機などに搭乗するとき、 Wi-Fi機能を使用する 設定を一時的にすべて無効にする。 (入/切) 本機のソフトウェアのバージョンを表示する。 本機が対応している認証情報を表示する(表示され るのは認証情報の一部のみになります)。 落下検出の機能を設定する。 (入/切) 動画のデモンストレーションの入/切を設定する。 (入/切) バージョン表示 認証マーク表示 落下検出 デモモード JP 85 設定リセット 設定を初期値に戻す。 すべての設定を初期値に戻 す場合は、設定値リセット] [ を選ぶ。 (設定値リセット/撮影モードリセット/ カスタム設定リセット/ネットワーク設定リセット) 86 JP 撮影モードごとの設定できない機能 選んでいる撮影モードや設定によって、 設定できない機能があります。 ○は選択可能、 ×は選択不可能を表しています。 撮影モード/ その他設定 / (29) (43) 露出補 セルフタ 連続撮 ブラ ISO 正 イマー 影 ケット (54) (53) (56) (55) (55) × × ○ ○ ○ ○ × × × × オート HDR (77) × × × ○ × × × × × (41) (30) (44) (45) (46) (61、 79) オートHDR RAW/RAW+JPEG ○ ○ ○ ○ × ○ ○ ○ × × ○ ○ ○ ○ × × ○ × × ○ ○ ○ ○ × × ○ × × ○ ○ ○ ○ × × ○ × × ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ × × 機 能 を 一 覧 で 確 認 す る ○ ○ ○ ○ × ○ × さらに詳しい一覧を、サイバーショットユーザーガイド」 「 でご覧頂けま す (11ページ) 。 ご注意 選択できない設定値がある場合があります。 ˎˎとなっている機能でも、 ˎˎその他の条件によっても制限される場合があります。 JP 87 モニターに表示されるアイコン一覧 撮影時のアイコン一覧 再生時のアイコン一覧  表示 P P*A S M 意味 撮影モード (39) 表示 意味 静止画の画質 (76) 動画のフレームレート (62) 動画の記録設定 (62) バッテリー容量 (17) バッテリー残量警告 (17) シーン認識マーク (29) 登録呼び出し (58) メモリーカード/アッ プロード (84) 100 撮影可能枚数 (92) 静止画の画像横縦比 (76) 20M/ 18M/ 17M/ 13M/ 10M/ 7. 5M/ 6. 5M/ 5. 0M/ 4. 2M/ 3. 7M/ 3. 2M/VGA 静止画の画像サイズ (76) シーンセレクション (43) 重ね合わせ設定表示 88 JP 表示 意味 フラッシュ充電表示 (33) AF補助光 (78) 動画音声記録オフ (79) 風音低減 (79) 手ブレ補正 (78, 79) 手ブレ警告 NFC有効 飛行機モード 落下検出OFF 85) ( 日付書き込み (69) コントロールリングの 機能 (23) コントロールホイール の機能 (23) 温度上昇警告 表示 C:32:00 意味 自己診断表示 水準器 (35) ビューモード (66) 100-0003 フォルダー番号ファ イル番号 動画の記録方式 (62)  DPOF プロテクト (83) DPOF プリント) ( 指定 (83) オートフレーミング画 像 (77)  表示 意味 ドライブモード (76) 機 能 を 測光モード (77) フラッシュモード (33)/ 赤目軽減発光 (80) 管理ファイルフル警 告/管理ファイルエ ラー警告 全画素超解像ズーム (31) デジタルズーム (78) データ書き込み中 キャプチャー 静止画取り込み中 静止画撮影不可 スポット測光サーク ル (77) ±0. 0 一 覧 で 確 認 す る 調光補正 (77) フォーカスモード (76) JP 89 表示 AWB 意味 ホワイトバランス (77)  表示  追尾 フォーカス 録画 0:12 意味 追尾フォーカス用 ガイド表示 (48) 動画の記録時間 (分:秒) フォーカス (28) シャッタースピード (45) 絞り値 (44) メータードマニュアル (46) 露出補正値 (53) ISO感度 (54) AEロック シャッタースピードイ ンジケーター (35) 絞りインジケーター (35) ヒストグラム (35) 7500K A5 G5 フォーカスエリア (47) DRO/オートHDR (77) 美肌効果 (77) クリエイティブスタイ ル (77) 顔検出/スマイル シャッター (77) ピクチャーエフェクト (51)  1/250 F3. 5 ±0. 0 ±0. 0 ISO400 オートフレーミング (77) スマイル検出感度イ ンジケーター (77) 2013-1-1 10:37AM 3/7 ピクチャーエフェクト エラー (52) オートHDR画像警告 (77) 撮影日時 画像番号/ビューモー ド内画像枚数 90 JP 使用できるメモリーカード 以下の一覧を参考にして、 使用するメモリーカードを選んでください。 静止画撮影、 または動画撮影で使用できるメモリーカードを○で表して います。 対応メモリーカード メモリースティック XC-HG デュオ メモリースティック PRO デュオ メモリースティック PRO-HG デュオ メモリースティック マイ クロ (M2) SDメモリーカード SDHCメモリーカード SDXCメモリーカード microSD メモリーカー ド microSDHC メモリー カード microSDXC メモリー カード 静止画 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 動画 ○ ○ (Mark2のみ) ○ ○ (Mark2のみ) ○ (Class 4以上) ○ (Class 4以上) ○ (Class 4以上) ○ (Class 4以上) 本書での表現 メモリースティック XC デュオ メモリースティック PRO デュオ メモリースティック マイクロ SDカード ○ (Class 4以上) ○ (Class 4以上) microSD メモリー カード そ の 他 記録できる枚数/時間については、 92~93ページをご覧ください。 容量ごとの一覧を参考に、 メモリーカードの容量を選んでください。 ご注意 ソニー製以外 ˎˎすべてのメモリーカードの動作を保証するものではありません。 のメモリーカードについては、 各メーカーにお問い合わせください。 microSD メモリーカードを本機でお使いの ˎˎ“メモリースティック マイクロ”、 場合は、 必ず専用のアダプターに入れてお使いください。 JP 91 静止画の記録可能枚数と動画の記録可 能時間 記録枚数/時間は、 撮影状況および使用するメモリーカードによって異 なる場合があります。 静止画 [画像サイズ][L:20M] : [横縦比][3:2] : のとき (単位:枚) 画質 スタンダード ファイン RAW+JPEG RAW 容量 2GB 295 170 58 88 本機でフォーマットしたメモリーカード 4GB 590 345 115 175 8GB 1200 690 235 355 16GB 2400 1350 470 710 32GB 4800 2800 950 1400 64GB 9600 5500 1900 2850 ˈ[横縦比][3:2] ˈ を 以外に設定しているときは、 上記の枚数より多く記録でき ます (RAW設定時は除く) 。 ご注意 実際の画像サイズと異なって表示される ˎˎ他機で撮影した画像を再生すると、 場合があります。 92 JP 動画 動画ファイルを合計したときの最大記録可能時間の目安です。 容量 記録設定 60i 24M(FX) 60i 17M(FH) 60p 28M(PS) 24p 24M(FX) 24p 17M(FH) 1440×1080 12M VGA 3M 2GB 10分 10分 9分 10分 10分 15分 1時間 10分 本機でフォーマットしたメモリーカード 4GB 20分 30分 15分 20分 30分 40分 2時間 25分 8GB 40分 1時間 35分 40分 1時間 1時間 20分 4時間 55分 16GB 1時間 30分 2時間 1時間 15分 1時間 30分 2時間 2時間 45分 9時間 55分 32GB 3時間 4時間 5分 2時間 30分 3時間 4時間 5分 5時間 30分 20時間 64GB 6時間 8時間 15分 5時間 5分 6時間 8時間 15分 11時間 5分 40時間 10分 そ の 他 また、 記 ˎˎ連続撮影可能時間は1回の撮影で約29分です(商品仕様による制限)。 録方式の設定をMP4(12M)にした場合、 連続で撮影できる時間は約15分です (ファイルサイズ2GBによる制限) 。 ご注意 (Variable Bit-Rate) ˎˎ撮影シーンに合わせて動画の画質を自動調節するVBR 方式を採用しているため記録時間が変動します。 動きの速い映像を記録する場合、 メモリーの容量を多めに使用してより鮮明 な画像を記録しますが、 その分記録時間は短くなります。 また、 撮影環境や被写体の状態、 画質/画像サイズの設定によっても記録時間 は変動します。 JP 93 故障かな?と思ったら 困ったときは、 下記の流れに従ってください。  以下の項目をチェックする。 また、 「サイバーショットユーザーガイド (HTML)も参照し、 」 本機を点 検する。 モニターに 「C/E:□□:□□」 のような表示が出たときは、 「サイバーショットユーザーガイド」 をご覧ください。  バッテリーを取りはずし、 約1分後再びバッテリーを入れ、 本機の 電源を入れる。  設定リセットをする (86ページ) 。  サイバーショットオフィシャルWEBサイトで確認する。 http://www. sony. co. jp/cyber-shot/support/  相談窓口に電話で問い合わせる (裏表紙) 。 バッテリー・電源 本機にバッテリーを入れられない。 バッテリーの向きを確認し、 バッテリー取りはずしつまみがロックするまで ˎˎ 挿入してください (17ページ) 。 電源が入らない。 本機にバッテリーを取り付けた後、 電源が入るまでに時間がかかることが ˎˎ あります。 バッテリーが正しく取り付けられているか確認してください (17ペー ˎˎ ジ) 。 バッテリーは使わなくても自然放電で少しずつ消耗します。 充電をしてか ˎˎ らお使いください。 ソニー製純正のNP-BX1タイプのバッテリーかご確認ください。 ˎˎ 94 JP 電源が切れる。 本機やバッテリーの温度によっては、 カメラを保護するために、 自動的に電 ˎˎ 源が切れることがあります。 この場合は、 電源が切れる前にモニターにメッ セージが表示されます (4ページ) 。 バッテリーの消耗を防ぐため、 自動的 操作しない状態が一定時間続くと、 ˎˎ に電源が切れます。 電源を入れ直してください。 バッテリーの残量表示が正しくない。 温度が極端に高い、 または低いところで使用しているときの現象です。 ˎˎ 使用できる時 使用回数や経年変化により、 バッテリー容量は低下します。 ˎˎ 間が大幅に短くなった場合は、 バッテリーの寿命です。 新しいものをお買 い上げください。 バッテリー充電中、 本機の電源/充電ランプが点滅する。 NP-BX1タイプのバッテリーかご確認ください。 ˎˎ 長時間使用していないバッテリーを充電すると、 本機の電源/充電ランプが ˎˎ 点滅することがあります。 その場合はカメラからバッテリーを取り出し、 入 れなおしてください。 電源/充電ランプが消えて充電が終わっても、 充電ができていない。 温度が極端に高い、 または低いところで充電しているときの現象です。 バッ ˎˎ テリーの充電は周囲温度が10℃~30℃の環境で行ってください。 カメラを振ると、 音がする。 電源が入っていない状態で、 カメラを振ると音がする場合がありますが、 故 ˎˎ 障ではありません。 JP 95 そ の 他 撮影 撮影できない。 メモリーカードの空き容量を確認してください (92, 93ページ) いっ 。 ˎˎ ぱいのときは、 下記のいずれかを行ってください。 フラッシュ充電中は撮影できません。 ˎˎ 動画撮影に使用できるメモリーカードは、 91ページをご覧ください。 ˎˎ を にしてください (85ページ) 。 [デモモード][切] ˎˎ ˋˋ 不要な画像を削除してください (68ページ) 。 ˋˋ メモリーカードを交換してください。 再生 再生できない。 メモリーカードが奥まで挿入されているか確認してください。 ˎˎ パソコンでフォルダー/ファイルの名前を変更したためです。 ˎˎ パソコンで画像を加工したファイルや他機で撮影した画像は、 本機での再 ˎˎ 生は保証いたしません。 本機がUSBモードになっています。 USB接続を終了してください。 ˎˎ パソコン内の画像を本機で再生するには 「PlayMemories Home」 をご使 ˎˎ 用ください。 Macで再生する場合は、 Macに搭載されているアプリケーショ ンをご利用ください。 96 JP 使用上のご注意 使用/保管してはいけない場所 低温、 または多湿になる場所 ˎˎ異常に高温、 炎天下や夏場の窓を閉め切った自動車 内は特に高温になり、 放置すると変形し たり、 故障したりすることがあります。 直射日光の当たる場所、 熱器具の近くで ˎˎ の保管 変色したり、 変形したり、 故障したりする ことがあります。 ˎˎ激しい振動のある場所 ˎˎ強力な磁気のある場所 砂浜などの砂ぼこりの多い場所 ˎˎ砂地、 海辺や砂地、 あるいは砂ぼこりが起こる 場所などでは、 砂がかからないようにして ください。 故障の原因になるばかりか、 修 理できなくなることもあります。 表面をきれいにする 水やぬるま湯を少し含ませた柔らかい 布で軽く拭いたあと、 からぶきします。 本機の表面が変質したり塗装がはげた りすることがあるので、 以下のことは行 わないでください。 ベンジン、 アルコール、 化学ぞう ˎˎシンナー、 きん、 虫除け、 日焼け止め、 殺虫剤のよう な化学薬品類の使用 ˎˎ上記が手についたまま本機を扱うこと ˎˎゴムやビニール製品との長時間の接触 モニターのお手入れ ハンドクリーム等が付いたままに ˎˎ手の脂、 するとコーティングが剥がれやすくなり ますので、 早めに拭き取ってください。 ˎˎティッシュペーパーなどで強く拭くと コーティングに傷がつくことがあります。 ˎˎモニターに指紋やゴミが付いて汚れたと きは、 表面のごみなどをやさしく取り除 いてから、 柔らかい布などを使ってきれ いにすることをおすすめします。 持ち運びについて ズボンやスカートの後ろポケットに本機 を入れたまま、 椅子などに座らないでく ださい。 故障や破損の原因になります。 動作温度にご注意ください 本機の動作温度は約0 ℃~40 ℃です。 動作温度範囲を越える極端に寒い場所 や暑い場所での撮影はおすすめできま せん。 お手入れについて レンズやフラッシュ発光部をきれい にする レンズやフラッシュ発光部に指紋やゴミ が付いて汚れたときは、 柔らかい布など を使ってきれいにしてください。 結露について 結露とは、 本機を寒い場所から急に暖か い場所へ持ち込んだときなどに、 本機の 内部や外部に水滴が付くことです。 この 状態でお使いになると、 故障の原因にな ります。 そ の 他 結露が起きたときは 電源を切って結露がなくなるまで約1時 間放置し、 結露がなくなってからご使用 ください。 特にレンズの内側に付いた結 露が残ったまま撮影すると、 きれいな画 像を記録できませんのでご注意くださ い。 JP 97 内蔵の充電式バックアップ電 池について 本機は日時や各種の設定を電源の入/ 切に関係なく保持するために充電式電 池を内蔵しています。 充電式電池は本機 を使用している限り常に充電されてい ますが、 使う時間が短いと徐々に放電し 1か月程度まったく使わないと完全に放 電してしまいます。 充電してから使用し てください。 ただし、 充電式電池が充電 されていない場合でも、 日時を記録しな いのであれば本機を使うことができます。 バッテリーについて バッテリーの充電について 周囲の温度が10℃ ~ 30℃の環境で充 電してください。 これ以外では、 効率の よい充電ができないことがあります。 ˎˎ周囲の温度が低いとバッテリーの性能が 低下するため、 使用できる時間が短くな ります。 より長い時間ご使用いただくた めに、 バッテリーをポケットなどに入れて 温かくしておき、 撮影の直前、 本機に取り 付けることをおすすめします。 ズーム撮影などを頻繁 フラッシュ撮影、 ˎˎ にすると、 バッテリーの消費が早くなりま す。 ˎˎ撮影には予定撮影時間の2 ~ 3倍の予備 事前に試し撮り バッテリーを準備して、 をしてください。 バッテリーは防水構造ではありません。 ˎˎ 水などにぬらさないようにご注意くださ い。 ˎˎ高温になった車の中や炎天下などの気温 の高い場所に放置しないでください。 電源が ˎˎバッテリーの端子部が汚れると、 入らなかったり、 充電ができないなどの 症状が出る場合があります。 このような 場合は柔らかい布や綿棒などで軽く拭い て汚れを落としてください。 ˎˎバッテリーを長時間使用しない場合でも、 機能を維持するために、 1年に1回程度充 電して本機で使い切り、 その後本機を湿 度の低い涼しい場所で保管してください。 本機でバッテリーを使い切るには、 スライ ˎˎ ドショー (82ページ) を再生して、 電源 が切れるまでそのままにしてください。 接点 ˎˎ本機から取り出したバッテリーは、 汚れ、 ショート等を防止するため、 携帯、 保管時は必ずポリ袋などに入れて金属か ら離してください。 使用回 ˎˎバッテリーには寿命があります。 数を重ねたり、 時間が経過するにつれ バッテリーの容量は少しずつ低下します。 使用できる時間が大幅に短くなった場合 は、 寿命と思われますので新しいものを バッテリーの上手な使いかた 内蔵の充電式バックアップ電池の充 電方法 本機に充電されたバッテリーを入れて、 電源を切ったまま24時間以上放置する。 本機の廃棄/譲渡に関するご 注意 個人情報保護のため本機を廃棄・譲渡 するときには以下の操作を行ってくだ さい。  ˎ[設定リセット] すべての設定をリ ˎ セットする (86ページ) 個人顔の全削除 (82ページ) ˎˎ バッテリーの保管方法について メモリーカードを廃棄/譲渡す るときのご注意 本機やパソコンの機能による 「フォー マット」「削除」 や では、 メモリーカード内 のデータは完全には消去されないことが あります。 メモリーカードを譲渡すると きは、 パソコンのデータ消去専用ソフト などを使ってデータを完全に消去する ことをおすすめします。 また、 メモリー カードを廃棄するときは、 メモリーカー ド本体を物理的に破壊することをおす すめします。 バッテリーの寿命について 98 JP お買い上げください。 保管方法、 使用状況や環境によっ ˎˎ寿命は、 てバッテリーごとに異なります。 Eye-Fiカードについて Eye-Fiカードは一部の国、 または地域で 販売しています。 ˎˎEye-Fiカードに関するお問い合わせは、 その製造者・販売者に直接ご確認くださ い。 ˎˎEye-Fiカードはご購入された国のみで使 用が認められています。 使用する国の法 律に従ってお使いください。 JP 99 そ の 他 保証書とアフター サービス 記録内容の補償はできません 万一、 デジタルスチルカメラやメモリー カードなどの不具合などにより記録や 再生されなかった場合、 記録内容の補償 については、 ご容赦ください。 ます。 部品の交換について この商品は修理の際、 交換した部品を再 生、 再利用する場合があります。 その際、 交換した部品は回収させていただきま す。 部品の保有期間について 保証書は国内に限られていま す このデジタルスチルカメラは国内仕様で す。 外国で万一、 事故、 不具合が生じた 場合の現地でのアフターサービスおよび その費用については、 ご容赦ください。 当社はデジタルスチルカメラの補修用性 能部品 (製品の機能を維持するために必 要な部品) を製造打ち切り後5年間保有 しています。 ただし、 故障の状況その他 の事情により、 修理に代えて製品交換を する場合がありますのでご了承くださ い。 保証書 ˎˎこの製品には保証書が添付されています ので、 お買い上げの際お買い上げ店でお 受け取りください。 ˎˎ所定事項の記入および記載内容をお確か 大切に保存してください。 めの上、 アフターサービス 調子が悪いときはまずチェックを “故障かな?と思ったら”の項を参考に して故障かどうかお調べください。 それ でも具合の悪いときは相談窓口にご相 談ください (裏表紙) 。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させ ていただきます。 詳しくは保証書をご覧 ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、 ご要望により有料修理させていただき 100 JP 安全のために  2ページもあわせてお読みください。 下記の注意事項を守らないと、 火災、 大けがや死亡 にいたる危害が発生することがあります。 分解や改造をしない 火災や感電の原因となります。 内部点検や修理は相談窓口にご依頼ください。 内部に水や異物 (金属類や燃えやすい物など) を入れない 火災、 感電の原因となります。 万一、 水や異物が入ったときは、 すぐに電源を 切り、 電池を取り出してください。 ACアダプターやバッテリーチャージャーなども コンセントから抜いて、 相談窓口にご相談ください。 運転中に使用しない 自動車、 オートバイなどの運転をしながら、 撮影、 再生をしたり、 モニターを見るこ とは絶対おやめください。 交通事故の原因となります。 撮影時は周囲の状況に注意をはらう 周囲の状況を把握しないまま、 撮影を行わないでください。 事故やけがなどの原因 となります。 指定以外の電池、 ACアダプター、 バッテリーチャージャーを使わない 火災やけがの原因となることがあります。 機器本体や付属品、 メモリーカードは、 乳幼児の手の届く場所に置か ない 電池などの付属品や、 メモリーカードなどを飲み込むおそれがあります。 乳幼児の 手の届かない場所に置き、 お子様がさわらぬようご注意ください。 万一飲み込んだ 場合は、 直ちに医師に相談してください。 そ の 他 電池やショルダーベルト、 ストラップを正しく取り付ける 正しく取り付けないと、 落下によりけがの原因となることがあります。 また、 ベルトやストラップに傷がないか使用前に確認してください。 電源コードを傷つけない 熱器具に近づけたり、 加熱したり、 加工したりすると火災や感電の原因となります。 また、 電源コードを抜くときは、 コードに損傷を与えないように必ずプラグを持っ て抜いてください。 可燃性/爆発性ガスのある場所でフラッシュを使用しない JP 101 つづき 下記の注意事項を守らないと、 火災、 大けがや死亡 にいたる危害が発生することがあります。 フラッシュ、 AF補助光などの撮影補助光を至近距離で人に向けない 特に乳幼児を撮 ˎˎ 至近距離で使用すると視力障害を起こす可能性があります。 影するときは、 1m以上はなれてください。 目がくらみ、 事故を起こす原因となります。 ˎˎ 運転者に向かって使用すると、 長時間、 同じ持ち方で使用しない。 使用中に本機が熱いと感じなくても皮膚の同じ場所が長時間触れたままの状態で いると、 赤くなったり水ぶくれができたりなど低温やけどの原因となる場合があり ます。 以下の場合は特にご注意いただき、 三脚などをご利用ください。 ˎˎ 気温の高い環境でご使用になる場合。 皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合。 ˎˎ 血行の悪い方、 ワイヤレス機能ご使用上の注意 心臓ペースメーカーの装着部位から22cm以上離して使用する 電波によりペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。 病院などの医療機関内、 医療用電気機器の近くではワイヤレス機能を 使用しない 電波が影響を及ぼし、 誤動作による事故の原因となるおそれがあります。 航空機内ではワイヤレス機能を使用しない 電波が影響を及ぼし、 誤動作による事故の原因となるおそれがあります。 本製品を使用中に他の機器に電波障害などが発生した場合は、 ワイ ヤレス機能の使用を中止する 電波が影響を及ぼし、 誤動作による事故の原因となるおそれがあります。 102 JP 下記の注意事項を守らないと、 けがや財産に損害を 与えることがあります。 水滴のかかる場所など湿気の多い場所やほこり、 油煙、 湯気の多い場 所では使わない 火災や感電の原因になることがあります。 ぬれた手で使用しない 感電の原因になることがあります。 不安定な場所に置かない ぐらついた台の上や傾いた所に置いたり、 不安定な状態で三脚を設置すると、 製品 が落ちたり倒れたりして、 けがの原因となることがあります。 コード類は正しく配置する 電源コードやパソコン接続ケーブル、 A/V接続ケーブルなどは、 足に引っ掛けると 製品の落下や転倒などによりけがの原因となることがあるため、 充分注意して接 続・配置してください。 通電中のACアダプター、 バッテリーチャージャー、 充電中の電池や製 品に長時間ふれない 長時間皮膚が触れたままになっていると、 低温やけどの原因となることがあります。 使用中は機器を布で覆ったりしない 熱がこもってケースが変形したり、 火災、 感電の原因となることがあります。 長期間使用しないときは、電源をはずす 長期間使用しないときは、 電源プラグをコンセントからはずしたり、 電池を 本体からはずして保管してください。 火災の原因となることがあります。 そ の 他 フラッシュの発光部を手でさわらない フラッシュ発光部を指・手袋などで覆ったまま発光しない。 また、 発光後もしばら くは発光部に手を触れないでください。 やけど、 発煙、 故障の原因となります。 レンズやモニターに衝撃を与えない レンズやモニターはガラス製のため、 強い衝撃を与えると割れて、 けがの原因とな ることがあります。 電池や付属品、 メモリーカード、 アクセサリーなどを取りはずすときは、 手をそえる 電池やメモリーカードなどが飛び出すことがあり、 けがの原因となることがありま す。 JP 103 電池についての 安全上のご注意とお願い 漏液、 発熱、 発火、 破裂、 誤飲による大けがや やけど、 火災などを避けるため、 下記の注意 事項をよくお読みください。 ˎˎ 乾電池型充電式電池・バッテリーパックは指定されたバッテ リーチャージャー以外で充電しない。 火の中へ入れない、 電子レンジやオーブン ˎˎ 電池を分解しない、 で加熱しない。 高温になった車の中などに放置し ˎˎ 電池を火のそばや炎天下、 ない。 このような場所で充電しない。 保管 ˎˎ 電池をコインやヘアーピンなどの金属類と一緒に携帯、 しない。 ˎˎ 電池を水・海水・牛乳・清涼飲料水・石鹸水などの液体でぬ らさない。 ぬれた電池を充電したり、 使用したりしない。 踏みつけたり、 落下させた ˎˎ 電池をハンマーなどでたたいたり、 りするなどの衝撃や力を与えない。 ˎˎ バッテリーパックが変形・破損した場合は使用しない。 ˎˎ アルカリ電池/ニッケルマンガン電池は充電しない。 傷つけたりしない。 外装シールの一 ˎˎ 外装シールをはがしたり、 部または、 すべてをはがしてある電池や破れのある電池は絶 対に使用しない。 +、 正しく入れる。 ˎˎ 電池は、 -を確かめ、 長期間使用しない場合は機器から ˎˎ 電池を使い切ったときや、 取り出しておく。 リチウムイオン電池は、 リサイクルできます。 不要になったリチウムイオン電 池は、 金属部にセロハンテープなどの絶縁テープを貼ってリサイクル協力店 へお持ち下さい。 お願い リチウムイオン電池 充電式電池の回収・リサイクルおよびリサイクル協力店については、 一般社団法人JBRCホームページ http://www. jbrc. net/hp/contents/index. html を参照して下さい。 JP 104 主な仕様 本体 [システム] 撮像素子:13. 2 mm×8. 8 mm (1. 0型) Exmor R CMOSセンサー 総画素数:約2090万画素 カメラ有効画素数:約2020万画素 レンズ: カール ツァイス バリオ・ゾナーT 3. 6倍ズームレンズ f=10. 4 mm ~37. 1 mm (28 mm ~ 100 mm (35 mmフィル ) F1. 8 ~F4. 9 (T) ム換算値)、 (W) : 動画撮影時 (16:9) 1 29 mm ~ 105 mm 動画撮影時 (4:3) : 36 mm ~ 128 mm1 1 ‌ [手ブレ補正][スタンダード] が のと き 手ブレ補正:光学式 露出制御:自動、 絞り優先、 シャッタース ピード優先、 マニュアル露出、 シーンセ レクション ホワイトバランス:オート/太陽光/日陰/曇 天/電球/蛍光灯 (温白色/白色/ 昼白色/昼光色)/フラッシュ/ 色温度・カラーフィルター/ カスタム 記録方式: 静止画記録方式: JPEG (DCF、 Exif、 MPF Baseline) 準拠、 RAW (ソニーARW 2. 3フォーマット) 、 DPOF対応 動画記録方式 (AVCHD方式) : AVCHD規格 Ver. 2. 0準拠 映像:MPEG-4 AVC/H. 264 音声:Dolby Digital 2ch ドルビーデジタルステレオクリエーター 搭載 ド   ‌ ルビーラボラトリーズからの実施 権に基づき製造されています。 動画記録方式 (MP4方式) : 映像:MPEG-4 AVC/H. 264 音声:MPEG-4 AAC-LC 2ch 記録メディア: “メモリースティック XC デュオ”、 “メモリースティック PRO デュオ”、 “メモリースティック マイクロ”、 SD カード、 microSD メモリーカード フラッシュ:撮影範囲 (ISO感度 (推奨露光指数) がオートのとき) 約0. 3 m~約15. 0 m (W)/ 約0. 55 m~約5. 7 m (T) [入出力端子] HDMI端子:HDMIマイクロ端子 マルチ端子:USB通信 USB通信:Hi-Speed USB (USB 2. 0)  この商品にはマイクロUSB規格に対応し た機器をつなぐことができます。 [モニター] 液晶モニター: 7. 5 cm (3. 0型) TFT駆動 、 総ドット数:1 228 800ドット [電源・その他] 電源:リチャージャブルバッテリー パックNP-BX1、 3. 6 V ACアダプター AC-UB10/UB10B/UB10C/UB10D、 5 V 消費電力 (撮影時) :約1. 5 W 動作温度:0 ℃~40 ℃ 保存温度:-20 ℃~+60 ℃ : 外形寸法 (CIPA準拠) 101. 6 mm×58. 1 mm×38. 3 mm (幅×高さ×奥行き) 本体質量 (CIPA準拠) (バッテリーNP-BX1、 “メモリースティック デュオ”を含む) : 約281 g マイクロホン:ステレオ スピーカー:モノラル Exif Print:対応 PRINT Image Matching III:対応 そ の 他 [ワイヤレスLAN] 対応規格:IEEE 802. 11b/g/n 使用周波数帯:2. 4GHz帯 セキュリティー:WEP/WPA-PSK/ WPA2-PSK JP 105 接続方式:WPS(Wi-Fi Protected Setup)/ マニュアル アクセス方式:インフラストラクチャーモー ド NFC:NFCフォーラム Type 3 Tag準拠 ACアダプター AC-UB10/UB10B/UB10C/ UB10D 定格入力:AC 100 V~240 V、 50 Hz/60 Hz、 70 mA 0. 5 A 定格出力:DC 5 V、 動作温度:0 ℃~40 ℃ 保存温度:-20 ℃~+60 ℃ 外形寸法:約50 mm×約22 mm×約 54 mm (幅×高さ×奥行き) 本体質量:約48 g リチャージャブルバッテリー パックNP-BX1 使用電池:リチウムイオン蓄電池 最大電圧:DC 4. 2 V 公称電圧:DC 3. 6 V 容量:4. 5 Wh (1 240 mAh) 本機や付属品の仕様および外観は、 改良 のため予告なく変更することがあります が、 ご了承ください。 商標について ˎˎ以下はソニー株式会社の商標です。 、 “サイバーショット”、 “Memory Stick”、 “メモリースティック”、 、 “Memory Stick PRO”、 “メモリースティック PRO”、 、 “Memory Stick Duo”、 “メモリース 、 ティック デュオ”、 “Memory Stick PRO Duo”、 “メモリー スティックPRO デュオ”、 、 “Memory Stick PRO-HG Duo”、 “メモリースティックPRO-HG デュオ”、 106 JP 、 “Memory Stick XC-HG Duo”、 “メモ リースティック XC-HG デュオ”、 、 “Memory Stick Micro”、 “メモリース ティック マイクロ”、 、 “MagicGate”、 “マジックゲート”、 、 “ブラビア”、 “ブラ ビアプレミアムフォト” ˎˎBlu-ray DiscおよびBlu-rayは ブルーレイディスクアソシエーションの商 標です。 ˎˎAVCHD Progressiveおよび AVCHD Progressiveロゴは、 ソニー株式会社とパナソニック株式会社 の商標です。 ドルビー、 およびダブルD記号は、 ˎˎDolby、 ドルビーラボラトリーズの商標です。 HDMI High-Definition ˎˎHDMI、 Multimedia Interface およびHDMIロ ゴは、 HDMI Licensing LLC の商標もし くは米国およびその他の国における登録 商標です。 Windows、 DirectX、 ˎˎMicrosoft、 Windows Vistaは、 米国 Microsoft Corporationの米国およびそ の他の国における登録商標または商標で す。 Mac OS、 iMovie、 App Storeは ˎˎMac、 Apple Inc. の登録商標または商標です。 米国シスコの商標もしくは登録商 ˎˎiOSは、 標です。 Intel Coreは Pentium、 ˎˎIntel、 Intel Corporationの登録商標または商 標です。 ˎˎSDXCロゴはSD-3C, LLCの商標です。 Google PlayはGoogle Inc. ˎˎAndroid、 の登録商標または商標です。 Wi-Fiロゴ、 ˎˎWi-Fi、 Wi-Fi PROTECTED SET-UPは Wi-Fi Allianceの商標または登録商標で す。 ˎˎNマークはNFC Forum, Inc. の米国およ びその他の国における商標あるいは登録 商標です。 フェリカネッ ˎˎおサイフケータイマークは、 トワークス株式会社の登録商標です。 は、 ˎ「おサイフケータイ」 株式会社NTTドコ ˎ モの登録商標です。 ˎˎDLNAおよびDLNA CERTIFIEDは Digital Living Network Allianceの商 標です。 は株式会社ソ ˎ「プレイステーション 3」 ˎ ニー・コンピュータエンタテインメントの 商品です。 また、 、 “プレイステーショ ン”および“PlayStation”は同社の登録商 標です。 “f”ロゴはFacebook, Inc. の ˎˎFacebook、 商標または登録商標です。 ˎˎYouTubeおよびYouTubeロゴは、 Google Inc. の商標または登録商標です。 ˎˎEye-FiはEye-Fi, Inc. の商標です。 本書に記載されているシステム ˎˎその他、 名、 製品名は、 一般に各開発メーカーの登 録商標あるいは商標です。 なお、 本文中に は、 マークは明記していません。 特 ˎˎ “Works with PlayStation 3”ロゴは、 定のPlayStation 3専用ソフトウェアと 連携することで、 さらなる楽しみを提供 する製品につけるマークです。 そ の 他 JP 107 索引 赤目軽減発光. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . アクセスポイント登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85 アップロード設定 (Eye-Fi). . . . . . . . . . . . . . 84 . [. . . ] 25, 58 風音低減. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79 風景. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43 フォーカスモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47 フォーマット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68 フォルダー新規作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83 ブラケット. フラッシュモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 ブラビアリンク. プリント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68, 83 プレミアムおまかせオート. . . . . . . . . . . . . . . . . 29 プログラムオート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30 プロテクト. [. . . ]

SONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY CYBER-SHOT DSC-RX100M2のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag