ユーザーズガイド SONY FA-MC1AM

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY FA-MC1AMのユーザマニュアルを入手できます。 SONY FA-MC1AMのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY FA-MC1AMのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY FA-MC1AM : ユーザーガイドを完全にダウンロード (464 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY FA-MC1AM ANNEXE 1 (401 ko)
   SONY FA-MC1AM (416 ko)
   SONY FA-MC1AM annexe 2 (472 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY FA-MC1AM

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 主な特長 ノイズキャンセリング ヘッ ドホン 取扱説明書  周囲からの騒音を低減し、快適な音量でクリアなサウンドが聴ける、ノイズキャンセリ ング機能  携帯 収納スタイルにあわせて選べる折りたたみスタイル ・ (スイーベル式&コンパク ト)  POWER スイッチを OFF」 「 にしたままでも、通常のヘッドホンとしても使用可能 3  音の解像度を高め、クリアな中高音と豊かな低音を再生する 300 kJ/m 高磁力マグネッ ト採用  航空機用プラグアダプター付属  省電力化により電池持続時間が向上。単 4 形アルカリ乾電池 1 本で約 80 時間のリスニン グが可能 (1) 4-431-886-01(1) © 2012 Sony Corporation Printed in Malaysia FA-MC1AM 使いかた 1 ヘッドホンを開く 2 乾電池を入れる OPEN 左右識別用突起 3 接続する デジタルミュージック プレイヤーなど デュアル ジャック ステレオ ミニジャック 4 電源を入れる 5 装着する お使いになったあとは 「 にしておいてください。 POWER スイッチを OFF」 乾電池の持続時間 乾電池の種類 ソニー単 4 形 アルカリ乾電池 LR03 ソニー単 4 形 マンガン乾電池 R03 1) 2) 持続時間 1) 約 80 時間 2) 約 40 時間 2) 1 kHz、0. 1 mW + 0. 1 mW 出力時 周囲の温度や使用状態により、上記の持続時 間と異なる場合があります。  湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所や 直射日光のあたる場所には置かないでく ださい。故障の原因となります。  落としたりぶつけたりなどの強いショッ クを与えないでください。  ユニット部はていねいに扱ってください。  本機をご使用中に気分が悪くなったとき は、即時に使用を中止してください。  直射日光が長時間当たる場所や、暖房器 具の近く、窓をしめきった自動車内など の温度が非常に高い 60℃以上) ( ところ や、湿気の多いところでのご使用、放置 は避けてください。 アフターサービス 調子が悪いときはまずチェ ックを この説明書をもう一度ご覧になってお調べく ださい。 それでも具合の悪いときは ソニーの相談窓口、またはお買い上げ店にご 相談ください。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させてい ただきます。 詳しくは保証書をご覧ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、ご要 望により有料修理させていただきます。 肌に合わないと感じたときは、使 わない 肌に合わないと感じたときは早めに 使用を中止して、医師またはソニー の相談窓口、お買い上げ店にご相談 ください。  本機を使用中に気分が悪くなった場 合は、すぐに本機の使用を中止して ください。 ご注意 静電気に関するご注意 人体に蓄積される静電気によりノイズが聞こ えたり、音がとぎれたり、耳にピリピリと痛 みを感じたりすることがあります。天然素材 の衣服を身につけることで軽減できます。 電池についての 安全上のご注意 液漏れ 破裂 発熱 発火 誤飲による ・ ・ ・ ・ 大けがや失明を避けるため、下記の 注意事項を必ずお守りください。 電池の種類については、電池本体上の表 示をご確認ください。 本製品にはお客様にご利用いただくための 乾電池を付属していますが、付属の乾電池 は工場出荷時点に梱包されたものであり、 お客様がお買い上げになるまでの期間に消 耗している場合があります。付属の乾電池 をお使いになる場合は、新しい乾電池の持 続時間として本書に記載されている所定の 持続時間に満たないことがあります。 安全に関するお知らせ 電気製品は、安全のための注意 事項を守らないと、火災や人身 事故になることがあります。この取扱説明書 には、事故を防ぐための重要な注意事項と製 品の取り扱いかたを示しています。この取扱 説明書をよくお読みのうえ、製品を安全にお 使いください。お読みになったあとは、いつ でも見られるところに必ず保管してください。 故障とお考えになる前に 音が出ない。  ヘッドホンと機器との接続を確認する。  ヘッドホンにつないだ機器の電源が入っ ているか確認する。  つないだ機器の音量を上げる。 乾電池の交換時期 乾電池 アルカリ、マンガン POWER ランプが点滅したり消えた場合 は、新しい乾電池と交換してください。 使用上のご注意 ノイズキャンセリング機能とは 外部の環境ノイズ (乗り物内の騒音や室内の 空調音など) と逆位相の音を出すことで環境 ノイズが低減して聞こえる機能です。 安全のために ソニー製品は安全に充分配慮して設計されて います。しかし、 電気製品はすべて、 まちがっ た使いかたをすると、火災や感電などにより 人身事故になることがあり危険です。 事故を防ぐために次のことを必ずお守りくだ さい。  接続先の取扱説明書も必ずお読みくださ い。  安全のための注意事項を守る。  故障したら使わない。  万一、異常が起きたら、ソニーの相談窓口 またはお買い上げ店に修理を依頼する。 ノイズキャンセリング効果が低い。  ノイズキャンセリング機能は、飛行機や 電車の騒音 エアコンのファンの音など ・ 低周波に対して有効で、人の声など高周 波を含む音に対して低周波同様の効力 を発揮するものではありません。  ヘッドホンの POWER スイッチを ON」 「 にする。 乾電池が液漏れしたとき 乾電池の液が漏れたときは素手で液 をさわらない 液が本体内部に残ることがあるため、ソ ニーの相談窓口またはソニーサービス窓 口にご相談ください。 液が目に入ったときは、失明の原因にな ることがあるので目をこすらず、すぐに 水道水などのきれいな水で充分洗い、た だちに医師の治療を受けてください。 液が身体や衣服についたときも、やけどや けがの原因になるので、すぐにきれいな水 で洗い流し、皮膚に炎症やけがの症状が あるときには医師に相談してください。 ノイズキャンセリング機能につい てのご注意  ノイズキャンセリング効果がきちんと得 られるように、イヤーパッドが耳を覆う ように装着してください。  ヘッドホンのかけかたによっては、ノイ ズキャンセリング効果が減少することが あります。  ヘッドホンのマイク部を手などで覆わな いでください。ノイズキャンセリングが 正しく機能しなくなることがあります。 音がひずむ。  つないだ機器の音量を下げる。 電源が入らない。  乾電池が消耗していないか POWER ラン ( プが消えていないか) 、乾電池の向きが 正しいかを確認する。乾電池を新しいも のと交換するか、 正しい向きで入れ直す。 警告表示の意味 この表示の注意事項を守ら ないと、火災、感電、破裂 などにより死亡や大けがな どの人身事故が生じます。 この表示の注意事項を守ら ないと、火災や人身事故の 原因となります。 この表示の注意事項を守ら ないと、けがをしたり周辺 の家財に損害を与えたりす ることがあります。 行為を禁止する記号 主な仕様 一般仕様 形式 密閉ダイナミック型 ドライバーユニット ( 30 mm、ドーム型 CCAW 採用) 最大入力 50 mW インピーダンス ( 17 Ω ON 時、1 kHz にて) ( 19 Ω OFF 時、1 kHz にて) 音圧感度 95 dB/mW ON 時) ( ( 98 dB/mW OFF 時) 再生周波数帯域 30 Hz ∼ 20, 000 Hz 1 総騒音抑制量 TNSR)) ( 約 10 dB2) コード 約 1. 2 m OFC リッツ線 プラグ 金メッキ L 型ステレオミニプラ グ 電源 DC 1. 5 V、単 4 形乾電池× 1 質量 約170 g 電池含む、コード含まず 同梱物 ヘッドホン 1)航空機用プラグアダプター 3) ( 、 (1) 、単 4 形乾電池 1) ( 、取扱説明書 1) ( 、保 証書 1) ( 1) 2)  小さい電池は飲み込む恐れがあるので、 乳幼児の手の届くところに置かない。万が一 飲み込んだ場合は、窒息や胃などへの障害 の原因になるので、 直ちに医師に相談する。  機器の表示に合わせて+と−を正しく入れる。  充電しない。  火の中に入れない。分解、加熱しない。  コイン、キー、ネックレスなどの貴金属類と 一緒に携帯 保管しない。 ョー ・ シ トさせない。  液漏れした電池は使わない。  使いきった電池は取りはずす。長時間使 用しないときも取りはずす。 ・  火のそばや直射日光のあたるところ 炎天 下の車中など、高温の場所で使用 保管 ・ ・ 放置しない。  外装のビニールチューブをはがしたり傷 つけたりしない。  指定された種類以外の電池は使用しない。 マイク部  POWER スイッチを ON」 「 にするとサ−とい う音がしますが、これはノイズキャンセリ ング機能の動作音で故障ではありません。  ノイズキャンセリング機能は、乗り物や空 調などの主に低い周波数帯域の騒音に対し てもっとも効果を発揮します。すべての音 が打ち消されるわけではありません。  静かな場所やノイズの種類によっては、 ノイズキャンセリング効果が感じられな い、またはノイズが大きくなると感じら れる場合があります。  自動車、バスなどでご使用の場合、路面 状況によってはノイズが発生することが あります。  携帯電話の影響によりノイズが入ること があります。この場合は、携帯電話から 本機を離してください。 交通安全のために 運転中は使用しない 自動車やバイク、 自転車などの運転中に、 ヘッ ドホンは絶対に使わないでください。 交通事故の原因となります。 周囲の音が聞こえないと危険な場所では 使用しない 歩行中でも音量を上げすぎるとまわりの音が 聞こえなくなり危険です。 また、このヘッ ドホンは周囲の音を低減する タイプですので、警告音なども聞こえにくく なります。 踏み切りや横断歩道、駅のホーム、 車の通る道、工事現場など、周囲の 音が聞こえないと危険な場所では使 わないでください。 航空機内で使用するときのご注意 航空機内で電子機器の使用が禁止されてい る場合や、 機内のエンターティンメントサー ビスを個人のヘッドホンで利用することが 禁止されている場合は、本機を使用しない でください。 当社測定法による。 当社規定の航空機シミュレートノイズ下にお ける、ノイズキャンセリング ON 時と、ヘッ ドホンの非装着時との比較による値です。 総騒音抑制量約 10 dB は音のエネルギーで約 90 % の騒音低減に相当します。 3) 機内のエンターティンメントサービスによっ ては、対応ができない場合があります。 取り扱い上のご注意  ヘッドホン装着中は密閉度が高くなるた め、ヘッドホンの上から強い力が加わると 鼓膜を傷つける恐れがあります。他の人と 接触したり、ボールなどが飛んでくるよう な場所では使用しないでください。  ヘッドホンを耳に押し付けると、振動板 から音が生じる場合があります。これは 故障ではありません。  汚れは、乾いた柔らかい布でふき取って ください。  常に良い音でお聞きいただくために、プ ラグを時々柔らかい布でからぶきし、清 潔に保ってください。  イヤーパッドが汚れたり損傷した場合、 またはヘッドホンが故障した場合は、ソ ニーの相談窓口またはお買い上げ店にご 相談ください。 本機の仕様および外観は、改良のため予告 なく変更することがありますが、ご了承く ださい。 ご注意 大音量で長時間つづけて聞きすぎ ない 耳を刺激するような大きな音量で長 時間つづけて聞くと、聴力に悪い影 響を与えることがあります。耳を守 るため、音量を上げすぎないように ご注意ください。 ソニーは、 製品をご購入いただいたお客様のサポー トの充実を図るため製品登録をお願いしております。 詳しくはウェブ上の案内をご覧ください。 パソコンから ( CEマークは主にEEA European Economic 各国など、法律に定められた国にお Area) いてのみ有効です。 はじめからボリュームを上げすぎない 突然大きな音が出て耳をいためることがあ ります。接続した機器のボリュームは徐々 に上げましょう。 とくに、MD、CD やDATなど、雑音の少ない デジタル機器を聞くときにはご注意ください。 http://www. sony. co. jp/avp-regi/ 携帯電話から 2次元コー ド対応のカメラつき携帯電話の読み取り機能 でご利用ください。 保証書とアフターサービス 保証書  この製品には保証書が添付されていますの で、お買い上げの際お受け取りください。  所定事項の記入および記載内容をお確か めのうえ、大切に保存してください。 落としたりぶつけたりしない 故障の原因となります。 http://reg. msc. m. sony. jp/avp/ [. . . ] [. . . ]

SONY FA-MC1AMダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY FA-MC1AMのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag