ユーザーズガイド SONY ZS-RS80BT

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くSONY ZS-RS80BTのユーザマニュアルを入手できます。 SONY ZS-RS80BTのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

SONY ZS-RS80BTのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


SONY ZS-RS80BT : ユーザーガイドを完全にダウンロード (2595 Ko)

この製品に関連したマニュアルもダウンロードできます。

   SONY ZS-RS80BT Â (575 ko)

マニュアル抽象的: マニュアル SONY ZS-RS80BT

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] 43 放送周波数を選んで聞く (マニュアル選局) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44 ラジオ放送局を自動で登録する (ラジオ局自動登録). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45 . [. . . ] . . . . . . . 13 準備6:時計を合わせる (初期設定) 外部機器をつないで聞く. タイマーを使って目覚める (アラーム) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49 聞く CDを聞く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 データCD(MP3/WMAディスク) の フォルダや曲を選んで聞く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25 フォルダや曲を選んで聞く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28 いろいろな再生方法で音楽を聞く. . . . . . . . . . . . . . . . . . 30 順不同に聞く (シャッフル再生) 選んだフォルダ内の曲だけを聞く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 (フォルダ中再生) 聞きたい曲を好きな順に聞く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31 (プログラム再生) 語学学習に便利な機能を使う. 2. 1+EDR 出力 BLUETOOTH標準規格Power Class 2 最大通信距離 見通し距離約10 m*1 使用周波数帯域 2. 4 GHz 帯 (2. 4000 GHz ~ 2. 4835 GHz) 変調方式 FHSS 対応BLUETOOTHプロファイル*2 A2DP(Advanced Audio Distribution Profile) 、 AVRCP*3(Audio Video Remote Control Profile) 対応コーデック*4 SBC*5 対応コンテンツ保護 SCMS-T 方式 伝送帯域 (A2DP) 20 Hz ~ 20, 000 Hz (44. 1 kHz サンプリング時) *1 通信距離は目安です。周囲環境により通信距離が 変わる場合があります。 *2 BLUETOOTHプロファイルとは、BLUETOOTH機 器の特性ごとに機能を標準化したものです。 *3 BLUETOOTH機器の仕様により機能が異なる場合 があります。 *4 音声圧縮変換方式のこと *5 Subband Codec の略 通信方式 共通部 スピーカー 入力端子 出力端子 実用最大出力 電源 フルレンジ:8 cm、 コーン型6 Ω、2個 音声入力 (ステレオミニ ジャック)1個 USBタイプA(Full-speed USB) SDカードスロット ヘッドホン (ステレオミニ ジャック)1個 負荷インピーダンス: 16 Ω ~ 68 Ω (JEITA*1/6 Ω) 2W+2W 本体用: 家庭用電源 (AC100 V 50/60 Hz) 単2形乾電池6本使用 (DC9V)別売) ( 時計用: 単3形乾電池3本使用 (DC 4. 5 V)別売) ( 16 W 約0. 9 W(電源オフ時) 約1. 8 W(BLUETOOTHスタ ンバイ時) 消費電力 ラジオ部 受信周波数 アンテナ FM: 76. 0 MHz ~ 108. 0 MHz AM: 531 kHz ~ 1, 710 kHz FM: ロッドアンテナ AM:  ェライトバーアンテ フ ナ (内蔵) 92 電池持続時間*2 最大外形寸法 質量 (本体) 付属品 CD再生時 (JEITA*1)   6時間 約 (音量25程度) USB機器再生時   6時間 約 (負荷電流100mA時)   1. 5時間 約 (負荷電流500mA時) SDカード再生時   4. 5時間 約 (音量25程度) FM受信時   8時間 約 (音量25程度) BLUETOOTH接続時   8時間 約 (音量25程度) 約320 mm × 133 mm × 215 mm (幅 × 高さ × 奥行き) (最大突起部含む)JEITA*1) ( 約2. 2 kg(乾電池除く) 約2. 7kg(乾電池含む) 電源コード (1) リモコン RM-CRS80(1) リモコン用単4形乾電池 (2) 取扱説明書・保証書 (1) BLUETOOTH®接続ガイド (1) 周波数一覧表 (1) 著作権について • 権利者の許諾を得ることなく、 この取扱説 明書の全部または一部を複製、 転用、 送信等 を行うことは、 著作権法上禁止されており ます。 • あなたが録音したものに著作物となるデー タが含まれている場合、 個人として楽しむ など私的使用の目的の他は、 著作権法上、 権 利者に無断で使用することができません。 著作権で守られたデータを録音したUSB機 器、SDカード、 データCDなどは、 著作権法 で規定された範囲内で使用してください。 商標について • 本機はFraunhofer IISおよびThomsonの MPEG Layer-3オーディオコーディング技 術と特許に基づく許諾製品です。 • SD、 SDHC、 microSDおよびmicroSDHCロ ゴはSD-3C, LLC. [. . . ] の商標です。 • XperiaおよびXperia Tabletは、Sony Mobile Communications ABの商標です。 そ の 他 *1  EITA(電子情報技術産業協会) J 規格による測定値 です。 *2 ソニー単2形 (LR14) アルカリ乾電池使用時。周囲 の温度や使用状況、 電池のメーカーや種類により、 上記の電池持続時間と異なることがあります。 本機の仕様および外観は、 改良のため予告なく変更 することがありますが、 ご了承ください。 93 • その他、 本書に記載されているシステム名、 製品名、 企業名は、 一般に各開発メーカーの 登録商標あるいは商標です。なお、 本文中 では™、®マークは省略している場合があ ります。 再生できるディスク について 本機では、 次のディスクを再生できます。 ディスクの種類 CD、 CD-R/CD-RW*1*3 CD-R/CD-RW*1*3 曲/ファイルの 対応 フォーマット CD-DA*2 MP3 WMA AAC ○ ○ ○ ╳ ╳ ╳ DVD BD(ブルーレイディ スク) ○:対応しています。 ╳:対応していません。 *1 音楽CD(CD-DAフォーマット) の規格に準拠して いない形式で記録されたCD-R/CD-RWディスク、 ISO9660Level 1/Level 2またはJolietのフォー マットに準拠しないCD-R/CD-RWディスクは再 生できません。 *2 CD-DAはCompact Disc Digital Audioの略で、 一 般の音楽CDに使用されている、 音楽収録用の規格 です。 *3 ファイナライズ処理が必要です。 ご注意 円形以外の特殊な形状 (カード型、 ハート型、 星型な ど) をしたディスクは再生できません。 94 本機で使用できる機 器について ウォークマン® 動作確認済み機種 (2015年8月現在) 最新の対応機種については、 下記ホームペー ジの機種別サポートをご覧ください。 http://www. sony. jp/support/radio/ シリーズ ZXシリーズ ご注意 • 対応機種以外のウォークマン®は使用しないでく ださい。対応機種以外の機種の動作は保証してお りません。 • ウォークマン®をフォーマットするときは、 ウォー クマン®本体の機能 (メモリーの初期化機能) を 使ってフォーマットしてください。他の方法で フォーマットした場合、 本機からの録音が行えな いなどの不具合が発生するおそれがあります。詳 しくは、 ウォークマン®の取扱説明書をご覧くださ い。 • 本機はウォークマン®の動作のすべてを保証する ものではありません。 • お使いのウォークマン®の機種によっては、 本機の 操作に対する反応が遅れる場合があります。 機種名 NW-ZX1 NW-ZX2 NW-F805/F806/F807 NW-F805K/F806K USB機器 そ の 他 本機で使用できるUSB機器についての最新情 報は、 次のURLでご確認ください。 http://www. sony. jp/support/radio/ ご注意 • USB端子にiPhone/iPad/iPodをつないでも再生 できません。iPhone/iPad/iPodを再生する場合 は、BLUETOOTH接続を行ってください。 • x-アプリで転送した曲は、 本機で再生できません。 Fシリーズ NW-F805BT NW-F807/S NW-F885/F886/F887 NW-S14/S15/S14K/S15K NW-S774/S775 NW-S774K/S775K NW-S774BT NW-S774/WI NW-S774K/WI NW-S784/S785/S786 NW-S785K/S786K NW-E083 NW-E083K NW-M505 NW-W273 NW-W273S Sシリーズ USB機器に関するご注意 • USBハブを介さず、 本機のUSB端子に直接USB機 器を差し込んでください。 • USB機器によっては、USB機器で操作をしてから 実際に本機が動くまで時間がかかる場合がありま す。 • USB機器のすべての機能の動作を保障するもので はありません。 • 本機ではUSB機器を充電できません。 Eシリーズ Mシリーズ Wシリーズ NW-W274S NW-WH303 NW-WS615 NW-Z1050/Z1060/Z1070/ Z1070/W NW-A16/A17 NW-A865/A866/A867 BLUETOOTH機器 本機で使用できるBLUETOOTH機器について の最新情報は、 次のURLでご確認ください。 http://www. sony. jp/support/radio/ Zシリーズ Aシリーズ 95 SDカードの使用につ いて 使用できるSDカード 本機で使用できるSDカードは次のとおりです。 メーカー ソニー 東芝 Panasonic SanDisk ご注意 アダプターが装着されていない状態でSDカードス ロットに挿入すると、 取り出せなくなる場合があり ます。 録音可能時間の目安 録音フォーマットがMP3、 ビットレートが 128kbps(固定) の場合、SDカードへの録音 可能時間は、 次のとおりです。 容量 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 種類 SD*1 SDHC*2 SDXC microSD* * 1 3 2 3 対応 ○ ○ ╳ ○ ○ ╳ 録音可能時間 約33時間 約66時間 約132時間 約264時間 約528時間 microSDHC* * microSDXC ○:対応しています。 ╳:対応していません。 *1 2GBまでのSDカードでのみ動作確認を行ってい ます。 *2 32GBまでのSDHCカードでのみ動作確認を行っ ています。なおSDHCカードは、Class4以上の製 品のご使用をおすすめします 。 *3 SDカードアダプター(別売) に入れてから使用し てください。 SDカードのフォルダ数・ファイル数を 調べるには 「USB情報/SD情報」78ページ) ( をご覧く ださい。 SDカードのデータをパソコンにコピー するには (バックアップ) ご注意 • すべてのSDカードの接続と動作を保証するもの ではありません。 • マルチメディアカードは使用できません。 1 SDカードをパソコンに接続する。 パソコンのSDカードスロットに直接挿入 するか、 市販のSDカードリーダーなどを使 用してパソコンに接続してください。 microSDまたはmicroSDHCを使うとき は 下図のとおり、SDカードアダプターに入れて から使用してください。 2 SDカードが正しく接続されているか確認 する。 Windowsの場合: 「コンピューター」または ( 「マイコン ピュータ」を開き、SDカードが認識され ) ているかを確認してください。 Mac OSの場合: FinderにSDカードのドライブが表示され ているかを確認してください。 SDカードアダプター (別売) microSD または microSDHC 96 3 SDカードのデータをパソコンにコピーす る。 コピーしたいフォルダやファイルをパソ コンのローカルディスクにドラッグアン ドドロップします。 SDカード パソコン  コピーしたいフォルダをクリックし たまま、  保存先まで移動 (ドラッグ) して、  はなす (ドロップ) 4 SDカードをパソコンから取り出す。 パソコンから取り出す方法について詳し くは、 お使いのSDカードリーダーまたはパ ソコンの取扱説明書をご覧ください。 ご注意 • SDカードを本機のSDカードスロットに挿入する ときは、 正しい向きで挿入してください。 • SDカードを挿入するときは、 無理に押し込まない でください。無理に押し込むと、SDカードが破損 したり、 本機が故障するおそれがあります。 • SDカード上の大切なデータはバックアップする ことをおすすめします。 • SDカードによっては、読み込み中」 「 のメッセージ が表示されるまで、 しばらく時間がかかることが あります。 • 本機はSDカードの8ビットパラレルデータ転送に は対応していません。 • ROMタイプのSDカード、 誤消去防止、 書込み禁止 のSDカードへは、 録音できません。 SDカードの書き込み禁止は、 SDカード上のスイッ チを矢印方向へスライドさせることで解除するこ とができます。 • 以下の場合、 データが破損するおそれがあります。 — 音/再生中にSDカードを取り出した場合 録 — み込み中、書き込み中にSDカードを取り出 読 したり、機器の電源を切った場合 — 電気や電気的ノイズの影響を受ける場所で使 静 用した場合 • お客様の記録したデータの破損 (消滅) については、 弊社は一切その責任を負いかねますのでご容赦く ださい。 • 当社は、 エンコードソフトウェアや書き込み用ソ フトウェアのすべてを保証するものではありませ ん。作成したファイルが本機での再生に適さない 場合、 ノイズが再生される、 再生が途切れる、 まっ たく再生されないなど、 不具合が発生するおそれ があります。 • SDカード上のフォルダ数、 ファイル数が以下の ケースに該当する場合は、 本機では再生できませ ん。本機またはパソコンなどを使って不要なフォ ルダやファイルを削除してください。また、 不要 なフォルダやファイルは保存しないでください。 — ォルダ数が256を超えた場合。 フ — ォルダあたりのファイル数が999を超えた場 フ 合。 — ァイル総数が5, 000を超えた場合。 フ 上記の上限は、SDカードのファイル構造の状態に よっても異なります。 • データの書き込み速度が遅いSDカードを使用す ると、 ラジオの録音などが途中で止まってしまう 場合があります。 そ の 他 書き込み禁止 スイッチ 97 再生できるファイル について ファイルフォーマットについて 本機が対応するオーディオファイルのフォー マットは、 次のとおりです。 • MP3(MPEG-1 AUDIO Layer-3) 拡張子:. mp3 サンプリング周波数:32/44. 1/48 kHz ビットレート:32 kbps – 320 kbps, VBR • WMA 拡張子:. wma サンプリング周波数: 8/11. 025/16/22. 05/32/44. 1/48 kHz ビットレート:5 kbps – 384 kbps, VBR • AAC(MPEG-4 AAC-LC) (USB機器、SDカードのみ対応) 拡張子:. m4a/. mp4/. 3gp サンプリング周波数:8/11. 025/12/16/ 22. 05/24/32/44. 1/48 kHz ビットレート:16 kbps – 320 kbps, VBR ご注意 • 本機が対応するUSB機器、SDカードのファイルシ ステムは 「FAT16」「FAT32」 と のみです。ほかのFAT 形式でフォーマットされたUSB機器、SDカードは 再生できません。 • WMA DRM/WMA Lossless/WMA PRO形式で作 成されているWMAファイルは、 本機では再生でき ません。 • 著作権保護付きのAACファイル、AAC Lossless形 式のAACファイルは本機では再生できません。 • 音声以外を含むAACファイル、 複数の音声トラッ クを含むAACファイルは本機では再生できません。 • パスワードでプロテクトされたファイル、 暗号化 によって保護されたファイルは再生できません。 • 上記に該当する拡張子をファイル名が持っていて も、 フォーマットが異なっている場合は、 本機では 再生できない、 または再生するときに不具合が生 じる場合があります。 フォルダ数・ファイル数の上限について 本機が再生対象として認識できるフォルダ数 とファイル数は、 次のとおりです。 • データCD(MP3/WMAディスク) の場合 最大フォルダ数:256 最大ファイル数:999 • USB機器、SDカードの場合 最大フォルダ数:256 最大ファイル数:5, 000 フォルダあたりの最大ファイル数:999 98 BLUETOOTH機器に ついて 機器認定について 本機は、 電波法に基づく小電力データ通信シ ステムの無線設備として、 認証を受けていま す。従って、 本機を使用するときに無線局の 免許は必要ありません。 ただし、 以下の事項を行うと法律により罰せ られることがあります。 • 本機を分解/改造すること 本機の使用上の注意事項 本機の使用周波数は2. 4 GHz帯です。こ の周波数帯では電子レンジ等の産業・科 学・医療用機器のほか、 他の同種無線局、 工場の製造ライン等で使用される免許を 要する移動体識別用構内無線局、 免許を要 しない特定の小電力無線局、 アマチュア無 線局等 (以下 「他の無線局」 と略す) が運用 されています。 1. 本機を使用する前に、 近くで 「他の無線 局」 が運用されていないことを確認し てください。 2. 万一、 本機と 「他の無線局」 との間に電 波干渉が発生した場合には、 速やかに 本機の使用場所を変えるか、 または機 器の運用を停止 (電波の発射を停止) し てください。 3. 不明な点その他お困りのことが起きた ときは、 ソニーの相談窓口までお問い 合わせください。ソニーの相談窓口に ついては、 本取扱説明書の105ページ をご覧ください。 周波数について 本機は2. 4000 GHzから2. 4835 GHzの周波数 で使用できますが、 他の無線機器も同じ周波 数を使っていることがあります。他の無線機 器との電波干渉を防止するため、 次の事項に 注意してご使用ください。 そ の 他 この無線機器は2. 4 GHz 帯を使用します。変調 方式としてFH-SS変調 方式を採用し、 与干渉距 離は10 mです。 99 BLUETOOTH無線技 術について BLUETOOTH無線技術は、 パソコンやデジタル カメラなどのデジタル機器同士で通信を行う ための近距離無線技術です。およそ10 m 程 度までの距離で通信を行うことができます。 必要に応じて2 つの機器をつなげて使うのが 一般的な使いかたですが、1 つの機器に同時 に複数の機器をつなげて使うこともあります。 無線技術によってUSB のように機器同士を ケーブルでつなぐ必要はなく、 また、 赤外線技 術のように機器同士を向かい合わせたりする 必要もありません。例えば片方の機器をかば んやポケットに入れて使うこともできます。 BLUETOOTH標準規格は世界中の数千社の会 社が賛同している世界標準規格であり、 世界 中のさまざまなメーカーの製品で採用されて います。 通信有効範囲 見通し距離で約10 m以内で使用してください。 以下の状況においては、 通信有効範囲が短く なることがあります。 - LUETOOTH接続している機器の間に人体や金 B 属、壁などの障害物がある場合 - 線LANが構築されている場所 無 - 子レンジを使用中の周辺 電 - の他電磁波が発生している場所 そ 他機器からの影響 BLUETOOTH機器と無線LAN(IEEE802. 11b/ g/n) は同一周波数帯 (2. 4 GHz) を使用するた め、 無線LANを搭載した機器の近辺で使用す ると、 電波干渉が発生し、 通信速度の低下、 雑 音や接続不能の原因になる場合があります。 この場合、 次の対策を行ってください。 - 機とBLUETOOTH機器を接続するときは、無 本 線LANから10 m以上離れたところで行う。 - 0 m以内で使用する場合は、無線LANの電源 1 を切る。 BLUETOOTH機能の対応バージョンと プロファイル プロファイルとは、BLUETOOTH機器の特性 ごとに機能を標準化したものです。本機は下 記のBLUETOOTHバージョンとプロファイル に対応しています。 対応BLUETOOTHバージョン: BLUETOOTH標準規格Ver. [. . . ]

SONY ZS-RS80BTダウンロード上のご注意

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。
お探しの書類がなかったり、不完全だったり、言語が違ったり、モデル名や言語が説明と違う場合など、いかなる場合でもLastmanualsはその責を負いません。またLastmanualsは翻訳のサービスもしていません。

規約に同意して「マニュアルをダウンロード」をクリックすればSONY ZS-RS80BTのマニュアルのダウンロードが開始されます。

マニュアルを検索

 

Copyright © 2015 - LastManuals - すべての権利。
指定の商標やブランド名はそれぞれ個別の所有者のものです。

flag