ユーザーズガイド SONY STR-DH740

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY STR-DH740のユーザマニュアルを入手できます。 SONY STR-DH740のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY STR-DH740のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY STR-DH740 : ユーザーガイドを完全にダウンロード (7872 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY STR-DH740 Â (1273 ko)
   SONY STR-DH740 (8166 ko)
   SONY STR-DH740 ANNEXE 1 (8166 ko)
   SONY STR-DH740 QUICK SETUP GUIDE (858 ko)
   SONY STR-DH740 MARKETING SPECIFICATIONS (199 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY STR-DH740

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 4-448-428-03(1) マルチチャンネル インテグレートアンプ 取扱説明書 お買い上げいただきありがとうございます。 電気製品は安全のための注意事項を守らないと、火災や人身事故にな ることがあります。 この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱いかたを示し ています。この取扱説明書と別冊の「安全のために」をよくお読みのうえ、製品を安 全にお使いください。 お読みになったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してください。 STR-DH740 この取扱説明書につ いて この取扱説明書では、主に付属のリモコ ンを使った操作のしかたを説明していま す。リモコンと同様もしくは類似した名 前のボタンやつまみが本体にある場合 は、本体でも同様に操作できます。 このマークは「高温注意 」を意味し (Hot Surface) ます。動作中に、この面を さわると熱く感じることが あります。 HDMI、HDMI High-Definition Multimedia Interface および HDMI ロ ゴは、HDMI Licensing LLC の商標も しくは米国およびその他の国における登 録商標です。 iPod、iPod classic、iPod nano、 and iPod touch は、米国および他の 国々で登録された Apple Inc. の商標で す。 その他すべての商標および登録商標は各 社の所有物です。本文中では、™、® マークは明記していません。 「Made for iPod」 Made for iPhone」 「 とは、それぞれ iPod、iPhone 専用に接 続するよう設計され、アップルが定める 性能基準を満たしているとデベロッパに よって認定された電子アクセサリである ことを示します。アップルは、本製品の 機能および安全および規格への適合につ いて一切の責任を負いません。本製品を iPod、又は、iPhone と共に使用する と、ワイヤレス機能に影響を及ぼす可能 性があります。 商標について 本機はドルビー * デジタルデコーダー (EX)およびドルビープロロジック(II、 、 IIx、IIz) Dolby Digital Plus、Dolby TrueHD デコーダー、MPEG-2 AAC (LC)デコーダー、DTS**(DTS-ES お よび DTS 96/24)デコーダー、DTSHD デコーダーを搭載しています。 * ドルビーラボラトリーズからの実施権 に基づき製造されています。Dolby、 ドルビー、Pro Logic、Surround EX、AAC ロゴ及びダブル D 記号は ドルビーラボラトリーズの商標です。 ** 米国特許番号 5, 956, 674、 5, 974, 380、6, 226, 616、 6, 487, 535、7, 212, 872、 7, 333, 929、7, 392, 195、 7, 272, 567、その他米国および米国 外で特許申請中の実施権に基づき製造 されています。DTS-HD、シンボル、 および DTS-HD とシンボルの組み合 わせは登録商標です。また DTS-HD Master Audio は DTS 社の商標で す。製品にはソフトウェアが含まれて います。© DTS, Inc. [. . . ] 65 リモコンを使う 入力切り換え用ボタンの 割り当てを変更する . . . . . . . 70 入力切り換え用ボタンを 初期設定に戻す . . . . . . . . . . . . . /> 再生開始 一時停止 早戻し/早送り 前/次のトラックへ移動 Headphones not supported iPod または iPhone がつながっている ときは、ヘッドホンから音が出力されま せん。 iPhone コント ロール iPod/iPhone 操作モード を選択 34 製品名 型名 USB 機器を再生する 本機の (USB)ポートにつないで、 USB 機器の音楽コンテンツを楽しめ ます。 USB 機器の接続に関して詳しくは、 「iPod、iPhone、USB 機器をつな ぐ」 25 ページ)ページをご覧くださ ( い。 本機で再生できる音楽ファイルフォー マットは下記のとおりです。 ファイル フォーマット 拡張子 MP3 (MPEG-1 Audio Layer III) AAC* “. mp3” “. m4a” . 3gp” 、 “ 、 “. mp4” WMA9 Standard* “. wma” WAV で再生できません。 “. wav” * DRM でエンコードされたファイルは本機 対応 USB 機器 本機が対応しているソニー USB 機器 は下記のとおりです。 動作検証済みのソニー USB 機器 製品名 型名 ® Walkman NW-A856 / A866 NW-E053 / E062 NW-F806 NW-S756 / S766 / S775 NW-Z1060 NWD-W253 / W263 / W273 POCKETBIT™ USM8GJ USM1GL / 4GL / 8GL / 32GL USM16GLX / 32GLX / 64GLX USM4GN / 8GN / 32GN USM4GM USM64GP USM8GQ / 32GQ / 64GQ USM8GR / 16GR / 32GR USM8GT USM16GU USM512J デジタルボイ ICD-AX412F スレコーダー ICD-PX312F / PX333F ICD-SX713 / SX750 / SX950 / SX1000 ICD-TX50 ICD-UX502 / UX512 / UX513F / UX522F / UX523F / UX532 / UX533F ICZ-R50 / R51 ご注意 基本操作 • 本機とつないでも働かない USB 機器もあ ります。 • 本機では、NTFS フォーマットのデータ を読み取ることはできません。 • 本機では、ハードディスクドライブの一 番目以外のパーティションに保存された データを読み取れません。 • ここにリストアップされていない機種の 動作は保証しません。 • ここにリストアップされている USB 機器 のすべての動作を保証するものではあり ません。 35 • USB 機器によっては、一部の地域では入 手できない場合があります。 • リストアップされている機種をフォー マットするときは、その機器自体で フォーマットするか、もしくは機種専用 のフォーマット用ソフトウェアを使って フォーマットしてください。 • USB 機器の「Creating Library」または 「Creating Database」の表示が消えた ことを確認してから、USB 機器を本機に つないでください。 リモコンを使って USB 機器を操 作するには USB シャッフル リピート USB 機器を操作する V/v/B/b、 +/– ホーム 1 2 3 ホームを押す。 N X m/M . /> x テレビ画面にホームメニューが表 示されます。 「Listen」を選んで、 を押す。 USB 機器がつながれているとき は、テレビ画面に「USB」が表示 されます。 「USB」を選んで、 を押す。 USB を押してから、下記のボタンを お使いください。 押すボタン 動作 N X x m /M . /> 再生開始 一時停止 再生停止 早戻し/早送り 前/次のファイルへ移動 前/次のフォルダーへ移 動 リピートモードに入る (Off / One / All / Folder) 本機のリモコンを使って USB 機 器を操作できます。 テレビ画面に音楽コンテンツの情 報が表示されます。 +/– リピート * シャッフル * シャッフルモードに入る (Off / All / Folder / Folder) * をくり返し押して再生モードを選んでく ださい。 36 USB 機器についてご注意 • 操作中に USB 機器を取りはずさな いでください。データ破損や USB 機器の破損を防ぐため、USB 機器 • • • を取り付けるときや取りはずすとき は、本機の電源を切ってください。 本機と USB 機器を USB ハブを介 してつながないでください。 つないだ USB 機器の種類によって は、 Reading」が表示されるまで 「 に 10 秒ほどかかることがあります。 USB 機器がつながれているときは、 本機は USB 機器のファイルすべて を読み込みます。USB 機器に複数 のフォルダーやファイルがあると、 本機が USB 機器を読み込み終わる までに時間がかかることがありま す。 本機が認識できるデータ量は下記の とおりです。 「 – 256 フォルダー( ROOT」フォ ルダーを含む) – 各フォルダー 256 音声ファイル – 8 フォルダー階層(ツリー構造 ファイル、 ROOT」フォルダー 「 を含む) 最大音声ファイル数および最大フォ ルダー数は、ファイルやフォルダー 構成によって異なります。 USB 機器に別の種類のファイルや 不必要なフォルダーを保存しないで ください。 あらゆるエンコード/ライティング ソフトウェア、録音機器、記録媒体 との互換性は保証しません。互換性 のない USB 機器を使うと、騒音の 原因となったり、音が途切れたり、 あるいはまったく再生できないこと もあります。 下記のような場合は、再生開始まで に時間がかかることがあります。 – フォルダー構成が複雑な場合 – メモリー容量を超えている場合 つないだ USB 機器のすべての機能 に、本機が対応している必要はあり ません。 • 本機への再生順は、つないだ USB 機器の再生順とは異なることがあり ます。 • 音声ファイルのないフォルダーはス キップされます。 • 非常に長いトラックを再生している ときは、一部の操作が再生を遅らせ る原因となることがあります。 USB メッセージ一覧 メッセージと説明 基本操作 Reading 本機は、USB 機器の情報を認識して読 み込んでいます。 Device error USB 機器のメモリーが認識できません 。 でした(35 ページ) Not supported 対応していない USB 機器がつながれて いる、未確認の機器がつながれている、 もしくは USB 機器が USB ハブを介し 。 てつながれています(35 ページ) • No device is connected USB 機器がつながれていない、もしく はつながれた USB 機器が認識されてい ません。 No track トラックが見つかりませんでした。 • • • 37 FM/AM 画面 チューナーの操作 V/v/B/b と を押して、それぞれ の項目を画面上で選んで操作でき ます。 FM/AM ラジオを聞く 内蔵チューナーをとおして FM および AM 放送を聞くことができます。必ず 事前に FM および AM アンテナを本 。 機につないでください(26 ページ) ちょっと一言 ダイレクト選局の周波数スケールは以下の とおりです。 • FM 局:100 kHz • AM 局:9 kHz 1 周波数表示(39 ページ) 2 プリセット局一覧(39 ページ) 数字 ボタン V/v/B/b、 オプション ホーム ダイレクト 選局 自動で受信する(自動選局) 「Tuning +」または「Tuning –」を 選んで、 を押す。 1 2 ホームメニューから「Listen」を 選んで、 を押す。 メニューから「FM」または「AM」 を選んで、 を押す。 低い周波数から高い周波数の局へ順に スキャンするときは「Tuning +」を 選び、高い周波数から低い周波数の局 へ順にスキャンするときは 「Tuning –」を選びます。 放送局を受信するとスキャンを自動的 に停止します。 テレビ画面に FM または AM メ ニュー項目リストが表示されま す。 FM ステレオ放送の受信状態がよ くない場合 1 自動選局またはダイレクト選局 (39 ページ)を使って聞きたい曲を 受信する、もしくはプリセットした 。 放送局を選ぶ(39 ページ) 2 オプションを押す。 3「FM Mode」を選んで、 を押す。 4「Mono」を選んで、 を押す。 38 手動で受信する(ダイレクト 選局) 数字ボタンで放送局の周波数を直接入 力することができます。 FM/AM ラジオ放送 局をプリセットする (プリセットメモリー) お気に入りの放送局として、FM 局と AM 局で最大 30 局ずつ登録できま す。 V/v/B/b、 オプション 1 2 ダイレクト選局を押す。 数字ボタンを押して周波数を入力 し、 を押す。 例 1:FM 88. 00 MHz 8 b 8 b 0 と選ぶ。 例 2:AM 1, 350 kHz 1 b 3 b 5 b 0 と選ぶ。 ちょっと一言 AM 放送を受信するときは、付属の AM ループアンテナの向きを受信状態 の良い方向に調節してください。 1 2 3 4 チューナーの操作 放送局を受信できない場合 「– – – . – – MHz」または 「– – – – kHz」が表示され、画面が現 在の周波数に戻ります。 正しい周波数が入力されていることを 確認してください。周波数が正しく入 力されていない場合は、手順 1 から手 順 3 までをくり返してください。それ でも放送局を受信できない場合、その 地域では入力した周波数が使われてい ない可能性があります。 プリセットしたい放送局を自動受信 (38 ページ)またはダイレクト選局 (39 ページ)で受信する。 「Preset Memory」を選んで、 を押す。 プリセット番号を選んで、 を押す。 選んだプリセット番号で放送局が 登録されます。 手順 1 から 3 をくり返して、 他の放送 局を登録する。 下記のように放送局を登録できま す。 • AM 局:AM 1 から AM 30 • FM 局:FM 1 から FM 30 プリセットした放送局を受信 する 1 2 3 メニューから「FM」または「AM」 を選んで、 を押す。 「Select Preset」を選んで、 を 押す。 お好みのプリセットした放送局を 選んで、 を押す。 1 から 30 までのプリセット番号 が有効です。 39 プリセットした放送局に名前 をつける(Name Input) 音響効果を楽しむ 1 2 3 4 5 メニューから「FM」または「AM」 を選んで、 を押す。 「Select Preset」を選んで、 を 押す。 名前をつけたい放送局を選んで、 オプションを押す。 「Name Input」を選んで、 を押 す。 V/v をくり返し押して文字を選び、 b を押す。 サウンドフィールド を選ぶ 本機は、マルチチャンネルのサラウン ド音声を作り出すことができます。本 機にあらかじめ設定されているサウン ドフィールドから最適なサウンド フィールドを選ぶことができます。 1 2 3 B/b を押して、入力位置を前後に 移動できます。放送局には、最大 8 文字の名前を入力することがで きます。 ホームメニューから「Sound Effects」を選んで、 を押す。 「Sound Field」を選んで、 を 押す。 サウンドフィールドを選ぶ。 6 手順 5 をくり返して一文字ずつ入力 し、 を押す。 ちょっと一言 入力した名前が登録されます。 • リモコンのサウンドフィールド +/– をく り返し押して、お好みのサウンドフィー ルドを選ぶことができます。 • 本体の A. F. D. /2CH、MOVIE または MUSIC でも操作できます。 Auto Format Direct (A. F. D. )/2チャンネルサウ ンドモード • Auto Format Direct (A. F. D. ) モード:オートフォーマットダイレ クトモードを使って、より忠実な音 を聞いたり、2 チャンネルステレオ 音声をマルチチャンネルで聞くため のデコードモードを選んだりするこ とができます。 • 2 チャンネルサウンドモード:お使 いのソフトウェアの記録フォーマッ トやつないだ再生機器、本機のサウ ンドフィールドの設定などに関係な く、2 チャンネル音声出力に切り換 えることができます。 40 x A. F. D. AUTO) サラウンド効果なしで録音またはエン コードされたままの音声として処理し ます。 x HD-D. C. S. HD Digital Cinema Sound (HDD. C. S. ) は、ソニーが最新の音響およ びデジタル信号処理技術を用いて新た に開発した劇場音響再現技術です。こ の技術は、マスタリングスタジオの緻 密な計測データに基づいています。 HD-D. C. S. モードにより、マスタリ ング処理時に映画の音響技師が意図し たとおりの最適な臨場感とともに、高 音質なブルーレイや DVD の映画をご 自宅で楽しむことができます。 HD-D. C. S. のエフェクトタイプを下 記から選ぶことができます。 • Dynamic:残響は多い反面、広々 とした雰囲気に欠ける環境(音が充 分に吸収されていない環境)に適し ています。反射音を強調し、大型で 古いタイプの映画館の音を再現しま す。ダビングシアターの広々とした 雰囲気が強調され、独特の音場が作 り出されます。 • Theater:一般のリビングルーム向 けです。映画館(ダビングシア ター)のような残響を再現します。 ブルーレイディスクに録画されたコ ンテンツを映画館の雰囲気で鑑賞し たいときに最も適しています。 • Studio:適切な音響機器を備えたリ ビングルームに適しています。劇場 用音源をブルーレイディスク用とし て家庭での鑑賞に適した音量にリ ミックスするときの、残響感を再現 します。反射音や残響音は最低限の レベルに抑えています。ただし、セ リフやサラウンド効果が生き生きと 再生されます。 x Multi Stereo (MULTI ST. ) 2 チャンネルの左/右の信号をすべて のスピーカーから出力します。ただ し、スピーカーの設定によっては、一 部のスピーカーから音が出力されない ことがあります。 x 2ch Stereo (2CH ST. ) フロント左/右の 2 本のスピーカーの みから音を出力します。アクティブサ ブウーファーからは音を出力しませ ん。 通常の 2 チャンネルステレオ音源はサ ウンドフィールド処理を完全に回避 し、マルチチャンネルサラウンド フォーマットは 2 チャンネルにダウン ミックスされます。 音響効果を楽しむ x Analog Direct (A. DIRECT) 選んでいる入力の音声を、2 チャンネ ルのアナログ入力に切り換えます。こ の機能を使って、高品質のアナログ音 源を楽しむことができます。 この機能を使っているときは、音量と フロントスピーカーのレベルのみ調節 できます。 ご注意 入力に BD、DVD、GAME および USB を 選んでいるときは、 Analog Direct」は選 「 べません。 ムービーモード 本機にあらかじめ設定されているサウ ンドフィールドを選ぶだけで、簡単に サラウンド音声を楽しめます。ご自宅 で、映画館の臨場感を再現できます。 x PLII Movie ドルビープロロジック II ムービーモー ドのデコード処理を行います。この設 定は、ドルビーサラウンドにエンコー ドされた映画に適しています。また、 このモードでは、吹き替え版や古い映 画のビデオなどの音声も 5. 1 チャンネ ルで再生できます。 41 x PLIIx Movie ドルビープロロジック IIx ムービー モードのデコード処理を行います。こ の設定は、ドルビープロロジック II ムービーまたはドルビーデジタル 5. 1 を 7. 1 映像チャンネルにディスクリー トします。 x Portable Audio (PORTABLE) ポータブルオーディオ機器から、より クリアな音像を再現します。MP3 や その他の圧縮された音源に適していま す。 x PLIIz Height (PLIIz) ドルビープロロジック IIz モードのデ コード処理を行います。この設定は、 5. 1 チャンネルから垂直方向の成分を 加えた 7. 1 チャンネルに音源を拡張 し、立体感と奥行きを表現できます。 x PLII Music ドルビープロロジック II ミュージック モードのデコード処理を行います。 CD など通常のステレオ音源に適して います。 x PLIIx Music ドルビープロロジック IIx ミュージッ クモードのデコード処理を行います。 CD など通常のステレオ音源に適して います。 x Neo:6 Cinema (Neo:6 CIN) DTS Neo:6 Cinema モードのデコー ド処理を行います。2 チャンネルの フォーマットで録音された音源を 7 チャンネルにデコードします。 x PLIIz Height (PLIIz) ドルビープロロジック IIz モードのデ コード処理を行います。この設定は、 5. 1 チャンネルから垂直方向の成分を 加えた 7. 1 チャンネルに音源を拡張 し、立体感と奥行きを表現できます。 ミュージックモード 本機にあらかじめ設定されているサウ ンドフィールドを選ぶだけで、簡単に サラウンド音声を楽しめます。ご自宅 で、コンサートホールの臨場感を再現 できます。 x Hall (HALL) クラシックのコンサートホールの音響 を再現します。 x Neo:6 Music (Neo:6 MUS) DTS Neo:6 Music モードのデコード 処理を行います。2 チャンネルの フォーマットで録音された音源を 7 チャンネルにデコードします。CD な ど通常のステレオ音源に適していま す。 x Jazz Club (JAZZ) ジャズクラブの音響を再現します。 x Live Concert (CONCERT) 300 席のライブハウスの音響を再現し ます。 x Stadium (STADIUM) 広々とした屋外のスタジアムの雰囲気 を再現します。 x Sports (SPORTS) スポーツ中継放送の雰囲気を再現しま す。 42 ヘッドホンをつないでいる場 合には このサウンドフィールドは、本機に ヘッドホンをつないでいるときのみ選 択できます。 • PLIIx Movie/Music と PLIIz Height を同時に選ぶことはできま せん。 – PLIIx Movie/Music は、スピー カーパターンをサラウンドバック スピーカーありの設定にした場合 のみ使用できます。 – PLIIz Height は、スピーカーパ ターンをフロントハイスピーカー ありの設定にした場合のみ使用可 能です。 • 音楽用と映画用のサウンドフィール ドは、以下の場合は機能しません。 – サンプリング周波数が 48 kHz よ りも高い DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio または Dolby TrueHD を受信している。 –「Analog Direct」が選ばれてい る。 • スピーカーパターンが 2/0 または 2/0. 1 に設定されているときは、 、 、 「PLII Movie」「PLIIx Movie」 、 、 「PLII Music」「PLIIx Music」 、 「PLIIz Height」「Neo:6 Cinema」および「Neo:6 Music」 は機能しません。 • 音楽用のサウンドフィールドのいず れかを選んでいるときは、 Speaker Settings メニューですべてのス ピーカーが「Large」に設定されて いると、アクティブサブウーファー から音が出力されません。ただし、 以下の場合には、アクティブサブ ウーファーから音が出ます。 – デジタル入力信号に LFE 信号が 含まれている。 – フロントまたはサラウンドスピー カーが「Small」に設定されてい る。 、 、 –「Multi Stereo」「PLII Movie」 、 、 「PLII Music」「PLIIx Movie」 、 「PLIIx Music」「PLIIz 、 Height」「HD-D. C. S. 」または 「Portable Audio」が選ばれてい る。 x HP 2CH ヘッドホンを使用すると自動的に選ば 。 れます( Analog Direct」を除く) 「 通常の 2 チャンネルステレオ音源はサ ウンドフィールド処理を完全に回避 し、LFE 信号以外のマルチチャンネ ルサラウンドフォーマットは 2 チャン ネルにダウンミックスされます。 x HP Direct (HP DIRECT) 「Analog Direct」が選ばれていると きにヘッドホンを使用すると、自動的 に選ばれます。 イコライザー、サウンドフィールドな どの処理を行わずに、アナログ信号を 出力します。 音響効果を楽しむ アクティブサブウーファーをつな いでいる場合 アクティブサブウーファーから 2 チャ ンネル信号に出力される低域効果音の LFE 信号がないときは、本機がアク ティブサブウーファーへ出力用の低周 波信号を生成します。ただし、すべて のスピーカーが「Large」に設定され ているときは、 Neo:6 Cinema」ま 「 たは「Neo:6 Music」では低周波信 号が生成されません。 ドルビーデジタルの低音リダイレクト 回路を最大限に活かすため、アクティ ブサブウーファーのカットオフ周波数 をできるだけ高域に設定することをお すすめします。 サウンドフィールドについて ご注意 • スピーカーパターンの設定によって は、使用できないサウンドフィール ドがあります。 43 ナイトモード機能を 使う 小さな音量でも映画館のような環境を 作り出すことができます。深夜に映画 をみるときに、小さな音量でも会話を はっきりと聞き取ることができます。 この機能は、サウンドフィールドが選 択されている場合でも使用できます。 イコライザーを調整 する 以下のパラメーターを使って、フロン トスピーカーの音質(低域/高域のレ ベル)を調節できます。 低域 レベル 高域 1 2 3 (dB) 周波数 (Hz) ホームメニューから「Sound Effects」を選んで、 を押す。 「Night Mode」を選んで、 を押 す。 「On」または「Off」を選んで、 を押す。 1 2 3 4 ホームメニューから「Sound Effects」を選んで、 を押す。 「Equalizer」を選んで、 を押す。 「Bass」か「Treble」どちらかの ゲインを選んで、 を押す。 ゲインを調節し、 を押す。 ご注意 この機能は、 Analog Direct」が選ばれて 「 いるときは働きません。 ちょっと一言 ご注意 • 本機の NIGHT MODE でも、ナイトモー ド機能のオン/オフの設定ができます (7 ページ) 。 • ナイトモードが有効になると、低域、高 域、エフェクトレベルが上がり、 「D. Range Comp. 」が自動的に「On」 に設定されます。 「 • この機能は、 Analog Direct」が使われ ているときは働きません。 • Bass と Treble の周波数は固定です。 • 音声フォーマットによっては、本機は入 力信号の本来のサンプリング周波数より も低いサンプリング周波数で信号を再生 することがあります。 補正タイプを選ぶ 自動音場補正を実行したあとに、補正 タイプを選べます。詳しくは、 ( 「Calibration Type」 58 ページ)を ご覧ください。 44 ピュアダイレクト機 能を使う ピュアダイレクトモードで、原音によ り忠実な音を楽しめます。ピュアダイ レクトがオンのときは、音質に影響を 及ぼすノイズを抑えるために、表示窓 は消灯します。ピュアダイレクト機能 はすべての入力で使えます。 サウンドフィールド を初期設定状態に戻 す この操作は、必ず本体のボタンを使っ て行ってください。 ?/ 1 MUSIC 1 2 3 ホームメニューから「Sound Effects」を選んで、 を押す。 「Pure Direct」を選んで、 を押 す。 「On」または「Off」を選んで、 を押す。 ご注意 ピュアダイレクト機能が選ばれているとき 、 、 は、 Equalizer」「Night Mode」「Auto 「 Volume」および「D. Range Comp. 」は 働きません。 ちょっと一言 1 2 3 ?/1 を押して本機の電源を切る。 MUSIC を押しながら、?/1 を押す。 音響効果を楽しむ 「S. F. CLEAR」が表示窓に表示さ れたら、すべてのボタンをはなす。 すべてのサウンドフィールドが初 期設定状態に戻ります。 リモコンまたは本機の PURE DIRECT ボ タンを使って、ピュアダイレクト機能を オン/オフできます。 ピュアダイレクトを解除するには 以下の操作を行うと、ピュアダイレク ト機能が解除されます。 – PURE DIRECT をもう一度押す。 – サウンドフィールドを変える。 – テレビのシーン設定を変える(シー ンセレクト) 。 、 、 –「Equalizer」「Night Mode」 「Auto Volume」 または D. Range 「 Comp. 」の設定を変える。 45 「シーンセレクト」および「オーディオ機 • “ブラビアリンク”機能 器コントロール」は、ソニー独自の機能 です。他社製品をつないでも働きません。 “ブラビアリンク”に対応していない機器 • ではこれらの機能は働きません。 “ブラビアリンク”機 能とは ? “ブラビアリンク”機能により、 HDMI 機器制御機能を搭載する、テレ ビ、ブルーレイディスクレコーダー/ プレーヤー、DVD プレーヤー、AV アンプなどのソニー製品を連動操作す ることができます。 “ブラビアリンク”機能に対応するソ ニー製の機器を HDMI ケーブル(別 売)でつなぐと、以下の操作を簡単に 行うことができます。 • ワンタッチプレイ(47 ページ) • 電源オフ連動(48 ページ) • システムオーディオコントロール (48 ページ) • オートジャンルセレクター (49 ページ) • シーンセレクト(50 ページ) • オーディオ機器コントロール (50 ページ) • テレビリモコンからのメニュー操作 (51 ページ) “ブラビアリンク”の 準備をする 本機は、 HDMI 機器制御設定連動」 「 機能に対応しています。 • お使いのテレビが「HDMI 機器制御 設定連動」機能に対応している場合 は、テレビで HDMI 機器制御機能 を設定すると、本機と再生機器の HDMI 機器制御機能が自動で設定さ 。 れます(46 ページ) • お使いのテレビが「HDMI 機器制御 設定連動」機能に対応していない場 合は、本機、再生機器、およびテレ ビの HDMI 機器制御機能を別々に 。 設定してください(47 ページ) HDMI 機器制御機能は、HDMI CEC (Consumer Electronics Control) で使用されている、HDMI (HighDefinition Multimedia Interface) のための相互制御機能の規格です。 本機は“ブラビアリンク”機能に対応 している製品とつなぐことをおすすめ します。 ご注意 「HDMI 機器制御設定連動」機能 に対応しているテレビの場合 1 本機、テレビおよび再生機器を HDMI ケーブルで接続する(20、 21 ページ )。 (各機器が HDMI 機器制御機能に対 応している必要があります。 ) 2 本機、テレビ、再生機器の電源を入 れる。 3 テレビの HDMI 機器制御機能をオン にする。 本機およびすべての接続機器の HDMI 機器制御機能が同時に有効 になります。 COMPLETE」が表 「 示されるまでお待ちください。設定 が完了しました。 テレビの設定について詳しくは、テレ ビの取扱説明書を参照してください。 「ワンタッ • 他社製品をつないだ場合でも、 チプレイ」「システムオーディオコント 、 ロール」および「電源オフ連動」機能は使 用できます。 (他社製品がこれらの機能に 対応している必要があります。 )ただし、 すべての他社製品での動作を保証するもの ではありません。 46 「HDMI 機器制御設定連動」機能 に対応していないテレビの 場合 V/v/b、 ご注意 • HDMI ケーブルを抜いたり接続を変えた りするときは、「HDMI 機器制御設定連 「 動」機能に対応しているテレビの場合」 「 (46 ページ)または「 HDMI 機器制御設 定連動」機能に対応していないテレビの 場合」 47 ページ)の手順を実行してく ( ださい。 • お使いのテレビで「HDMI 機器制御設定 連動」を行う前に、必ずテレビと本機を 含む他の接続機器の電源を入れてくださ い。 「 • HDMI 機器制御設定連動」を行ったあと に再生機器が動作しない場合は、再生機 器の HDMI 機器制御設定を確認してくだ さい。 • つないだ機器が「HDMI 機器制御設定連 動」に対応していない場合で、HDMI 機 器制御には対応している場合は、テレビ から「HDMI 機器制御設定連動」を行う 前に、つないだ機器の HDMI 機器制御設 定を行う必要があります。 ホーム 1 ホームを押す。 テレビ画面にホームメニューが表示 されます。 2 ホームメニューから「Settings」 を選んで、 を押す。 テレビ画面に Settings メニューリ ストが表示されます。 3「HDMI Settings」を選んで、 を 押す。 4「Control for HDMI」を選んで、 を押す。 5「On」を選んで、 を押す。 HDMI 機器制御機能が有効になり ます。 6 ホームを押して、OSD メニューを 閉じる。 7 つないだ機器の画像が表示されるよ うに、本機とテレビの HDMI 入力 を選んで、つないだ機器の HDMI 入力と合わせる。 8 つないだ機器の HDMI 機器制御機能 をオンに設定にする。 つないだ機器の HDMI 機器制御機 能がすでにオンに設定されている場 合は、設定を変更する必要はありま せん。 9 他の機器でも HDMI 機器制御機能を 使いたいときは、手順 7 と 8 をく り返す。 テレビとつないだ機器の設定につい て詳しくは、各機器の取扱説明書を 参照してください。 ワンタッチプレイ “ブラビアリンク”機能 本機に HDMI 接続した機器で再生を 始めると、本機とテレビは下記のよう に動作します。 本機とテレビ 電源が入る(スタンバイ状態の場合) 適切な HDMI 入力に切り換わる 「Pass Through」を「Auto」または 、本機を 「On」に設定し(63 ページ) スタンバイ状態に設定すると、テレビ からのみ音声と映像を出力することが できます。 ご注意 • テレビによっては、コンテンツの最初の 部分が表示されないことがあります。 「 • Pass Through」が「Auto」または 「On」に設定されているときは、前回テ レビのスピーカーから音を出していた場 合に、本機の電源が入ります。 47 ちょっと一言 テレビのメニューから、ブルーレイディス クレコーダー/プレーヤー、DVD プレー ヤーなどの接続機器を選ぶこともできます。 本機とテレビは自動的に適切な HDMI 入力 に切り換わります。 システムオーディオ コントロール 簡単な操作で、テレビの音声を本機に つないだスピーカーから楽しむことが できます。 システムオーディオコントロール機能 は、テレビのメニューで操作できま す。詳しくは、テレビの取扱説明書を 参照してください。 テレビ テレビスピー カー設定を本 機からの音声 出力に切り換 える 本機 •電源が入る (スタンバイ状 態の場合) •適切な HDMI 入力に切り換 わる 電源オフ連動 テレビのリモコンの電源ボタンでテレ ビの電源を切ると、本機と接続機器の 電源も自動的に切れます。 本機のリモコンでもテレビの電源を切 ることができます。 TV ?/1 テレビの音声 が消音される テレビの音声が 出力される TV ?/1 を押す。 テレビ、本機、つないだ機器の電源が 切れます。 ご注意 • テレビの電源連動機能の設定をオンにし てから、電源オフ連動機能を使用してく ださい。詳しくは、テレビの取扱説明書 を参照してください。 • つないだ機器の状態によっては、電源オ フ連動機能で機器の電源が切れない場合 があります。詳しくは、各接続機器の取 扱説明書を参照してください。 システムオーディオコントロール機能 は以下のようにお使いいただけます。 • テレビの電源が入った状態で、本機 の電源を入れると、システムオー ディオコントロール機能が自動的に 有効になり、本機につないだスピー カーからテレビの音声が出力されま す。本機の電源を切ると、音声はテ レビのスピーカーから出力されま す。 • 本機につないだスピーカーからテレ ビの音声をお楽しみの際は、テレビ のリモコンを使って、本機の音量を 調節や消音操作をすることができま す。 ご注意 • テレビの設定によっては、システムオー ディオコントロール機能が働かないこと があります。この場合は、テレビの取扱説 明書を参照してください。 48 「 • Control for HDMI」が「On」に設定さ れていると、システムオーディオコント ロールの設定に応じて HDMI Settings メ ニューの「HDMI Audio Out」は自動的 。 に設定されます(63 ページ) • テレビの電源を入れてから本機の電源を 入れると、テレビの音声が出力されるま でに多少時間がかかることがあります。 4 「HDMI Sound Field」を選んで、 を押す。 • Auto:デジタル放送のテレビ番 組のジャンルに応じて、サウン ドフィールドが自動的に切り換 わります。 • Manual:サウンドフィールド ボタンで選んだサウンドフィー ルドで、音声を出力します。 オートジャンルセレ クター 視聴中のデジタル放送の番組情報 (EPG 情報)を取得して、番組のジャ ンルに応じたサウンドフィールドに自 動的に切り換えることができます (オートジャンルセレクター対応のテ レビをお使いの場合のみ) 。 オートジャンルセレクターは、システ ムオーディオコントロール機能がオン に設定されている場合のみ使用するこ とができます。 番組情報対応表 番組情報 (EPG 情報) オートジャンルセレク ターで切り換わる サウンドフィールド ニュース/報道 スポーツ 情報/ ワイドショー ドラマ 音楽 2ch Stereo Sports A. F. D. Auto 詳細ジャンルによっ て異なります。下記 の音楽番組詳細ジャ ンル対応表をご覧く ださい。 “ブラビアリンク”機能 V/v/b、 バラエティ 映画 ホーム A. F. D. [. . . ] 62 Bi-Amp 54 CD プレーヤー 25 DCAC(デジタルシネマ自動音場 補正)27 Dolby Digital EX 15 DVD レコーダー 24 DVD プレーヤー 23, 24 Easy Setup(かんたん設定)27 EQ 設定/ EQ Settings 44, 62, 68 Fast View 64 FM 38 FM モード/ FM Mode 38, 69 HD-D. C. S. 41 HDMI 音声出力/ HDMI Audio Out 63, 69 HDMI 設定/ HDMI Settings 63, 69 HDMI 機器制御/ Control for HDMI 63, 69 INPUT MODE 51 Input Settings 64 iPod/iPhone 充電する 34 対応モデル 32 Language 65 Manual Setup 60 Name Input 40, 64 OSD(オンスクリーン表示)30 Pass Through 63, 69 PlayStation®3 23 PROTECTOR 80 SB Assign 60, 67 Settings メニュー 55 USB FAIL 80 USB 機器 35 ©2013 Sony Corporation Printed in Malaysia [. . . ]

SONY STR-DH740ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY STR-DH740のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag