ユーザーズガイド SONY MDR-EX38IP

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY MDR-EX38IPのユーザマニュアルを入手できます。 SONY MDR-EX38IPのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY MDR-EX38IPのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY MDR-EX38IP : ユーザーガイドを完全にダウンロード (654 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY MDR-EX38IP (334 ko)
   SONY MDR-EX38IP (702 ko)
   SONY MDR-EX38IP annexe 2 (517 ko)
   SONY MDR-EX38IP annexe 1 (334 ko)
   SONY MDR-EX38IP DATASHEET (159 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY MDR-EX38IP

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] の商標です。 「 「 「Made for iPod」 Made for iPhone」および、 Made for iPad」とは、それぞ れ iPod、iPhone、iPad 専用に接続するよう設計され、アップルが定める性能基  イヤーレシーバーの正しい装着方法 1 左右を確認し、図のように持つ。 イヤーピース 準を満たしているとデベロッパによって認定された電子アクセサリであることを示 します。アップルは、本製品の機能および安全および規格への適合について一切の 責任を負いません。 交通安全のために 運転中は使用しない 自動車やバイク、自転車などの運転中はイヤーレシーバーは絶対に使わないでくださ い。交通事故の原因となります。 運転中以外でも、踏切や駅のホーム、車の通る道、工事現場など、周囲の音が聞こえ ないと危険な場所では使わないでください。 2 主な特長 手元で簡単にリモコン操作できる iPod & iPhone、iPad 用ヘッドセット ハンズフリーで通話可能(iPhone 使用時) ボイスメモを録音(ボイスメモに対応した iPod モデルのみ) 音の解像度を高め、クリアな中高音と重厚でパワフルな低音を再生する 400 kJ/m3 高磁力ネオジウムマグネット採用  密閉度が高く、長時間使用でも快適で安定した装着性を実現した、ハイブリッドイ ヤーピースを採用  コード長:1. 2 m     本体が耳におさまるようにしっかりと装着する。  の印のついた方を右耳に、 の印のついた方を左耳に付けてください。  の印の方には左右識別用の突起があります。 左右識別用突起 3 イヤーピースが耳にきちんと装着されるように調節する。  耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聞くと、聴力に悪い影響を 与えることがあります。耳を守るため、音量を上げすぎないようにご注意 ください。  このイヤーレシーバーは、音量を上げすぎると音が外に漏れます。音量を上げすぎ て、まわりの人の迷惑にならないように気をつけましょう。雑音の多いところでは 音量を上げてしまいがちですが、イヤーレシーバーで聞くときはいつも呼びかけら れて返事ができるくらいの音量を目安にしてください。  イヤーレシーバーが肌に合わないと感じたときは早めに使用を中止して、医師また はソニーの相談窓口、お買い上げ店にご相談ください。  本機を使用中に気分が悪くなった場合は、すぐに本機の使用を中止してください。 イヤーピースがはずれて耳に残ると、  イヤーピースはしっかり取り付けてください。 けがや病気の原因となることがあります。  iPod とつないだイヤーレシーバーとを付属のキャリングポーチなどに一緒に入れ る場合は、誤ってリモコンボタンを押してしまわないようご注意ください。 コードスライダーの使いかた コードスライダーを上下に動かして、コードの分岐を調節することができます。 コード長アジャスター(付属)の使いかた 図のようにコードを巻きつけて長さを調節できます。 (巻きつける長さは 50 cm までを目安に調節してください。それ以上巻きつけると コードがはずれやすくなります。 ) ご注意 プラグやコード分岐部分を巻きつけないようにしてください。負担がかかりやすく断線につながる 恐れがあります。 リモコン / マイクの使いかた つないだ iPod を操作できます。 各部のなまえと働き 音量+ボタン センターボタン 音量−ボタン マイク 主な仕様 レシーバー部 形式: ドライバーユニット: 最大入力: インピーダンス: 音圧感度: 再生周波数帯域: コード: プラグ: 質量: 密閉ダイナミック型 保証書とアフターサービス 保証書について お買い上げの際お受け取りください。  この製品には保証書が添付されていますので、  所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、大切に保存してください。  保証期間は、お買い上げ日より1年間です。 アフターサービス 調子が悪いときは この説明書をもう一度ご覧になってお調べください。 それでも具合が悪いときは ソニーの相談窓口、またはお買い上げ店にご相談ください。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。 詳しくは保証書をご覧ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料修理させていただきます。  音量+ボタン iPod の音量が上がります。 センターボタン ‒ 1 回押す( ) iPod の曲を再生 / 一時停止します。 : ‒ 2 回押す( ) :次の曲を頭出しします。 ‒ 3 回押す( ) :前の曲を頭出しします。 ‒ 押し続ける( )“VoiceOver”機能が始まります(対応する場合のみ)*。 : ‒ 着信時に 1 回押す( ) :通話できます。通話を終了するにはもう一度押してく ださい。 ) :着信拒否できます。ビープ音が小さく 2 ‒ 着信時に 2 秒以上押し続ける( 回鳴って着信拒否を知らせます。  9 mm、ドーム型(CCAW 採用) 100 mW(IEC*) 16 Ω(1 kHz にて) 100 dB/mW 6 ∼ 23, 000 Hz 1. 2 m Y 型コード 4 極 金メッキ ステレオミニプラグ 約 3 g(コード含まず) –42 dB(0 dB=1 V/Pa) イヤーピース(S 、M、L 各 2) キャリングポーチ(1) コード長アジャスター(1) マイク部 開回路電圧レベル: 付属品: * IEC( 国際電気標準会議)規格による測定値です。 本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありますが、ご了承ください。 * iPod およびソフトウエアのバージョンによって異なります。  音量−ボタン iPod の音量が下がります。 取り扱い上のご注意  落としたりぶつけたりなどの強いショックを与えないでください。  ユニット部はていねいに扱ってください。  湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所や直射日光のあたる場所には置かないでくだ さい。故障の原因となります。  常に良い音でお聞きいただくために、プラグを時々柔らかい布でからぶきし、清潔 に保ってください。  汚れは、乾いた柔らかい布でふき取ってください。その際、ユニット部に息を吹き かけることはしないでください。特にプラグ部分を汚れたままにしておくと、音質 が悪くなったり、音がとぎれたりすることがあります。  イヤーピースのお手入れは、イヤーレシーバーからイヤーピースをはずし、うすめ た中性洗剤で手洗いしてください。 洗浄後は、 水気をよくふいてからご使用ください。  イヤーピースは長期の使用・保存により劣化する恐れがあります。 イヤーピースは消耗品です。イヤーピースが破損し交換する場合は、別売りの EP-EX10 シリーズ(SS、S、M、L の各サイズ)をお買い求めください。  万一故障した場合は、内部を開けずに、ソニーの相談窓口、またはお買い上げ店 にご相談ください。 製品登録のおすすめ ソニーは、製品をご購入いただいたお客様のサポートの充実を図るため、 製品登録をお願いしております。詳しくはウェブ上の案内をご覧ください。 パソコンから イヤーピースの正しい装着方法 イヤーピースが耳にフィットしていないと、低音が聞こえないことがあります。より 良い音質を楽しんでいただくためには、イヤーピースのサイズを交換したり、おさま りの良い位置に調整するなど、ぴったり耳に装着させるようにしてください。 お買い上げ時には、M サイズが装着されています。サイズが耳に合わないと感じた ときは、付属の L サイズや S サイズに交換してください。付属以外にも S サイズよ りも小さい SS サイズを別売しています。 イヤーピースがはずれて耳に残らないよう、イヤーピースを交換する際には、イヤー レシーバーにしっかり取り付けてください。 イヤーピースのサイズ(内側の色) 小さい (別売) SS (赤) http://www. sony. co. jp/avp-regi/ 携帯電話から 2次元コード対応のカメラつき携帯電話の読み取り機能で ご利用ください。 http://reg. msc. m. sony. jp/avp/ 断面図 (橙) S  大きい (緑) M (水色) L 着色部分 イヤーピースをはずすときは イヤーレシーバーを片手で押さえ、もう一方の手でイヤーピースを軸ごとねじりなが らはずします。 静電気に関するご注意 空気が乾燥する時期に耳にピリピリと痛みを感じることがありますが、イヤーレシー バーの故障ではなく人体に蓄積される静電気によるものです。静電気の発生しにくい 天然素材の衣服を身に着けていただくことにより軽減されます。  ヒント イヤーピースが滑りやすくはずしにくいときは、乾いた柔らかい布でくるむとはずしやすくなりま す。 イヤーピースをつけるときは イヤーレシーバーの突起部分が完全に隠れるまで、イヤーピースの着色部分を押し込 んでください。 [. . . ] [. . . ]

SONY MDR-EX38IPダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY MDR-EX38IPのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag