ユーザーズガイド SONY VAIO PCV-RZ52 GIGA POCKET

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY VAIO PCV-RZ52のユーザマニュアルを入手できます。 SONY VAIO PCV-RZ52のユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY VAIO PCV-RZ52のユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY VAIO PCV-RZ52 GIGA POCKET: ユーザーガイドを完全にダウンロード (1123 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY VAIO PCV-RZ52 (9392 ko)
   SONY VAIO PCV-RZ52 (9392 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY VAIO PCV-RZ52GIGA POCKET

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 1) (    取扱説明書 (本書) ( . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1) ( JP 11 各部の名前を確認する  セルフタイマーランプ/ スマイルシャッターランプ/  充電ランプ/明るさセンサー AF補助光 準 備 す る   マイク  レンズ 本機は明るさセンサーにより、 周囲の明るさに合わせて、 液晶 モニターの明るさを自動調整し ます。 明るさセンサーを手などで覆わ ないでください。  スピーカー  液晶モニター  (再生) ボタン  モードランプ  モードボタン  リストストラップ取り付け部   ボタン / (カメラ内ガイド/削除)  コントロールボタン  ボタン ON/OFF(電源) メニューオン時:/// メニューオフ時: (セルフタイマー)/ (フラッシュ)  メモリーカード挿入口  アクセスランプ  バッテリー /メモリーカード カバー  取りはずしつまみ  バッテリー挿入口 MENUボタン  シャッターボタン  撮影時: ( レバー W/T ズーム) 再生時: (インデックス)/ (再生ズーム) レバー 12 JP  フラッシュ  三脚用ネジ穴   USB / A/V OUT端子 ネジの長さが5. 5mm未満の三 脚を使う。5. 5mm以上の三脚 ではしっかり固定できず、 本機 を傷つけることがあります。 準 備 す る JP 13 バッテリー充電と使用可能枚数・時間 初めてお使いになるときは、 バッテリーを充電してください。 充電したバッテリーは、 使わなくても少しずつ放電しています。撮影 機会を逃さないためにも、 ご使用前に充電してください。 準 備 す る 1 2 3 カバーを開ける。 バッテリーを入れる。 バッテリーをバッテリー挿入 口の中にあるイラストに合わ せて、 取りはずしつまみが ロックするまで押し込む。 取りはずしつまみ カバーを閉じる。 カバーのつまみの、 黄色いマー クが見えなくなるまでしっか りと閉じる。  カバー内に砂などの異物を 挟み込むと、 防水パッキンが 傷つき浸水の原因になりま 。 す 5ページ) ( 正しく挿入しないままカ バーを閉めると、 破損のおそ れがあります。  14 JP カバーの先端に近いところ を押してカバーを閉じてく ださい。 4 本機とACアダプター(付属) を専用USBケーブ ル (付属) でつなぎ、ACアダプターをコンセント に取り付ける。 コンセントへ 準 備 す る カメラの充電ランプがオレン ジ色に点灯し、 充電が始まる。  充電中は本機の電源を切っ た状態にしておいてくださ い。 残量があるバッテリーも充 電できます。   充電ランプ 点灯: 充電中 消灯: 充電終了 または温度が 充電ランプが点滅し充電が 点滅: 充電エラー、 適切な範囲にないための充 完了しなかった場合は、 一度 電一時待機 バッテリーを取りはずし、 再 度装着してください。 JP 15 ご注意  ACアダプターをコンセントにつないでもカメラの充電ランプが点滅する場合 は、 充電に適した温度範囲外にあるため一時待機状態になっています。充電に 適した温度範囲に戻れば充電可能です。バッテリーの充電は周囲の温度が10℃ ∼ 30℃の環境で行ってください。 バッテリーの端子が汚れていると正しく充電できない場合があります。バッテ リーの端子を乾いた布または綿棒などで拭いてください。 不具合 ACアダプターは手近なコンセントを使用してください。本機を使用中、 が生じたときはすぐにコンセントからプラグを抜き、 電源を遮断してください。 充電が終わったら、ACアダプターをコンセントから抜いてください。 必ずソニー製純正のバッテリー、 付属の専用USBケーブル、ACアダプターをお 使いください。  準 備 す る    (満充電)  充電にかかる時間 ご注意  充電にかかる時間は、 付属のACアダプターで約115分です。 バッテリー(付属) を使い切ってから、 温度25 ℃の環境下で充電したときの時 間です。使用状況や環境によっては、 長くかかります。  パソコンに接続して充電する 専用USBケーブルを使って、 パソコンからの充電も可能です。 パソコンのUSB端子へ 16 JP ご注意  パソコンから充電するときは、 以下の点にもご注意ください。  電源を接続していないノートパソコンと本機を接続した場合、 ノートパソコ ンの電池が消耗していきます。長時間充電しないでください。  本機をUSB接続したままパソコンの起動、 再起動、 スリープモードからの復 帰、 終了操作を行わないでください。本体が正常に動作しなくなることがあ ります。これらの操作は、 パソコンから本機を取りはずしてから行ってくだ さい。  自作のパソコンや改造したパソコンでの充電は保証できません。 準 備 す る  バッテリーの使用時間と撮影/再生枚数 使用時間 静止画撮影 実動画撮影 連続動画撮影 静止画再生 約95分 約40分 約90分 約210分 枚数 約200枚 ̶ ̶ 約4200枚 ご注意  撮影枚数は満充電された状態での目安の枚数です。使用方法で枚数は減少する 場合があります。 撮影可能枚数は、 以下の条件で撮影した場合です。  温度25℃の環境  当社製のmicroSDメモリーカード Class 4以上)別売) ( ( を使用   静止画撮影時の数値は、CIPA規格により、 以下の条件で撮影した場合です。 (CIPA:カメラ映像機器工業会、Camera & Imaging Products Association)  [表示画質モード][標準] :  30秒ごとに1回撮影  1回ごとにズームをW側、T側に交互にいっぱいにする。  2回に一度、 フラッシュを発光する。  10回に一度、 電源を入/切する。  動画撮影時の数値は、CIPA規格により、 以下の条件で撮影した場合です。  録画モード:1280×720  実動画撮影:撮影、 ズーム、 撮影スタンバイ、 電源の入/切を繰り返した場合の 目安。  連続動画撮影:連続撮影の制限 29分) ( により撮影が終了したときは、 再度 シャッターボタンを押して撮影を続ける。 ズームなどその他の操作はしない。 JP 17  バッテリーの残量を確認する 多 ご注意 なし モニター上に、 バッテリー残量を表すアイコンが表示されます。 準 備 す る    正しい残量を表示するのに約1分かかります。 使用状況や環境によっては、 正しく表示されません。 バッテリー残量が表示されない場合は、MENUボタン  (設定)  (本体設定) [画面表示設定] [入]   または [詳細表示] を選んでください。 作しないと、 モニターが暗くなり、 その後自動で電源が切れます (オートパワー オフ) 。 [パワーセーブ] 設定が [標準] または [強] のときに電源を入れたまま一定時間操 バ  ッテリーについて バッテリーの消費や使用可能時間については、63、67ページでも詳しく説 明しています。  電力を供給する 専用USBケーブル (付属) では、ACアダプター(付属) と接続してコン ンと接続すると、 パソコンに画像を取り込むときでもバッテリーの消 費を心配せずに使用できます。 また、 撮影に対応したACアダプター AC-UD10(別売) または ご注意   セントから電力の供給ができます。専用USBケーブルを使ってパソコ を使用すると、 撮影時も電力を供給できます。 AC-UD11(別売) バッテリーが本機に入っていないと給電ができません。 同梱のACアダプターおよびパソコンとの接続では、 再生時のみ給電が可能です。 撮影時や本機の設定変更時は、 専用USBケーブルで接続していても給電されま せん。 再生中に専用USBケーブルを使ってパソコン接続すると、 再生画面からUSB接 続画面に変わります。 (再生) ボタンを押すと再生画面に変わります。  18 JP 海  外でも使えます 換プラグアダプターが必要です。お出かけ前に、 旅行代理店などで訪問先の コンセントの形状を確認し、 必要に応じてご用意ください。 電子式変圧器 (トラベルコンバーター) は使用できません。 故障の原因になります。 コンセント形状例 地域 主に北米 変換プラグアダプター 不要 は全世界で使用できます AC100 V ∼ 240 V、 ( ACアダプター(付属) 。ただし、 地域によってはコンセントの形状が異なるため、 変 50 Hz/60 Hz) 準 備 す る 主にヨーロッパ 必要  バッテリーを取り出す 取りはずしつまみ 取りはずしつまみを押し上げる。 バッ テリーが落下しないように注意する。 ご注意  本機から取り出したバッテリーは、 接点汚れ、 ショートなどを防止するため、 携 帯、 保管時は必ずポリ袋などに入れて金属から離してください。 JP 19 メモリーカード (別売) を入れる 準 備 す る 1 2 カバーを開ける 14ページ) ( 。 メモリーカード (別 売) を入れる。  メモリーカードの裏表に注意する レンズを上にした場合、 メモ リーカードをイラストの向 きにしてカチッというまで まっすぐ押し込みます。  microSD メモリーカードを バッテリー側へ強く押し付 けながら差し込むと、 本機の 故障の原因となることがあ ります。 “メモリー microSD スティック メモリー マイクロ”M2) カード (  microSD メモリーカードを 取り出すときに、microSD メモリーカードが飛び出す 場合がありますので、 ご注意 ください。 印刷面 端子 3 カバーを閉じる 14ページ) ( 。  カバーのつまみの、 黄色いマークが見えなくなるまでしっかりと 閉じる。 20 JP 4 メモリーカードが正しく差し込まれているか確 認する。  (メモリーカード) のマー ク A) ( が表示されているこ とを確認してください。 (内蔵メモリー) のマーク が表示される場合は、 メ (B) モリーカードを一度取り出 し、 向きを確認して、 まっす ぐ入れ直してください。  準 備 す る  メモリーカードを誤った向 きで入れたり、 斜めに入れた りすると、 メモリーカードを 使用できません。 メモリーカードは1つしか 挿入できません。   使用できるメモリーカード 対応メモリーカード メモリースティック マイクロ M2) ( microSD メモリーカー ド microSDHC メモリー カード  本機で使用できるメモリーカードは、 以下の通りです。ただし、 すべて のメモリーカードの動作を保証するものではありません。 静止画 ○ ○ ○ 動画 ○ Mark2のみ) ( ○ Class 4以上) ( ○ Class 4以上) ( 本書での表現 メモリースティック マイクロ microSD メモリー カード 記録できる枚数/時間については、60 ∼ 61ページをご覧ください。 本機は−10℃から+40℃の動作保証をしておりますが、 メモリーカードの種類 によっては、 動作保証温度が異なる場合があります。詳しくはメモリーカード の取扱説明書をお読みください。 JP 21  メモリーカードを取り出す アクセスランプ アクセスランプが消えていることを 確認して、 メモリーカードを押す。 準 備 す る ご注意  アクセスランプ点灯中は、 メモリーカード/バッテリーを取り出さないでくださ い。データやメモリーカードが壊れることがあります。  メモリーカードを入れていないときは (メモリーカードツール) [コピー] を選びます。  モリーカードを入れ、MENUボタン  (設定) 本体に内蔵されているメモリー(約43MB) に画像が記録されます。 内蔵メモリーの画像をメモリーカードにコピーする場合は、 本機にメ 22 JP 日付と時刻を設定する 1 2 3 ボタ ON/OFF(電源) ンを押す。 電源が入る。  ( ボタン ON/OFF 電源) 電源を入れたとき、 操作がで きるまでに時間がかかるこ とがあります。 準 備 す る [東京/ソウル] が選ば れていることを確認 し、 コントロールボタ ン中央のを押す。 コントロールボタン の/で設定する項 目を選び、 中央のを 押す。 表示形式:日付表示順を選ぶ。 サマータイム:サマータイムの 入・切を選ぶ。 日時:日付、 時刻を設定する。 コントロール ボタン JP 23 4 準 備 す る ///で好みの設定を選んで数値を設定し、 中央のを押し、OK] [ を押す。   真夜中は12:00AM、 正午は12:00PMとなります。 日本では [サマータイム][切] は にします。 5 モニターの指示に従って操作する。  [表示画質モード][高画質] を にすると、 バッテリーの消費が早く なります。  日付と時刻を合わせ直す ページ) 。 はじめて電源を入れたときのみ、 自動で日時設定画面が開きます。日  時を合わせ直すときは、MENUボタンを押して、 (設定) (時計設定) [日時設定]  を選び、 日時設定画面を開いてください 59 ( 24 JP 撮る (静止画) 1 2 3 4 モードボタンを押し て (静止画撮影) に する。 モードボタン 脇を締めて構え、 構図 を決める。  ( レバー W/T ズーム) 撮 っ て 、見 る へ動かすと戻ります。大き くズームしたい場合は、42 ページをご覧ください。  レバーをT側 W/T(ズーム) へ動かすとズームし、W側 フラッシュ、 レンズに指がかからないようにしてください。 シャッターボタン シャッターボタンを 半押しして、 ピントを 合わせる。 ピントが合うと 「ピピッ」 とい う音がしてが点灯する。  ピントが合う最短距離はレ ンズ先端からW側約1 cm、 T側約50 cmです。 AE/AF ロック 表示 シャッターボタンを深く押し込む。  撮影直後に、 撮影した画像が表示されます。シャッターボタンを 半押しすると、 撮影に戻ります。 JP 25 撮る (動画) 1 撮 っ て 、見 る モードボタンを押し て (動画撮影) にす る。 モードボタン 2 3 ご注意   シャッターボタンを 押して、 撮影を開始す る。  指でふさがない シャッターボタン マイクの穴をふさがないよ うにしてください。 レバーをT側 W/T(ズーム) へ動かすとズームし、W側 レバー W/T(ズーム)  へ動かすと戻ります。 もう一度シャッターボタンを押して、 終了する。 動画記録中にズームを操作すると、 レバーの動作音が記録される場合がありま す。 連続撮影可能時間は約25℃で出荷時設定の場合、1回につき約29分です。撮影 が終わってしまったら、 もう一度シャッターボタンを押すと撮影を再開できま す。撮影環境温度によっては、 機器保護のため停止する場合があります 4ペー ( ジ) 。 26 JP 見る 1 (再生) ボタンを押 す。  (再生) ボタン 最後に撮った画像が表示さ れます。  次の画像/前の画像を選ぶ 選ぶ。  (再生ズーム) 撮 っ て 、見 る コントロールボタンの (次) で / (前) 動画を再生するには、 コントロール ボタン中央のを押してください (44ページ) 。  拡大するには、W/T(ズーム) レバー を (再生ズーム) 側に動かしてくだ さい。  削除する  す。 ボタン / (削除)  コントロールボタンので ボタンを押す。 / (削除) コントロールボタン [この画像] を選び、 中央のを押  撮影に戻る  (再生) ボタンを押す。 シャッターボタンを半押ししても撮影に戻ります。  電源を切る ボタンを押す。 ON/OFF(電源) JP 27 本機で使いかたを調べる (カメラ 内ガイド) 本機はカメラ内に使いかたの情報を収録しているため、知りたいこ 「 と」 したいこと」 「 、 をその場で探すことができます。 また、 確認した後は、 そのモードを実際に使ってみることもできます。 調 べ る 1 2 3 4 ご注意  MENUボタンを押す。 MENUボタン コントロールボタン の/で説明を見た い項目を選ぶ。 / (カメラ内ガイド) ボタンを押す。 手順2で選んだ項目の説明が表 示される。 ボタン / (カメラ内ガイド) /で概要、 操作方法、 詳細と画面が切り替わる。  ボタンを MENUを表示していない状態で / (カメラ内ガイド) 押すと、 キーワードやアイコンから検索することもできます。 ボタンを押します。  終了するときは、 / (カメラ内ガイド) かんたんモード中は、 / (カメラ内ガイド) ボタンは無効になります。 28 JP 静止画の撮影モードを変える モードランプの点灯している位置によって、 選べる撮影モードは変わ ります。ここではモードランプが 「静止画撮影」 になっているときの説 明をしています。 1 2 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 MENUボタン  (撮影モード) 好みのモー  ド  別の撮影モードにするには、 も う一度撮影モードから好みの モードを選んでください。 MENUボタン 撮 影 に 便 利 な 機 能 を 使 う (おまかせオート撮影) (プログラムオート撮影) (ピクチャーエフェクト) (シーンセレクション) 自動設定で静止画を撮影できる。 露出 (シャッタースピードと絞り) は本機が自 動設定する。 メニューで多彩な機能を設定できる。 好みの効果を選んで独自の風合いで撮影でき る。 撮影状況に合わせて、 あらかじめ用意された設 定で撮影できる。 ご注意  撮影モードによっては、 水中で効果が得にくいことがあります。 JP 29 状況を自動判別して撮る 撮影モードを (おまかせオート撮影) にすると、 カメラが自動でシー ンを認識して最適な設定で撮影します。 1 被写体にカメラを向ける。 認識されたシーンのマークとガ イドがモニターに表示される。 上段: (人物) (赤ちゃん) 、 、 (夜景&人物) 、 (夜景) (逆光&人物) 、 、 (逆光) (風景) 、 、 (マクロ) (拡大鏡) 、 、 (スポットライト) 、 (低照度) 、 下段: (三脚) (動き) シーン認識マークとガイド (ガイドは上段のみ) 2 シャッターボタンを半押ししてピントを合わせてから、 シャッターボタンを深く押し込んで撮影する。 30 JP パノラマ画像を撮る カメラを動かす間に複数の画像を撮影し、 合成して1枚のパノラマ画像 でも再生できます。 を作成します。パノラマ画像はソフトウェア PlayMemories Home」 「 1 2 モードボタンを押して (スイングパノラマ) にする。 MENUボタン  (パノラマ撮影シーン) 好みのモード を選び、 コントロールボタン中央のを押す。 (スイングパノラマ) :パノラマ画像を撮影する。 (ピクチャーエフェクト) :独自の風合いが出る効果を追加したパ ノラマ画像を撮影する。 撮 影 に 便 利 な 機 能 を 使 う (水中スイングパノラマ) :自然な色合いで水中パノラマ画像を撮 影する。 3 4 5 ボタンで撮影方向を選ぶ。 コントロール MENUボタン [撮影方向]を選び、  下から上に移動/ 上から下に移動  左から右へ移動/ 右から左へ移動 明るさ、 ピントを合わせた い被写体にカメラを向け、 シャッターボタンを半押し する。 シャッターボタンを半押しした状態で構図の端にカメラを 向け、 シャッターボタンを深く押し込む。 JP 31 6 モニター上の矢印方向に、 カメラをガイドの終端まで 動かす。 ガイド ご注意  他機で記録されたパノラマ画像は、 正しくスクロール再生されない場合があり ます。 周  囲360度の範囲を撮影するには で に設定し、 スイングパノラマ撮 MENU [パノラマ画像サイズ][360度] 影します。撮影した画像は本機上でスクロール再生できます。  本機は約360度まで撮影できるパノラマ撮影機能を搭載しています。 で または [左] を選べます。360度] [ のスイングパ MENU [撮影方向][右] ノラマ撮影時は、 上下方向を選べません。 被写体や撮り方によっては撮影画角が360度より狭くなる場合があります。  32 JP 被写体にピントを合わせ続けて撮る (追尾フォーカス) 被写体が動いても、 自動でピントを合わせ続けます。 1 2 3 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 被写体に本機を向け、 コントロールボタン中央のを押す。 ターゲット枠を追尾フォー カスする被写体に合わせて、 中央のを押す。 撮 影 に ターゲット枠  追尾フォーカスを解除したい ときは、 もう一度中央のを押 します。 便 利 な 機 能 を 使 う ご注意  水中では使用できません。 優 (選択顔記憶)  先したい顔を登録する 顔検出中に追尾フォーカスを行うと、 優先したい顔を自分で選んで登録でき ます。被写体がモニターから消えると、 登録は解除されます。  顔検出中に、 コントロールボタン中央の を押す。 ターゲット枠が表示される。  顔検出していた顔にターゲット枠を合わせ て、 中央のを押す。 選択された顔が優先顔として登録され、 二 重枠表示に変わる。  登録を解除したい場合は、 もう一度中央の を押す。 JP 33 笑顔を逃がさず撮る (スマイルシャッター) 1 2 3 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 MENUボタン   [スマイルシャッター] [入] を選び、 コントロールボ タンのを押す。 笑顔を待つ。 スマイルレベルがインジケー ターのを超えると、 自動で 撮影される。MENU  (スマイルシャッター) [切]  を選ぶと、 スマイルシャッターが 終了する。  MENUボタン スマイルシャッター中に シャッターボタンを押しても 撮影できます。撮影後はスマ イルシャッターに戻ります。 顔検出枠 スマイル検出感度インジケーター 34 JP 検  出されやすい笑顔のポイント  前髪が目にかからないようにする。  カメラに対して正面を向き、 なるべく 水平になるようにする。目は細めにす る。  口を開けてしっかり笑う。歯が見えて いるほうが笑顔を検出しやすくなる。 さらに笑顔を検出しやすくするには、 で検 MENU[スマイル検出感度] 出する感度を変更できます。 撮 影 に 便 利 な 機 能 を 使 う JP 35 用途に合わせて画像のサイズを選ぶ 画像サイズは画像を記録するときの大きさのことです。 画像サイズが大きいほど、 大きな用紙にも詳細にプリントできます。 小さくすると、 たくさん撮影できます。 動画の場合、 画像サイズは大きいほど高精細になります。本機の動画 はAVI(Motion JPEG)約30フレーム/秒で記録されます。 、 1 2 MENUボタンを押す。 MENUボタン コントロールボタンの ///を押して好みの画 像サイズを選び、 中央のを 押す。  モードランプの点灯位置によってメニュー画面での表示名は変わ ります。 (静止画撮影)[静止画サイズ] : (パノラマ撮影)[パノラマ画像サイズ] : (動画撮影)[動画サイズ] : 36 JP 静止画画像サイズ (4608  3456) (3648  2736) (2592  1944) * (2304  1728) 用途例 A3ノビサイズまでの印刷 A3サイズまでの印刷 L/2L/A4サイズまでの印刷 L/2L/A4サイズまでの印刷 Eメールに添付 ハイビジョン対応テレビでの鑑賞やA3サイズま での印刷 ハイビジョン対応テレビでの鑑賞 (640  480) (4608  2592) (1920  1080) 撮 影 に 便 利 な 機 能 を 使 う 設定中のみ選べます。 *[アドバンスフラッシュ] パノラマ画像サイズ (標準) (ワイド) (360度) 動画サイズ 説明 標準サイズで撮影 長いサイズで撮影 周囲360度のサイズで撮影 説明 ハイビジョンテレビに適したサイズで撮影 テレビに適したサイズで撮影 1280720 VGA(640  480) QVGA(320  240) ご注意  Eメール添付に適した小さいサイズで撮影 プリント時に両端が切れる 16:9やスイングパノラマで撮影した静止画画像は、 ことがあります。 JP 37 フラッシュモードを選ぶ 1 コントロールボタンの (フラッシュ) を押し、/ を押して好みのモードを選 び、 中央のを押す。 (アドバンスフラッシュ) ( [おまかせオート撮影] 時のみ) :暗い 場所、 または逆光のとき、 自動で発光する。 暗い場所では感度を上げて、 より遠くまで明るく撮影する。 (オート) :暗い場所、 または逆光のとき、 自動で発光する。 (強制発光) :必ず発光する。 (スローシンクロ)必ず発光する。暗い場所ではシャッタースピー : ドを遅くし、 フラッシュが届かない背景も明るく撮影する。 (発光禁止) :発光しない。 ご注意 [アドバンスフラッシュ] 設定中は、 選べる最大画像サイズは [ [おまかせオート撮影] 時は、アドバンスフラッシュ] オート] 発光禁止] [ [ 、 [ 、 の になります。 4M] み選べます。  連写時はフラッシュ撮影できません。 38 JP セルフタイマーを使う 1 コントロールボタンの (セルフタイマー) を押し、 /を押して好みのモード を選び、 中央のを押す。 (切) :セルフタイマーを使わない。 (10秒) 10秒後に撮影。自分も一緒に写りたいときに使う。 : シャッターボタンを押すと、 セルフタイマーランプが点滅して 「ピッ ピッピッ」 と操作音が鳴り、 撮影が開始される。解除するにはもう一 ボタンを押す。 度 (セルフタイマー) (2秒) 2秒後に撮影。シャッターボタンを押したときのブレが軽 : 減できるため、 手ブレが起こりにくくなる。 撮 影 に 便 利 な 機 能 を 使 う (自分撮り1人)/ (自分撮り2人) :カメラが人物の顔を検出して 自動撮影。自分にカメラを向けて撮影するときに使う。 設定した人数の顔を検出すると 「ピピッ」 と音が鳴り、2秒後に撮影す る。 撮影情報のモニター表示を変える 1 MENUボタン  (設定) (本体設定) [画面表示設定] 好みの モードを選び、 コントロール ボタン中央のを押す。 [入] :情報を表示する。 MENUボタン [詳細表示]情報を表示する。 : 撮影した画像のExifデータも表示される。 [切] :画像のみを表示する。 JP 39 場面に合った撮影モードを使う (シーンセレクション) 1 2 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 (撮影モード) (シーンセレクション) を選 び、 コントロールボタン中央 のを押す。 シーンセレクションの項目一覧が表示される。 MENUボタン  MENUボタン 3 ///で好みのモードを選び、 中央のを押す。  ほかのシーンにしたいときは、MENUボタンを押して、 選び直しま す。 (美肌) :人物の肌をなめらかに補正する。 (ソフトスナップ) :人物や花などを、 やさしい雰囲気で撮影する。 (風景) :遠景にピントを合わせ、 青空や草木の色を鮮やかに撮影す る。 (夜景&人物) :夜景の雰囲気を損なわずに、 手前の人物を際立たせ る。 (夜景) :暗い雰囲気を損なわずに、 遠くの夜景を撮影する。 (高感度) :暗いところでも、 フラッシュを使わずにブレを軽減する。 (料理) :料理を明るく美味しそうに撮影する。 (ペット) :ペットを最適な設定で撮影する。 (ビーチ) :太陽の光の下でも、 明るく鮮やかに撮影する。 (スノー) :雪景色などの画面全体が白くなるような場所で、 画面が 沈みがちになるのを防ぐ。 40 JP (水中) :水中をきれいに撮影する。 ご注意  モードによっては、 フラッシュ発光できなくなります。 独自の風合いが出る効果を使う (ピクチャーエフェクト) 1 2 3 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 MENUボタン  (撮影モード) (ピクチャーエフェクト) を 選び、 コントロールボタン中 央のを押す。 撮 MENUボタン に 便 利 な 機 能 を 使 う 影 /で好みのモードを選び、 中央のを押す。  ほかの効果を使いたいときは、MENUボタンを押して、 選び直しま す。 (トイカメラ) :トンネル効果・高コントラスト・色かぶりなど、 トイカメラで撮影したような効果をつけて撮影する。色調はMENU  [色調] で変更する。 (ポップカラー) :色味を強調してポップでカラフルな画像を撮影 する。 (パートカラー) :モノクロ画像の一部に指定する色を残すことで、 印象に残る画像を撮影する。指定する色はMENU  [抽出色] で変更 する。 (ソフトハイキー) :明るさを強調した柔らかく透明感のある画像 を撮影する。 JP 41 [ポップカラー] パートカラー] ソフトハイキー] [ 、 [ 、 はパノラマ撮 影、 動画撮影でも使用できます。 または [動画撮影シーン]  MENU [パノラマ撮影シーン] [ピクチャーエフェクト] 好みのモードを選び、  コントロールボ タン中央のを押してください。 光学4倍以上にズームする 本機は光学4倍までズームします。 最大画像サイズ以外に設定した場合は、 画像が劣化しない範囲で光学 倍率を超えてデジタルズームします。 さらに倍率をあげるには、デジタルズーム] [ の設定を変更します。 1 2 3 モードボタンを押して (静止画撮影) にする。 画像サイズを 16M] 16:9(12M)] [ [ 、 以外に設定する 36ペー ( ジ) 。 MENUボタン  (設定)  (撮影設定)  [デジタルズーム] 好みの モードを選び、 コントロール ボタン中央のを押す。  MENUボタン スマート:画像サイズに応じて、 画像が劣化しない範囲で光学倍率を [ 、 のときは光学 超えてズームする。画像サイズが 16M] 16:9(12M)] [ 倍率までのズームになる。 プレシジョン:画像サイズの設定にかかわらず、 総合ズーム倍率約16 倍までズームする。ただし光学倍率を超えると、 倍率に応じて画像は 劣化する。 切:デジタルズームを使用しない。 JP 42 素早く探す (一覧表示) 1 (再生) ボタンを押して画 像を再生し、W/T(ズーム) レバーを (インデックス) 側に動かす。  (インデックス) もう一度 (インデックス) 側 に動かすと、 更に細かい一覧表 示画面になります。 (再生) ボタン 2 コントロールボタンの ///で画像を選ぶ。 再 生 に 便 利 な 機 能 を 使 う  コントロールボタン中央のを 押すと、 1枚再生に戻ります。 JP 43 動画を見る 1 2     たい動画を選ぶ。 (再生) ボタンを押して画 像を再生し、 コントロールボ タンの/を押して再生し (再生) ボタン 中央のを押す。 コントロールボタン できること 再生/一時停止 早送り 早戻し 音量調節画面表示  /で音量調節し、 中央ので表示が消える。 44 JP 顔に美容効果をかける (ビューティーエフェクト) ビューティーエフェクトは、 静止画で撮影した人物の顔にさまざまな 美容効果をかける機能です。 1 2 3 4 (再生) ボタンを押して画 像を再生し、MENUボタン を押す。 MENUボタン コントロールボ タンの/で (ビューティーエフェクト) を 選び、 中央のを押す。 再 生 に 便 利 な 機 能 を 使 う /で美容効果をかける顔を選ぶ。 /で好みの美容効果を選び、/で好みの設定を選ぶ。 (肌の色調整) :肌の色を調整する。 (なめらか肌) :肌のしみやしわを見えなくなるよう調整する。 (テカリ除去) :肌のてかりを抑える。 (デカ目) :人物の目を大きくする。 (歯のホワイトニング) :人物の歯を白く補正する。  同時に複数の顔に美容効果をかけることはできません。複数の顔に 美容効果をかける場合は、 一度美容効果をかけた画像を再度選び、 別の顔を選んで美容効果をかけてください。 ご注意   画像によっては美容効果がうまく反映されない場合があります。 小さすぎる顔は美容効果をかけられません。 JP 45 その他の再生機能を使う 本機は、 この他にも多くの再生機能を搭載しています。 テレビでの再生方法、 撮影した画像のプリント方法、 連続再生 (スライ ドショー) などの詳細は、 サイバーショットユーザーガイドやカメラ内 ガイドで確認できます。 サイバーショットユーザーガイド 62ページ) ( http://www. sony. jp/support/manual_dsc. html カメラ内ガイド 28ページ) ( 46 JP 削除する 1 2 (再生) ボタンを押して画 像を再生し、 / (削除) ボタ ンを押す。 ボタン / (削除) コントロールボタンの/ で好みのモードを選ぶ。 フォルダ内全て: 表示しているフォルダ内すべて の画像を削除する。 MENUボタン 画像選択:画像を何枚か選んで削除する。画像を選んで中央のを押 し、MENUを押して実行する。 この画像:見ている画像を削除する。 削 除 す る キャンセル:削除を中止する。  [カメラ内ガイド] に関しては、28ページをご覧ください。 ご注意  内蔵メモリーの画像を削除するには、 メモリーカードを取り出してから操作し てください。 す (フォーマット)  べての画像を削除する メモリーカードが本機に入っている場合はメモリーカードのデータを、 入っ ていない場合は内蔵メモリーのデータをすべて削除します。フォーマット するとプロテクトしてある画像も含めて、 すべてのデータが消去され、 元に 戻せません。  MENUボタンを押す。 を選び、 中央のを押す。  コントロールボタンので (設定) または  ///で (メモリーカードツール) [ を選び、 中央のを押す。  OK] (内蔵メモリーツール) を選び、フォーマット] 中央のを押す。 [ JP 47 パソコンで楽しむ 画をパソコンに取り込んで画像の活用ができます。 ソフトウェア PlayMemories Home」 「 を使うと、 撮影した静止画や動 「 でできる  ソフトウェア PlayMemories Home」 こと カレンダー表示 PlayMemories Online で画像をシェア カメラから画像 を取り込み ネットワークサービスに アップロード 「 をダウンロードする Windows) (  PlayMemories Home」 「PlayMemories Home」 以下のURLよりダウンロードできます。 は、 www. sony. net/pm ご注意 「 「 「 要です。 のインストールにはインターネット接続が必要です。 PlayMemories Home」 、 PlayMemories Online」各ネットワークサービスはインターネット接続が必 http://www. sony. co. jp/imsoft/Mac/ は PlayMemories Home」 Macに対応していません。Mac用アプリケーション をご利用ください。詳しくは以下のURLをご覧ください。 48 JP 「 をインス  パソコンに PlayMemories Home」 トールする 1 2 パソコンのインターネットブラウザで以下のダウンロード サイトにアクセスして、インストール] [実行] [  をクリッ クする。 www. sony. net/pm 画面の指示に従ってインストールを進める。  カメラをパソコンに接続する 指示が表示されたら、 専用USB ケーブル (付属) で接続してく ださい。 パソコンのUSB端子へ USB / A/V OUT端子へ つ な い で 楽 し む 「PlayMemories Home」 の操作について詳しくは、PlayMemories 「 をご覧ください。 Home ヘルプガイド」 を見る 「PlayMemories Home ヘルプガイド」 1 デスクトップ上の PlayMemories Home ヘルプガイド] [ ア イコンをダブルクリックする。  スタートメニューから起動するときは、スタート] [すべてのプ [    ログラム] [PlayMemories Home] [PlayMemories Home ヘルプガイド] の順にクリックします。  Windows 8の場合は、 スタート画面から PlayMemories Home] [ を起動し、ヘルプ] [ メ アイコンを選択して PlayMemories Home」 「 を選択します。 ニューから PlayMemories Home ヘルプガイド] [  「サイバーショットユーザーガイド」62ページ) PlayMemories ( 、 ( でも詳 Homeサポートページ http://www. sony. co. jp/pmh-sj/) しい操作方法をご確認いただけます。 JP 49 で画像をパソコンに取 「PlayMemories Home」 り込む 1 2 本機とパソコンを専用USBケーブル (付属) で接続する。 画像の取り込み画面が表示される。  通信中は本機のモニターに の操作をしないでください。 が表示されます。その間はパソコン が表示されたら操作できます。 保存先のドライブとフォル ダ、 取り込み方法を選んで、 [取り込み開始] をクリック する。 画像の取り込みが完了すると、 のメイ 「PlayMemories Home」 ン画面が表示される。 ご注意  カメラの動作中やアクセス中の画面が表示されている場合、 カメラ本体から専 用USBケーブルをはずしたりしないでください。データが壊れることがありま す。 パソコンとの接続を切断するには、 タスクトレイの切断アイコン ( ) をクリッ クし、USB大容量記憶装置を安全に取り外します] [ をクリックしてください。   Windows XPでパソコンにインストールされているWindows Media Playerが カメラをパソコンに接続しても認識されない場合があります。 Ver. 10の場合は、 (設定) このような場合はケーブルを抜いて、MENU   (本体設定) [ にしてから、 接続し直してください。  USB接続設定] [Mass Storage]  50 JP 操作音の設定を変える 操作音の設定を変更したり、 音を消したりします。 1 2 3 MENUボタンを押す。 MENUボタン コントロールボタンので (設定) を選び、 中央のを 押す。 ///で (本体設定) を選び、操作音] 好みのモード [  中央のを押す。 シャッター:シャッターボタンを押したときのみ、 シャッター音が鳴 る。 操作 入:コントロールボタン/シャッターボタンを押したときなどに、 音/シャッター音が鳴る。 カ メ ラ の 設 定 を 変 え る 切:操作音/シャッター音は鳴らない。 JP 51 画像に撮影日付を入れる 撮影した日付を画像に挿入するように設定できます。 1 2 3 MENUボタンを押す。  再生モードにしている場合は、 撮影モードにしてから設定し てください。 MENUボタン コントロールボタンので (設定) を選び、 中央のを 押す。 ///で (撮影設定) を選び、日付書き込み] 好み [ のモード  中央のを押す。 入:日付を挿入する。 切:日付を挿入しない。 ご注意   画像に入れた日付表示は消せません。 印刷時に日付を入れる設定にすると、 二重で日付が印刷されます。 52 JP MENUにある機能を使う 撮影中・再生中に見えている画面に対して使える機能を表示して、 手 軽に設定できます。 本機のモニターには、 それぞれのモードで設定できる項目のみが表示 されます。 お買い上げ時の状態に戻すには、 MENU  (設定) (本体設定)  [設定リセット] で戻せます。 1 2 3 MENUボタンを押して、 メニュー画面を表示する。 MENUボタン コントロールボタンの ///で項目を選ぶ。 再生時は、 中央のを押して決定 する。 カ メ ラ の 設 定 を 変 え る メニュー画面を消す。 MENUボタンを押して、 JP 53  撮影時のMENU 項目 撮影モード 説明 静止画の撮影モードの設定を変更する。 ( おまかせオート撮影/ プログラムオート撮影/ ピクチャーエフェクト/ シーンセレクション) 動画撮影シーン 動画の撮影モードの設定を変更する。 ( オート/ 水中) パノラマ撮影シーン ピクチャーエフェクト/ スイングパノラマの撮影モードの設定を変更する。 スイングパノラマ/ ( ピクチャーエフェクト/ 水中スイングパノラマ) シーンセレクション 撮影状況に合わせて、 あらかじめ用意された設定で撮影 する。 美肌/ ソフトスナップ/ 風景/ ( 夜景&人物/ 夜景/ 高感度/ 料理/ ペット/ ビーチ/ スノー / 水中) ピクチャーエフェクト 好みの効果を選んで、 独自の風合いで撮影する。 ( トイカメラ/ パートカラー / かんたんモード ポップカラー / ソフトハイキー) 必要最低限の機能を使って静止画を撮影する。 [静止画サイズ](大/小) : 切/ [セルフタイマー]( : 10秒) [フラッシュ]( : オート/ 発光禁止) [トイカメラ] 撮影時、 色調を調整する。 ( ノーマル/ グリーン/ クール/ マゼンタ) グリーン/ ブルー / ウォーム/ 色調 抽出色 [パートカラー] 撮影時、 抽出したい色を設定する。 ( レッド/ イエロー) 54 JP 項目 美肌効果 静止画サイズ/ パノラマ画像サイズ/ 動画サイズ 説明 顔検出時、 被写体の美肌効果を設定する。 切/ 低/ 中/ 高) ( 画像サイズを設定する。 ( ( (  / / / / / / ) 標準/ ワイド/ 360度) QVGA) 1280×720/ VGA/ (4M)[アドバンスフラッシュ] は 設定中のみ表示 されます。 撮影方向 スイングパノラマ撮影のとき、 カメラを動かす方向を設 定する。 右/ 左/ 上/ 下) ( 小さい被写体に近寄ってきれいに撮影する。 拡大鏡) ( マクロ/ 露出を手動調整する。 (-2. 0EV ∼ +2. 0EV) マクロ 明るさ EV補正) ( ISO ISO感度を設定する。 (ISO AUTO/ISO 100 ∼ ISO 3200) 色合い (ホワイトバランス) 撮影場所の光の状況に合わせて画像の色合いを調整す る。 オート/ 太陽光/ 曇天/ 蛍光灯1/ ( 蛍光灯2/ 蛍光灯3/ 電球/ フラッシュ) カ メ ラ の 設 定 を 変 え る 水中ホワイトバランス 水中での色合いを調整する。 オート/ 水中1/ ( フォーカス 測光モード 連写設定 スマイルシャッター スマイル検出感度 水中2) スポットAF) ピント合わせの方法を変更する。 マルチAF/ 中央重点AF/ ( モニターのどの部分で光を測るか (測光) を設定する。 マルチ/ 中央重点/ スポット) ( 連写から撮影モードを設定する。 1枚撮影、 ( 1枚撮影/ 連写) 笑顔を検出すると自動で撮影する。 切/ 入) ( 笑顔を検出する感度を設定する。 ( 大笑い/ 普通の笑顔/ ほほ笑み) JP 55 項目 顔検出 説明 人物の顔を検出し、 ピントを合わせる優先対象を設定す る。 ( 切/ オート) 明るさとコントラストを最適化する。 ( 切/ スタンダード/ プラス) カメラの機能や使いかたを検索する。 本機の設定を変更する。 DRO カメラ内ガイド (設定)  再生時のMENU 項目 (かんたんモード) 説明 文字を大きく表示して使いやすくする。 画像の人物の顔を選んで加工し、 別ファイルで保存す (ビューティーエフェクト) る。 肌の色調整/ なめらか肌/ テカリ除去/ ( デカ目/ 歯のホワイトニング) (加工) 画像を加工して別ファイルで保存する。 ( トリミング (リサイズ)/ ピントくっきり補正) 画像を削除する。 この画像/ ( 画像選択/ フォルダ内全て) (削除) (スライドショー) 画像を連続再生する。 (プロテクト) 画像を誤って消さないように保護 (プロテクト) する。 ( この画像/ 画像選択) メモリーカードの画像にプリント予約マークを付ける。 ( この画像/ 画像選択) 静止画を回転する。 カメラの機能や使いかたを検索する。 撮影機能以外の、 本機の設定を変更する。 (プリント(DPOF)) (回転) (カメラ内ガイド) (設定) 56 JP (設定) にある機能を使う 本機のお買い上げ時の設定を変更できます。 (撮影設定) 撮影モードから設定に入ったときのみ表示されます。 は、 1 2 3 4 メ MENUボタンを押して、 ニュー画面を表示する。   MENUボタン コントロールボタンの/ を選び、 中央の で (設定) を押して決定する。 ///で項目を選び、 中央のを押す。 設定画面を消す。 MENUボタンを押して、 カ 項目 説明 暗所でピントを合わせるための補助光 を発光する。 カテゴリー 撮影設定 メ ラ の 設 定 を 変 え る AF補助光 グリッドライン 表示画質モード デジタルズーム 赤目軽減 日付書き込み 構図を合わせるための線を表示する。 モニターに表示される画像の画質を調 節する。 光学ズーム以上のズームの方法を設定 する。 フラッシュ撮影時、 目が赤くなるのを 軽減する。 撮影した日の日付を画像に記録するか どうかを設定する。 JP 57 カテゴリー 本体設定 項目 操作音 パネル明るさ 説明 本機の操作時に鳴る音を設定する。 モニターの明るさを設定する。 [オート] を選ぶと、 明るさセンサーに より周囲の明るさに合わせてモニター の明るさを自動調整する。 本機は日本語のみに対応しています。 その他の言語には変更できません。 モニターの背景色を設定する。 お買い上げ時の設定に戻す。 モニターに表示される情報を切り換え る。 本機を操作したときに、 機能の説明を 表示するかどうかを設定する。 接続するビデオ機器のカラーテレビ方 式に合わせて設定する。 接続するパソコンやUSB機器に合わせ て設定する。 言語設定 画面カラー 設定リセット 画面表示設定 機能ガイド ビデオ信号出力 USB接続設定 USB給電 LUN設定 パワーセーブ メモリーカードツール フォーマット 記録フォルダ作成 記録フォルダ変更 記録フォルダ削除 コピー ファイル番号 内蔵メモリーツール フォーマット USB接続して給電するかどうか設定す る。 パソコンなどに USB接続したときに、 表示される記録メディアを設定する。 バッテリーセーブの強さを設定する。 メモリーカードをフォーマット (初期 化) する。 メモリーカードの中に新しいフォルダ を作成する。 画像を記録するフォルダを変更する。 メモリーカードの中のフォルダを削除 する。 内蔵メモリーに記録した画像を、 メモ リーカードに一括コピーする。 ファイル番号の付けかたを設定する。 内蔵メモリーをフォーマット (初期化) する。 58 JP カテゴリー 時計設定 項目 エリア設定 日時設定 説明 本機を使用する場所に適した時刻に設 定する。 時計、 日付の設定をする。 カ メ ラ の 設 定 を 変 え る JP 59 静止画の記録可能枚数と動画の記録可能時間 なる場合があります。 記録枚数/時間は、 撮影状況および使用するメモリーカードによって異  静止画 (単位:枚) 容量 サイズ 内蔵 メモリー 約43MB 本機でフォーマットしたメモリーカード 16M 10M 5M 4M VGA 16:9(12M) 16:9(2M) ご注意   6 10 16 29 262 8 54 2GB 280 440 700 1280 11000 360 2300 4GB 570 880 1400 2500 22000 720 4700 8GB 1150 1750 2800 5000 45000 1450 9300 16GB 2300 3500 5600 10000 90000 2900 18000 32GB 4600 7000 11000 20000 180000 5800 37000 静止画の記録可能枚数が99999枚より多いときは、>99999」 「 と表示されます。 他機で撮影した画像を再生すると、 実際の画像サイズと異なって表示される場 合があります。 60 JP  動画 サイズ 動画ファイルを合計したときの最大記録可能時間の目安です。 容量 内蔵 メモリー 約43MB ̶ 本機でフォーマットしたメモリーカード 2GB 8分 25分 1時間 15分 4GB 16分 50分 2時間 30分 8GB 35分 1時間 40分 5時間 1280×720 VGA QVGA  25秒 1分 16GB 1時間 10分 3時間 30分 10時間 32GB 2時間 20分 7時間 20時間 連続撮影可能時間は1回の撮影で約29分です (商品仕様による制限) 。 の連続で撮影できる時間は約10分です (ファイルサイズ2GBによ [1280×720] る制限) 。 ご注意  動画の画像サイズが 1280×720] [ のときは内蔵メモリーに記録できません。 そ の 他 JP 61 もっと詳しく知りたい (サイバーショット ユーザーガイド) 「サイバーショットユーザーガイド」 はオンライン で見るマニュアルです。 さらに詳しい使いかたを知りたいときにご覧くだ さい。 1 2 サポートページにアクセスする。 http://www. sony. jp/support/manual_dsc. html サイト内で本機の型名を探して 「ユーザーガイド HTML) ( 」 を開く。  型名は本機の底面をご覧ください。 検  索エンジンで探す お使いの検索エンジンで 「型名」 ユーザーガイド」 「 、 を入力して検索すること もできます。 62 JP 故障かな?と思ったら 困ったときは、 下記の流れに従ってください。  以下の項目をチェックする。また、サイバーショットユー 「 ザーガイド HTML)も参照し、 ( 」 本機を点検する。  バッテリーを取りはずし、 1分後再びバッテリーを入れ、 約 本機の電源を入れる。  設定リセットをする 58ページ) ( 。  サイバーショットオフィシャルWEBサイトで確認する。 http://www. sony. co. jp/cyber-shot/support/  相談窓口に電話で問い合わせる (裏表紙) 。  内蔵メモリーやBGM機能を搭載した機種を修理に出した場合、 それ ください。 らの内容を確認させていただく場合があります。あらかじめご了承 バッテリー・電源 の 他 本機にバッテリーを入れられない。  そ バッテリーの向きを確認し、 取りはずしつまみがロックするまで挿入して 。 ください 14ページ) ( 電源が入らない。  本機にバッテリーを取り付けた後、 電源が入るまでに時間がかかることが あります。 バッテリーが正しく取り付けられているか確認してください 14ページ) ( 。 バッテリーは使わなくても自然放電で少しずつ消耗します。充電をして からお使いください。    NP-BNまたはNP-BN1タイプのバッテリーかご確認ください。 JP 63 電源が切れる。  本機やバッテリーの温度によっては、 カメラを保護するために、 自動的に 電源が切れることがあります。この場合は、 電源が切れる前にモニターに メッセージが表示されます。 時間続くと、 バッテリーの消耗を防ぐため、 自動的に電源が切れます。電 源を入れ直してください。 [パワーセーブ] 設定が [標準] または [強] のときに、 操作しない状態が一定 バッテリーの残量表示が正しくない。   温度が極端に高い、 または低いところで使用しているときの現象です。 使用回数や経年変化により、 バッテリー容量は低下します。使用できる時 間が大幅に短くなった場合は、 バッテリーの寿命です。新しいものをお買 い上げください。 バッテリー充電中、 本機の充電ランプが点滅する。   NP-BNまたはNP-BN1タイプのバッテリーかご確認ください。 長時間使用していないバッテリーを充電すると、 本機の充電ランプが点滅 することがまれにあります。その場合はカメラからバッテリーを取り出 入れ直してください。 し、 充電ランプが消えて充電が終わっても、 充電ができていない。  温度が極端に高い、 または低いところで充電しているときの現象です。 バッテリーの充電は周囲温度が10℃∼ 30℃の環境で行ってください。 撮影 撮影できない。  メモリーカードを挿入しているのに内蔵メモリーに記録されてしまうと きは、 メモリーカードが奥まで挿入されているか確認してください。 内蔵メモリーまたはメモリーカードの空き容量を確認してください 60 ( ページ) 。いっぱいのときは、 下記のいずれかを行ってください。 ( 。  不要な画像を削除してください 56ページ)  メモリーカードを交換してください。 フラッシュ充電中は撮影できません。 動画撮影時は以下のメモリーカードをおすすめします。 “メモリースティック マイクロ”Mark2) (  (  microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード Class 4以上)    64 JP 被写体の明るい部分から、 白や紫などの線が出たり、 モニター全体が赤みが かったような画像になる。  スミアという現象です。故障ではありません。通常の静止画には記録さ れませんが、 スイングパノラマや動画撮影では線やムラとなって記録され ます。明るい部分とは太陽や電灯など周囲との明るさの差が大きい箇所 ( のことです。 ) 再生 再生できない。    メモリーカードが奥まで挿入されているか確認してください。 パソコンでフォルダ/ファイルの名前を変更したためです。 パソコンで画像を加工したファイルや他機で撮影した画像は、 本機での再 生は保証いたしません。  USBモードになっています。USB接続を終了してください。 そ の 他 JP 65 使用上のご注意 使用/保管してはいけない場所  表面をきれいにする 水やぬるま湯を少し含ませた柔らかい 布で軽く拭いたあと、 からぶきします。 本機の表面が変質したり塗装がはげた りすることがあるので、 以下は行わな いでください。  異常に高温、 低温、 または多湿になる 場所 炎天下や夏場の窓を閉め切った自動 車内は特に高温になり、 放置すると 変形したり、 故障したりすることが あります。 直射日光の当たる場所、 熱器具の近 くでの保管 変色したり、 変形したり、 故障したり することがあります。 激しい振動のある場所 強力な磁気のある場所  シンナー、 ベンジン、 アルコール、 化 学ぞうきん、 虫除け、 日焼け止め、 殺 虫剤のような化学薬品類を使うこと 上記が手についたまま本機を扱うこ と ゴムやビニール製品と長時間接触さ せること 手の脂、 ハンドクリームなどが付い たままにするとコーティングが剥が れやすくなりますので、 早めに拭き 取ってください。 ティッシュペーパーなどで強く拭く とコーティングに傷がつくことがあ ります。 液晶モニターに指紋やゴミが付いて 汚れたときは、 表面のゴミなどをや さしく取り除いてから、 柔らかい布 などを使ってきれいにすることをお すすめします。     持ち運びについて ズボンやスカートの後ろポケットに本 機を入れたまま、 椅子などに座らない でください。故障や破損の原因になり ます。 液晶モニターのお手入れ   お手入れについて レンズやフラッシュ発光部をきれ いにする レンズやフラッシュ発光部に指紋やゴ ミが付いて汚れたときは、 柔らかい布 などを使ってきれいにしてください。  動作温度にご注意ください 本機の動作温度は約−10 ℃∼+40 ℃ です。動作温度範囲を越える極端に寒 い場所や暑い場所での撮影はおすすめ できません。 66 JP 結露について 結露とは、 本機を寒い場所から急に暖 かい場所へ持ち込んだときなどに、 本 機の内部や外部に水滴が付くことで す。この状態でお使いになると、 故障 の原因になります。 本機の廃棄/譲渡に関するご注 意 個人情報保護のため本機を廃棄・譲渡 するときには以下の操作を行ってくだ さい。  結露が起きたときは バッテリーとメモリーカードを抜い て、 バッテリー /メモリーカードカ バーを開けたまま、 くもりが取れるま で乾燥したところに置いてください。 結露がなくなってからご使用くださ い。特にレンズの内側に付いた結露が 残ったまま撮影すると、 きれいな画像 を記録できませんのでご注意くださ い。 内蔵メモリーのフォーマット 47 ( ページ) を行った後、 レンズをおおっ て内蔵メモリー容量いっぱいに撮影 し、 再度内蔵メモリーのフォーマッ トを行います。これにより流出させ たくないデータの復元を困難にでき ます。 すべての設定を リセットする 58ページ) ( [設定リセット]  内蔵の充電式バックアップ電 池について 本機は日時や各種の設定を電源の入/ 切に関係なく保持するために充電式電 池を内蔵しています。充電式電池は本 機を使用している限り常に充電されて いますが、 使う時間が短いと徐々に放 電し1か月程度まったく使わないと完 全に放電してしまいます。充電してか ら使用してください。ただし、 充電式 電池が充電されていない場合でも、 日 時を記録しないのであれば本機を使う ことができます。 メモリーカードを廃棄/譲渡す るときのご注意 本機やパソコンの機能による 「フォー マット」「削除」 や では、 メモリーカード 内のデータは完全には消去されないこ とがあります。メモリーカードを譲渡 するときは、 パソコンのデータ消去専 用ソフトなどを使ってデータを完全に また、 消去することをおすすめします。 メモリーカードを廃棄するときは、 メ モリーカード本体を物理的に破壊する ことをおすすめします。 そ の 他 バッテリーについて バッテリーの充電について 周囲の温度が10℃ ∼ 30℃の環境で充 電してください。これ以外では、 効率 のよい充電ができないことがありま す。 内蔵の充電式バックアップ電池の 充電方法 本機に充電されたバッテリーを入れ て、 電源を切ったまま24時間以上放置 する。 JP 67 バッテリーの上手な使いかた  バッテリーの寿命について  周囲の温度が低いとバッテリーの性 能が低下するため、 使用できる時間 が短くなります。より長い時間ご使 用いただくために、 バッテリーをポ ケットなどに入れて温かくしてお き、 撮影の直前、 本機に取り付けるこ とをおすすめします。 フラッシュ撮影、 ズーム撮影などを 頻繁にすると、 バッテリーの消費が 早くなります。 撮影には予定撮影時間の2 ∼ 3倍の 予備バッテリーを準備して、 事前に 試し撮りをしてください。 バッテリーは防水構造ではありませ ん。水などにぬらさないようにご注 意ください。 高温になった車の中や炎天下などの 気温の高い場所に放置しないでくだ さい。 バッテリーの端子部が汚れると、 電 源が入らなかったり、 充電ができな いなどの症状が出る場合がありま す。このような場合は柔らかい布や 綿棒などで軽く拭いて汚れを落とし てください。 バッテリーを長時間使用しない場合 でも、 機能を維持するために、1年に そ 1回程度充電して本機で使い切り、 の後本機を湿度の低い涼しい場所で 保管してください。 本機でバッテリーを使い切るには、 を再生 スライドショー(56ページ) して、 電源が切れるまでそのままに してください。 本機から取り出したバッテリーは、 接点汚れ、 ショートなどを防止する ため、 携帯、 保管時は必ずポリ袋など に入れて金属から離してください。 バッテリーには寿命があります。使 用回数を重ねたり、 時間が経過する につれバッテリーの容量は少しずつ 低下します。使用できる時間が大幅 に短くなった場合は、 寿命と思われ ますので新しいものをお買い上げく ださい。 寿命は、 保管方法、 使用状況や環境に よってバッテリーごとに異なりま す。    対応バッテリーについて 本機はNP-BN(同梱バッテリー) およ を使用 びNP-BN1(別売バッテリー) できます。    バッテリーの保管方法について    68 JP 保証書とアフターサービス 記録内容の補償はできません 万一、 デジタルスチルカメラやメモ リーカードなどの不具合などにより記 録や再生されなかった場合、 記録内容 の補償については、 ご容赦ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合 は、 ご要望により有料修理させていた だきます。 部品の交換について この商品は修理の際、 交換した部品を 再生、 再利用する場合があります。そ の際、 交換した部品は回収させていた だきます。 保証書は国内に限られていま す このデジタルスチルカメラは国内仕様 です。外国で万一、 事故、 不具合が生じ た場合の現地でのアフターサービスお よびその費用については、 ご容赦くだ さい。 部品の保有期間について 当社はデジタルスチルカメラの補修用 性能部品 (製品の機能を維持するため に必要な部品) を製造打ち切り後5年 間保有しています。ただし、 故障の状 況その他の事情により、 修理に代えて 製品交換をする場合がありますのでご 了承ください。 保証書  この製品には保証書が添付されてい ますので、 お買い上げの際お買い上 げ店でお受け取りください。 所定事項の記入および記載内容をお 確かめの上、 大切に保存してくださ い。 修理をお受けになる前に 内蔵メモリーのバックアップをお取り ください。 修理によってデータが消去または変更 された場合、 記録内容の補償について はご容赦ください。  アフターサービス 調子が悪いときはまずチェックを “故障かな?と思ったら” の項を参考に して故障かどうかお調べください。そ れでも具合の悪いときは相談窓口にご 相談ください (裏表紙) 。 そ の 他 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させ ていただきます。詳しくは保証書をご 覧ください。 JP 69 安全のために → 2ページもあわせてお読みください。 下記の注意事項を守らないと、 火災、 大けがや死亡 にいたる危害が発生することがあります。 分解や改造をしない 火災や感電の原因となります。 内部点検や修理は相談窓口にご依頼ください。 内部に水や異物 (金属類や燃えやすい物など) を入れない 火災、 感電の原因となります。万一、 水や異物が入ったときは、 すぐに電源を 切り、 電池を取り出してください。ACアダプターやバッテリーチャージャー などもコンセントから抜いて、 相談窓口にご相談ください。 運転中に使用しない 自動車、 オートバイなどの運転をしながら、 撮影、 再生をしたり、 モニターを見 ることは絶対おやめください。交通事故の原因となります。 撮影時は周囲の状況に注意をはらう 周囲の状況を把握しないまま、 撮影を行わないでください。事故やけがなど の原因となります。 指定以外の電池、ACアダプター、 バッテリーチャージャーを使わ ない 火災やけがの原因となることがあります。 機器本体や付属品、 メモリーカードは、 乳幼児の手の届く場所に置 かない 電池などの付属品や、 メモリーカードなどを飲み込むおそれがあります。乳 幼児の手の届かない場所に置き、 お子様がさわらぬようご注意ください。 万一飲み込んだ場合は、 直ちに医師に相談してください。 電池やショルダーベルト、 ストラップを正しく取り付ける 正しく取り付けないと、 落下によりけがの原因となることがあります。 また、 ベルトやストラップに傷がないか使用前に確認してください。 電源コードを傷つけない 熱器具に近づけたり、 加熱したり、 加工したりすると火災や感電の原因となり ます。また、 電源コードを抜くときは、 コードに損傷を与えないように必ずプ ラグを持って抜いてください。 可燃性/爆発性ガスのある場所でフラッシュを使用しない 70 JP つづき 下記の注意事項を守らないと、 火災、 大けがや死亡 にいたる危害が発生することがあります。 フラッシュ、AF補助光などの撮影補助光を至近距離で人に向け ない  至近距離で使用すると視力障害を起こす可能性があります。特に乳幼児を 撮影するときは、1m以上はなれてください。 運転者に向かって使用すると、 目がくらみ、 事故を起こす原因となります。  長時間、 同じ持ち方で使用しない。 使用中に本機が熱いと感じなくても皮膚の同じ場所が長時間触れたままの状 態でいると、 赤くなったり水ぶくれができたりなど低温やけどの原因となる 場合があります。 以下の場合は特にご注意いただき、 三脚などをご利用ください。   気温の高い環境でご使用になる場合。 血行の悪い方、 皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合。 下記の注意事項を守らないと、 けがや財産に損害 を与えることがあります。 油煙のあるところでは使わない 火災の原因になることがあります。 そ の 他 電池、ACアダプター、 バッテリーチャージャーを、 ぬれた手や、 水 滴のかかる場所、 湿気、 ほこり、 湯気の多い場所で使わない 機器本体以外は防水/防塵仕様ではありません。 感電の原因になることがあります。 不安定な場所に置かない ぐらついた台の上や傾いた所に置いたり、 不安定な状態で三脚を設置すると、 製品が落ちたり倒れたりして、 けがの原因となることがあります。 JP 71 つづき 下記の注意事項を守らないと、 けがや財産に損害 を与えることがあります。 コード類は正しく配置する 電源コードやパソコン接続ケーブル、A/V接続ケーブルなどは、 足に引っ掛け ると製品の落下や転倒などによりけがの原因となることがあるため、 充分注意 して接続・配置してください。 通電中のACアダプター、 バッテリーチャージャー、 充電中の電池 や製品に長時間ふれない 長時間皮膚が触れたままになっていると、 低温やけどの原因となることがあり ます。 使用中は機器を布で覆ったりしない 熱がこもってケースが変形したり、 火災、 感電の原因となることがあります。 長期間使用しないときは、電源をはずす 長期間使用しないときは、 電源プラグをコンセントからはずしたり、 電池を 本体からはずして保管してください。火災の原因となることがあります。 フラッシュの発光部を手でさわらない フラッシュ発光部を指・手袋などで覆ったまま発光しない。また、 発光後も しばらくは発光部に手を触れないでください。やけど、 発煙、 故障の原因とな ります。 レンズやモニターに衝撃を与えない レンズやモニターはガラス製のため、 強い衝撃を与えると割れて、 けがの原因 となることがあります。 電池や付属品、 メモリーカード、 アクセサリーなどを取りはずすと きは、 手をそえる 電池やメモリーカードなどが飛び出すことがあり、 けがの原因となることが あります。 72 JP 電池についての 安全上のご注意とお願い 漏液、 発熱、 発火、 破裂、 誤飲による大けがや やけど、 火災などを避けるため、 下記の注意 事項をよくお読みください。  乾電池型充電式電池・バッテリーパックは指定されたバッ テリーチャージャー以外で充電しない。 電池を分解しない、 火の中へ入れない、 電子レンジやオー ブンで加熱しない。 電池を火のそばや炎天下、 高温になった車の中などに放置 しない。このような場所で充電しない。 電池をコインやヘアーピンなどの金属類と一緒に携帯、 保 管しない。 電池を水・海水・牛乳・清涼飲料水・石鹸水などの液体で ぬらさない。ぬれた電池を充電したり、 使用したりしない。 電池をハンマーなどでたたいたり、 踏みつけたり、 落下さ せたりするなどの衝撃や力を与えない。 バッテリーパックが変形・破損した場合は使用しない。 アルカリ電池/ニッケルマンガン電池は充電しない。 外装シールをはがしたり、 傷つけたりしない。外装シール の一部または、 すべてをはがしてある電池や破れのある電 池は絶対に使用しない。 電池は、 −を確かめ、 +、 正しく入れる。 電池を使い切ったときや、 長期間使用しない場合は機器か ら取り出しておく。           そ の 他 リチウムイオン電池は、 リサイクルできます。不要になったリチ ウムイオン電池は、 金属部にセロハンテープなどの絶縁テープを 貼ってリサイクル協力店へお持ち下さい。 お願い リチウムイオン電池 充電式電池の回収・リサイクルおよびリサイクル協力店については、 一般社団法人JBRCホームページ http://www. jbrc. net/hp/contents/index. html を参照して下さい。 JP 73 主な仕様 本体 [システム] 撮像素子:7. 75 mm 1/2. 3型) ( CCD原色フィルター 総画素数:約1640万画素 有効画素数:約1610万画素 レンズ:4倍ズームレンズ f=4. 43 mm ∼ 17. 7 mm (25 mm ∼ 100 mm(35 mmフィ ルム換算値)、F3. 6 W)∼ F4. 7 T) ) ( ( 動画撮影時 16:9) 27 mm ∼ ( : [入出力端子] USB / A/V OUT端子: 映像出力 音声出力 USB通信 USB通信:Hi-Speed USB(USB 2. 0) [モニター] 液晶モニター:6. 7 cm(2. 7型) 、 TFT駆動 総ドット数:460 800ドット 108 mm 手ブレ補正:光学式 露出制御:自動、 シーンセレクション ホワイトバランス:オート、 太陽光、 曇天、 蛍光灯1、2、3、 電球、 フラッシュ、 水中1、2 連写 (最大画素数時) : 約1枚/秒 100枚まで) ( 記録方式: 静止画記録方式: JPEG(DCF、Exif、MPF Baseline) 準拠、DPOF対応 動画記録方式:AVI Motion JPEG) ( 記録メディア:内蔵メモリー 約43 MB、 “メモリースティック マイクロ” 、 microSD メモリーカード フラッシュ:撮影範囲 ISO感度 ( (推奨露 光指数) がオートのとき) 約0. 5 m∼ 3. 9 m(W)/約0. 5 m∼ 3. 0 m(T) 100 mm 動画撮影時 4:3) 25 mm ∼ ( : [電源・その他] 電源:リチャージャブルバッテリー パックNP-BN、3. 6 V ACアダプター AC-UB10C、5 V 消費電力 (撮影時) 1. 3 W : 動作温度:−10 ℃∼ +40 ℃ 保存温度:−20 ℃∼ +60 ℃ 外形寸法 CIPA準拠) ( : 102. 4 mm×62. 0 mm×22. 7 mm (幅×高さ×奥行き) 本体質量 CIPA準拠) ( (バッテリー NP-BN、メモリース “ ティック マイクロ” を含む) : 約152 g マイクロホン:モノラル スピーカー:モノラル Exif Print:対応 PRINT Image Matching III:対応 防水/防塵性能:JIS保護等級 IP68相当 (水 深10 m、 連続60分間の水中撮影が可 能) 耐衝撃性能:MIL-STD 810F Method 516. 5-Shockに準拠して行った、 1. 5 mの高さから厚さ5 cmの合板上 への単体落下テストをクリア 防水・防塵・耐衝撃性能は当社の試験基 準によるものです。 74 JP 定格入力:AC 100 V ∼ 240 V、 50 Hz/60 Hz、70 mA 定格出力:DC 5 V、0. 5 A 動作温度:0 ℃∼ 40 ℃ 保存温度:−20 ℃∼ +60 ℃ 外形寸法:約50 mm×22 mm×54 mm (幅×高さ×奥行き) 本体質量:約48 g ACアダプター AC-UB10C 商標について  以下はソニー株式会社の商標です。 ク” 、 “ 、Memory Stick Micro” 、 “メモリースティック マイクロ” 、 “ 、MagicGate” マ “ 、 ジックゲート” 、  “ 、サイバーショット” 、 “ 、 “Memory Stick” メモリースティッ リチャージャブルバッテリー パック NP-BN 使用電池:リチウムイオン蓄電池 最大電圧:DC 4. 2 V 公称電圧:DC 3. 6 V 容量:2. 3 Wh(630 mAh) における登録商標または商標です。  Microsoft、Windows、DirectX、 米国 Windows Vistaは、 Microsoft Corporationの米国およびその他の国 Mac、Mac OSはApple Inc. の登録商 標または商標です。 です。 本機や付属品の仕様および外観は、 改良 のため予告なく変更することがあります が、 ご了承ください。  microSDHCロゴはSD-3C, LLCの商標  “ ロゴはFacebook, Inc. の Facebook、f” 商標または登録商標です。  YouTubeおよびYouTubeロゴは、 Google Inc. の商標または登録商標で す。 その他、 本書に記載されているシステム 名、 製品名は、 一般に各開発メーカーの 登録商標あるいは商標です。なお、 本文 中には、マークは明記していませ ん。  そ の 他 JP 75 索引 ア行 赤目軽減 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57 明るさ EV補正) ( . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 一覧表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43 色合い (ホワイトバランス) . . . . . . . . . . 55 エリア設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23, 59 おまかせオート撮影. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30 主な仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74 水中 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 水中ホワイトバランス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 スイングパノラマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 ズーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25, 26, 42 スノー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 スマイル検出感度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 スマイルシャッター. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34 スライドショー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57 設定リセット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53, 58 セルフタイマー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39 選択顔記憶 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 操作音. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51 測光モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 ソフトスナップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 カ行 回転 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 顔検出. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 加工 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 画像サイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36 カメラ内ガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 画面カラー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 画面表示設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39 かんたんモード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54, 56 機能ガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 記録可能枚数/時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 記録フォルダ削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 記録フォルダ作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 記録フォルダ変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 グリッドライン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57 言語設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 高感度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 コピー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 タ行 追尾フォーカス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33 デジタルズーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42 動画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26, 44 動画撮影シーン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 時計合わせ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24 ナ行 日時設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59 ハ行 パソコン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 パネル明るさ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 パノラマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 パノラマ画像サイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36 パノラマ撮影シーン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 パワーセーブ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 ビーチ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 ピクチャーエフェクト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41 日付書き込み. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52 サ行 再生 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27, 44 削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47 撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25, 26 撮影方向 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29 シーンセレクション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 充電 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14 76 JP ビデオ信号出力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 美肌 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 美肌効果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 ビューティーエフェクト . . . . . . . . . . . . . . . 45 表示画質モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57 ファイル番号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 風景 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 フォーカス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 フォーマット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47, 58 フラッシュ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38 プリント DPOF) ( . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 プロテクト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 ペット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 マ行 マクロ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 メモリーカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 ヤ行 夜景 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 夜景&人物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 ユーザーガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62 ラ行 料理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40 連写設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 そ の 他 アルファベット順 AF補助光. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57 DPOF . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 DRO . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56 ISO . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55 LUN設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 MENU . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53 PlayMemories Home . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48 USB給電 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 USB接続設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58 JP 77 78 JP そ の 他 JP 79 サイバーショットの最新サポート情報 パソコンとの接続方法、 使用可能な (製品に関するQ&A、 メモリーカードなど) http://www. sony. co. jp/cyber-shot/support/ サイバーショットオフィシャルWEBサイト http://www. sony. co. jp/cyber-shot/ サイバーショットの最新情報、 撮影テクニック、 アクセサリーなどに関する 情報を掲載しています。 英語の取扱説明書のダウンロードもできます。 (English manual download service is available. ) ソフトウェアのサポート情報 http://www. sony. co. jp/support-disoft/ よくあるお問い合わせ、 窓口受付時間などはホームページをご活用ください。 http://www. sony. jp/support/ 使い方相談窓口 フリーダイヤル ・・・・・・・・・ 0120-333-020 携帯電話・PHS・一部のIP電話 ・・・・・・・・・ 0466-31-2511 修理相談窓口 フリーダイヤル ・・・・・・・・・ 0120-222-330 携帯電話・PHS・一部のIP電話 ※ 取扱説明書等の購入相談はこちら へお問い合わせください。 ・・・・・・・・・ 0466-31-2531 上記番号へ接続後、 最初のガイダンスが流れている間に 「401」「#」 + (本機や付属品) 「404」「#」 + (ソフトウェア PlayMemories Home」 「 ) を押してください。直接、 担当窓口へおつなぎします。  FAX(共通) 0120-333-389 この説明書は、古紙 70%以上の再生紙と、VOC (揮発性有 機化合物) ゼロ植物油型インキを使用しています。 ©2013 Sony Corporation Printed in China [. . . ] [. . . ]

SONY VAIO PCV-RZ52ダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY VAIO PCV-RZ52のマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag