ユーザーズガイド SONY MDR-AS410AP

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY MDR-AS410APのユーザマニュアルを入手できます。 SONY MDR-AS410APのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY MDR-AS410APのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY MDR-AS410AP : ユーザーガイドを完全にダウンロード (1176 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY MDR-AS410AP

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] extension. smartkey ヘッドホン部 形式 : 密閉ダイナミック ドライバーユニット : • 9 mm、ドーム型• (CCAWボイスコイル) 最大入力 : 100 mW (IEC*) インピーダンス : • 16 Ω kHzにて) (1 音圧感度 : 103 dB/mW 再生周波数帯域 : • 5 Hz ~ 24, 000 Hz ケーブル : 約1. 2 m Y型 プラグ : 金メッキL型4極ミニプラグ 質量 : 約 10 g (ケーブル含まず) マイク部 形式 : エレクトレットコンデンサー 指向性 : 全指向性 開回路電圧レベル : • –40 dB (0 dB=1 V/Pa) 有効周波数帯域 : • 20 Hz ~ 20, 000 Hz ハイブリッドイヤーピース• (SS、S、M、L 各 2、出荷時はMサイズが装着) キャリングポーチ(1) ケーブル長アジャスター (1) クリップ (1) * IEC(国際電気標準会議) 規格による測定値で す。 “Xperia”は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。 Android™および Google Play™はGoogle Inc. の商標または登録商標です。 本機の仕様および外観は、改良のため予告なく 変更することがありますが、ご了承ください。 付属品 マルチファンク ションボタン マイク •• 押すと通話、音楽再生ができます。通話を終 了、音楽を一時停止するにはもう一度押して ください。 * 対応していないスマートフォンに接続した場 合、マイクが使用できなかったり、充分な音 量が得られないことがあります。 お使いのスマートフォンによって動作が異 なったり対応していないことがあります。最 新の対応機種は下記のホームページからご確 認ください。 http://www. sony. jp/support/headphone/ 本機はデジタルミュージックプレーヤーでの 動作は保証していません。 安全に関するお知らせ •• 音量を上げすぎると音が外に漏れます。まわ りの人の迷惑にならないように気をつけま しょう。雑音の多いところでも呼びかけられ 電気製品は安全のための注意事項を守らないと、 て返事ができるくらいの音量を目安にしてく 火災や人身事故になることがあります。この取 ださい。 扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事 •• 本機が肌に合わないと感じたときは早めに使 項と製品の取り扱いかたを示しています。この 交通安全のために 用を中止して、医師またはソニーの相談窓口、 取扱説明書をよくお読みのうえ、製品を安全に お買い上げ店にご相談ください。 お使いください。お読みになったあとは、いつ 運転中は使用しない •• 本機を使用中に気分が悪くなった場合はすぐ でも見られるところに必ず保管してください。 自動車やバイク、自転車などの運転中に、本機 に本機の使用を中止してください。 は絶対に使わないでください。交通事故の原因 •• イヤーピースはしっかり取り付けてください。 となります。運転中以外でも、踏切や駅のホー イヤーピースがはずれて耳に残るとけがや病 ム、車の通る道、工事現場など、周囲の音が聞 気の原因となることがあります。 こえないと危険な場所では使わないでください。 安全のために •• スマートフォンとつないだ本機をかばんなど ソニー製品は安全に充分配慮して設計されてい に一緒に入れる場合は、誤ってリモコンのボ ます。しかし、電気製品はすべてまちがった使 タンを押してしまわないようご注意ください。 いかたをすると、火災や感電などにより人身事 故になることがあり危険です。事故を防ぐため •• 耳を刺激するような大きな音量で長 に次のことを必ずお守りください。 時間続けて聞くと、聴力に悪い影響 •• 接続先の取扱説明書も必ずお読みください。 を与えることがあります。耳を守るため音量 •• 安全のために注意事項を守る。 を上げすぎないようにご注意ください。 •• 故障したら使わない。 •• 万一異常が起きたら、ソニーの相談窓口また はお買い上げ店に修理を依頼する。 取り扱い上のご注意 •• 本機は精密機器のため落としたりぶつけたり せずに、ていねいに扱ってください。 •• 水洗いはおやめください。故障の原因となり ます。 •• 汗や突然の雨に強い防滴仕様• 水の中に入れたり、長時間強い水しぶきにあ てないでください。また、海水にはあてない でください。故障の原因になります。製品に 水や汗、砂等がついている場合は、きれいに ふき取ってください。音が出る部分に水気が 残ると、音が出ない場合があります。その場 合は、水気を取り除いて自然乾燥させてくだ さい。 •• 湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所や直射 日光のあたる場所には置かないでください。 •• ユニット部とプラグは、乾いた柔らかい布で 時々からぶきしてください。 •• ユニット部に息を吹きかけないでください。 •• イヤーピースがはずしにくいときは乾いた柔 らかい布でくるむとはずしやすくなります。 また、装着しているときに振動板から音が生じ •• イヤーピースが汚れたら本機からはずして薄 る場合がありますが故障ではありません。 めた中性洗剤で手洗いしてください。洗浄後 は水気をよくふいてから取り付けてください。 イヤーピースは消耗品です。イヤーピース •• 長時間の使用や環境によってひび割れたり変 が破損し交換する場合は、別売りの 形するおそれがあります。ひび割れや変形が EP-EX11シリーズ (SS、S、M、L、LLの各サ 見られるときは、ご使用を控えていただくか、 イズ) をお買い求めください。 ソニーの修理相談窓口またはお買い上げ店に ご相談ください。 人体に蓄積される静電気により耳にピリピリと 痛みを感じることがあります。天然素材の衣服 を身につけることで軽減できます。 使用後は、ゆっくりと耳から取りはずしてくださ い。 静電気に関するご注意 万一故障した場合は、内部を開けずに、ソ ニーの相談窓口、またはお買い上げ店にご 相談ください。 イヤーレシーバーをはずすときは ご注意 本機は密閉度を高めていますので、強く押され た場合や急に耳からはずした場合、鼓膜などを 痛める危険があります。 故障かな?と思ったら ヘッドホンをご使用中に困ったときや、ト ラブルが発生したときは ヘッドホンサポートのホームページで調べる。 http://www. sony. jp/support/headphone/ 保証書とアフターサービス •• この製品には保証書が添付されていますので お買い上げの際お受け取りください。 •• 所定事項の記入および記載内容をお確かめの うえ、大切に保存してください。 •• 保証期間はお買い上げ日より1年間です。 製品登録のおすすめ 保証書について 二次元コード読み取り機 能でご利用ください。 アフターサービス 調子が悪いときは この説明書をもう一度ご覧になってお調べくだ さい。 ソニーの相談窓口、またはお買い上げ店にご相 談ください。 保証書の記載内容に基づいて修理させていただ きます。詳しくは保証書をご覧ください。 修理によって機能が維持できる場合は、ご要望 により有料修理させていただきます。 それでも具合が悪いときは 保証期間中の修理は 音が出ない ノイズが出る 音が途切れるなど、 ・ ・ よくあるお問い合わせとその回答をご案内して います。 保証期間経過後の修理は 型名 MDR-AS410AP : ©2016 Sony Corporation Printed in Thailand [. . . ] [. . . ]

SONY MDR-AS410APダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY MDR-AS410APのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag