ユーザーズガイド SONY MDR-HW300K

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY MDR-HW300Kのユーザマニュアルを入手できます。 SONY MDR-HW300Kのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY MDR-HW300KのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY MDR-HW300K : ユーザーガイドを完全にダウンロード (449 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY MDR-HW300K

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 使いかた 1 ワイヤレスステレオ ヘッドホンシステム 取扱説明書 ヘッドホンを充電する。 2 AC アダプターをつなぐ。 付属のケーブルをつないで使うには 付属の接続ケーブルを使うと、 通常のヘッドホンとして使えます。使用中に充電することもできます。 必ず付属の接続ケーブルをご使用ください。また耳の保護のため、つなぐ機器の音量を下げておいて ください。 電源コンセントへ (赤点灯) 充電完了 (消灯) 付属の接続ケーブル CHG ランプが消えたら 3 AV 機器をつなぐ。  AV 機器のヘッドホン端子につなぐ場合 テレビスピーカーと本機の両方から音声を聞くには テレビではなく、チューナーやレコーダーにトランスミッターをつないでください。 またテレビによっては、音声出力設定を変更すれば、両方から音声を聞くことができる場合がありま す。設定について詳しくは、お使いのテレビの取扱説明書をご覧ください。 テレビやデジタルミュージックプレーヤーなど ヘッドホン端子  AV 機器のヘッドホン端子以外の音声出力 L/R) ( 端子につなぐ場合 4-478-288-01(1) ©2013 Sony Corporation Printed in China 別売のプラグアダプター PC-63S) ( をお使いください。 MDR-HW300K プラグアダプター ( PC-63S 別売) ( L 白) 音声出力 (L/R) 端子 ステレオシステム、 ブルーレイディスク、 DVDプレーヤー、 ヘッドホン端子がないテレビなど 本体/付属品を確かめる トランスミッター TMR-HW300 ˎˎ 主な特長 高音質な非圧縮デジタル無線伝送方式採用 ˎˎ 障害物を気にすることなく使用が可能な 2. 4 GHz 帯 無線伝送方式ワイヤレスヘッドホン。 非圧縮伝送により劣化のない音質を実現。 (到達距離最大約 30 m) 臨場感に満ちた迫力のあるサウンド ˎˎ 直径 40 mm の高磁力ネオジウムドライバーユニッ ト採用により、臨場感に満ちた迫力のあるサウン ドを再現。 長時間装着を考慮した快適な装着感 ˎˎ ソフトなイヤーパッドとヘッドクッションを採用 し、長時間装着しても疲れにくく、快適なリスニ ングが可能。 ( 端子にトランス AV 機器の音声出力 L/R) ミッターをつないで音がひずむときは、 ヘッドホン端子につないでください。 R( 赤 ) ヘッドホン MDR-HW300 ˎˎ 4 ヘッドホンを装着する。 はじめに 耳の保護のため、/ (電源) ランプが点灯したら、ヘッドホンの VOL 音量) ( ボタンで音量を下げて おいてください。 5 AV 機器を再生する。 約 10 分以上音声入力がない、または入力音量が小さいときは 音声入力がないことをトランスミッターが検知すると、 分間POWERランプが緑色に点滅してから、 10 自動的に無線伝送を休止します *。再び音声信号を検知すると、無線伝送を再開します。 また、機器側の音量が小さい場合も休止することがあります。この場合は機器の音量を音がひずまな い範囲でなるべく大きくして、ヘッドホンの音量を下げてください。 音声信号が入力されていなくても、 雑音などの影響で電源が自動的に切れないことがあります。 * AV機器によっては、 AC ˎˎ アダプター 音声が途切れにくいリアルタイムチャンネルセレ ˎˎ クション 他の 2. 4 GHz 帯使用機器からの電波干渉を自動回避 する音声が途切れにくい 「リアルタイムチャンネル セレクション」 を搭載。 ヘッドホンにボリュームコントロール機能搭載 ˎˎ 便利で簡単な USB 充電方式 ˎˎ フル充電 (約 3 時間) で約 10 時間の長時間動作。充 電しながら音楽も楽しめる。 (ワイヤード動 通常のヘッドホンとしても使用可能 ˎˎ 作) 付属の接続ケーブルを使用すれば通常のヘッドホ ンとしても使用可能。 お手持ちのスマートフォンやデジタルミュージッ クプレイヤーなどと接続し、音楽を楽しめる。 収納に便利なスイーベル機構採用 ˎˎ 左右識別用突起 ランプが点灯したら 指を離す マイクロ USB ケーブル ˎˎ 接続ケーブル ˎˎ 6 音量を調節する。 音量が最大、または最小になると、ヘッドホンから 「ピピッ」 と音がします。 お使いになったあとは 1 AV 機器の再生を停止する。 (電源) スイッチを押し続ける。 2 ランプが消えるまで、ヘッドホンの/  ヒント トランスミッターからの無線伝送が休止して約 5 分経過すると、自動的にヘッドホンの電源が切れます。 ヘッドホンを折りたたむには 左右を確認してから折りたたんでください。 突起 充電についてのヒント まず充電を! ヘッドホンは充電式リチウムイオン電池を内蔵して います。充電してからお使いください。 イヤーパッドを交換するには イヤーパッドは消耗品です。汚れたり破損した場合 は、 下図のようにイヤーパッドを交換してください。 このイヤーパッドは市販されていませんので、 ソニー の相談窓口、またはお買い上げ店にご相談の上、お 取り寄せください。 1 古くなったイヤ−パッドをはずす。 機器認定について 本機は、電波法に基づく小電力データ通信システム の無線設備として、認証を受けています。従って、 本機を使用するときに無線局の免許は必要ありませ ん。 ただし、以下の事項を行うと法律に罰せられること があります。 本機を分解 / 改造すること ˎˎ 本機に貼ってある証明ラベルをはがすこと ˎˎ ‚‚ヘッドホンを充電する。それでも/ (電源) ラン プが点灯しない場合は、ソニーサービス窓口にお 持ちください。 音が途中で止まる ‚‚トランスミッターは、 10 分間音声入力がなかっ 約 たり機器側の音量が小さかったりすると停止し ます。トランスミッターにつないだ AV 機器の音 量を、ひずまない範囲でなるべく上げてくださ い。 充電できない、CHG (充電) ランプが点灯しない、ま たは点滅する ‚‚ヘッドホンとパソコンが付属のマイクロUSBケー ブルでしっかり接続されているか確認する。 (ス ‚‚パソコンの電源が入っているか、スタンバイ リープ) 、休止状態に入っていないか確認する。 ‚‚ヘッドホンとパソコンが USB ハブなどを経由せ ずに直接つながっているか確認する。 ‚‚接続しているパソコンの USB 端子に問題がある 可能性がある。パソコンに別の USB 端子があれ ば、その USB 端子に接続し直す。 ‚‚上記に当てはまらない場合は、 接続をし直す。 USB 「ピッピッピ…」 と警告音が鳴って、ヘッドホンがト ランスミッターからの電波を受信できない。 ‚‚電波の届く範囲に移動する。 ‚‚トランスミッターと AV 機器、AC アダプターとの 接続、電源コンセントの接続を確認する。 ‚‚トランスミッターとヘッドホンの周辺に 2. 4 GHz 帯の周波数を使用する無線や電子レンジなどの 機器がないか確認する。 ‚‚トランスミッターの位置を変える。 ‚‚トランスミッターは、 10 分間音声入力がなかっ 約 たり機器側の音量が小さかったりすると停止し ます。トランスミッターにつないだ AV 機器を再 生するか、音量をひずまない範囲でなるべく上げ てください。 商標について Microsoft および Windows、Windows Vista は、 ˎˎ 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他 の国における登録商標、または商標です。 Macintosh、Mac OS は、米国および他の国々で ˎˎ 登録された Apple Inc. [. . . ] [. . . ]

SONY MDR-HW300Kダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY MDR-HW300Kのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag